超軽量でコンパクトな簡易テント「ツェルト」。本格登山の緊急アイテムとして重要ですが、最近では、素材やデザインの進化で居住性が飛躍的に向上し、バイクツーリングやトレッキングにおけるメインの野営アイテムとして利用する方も増えています。

そこで今回は、ツェルトのおすすめアイテムをピックアップ。おすすめブランドもあわせて紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ツェルトとは?

By: amazon.co.jp

ツェルトは元々、突然の雨や雪、目的地に着く前に日が暮れてしまった時など緊急的に野営するために作られたアイテム。「シェルター」「ビバークテント」とも呼ばれます。

そのため、軽量コンパクトで収納時のサイズは350mlの缶ビール程度に小さくなるものもあり、バックパックの隙間に入れて持ち運べるのがポイント。また、構造がシンプルなので設営も簡単です。クライマーにとっては命を守る必需品なので、防水・保温などの高い機能性を備えています。

ツェルトとテントの違い

By: amazon.co.jp

ビバーグ(緊急露営)時に使うツェルトは、軽量コンパクト化を追求しており、ナイロンを素材としたテント本体だけからなるシングルウォール仕様が主流。重量は200〜800g程度のモデルが一般的です。

トレッキングポールやロープなどを使用して、テントのように設営できますが、頭からかぶったり、くるまったりといった使い方もできます。利用シーンに合わせて柔軟に使えるので、行動中に雨風・寒さを避ける場合にも手間がかからないのがメリット。ただし、テントに比べて居住性や防水性・通気性、そして耐久性は劣ります。

一方、テントはインナーテントとフライシートを備えたダブルウォール構造を採用したモデルが主流。ツェルトより重く、収納時にかさばるのがデメリットです。しかし、近年はテントの軽量化が進み、1人用モデルのなかには、1000gを下回る超軽量タイプもラインナップしています。ビバーク時でも快適に休憩したいと考える方は、超軽量テントをツェルト代わりに使用するという選択肢もあります。

ツェルトのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

高機能なアウトドアギアで知られる「モンベル」。ツェルトとシェルターのラインナップも豊富に揃っています。防水性と透湿性を兼ね備えた高機能素材を採用。加えて、万が一、火がついても燃え広がらない難燃素材なので安心です。

居住性にこだわる方にはゴアテックス生地を使ったモデルもおすすめ。しっかり休めるツェルトを探している方にはドームシェルターという選択肢もあります。

ファイントラック(finetrack)

By: amazon.co.jp

高品質なツェルトで定評があるのが「ファイントラック」。ソロ用から4人用まで4つのモデルをラインナップしているのが特徴です。軽量な特殊ナイロン生地に透湿性の高いコーティングを施し、一般的なツェルトと比べて12分の1以下の結露量に抑えられます。

また、テンションがかかる部分には最高レベルの強度を持つ合成繊維を縫い込むことで、優れた耐久性を実現。プロのクライマーにも選ばれる信頼性の高いツェルトを展開しています。

アライテント(ARAI TENT)

By: amazon.co.jp

日本国内で熟練した職人のハンドメイドによる高品質な登山用品を作り続けている「アライテント」。現在ツェルトは1~3人用で7モデルをラインナップしており、軽量で強靭な生地を採用したモデルが揃っています。

なかでも、ポンチョのようにかぶって使えるビバークツェルトは登山初心者からベテランまで人気のアイテム。冬山で使用する上級者やテント代わりに利用する方には撥水性を高め結露の少ないモデルがおすすめです。

ツェルトのおすすめモデル

モンベル(mont-bell) GORE-TEX ライトツェルト

モンベルのツェルトのスタンダードモデル「ライトツェルト」のゴアテックス版。水は通さず湿気は逃がす高機能素材ゴアテックスを採用しているので、結露が付きにくく快適にくつろげます。

スタンダードモデルが約430gに対してゴアテックスモデルは約730g。軽さを追求する方はスタンダードモデル、居住性の高さを重視する方はゴアテックスモデルをおすすめします。

ファイントラック(finetrack) ツェルト2ロング

ファイントラック(finetrack) ツェルト2ロング

幅100×奥行き220×高さ95cmの、2〜3人用ツェルト。しかも340gと軽いのがメリットです。リップストップナイロン素材の生地に、コーティングを施すことによって、高い透湿性を実現。その結果、結露量は一般的なツェルトの1/12以下と謳われています。

張力のかかる各辺をダイニーマテープで補強してあるのも大きなメリット。ダイニーマは合成繊維のなかで最高クラスの強度を持つと言われている素材で、テンションをかけた時の生地への負担を軽減しています。テンションをしっかりかけることができるため、より広い内部空間を確保できます。

トレッキングポールやロープを使用して、テントのように設営できるほか、かぶって雨風や冷気を防ぐことも可能。また、フロア部分を開けば、タープとしても利用できます。軽量ながら、広くて快適なツェルトです。

アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト デュオ

アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト デュオ

収納時サイズ9×7cm、重量150gの超軽量コンパクトな2〜3人用ツェルトです。設営時サイズは、幅80×奥行き120×高さ90cm。生地は15デニールのリップストップナイロンを使用しています。

15デニールと極細糸の生地ですが、40デニールの糸を格子状に織り込むことによって、強度を向上。その結果、30デニール生地と同等レベルの強度を実現しています。荷物を軽くしたい方におすすめのツェルトです。

アライテント(ARAI TENT) スーパーライト・ツェルト2 ロング

アライテント(ARAI TENT) スーパーライト・ツェルト2 ロング

28Dという厚めのリップストップナイロン生地を使用した、2〜3人用ツェルトです。生地にウレタンコーティング加工を施すことによって、防水性を高めています。また、ベンチレーターを備えているため、通気性も良好です。

収納時サイズは15×10cmで、重量395g。別売りのツェルト用ポールを使えば、テントのように設営可能。設営時のサイズは幅130×奥行き210×高さ110cmです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ディスタンスシェルター

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ディスタンスシェルター

トレッキングポールを利用して設営する、2人用シングルウォールシェルターです。設営時のフロアサイズは、幅147×奥行き241×高さ104cm。収納サイズは13×30cm、重量750gです。

生地は30デニールのポリエステルファブリックを採用。濡れても伸びにくい素材です。上部にはヘッドランプポケットを備えており、ヘッドランプを室内灯として利用できます。また、上部と足元にはベンチレーターを搭載。通気性も良好な使い勝手のよい2人用シェルターです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ベータライト

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ベータライト

2つのピラミッドを繋げたような、独特のフォルムが印象的な2人用ツェルトです。設営にはトレッキングポールを支柱として使用します。収納サイズが10×15cmと、2人用としてはコンパクト。設営時のサイズは、幅207×奥行き288×高さ110cmです。

テントの素材は30デニールのシルナイロンで、重量は680g。厚手の生地を使用している割には軽量です。4シーズン対応なので、冬でも使えます。

オクトス(oxtos) コンパクトツェルト

オクトス(oxtos) コンパクトツェルト

厚めの30Dナイロンを使用したツェルトです。生地はポリウレタンコーティング済み。さらに、側面の形状を台形とすることにより、縫製部分を減らしているのがポイントです。その結果、防水性能が向上しています。

重量約385gで、収納サイズは10×18cm。市販のトレッキングポールや立ち木・岩を利用して設営できます。設営した時のサイズは、幅100×奥行き200×高さ98cm。リーズナブルな非常用テントを探している方におすすめのモデルです。

ジュウザ・フィールドギア(Juza Field Gear) ライト&イージーシェルター・デラックス

ジュウザ・フィールドギア(Juza Field Gear) ライト&イージーシェルター・デラックス

トレッキングポールを使用して設営する1人用軽量シェルターです。収納時のサイズは15×8cmで、重量335g。設営時のサイズは幅100×奥行き210×高さ95cmです。入口部に長さ45cmの前室があり、靴などを置けます。

生地は薄めの20デニールのリップストップナイロン。ウレタンコーティングを施したことにより、防水性と透湿性を兼ね備えています。耐水圧は1700mmと、超軽量シェルターとしては高い防水性です。入口のベンチレーターと、後部メッシュパネルで換気性を確保。高い透湿性と換気性によって結露を軽減しています。

さらに、インナーテントの入り口パネルは前面メッシュ。虫が入りにくく暖かい時期におすすめのツェルトです。

ラブ(Rab) スーパーライトシェルター 4 MR-50-OR-4

ラブ(Rab) スーパーライトシェルター 4 MR-50-OR-4

3〜4人がシェルターとして使える、320gと超軽量なラブのツェルトです。設営時のサイズは幅90×奥行き145×高さ94cm。基本的には座った状態で使用しますが、1人なら膝を折り曲げて横になることができます。

生地は軽量ながら、丈夫で防水性も備えたリップストップナイロン素材。シリコンコーティングを施すことによって、強度と防水性を高めています。換気に役立つベンチレーターも搭載。本格的登山はもちろん、家族での日帰りトレッキングなどの緊急用としてもおすすめの4人用ツェルトです。

ビッグアグネス フライクリークHV UL2 EX

ビッグアグネス フライクリークHV UL2 EX

超軽量テントのパイオニア・ビッグアグネスがリリースする1人用テントです。重量は、テントとしては超軽量の1160g。メッシュのインナーテントをフライシートで覆う、ダブルウォール仕様です。

日本の山岳気候に適した3シーズンに対応した仕様となっているのがポイント。フライシートとフロアシートは、防水性が高いリップストップナイロン素材を採用しています。快適さと軽量性を両立させた、おすすめのモデルです。

エアモンテ(AIRMONTE) パーソナルツェルトVita

エアモンテ(AIRMONTE) パーソナルツェルトVita

重量130gという最軽量クラスのツェルトです。バックパックのポケットや上部に入れておけば、すぐに取り出して使える機動性の高さが魅力。雨や強風の際にもすぐに使えるので、体力の消耗を軽減可能です。

天井部分をロープ・トレッキングポールで固定すれば、簡易テントとして設営できます。設営時のサイズは幅70×奥行き90×高さ90cm。素材は軽量な20デニールのリップストップナイロンを使用しており、ウレタンコーティング済み。耐水圧1100mmの防水性を備えています。

ベンチレーターから頭を出してポンチョのように利用可能。低い山のトレッキングなどでは、レインウェアの代わりとして使うこともできるため、荷物の軽減も図れます。日帰り登山などで、便利なツェルトです。

ヘリテイジ(heritage) ハイレヴォ

ヘリテイジ(heritage) ハイレヴォ

ダブルウォール構造を採用しながら、重量980gと軽量なヘリテイジの人気ツェルトです。本体の収納時サイズは28×11cmとコンパクト。フロアサイズが幅93×奥行き203×高さ100cmと広いのがメリットです。

3ヶ所にベンチレーションを備えており、通気性・透湿性に優れています。前室も広く、靴以外の荷物も置けるのもポイント。室内空間を快適に使える、トータルバランスに優れた超軽量ツェルトです。

ヘリテイジ(heritage) クロスオーバードームf

ヘリテイジ(heritage) クロスオーバードームf

2本のポールを交差させて自立できるドーム型テントの軽量モデルです。設営は、ポールを通すスリーブの片側端は袋状となっており、反対側からポールを入れるだけと設営が簡単なのがメリット。設営後に手元でテントの張り具合を調整できます。

本体は15デニールのナイロンリップストップ製。透湿性のあるポリウレタンコーティングが施されているほか、縫製部分はシームシーリングがされています。そのため、防水透湿性が高いのが特徴です。また、左右上部にベンチレーターを2ヶ所配置。縁に芯が入っているため、ベンチレーターがつぶれにくく効果的に換気可能です。

フロアサイズは幅75×奥行き200×高さ95cm。収納すると、500mlペットボトルとほぼ同じサイズの16×9cmになります。本体およびポールの総重量は600g。軽くて設営もしやすい、おすすめのツェルトです。

ヘリテイジ(heritage) エマージェンシーツェルト

ヘリテイジ(heritage) エマージェンシーツェルト

収納時のサイズが15×6.5cmと、缶ビール程度の大きさが魅力のツェルトです。重量は260g。フロアサイズは幅80×奥行き190×高さ90cmです。トレッキングポールや別売りのポール・張り綱を使えば、A型テントのように設営可能。ファスナー式の入り口は前面のみ。ベンチレーターが前後に備えられています。1人用のツェルトですが、頭を交互にすれば2人でも使用可能です。また、3人で横並びに座れます。

生地の素材は、薄手の15dnナイロンリップストップ。透湿ポリウレタンコーティングが施されており、耐水圧は1,000mmです。ただし、通気性がないので、換気には注意が必要。非常用としておすすめのツェルトです。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) ヘリウムビビィ

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) ヘリウムビビィ

ポール込みの総重量が476gと軽い、アウトドアリサーチの1人用シェルターテントです。前モデルから14%の軽量化を実現しています。アッパー素材にはメーカー独自の防水透湿素材Pertexを採用しており、防水性・通気性に優れているのがメリットです。フロアシートは、厚手の40デニールTPUラミネーションで、優れた耐久性を有しています。

フロアは幅66×奥行き213×高さ49cmのコンパクトサイズ。高さがないため、寝袋のように横たわった状態で使用します。ただし、頭上部分を大きく開けられるので、開放感を得られるのがメリット。また、暖かく時期の虫よけに効果的な取り外し可能なモスキートネットが付属しています。

ニーモ(NEMO) ホーネットストーム1P

ニーモ(NEMO) ホーネットストーム1P

総重量887gと、最軽量クラスのダブルウォール仕様1人用テントです。フロアは幅が79cmから108cmにかけての台形になっているのが特徴。奥行きは221cmと、他モデルに比べて長めになっており、身長が高い方でも寝た時に余裕があるのがメリットです。

室内の高さは98cm。天井部に新たなパーツ「フライバーボリューマイジングポールクリップ」を採用したことによって、従来モデルに比べて室内空間が広くなっています。入り口部分はメッシュとの2重構造になっており、暑い時期の蒸し暑さを軽減できます。

ゼログラム(ZEROGRAM) ZERO1 Pathfinder

ゼログラム(ZEROGRAM) ZERO1 Pathfinder

トレッキングポールを支柱として利用する、ゼログラムの1人用ツェルトです。テントアッパー部は15デニールのポリウレタンナイロン。シリコンコーティングによって、防水性を高めています。フロア部は2倍の30デニールポリウレタンを使用しており、耐久性も良好です。

入り口を正面と側面に備えているため、出入りしやすいのがメリット。前室のスペースは110×70cmと広く、ザックや靴を収納できます。また、後方にはメッシュのウィンドウがあるので、通気性がよいのもポイントです。ペグなどの付属品を含めた総重量が730gと超軽量。軽さと快適性を両立した製品です。