ビジネスの会議やホームシアターなどで重宝される「プロジェクタースクリーン」。サイズやアスペクト比、生地違いなどで豊富な種類が展開されており、用途や設置場所に合わせた選択が可能です。

そこで今回は、おすすめのプロジェクタースクリーンを複数のタイプ別にご紹介。タイプごとの特徴や選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

プロジェクタースクリーンの必要性

By: amazon.co.jp

プロジェクターを使用して映像を見る場合に、プロジェクタースクリーンは必須ではありません。しかし、白い壁やホワイトボード、ロールスクリーンなどに映すと、映像が歪んだり暗く映ったりなど快適に視聴できない場合があります。

プロジェクタースクリーンを使用すると、歪みを抑えてプロジェクターに適した明るさで映像を視聴可能。プロジェクター本来の性能を最大限体験するためには、プロジェクタースクリーンが必要です。

プロジェクタースクリーンの選び方

タイプをチェック

電動スクリーン型

By: livescreen.shopselect.net

スクリーンを引き出したり巻き取ったりという動作を、電動で行えるのが電動型のプロジェクタースクリーン。高価なモデルが多いものの手間を最小限に抑えられるので、プロジェクタースクリーンを頻繁に使用する方におすすめです。

本体から伸びたスイッチで操作するモデルのほか、リモコンで操作できるモデルもラインナップ。有線のコントローラーを搭載したモデルや、工事不要で設置できるモデルもあります。

手動巻上げ型

By: amazon.co.jp

手動巻上げ型のプロジェクタースクリーンは、名前の通り手動でスクリーンを巻き上げられるタイプ。使用しないときにスクリーンをスッキリと収納できるので、さまざまな部屋に設置しやすく、部屋を圧迫しにくい点が特徴です。

スクリーンに搭載されたハンドルを引いたり、チェーンを引いたりして巻き取るスタイルが一般的。電動型よりもコストを抑えられる点も魅力です。

タペストリー型

By: rakuten.co.jp

壁に掛けて使用するタイプのプロジェクタースクリーンが、タペストリー型。ほかのタイプとは異なりスクリーンを巻き上げる機能が搭載されていない場合がほとんどなので、使用しないときにも壁に掛けたままにしやすいのが特徴です。

圧迫感を減らしたい場合は、ブラックマスクなしの前面が白いタイプがおすすめ。壁にフックで取り付けるタイプが一般的なものの、面ファスナーで取り付けられるモデルもあります。

自立型

By: rakuten.co.jp

自立型のプロジェクタースクリーンは、床に直接設置して使用します。三脚や専用のスタンドが搭載しているモデルや、筒形のケースに収納されているスタイルが多く、壁や天井に工事せず設置できるので、賃貸の部屋で使用したい方におすすめです。

コンパクトな状態に折りたたんだり、丸めたりできるモデルが多い点も特徴のひとつ。複数の会議室や教室で使用するのに持ち歩きたい場合や、頻繁には使わないため都度収納したい場合にもおすすめです。

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

事前にチェックしておきたいポイントのひとつが、スクリーンのサイズ。スクリーンが大きければ迫力のある映像を楽しめる一方、設置や収納にスペースが必要です。部屋の広さに適したスクリーンのサイズを選びましょう。

また、スクリーンとユーザーの間の視聴距離もポイント。一般的に、視聴距離はスクリーンサイズに0.25~0.3をかけた距離とされています。

部屋の広さと適切な視聴距離を参考に、スクリーンサイズを選んでみてください。

比率をチェック

By: rakuten.co.jp

対応している比率も事前にチェックしておきましょう。プロジェクタースクリーンには、16:9や4:3など映す映像の比率が固定されているモデルがあります。対応していない比率の映像を映すと、はみ出したり小さすぎたりする場合があるので注意が必要です。

現在放映されている地上デジタル放送のアスペクト比は、16:9。一方、以前まで主流だったアナログ放送のアスペクト比は、4:3でした。視聴したいコンテンツに合わせて、対応した比率のプロジェクタースクリーンを選んでみてください。

マスクタイプをチェック

By: rakuten.co.jp

プロジェクタースクリーンを選ぶ際は、マスクタイプも重要なポイント。スクリーンの四方が黒い縁で囲まれているブラックマスクタイプは、スクリーンと背景との境目がハッキリとしやすく、引き締まった映像を視聴できます。

一方で、前面が白く、マスクのないタイプは、白い壁に設置した際に背景に馴染みやすく、違和感や圧迫感が少ない点がメリット。アスペクト比も固定されないので、16:9や4:3などさまざまな比率の映像を視聴できます。

プロジェクタースクリーンのおすすめ|電動スクリーン型

KPCB プロジェクター スクリーン 84インチ KPCB-PS

明るく鮮明な映像を楽しめる、おすすめのプロジェクタースクリーン。スイッチを押すだけで任意の位置まで自動でスクリーンを引き出せます。使用後も電動で収納できるので、スクリーンを引いたりチェーンを引っ張ったりする手間がかかりません。

天井に取り付けられるのはもちろん、壁掛けにも対応しています。また、天井取り付け用のフックも付属。スクリーンにはガラス繊維生地が採用されているほか、表面に特殊なコーティングが施されているため、明るく鮮やかな色を再現可能です。

スクリーンサイズは84インチで、アスペクト比は16:9を採用。ブラックマスクタイプなので、引き締まった映像を体験できます。しわが付きにくい点も魅力。高品質な映像を楽しめる、おすすめのプロジェクタースクリーンです。

WEIMALL プロジェクター スクリーン 100インチ A65

リモコンで操作できる、おすすめのプロジェクタースクリーン。天井への設置はもちろん、壁掛けにも対応しているので、さまざまな場所に取り付けられます。会議やプレゼンなどのビジネス用途のほか、ホームシアターにもおすすめです。

有線と無線の2種類のコントローラーで操作できるのもポイント。スクリーンを任意の位置まで引き出したり、使用後に収納したりなどの操作を離れた位置からでも手元で簡単に操作できます。席を立つ必要がないので、効率的に使用可能です。

スクリーンサイズは100インチ。アスペクト比は4:3で、黒縁のあるブラックマスクタイプを採用しています。有線と無線のどちらでも使用できる、おすすめのプロジェクタースクリーンです。

ライブスクリーン(LIVE SCREEN) プロジェクタースクリーン LS-E120

シンプルで使いやすい、おすすめのプロジェクタースクリーン。リモコンのボタンを1回押すだけで簡単にスクリーンを引き出したり、収納したりできます。リモコンにはRF方式が採用されているので、離れた場所や壁に遮られた場所でも使用可能です。

本体両サイドにDリングが搭載されているため、壁掛けや天吊などさまざまな取付方法に対応。厚さ0.45mmの厚手のスクリーンを採用しており、背面にブラック加工が施されているので、光を通さず鮮明な映像を実現しています。

耐久性に優れている点も魅力のひとつ。シンプルながら使い勝手に優れた、おすすめのプロジェクタースクリーンです。

VIVID STORM スクリーン プロジェクター用 VWSDSTUST120H

床に設置できるおすすめの電動プロジェクタースクリーン。床に設置して電源に接続するだけで使用できるのが特徴です。工事が不要なので、賃貸のアパートやマンションでも使いやすく、気軽にホームシアターを楽しめます。

リモコンを使用して、離れた位置からでもスクリーンを操作可能。スクリーンの高さを自由に調節できるのはもちろん、高さを記録するメモリー機能も搭載しています。リモコンにはmicroUSBポートを搭載しており、充電して使用可能です。

スクリーンにはしっかりと固定される構造が採用されているので、歪んだりしわが発生したりしにくく、滑らかな状態をキープできます。特殊な材質を採用したスクリーンのため、明るい昼間でも映像をハッキリと映して視聴可能です。

収納ボックスの素材には、アルミニウムを採用。工事不要のプロジェクタースクリーンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

プロジェクタースクリーンのおすすめ|手動巻上げ型

NIERBO-ColorfulLife 手動吊り下げ プロジェクター スクリーン 72インチ MD72

高解像度な映像も楽しめるおすすめのプロジェクタースクリーン。映像と壁の境目がわかりやすいブラックマスクタイプなので、ハッキリとした映像を視聴可能です。スクリーンのサイズは72インチで、アスペクト比は4:3を採用しています。

壁と天井のどちらにも取り付けられるため、さまざまな場所に設置可能。壁への取り付けに必要な釘や、天井への取り付けに必要なフックが付属しています。ケースはスチール製で耐久性に優れているので、長期間安心して使用可能です。

スクリーン部分には、ガラス繊維を用いたPVC素材を採用。厚みがあるため、しわや歪みが発生しにくく、4Kのような高画質な映像も美しく再現可能です。使用する際は、スクリーンを下に引くだけで簡単に準備ができます。

ビジネスやホームシアターなど、さまざまな用途に対応。高画質な映像を視聴できる、おすすめのプロジェクタースクリーンです。

La-Kakus プロジェクタースクリーン

高画質な映像を楽しめるおすすめのプロジェクタースクリーン。マットな質感のPVC素材をスクリーンに採用しているため、反射光を最適化でき、高品質な映像を楽しめます。四方が黒い縁で囲まれたブラックマスクタイプなので、引き締まった映像を視聴可能です。

取り付け方法は、壁と天井の両方に対応。会議室やオフィスに設置してビジネスに使用できるのはもちろん、リビングに設置すれば手軽にホームシアターの環境を構築できます。使用しない場合はスッキリと収納できるので、さまざまな場所に設置可能です。

スクリーンを引き出したり巻き上げたりする際には、チェーンを引きます。初心者でも直感的に操作可能です。また、本体にはアルミニウムが採用されているので、耐久性に優れています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) プロジェクタースクリーン 80インチ 100-PRS016

スペースを取らずスッキリと設置できるプロジェクタースクリーンです。フックやネジを使用して壁や天井に固定するタイプなので、さまざまな場所に設置できます。

スクリーンを下に向かって引くだけと簡単なのが魅力のひとつ。スクリーンの長さは好きな位置で固定できるため、自由なサイズの映像を投影できます。網模様が発生しにくいマットなスクリーンを採用しているのも特徴です。

スクリーンを収納したい場合は、固定した位置から下に引くだけで自動で巻き取れます。ゆっくりと巻き取る設計を採用しているため、安全に収納可能。自宅はもちろん、会議室や飲食店での使用にもおすすめのプロジェクタースクリーンです。

イーサプライ(esupply) プロジェクタースクリーン 100インチ ワイド EEX-PST3-100HDK

必要なときにだけサッと引き出して使える、おすすめのプロジェクタースクリーンです。ネジや付属のフックを使用し、壁や天井などに固定可能。スクリーン下部に搭載されたハンドルを引き下げるだけで、スムーズに準備が完了します。

スクリーンにはグラスファイバー生地を採用し、マットな質感を実現。表面がフラットなため歪みにくく、4Kのような高画質の映像も滑らかに視聴可能です。アスペクト比は16:9なので、さまざまなコンテンツに適しています。

重量は約9.4kg。使い勝手に優れた、おすすめのプロジェクタースクリーンです。

プロジェクタースクリーンのおすすめ|タペストリー型

NIERBO-ColorfulLife プロジェクター スクリーン JP-JS72-1

手軽な取り付け方法にも対応した、おすすめのプロジェクタースクリーン。スクリーンには高品質なPVC素材を採用しています。スクリーン背面に黒色のコーティングが施されており光を通しにくいので、投影した映像をより鮮やかに表示可能です。

ブラックマスク部分に合計6つの穴が開けられており、フックを通して簡単に取り付け可能。また、10組の面ファスナーも同梱しているため、フックを使用しなくても手軽に取り付けできます。

丸めてもしわが付きにくいので、使わないときはコンパクトな状態で収納できるのもポイント。重量も約1.1kgと軽量のため、簡単に移動させたり、持ち運んだりできます。

オーエス(OS) 掛図 スクリーン 77インチ MT-77

手軽にホームシアターを楽しみたい方におすすめのプロジェクタースクリーン。壁に掛けるだけで手軽に使用できる点が魅力です。上パイプと下パイプにスクリーンが繋がれているだけのシンプルな構造なので、簡単に巻き取って移動できます。

マスクのない前面が真っ白なタイプなのも特徴のひとつ。白い壁の部屋に設置しても圧迫感や違和感が少なく、インテリアに自然に馴染みます。アスペクト比にかかわらず映像を投射できるので、16:9や4:3などさまざまな比率の映像を視聴可能です。

視野角が広く、正面以外の位置からでも自然な映像を楽しめます。ホームシアター用のプロジェクタースクリーンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

VANKYO 壁掛け式スクリーン 5A0007

メンテナンスしやすいおすすめのプロジェクタースクリーン。スクリーンサイズは100インチ、アスペクト比は16:9を採用しています。ブラックマスクタイプなので映像が引き締まりやすく、大画面で迫力のある映像を視聴可能です。

穴が合計12箇所用意されており、フックでしっかりと固定できるため、歪みを抑えて設置できます。スクリーンの素材には、ポリエステルを採用。しわや型崩れが発生しにくいので、折りたたんで収納したり持ち運んだりなど、シーンに合わせた使い方が可能です。

万が一汚れてしまった場合は、手洗いもできます。自宅で使用できるのはもちろん、キャンプのようなアウトドアにもおすすめです。なお、取り付け用のフックや粘着テープ、ロープも付属します。

シアターハウス プロジェクター スクリーン BTP3100WSD

簡単に大画面で映像を楽しめる、おすすめのプロジェクタースクリーン。マットな質感のスクリーンを採用しており、フルHDや4Kのような高解像度の映像も綺麗に投射できます。壁に吊るすだけで簡単に設置できる、手軽さも魅力のひとつです。

ネジやマグネットで壁に取り付けたフックのほか、ピクチャーレールにも設置可能。スクリーン生地下に搭載されているバーに巻き付け、面ファスナーで固定するとコンパクトに収納できます。立て掛けて収納も可能です。

アスペクト比は、16:9。ブラックマスクがないタイプなので、4:3の映像も視聴できます。背景が白い壁の場合でも違和感が少なく、馴染みやすいのも魅力です。

プロジェクタースクリーンのおすすめ|自立型

UNIC ポータブル プロジェクタースクリーン 50インチ 1002

取り回しやすく使いやすい、おすすめのプロジェクタースクリーン。サイズは50インチ、アスペクト比は4:3を採用しています。また、コンパクトに収納できるので、持ち運び用途にもぴったりです。

ロックを解除してスクリーンを引き上げるだけで、簡単に設置可能。三脚が不要なケース一体型なので、壁面ギリギリまで近づけて設置できるのも魅力です。床はもちろん、デスク上にも設置できるため、シーンに合わせた柔軟な使い方ができます。

背面にはストッパーが搭載されており、スクリーンの高さや傾きを調節可能。スクリーンにはPVC繊維が採用されているほか、表面には反射拡散剤が何層にもコーティングされているので、滑らかで見やすい映像を楽しめます。

価格が安い点のもポイント。コストパフォーマンスに優れた、おすすめのプロジェクタースクリーンです。

NAQIER プロジェクタースクリーン 自立式 B070-JP-FBA

低価格で使いやすい、おすすめのプロジェクタースクリーン。数分で簡単に組み立てられる手軽さが魅力です。自宅や会議室、教室などの屋内はもちろん、屋外にも設置できるので、バーベキューや野外のパーティーなどにも使用できます。

スクリーンには、マットなPVC素材を採用。黄ばんだり色褪せたりしにくく、しわも付きにくいので、長期間安心して使用できます。約160°の広い視野角に対応している点も魅力。さまざまな位置から鮮明な映像を楽しめます。

アスペクト比は16:9で、サイズは70インチ。重量は約4.5kgと比較的軽量です。また、取っ手が付いた専用の収納バッグが付属するので、必要なパーツをひとまとめにして気軽に持ち運べます。

低価格な自立式のプロジェクタースクリーンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

イーサプライ(esupply) プロジェクタースクリーン 100インチ ワイド EEX-PSS2-100HDK

4Kの映像も美しく表示できるおすすめのプロジェクタースクリーンです。生地の素材にはグラスファイバーを採用。表面の凹凸が少ないため、フルHDや4Kなどの高解像度な映像を写してもモアレが発生しにくく、滑らかな映像を楽しめます。

また、持ち運びに適した、三脚一体型を採用。本体ごと折りたたんで持ち運べるので、異なる会議室で使用する際に細かく分解する手間がかかりません。設置に特別な工具が不要な点も魅力。一人でも簡単に組み立てて使用できます。

最大100インチの映像に対応しているので、少人数はもちろん広い講義室や教室などの大人数が視聴するシーンでも使用可能。アスペクト比は一般的な16:9と、スポーツ観戦や映画鑑賞などにもおすすめです。

イーサプライ(esupply) プロジェクタースクリーン 100インチ ワイド EEX-PSY2-100HDV

さまざまな場所で手軽に大画面を体験できる、おすすめのプロジェクタースクリーン。上方向にスクリーンを引き出すだけの簡単な操作で、素早く設置が完了します。約40cmの奥行きがあれば、さまざまな場所に設置可能です。

背面に搭載された、パンタグラフ構造のアームもポイント。スクリーンをしっかりと支えられるため、約125~215cmの間であれば、任意の高さで固定できます。鑑賞者の目線に合わせて使用可能です。

スクリーンには、マットな材質を採用。光を均一に拡散反射できるので、鑑賞者の位置にかかわらず、見やすい映像を実現します。

重量は約11.6kgで、収納時の長さは約235cm。不使用時はスッキリと収納できる、おすすめのプロジェクタースクリーンです。

プロジェクタースクリーンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プロジェクタースクリーンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。