映画館のような臨場感のある映像とサウンドを家庭でも楽しみたいという方におすすめなのが「ホームシアターシステム」の導入。最近の製品は画質や音質が向上しているだけでなくワイヤレス化も普及しており、より快適な環境を整えることができます。

そこで今回はおすすめのホームシアターシステムをご紹介。さまざまな動画コンテンツを思う存分堪能したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームシアターシステムとは

71jnttyz-ml-_sl1200_

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムとは、自宅の視聴環境を映画館のよう環境を構築すること。高画質テレビに高音質スピーカーなどのAV機器を組み合わせることによって、臨場感のある映像とサウンドが楽しめます。

音響部門は複数のスピーカーと各種音声デコーダーを備えたアンプから構成。4KテレビやBDレコーダーの普及で映像が高画質化したことによって、ユーザーの志向がサウンドにも波及し、より高いクオリティがオーディオ機器にも求められるようになりました。

ホームシアターシステムの種類

ホームシアターシステムの種類は、スピーカーの配置の仕方と本数によって分類できます。基本的に前方向にサウンドを発するスピーカーは簡略化された手軽なタイプで、後方にもスピーカーを配置するタイプは、より立体的な音響効果が期待できます。

5.1ch以上のホームシアターシステム

71ipcksgyul-_sl1242_

By: amazon.co.jp

後方にスピーカーを設置するタイプは、5.1ch(チャンネル)以上のホームシアターシステムと分類されます。5.1chとは、スピーカーを前方に3台と後方に2台、低音専用でサブウーファーと呼ばれるスピーカー1台を配置します。

このタイプはコスト面が高価格帯になるものの、まるで映画館で視聴しているような臨場感が体感可能。設置スペースにゆとりがある方がホームシアターシステムとしてのポテンシャルを余すところなく発揮します。

なお、最近では5.1chよりもさらにスピーカーを増やした7.1chや8.1chといったホームシアターシステムも登場。価格は高価ですが、より臨場感のある視聴環境を構築したい方はぜひ検討してみてください。

2.1/3.1chのフロントサラウンドホームシアターシステム

71uwlrxgg8l-_sl1200_

By: amazon.co.jp

2.1/3.1chタイプは、後方にスピーカーを設置しないホームシアターシステムです。フロントサラウンドシステムとも言います。ラインナップ製品はコンパクトな形状のものが多く、使い勝手も良好。比較的リーズナブルな価格帯も魅力です。

映画のサウンドに強いこだわりはないもの、テレビの音響を改善したい方やリーズナブルにホームシアターシステムを組みたい方は検討の余地アリでしょう。

ホームシアターシステムを選ぶ際のチェックポイント

サブウーファーの有無

71rgjpfbodl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

臨場感のあるサウンドを求める際には、低音専用のサブウーファーを搭載しているか否かがポイント。5.1chタイプは搭載しているものがほとんどですが、それ以外のタイプではシステムの簡略化のために搭載していない場合もあります。

映画鑑賞に圧倒的なサウンドを求める方は必ずチェックすべき項目ですが、テレビ視聴やワイヤレス接続したスマホの音楽をリラックスした状態で楽しみたい方は製品の機能性とコスト面を考慮しつつ、購入を検討してください。

対応サラウンドフォーマットを確認

DVDやBD、4K Ultra HD ブルーレイ(UHD BD)、ネット配信などはそれぞれサラウンド再生のための音声信号があります。この信号の再生には、それぞれの規格に対応した機能が必要です。ホームシアターシステムは製品ごとに対応するサラウンド信号が異なるので、しっかりと確認しましょう。

近年のリリースさせているサラウンドシステムは「ドルビーデジタルプラス」「ドルビーTrueHD」「DTS-HD」などに対応している製品が増えてきており、これらを総称して「HDオーディオ」と呼んでいます。

必要な入出力を確認

31Gjs84suoL

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムの入出力端子はテレビと接続するHDMIが主流です。4K映像コンテンツをテレビで楽しむ際は、ホームシアターシステム側も4K対応HDMI端子が必要になります。

製品によってはスペックに光デジタル対応やアナログ音声の入力などの項目が記載されている場合もあります。ご自身の視聴環境に購入候補の製品が対応しているをしっかり確認しましょう。

適切な最大出力を選ぶ

412ZHLXrdBL

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムのアンプ部の最大出力は50~200W程度が大半ですが、数字が大きければ大きいほど高音質というわけではなく。出力が大きければパワフルで大きな音が出せます。

より高音質・多機能に楽しむポイント

ハイレゾ、Bluetooth、DLNAなど高度な最新機能への対応

312CzwB--nL

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムは多機能化と高性能化が進んでいます。特にスマホとの連携は重要。リモコン機能や専用アプリなどの機能があると使い勝手が向上します。

さらに、ワイヤレスでデータ転送ができるBluetooth機能はチェックすべきポイント。また、オーディオ機能として高音質を求めるのであれば、ハイレゾ対応も重要です。

映画鑑賞におすすめのホームシアターシステム

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-107

サウンドバー1本によるシンプルなホームシアターシステム。内容と価格のバランス、手軽に大きな効果が得られることから人気の機種です。

サウンドバーとして世界で初めて最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応。前方スピーカーだけで左右、後方に加えて、高さ方向の音場も再現できるので映画や音楽への没入感が一層高まっています。4K/HDR対応HDMI入出力やBlueooth入力など、端子、機能も充実。シンプルながら高音質でおすすめです。

オンキヨー(ONKYO) 2.1chシネマパッケージ BASE-V60

老舗オーディオメーカーの高音質技術が光る2.1chシステム。フロントスピーカーは、ウーファー部に独自開発のN-OMF振動板を採用し、その場の空気感や楽器の倍音成分といった微細な音まで再現します。また、別筐体のサブウーファーは大容量キャビネットと矩形ダクトによる「AERO ACOUSTIC DRIVE」によって、ボリュームとキレを両立させた重低音を放射。

この相乗効果で映画、音楽をリアルに描写します。さらに、イネーブルド・スピーカー追加により、最新のサラウンド規格である「Dolby Atmos/DTS:X」にも対応可能。5.1chにもスピーカーの追加だけでアップグレード可能な発展性もおすすめポイントです。

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound system

シンプルなサウンドバー型ながら、巧みな音質チューニング力によって、部屋をあっという間にシアターに変えてしまうおすすめ機。ボーズは小型でも重低音を再生できる技術、また聴きやすい音質に大胆に整える志向に特長があります。

本機も幅55cmのコンパクトさながら、空間に響き渡る重低音を再生。また、独自技術により人の声が聴き取りやすくなる「ダイアログモード」を搭載し、セリフやトークもクリアです。重低音を5段階に調整できるので、響きすぎも抑えられます。

HDMI端子非搭載で、各種サラウンドにも対応しないのは独自路線。立体感より音そのものの存在感で聴かせる手軽なシアタースピーカーです。

ソニー(SONY) 7.1.2ch Dolby Atmos対応 ホームシアターシステム HT-ST5000

「サウンドバー+サブウーファー」による2.1chタイプながら、これまでにないほどのクオリティーでサラウンド再生できる最新高性能機です。ソニーのサウンドバーとして初めて「Dolby Atmos/DTS:X」に対応。前後左右に加えて、高さ方向の表現力も加わった3次元的な立体音響を楽しめます。

「Dolby Atmos/DTS:X」以外の音声も同様に楽しめるというアップミキサーの「Dolby Surround」と「Neural:X」も搭載。これまでの映画ソースでも楽しめるのもポイントです。内蔵アンプはなんと総合800Wの大出力。広い空間でも大音響で満たせる実力です。高級機なのでもちろん4K/HDR対応のHDMI入出力も対応します。

安さで選ぶならこれ! おすすめのホームシアターシステム

パナソニック(Panasonic) 2.1chシアターバー SC-HTB175

HDMI入出力対応のサウンドバーとしてリーズナブルな機種。2つのサブウーファーを上下の向きに対向配置した独自の「デュアルドライブサブウーハー」方式により、細身の本体からは信じられないような重低音を再生します。

人の声を聴きやすくする「明瞭ボイス」で、セリフもくっきり。高さがわずか5.5cmなので、テレビの前のスペースが少なくても設置しやすいのもおすすめポイントです。

パイオニア(Pioneer) コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1

国内メーカー製の2.1chホームシアターシステムとしてはリーズナブルな機種。40Wもの大出力パワーアンプを内蔵したサブウーファーを独立させているので、サウンドバータイプに比べて、圧倒的な重低音を体感できます。

フロントスピーカーは2本に分かれているので、離して設置すればより空間の広がりを感じ取れますよ。4K/HDRにも対応したHDMI入出力、Bluetooth入力に対応するのも価格を考えると立派。手頃に重低音がリッチなホームシアターが欲しい方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) 2.0chホームシアターシステム BAR STUDIO

エントリーモデルながらも、音声を双方向に伝送できる“HDMI ARC”に対応しているサウンドバー。対応テレビとHDMIケーブル1本で接続が簡単に行えます。ケーブルが煩わしいのが嫌という方におすすめです。

幅614×高さ58×奥行86mmのコンパクトサイズに50mm径ウーファーを各2基と、低音を増強するデュアルバスポートを搭載。重低音に定評のあるジェイビーエルのパワフルサウンドを楽しめます。独自のサラウンドモードに加え、5つの音質モードで幅広いソースを適切な音で鳴らし分けるのもポイントです。

レボリューション(REVOLUTION) ホームシアタースピーカー DHS-501

5.1chシステムながら1万円程度で購入できるリーズナブルば価格設定が魅力。しかも、アンプ部にはDVDプレーヤーも内蔵しているため、本セットとテレビがあればすぐにホームシアターが楽しめます。HDMI出力も可能なのでプロジェクターでの高画質投影も可能。

合計105Wの大出力もこの価格として十分なクオリティーです。FMチューナーも内蔵するので、特に音楽ソースを用意しなくとも気軽にBGM用にも使えます。映像機器を別途購入する手間の少なさでもおすすめです。ホームシアターシステム入門にもぴったりでしょう。

ワイヤレスタイプのおすすめのホームシアターシステム

ヤマハ(YAMAHA) 4K/HDR映像対応フロントサラウンドシステム YAS-207

サウンドバーにワイヤレス接続のサブウーファーを組み合わせた2.1chシステムです。弟機のYAS-107同様、サウンドバーとして世界で初めてバーチャル3Dサラウンド「DTS Virtual:X」に対応。前方だけとは思えない立体感で映画のサラウンドを表現します。

フロント50W+50W、サブウーファー100Wの大出力アンプもポイント。コンパクトシステムとは思えない大迫力が体感できます。4K/HDRに対応したHDMI入出力も装備。ワイヤレスタイプシステムとしては価格と内容のバランスのよさでもおすすめです。

ソニー(SONY) 2.1chサウンドバー HT-MT300

サウンドバーとワイヤレスサブウーファーの2.1chシステムとしてはリーズナブルな機種。割高になりがちなワイヤレスの便利さを手軽に実現できます。しかも、サブウーファーはわずか幅9.5×高さ38.3×奥行36.5cmと小型。ソファーの下にも設置できるほどの薄さです。その際にも最適な重低音を再生できる「ソファモード」も搭載。

黒が多いホームシアター機器としては珍しいホワイトカラーもポイントです。スタイリッシュなデザインも相まって、インテリアに溶けこみます。HDMI入力は装備しない入門機ですが、使いやすさとデザイン性に優れているので女性にもおすすめです。

ソニー(SONY) 2.1chサウンドバー HT-NT5

ワイヤレスサブウーファー採用のサウンドバーシステムです。別売りのワイヤレススピーカーを2台追加することにより、5.1chの本格的なホームシアターシステムに発展可能なことが最大の特長。最初は手頃なフロントサラウンドを楽しみつつ、ワイヤレスでのシステム展開ができるのが魅力です。

HDオーディオにも対応する高性能。BD、UHD BD音声も高密度かつ臨場感豊かに再現します。無線LAN、Bluetooth、ハイレゾ音声対応の多機能もソニーならでは。4K対応HDMI入出力も装備します。

5.1chのおすすめホームシアターシステム

ヤマハ(YAMAHA) ホームシアターパッケージ YHT-903

それぞれ単品販売されている5.1chスピーカーパッケージ・NS-PA40とAVアンプRX-S601のセット。単体AVアンプならではの高性能・多機能が魅力です。6系統ものHDMI入力は4KパススルーとHDCP2.2に対応し、HDオーディオにも対応。DSDを含めたハイレゾ音源再生にも対応します。強いて言えばDolby Atmos非対応が残念なくらいです。

ホームシアターシステムでは珍しいホワイトバージョンもラインナップ。細身のフロントスピーカー・小型のセンター・リアスピーカーは設置性も良好です。インテリアに溶け込む本格システムとしてもおすすめ。

ボーズ(Bose) Lifestyle 600 home entertainment system

フロント・リアスピーカーがコンパクトな5.1chホームシアターシステムです。4台のJewelCubeスピーカーは小型でも臨場感豊かな音場を再現できる、ボーズ独自のダイレクト/リフレクティング技術を採用。

パイプのようなパーツに音を通すことで、省スペースで低音再生を高める新開発のQuietPortテクノロジー採用のサブウーファーもポイントです。小さくても大迫力が得意なボーズによる渾身の一作。4K対応のHDMI入力に加え、Wi-Fi・Bluetooth・各種音楽ストリーミングにも対応する多機能性という点でもおすすめです。

ソニー(SONY) 5.1chホームシアターシステム HT-RT5

ワイヤレスで5.1chを構築できるホームシアターシステムです。各スピーカーへの結線が不要で、煩わしさがありません。ただし、フロント部に装備されている映像、音声機器からの有線入力は必要です。HDオーディオにも対応しているので、BD・UHD BDの高品質サラウンドも余すところなく再現します。

自動音場補正機能「D.C.A.C.DX」も搭載。付属マイクでの測定により、室内の環境・スピーカー配置状況に合わせて、理想的なサラウンドになるよう自動的に音質を調整してくれます。初心者には難しい効果的な設置を気にする必要がありません。

パイオニア(Pioneer) 5.1chサラウンドシステム HTP-SB760

 

柔軟性のある5.1chホームシアターシステムです。一見細身のサウンドバーですが、両脇のスピーカーを外し、リアスピーカーとして利用することにより、5.1chサラウンドシステムとしても利用可能。環境に応じて2通りの使い方ができます。

重低音を損なわずに音漏れを低減する「マナーモード」は深夜や近所への配慮も可能。4K対応のHDMI入出力も装備するので4Kテレビとの組み合わせにもおすすめです。ただし、HDオーディオには対応していません。

7.1chのおすすめホームシアターシステム

ソニー(SONY) 7.1chサウンドバー HT-ST9

ワイヤレスでの高音質再生に対応したサウンドバータイプの7.1chシステムです。サブウーファーはワイヤレスにて接続可能。映画ソースの音声はHDMIでの有線入力となりますが、Bluetooth入力も装備。音楽の音声はワイヤレス入力できます。しかも、ハイレゾ相当のデータ量を伝送できるLDACコーデックにも対応。ワイヤレスでも高音質での音楽再生が可能です。

高級機ということでHDMI入出力は4Kに対応しますが、発売時期の関係もありHDRには対応しません。4K映像を楽しまれる方はご注意ください。

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700

サウンドバータイプのヤマハ・YSPシリーズ7.1chモデル。バータイプのセンターユニットには、2.8cm口径のスピーカーを16個搭載しています。

パワードサブウーファーの採用による豊かな低音再生も魅力。また、ヤマハが独自に開発した、コンテンツに合わせて最適な音場を構築する「シネマDSP(10モード)」も本機の特長です。音響を測定し、部屋に対しての音場を最適化してくれる「インテリビーム」を搭載し、ベストな環境であらゆる映像を楽しめます。

ホームシアターシステムのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ホームシアターシステムのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ホームシアターシステムのおすすめメーカー|映画鑑賞

ソニー(SONY)

31taa0redpl

By: amazon.co.jp

ソニーは、手頃なバータイプからボードタイプ、マルチスピーカーによるリアルサラウンドシステムまで、豊富なラインナップが特徴です。独自の高効率D級アンプ「S-Master」により、大出力をコンパクトに楽しめます。

また、コードレスでのスピーカー接続にも対応させるといった、先進的で便利な機能も魅力。自社テレビ・レコーダーとの連動も見逃せないポイントです。

パイオニア(Pioneer)

31zcb06ltzl

By: amazon.co.jp

パイオニアのホームシアターシステムは、マルチスピーカーによるリアルサラウンドシステムが得意。場所を取りやすい5.1chスピーカーも、細い円柱タイプのスリムなスピーカーをフロント用に採用しています。設置性を高めていることも自慢です。

スピーカーを駆動させるAVアンプにも独自のD級アンプ技術を採用。コンパクトながらハイパワーを確保できるので、薄型筐体を実現しています。本格的な機能・内容をスマートに導入できるのがポイントです。

ヤマハ(YAMAHA)

50413_12075_1

By: jp.yamaha.com

1980年代のホームシアター黎明期から、常に業界をリードしてきた存在。特に、独自の音場再現プログラムのシネマDSPによる、多彩な空間表現力は他社を圧倒します。

マルチスピーカーによるリアルサラウンドシステムに加え、近年はフロントサラウンドシステムも得意です。中でも、「YSPシリーズ」シリーズは特筆もの。壁にビーム状に音を反射させ、後ろから音が回り込んで聴こえます。

ホームシアターシステムのおすすめメーカー|音楽鑑賞

ソニー(SONY)

41fxklxb5xl

By: amazon.co.jp

ソニーはその高い音響技術をホームシアターに惜しげもなく投じています。デジタル音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」、高音質Bluetoothコーデック「LDAC」などがその象徴。

他社よりも、低価格機で高音質なDSD音源再生に対応するのも特徴です。ネットワークオーディオ機能の充実も見逃せないポイント。幅広いハイレゾ音源を楽しみたいのならソニーがおすすめです。

オンキヨー(ONKYO)

31zr57e72gl

By: amazon.co.jp

オンキヨーはオーディオ機器メーカーとしての技術をホームシアター機器にも導入。音楽鑑賞時の高音質に定評があります。低ノイズなアンプと回路の技術を得意としているので、音楽の弱音や繊細な部分を余すところなく堪能できます。

自社開発振動板のスピーカーも、ハイレゾ対応のハイエンドモデル揃い。すでに高品質なプレーヤーを持っている方にもおすすめです。

デノン(DENON)

617s4ics5ml

By: amazon.co.jp

日本を代表するオーディオ機器メーカーです。音楽向けの高級コンポに関する技術・ノウハウを多数蓄積。ホームシアターでもそのノウハウにより、他社を上回る高音質で音楽鑑賞を楽しめます。

その柱は、大電流型トランジスターを採用するパワーアンプ部と、あらゆるデジタル音源をハイレゾ相当に変換して再生できる「アルファ・プロセッサー」です。CDを高音質で聴きたい方にもおすすめ。

番外編:家をホームシアターにする時に必要なもの

1.ホームシアターシステム

By: amazon.co.jp

前方だけのバーチャルサラウンドタイプにせよ、本格的な5.1chシステムにせよ、ホームシアターには「音」を担当する「サラウンドシステム=ホームシアターシステム」が必要です。

音が出るだけならテレビ本体、あるいはステレオオーディオシステムでもいいわけですが、テレビでは音の迫力不足、ステレオでは映画ソースのサラウンド規格をデコードできません。つまり、映画の立体的な音を臨場感豊かに再現するには「ホームシアターシステム」が必要ということです。

2.プロジェクター

By: amazon.co.jp

映画館並みの大画面体験をしたいならプロジェクターの導入がおすすめ。大画面テレビを超える80~150インチでの投影が可能です。人気の主流は10万円前後でフルHD画質で投影できる機種。すでに4K解像度に対応した高性能機も出始めていますが、安い機種でも30万円以上します。

プロジェクターで忘れてはいけないのは投射距離。スクリーンまで、ある程度の距離がないと大画面を投影できません。ただ、わずか数十cmで投影できる「超単焦点プロジェクター」も少数ですが出てきています。

3.スクリーン

By: amazon.co.jp

プロジェクターを使う場合は映像を投影するスクリーンも必要です。白い壁に簡易的に投影することもできますが、画質面ではあまりおすすめできません。

スクリーンは素材の違いで画質優先で暗い部屋向きの「マットタイプ」、やや明るい部屋でも使える「パールタイプ」、照り返しなどの影響が少ない「ビーズタイプ」、音を透過するのでスピーカーの前にも置ける「サウンドスクリーンタイプ」があります。

また、設置方法も、「天吊り式」「立ち上げ式」「はり込み式」「タペストリー式」があります。それぞれメリット、デメリットがあるので、環境や要求に合わせたものを選びましょう。

4.映像メディア機器

By: amazon.co.jp

ホームシアターの一方の主役は「映像」ですので、その供給源となるメディア再生機器が必要。最も簡単なのは録画も含むテレビ放送です。次に一般的なのはDVDやBDといった光メディアプレーヤーで、最新高性能規格として4K/HDR対応のUHD BDもあります。

近年はネット配信素材もソースとして拡大。各種配信サービスに対応したテレビやPCからの再生に加え、Apple TVのようなストリーミングデバイスも普及し始めています。4K/HDR配信も始まっていて、これからはネット配信に注目。4Kを楽しむには高速ネット回線も重要です。