自宅で映像を迫力のある高音質で楽しみたい方におすすめなのが「ホームシアターシステム」です。一般的なテレビスピーカーのステレオ方式と違って、左右だけではなく前後も含めたサラウンド方式で音声が響くので、映画もゲームもより臨場感豊かに満喫できます。

しかし、ホームシアターシステムは種類が豊富にあるため、初心者はどれを選べばいいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、ホームシアターシステムのおすすめモデルをご紹介します。

ホームシアターシステムとは?

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムとは、テレビや映画などのコンテンツをより臨場感のあるサウンドで楽しめるオーディオ機器。最近はひとつのキャビネットに複数のスピーカーを搭載して省スペース性を高めた、サウンドバータイプのホームシアターシステムが人気です。

なお、スピーカーシステムの構成は、「5.1ch」などと表されます。最初の数字5はスピーカーの本数。0.1は重低音用のサブウーファーが1つあることを表しています。

ホームシアターシステムの種類

サウンドバー

By: bose.co.jp

設置が比較的簡単で、狭い部屋に設置できるサウンドバー。AVアンプや複数のスピーカーを内蔵し、テレビなどに接続するだけで高音質なサウンドを楽しめます。値段も手頃なモノが多く、価格重視の方はもちろん、ホームシアターを試してみたい方にもおすすめです。

3次元の立体音響に対応したモノも人気。まるで部屋の後方や天井にもスピーカーを設置しているかのように、左右前後だけでなく上方向からも音が聞こえます。「Dolby Atmos」「DTS Virtual:X」などのサラウンドフォーマットに対応したモデルをチェックしてみてください。

マルチスピーカー

By: yamaha.com

複数のスピーカーを部屋の前方・横・後方・天井などに配置し、AVアンプを介してAV機器に接続するのがマルチスピーカーです。スピーカーの数は製品によってさまざま。多くのスピーカーを設置するほど、まるで映像の中にいるような臨場感を体験できます。

AVアンプに別売のスピーカーを追加できるモデルも人気。スピーカーの配置を変えたり、各スピーカーの音量を調節したりするなど、好みに合わせて音響をカスタマイズできるのもポイントです。

なお、設置に手間がかかりやすいのが難点。設置条件などもあり、狭い部屋での設置には向かず12畳以上の広い部屋に適しています。スピーカーセットのみの製品も多いので、AVアンプが付属しているかどうかもチェックして選んでみてください。

ホームシアターシステムの選び方

サブウーファーの有無をチェック

By: yamaha.com

サブウーファーとは、低音域再生に特化したスピーカーのこと。サブウーファーがあることで、低音域サウンドをより忠実に再生できるのが魅力です。ライブ映像やスポーツ、映画などを、迫力と臨場感あふれるサウンドで楽しめます。

マルチスピーカーはもちろん、サウンドバーにサブウーファーが付属した製品も存在。ボックス型のスピーカーで、内蔵サブウーファーに比べてより厚みのある重低音を再生することが可能です。置き場所に余裕のある方は、サブウーファー付属モデルも検討してみてください。

ch数をチェック

2.1

By: amazon.co.jp

2.1chとは、2つのフロントスピーカーとサブウーファーをセットにしたスピーカーシステムのこと。幅広い音域を再生できます。

スピーカーの数が少なく、省スペースで設置できるのもメリット。手頃な価格なモノも多く、手軽に音質をアップグレードしたい方にも適しています。

なお、スピーカーの設置場所が前方に限られるので、サラウンド感を得にくいのが難点。サウンドバータイプのなかには、バーチャルサラウンド機能を搭載し、サラウンド環境を作り出せるモノもあるのでぜひチェックしてみてください。

5.1

By: bose.co.jp

5.1chとは、サブウーファーとセンター・フロント・リアスピーカーをセットにしたスピーカーシステムのことです。後方からも音が聞こえるのが魅力。後ろから話しかけられたり、車が走り抜けたりするようなシーンなどを臨場感豊かに再現できます。

バーチャル3Dサラウンド機能を搭載したモデルなら、縦方向の音も再現可能です。上からも音が聞こえてくるので、映画やスポーツ観戦などの臨場感をより高められます。

なかには、部屋のどの位置でも同じサラウンドを体感できるモノも存在。広いリビングで家族と一緒にホームシアターを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

7.1

By: rakuten.co.jp

7.1chとは、5.1chにサラウンドバックスピーカーを追加したスピーカーシステムのこと。360°ぐるりと囲むようにスピーカーを配置することで、より映像に忠実な音の聞こえ方を再現できるのがメリットです。

バーチャル3Dサラウンド機能やイネーブルドスピーカーを搭載したモデルなら、映像に合わせて前後左右に加えて上からも音が聞こえてきます。アクション映画やゲームなどを楽しみたい方にもおすすめです。激しい動きに合わせて、まるで映像の中にいるような臨場感を楽しめます。

スピーカーの出力をチェック

By: amazon.co.jp

ホームシアターを設置したい部屋の広さに合わせて、スピーカーが出せる音の大きさをチェックするのも選ぶ際のポイントです。スピーカーの出力はワット「W」で表示され、数が多いほどより大きな音を鳴らせます。

6〜12畳程度の部屋には、40〜100W以上のモノがおすすめです。なかには、300〜600Wの大出力スピーカーを搭載したモノも人気があります。

なお、AVアンプとマルチスピーカーを別々に購入する際は、両方の出力を合わせるのも重要。スピーカーはAVアンプ以上に出力できないので留意しておきましょう。

入出力端子をチェック

By: yamaha.com

サウンドバーやAVアンプに搭載されている入出力端子の種類もチェックしておきたいポイントです。ケーブルといっても種類はさまざまで、一般的にはHDMIや光デジタルなどがあります。「ARC」に対応したHDMI端子を搭載していれば、HDMIケーブル1本で同規格のAV機器と接続できて便利です。

また、4Kパススルー対応のHDMI端子があれば、4K対応のAV機器と接続して新4K衛星放送や4Kネット動画なども楽しめます。4K対応のテレビやゲーム機、ブルーレイディスクプレーヤーなどを持っている方は、チェックしてみてください。

対応サラウンドフォーマットをチェック

By: amazon.co.jp

立体音響で映像を楽しみたい方は、視聴したい映像のサラウンドフォーマットを要チェック。同規格に対応したホームシアターシステムを選ぶのがポイントです。

サラウンドフォーマットのなかには、DVDやPCゲームなどで採用される「Dolby Digital」、ブルーレイディスクなどで使用される「Dolby TrueHD」「DTS-HD Master Audio」、前後左右に加えて上からも音が聞こえる「Dolby Atmos」「DTS:X」などがあります。

なお、現在使用しているテレビやプレーヤーに接続して使用する場合、その機器が対応できるサラウンドフォーマットでしか再生できないことに留意しておきましょう。

手軽に導入できるワイヤレス接続も人気

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムを導入すると、スピーカーやAVアンプを接続するために配線が必要。テレビやプレーヤーなども視野に入れると、ケーブルをまとめたり、配線が目立たないよう工夫したりと手間がかかります。

Bluetooth接続対応のホームシアターシステムであれば、同規格のAV機器とワイヤレスで手軽に接続できて便利。見た目をすっきりさせたい方にも最適です。

なお、ワイヤレスの場合、電波の届きやすさや送信するデータ量によって音が遅延しやすいので注意。データを圧縮して送信するため、音が劣化しやすいという難点もあります。高音質で楽しみたい方は、「LDAC」「apt-X」「AAC」コーデック対応モデルがおすすめです。

ホームシアターシステムのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

テレビからカメラやゲーム機器まで、幅広いAV機器をラインナップしているのがソニーの特徴です。映像とサウンドどちらもハイクオリティなのがメリット。ホームシアターシステムでは、サウンドバータイプの製品が豊富です。

立体的な音の広がりを持つ、最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」や「DTS:X」に対応したモデルも充実。同社のテレビやレコーダーとの連携性の高さもポイントです。

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

パイオニアは、1938年創業のオーディオメーカーです。開発力の高さに定評があるブランドで、1990年にGPSカーナビゲーションシステムを、1997年にはDVD-Rドライブを世界で初めて発売しています。

AVレシーバーやスピーカーなどのコンポーネントモデルが充実。ホームシアターシステムは2.1chなどのシンプルなシステムが多いのが特徴です。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、原音を忠実に再生するモニタースピーカーやミキサーなど、さまざまなオーディオ機器を取り扱っているメーカー。ホームシアターシステムでは2.1chながらバーチャル3Dサウンドに対応した、フロントサウンドシステム「YASシリーズ」が人気です。

AVアンプやスピーカーのラインナップが豊富なのもポイント。個々のモデルで構成したコンポーネントスタイルのホームシアターシステムも構築できます。スピーカーの上位モデルにはグランドピアノで使われるピアノブラック塗装を施すなど、質感が高いのも魅力です。

ホームシアターシステムのおすすめ|サウンドバー

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

奥行96mmとコンパクトで、限られた設置場所でも使用可能なサウンドバーです。サブウーファーを本体に内蔵することにより、省スペース化を実現しています。

最大出力は160W。また、ソニーの独自技術「Vertical Surround Engine」と「S-Force Pro Front Surround」を組み合わせているため、フロントスピーカーだけで映画館のようなサウンドが楽しめるのも魅力です。前後左右だけでなく、縦方向の立体感も表現しています。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-G700

大画面テレビでサラウンドを楽しみたい方におすすめのサウンドバーです。大型画面に最適化したバーチャルサラウンドシステムで、画面の横・上から音が聴こえるようにチューニング。画面と音との一体感を高めています。

音声劣化を抑えるデジタルアンプ内蔵しているのもポイント。録音された状態からできる限り劣化を抑えたままスピーカーに伝えます。映画はもちろんのこと、ライブDVDなど視聴にもおすすめです。また、Bluetooth接続でワイヤレスオーディオとしても楽しめます。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-ST5000

高音質にこだわりたい方におすすめの7.1.2ch対応モデルです。最大出力合計値は800Wで、迫力のある音を楽しめます。各スピーカーユニットはそれぞれ独立したアンプで駆動。時間や位相のズレを電気的に補正することにより、自然で立体感のあるサウンドを作り出します。

また、4Kパススルー対応のHDMI端子を搭載し、4K映像機器に接続できるのもポイント。さらに、ハイレゾと高音質コーデックLDACにも対応し、多彩な音楽再生を楽しめます。

「Dolby Atmos」「DTS:X」にも対応。力強い低音を再生できるサブウーファーも付属し、臨場感豊かなサウンドを体感できるのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-C20A

幅60cmとコンパクトなサイズながらも本格的なサウンドが楽しめるサウンドバーです。クリアかつ迫力のあるサウンドが魅力。また、クリアボイス機能を備えており、セリフやナレーションの声を際立たせることが可能です。

映画鑑賞・音楽再生・テレビ再生・ゲームそれぞれに特化したサウンドモードが用意されているのもポイント。コンテンツの楽しさを最大限に引き立てます。

さらに、壁掛けにも対応しているのも特徴のひとつ。さまざまなレイアウトを楽しめるおすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

映画館のような立体的なサウンドが体験できるサウンドバー。ヤマハ独自のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」を採用しているのがポイント。前後・左右に加え、まるで上から迫ってくるかのような音を再現しています。

また、Amazon Alexa内蔵なので、声によるコントロールも可能。さらに、サブウーファーはワイヤレスのため好きな場所に設置できます。

デノン(DENON) ホームシアターサウンドバーシステム DHT-S316

映画の視聴から日常的なテレビ鑑賞まで活躍するホームシアターシステム。ニュースやセリフなど人の声に反応し明瞭にする「ダイアログ・エンハンサー」機能を搭載。小さな音でも話の内容がしっかりと耳に届きます。家族が寝静まった夜中でも遠慮なく映像を楽しむことが可能です。

付属のワイヤレスサブウーファーは設定不要なのもうれしいポイント。電源を入れるだけで自動的にペアリングするので、難しい操作をすることなく重低音が楽しめます。

デノン(DENON) ネットワークサウンドバーシステム DHT-S516H

映画だけでなく、音楽も楽しみたい方におすすめなのがデノンのネットワークサウンドバーシステムです。Amazon Musicをはじめとした各種ストリーミングサービスに対応。ハイレゾ音源再生可能なので、高音質の音楽をストレスなく楽しむことが可能です。

映像作品の音にもこだわりを持っており、ムービーとミュージックの2つのモードでコンテンツの魅力を最大限に引き出します。また、大口径130mmのユニット2基を搭載した迫力のサブウーファーを搭載しているのもポイントです。

HDMI端子は4Kパススルーに対応。4K対応映像機器につなげて、高画質・高音質なコンテンツを楽しめます。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB900

上質な音にこだわった製品がパナソニックのシアターバー。パナソニックの音響機器ブランドであるテクニクスの設計思想を受け継ぎ、高音質なサウンドを楽しめます。

アンプにはテクニクスのフルデジタルアンプ「JENO Engine」を採用し、クリアで自然な音を再現。広めにとったスピーカーボックスや高剛性キャビネットなど、物理的な部分にもテクニクスの設計思想が活かされています。

映画・ライブ動画・スポーツ観戦など、さまざまなコンテンツにおすすめのホームシアターシステムです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

オンラインゲーム好きにおすすめなのがパナソニックのシアターバー。「ファイナルファンタジーXIV」推奨の製品です。

ロールプレイングゲーム向け、シューティングゲーム向け、ボイス強調の3つのゲーム用モードを用意。スクウェア・エニックスとの共同開発で、ゲームの迫力をしっかりと引き出します。

もちろんゲーム以外の用途でも大活躍。テレビ視聴向けの「スタンダード」、音楽コンテンツ向けの「ミュージック」、映画向けの「シネマ」モードを搭載しており、汎用性に優れたおすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB200-K

コンパクトなシアターバーを探している方におすすめの製品です。幅450mm×高さ51mmとコンパクトサイズで、テレビの足元にスッとおさまります。また、サウンドモードは3種類あり、用途に応じて適した音を楽しめるのも魅力です。

HDMI-CECに対応しており、テレビのリモコンで電源操作・音量調節といった基本的な操作ができるのもポイント。テレビ周辺のモノをなるべく増やしたくない方にも適しています。

シャープ(SHARP) アクオスオーディオ 8A-C22CX1

8Kテレビ用サウンドバーを探している方におすすめの製品です。8K放送のMPEG-4 AAC 22.2ch音声入力に対応しており、画面の迫力に負けない、立体感あるサウンドを生み出します。

3Wayスピーカーシステムを採用。低音・中音・高音がそれぞれ違ったユニットから再生されるため、きめ細やかでクリアな音を表現できます。また、立体音響再生技術「OPSODIS」により、360°全方位から音に包まれるような感覚を味わえるのも魅力です。

ボーズ(BOSE) TV Speaker

画期的な技術で世の中を驚かせてきたボーズ社のおすすめサウンドバーです。幅595mm×高さ56mmとコンパクトなサイズながら、同社の小型スピーカーで培った技術により、クリアで広がりのあるサウンドを実現。迫力のある低音を鳴らすのも魅力です。

また、Bluetooth接続に対応しているのもポイント。専用リモコンのボタンを押せば、ポッドキャストなどもワイヤレスで楽しめます。

さらに、HDMI-CEC機能を搭載しているのも魅力。テレビの電源をオンにすると自動的にサウンドバーの電源が入り、テレビのリモコンを通してサウンドバーの音量調節も可能です。使い勝手に優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ボーズ(BOSE) SOUNDBAR 500

さまざまなスタイルで高音質が楽しめるサウンドバーです。サウンドバーとして迫力の音を出すのはもちろんのこと、ボーズ社のヘッドホンと連携できるのがポイント。サウンドバー本体は小音量で、自分だけは大音量で映画を楽しむといった使い方も可能です。

GoogleアシスタントとAmazon Alexaを搭載し、音声コントロールができるのもポイント。リモコンを取り出すといった煩わしさがないので便利です。

ジェイビーエル(JBL) BAR2.0 All-in-One

スピーカーに特化したオーディオメーカーとして名を馳せているJBLのサウンドバーです。スピーカーに強いメーカーだけあって、迫力のサウンドが楽しめます。

サブウーファーレスにも関わらず、低音はずっしりとしているのが魅力。また、独自技術のサラウンドシステムで包み込むような臨場感を作り出します。映画館にいるような気分を手軽に味わえるおすすめの製品です。

ホームシアターシステムのおすすめ|マルチスピーカー

パイオニア(Pioneer) 2.1chシアター HTP-CS1

シンプルに使えるセパレートタイプのホームシアターを探している方におすすめの2.1chシアター。手軽にセッティングでき、利便性に優れたモデルです。

メインスピーカーは低音から高音までバランス良く再生するようにチューニングされており、自然な音を表現。サブウーファーはハイパワーアンプを内蔵しており、置き場所に応じて縦置き・横置きと自由に設置できます。

ななめ後ろからも音が聞こえてくる「バーチャル3Dサウンド」も搭載。「Dolby TrueHD」「DTS-HD」のサラウンドフォーマットにも対応し、ブルーレイディスクの映像などを楽しみたい方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-PA41

スタイリッシュなトールボーイタイプスピーカーが目をひくマルチスピーカー。ソファに腰かけるとフロントスピーカーのツィーターが耳の高さに来るため自然でクリアな音を楽しめます。また、ウーファー2基を搭載しており、迫力のある低音を生み出すのもポイントです。

サブウーファーには、ヤマハの独自技術「ツイステッドフレアポート」を採用。空気の乱れを抑えることにより濁りの少ない迫力の低音を実現しています。

わずらわしいスピーカーケーブルを背面に収納できることや、壁掛けできるセンタースピーカーなど利便性に優れているのもポイント。上質なインテリアのひとつとしても楽しめるおすすめのモデルです。

オンキヨー(Onkyo) 2.1chシアターシステム BASE-V60

将来的にサラウンドシステムを拡張したいという方におすすめの製品。オンキヨー独自技術によるバランス良くクリアなサウンド、そして自然な音の広がりが楽しめるのが魅力です。

基本構成は小型フロントスピーカー×2本とサブウーファーの2.1chサラウンドシステムですが、センタースピーカー、サラウンドスピーカーが販売されており、手軽に5.1chへの拡張が可能。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

番外編:家をホームシアターにするときに必要なモノ

プロジェクター

60型以上の大画面で映像を楽しみたいならプロジェクターを導入するのがおすすめ。スクリーンに映像を投写して視聴できます。高額な大画面テレビに比べて、ローコストなのがメリットです。

スクリーンから離れた場所に設置する必要があるので、狭い空間の場合は短焦点タイプが人気。60cmほどの距離で投写して100型の大型画像が得られる、超短焦点モデルもラインナップしています。画質はフルHDが主流ですが、ハイエンドモデルのなかには4K対応した製品もあるためチェックしてみてください。

スクリーン

By: amazon.co.jp

プロジェクターで映像を投影する際は自宅の壁でも対応できますが、高画質で視聴するためにはプロジェクタースクリーンが必要です。

40〜120インチまでさまざまなサイズのスクリーンがラインナップされており、サイズは視聴する位置からスクリーンまでの視聴距離をもとに算出します。視聴距離(cm)を2.5〜3で割った数字が適したサイズです。例えば、250〜300cm離れて見るのであれば、100インチのスクリーンが目安となります。

設置方法は、壁掛け式・天井吊り下げ式・フロア式が主流。壁掛け式は壁に取り付けたフックにスクリーンを掛けます。軽量でリーズナブル、かつ取り外しやすいのがメリットです。

映像メディア機器

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムを使えば、テレビ放送も高音質で楽しめます。どうせなら画質もハイクオリティなテレビで見たいもの。これからテレビを買い換えるなら4K対応モデルがおすすめです。フルハイビジョンの4倍の情報量を有する4K放送なら、解像度の高い鮮明な映像で視聴できます。

また、映画や音楽などさまざまなコンテンツをディスクで見るなら、ブルーレイレコーダーやプレーヤーもチェックしておきましょう。特におすすめなのが「Ultra HDブルーレイ」の再生に対応しているモデル。従来のブルーレイに比べて4倍の解像度と2倍の色域を持つので、より高精細で色彩豊かな映像が楽しめます。