自宅で映画やゲームなどを楽しむ上で、より充実した環境を整えたいという方は「ホームシアターシステム」を導入するのがおすすめ。多くのスピーカーを設置する本格的なモデルから、ひとつのキャビネットに複数スピーカーとアンプを収めたコンパクトなモノまで、さまざまなタイプがラインナップしています。

とはいえ、ベストバイ製品を見つけ出すのはユーザーによって悩ましいもの。そこで今回は高音質なホームシアターシステムをご紹介します。さまざまな動画コンテンツを思う存分堪能したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームシアターシステムとは?

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムとは、テレビや映画などのコンテンツをより臨場感のあるサウンドで楽しめるオーディオ機器。最近はひとつのキャビネットに複数のスピーカーを搭載しているモデルが充実しており、省スペース性を高めたサウンドバータイプのホームシアターシステムが人気です。

なお、スピーカーシステムの構成は、「5.1ch」などと表されます。この場合、最初の数字5はスピーカーの本数。0.1は重低音用のサブウーファーが1つあることを表しています。

ホームシアターシステムの種類

5.1/7.1chホームシアターシステム

By: amazon.co.jp

5.1chは高音〜低音域を出力するスピーカー5本と、重低音用サブウーファー1本からなるシステム。視聴者前面の左右と中央にスピーカー3本とサブウーファー、そして後方左右にスピーカーを配置するのが基本です。後方にもスピーカーを設置するので、臨場感あるサウンドが楽しめます。

5.1chに2本のスピーカーを増設したのが7.1ch。2本のスピーカーは視聴者の左右にセッティングするのが一般的です。なお、サラウンド規格「Dolby Atmos」に対応したモデルには7.1.2chなどと表記されるモノもあります。最後の数字2は天井に設置するスピーカー数です。

いずれも多数のスピーカーを駆動するので、高出力タイプのアンプを備えているのがポイント。本格的なホームシアターシステムを検討している方には、5.1ch以上のシステムがおすすめです。

2.1/3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム

By: rakuten.co.jp

視聴者前面の左右にそれぞれスピーカー1本、そしてサブウーファーを設置するのが2.1chです。3.1chは2.1chにセンタースピーカーを追加したシステム。センタースピーカーがあると、人物のセリフがハッキリ聞こえるのがポイントです。

いずれも、テレビの周りに配置できるので場所をとらず、手軽にホームシアターシステムを構築できます。特に、左右のスピーカーを1つのキャビネットに収めたサウンドバータイプは高さ100mm以内のモデルが多く、テレビの下に設置する際も違和感がないのがポイントです。

2.1chや3.1chシステムはスピーカーの本数は少ないですが、DolbyやDTSといったサラウンド技術によって立体的な音響を体感できます。製品ラインアップには1万円台で購入できるモデルがあるので、「視聴環境を改善したいが、コストは抑えたい」という方は隈なくチェックしておきましょう。

ホームシアターシステムの選び方

サブウーファーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

サブウーファーは、低音域専用のスピーカー。大型のスピーカーではなくても、迫力ある重低音を出力できるのがメリットです。ホームシアターシステムはサブウーファーを搭載しているモデルが一般的。アクション映画の爆発音やロックミュージックのドラムなどを迫力ある重低音で楽しめます。

最近ではアンプとワイヤレスで接続できるサブウーファーも数多くラインナップ。また、2.1chサウンドバータイプのホームシアターシステムのなかには、サウンドバー本体にサブウーファーを内蔵したモデルもあるので、設置場所に制限がある方は候補として検討してみましょう。

対応サラウンドフォーマットで選ぶ

By: amazon.co.jp

5.1chなどのサラウンドを再生するためには、コンテンツのフォーマットとホームシアターシステムが対応しているフォーマットが一致していることを確認しましょう。

サラウンドフォーマットは、アメリカのDolby社とDTS社の規格が主流で、5.1chのフォーマットの場合は「Dolby Digital」や「DTS Digital Surround」、7.1chの場合は「Dolby Digital PLUS」や「DTS-HD High Resolution Audio」などがあります。

また、ブルーレイで採用されている規格にはさらに高音質なフォーマットとして「Dolby TrueHD」と「DTS-HD Master Audio」があり、最近ではよりハイエンドクラスの規格として立体的な音響を体感できる「Dolby Atmos」や「DTS:X」などもあります。

入出力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムを選ぶ際は、テレビやブルーレイプレーヤーなどと接続する入出力端子のタイプと端子数もチェックしておきたいポイント。端子のタイプとしては「HDMI」が主流で、その他には「光デジタル」や「同軸」などもあります。

HDMIはテレビなど多くの映像機器で採用されている端子。映像と音声を1本のケーブルでデジタル伝送可能です。なお、「HDMI 4K/60p」と記載されているモデルは4K放送も楽しめます。また、「HDMI CEC」に対応していると、テレビリモコンでホームシアターシステムの電源オンオフや音量調整などの基本操作が可能です。

なお、光デジタルと同軸はともに音声をデジタル伝送する端子。CDプレーヤーやDVDプレーヤーなどで使われることの多いタイプです。ただし、高音質なサラウンドのフォーマットには対応していないので、より汎用性の高さを求めるのであれば、HDMI対応のホームシアターシステムをチョイスしましょう。

最大出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

音の迫力に直結するのが、ホームシアターシステムの出力です。ワット数で表されます。連続して出力できるワット数を表すのが定格出力。そして瞬間的に出力できる最大ワット数が最大出力です。

2.1chシステムでは定格出力100Wほどあれば充分。5.1chなどのスピーカー数が多い本格的なホームシアターシステムでは最大出力が400Wを超える大出力モデルもラインナップしています。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

音楽鑑賞が多い方にはハイレゾ対応のモデルがおすすめ。ハイレゾ音源はCDを超える高い解像度が特徴で、音楽配信サービスなどで採用されている高音質の音源です。

ホームシアターシステム選びの際は、BluetoothやWi-Fiなどのネットワーク対応具合も確認しておきましょう。特に近距離無線通信のBluetoothは要チェック。スマホやタブレットと簡単に接続して、端末内のコンテンツを再生できます。また、Bluetooth対応のヘッドホンと接続して聴くことも可能です。

ホームネットワークを利用して、PCやハードディスクのコンテンツをネットワークにつながった機器で利用できるのがDLNA。ホームシアターシステムがDLNAに対応していると、さまざまな機器内の動画や音楽を高音質で再生できます。

ホームシアターシステムのおすすめメーカー|映画鑑賞

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

テレビやカメラ、ゲーム機器まで、幅広いAV機器がラインナップしているのがソニーの特徴です。映像とサウンドどちらもハイクオリティなのがメリット。ホームシアターシステムは、サウンドバータイプの製品が豊富です。

立体的な音の広がりを持つ、最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応したモデルのラインナップも充実。同社のテレビやレコーダーとの連携性の高さもポイントです。

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

パイオニアは1938年創業のオーディオメーカーです。開発力が高いことで定評があるブランド。1990年にGPSカーナビゲーションシステムを、1997年にはDVD-Rドライブを世界で初めてリリースしています。

AVレシーバーやスピーカーなどのコンポーネントモデルが充実。ホームシアターシステムは2.1chなどのシンプルなシステムが多いのが特徴です。

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

ヤマハは原音を忠実に再生するモニタースピーカーやミキサーなど、さまざまなオーディオ機器を取り扱っているメーカー。ホームシアターシステムでは2.1chながらバーチャル3Dサウンドに対応した、フロントサウンドシステム「YASシリーズ」が人気です。

AVアンプやスピーカーのラインナップが豊富なのもポイント。個々のモデルで構成したコンポーネントスタイルのホームシアターシステムも構築できます。スピーカーの上位モデルにはグランドピアノで使われるピアノブラック塗装を施すなど、質感が高いのも魅力です。

ホームシアターシステムのおすすめメーカー|音楽鑑賞

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

解像度が高く、CD以上のハイクオリティな音質を有するのがハイレゾ音源。ソニーのホームシアターシステムはハイレゾ対応したモデルが多いのがポイントです。

また。BluetoothやWi-FiそしてDLNAといったネットワーク機能も充実しているので、さまざまな機器にある音楽コンテンツを再生できます。音質や使い勝手そして拡張性に優れたモデルが多い、おすすめのブランドです。

オンキヨー(ONKYO)

By: amazon.co.jp

オンキヨーは1946年創業の音響機器メーカーです。2005年には音楽配信サービス「e-onkyo music」を開始。クラシック音楽やJ-POPなどを、高音質のハイレゾ音源で配信しています。

2015年にはパイオニアグループのホームAV事業と経営統合。ホームシアターシステムは2.1chなど比較的シンプルなシステムが主流です。

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

1910年に設立されたデノンは、1972年に世界初のPCMデジタル録音機を開発するなど技術力が高い老舗のオーディオメーカーです。

2014年には世界初のDolby Atmos対応AVレシーバーをリリースしています。同社はAVアンプの商品構成が豊富なのが特徴。ハイエンドモデルは13.2chといった多チャンネルにも対応しています。

ボーズ(BOSE)

By: amazon.co.jp

ボーズは高音質でデザイン性の高いスピーカーやヘッドホンで人気のブランドです。カーオーディオでもフェラーリやメルセデス・ベンツといった高級車で純正採用されています。

ホームシアターシステムは、ひとつのキャビネットに複数のスピーカーを搭載したSoundbarシリーズや、複数のスピーカーを備えたLifestyleシリーズがラインナップ。商品構成はシンプルですが、音質はもちろん省スペース性に優れたコンパクトなモデルが多いのが特徴です。

映画鑑賞におすすめのホームシアターシステム

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

ヤマハの人気ホームシアターシステムです。本体にサブウファーを内蔵した2.1chタイプ。スピーカーユニットは25mmツイーターと55mmフルレンジユニットそして75mmサブウーファー、それぞれを左右に配置してあります。サブウーファー出力端子を搭載しているので、サブウーファーを増設すれば、さらに迫力ある重低音を楽しむことも可能です。

サウンドバーへの出力は30W×2、サブウーファー用60Wの合計120W。コンパクトタイプとしては大きい出力なのがポイントです。サラウンドはバーチャル3Dの「DTS Virtual:X」規格に対応。横だけでなく、縦方向にも広がりがあるバーチャルサウンドを再生することが可能です。

視聴モードは「ステレオ」「サラウンド」「3Dサラウンド」の3タイプから選べます。4K対応のHDMI端子やBluetooth機能も備えて、拡張性も良好のホームシアターシステムです。壁掛け用としても使用できます。

ボーズ(BOSE) Soundbar700 ワイヤレスサウンドバー

ボーズのサウンドバータイプシステムのハイエンドモデルです。Amazonの音声操作機能「Alexa」を搭載しているのが大きなポイント。話しかけるだけでニュースや天気予報、そして音楽配信サービスにアクセスできます。8つのマイクを備えているので、大音量で再生中でもユーザーの声を認識可能です。

Bose Musicアプリを利用すれば、検索やシステムの各種設定もラクラク。お気に入りの曲をプリセットしてワンタッチでアクセスできます。また本モデルはWi-FiやBluetoothに対応しているので、ネットワーク上のさまざまな音楽ソースを再生できるのもポイントです。

CDプレーヤーやテレビも操作できるユニバーサルリモコンは、機器に応じて必要なボタンだけが光って表示されます。幅広い年代の方が使いやすいホームシアターシステムです。

オンキヨー(ONKYO) 2.1chシネマパッケージ BASE-V60(B)

FM放送が受信できる高さ70mmのスリムなAVレシーバーと2本のスピーカー、そしてサブウーファーがセットになったオンキョーのホームシアターシステムです。2.1chのコンパクトモデルながら、最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応しているのがポイント。天井スピーカーを追加すれば立体的な3Dサウンドで再生可能です。

さらに、FLACやDSDなどのハイレゾ音源に対応しているのも大きな特徴。音楽配信サービスのコンテンツも高音質のまま楽しめます。BluetoothをはじめWi-Fiや有線LANにも対応しているので、他機器との接続も簡単。入出力端子も豊富なのがメリットです。4K対応したHDMI入力端子4系統のほかに、1系統のHDMI出力端子を搭載。コンパクトながら基本性能が高いおすすめのホームシアターシステムです。

安さでおすすめのホームシアターシステム

パナソニック(Panasonic) 2.1chシアターバー Bluetooth対応 SC-HTB175-K

サブウーファーを本体に内蔵しながらも、高さ約66mmとコンパクトなパナソニックの2.1chホームシアターシステム。価格が2万円前後ながら、システムとしては出力が120Wと大きめなのがメリットです。Bluetoothに対応しているので、ワイヤレスでスマホなどの音楽コンテンツを再生できます。

注目のポイントは、音の指向性を最適化するセンサーを内蔵している点。 スピーカーの角度を変えても、センサーが検知して視聴方向に音を出力してくれます。その他にも、音量が急に大きくなるのを抑える「音量オート」や、コンテンツに合わせてサウンドモードが自動で切り換わる「番組ぴったりサウンド」など、機能が充実しているホームシアターシステムです。

ジェービーエル(JBL) BarStudio 2.0chホームシアターシステム JBLBARSBLKJN

38mmツイーターと50mmウーファーそれぞれ2基を搭載した、サウンドバータイプの2.0chホームシアターシステムです。低音を増強するためのバスポートも2基備えているので、コンパクトなボディながら迫力ある重低音を楽しめます。

サウンドモードは「ムービー」「ミュージック」「ボイス」「スポーツ」「スタンダード」の5種類。ジャンルに応じた音質で視聴できます。さらに低音調整機能やボリュームを下げても聴き取りやすい「夜間モード」を搭載しているのもポイントです。

ワイヤレスはBluetoothに対応。入力端子はHDMIと光デジタル、そしてアナログを1ポート、さらにUSB端子を1ポート搭載。さまざまな機器と接続が可能です。人気が高いJBLのスピーカーながら1万円台という安さもメリット。幅614mmとコンパクトなのでリビングルームなどでも使いやすい、おすすめのホームシアターシステムです。

ワイヤレスタイプのおすすめのホームシアターシステム

デノン(DENON) サウンドバー サブウーファー ホームシネマ HEOS-HCHS2-K

手軽に高音質の2.1chを楽しめる、デノンのサウンドバーとサブウーファーのセットです。サウンドバーは、デジタル変換によって能率を高めてハイパワーかつ音の歪みが少ないDクラスアンプを搭載。スピーカーユニットは16mmソフトドームツイーターと、51×127mmの楕円形ミッドウーハーを左右に配置する仕様です。

サウンドバーの横幅サイズは、50インチクラスのテレビに合わせやすい1018mm。高さを73mmと抑えてあるので、圧迫感が少ないのもメリットです。サウンドバーは壁掛けにも対応します。ワイヤレス対応のサブウーファーは30mmウーファーユニットを2基搭載。縦横いずれにも置けるのも特徴です。

パイオニア(Pioneer) フロントスピーカーシステム Bluetooth対応 ブラック HTP-CS1

サイズが幅150×高さ57×奥行き88mmと、コンパクトなスピーカーを備えたパイオニアの人気2.1ch用スピーカーシステムです。サブウーファーは縦横置き両対応。縦置きにすると幅115mmと、スペースをとらないのがメリットです。

アンプはスピーカー出力が20W+20W、そしてサブウーファー用が40W。BluetoothはAACとaptXの両フォーマットに対応しているので、スマホやタブレットの音楽もワイヤレスで手軽に再生できます。入出力端子は4K映像に対応したDMI入力を3系統と光デジタル音声入力、そしてHDMI出力をひとつ備えているのもポイントです。

コンテンツによって使い分けられるサウンドモードも充実しています。自然な音の広がりが魅力の「ステレオ」や、声が聞き取りやすい「ニュース」、「映画/ゲーム」そして「ミュージック」などがラインナップ。また、価格が2万円台前半という点も魅力です。

ボーズ(BOSE) Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー

テレビと1本のケーブルで接続できるボーズのホームシアターシステム。ケーブルは光デジタル、同軸デジタルそしてアナログケーブルの3種から選べます。

本体のサイズは幅548×高さ70×奥行き86mmとコンパクトです。40〜50型の液晶テレビと合わせやすいサイズ。また重量も約1.7kgと軽いので、女性でも取り扱いしやすいのがメリットです。

低音は5段階で調整可能。最小出力にすると低音域をほとんど抑えるので、深夜のテレビ視聴などの際に便利です。また、「ダイアログモード」も搭載。ドラマやニュース番組のセリフがはっきり聞き取れるのがポイント。付属のリモコンはユニバーサルタイプなので、テレビやブルーレイプレーヤーなどを操作できます。スマホとの連携が簡単なBluetoothにも対応している、おすすめのホームシアターシステムです。

5.1chのおすすめホームシアターシステム

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-IV300

フロントとサラウンドスピーカーが幅114×高さ100×奥行き102mmとコンパクトなソニーのホームシアターシステム。コンパクトでも各スピーカー100W、センタースピーカーとサブウーファーは200Wと大出力なのがメリットです。

サラウンドフォーマットは「Dolby True HD」「DTS-HD Master Audio」に対応。ハイクオリティな音声を視聴できます。入力端子はHDMIを2系統のほか、光デジタルと同軸デジタル、そしてアナログ端子を搭載。Bluetoothにも対応しているので、さまざまな機器と接続することができます。

サウンドモードは「サッカー」「デジタルミュージックアリーナ」「ムービー」「ナイト」「ゲーム」のモードを搭載。「サッカーモード」ではナレーションをOFFにできるほか、「ゲームモード」ではソフトのポテンシャルを引き出すのに寄与します。汎用性の高いホームシアターシステムを導入したい方におすすめの製品です。

ソニー(SONY) 5.1chホームシアターシステム HT-RT5

「Dolby Digital」や「Dolby TrueHD」、「DTS HD Master Audio」など多彩なサラウンドフォーマットに対応したソニーのホームシアターシステムです。左右のスピーカーとセンタースピーカーが一体化したサウンドバーと、リアスピーカーそしてサブウーファーのセット。サブウーファーはワイヤレスに対応しているのがポイントです。最大出力合計が450Wと高出力なので迫力ある本格的な5.1chシステムが楽しめます。

有線や無線LAN、BluetoothそしてDLNAに対応しているので、ネットワーク機能も充実。HDMIや光デジタル、さらにUSBといった入力端子を備えているので、さまざまな機器と接続できるのがメリットです。サウンドバーは壁掛けも可能。大出力の5.1chシステムながら省スペース性にも優れたホームシアターシステムです。

7.1chのおすすめホームシアターシステム

ソニー(SONY) ホームシアターシステム サウンドバー HT-ST5000

ソニーのサウンドバータイプ7.1chホームシアターシステム。Wi-Fi対応のサブウーファーもセットになっています。最大のポイントは最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応していること。3Dの立体的サウンドを再生するためにイネーブルドスピーカーも搭載しています。

イネーブルドスピーカーとは天井に向けて音を反射させて立体的なサウンドを作り出してくれるスピーカーのことで、天井にスピーカーを増設することなく、立体的な音響を楽しめます。

さらにハイレゾ対応しているのがメリット。ハイレゾ音源ならCDを超える高解像度で再生できます。またCDや圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に変換するアップスケーリング機能も搭載しているのも特徴。ハイレゾ音源でなくてもより高音質で再生できます。BluetoothはじめWi-Fiや有線LANそしてDLNAに対応するなどネットワーク機能も良好なハイエンドモデルです。

番外編:家をホームシアターにする時に必要なもの

プロジェクター

By: amazon.co.jp

60型以上の大画面で映像を楽しみたいならプロジェクターを導入するのがおすすめ。スクリーンに映像を投写して視聴します。高額な大画面テレビに比べて、ローコストなのがメリットです。

スクリーンから離れた場所に設置するので、狭い空間の場合は短焦点タイプが人気。60cmほどの距離で投写して100型の大型画像が得られる超短焦点モデルもラインナップしています。画質はフルHDが主流ですが、ハイエンドモデルの中には4K対応した製品もラインナップしています。

スクリーン

By: amazon.co.jp

プロジェクターで映像を投影する際は自宅の壁でも対応できますが、高画質で視聴するためにはプロジェクタースクリーンが必要になります。

40〜120インチなどさまざまなサイズのスクリーンがラインナップ。サイズは、視聴する位置からスクリーンまでの視聴距離を元に算出します。視聴距離(cm)を2.5〜3で割った数字が最適なサイズです。例えば、100インチのスクリーンであれば、250〜300cm離れて見るのが目安となります。

設置方法は、壁掛け式や天井吊り下げ式やフロア式などが主流。壁掛け式は壁に取り付けたフックにスクリーンを掛けます。軽量でリーズナブル、そして取り外しやすいのがメリットです。

映像メディア機器

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムを使えば、テレビ放送も高音質で楽しめます。どうせなら画質もハイクオリティなテレビで見たいもの。2018年12月にはBSと110度CSで4K実用放送が開始されます。これからテレビを買い換えるなら4K対応モデルがおすすめです。フルハイビジョンの4倍の情報量を有する4K放送なら解像度の高い鮮明な映像で視聴できます。

また、映画や音楽などさまざまなコンテンツをディスクで見るなら、ブルーレイレコーダーやプレーヤーもチェックしておきましょう。特におすすめなのが「Ultra HDブルーレイ」の再生に対応しているモデル。従来のブルーレイに比べて4倍の解像度と2倍の色域を持つので、より高精細で色彩豊かな映像が楽しめます。