バス釣りのライトリグにおいて代表的なネコリグは、ワーム先端に「ネイルシンカー」を埋め込んで使います。シンカーの重みでワーム先端がボトムに着底し、まるで立ち泳ぎをしているかのような独特のアクションが特徴。

しかし、一口にネイルシンカーといっても、素材や重さが細かく分かれており入門者には選択が難しい場合もあるのではないでしょうか。そこで今回は、気になるネイルシンカーの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

ネイルシンカーとは

By: jackall.co.jp

ネイルシンカーとは、ネコリグなどのヘッド部分に埋め込んで使用する細長いシンカーのことです。ネコリグとは、ワームの先端にネイルシンカーを埋め込み、背中にフックを刺したリグのことで「根こそぎ釣れるリグ」から由来した名称。琵琶湖の釣りに精通する村上晴彦氏が世に広め、スレたバス釣り攻略には鉄板の釣り方です。

ネイルシンカーは、使用するワームのサイズや狙う水深に応じて、重さや素材がラインナップしており、うまく使い分けることでフォールスピードに変化をつけるなどさまざまなアプローチが可能。

また、水深や狙い方に応じてダウンショットリグとネコリグを使い分ければ、より釣果アップも期待できます。

ネイルシンカーの選び方

素材をチェック

タングステン

By: amazon.co.jp

タングステンは、比較的重い素材です。そのため、サイズが小さくても比重があり、沈下速度を速められたり、スレたバスに対しても警戒心を与えずにアピールできます。また、高硬度のため、ワームから先端を出して使えば、ボトム着底時の感度がアップするのも特徴です。

一方で、やや高価な点がデメリット。しかし、非常にメリットの多い素材なので、現在のバスフィッシングにおいては主流になりつつあります。

By: rakuten.co.jp

鉛素材は、金属のなかでは非常に柔らかい素材です。そのため、柔らかさを活かしてネイルシンカーをニッパー等でカットし、ウエイトを調節できるなど加工が容易。さらに、タングステン素材より価格が安いのもおすすめポイントです。

一方、タングステン素材に比べて強度が低いのがデメリット。ボトム着底時の感度やバスからの前アタリではタングステンが有利です。水深やバスのコンディションも含めて、使い分けましょう。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

ネイルシンカーは「1g未満」「1〜2g未満」「2g以上」など重さのラインナップもさまざま。基本的には、使用するワームのサイズや直径に合わせて重さを選びますが、狙う水深やストラクチャーの種類によって使い分ける場合もあります。

具体的には、水深が浅くゆっくりとワームを沈めたい場合は1g未満を、ワームをボトムまで落とさずに、中層で「ふわっと」誘いたい場合は2g未満を選択してみてください。また、水草などカバーの種類によっては、ボトムまで一気に落としてバスからの反応を得たい場合もあり、最初から2g以上を使うこともあります。

ネイルシンカーの重さ選びで悩んでしまう場合には、はじめに中間の重さである1〜2g未満を使用し、状況に合わせて徐々に微調整するのがおすすめです。

ネイルシンカーのおすすめ

ジャッカル(JACKALL) タングステンカスタムシンカーネイル

ジャッカルから販売されているタングステン素材のネイルシンカーです。重さは、最小0.3〜最大2.2gまでラインナップしており、表層・中層・ボトムと水深に合わせて攻略が可能。また、タングステン素材なので鉛素材よりもシルエットが小さく警戒心の強いバス釣り攻略にもおすすめです。

最大の特徴は、0.3〜0.9gまでのネイルシンカーは先端部が細く設計されており、細めのワームに刺しても形状を崩しにくいのがメリット。1.3〜2.2gに関しても、可能な限り先端が細く設計されており、ワームへの刺し込みがしやすいのがメリットです。

また、エッジの効いたフォルムがキャストやバイト時の不意の抜けを予防し、使い勝手にも配慮。ワームから先端を出して使用すれば、ボトム着底時の感度にも優れ、ボトム攻略におすすめです。

レイン(reins) タングステンネイルシンカー

レインから販売されているタングステン素材のネイルシンカー。先端が細いため刺しやすく、ストッパーによって抜けにくさも両立しています。不意のキャストやバイト時の抜けにも配慮された使いやすい設計です。

重さは最小0.3〜最大3.1gまでラインナップしており、表層からボトム攻略まで柔軟に対応可能。コンパクトなシルエットでタングステン素材のため、沈下速度も速く警戒心の強いバスにも適しています。

また、タングステン素材のネイルシンカーながら、比較的コスパもよく買い求めやすいのもおすすめの理由です。

スミス(SMITH LTD) タングステンネイルシンカー

スミスから販売されているタングステン素材のネイルシンカー。ワームに刺さりやすい形状を採用しており、ワーム本体を曲げずに真っ直ぐ刺せます。

また、コンパクトな設計を採用しており、ネイルシンカーを完全にワーム内に埋め込んで使う場合にもおすすめ。高比重なタングステン素材のネイルシンカーなので、沈下速度が速く、ボトム中心の釣りを展開する場合にも役立ちます。

本製品は0.9g。なお、0.4g・1.3g・1.8gもラインナップしているため、状況に応じて選択してみてください。

ダイワ(Daiwa) バザーズワームシンカー TG

ダイワから販売されているタングステン素材のネイルシンカー。バザーズワームシンカーTGは、高比重約18タングステンを採用しており、鉛素材と比較してコンパクトで、自然なワームアクションを実現します。

ネイルシンカー表面には、互い違いに設けられた突起があり、ワームからのすっぽ抜けを予防。障害物のすり抜け性能も高く、根がかり予防にもおすすめです。本製品は、0.9gですが0.45g・1.3g・1.8g・2.2g・3.1gもラインナップしているので、状況に応じて選択してみてください。

YSD タングステンネイルシンカー

YSDから販売されているタングステンネイルシンカー。全長が短くコンパクトさが最大の特徴です。具体的には、0.3gのタングステン素材と同メーカー鉛素材を比較すると、3.1mmもタングステンの方が短い設計。そのため、同比重でも操作性に優れ、素材の性質とあいまってボトム感知能力も高いのがポイントです。

本製品は0.5gですが、0.3g・0.9g・1.3g・1.8g・2.2g・2.6g・3.1gと幅広いラインナップがあり、シャローエリアからディープエリアのバス攻略にもおすすめ。そのほか、独特のカエシがついており、ワームへの刺しやすさと抜けにくさを追求したネイルシンカーです。

アクティブ(ACTIVE) ミサイルシンカートーナメント

アクティブから販売されているタングステン素材のネイルシンカーです。鉛素材と比較し体積が小さいため、小さいワームにセットしてもシルエットを崩す心配がありません。ネジのようにギザギザとしたカエシがついているのも特徴で、ワームへの刺しやすさと抜けにくさを両立しています。

本製品は0.5gですが、0.3g・0.9g・1.3g・1.8g・2.2g・2.6g・3.1gと幅広いラインナップがあり、フィールドの水深やバスのコンディションに合わせて、臨機応変に対応可能です。タフコンディションを攻略したいトーナメンターだけでなく、初バスを釣り上げたいビギナーも扱いやすいのが特徴。

タングステン素材のネイルシンカーのなかでは、価格も手頃なのでコスパ重視でネイルシンカーを探している方にもおすすめです。

SHADDOCK ネイルシンカー タングステン

SHADDOCKから販売されているタングステン素材のネイルシンカーです。ワームに刺しやすく抜けにくい、先の尖った形状を採用しており、ワームのすっぽ抜けを予防。タングステン素材の特性を活かし、ワームから先端を出して使用すれば、感度が高まり、ボトム攻略に便利です。

サイズは1.3g・1.8g・2.6g・3.1gとラインナップ。タングステン素材のネイルシンカーをコスパ重視で探している方や、初めてネコリグに挑戦する方にもおすすめです。

フィッシュアロー(Fish Arrow) タングステン ネイルシンカー

フィッシュアローから販売されているタングステン素材のネイルシンカーです。刺しやすさを追求した表面加工が採用され、タングステン素材ならではのコンパクト設計が魅力。表面にはウエイトが一目で分かるグラム刻印入りで「FECO エコタックル認定製品」のため、JBトーナメントでも使用できます。

本製品は1.8gですが、0.45g・0.9g・1.4g・2.2gがラインナップされており、比較的買い求めやすい価格設定。刺しやすさを求めた太さや長さが特徴の、バランスのとれたネイルシンカーです。

ザップ(ZAPPU) ネイルショット

ザップから販売されているタングステン素材のネイルシンカー。スペースメタル素材を採用することで、ワームの形状を崩さず負担を最小限に、シンカーを埋め込めるのが特徴。また、尖ったエッジを取り入れることでキャストやバイト時にワームからのすっぽ抜けも予防します。

ネコリグはもちろん、ノーシンカーのインサート用として飛距離アップにも貢献。本製品は1.8gですが、0.3g・0.45g・0.9g・1.3g・2.2gと幅広いラインナップを実現しています。

スタジオ100(STUDIO 100) タングステンネイルシンカー

スタジオ100から販売されているタングステン素材のネイルシンカー。ワームへの挿入のしやすさと抜けにくさを追求した独特の形状を採用しています。タングステン素材ならではのコンパクトなシルエットも魅力のひとつです。

重さは、0.3〜3.5gまで全10種類のラインナップがあり、フィールドの条件や使用するワーム、釣りの展開に合わせて柔軟に選択できます。

バレーヒル(Valley hill) TG ネイルシンカー RB

バレーヒルから販売されているタングステン素材のネイルシンカーです。ワームをつかみやすく、刺しやすいようエッジの効いたフォルムを採用しています。また、バーブがついておりキャスト時に抜け落ちるリスクも軽減。本体にはウエイトが刻印されているほか、FECO認証取得製品のため、JBトーナメント等でも使用できます。

タングステン素材は、高価なイメージがありますが、バレーヒルのネイルシンカーは本数も多く、比較的に買い求めやすい価格を実現。本製品は0.5gですが、0.9g・1.2g・1.5g・1.8g・2.3gなどもラインナップしています。

タカミヤ(TAKAMIYA) バーブネイルシンカー

高品質ながら低価格な製品を販売している釣具メーカーのタカミヤが展開するネイルシンカー。3段階のカエシがついており、ワームに刺しやすく抜けにくい形状を採用しています。

また、シンカーの底部分は、ワームでボトムの様子を探る際に重宝する感度を高めたフラット仕様。ボトムの形状や、バスからのコンタクトを見逃しません。本製品は0.9gですが、1.8g・0.4g・0.3g・1.3gもラインナップしています。

鉛素材のため、タングステンと比較しサイズは大きいですが、ニッパー等で重さを微調整できるメリットも。1袋の入数も多く、コスパも良好です。

ボレアス(boreas) アノストシンカー

ボレアスから販売されている鉛素材のネイルシンカー。シンカーのヘッド部分がネジ形状となり、シンカーを刺すのではなく回し入れるタイプで、キャストやバイト時にワームから抜けるリスクを軽減します。

ミディアムヘビーウェイトのネコリグを使用した釣りに特化した製品で、ベイトタックルにもおすすめです。

カツイチ(KATSUICHI) デコイシンカー タイプネイル

カツイチから販売されている鉛素材のネイルシンカー。ストレートタイプのネコリグはもちろん、シャッドテールやスイムベイトの活用にもおすすめです。4つのカエシがついており、角ばったデザインが採用されているため、キャスト時にワームから抜けるリスクを軽減します。

鉛素材なので、表面のギザギザに沿ってニッパー等でカットすれば、約0.2〜0.3g単位でウエイトを調節可能。本製品は0.9gですが、0.4g・0.6g・1.2g・1.5g・1.8gもラインナップしており、フィールドの状況に合わせて使用できます。タングステン素材ではありませんが、高比重で純度の高い鉛を使用しており、見た目もコンパクトです。