寝室とリビングスペースがひとつになった「2ルームテント」。寝室となるテントとリビングスペースを確保できるタープを組みあわせて使用するのが一般的でしたが、最近では2ルームテントが高い人気を誇っています。

そこで今回は、2ルームテントのおすすめモデルをご紹介。選び方もあわせて解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

2ルームテントとは?

2ルームテントとは?

By: amazon.co.jp

2ルームテントとは、寝室とリビングの2つのエリアを備えたテントのこと。ドーム型テントを2つ連結した形のモノから、トンネル型やロッジ型をベースにしたモノなど、さまざまな製品がラインナップされています。

1つ設営すれば就寝場所から食事をするエリアまで、アウトドアで過ごすために必要なスペースを全て確保できるのが特徴。使い勝手がよく、ファミリーをはじめキャンプ初心者の方にも人気です。

2ルームテントのメリット

2ルームテントのメリット

By: amazon.co.jp

タープを組み立てる必要がなく、設営や撤収にかかる手間が少ないのがメリット。一般のドームテントと比べて多少時間はかかるものの、1人で設営可能なモデルもあり、初めてキャンプに挑戦する方にもおすすめです。

フルクローズにすれば風や雨を気にせず食事がとれるうえ、就寝中に食材を野生動物に荒らされる心配もありません。寝室を取り外し大きなシェルターとして利用できるモデルもあり、幅広い用途で使えます。

2ルームテントの選び方

サイズをチェック

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

2ルームテントは、リビングスペースにテーブルや椅子などをセッティングしたり荷物を置いたりすることを考慮すると、実際の使用人数よりもやや多めの人数に対応しているモノを選ぶのがおすすめです。スペースに余裕ができ、よりゆったりと寛げます。

しかし、大きすぎるサイズのモノはその分重量も増えてしまうのに加え、収納サイズも大きくなるため持ち運びに苦労することもあるので注意が必要。実際の使用人数を踏まえたうえで、適切なサイズ感のモノを選んでみてください。

設営難易度をチェック

設営難易度をチェック

By: amazon.co.jp

2ルームテントの設営難易度は、アイテムによって大きく異なります。なかには、フレームなどを組み立てなくても空気を注入するだけであっという間に設営できるモノや、ワンタッチで設営できるモノなどもあるので要チェック。簡単に設営できるモデルを選べば、その分時間に余裕ができるためおすすめです。

撥水性をチェック

撥水性をチェック

By: amazon.co.jp

2ルームテントを選ぶ際には、十分な撥水性を備えているかどうかも大切。撥水性に優れたモデルは水をしっかりと弾くため、雨に濡れても乾きやすいのが特徴です。

撥水性に加えて「耐水圧」も要チェック。耐水圧とは「生地に染み込もうとする水圧にどの程度耐えられるか」という生地の防水性能を数値化したモノであり、数値が高いほど防水性能に優れています。通常のキャンプシーンでは1500~2000mm程度の耐水圧を備えていれば十分なので、耐水圧と通気性のバランスを考慮したうえで選んでみてください。

シーズンにあわせたモデルを選ぼう

シーズンにあわせたモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

春や夏の季節に行うキャンプでは、風通しのよいモデルを選びましょう。寝室の窓はもちろん、リビングスペースの3面が大きく開くタイプなら、タープに近い開放感が得られます。また、出入口や窓の部分にメッシュパネルを備えているかどうかもポイントです。

一方、秋から冬のキャンプでは、冷たく強い風に対応できるかどうかが重要。フライシートにスカートが付いていると、冷たい風がテント内に吹き込みにくいので快適に過ごせます。さらに、強い北風であおられないよう、全高の低い製品を選ぶのもおすすめです。

2ルームテントのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

日本でも人気の高い、1900年に設立されたアウトドア用品の老舗メーカーです。もともとはランプのレンタル業からスタート。アメリカで起こったアウトドアブームに乗るかたちで取扱製品を拡充し、現在に至っています。

テントをはじめ、タープやランタン、バーナーなど、アウトドアを楽しむためのアイテムを豊富にラインナップしているおすすめメーカーです。

ロゴス(LOGOS)

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

キャンプ用品はもちろん、ウェアなどアパレル製品の製造・販売も行うメーカー。アウトドアに興味のあるファミリー層をメインターゲットにしています。

誰でも気軽に立ち入れるフィールドでの利用を想定した、製品開発を行っているのが特徴です。「海辺5メートルから標高800メートル」をコンセプトに、使い勝手のよいアイテムを数多く展開しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

新潟県に本社を置くパール金属が展開するアウトドアメーカー。創業者がアメリカ視察時に見かけた「バーベキュースタイル」を、日本でも再現したいとの思いからバーベキューコンロの制作に着手したのがスタートです。

2012年にはキャプテンスタッグ社を設立し、アウトドア用品全般の製品開発から販売までを行っています。品質のよい製品を手頃な価格で展開している人気のブランドです。

2ルームテントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン2ルームハウス 170T14150J

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン2ルームハウス 170T14150J

4人程度のファミリーキャンプにおすすめの2ルームテントです。高さがある居住空間が魅力。室内高が170cmあるため、圧迫感を感じにくいだけでなく着替えをする際にも便利です。

フライ・フロアシートとも耐水圧2000mmのポリエステル生地を採用しています。また、生地には紫外線を軽減する効果も期待できるので、雨の日だけでなく日差しが強い季節にも安心して使うことが可能。吊り下げ式のインナーテントを採用しているため、雨天の設営や撤収シーンでも濡らしてしまう心配はありません。

リビングルームの3面に、大型のメッシュパネルを搭載しているのも本モデルの特徴。不快な害虫の侵入を防ぎながら涼しい外気が取り込めます。蒸し暑い夏の季節にも快適に過ごせるモデルです。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス 2000033800

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス 2000033800

風が強い日でも安心して過ごせるタフコンセプトモデルです。メインポールには丈夫で軽量なアルミ合金素材を採用。1人でも組み立てられるアシスト機能が付いているため、簡単に設営ができます。キャンプ初心者の方にもおすすめの2ルームテントです。

大型のメッシュ窓とキャノピーを搭載しているのが特徴。強い日差しを遮りながら、心地よい外の風を取り込めるので重宝します。吊り下げ式のインナーテントを採用しており簡単に取り外せるため、大型のリビングルームを作ることも可能です。グループで食事をとったり休憩をしたりと便利に使えます。

本体下部から空気を取り入れ上部から排気する「サークルベンチレーションシステム」を採用。効率的に空気を循環させることで結露の発生を抑え、快適な居住空間が保てます。また、冬に便利な冷たい風の侵入を防ぐスカートも装備。

オールシーズン快適に過ごせる製品を探している方もぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) トンネル2ルームハウス LDX スタートパッケージ 2000033801

コールマン(Coleman) トンネル2ルームハウス LDX スタートパッケージ 2000033801

居住性に優れたトンネルデザインの2ルームテントです。インナーマットとグランドシートがセットになったスタートパッケージ。初めてテントを購入する方にもおすすめのモデルです。使用時のサイズが約660×330×200cmと大型ながら、4本のポールをスリーブに通すだけで簡単に組み立てられます。

リビングエリアの前面と側面には大きなメッシュ窓とドアを装備。外気の取り入れが容易なだけでなく、どちらからでも自由に出入りができるので重宝します。さらに、FRPポールで作る大きなひさしを備えているのもポイントです。多少の雨ならドアや窓を閉じる必要はありません。

雨の侵入を防ぎながら涼しい風が取り込めるため、蒸し暑く雨の多い梅雨の時期や夏でも快適に過ごすことが可能です。また、吊り下げ式のインナーテントを採用しているので、雨天の撤収作業も楽におこなえます。

ロゴス(LOGOS) ROSY ドゥーブル XL-BJ 71805561

ロゴス(LOGOS) ROSY ドゥーブル XL-BJ 71805561

脱着式のインナーテントを備えたモデルです。取り外すと大型のスクリーンタープになるため、グループで利用するシェルターとしても活躍。アウトドアアクティビティで多目的に使用できる、2ルームテントが欲しい方におすすめのモデルです。

高さが約190cmの広々としたリビングエリアを備えています。入り口ドアをポールで立ち上げてキャノピーにすれば、さらに開放感のある空間を確保することも可能。ただし、キャノピー用のポールやロープは別売なので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

グラスファイバー素材のフレームを採用した本体は約10.5kgと軽量です。専用の収納バッグが付属しており簡単に持ち運べます。

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル チャレンジセット XL-BJ 71809560

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル チャレンジセット XL-BJ 71809560

ロゴスを代表する人気の2ルームテントです。サイズは幅約300×奥行520cmと大きく、5人家族でもゆったりと過ごすことが可能。防水マットとグランドシートがセットになっているため、購入後すぐにキャンプへ出かけられます。

本ブランド独自の「PANEL SYSTEM」を搭載しているのが特徴です。出入り口用のドアに筋交構造を採用しており強度は良好。風がなければポールで支えるだけで簡単にキャノピーが作れます。また、真ん中にLEDランタンが吊せたり、車とジョイントできたりと非常に便利です。

湾曲した形状なので雨水が溜まることもありません。使い勝手のよい高機能な製品を探している方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) neos 3ルームドゥーブル XL-BJ 71805549

ロゴス(LOGOS) neos 3ルームドゥーブル XL-BJ 71805549

人気のドゥブール2ルームテントに、1部屋追加できる製品です。さらに広い居住空間で、のんびりとくつろぎたい方におすすめのモデル。「DEVIL BLOCK SYSTEM」を搭載しており、入り口ドアのパネルシステムに取り付けることでプラス1ルームが作れます。

通気性を確保しながらも紫外線や害虫の侵入を防げるため、夏でも快適に過ごすことが可能です。また、天井のパネスシステム部分はフレームを持った立体構造なので、雨が降っても水が溜まりへこむこともありません。家族6人でゆったりと食事をしたり歓談したりと楽しめるモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS ツールームドーム M-3133

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS ツールームドーム M-3133

カップルや親子3人のファミリーキャンプにおすすめの2ルームテントです。コンパクトながら高さ約165cmのしっかりとしたリビングエリアを確保。出入り口のフラップを立ち上げてキャノピーにすれば、さらに開放的なリビングができあがります。

左右のフラップも巻き上げられるので、3方から自由に出入りすることが可能です。リビングとインナーテントには2ヵ所ずつメッシュ窓を搭載。涼しい外気が取り込みやすいだけでなく、ノーシームメッシュを採用しているため外から覗かれる心配もありません。

重量も約9.5kgと軽量なので、付属のキャリーバッグに入れて気軽に出かけられます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オルディナ スクリーンツールームドーム M-3117

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オルディナ スクリーンツールームドーム M-3117

組み立てサイズが約280×620×190cmの大型モデルです。4〜5人の家族連れやグループキャンプにおすすめの2ルームテント。紫外線を95%カットすると謳われている「UV-PROTECTIONコーティング」の施された生地を使用しているため、日差しの強い季節でも快適に過ごせます。

ゆったりとしたリビングエリアには、3面に大きなメッシュパネルを配置しているので通気性も良好です。後方に小さな荷室を備えているのもポイント。寝室からでも出入りができるうえ、脱いだ靴が雨や夜露で濡れる心配もありません。

ただし、フライ・グランドシートとも耐水圧は1000mmなので、比較的雨の少ない時期のキャンプに適しています。

スノーピーク(snow peak) エントリー2ルーム エルフィールド TP-880

スノーピーク(snow peak) エントリー2ルーム エルフィールド TP-880

初心者の方におすすめの2ルームテントです。4本のアーチフレームとリッジポールで組み立てるシンプルな構造が特徴。しっかりとしたリビングスペースで食事や語らいができるので、タープを設営する必要もありません。

リビング周囲のフライシートにはスカートを装備しています。冷たい風の侵入が防げるため冬のキャンプに便利です。また、ルーフシートを標準装備しているのもポイント。保温と同時に結露の発生を抑える効果があるので、快適な室内環境を保てます。

1年を通して気軽にキャンプを楽しみたい、アウトドア好きの方にもおすすめです。

スノーピーク(snow peak) ランドロック シェルター TP-671R

スノーピーク(snow peak) ランドロック シェルター TP-671R

4〜5人ほどの家族がゆったりと過ごせる大型の2ルームテントです。大柄のモデルにもかかわらず、A・C・センターの各フレームとリッジポールで組み立てる本体は非常に丈夫。風の強い日でも安心して使用することが可能です。

吊り下げ式のインナーテントは、天井高が190cmと高いので開放感があります。室内での着替えはもちろん、小さな子供を抱き上げたりあやしたりする際にも中腰になる必要はありません。

ルーフには耐水圧3000mm以上、ウォールとボトム部には1800mm以上のポリエステル生地を採用しているため、雨の日のキャンプでも心配せずに使用できます。高価なモデルですが、長く愛用できる製品を探している方におすすめです。

ディーオーディー(DOD) ライダーズバイクインテント

ディーオーディー(DOD) ライダーズバイクインテント

バイクを愛するライダーにおすすめの2ルームテントです。リビングエリアのキャノピーを立ち上げると、バイクをテント内に停められるのが特徴。雨や夜露から大切な愛車を守れるだけでなく、バイクを眺めながら眠ることも可能です。ソロやタンデムでのキャンプツーリングに適しています。

ワンタッチシステムを採用しており、設営がしやすいのも本モデルの特徴。ロープを引けば傘を開く要領で立ち上がるので、短時間で組み立てができます。目的地への到着が遅れ夜になってしまっても、素早く就寝準備ができるので便利です。

ディーオーディー(DOD) カマボコテントソロTC T2-604-TN

ディーオーディー(DOD) カマボコテントソロTC T2-604-TN

かまぼこ型をした1〜2人用の2ルームテントです。ソロキャンプでも余裕を持ってくつろぎたい方におすすめのモデル。リビングエリアは全面がメッシュにできるため、蚊の侵入を防ぎながら涼しい外気が取り込めます。

また、フライシートの全周にスカートを装備しているので、冬でも暖かく過ごすことが可能です。テント生地にポリコットン素材を採用しているのもポイント。火の粉に強い生地のためテントの近くで焚き火が楽しめます。

ただし、不燃素材ではないのでテント内での火気使用は厳禁です。よく理解したうえでキャンプの夜を楽しみましょう。

オガワ(ogawa) ティエラリンド 2761

オガワ(ogawa) ティエラリンド 2761

小さな子供のいる家族や、カップルでのキャンプにおすすめのモデルです。コンパクトながらゆったりとしたリビングスペースを確保。タープを張らなくても、食事をしたり歓談を楽しんだりと便利に使用することが可能です。

リビングと寝室には通気性のよいメッシュパネルを配置しています。また、ベンチレーターも搭載しているため効率的な換気が可能。結露がおきにくく快適な室内環境が保てます。フライ・グランドシートとも耐水圧1800mmの生地を採用しているので、雨の日のキャンプでも安心です。

オガワ(ogawa) ティエララルゴ 2760

オガワ(ogawa) ティエララルゴ 2760

オガワが販売する5人用の2ルームテントです。家族4人のファミリーキャンプにちょうどいい、おすすめサイズのモデル。生地にポリエステルとコットンの混紡素材を採用しているため、夏・冬問わず快適に過ごせます。

また、通気性のよさも本モデルの魅力です。大型のメッシュパネルやベンチレーターを搭載しているなど換気機能も充実。室内からでも開け閉めができるので、状況に応じて換気の調節がおこなえます。オールシーズン活躍する高機能な製品が欲しい方も、ぜひチェックしてみてください。

雑貨の国のアリス 2ルームテント

雑貨の国のアリス 2ルームテント

気軽に購入できる、手頃な価格の2ルームテントを探している方におすすめのモデルです。安価な製品ながら耐水圧3000mmの生地を採用。雨の日のキャンプでも安心して使用することが可能です。

室内高が約215cmもあるため、テント内での着替えも楽におこなえます。大きく張り出すことが可能な前面フラップを備えているのも本モデルの特徴。横から照りつける強い日差しを遮れるので、夏でも快適に過ごせます。