ケーブル不要でスマートに使える「Bluetoothキーボード」は、パソコン周りをすっきりさせたい方に最適なアイテムです。カバンの中などでケーブルが絡まる心配もないため、ラクに持ち運ぶことができ、外出先でタイピング作業をしたい方にも適しています。

スタンド機能が採用されているモノを選べば、タブレットやスマホを立てかけられるので、パソコンのように使えて便利です。そこで今回は、Bluetoothキーボードのおすすめモデルをご紹介します。

Bluetoothキーボードとは?

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、近距離無線通信のひとつである「Bluetooth」を利用してパソコン・タブレット・スマホなどのデバイスと接続するアイテム。有線タイプのキーボードと異なり、煩わしいケーブルがないためパソコン周りがごちゃつかないのが魅力です。

Bluetoothキーボードと2.4GHzワイヤレスキーボードの違い

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードと似て非なるモノに「2.4GHzワイヤレスキーボード」があります。どちらも無線で繋げるということには変わりないですが、Bluetoothタイプは接続時にペアリングと呼ばれる設定が必要です。

一方の2.4GHzワイヤレスタイプは、ペアリング設定が不要な代わりにUSBレシーバーを挿して使います。Bluetooth非対応のデバイスでも無線接続できるのが2.4GHzの特徴ですが、タブレット用もしくはスマホ用のワイヤレスキーボードを探しているのであれば、USBレシーバーを挿さなくても使えるBluetoothタイプが断然おすすめです。

Bluetoothキーボードの選び方

使用デバイスに合わせて選ぶ

パソコン

パソコン用のBluetoothキーボードを探している場合は、純正のキーボードと同じサイズのモノを選んで、打ちやすさを重視するのがおすすめ。特に据え置きのパソコンに接続するのであれば、持ち運びやすさをあまり考慮しなくてもよいため、ゆとりあるサイズのタイピングしやすいモデルを選んでみてください。

タブレット

By: amazon.co.jp

高性能なモデルが数多くラインナップされており、タブレットをパソコン代わりに使う方も増えてきました。Bluetoothキーボードを接続してノートパソコンスタイルで作業をしたい場合は、タブレットを立てかけられるスタンド機能付きのモデルを選ぶのがよいでしょう。

AppleがリリースしているiPadシリーズなら、ケースとしても使える専用のBluetoothキーボードが数多くリリースされているため要チェックです。

スマホ

By: logicool.co.jp

スマホ用のBluetoothキーボードを探している場合も、タブレット用と同じくスタンド機能のあるモデルを選ぶのがおすすめ。スマホと同じくらいのサイズに収まる折りたたみタイプのBluetoothキーボードなら、カフェなどでサクッと作業をしたいときでもラクに持ち運べて便利に使えます。

マルチペアリング対応の有無で選ぶ

By: logicool.co.jp

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに複数のデバイスとのペアリング情報を保存しておく機能です。マルチペアリング対応機種は、デバイスの切り替えをボタン操作ひとつで可能にします。

Bluetoothキーボードの対応機器であれば、パソコンだけでなく、タブレットやスマホ、ゲーム機のようなデバイスとも接続できるのが魅力です。しかし複数のデバイスを同時に使用している場合は、接続先を切り替えるたびにペアリングをし直す必要があります。

接続デバイスを頻繁に切り替えて使用する場合は、マルチペアリングに対応しているモデルを選ぶとよいでしょう。

キーボードの配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードの配列は大きく分けて「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類があり、Bluetoothタイプのモデルに関しても例外ではありません。メインとなるアルファベットの並び方はどちらも同じですが、記号の位置が異なるため、エクセルをよく使用する方など記号の入力が多い場合は注意して選びましょう。

特にこだわりがなければ、日本で親しまれている日本語配列(JIS)のBluetoothキーボードを選ぶのがおすすめです。ただし、iPadに関しては英語配列(US)をベースとしているので、日本語配列(JIS)のモデルだと使いにくい場合があります。使用しているデバイスも考慮して選んでみてください。

キーボードの打ち心地で選ぶ

メンブレン方式

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、その構造によって打ち心地が異なります。メンブレン方式と呼ばれる構造を採用しているモデルは、キーを押すと上と下のシートが触れて入力を判断。製作コストが安いため、デスクトップパソコンの純正キーボードをはじめ多くのモデルにこの構造が用いられています。

上下のシートの間にラバー製のパーツを採用しているため、弾力のある打ち心地になるのが特徴。比較的リーズナブルな価格で入手できるので、気軽に使えるBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

パンタグラフ方式

By: amazon.co.jp

パンタグラフ方式は、電車の屋根にあるパンタグラフのような構造を採用しているタイプ。ノートパソコンのキーボードとして採用されており、打ち心地がとても軽やかです。厚さが抑えられる構造なので、薄くてスマートに使える製品が揃っています。

メカニカル方式

By: amazon.co.jp

キーひとつひとつにスイッチが組み込まれているメカニカル方式。”カチャカチャ”という独特のタイピング音が特徴です。バランスがよい「茶軸」と軽やかに文字が打てる「赤軸」、しっかりとした打鍵感が味わえる「青軸」、そして反発力のある「黒軸」とそれぞれ軸によって異なる打ち心地が楽しめます。

キーが壊れてもひとつずつ交換ができるため、キーボード本体を丸ごと変えなくてもよいのがメリット。価格は高いですが、キーボードにこだわる方ならチェックしてみてください。

静電容量無接点方式

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式は、静電容量の変化を検知する仕組みが採用されているタイプ。ほかの方式と異なり、物理的な接点がないので摩耗などが起こりづらく、比較的長く使い続けられます。滑らかで心地よい打鍵感・タイピング音を味わえるのが特徴です。

キーピッチで選ぶ

キーピッチとキーストローク

By: rakuten.co.jp

キーボードを選ぶ際に重要になるのが、キーピッチとキーストロークです。キーピッチとは隣り合う2つのキーの中心部の距離のこと。最も入力しやすいキーピッチは19mmです。キーボードが小さくなるほどキーピッチが狭くなり、入力の際に窮屈なので注意しましょう。

キーストロークとはキーが沈む深さのことで、3mmが最も入力しやすい基準値とされています。キーストロークが深いキーボードは高速入力には不向きですが、誤入力が少ないのが特徴です。

逆に、キーストロークが浅いキーボードは高速入力に向いています。しかし慣れるまでは手応えが薄いため、誤入力が増える傾向にあるため、注意が必要です。

快適な入力のために

By: logicool.co.jp

キーピッチとキーストロークは、快適に入力作業を行うための重要なポイントですが、小型かつ薄型のモデルが多いBluetoothキーボードは、快適な操作性が重視されにくい傾向にあります。

Bluetoothキーボードを選ぶ際は、何を優先させたいのかを明確にしておきましょう。短時間の使用で持ち歩きを重視するなら、コンパクトなものか折りたたみモデルがおすすめです。長時間での使用が多いのであれば、サイズよりも打ちやすさを重視したモデルを選びましょう。

給電方式で選ぶ

電池式

「電池式は電池交換が面倒くさい」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、外出先で電池が切れてしまっても、充電の時間を待たずに電池さえ入れ替えればすぐに使えるというメリットがあります。充電用のケーブルを持ち運ばなくてよいのも魅力です。

充電式

充電式のBluetoothキーボードは、充電用のケーブルを携帯する必要がありますが、その代わり電池交換の手間をなくせるのが最大の特徴。一度の充電で数十時間使えるモデルもあるため、使うたびに充電し直すということもありません。いちいち電池を買いに行くのが面倒な方は、充電式を選んでみてください。

電池容量で選ぶ

By: logicool.co.jp

Bluetoothキーボードは、乾電池式と充電式のどちらの方式でも、一度の充電や電池交換で1週間以上使用できるものが多いです。

しかし、Bluetoothキーボードは基本的に電池残量が視認できないのがデメリット。購入前には1回の充電、電池交換でどれくらいの期間使用できるのかを確認することをおすすめします。

Bluetoothキーボードのおすすめ人気モデル

ロジクール(Logicool) Bluetoothワイヤレスキーボード K380BK

ノートパソコンのような打ち心地でタイピングができるBluetoothキーボード。最大3台の同時ペアリングができるため、パソコン・タブレット・スマホの文字入力をひとつのキーボードで行えます。

本体左上にある「Easy-Switch」キーを押せば、ペアリング済みのデバイスをラクに切り替えられるのが特徴。デバイスの種類を自動認識できるため、各OSのショートカットキーが使えるのもポイントです。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetoothワイヤレスキーボード

英語配列(US)を採用しており、Apple製品との相性がよいBluetoothキーボード。重量が約200gと折りたたまないタイプの製品としてはとても軽いので、ラクに持ち運べます。

また、28×12cmのコンパクトなサイズ感で、デスクに置いてもあまり場所を取らないのが特徴です。30分間操作がないと自動で節約モードに入る省電力仕様なので、単4形乾電池1本で3ヶ月以上使えます。

エレコム(ELECOM) Bluetoothミニキーボード TK-FBM093S

エレコムが独自で開発した本格静音設計を採用しているBluetoothキーボード。静かな環境で作業をしたい方に適しています。キートップにオリジナルフォントを用いることで、アルファベットや記号が見やすいのもポイントです。

背面に電源スイッチが搭載されており、使用後はオフにしておくと無駄な電池消費を抑えられます。標準的なキーボードと同じくキーの間隔が19mmあるため、余裕を持ってタイピングすることが可能です。

レノボ(Lenovo) ThinkPad ワイヤレス・トラックポイント・キーボード 0B47181

普段、レノボのThinkPadを使用している方におすすめのBluetoothキーボード。ThinkPadの代名詞ともいえるトラックポイント機能が搭載されており、指ひとつでカーソル操作を行えるため非常に便利です。

配列は日本語・英語の両方が用意されているので、好みに合わせて選べます。人間工学に基づいた設計により、心地よくタイピングできるのが特徴です。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional BT PD-KB620B

ピーエフユー独自の配列を用いたモデル。キーの数を必要最小限に抑えており、本体のサイズはコンパクトでありながら、余裕のあるキー間隔を保っているのが特徴です。静電容量無接点方式を採用しているため、軽やかでスピーディーなタイピングができます。

好みに応じて、キーボードの傾きを3段階に変えられるのがポイント。インクを樹脂に染み込ませる方法でキーの文字が印刷されており、剥げにくいのも魅力です。キレイな状態で使い続けられる高性能なBluetoothキーボードを探している方に適しています。

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible2 FKBC108M/JB2

Bluetooth接続はもちろん、有線接続にも対応しており、万が一電源が切れたときはケーブルで繋げられる便利なモデル。最大4台のデバイスと同時にペアリングができるほか、切り替えも簡単に行えるため、普段から複数のデバイスを使い分けている方におすすめです。

単3形乾電池2本で約6ヶ月使える電池寿命の長さも魅力。メカニカル方式を採用しており、茶軸・赤軸・青軸・黒軸がそれぞれ用意されているため、打ち心地の好みに合わせて選べます。

アイクレバー(iClever) Bluetooth 薄型キーボード IC-BK04

バックライトがネオン色に光るスタイリッシュなBluetoothキーボード。7つのなかから好きな色を設定できるため、そのときの気分やパソコン周りのデザインに合わせて選べます。

メタル系のテクスチャ素材を本体に採用しており、高級感のある見た目に仕上がっているのが特徴。さらに指紋が残りにくいキーを用いているためキレイな状態をキープできます。高性能なBROADCOMチップにより、接続が安定しているのも魅力です。

BATTOP Bluetoothキーボード

長方形に折りたためるスマートなモデル。スタンド機能を搭載しているため、タブレット用・スマホ用のBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

滑り止め素材を採用しているほか、キーレイアウトに余裕があるので、コンパクトでありながら快適にタイピングできます。操作が12分行われないと省電力モードに切り替わるため、バッテリーの消費を抑えて長時間使いたい方に最適です。

ベルキン(belkin) Ultimate Lite F5L191QEBLK-A

ケースとしても使えるiPad mini4用のBluetoothキーボード。重量が285gと軽いため、持ち運びがラクに行えます。

アルミニウム仕上げのスタイリッシュなキーボードデザインを採用しており、iPad mini4の洗練された雰囲気との相性が抜群。角度が2パターンから選べるため、自分好みの目線で作業をしたい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスキーボード Bluetooth TK-FBP073IBK

スタンドとしても使える保護カバー付きのiOS用Bluetoothキーボード。リチウムイオン電池を内蔵しており、付属のUSBケーブルで手軽に充電ができるため、電池交換の手間を省きたい方に適しています。厚さが9.8mmと非常に薄いので、カバンに入れて持ち運んでも邪魔にならないのが魅力です。

また、指紋が付きにくいマット調表面仕上げのキーを採用し、キレイな状態をキープできるのもポイント。さらに本体の底部分には滑り止めゴムが使われているため、安定したタイピングができます。

Ewin 8-8.9インチタブレット汎用 キーボードケース

8〜8.9インチのタブレットに対応しているBluetoothキーボード。AndroidもしくはWindowsを搭載したデバイスと接続ができます。耐久性に優れている高品質キーを採用しているため、長く使い続けられるのが特徴です。

ノートパソコンと同じパンタグラフ方式を用いているのがポイント。また、搭載されているマルチタッチパッドを使えばマウス操作がラクに行えます。

キーボードは脱着ができるため、取り外せばパソコンなどの外付けキーボードとしても活用が可能。さまざまな使い方ができるおすすめのモデルです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothワイヤレスキーボード K480BK

本体上部のくぼみにタブレットやスマホを立てかけられるBluetoothキーボード。最大3台までの同時接続に対応しており、ダイヤルを回せばデバイスを切り替えられるため便利です。

無料の専用ソフト「Logicool Options」をインストールすれば、ショートカットキーやファンクションキーのカスタマイズができます。単4形乾電池2本で最大2年間使える省エネ設計もおすすめポイントです。

MOBO 折りたたみ型Bluetoothキーボード MOBO Keyboard AM-KTF83J-GB

文庫本サイズに折りたためる三つ折りモデル。Bluetooth接続に対応しているのはもちろん、有線接続にも対応しているため、充電が切れたときはUSBケーブルで繋げられます。

付属している保護ケースはスタンドとしても使えるので、タブレット用・スマホ用のBluetoothキーボードを探している方におすすめ。本体に付いている脚が支えてくれるため、ガタガタしてしまう心配もなく快適にタイピングできます。

オウルテック(Owltech) 折りたたみ式エルゴノミクスキーボード OWL-BTKB6402-BKAMZ

専用のケース兼スタンドが付いている折りたたみ式のBluetoothキーボード。人間工学に基づいたデザインが採用されており、文字を打ちやすいのが特徴です。厚さが13mmほどなので、カバンに入れられるのはもちろん、胸ポケットにも収納ができてラクに持ち運べます。

OSに応じてキー機能が切り替えられるため、タブレットはAndroid・スマホはiOSというように異なるOSのデバイスを使用している方でも、このキーボードひとつでスムーズにタイピングできます。「Fn+T」キーを押すだけでペアリングの待機状態になり、ラクに接続ができるのも魅力です。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード 折りたたみ式

高品質アルミ合金素材が採用されており、折りたたんだときの見た目がスタイリッシュなBluetoothキーボード。デザイン性に優れているのはもちろん、耐久性にも優れているため、ラフに持ち運べるのが魅力です。付属のレザー調ケースはスタンドとしても使えます。

手触りがよいマットな仕上がりになっているほか、指にフィットする形のキーを用いているため、打ち心地がよいのもおすすめポイントです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスキーボード Bluetooth TK-FBS095BK

丸めた状態で持ち運べるシリコン製のBluetoothキーボード。柔らかい独特な打ち心地が特徴で、タイピング音があまりしないため静かに作業をしたい方に適しています。

13種類のマルチファンクションキーが搭載されているので、音量調節やメディアプレイヤーの再生・停止などの操作をワンタッチで行えるのがポイント。Windows・Androids・iOSの各OSに対応した入力モードを採用しており、持っているデバイスに合わせて使い分けられます。

Qwerkytoys レトロタイプライター Bluetoothキーボード QWERKEYWRITER1

デザイン性が高いBluetoothキーボードを探している方におすすめのタイプライター型モデル。メカニカル方式を採用しており、見た目のみならず打ち心地に関してもタイプライターそのものです。

本体左側にあるレバーをEnterキーとして使えるのもポイント。10インチまでのタブレットを立てかけられるスタンド機能が付いているので、レトロな雰囲気を楽しみながらブログを書いたり仕事の資料を作ったりしたい方におすすめです。

youthink レーザーキーボード Bluetooth

赤外線でキーボードを投映するユニークなモデル。最大350文字/1分間のスピーディーなタイピングができるため、文字を早く入力したいときもストレスになりません。USBケーブルで充電をするタイプのため、電池交換の手間が省けるのも魅力です。

マウスモードが搭載されており、パソコンと接続している状態であればカーソル操作が可能。ひと味違う個性的なBluetoothキーボードを探している方はぜひチェックしてみてください。

マイクロソフト(Microsoft) 薄型キーボード Universal Foldable Keyboard GU5-00014

マルチOSに対応した折りたたみ式のBluetoothキーボードです。厚さおよそ5mm、重さ約180gと非常に薄型で軽量なモデルになっています。任意のデバイス2台までのペアリングが可能で、防滴加工されているので液体をこぼしても安心です。

10分の充電で約1週間、90分のフル充電で約3ヶ月と電池容量も十分。折りたたんだときのサイズが非常にコンパクトなため、外出先での入力作業がしたい方におすすめのBluetoothキーボードです。

ロジクール(Logicool) イルミネートキーボード K810

幅29cmとコンパクトながら、入力しやすいBluetoothキーボードです。キーピッチは19mmとしっかり確保されており、キーストロークも2mmなので入力効率がよいのが特徴。

ただしキーピッチをしっかり確保した分、一部のキーが配列から外されており、pageupキーやpagedownキーが存在しないのが弱点です。また、キー配列が日本語配列ではなく英語配列なので、注意しましょう。

任意のデバイス3台までのマルチペアリングが可能で、切り替えも簡単。部屋の照明に合わせてバックライトが点灯する仕様になっており、暗い場所でも手元が照らされて入力しやすいのが特徴です。

マイクロソフト(Microsoft) Designer Bluetooth Desktop 7N9-00023

フルサイズのBluetoothキーボードです。シンプルな作りですが、キーピッチもキーストロークも十分あるため非常に入力しやすく、デザインも高級感があります。

また、付属としてBluetoothマウスがついてくるのも嬉しいポイント。ただしマルチペアリング機能がないため、据え置きパソコンでの入力作業におすすめです。

ロジクール(Logicool) マルチデバイス Bluetooth キーボード K780

フルサイズのBluetoothキーボーで、キーピッチはおよそ19mmとしっかり確保されていますが、キーストロークは2mmと少し浅めです。

キーのトップがくぼんだ特徴的なキートップ「インカーブキー」を採用しているのが特徴。これが指先にフィットし、誤入力が減る仕組みになっています。据え置きタイプのキーボードで、マルチペアリングは3台まで可能です。

ワイヤレスキーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ワイヤレスキーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。