ケーブル不要でスマートに使える「Bluetoothキーボード」は、パソコン周りをすっきりさせたい方にぴったりのアイテムです。カバンの中などでケーブルが絡まる心配もないためラクに持ち運ぶことができ、外出先でタイピング作業をしたい方にも適しています。

スタンド機能が採用されているモノを選べば、タブレットやスマホを立てかけてパソコンのように使えるので便利です。そこで今回は、Bluetoothキーボードのおすすめモデルをご紹介します。

Bluetoothキーボードとは?

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、近距離無線通信のひとつである「Bluetooth」を利用してパソコンやタブレット、スマホなどのデバイスと接続するアイテム。有線タイプのキーボードとは異なり、ケーブルがないため煩わしさを感じにくいのが魅力です。

Bluetoothキーボードと2.4GHzワイヤレスキーボードの違い

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードと似て非なるモノに「2.4GHzワイヤレスキーボード」があります。どちらも無線でつなげられることには変わりないですが、Bluetoothタイプは接続時にペアリングと呼ばれる設定が必要です。

一方、2.4GHzワイヤレスタイプは、ペアリング設定が不要な代わりにUSBレシーバーを挿して使います。Bluetooth非対応のデバイスでも無線接続できるのが2.4GHzの特徴ですが、タブレット用もしくはスマホ用のワイヤレスキーボードを探しているのであれば、USBレシーバーを挿さなくても使えるBluetoothタイプがおすすめです。

Bluetoothキーボードの選び方

使用デバイスに合わせて選ぶ

パソコン

パソコン用のBluetoothキーボードを探している場合は、純正のキーボードと同じサイズのモノを選んで、打ちやすさを重視するのがおすすめ。とくに据え置きのパソコンに接続するのであれば、持ち運びやすさをあまり考慮する必要がないため、ゆとりあるサイズでタイピングのしやすいモデルを選んでみてください。

タブレット

By: amazon.co.jp

高性能なモデルが数多くラインナップされており、タブレットをパソコン代わりに使う方も増えてきました。Bluetoothキーボードを接続してノートパソコンスタイルで作業をしたい場合は、タブレットを立てかけられるスタンド機能つきのモデルを選ぶのがおすすめです。

スマホ

By: logicool.co.jp

スマホ用のBluetoothキーボードを探している場合も、タブレット用と同じくスタンド機能のあるモデルを選ぶのがおすすめ。スマホと同じくらいのサイズに収まる折りたたみタイプのBluetoothキーボードなら、カフェなどでサクッと作業をしたいときでもラクに持ち運べて便利に使えます。

マルチペアリング対応の有無で選ぶ

By: logicool.co.jp

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに複数のデバイスとのペアリング情報を保存しておく機能のこと。Bluetoothキーボードの対応機器であれば、パソコンだけでなく、タブレットやスマホ、ゲーム機のようなデバイスとも接続できるのが魅力です。しかしマルチペアリングに非対応だと、複数のデバイスを同時に使用する場合は、接続先を切り替えるたびにペアリングをし直す必要があります。

接続デバイスを頻繁に切り替えて使用する場合は、マルチペアリングに対応しているモデルを検討してみてください。

キーボードの配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードの配列には大きくわけて、「日本語配列(JIS)」「英語配列(US)」の2種類があります。メインとなるアルファベットの並び方はどちらも同じですが、記号の位置が異なるため、エクセルをよく使用する方など記号の入力が多い場合は注意して選びましょう。

とくにこだわりがなければ、日本で親しまれている日本語配列(JIS)のBluetoothキーボードを選ぶのがおすすめです。なお、iPad・iPhoneに関しては英語配列(US)をベースとしているので、日本語配列(JIS)のモデルだと使いにくい場合があります。使用しているデバイスも考慮して選んでみてください。

キーボードの打ち心地で選ぶ

メンブレン方式

By: logicool.co.jp

Bluetoothキーボードは、その構造によって打ち心地が異なります。メンブレン方式と呼ばれる構造を採用しているモデルは、キーを押すと上と下のシートが触れて入力を判断。製造コストが安いため、デスクトップパソコンの純正キーボードをはじめ、多くのモデルにこの構造が用いられています。

上下のシート間にラバー製のパーツを採用しているため、弾力のある打ち心地になるのが特徴。比較的リーズナブルな価格で入手できるので、気軽に使えるBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

パンタグラフ方式

By: logicool.co.jp

パンタグラフ方式は、電車の屋根にあるパンタグラフのような構造を採用しているタイプ。ノートパソコンのキーボードに多く採用されており、打ち心地は軽やかです。厚さが抑えられる構造なので、薄くてスマートに使える製品が揃っています。

メカニカル方式

By: rakuten.co.jp

キーひとつひとつにスイッチが組み込まれているメカニカル方式。“カチャカチャ”という独特のタイピング音が特徴です。バランスがよい「茶軸」と軽やかに文字が打てる「赤軸」、しっかりとした打鍵感が味わえる「青軸」、そして反発力のある「黒軸」と、それぞれ軸によって異なる打ち心地が楽しめます。

キーが壊れてもひとつずつ交換ができるため、キーボード本体を丸ごと変えなくてもよいのがメリット。価格は高めですが、気になる方はチェックしてみてください。

静電容量無接点方式

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式は、静電容量の変化を検知する仕組みが採用されているタイプ。物理的な接点がないので摩耗などが起こりにくく、比較的長く使い続けられます。滑らかで心地よい打鍵感とタイピング音を味わえるのが特徴です。

キーピッチで選ぶ

キーピッチとキーストローク

By: rakuten.co.jp

キーボードを選ぶ際に重要になるのが、キーピッチとキーストロークです。キーピッチとは、隣り合うキーの中心間の距離を指します。キーボードが小さくなるほどキーピッチが狭くなり、入力の際に窮屈に感じやすいので注意しておきましょう。

キーストロークとはキーが沈む深さのこと。キーストロークが深いキーボードは高速入力には不向きですが、誤入力が少ないのが特徴です。一方、キーストロークが浅いキーボードは高速入力に向いています。

快適な入力のために

By: logicool.co.jp

キーピッチとキーストロークは、快適に入力作業を行うための重要なポイントですが、小型かつ薄型のモデルが多いBluetoothキーボードは、快適な操作性が重視されにくい傾向にあります。

Bluetoothキーボードを選ぶ際は、何を優先したいのかを明確にしておきましょう。短時間の使用で持ち歩きを重視するなら、コンパクトなモノか折りたためるモデルがおすすめです。長時間の使用が多いのであれば、サイズよりも打ちやすさを重視したモデルを選んでみてください。

給電方式で選ぶ

電池式

電池式は、外出先で電池が切れてしまっても、電池さえ入れ替えれば充電の時間を待たずにすぐ使えるのがメリット。充電用のケーブルを持ち運ばなくてよいのも魅力です。

充電式

充電式のBluetoothキーボードは充電用のケーブルを携帯する必要がありますが、電池交換の手間をなくせるのが特徴。一度の充電で数十時間使えるモデルもあるため、使うたびに充電し直す必要がありません。いちいち電池を買いに行くのが面倒な方は、充電式のモノをチェックしてみてください。

電池容量で選ぶ

By: logicool.co.jp

Bluetoothキーボードは、電池式と充電式のどちらの方式でも、一度の充電や電池交換で1週間以上使用できるモノも多くラインナップされています。

しかし、Bluetoothキーボードは基本的に電池残量を視認できないのがデメリット。購入前に、1回の充電や電池交換でどれくらいの期間使用できるのかを確認しておきましょう。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、折りたためる製品も数多くラインナップされています。小さなカバンにも収納して持ち運びやすいので、外出先でキーボードを使いたい方におすすめです。

折りたたみ形式は、おもに二つ折りと三つ折りのモノがあります。また、シリコン素材を採用しているモノはやわらかいため、丸めて収納可能です。

Bluetoothキーボードのおすすめ人気モデル

ロジクール(Logicool) CRAFT KX1000s

Windows 7以降のパソコンやmacOS 10.11以降を搭載したMacbookなどに対応しているBluetoothキーボード。最大10mのワイヤレス動作範囲を持ち、パソコンから離れたところからでもタイピングが行えます。

指先の形状に合わせてキーがくぼんでおり、正確なストロークが行えるのが魅力。ノイズが少なく、高い応答性を備えています。また、「Craft」をオンにするとバックライトが点灯するので、暗所でも快適に使用可能です。

ボディの左上にはホイール状のクリエイティブ入力ダイヤルが搭載されており、使用頻度の高いソフトをショートカット登録できるのもポイント。ビジネスシーンでの使用にもおすすめです。高い機能性と操作性を有するBluetoothキーボードを探している方はぜひチェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothスリムキーボード SKB-BT22BK

繰り返し充電可能なリチウムイオン電池を内蔵しており、経済的なのが魅力のBluetoothキーボード。約3時間の充電で最長165時間の連続使用が可能です。本体の底面には電源スイッチが付いており、省エネ性にも優れます。

テンキーが備わっていながらも、幅345mmと省スペース性を実現しているのもポイントです。キースイッチは打鍵感が軽やかなパンタグラフ方式を採用。2段階に角度の調節が可能なスタンド付きで、長時間の使用にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth超薄型コンパクトキーボード TK-FBP101

最薄部6.5mm、本体重量が電池なしで約488gと持ち運びにおすすめのBluetoothキーボード。最大3台までのマルチペアリングに対応しており、切り替えボタンで簡単にデバイスが切り替えられます。

19mmのキーピッチとパンタグラフ方式で、ノートパソコンと同じ打鍵感が楽しめるのがポイント。キートップにはオリジナルのフォントが刻字されており、キーが一目で視認できます。携行性と操作性に優れるアイテムです。

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBC108M/JB2

単3電池2本で最大約6ヶ月使用できるほどのスタミナを持つBluetoothキーボード。30分間入力操作がないとOFFになる「省電力スリープモード」が搭載されており、省エネ性に優れます。

Bluetooth接続により、最大4台まで同時にパソコンやデバイスと接続可能。「Bluetoothデバイス登録/切替キー」をクリックするだけで簡単に切り替えられます。また、Bluetooth以外にUSBでも接続できるのがポイントです。

キーにはメカニカル方式のスイッチのひとつ「Cherry MX 茶軸」を採用。カチカチという独特の打鍵感が楽しめることや、簡単にキーの交換ができることが魅力です。また、日本語配列なので、普段のノートパソコンと同じ感覚でタイピングできます。

HHKB Professional HYBRID Type-S PD-KB820BS

Bluetooth接続により、最大4台まで同時にペアリングができるBluetoothキーボード。簡単なキー操作で、簡単に目的のデバイスと接続できます。また、USB Type-Cによる接続にも対応しており、接続機器を選びません。

物理的な接点のない静電容量無接点方式を採用しており、摩耗が起こりにくいのが特徴。滑らかで静かな打鍵感が味わえます。また、3段階で傾きが調節できる機能が備わっているので、長時間の使用におすすめです。

本体サイズは294×120×40mmとコンパクト。重量は電池のない状態で550gと軽く、持ち運びにも便利です。また、電源がUSBコネクターからの給電と乾電池の両方に対応しているのもポイント。ハイスペックなBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Bluetoothキーボード QSZ-00019

Windows 10とWindows 8.1に対応しているBluetoothキーボード。Office専用のショートカットキーを搭載しているのが特徴です。そのほか、検索キーや絵文字キーなどの便利なショートカットキーを採用しており、効率よく作業やタイピングができます。

シンプルかつスタイリッシュなデザインを採用しているのもポイント。電源は単4形アルカリ乾電池2本で、最大3年間動作します。Windowsユーザーにおすすめの1台です。

Bluetoothキーボードのおすすめ人気モデル|iPhone向け

ロジクール(Logicool) MX KEYS for Mac KX800M

iOS 9以降のiPhoneに対応しているBluetoothキーボード。そのほか、macOS 10.15以降のMacbookやiPadOS 13.1以降のiPadにも対応しているので、Apple製品を主に使用している方におすすめの製品です。

指先の形状に合わせてキーの真ん中が球状にくぼんでおり、スムーズなストロークが行えます。キー配列はMacと同じ英語配列を採用。また、キーのどこをクリックしても確かな打鍵感が楽しめるのも魅力です。

近接センサーが手を検知し、自動でバックライトが点灯する「スマートイルミネーション」に対応しているのもポイント。明るさは自動で調節されます。また、USB Type-Cによる充電方式を採用しており、最長5ヶ月使い続けられるのも特徴です。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Keyboard A7726121

キーの素材にこだわっており、優れた静音性と快適な打鍵感を同時に実現したBluetoothキーボード。スムーズなタイピングが行えます。また、ショートカットキーを活用することで、より利便性を向上させることが可能です。

単4電池で、最長約3ヶ月間交換なしで使い続けられるのが特徴。高いスタミナを備えています。また、30分間操作しないと自動的に電力節約モードへ切り替わるなど、省エネ性に優れているのも魅力です。

製品サイズは約284×122×18.5mmとコンパクト。重量も約190gと軽く、携行性に優れます。iPhoneをはじめ、macOS 10.2.8以降のMacbookやWindowsパソコンなどに対応しており、互換性に優れるのもポイント。外出先での使用におすすめのアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タブレットスタンド機能付き Bluetoothキーボード SKB-BT28BK

無線での通信距離最大約10mのBluetoothキーボード。単4電池2本で最大約125時間の連続使用時間を実現しており、高い利便性とスタミナを併せ持ちます。使わないときは電源が切れるスイッチ付きで、電池の浪費を防げるのもポイントです。

キースイッチはパンタグラフ式で、軽やかな打鍵感が楽しめます。ボディ裏には本体に収納できるスタンドが付いており、スマートフォンやタブレットを立てかけることが可能。iPhoneやiPadに対応しており、Apple製品を主に使用する方におすすめです。

マルチペアリング機能が搭載されており、最大3台まで同時に接続可能。ワンタッチで簡単に切り替えられます。価格が安く設定されており、コストパフォーマンスに優れるアイテムを探している方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01BK

本体サイズが291×92×8mmと小さく、折りたたむことでポケットサイズ程度にまでコンパクトになるのが特徴のBluetoothキーボード。携行性に優れ、外出先での使用におすすめの製品です。

本体を収納する保護ケースが付いており、本製品の使用時にはスタンドとして使えます。スマートフォンやタブレットを見やすい位置にセット可能。本体左上には電源スイッチがあり、電池の浪費を防ぎながら使用できるのも魅力です。

キースイッチはパンタグラフ式。キーピッチは17mmあり、軽やかで快適なタイピングが楽しめます。また、マルチペアリングに対応しており、iPhoneやiPadが最大3台まで同時に接続できるのもポイントです。

Bluetoothキーボードのおすすめ人気モデル|Android向け

ロジクール(Logicool) マルチデバイス Bluetoothキーボード K380

Android 3.2以降のスマートフォンやタブレットに対応しているBluetoothキーボード。マルチデバイスに対応しており、複数の機器と同時に接続できます。単4電池2本で最大2年の電池寿命を備えており、長く愛用できる製品です。

18mmのピッチがあるパンタグラフ方式のキー構造が採用されており、軽快な打鍵感を楽しめるのがポイント。打ち間違いを低減できるのも魅力です。また、日本語レイアウトが採用されているので、普段使っているキーボードと同じ感覚でタイピングが行えます。

本体サイズは279×124×16mmとコンパクト。重量は電池込みで423gと軽く、携行性にも優れます。外出先での使用におすすめのアイテムです。

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE K375s

スマートフォン・タブレット両用のスタンドが付属しているBluetoothキーボード。設置面にはラバー構造が採用されているので滑りにくく、安定して見やすい角度に設置できます。

キーボードは2段階に角度調節ができ、タイピングのしやすい傾斜に設定できるのもポイント。長時間のタイピングにおすすめです。また、マルチデバイスに対応しており、Easy-Switchボタンを押すだけで接続機器を切り替えられます。

Androidのスマートフォンをはじめ、WindowsやChromeなど幅広い機器に対応しているのが特徴です。また、自動スリープや電源スイッチが備わっているなど省エネ性も良好。メンブレン式のキー構造を採用しているので価格が安く、コストパフォーマンスに優れるアイテムです。

エレコム(ELECOM) Bluetoothミニキーボード TK-FBP102

最薄部6.5mm、本体重量がわずか264gと持ち運びに便利なBluetoothキーボードです。単4電池2本で動く仕様になっているので、外出先で作業をする際にもおすすめ。電源スイッチが搭載されており、無駄な電力を消費することもありません。

キータイプはノートパソコンと同じパンタグラフ方式を採用。キートップにはスタイリッシュで視認しやすいオリジナルフォントが印字されています。また、13種類のマルチファンクションキーが搭載されているのが特徴です。

最大3台のマルチペアリングに対応しており、ボタンひとつでデバイスを瞬時に切り替えられるのもポイント。LEDランプ付きで、電源やペアリング状況が一目で把握できます。携行性と機能性の両方を持つBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK11

最大3台までBluetoothによる接続が可能な折りたたみ式のキーボード。持ち運びに便利なほか、本体とスタンドバーが一体型になっているため、外出先で仕事をするときにもおすすめです。

Androidのスマートフォンをはじめ、MacbookやWindowsなど幅広いデバイスに対応しています。また、マルチペアリング機能を搭載しており、ワンタッチで接続機器の切り替えが可能です。

素材には高い強度を誇るアルミ合金を採用。堅牢性に優れ、高い耐衝撃性を備えています。また、指紋や汚れが目立ちにくく、高級感のある見た目もポイント。携行性・機能性・デザイン性に優れるアイテムです。

MOBO Keyboard AM-KTF83J-GB

日本語配列とパンタグラフ構造を採用しているBluetoothキーボード。標準的な19mmのキーピッチで、普段使っているノートパソコンと同じ感覚でタイピングが行えます。また、タイプミスを低減するアイソレーション設計なのも特徴です。

三つ折りが可能で、折りたたむことで文庫本ほどのサイズにまでコンパクトになるのがポイント。本体重量も286gと軽く、持ち運びにおすすめです。また、折りたたむことで自動的に電源が切れるので、手動でオフにする必要がありません。

最大84時間の連続使用ができ、スタミナも良好。たわみ防止の脚が付いており、高い耐久性を備えています。また、マルチペアリングに対応しており、2台まで同時に接続が可能。コンパクトなBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

ワイヤレスキーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ワイヤレスキーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。