ケーブル不要でスマートに使える「Bluetoothキーボード」は、パソコン周りをすっきりさせたい方に最適なアイテムです。カバンの中などでケーブルが絡まる心配もないため、ラクに持ち運ぶことができ、外出先でタイピング作業をしたい方にも適しています。

スタンド機能が採用されているモノを選べば、タブレットやスマホを立てかけられるので、パソコンのように使えて便利です。そこで今回は、Bluetoothキーボードのおすすめモデルをご紹介します。

Bluetoothキーボードとは?

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、近距離無線通信のひとつである「Bluetooth」を利用してパソコン・タブレット・スマホなどのデバイスと接続するアイテム。有線タイプのキーボードと異なり、煩わしいケーブルがないためパソコン周りがごちゃつかないのが魅力です。

Bluetoothキーボードと2.4GHzワイヤレスキーボードの違い

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードと似て非なるモノに「2.4GHzワイヤレスキーボード」があります。どちらも無線で繋げるということには変わりないですが、Bluetoothタイプは接続時にペアリングと呼ばれる設定が必要です。

一方の2.4GHzワイヤレスタイプは、ペアリング設定が不要な代わりにUSBレシーバーを挿して使います。Bluetooth非対応のデバイスでも無線接続できるのが2.4GHzの特徴ですが、タブレット用もしくはスマホ用のワイヤレスキーボードを探しているのであれば、USBレシーバーを挿さなくても使えるBluetoothタイプが断然おすすめです。

Bluetoothキーボードの選び方

使用デバイスに合わせて選ぶ

パソコン

パソコン用のBluetoothキーボードを探している場合は、純正のキーボードと同じサイズのモノを選んで、打ちやすさを重視するのがおすすめ。特に据え置きのパソコンに接続するのであれば、持ち運びやすさをあまり考慮しなくてもよいため、ゆとりあるサイズのタイピングしやすいモデルを選んでみてください。

タブレット

By: amazon.co.jp

高性能なモデルが数多くラインナップされており、タブレットをパソコン代わりに使う方も増えてきました。Bluetoothキーボードを接続してノートパソコンスタイルで作業をしたい場合は、タブレットを立てかけられるスタンド機能付きのモデルを選ぶのがよいでしょう。

AppleがリリースしているiPadシリーズなら、ケースとしても使える専用のBluetoothキーボードが数多くリリースされているため要チェックです。

スマホ

By: logicool.co.jp

スマホ用のBluetoothキーボードを探している場合も、タブレット用と同じくスタンド機能のあるモデルを選ぶのがおすすめ。スマホと同じくらいのサイズに収まる折りたたみタイプのBluetoothキーボードなら、カフェなどでサクッと作業をしたいときでもラクに持ち運べて便利に使えます。

マルチペアリング対応の有無で選ぶ

By: logicool.co.jp

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに複数のデバイスとのペアリング情報を保存しておく機能です。マルチペアリング対応機種は、デバイスの切り替えをボタン操作ひとつで可能にします。

Bluetoothキーボードの対応機器であれば、パソコンだけでなく、タブレットやスマホ、ゲーム機のようなデバイスとも接続できるのが魅力です。しかし複数のデバイスを同時に使用している場合は、接続先を切り替えるたびにペアリングをし直す必要があります。

接続デバイスを頻繁に切り替えて使用する場合は、マルチペアリングに対応しているモデルを選ぶとよいでしょう。

キーボードの配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードの配列は大きく分けて「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類があり、Bluetoothタイプのモデルに関しても例外ではありません。メインとなるアルファベットの並び方はどちらも同じですが、記号の位置が異なるため、エクセルをよく使用する方など記号の入力が多い場合は注意して選びましょう。

特にこだわりがなければ、日本で親しまれている日本語配列(JIS)のBluetoothキーボードを選ぶのがおすすめです。ただし、iPad・iPhoneに関しては英語配列(US)をベースとしているので、日本語配列(JIS)のモデルだと使いにくい場合があります。使用しているデバイスも考慮して選んでみてください。

キーボードの打ち心地で選ぶ

メンブレン方式

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、その構造によって打ち心地が異なります。メンブレン方式と呼ばれる構造を採用しているモデルは、キーを押すと上と下のシートが触れて入力を判断。製作コストが安いため、デスクトップパソコンの純正キーボードをはじめ多くのモデルにこの構造が用いられています。

上下のシートの間にラバー製のパーツを採用しているため、弾力のある打ち心地になるのが特徴。比較的リーズナブルな価格で入手できるので、気軽に使えるBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

パンタグラフ方式

By: amazon.co.jp

パンタグラフ方式は、電車の屋根にあるパンタグラフのような構造を採用しているタイプ。ノートパソコンのキーボードとして採用されており、打ち心地がとても軽やかです。厚さが抑えられる構造なので、薄くてスマートに使える製品が揃っています。

メカニカル方式

By: amazon.co.jp

キーひとつひとつにスイッチが組み込まれているメカニカル方式。”カチャカチャ”という独特のタイピング音が特徴です。バランスがよい「茶軸」と軽やかに文字が打てる「赤軸」、しっかりとした打鍵感が味わえる「青軸」、そして反発力のある「黒軸」とそれぞれ軸によって異なる打ち心地が楽しめます。

キーが壊れてもひとつずつ交換ができるため、キーボード本体を丸ごと変えなくてもよいのがメリット。価格は高いですが、キーボードにこだわる方ならチェックしてみてください。

静電容量無接点方式

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式は、静電容量の変化を検知する仕組みが採用されているタイプ。ほかの方式と異なり、物理的な接点がないので摩耗などが起こりづらく、比較的長く使い続けられます。滑らかで心地よい打鍵感・タイピング音を味わえるのが特徴です。

キーピッチで選ぶ

キーピッチとキーストローク

By: rakuten.co.jp

キーボードを選ぶ際に重要になるのが、キーピッチとキーストロークです。キーピッチとは隣り合う2つのキーの中心部の距離のこと。最も入力しやすいキーピッチは19mmです。キーボードが小さくなるほどキーピッチが狭くなり、入力の際に窮屈なので注意しましょう。

キーストロークとはキーが沈む深さのことで、3mmが最も入力しやすい基準値とされています。キーストロークが深いキーボードは高速入力には不向きですが、誤入力が少ないのが特徴です。

逆に、キーストロークが浅いキーボードは高速入力に向いています。しかし慣れるまでは手応えが薄いため、誤入力が増える傾向にあるため、注意が必要です。

快適な入力のために

By: logicool.co.jp

キーピッチとキーストロークは、快適に入力作業を行うための重要なポイントですが、小型かつ薄型のモデルが多いBluetoothキーボードは、快適な操作性が重視されにくい傾向にあります。

Bluetoothキーボードを選ぶ際は、何を優先させたいのかを明確にしておきましょう。短時間の使用で持ち歩きを重視するなら、コンパクトなものか折りたたみモデルがおすすめです。長時間での使用が多いのであれば、サイズよりも打ちやすさを重視したモデルを選びましょう。

給電方式で選ぶ

電池式

「電池式は電池交換が面倒くさい」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、外出先で電池が切れてしまっても、充電の時間を待たずに電池さえ入れ替えればすぐに使えるというメリットがあります。充電用のケーブルを持ち運ばなくてよいのも魅力です。

充電式

充電式のBluetoothキーボードは、充電用のケーブルを携帯する必要がありますが、その代わり電池交換の手間をなくせるのが最大の特徴。一度の充電で数十時間使えるモデルもあるため、使うたびに充電し直すということもありません。いちいち電池を買いに行くのが面倒な方は、充電式を選んでみてください。

電池容量で選ぶ

By: logicool.co.jp

Bluetoothキーボードは、乾電池式と充電式のどちらの方式でも、一度の充電や電池交換で1週間以上使用できるものが多くラインナップされています。

しかし、Bluetoothキーボードは基本的に電池残量が視認できないのがデメリット。購入前には1回の充電、電池交換でどれくらいの期間使用できるのかを確認することをおすすめします。

Bluetoothキーボードのおすすめ人気モデル|iPhone向け

アンカー(ANKER) Ultra-Slim Bluetooth Keyboard A7726121

アンカー(ANKER) Ultra-Slim Bluetooth Keyboard A7726121

iPhoneのデザインにマッチするお手頃価格のBluetoothキーボード。AppleのパソコンであるMac純正のキーボードに近いデザインで、iPhoneとの相性も抜群です。本体サイズは約284×122×18.5mm、重量は約190gで持ち歩きに最適。パンタグラフ式のキーを採用したスリムなボディは携帯性抜群です。

給電方式は電池式で市販の単4電池1本で稼働。30分間使用しないと自動的に電力を節約する「省電力モード」の使用で、約3ヶ月間電池交換なしで使えます。

OSは「iOS」のほか、「Android」「Mac」「Windows」に対応。キー配列はグローバル仕様となっているので、英語配列(US)をベースにしている「iOS」には特におすすめです。

サンワサプライ(SANWASUPPLY) タブレットスタンド機能付き Bluetoothキーボード SKB-BT28BK

サンワサプライ(SANWASUPPLY) タブレットスタンド機能付き Bluetoothキーボード SKB-BT28BK

キーボード裏面に収納可能なモバイルスタンドを備えたBluetoothキーボード。iPhoneシリーズやiPadシリーズを立てるのに最適なスタンドを搭載しており、簡単に設置できます。iPhoneとiPadの両方の端末を持っている方は、同時にスタンドに置くことが可能。マルチペアリング機能が搭載されているので、操作する端末を切り替えて効率よく作業が行えます。

本体サイズは約286×128×17mmとコンパクトながら、単4乾電池2本で最大125時間の連続使用が可能。頻繁な電池切れに悩まされることがなく、経済的に使用できます。

パンタグラフ式のキーは19mmのキーピッチでタイピングに最適。1つ1つのキーが独立している「アイソレーション」形状となっているので、打ち間違いを軽減したい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetooth(R)キーボード TK-FLP01BK

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetooth(R)キーボード TK-FLP01BK

2つに折り畳んでケースに収納して持ち歩けるBluetoothキーボード。本体サイズは約291×92×8mmとコンパクトながら、キーピッチは約19mmでタイピングしやすいキー配置になっています。

携帯用のケースはスタンドとして使用可能。iPhoneやiPadを立てて設置でき、ノートパソコンのように使えます。電源は充電式のリチウム電池を内蔵。フル充電後は約2ヶ月間の使用が可能です。

OSは「iOS」「Android」「Windows」に対応。外出時はiPhoneやスマホと一緒に持ち歩いて、自宅やオフィスではパソコンに接続して利用できます。最大3台までのマルチペアリング機能を搭載。iPhoneとスマホ・タブレットなど、モバイル端末を複数所有している方におすすめです。

オウルテック(Owltech) Bluetoothキーボード OWL-BTKB7801

オウルテック(Owltech) Bluetoothキーボード OWL-BTKB7801

折り畳んでコンパクトなサイズで持ち運べるBluetoothキーボード。堅牢かつ高級感漂うアルミ製のボディは、折り畳むことで約166×120×15mmのサイズとなります。キーボードの開閉で電源のON・OFFが可能。電源を切り忘れてバッテリーが無駄になることがありません。

内蔵バッテリーでの連続使用時間は約84時間。長時間の駆動が可能で、出張や旅行の際の携帯に最適です。付属している専用カバーは、iPhoneスタンドとしても使える優れもの。別途スタンドを用意する必要がなく、快適なタイピングを可能にして作業効率のアップが図れます。

サテチ(Satechi) ALUMINIUM BLUETOOTH KEYBOARD ST-AMBKM

サテチ(Satechi) ALUMINIUM BLUETOOTH KEYBOARD ST-AMBKM

高いデザイン性と堅牢性を備えたアルミニウムボディのBluetoothキーボード。高級感あるアルミ製のボディは頑丈で歪むこともなく、適度な重さがあるのでタイピング時にも安定しています。

OSは「iOS」と「Mac」に対応。デザインだけでなく直感的な操作ができるMac OSのファンクションホットキーにも対応しています。マルチペアリング機能搭載で最大3台の端末を登録可能。iPhoneとiPadやMacを簡単に切り替えて接続できます。

内蔵バッテリーは最大80時間もの連続駆動が可能な大容量モデル。USB-C充電式ポートを備えており、Macと接続して充電をしたい方におすすめです。

アップル(Apple) Magic Keyboard 英語(US) MLA22LL/A

アップル(Apple) Magic Keyboard 英語(US) MLA22LL/A

アップル純正のコンパクトなBluetoothキーボード。純正品だけあってiPhoneのデザインと抜群の相性を誇ります。本体サイズは約279×114.9×4.1~10.9mm。最も厚みのある部分でも1cmほどで、最薄部では0.5mmを切るスリムさを誇ります。

重量は約231gで、500mlペットボトル半分以下の重さ。鞄に入れてしまえばほとんど重さを感じなくなるほどです。内蔵バッテリーはフル充電後約1ヶ月の使用が可能なので、毎日充電する手間がかかりません。

キー配列は英語配列(US)となっており、iPhoneやiPadに最適。対応OSは「iOS」「Mac」となっているので、iPhoneユーザーだけでなく、Macを使用している方にもおすすめです。

フィルコ(FILCO) Majestouch MINILA Air FFBT67MC/EB

フィルコ(FILCO) Majestouch MINILA Air FFBT67MC/EB

メカニカル式キーボードとして有名なBluetoothモデル。タイピング時のリズミカルな「カチャカチャ」といった音が心地よい青軸を採用しており、しっかりとしたタッチ感が得られる仕様です。

OSは「iOS」「Android」「Windows」に対応。マルチペアリング機能によって、通常は自宅のパソコンで使用して、必要な時にiPhoneへの接続に切り替える使い方ができます。

キー配列は英語配列(US)でiOSデバイスに最適。使用頻度の高いFNキーをスペースキーの両サイドに配置することで、ホームポジションを崩すことなくキー打鍵できるよう設計されています。

本モデルには青軸のほかに「赤軸」「黒軸」「茶軸」がラインナップ。好みのタッチ感にあわせて軸を選択するのがおすすめです。

Bluetoothキーボードのおすすめ人気モデル|Android向け

エレコム(ELECOM) Bluetooth(R)静音ミニキーボード TK-FBM093S

エレコム(ELECOM) Bluetooth(R)静音ミニキーボード TK-FBM093S

リーズナブルな価格が魅力の静音タイプのBluetoothキーボード。メンブレン式のキーボードながら静音設計なので、人の多い場所や夜間の使用におすすめです。最大3台までのマルチペアリング機能を搭載。モバイル端末だけでなく、パソコンに利用したい場合でも簡単に接続を切り替えられます。

キー配列は日本語配列(JIS)を採用。「ELECOM Keyboard layoutアプリ」に対応しており、OSの設定が英語配列(US)の端末であっても、キー通りの入力が可能です。

電池残量やアクセス状況を確認できるLEDランプ搭載。一目でバッテリーの残量を確認できるほか、使わない時には電源をOFFにできるスイッチを搭載しているなどリーズナブルながら多彩な機能を搭載しているキーボードとしておすすめです。

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD K380

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD K380

マルチペアリング対応のBluetoothキーボード。キーボード左上に3つのボタンを備えており、ボタンを押すだけで接続した端末を切り替えられます。OSは「Android」「Windows」「iOS」「Mac」に対応。スマホだけでなく、パソコンやタブレットなどでも使用できます。

パンダグラフ式を採用したキーは約1.5mmのキーストローク。浅めのキーストロークで高速入力される方におすすめです。電源スイッチが搭載されているので使わない時の電池消耗を防ぎ、最大で2年間の電池寿命を誇ります。

本体サイズは約279×124×16mm、重量は約423gなので、常に持ち歩くよりは据え置き型としての使用がおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24

バッファロー(BUFFALO) Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24

本体重量は約159gと最軽量な部類に入るBluetoothキーボード。本体サイズは約233×125×6mmで非常にコンパクトなデザインとなっており、大きさは一般的なタブレットと変わらないほどです。

内蔵バッテリーは約5ヶ月の駆動が可能。付属のUSBケーブルを使用してパソコンからの充電にも対応できます。対応OSは「Android」「Windows」「iOS」「Mac」。スマホのほかにタブレットやパソコンにも使用できるので、外出先でBluetooth対応端末を利用する方には便利な仕様です。

キーストロークは約1.2mmと浅め。パンタグラフ式を採用しているので高速で静かな入力を行いたい方におすすめです。

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE K370s

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE K370s

5つのOSに対応するフルサイズのメンブレン式Bluetoothキーボードです。OSは「Android」「Windows」「iOS」「Mac」のほか、「Chrome OS」にも対応しています。本体のほかにモバイル端末用のスタンドが付属。デスクトップやノートパソコンの前にスタンドを置いておけば、モバイル端末とパソコンの両方に使用できます。

接続の切替えはボタン1つで可能。最大3台の端末を登録しておけるので、複数のデバイスを使い分ける方におすすめです。キー配列は日本語配列(JIS)を採用。キーの数は109キーでテンキーを搭載しているので、数字キーを頻繁に使用する方におすすめです。

コルセア(Corsair) Gaming K63 WireLess CH-9145030-JP

コルセア(Corsair) Gaming K63 WireLess CH-9145030-JP

Cherry MXの赤軸を採用したメカニカル式Bluetoothキーボード。パソコンゲームの周辺機器メーカーとして有名なコルセアのK63 WireLessは、高速転送と高いセキュリティ性を誇るBluetooth4.2対応のゲーミングキーボードです。

キーの押下圧は45gと軽い設定。軽やかなタッチで入力ができ、素早い操作が必要なゲームに最適です。キーストローク約5000万回に耐える仕様。ハードユーザーにおすすめの耐久性を誇り、存分にゲームに没入できます。

キーボード手前には脱着可能なリストレストを搭載。手首や腕への負荷を軽減する設計となっており、長時間使用する方におすすめの仕様となっています。

マイクロソフト(Microsoft) Universal Foldable Keyboard GU5-00014

マイクロソフト(Microsoft) Universal Foldable Keyboard GU5-00014

軽量・薄型で気軽に持ち運べるBluetoothキーボード。本体サイズは約295.1×125.3×11.5mmで、折り畳んだ際には幅約147.6mmまでコンパクトになります。重量は約180gと超軽量。電源はリチウムバッテリーが内蔵されているので、付属品を持ち歩かずとも使用できます。

内蔵バッテリーは1度フル充電すると最大3ヶ月間の使用が可能。付属している給電用USBケーブルを携帯しておけば、バッテリー切れによって使えなくなる心配もしなくて済みます。

キーボード本体は防滴仕様。3年間の長期保証がついているので、外出時に頻繁に携帯するハードユーザーにおすすめです。

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional BT PD-KB620

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional BT PD-KB620

静電容量無接点式を採用した高級Bluetoothキーボードです。キーピッチは約19.05mmとタイピングのしやすさをキープしたままで、A4用紙の半分ほどのサイズを実現しています。

キーストロークは約4mmと深めの設定ながら、45gの軽い押下圧のため軽快なタッチが可能。キーボードの傾きが3段階で調節できるので、好みの角度でタイピングできます。

電源は単3電池2本での駆動に加えて、USB micro-Bコネクターからの給電にも対応。外出時に電池が切れたとしても、パソコンやコンセントからの給電に切り替えて使えます。OSは「Android」「Windows」「iOS」「Mac」に対応。コンパクトながら極上のタッチ感が得られるハイエンドモデルとしておすすめです。

ワイヤレスキーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ワイヤレスキーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。