ケーブル不要でスマートに使える「Bluetoothキーボード」は、パソコン周りをすっきりさせたい方に適したアイテムです。

カバンの中などでケーブルが絡まる心配がなくラクに持ち運べるため、外出先でタイピング作業をしたい方にもぴったり。そこで今回は、Bluetoothキーボードのおすすめモデルをご紹介します。

Bluetoothキーボードとは?

By: mobo-jp.com

Bluetoothキーボードは、近距離無線通信のひとつである「Bluetooth」を利用してパソコンやタブレット、スマホなどのデバイスと接続するアイテム。有線タイプのキーボードとは異なり、ケーブルがないため煩わしさを感じにくいのが魅力です。

また、携帯性が高いため持ち運んで使えるモデルも多数ラインナップしています。

Bluetoothキーボードと2.4GHzワイヤレスキーボードの違い

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードと似たモデルに「2.4GHzワイヤレスキーボード」があります。どちらも無線で繋げられることには変わりありませんが、Bluetoothタイプは接続時にペアリングと呼ばれる設定が必要です。

一方、2.4GHzワイヤレスタイプは、ペアリング設定が不要な代わりにUSBレシーバーを挿して使います。Bluetooth非対応のデバイスでも無線接続できるのが2.4GHzの特徴。ただし、タブレット用もしくはスマホ用のワイヤレスキーボードを探しているのであれば、USBレシーバーを挿さなくても使えるBluetoothタイプがおすすめです。

Bluetoothキーボードの選び方

使用デバイスに合わせて選ぶ

パソコン

By: elecom.co.jp

パソコンでBluetoothのキーボードを選ぶときは、どのOSに対応しているかも注目したいポイント。自身が使用しているパソコンのOSに対応していない場合は、Bluetooth接続ができない場合があります。

なかでも、WindowsとMacの両方に対応しているBluetoothのキーボードを選ぶのがおすすめです。異なるOSに対応していれば、パソコンを買い替えたときにも使用可能で、複数人でキーボードを共有もできます。

iPad・タブレット

By: amazon.co.jp

Bluetoothのキーボードのなかには、iPadやタブレットに対応している製品もラインナップ。ノートパソコンのように操作できるので、たくさんの文字を打つときは作業効率の向上が期待できます。大学生のレポート作成などにも便利です。

iPadやタブレットに使う場合は、スタンド機能やカバーが一体型になったモノを選ぶのがおすすめ。画面を見やすい位置に設置できるほか、デバイスをキズから保護できます。

iPhone・Android

By: mobo-jp.com

iPhoneやAndroidにBluetoothのキーボードを接続すれば、SNSの投稿や長文の作成を行うときに時間短縮が見込めます。キーボードを選ぶ場合は、パソコン同様にどのOSに対応しているかがポイントです。

iOSとAndroidのどちらにも対応していれば、機種変更したときも安心。家族や友人と共有したいときにも便利です。

給電方式で選ぶ

電池式

電池式は、外出先で電池が切れてしまっても、電池さえ入れ替えれば充電の時間を待たずにすぐ使えるのがメリット。また、充電用のケーブルを持ち運ばなくてよいのも魅力です。

一方で、電池が切れば場合に備えてほかの電池を用意しておく必要があります。ランニングコストがかかってしまう点は注意しましょう。

充電式

By: sanwa.co.jp

充電式のBluetoothキーボードは充電用のケーブルを携帯する必要がありますが、電池交換の手間をなくせるのが特徴。一度の充電で数十時間使えるモデルもあるため、使うたびに充電し直す必要がありません。電池を購入する費用や手間をかけたくない場合は、充電式のモノをチェックしてみてください。

マルチペアリング対応の有無で選ぶ

By: sanwa.co.jp

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに複数のデバイスとのペアリング情報を保存しておく機能のこと。Bluetoothキーボードの対応機器であれば、パソコンだけでなく、タブレットやスマホ、ゲーム機のようなデバイスとも接続できるのが魅力です。

ただし、マルチペアリングに非対応の製品で複数デバイスを同時に使用する場合、接続先を切り替えるたびにペアリングをし直す必要があります。接続デバイスを頻繁に切り替えて使用する場合は、マルチペアリングに対応しているモデルを検討してみてください。

キーボードの打ち心地で選ぶ

メンブレン方式

By: elecom.co.jp

Bluetoothキーボードは、構造によって打ち心地が異なります。メンブレン方式と呼ばれる構造を採用しているモデルは、キーを押すと上と下のシートが触れて入力を判断。製造コストが安いため、デスクトップパソコンの純正キーボードをはじめ、多くのモデルに用いられています。

上下のシート間にラバー製のパーツを採用しているので、弾力のある打ち心地が特徴。比較的リーズナブルな価格で入手できるため、気軽に使えるBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

パンタグラフ方式

By: mobo-jp.com

パンタグラフ方式は、キートップの下に菱形のスプリングを採用しているタイプ。ノートパソコンのキーボードに多く採用されており、打ち心地は軽やかです。厚さが抑えられる構造なので、薄くてスマートに使える製品が揃っています。

メカニカル方式

キーひとつひとつにスイッチが組み込まれているメカニカル方式。カチャカチャという独特のタイピング音が特徴です。

打鍵時に感じられるクリック感とキースイッチの重みのバランスがよい「茶軸」と軽やかに文字が打てる「赤軸」、しっかりとした打鍵感が味わえる「青軸」、そして反発力のある「黒軸」など、それぞれ軸によって異なる打ち心地が楽しめます。

キーが故障してもひとつずつ交換ができるため、キーボード本体を丸ごと変えなくてもよいのがメリット。ラクにメンテナンスしやすい製品がほしい方はチェックしてみてください。

静電容量無接点方式

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式は、静電容量の変化を検知する仕組みが採用されているタイプ。物理的な接点がないので摩耗などが起こりにくく、比較的長く使い続けられます。滑らかで心地よい打鍵感とタイピング音を味わえるのが特徴です。

キーボードの配列で選ぶ

By: mobo-jp.com

キーボードの配列には大きくわけて、「日本語配列(JIS)」「英語配列(US)」の2種類があります。メインとなるアルファベットの並び方はどちらも同じですが、記号の位置が異なるため、エクセルをよく使用する方など記号の入力が多い場合は注意して選びましょう。

とくにこだわりがなければ、日本で親しまれている日本語配列(JIS)のBluetoothキーボードを選ぶのがおすすめです。なお、iPad・iPhoneに関しては英語配列(US)をベースとしているので、日本語配列(JIS)のモデルだと使いにくい場合があります。使用しているデバイスも考慮して選んでみてください。

キーピッチとキーストロークをチェック

キーピッチ

By: sanwa.co.jp

キーピッチとはキーとキーの間隔のことで、キーの中心から隣のキーの中心までの距離を指します。一般的なパソコンに採用されているキーピッチは19mm程度で、フルサイズキーボードと呼ばれているのが特徴です。

19mmの製品を選ぶとすぐに馴染めるのでおすすめ。一方、コンパクトなキーボードだと、キーピッチが16mmほどのモノもあります。自分の手のサイズに合わせて選んでみてください。

キーストローク

By: elecom.co.jp

キーストロークとは、キーを押し込んだときの深さのことを指します。多くのデスクトップパソコンのキーストロークは3〜4mmほど。キーストロークの値が1~2mmと浅いモノであれば、すばやくタイピング可能です。

対して、キーストロークの値が大きいとしっかりとした打鍵感が得られ、誤入力しにくいのが特徴。使用用途に応じて、選んでみてください。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: mobo-jp.com

Bluetoothキーボードのなかには、コンパクトに折りたためる製品もあります。小さなカバンにも収納して持ち運びやすいので、外出先でキーボードを使いたい方におすすめです。

さらに折りたたみ形式には、主に二つ折りと三つ折りのモノがあります。また、やわらかいシリコン素材を採用しているモノは、丸めて収納可能です。

Bluetoothキーボードのおすすめ|テンキーレス

マイクロソフト(Microsoft) デザイナー コンパクトキーボード 21Y-00019

コンパクトに作られたBluetoothキーボード。最大3台まで接続ができるため、複数のデバイスに繋ぎたい方にぴったりです。キーボード上部にはショートカットキーを搭載しており、作業効率の向上に期待できます。

絵文字キーが備わっているのも特徴。すばやく使いたい絵文字にアクセスできるので、SNSの投稿などにも適しています。

本体に傾斜がついており、長時間の打鍵がしやすいのも魅力。バッテリーは最大3年間の寿命で、頻繁に電池を取り替える手間を省けます。絵文字もスムーズに入力できるBluetoothキーボードを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

アップル(Apple) シリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboard MK293J/A

MacBook ProやMacBook Airなどに使用できるBluetoothキーボード。日本語配列で馴染みやすいのが特徴です。Touch IDが内蔵しており、指を置くだけで画面のロック解除が可能。パスワードを入力する手間がないため便利です。

また、キーボード本体がコンパクトなのも特徴。厚さが約11.49cmで、重量も軽量のため、外へと手軽に持ち運べます。また、バッテリー駆動時間が長く、1回の充電で約1ヶ月使用できるのも魅力です。長期の旅行や出張に携帯するときも安心して使えます。

機能性に優れたBluetoothキーボードを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) キーボード BSKBB315

パソコンやスマートフォン、タブレットなど幅広いデバイスに対応しているBluetoothのキーボード。最大3台のデバイスにペアリングができ、簡単に接続先を切り替えられます。

キーはパンタグラフ構造を採用。打ち心地が軽やかで快適にタイピングができます。キーピッチは19mmあり、一般的なデスクトップのパソコンと同じサイズなのもポイント。

また、省エネ設計を施しているのも特徴です。単4電池2本で長期間駆動します。電池交換の頻度を抑えることが可能。複数のデバイスに接続できるBluetoothキーボードを求めている方におすすめです。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列 墨 PD-KB820BS

静電容量無接点方式を採用しているBluetoothキーボード。物理的な接点を抑えているため摩耗が起こりにくく、長期的に愛用したい方にぴったりです。また、キーを押下した際に、連続で入力してしまうチャタリングも防げます。快適にタイピングが可能です。

本製品は、Bluetooth接続とUSB接続に対応。使用シーンに応じて無線と有線を使い分けられるので便利です。Bluetooth接続は最大4台のデバイスに繋げられ、パソコンやiPad、Androidのスマートフォンなどにもペアリングできます。

キーマップ変更機能を搭載しているのも魅力。よく使うキーを好みの位置に割り当てられるので、ゲーム用にキーボードを使う方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth 5.0 薄型コンパクトキーボード TK-FBM119K

iPadやWindowsのパソコン、Androidなどに対応したBluetoothキーボードです。最大3台までのデバイスにペアリングができ、切り替えボタンを押すと接続先をすぐに変更可能。快適な作業環境を構築できます。また、重量が約455gと軽いので、カバンに入れて手軽に持ち運びやすいのもポイントです。

キーは日本語配列を採用しており、キーストロークは約2.5mm。軽い打ち心地を実現しているので、たくさんタイピングをする方におすすめです。さらに、13種類のマルチファンクションキーも搭載。ボリュームの調節やメディアの再生などがスムーズに行えます。

本製品は抗菌仕様なのも魅力。衛生面でも安心して使えるおすすめのBluetoothキーボードです。

Bluetoothキーボードのおすすめ|テンキー付き

ロジクール(Logicool) MX MECHANICAL Linear KX850FL

メカニカル式を採用しているテンキー付きのBluetoothキーボード。各キーにスイッチが組み込まれているため、打ち心地がよいのが特徴です。タイピング時の静音性にも優れています。

また、キーストロークが3.2mmなので、長時間の使用でも疲れにくいのがポイントです。さらに、6つのバックライトモードも搭載。暗い場所でも気軽に作業が可能で、ゲームをするときはより没入感を深めることが可能です。

「Logi Options+」をダウンロードすることで、キーを自在にカスタマイズできるので、作業効率の向上も期待できます。優れた打鍵感が得られるキーボードを求めている方はぜひ、チェックしてみてください。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK22

日本語配列でキーにパンタグラフ式を採用しているBluetoothキーボード。なめらかな打鍵感を実現しており、書類やレポート作成など大量の文字を打つときにおすすめのモデルです。テンキーも備わっているため、数字の入力も快適に行えます。

本体の底面には亜鉛メッキ銅板を採用。耐久性が高く、長期的に使用できます。キーピッチは19mm、キーストロークは1.8mmです。キーが浅い構造なので、軽い力で打鍵ができ、手首の負担も軽減できます。

充電はUSB式で、90時間連続で使用可能です。打鍵しやすいBluetoothのキーボードを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) MX KEYS Advanced Wireless Illuminated Keyboard KX800

本体にメタルプレートを採用しているBluetoothキーボード。剛性に優れ、デスク上でもすべりにくい仕様です。パーフェクトストロークキーを採用しており、なめらかな打鍵感が得られます。

ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなど最大3台までのデバイスに接続可能。Easy-Switchボタンを押すと、ペアリングするデバイスを瞬時に切り替えられるのが魅力です。

また、スマートイルミネーションを採用しているのも特徴。キーボードに手を近づけるとバックライトが点灯し、自動で明度を調節できます。暗い環境でも安心して作業可能です。

USB-Type C充電にも対応。フル充電だと通常使用で約10日間、バックライトオフで最大5ヶ月間連続駆動します。

エレコム(ELECOM) 洗える抗菌 Bluetoothキーボード WS03BMKBK

日本語配列のBluetoothキーボードです。キーにはメンブレン式を採用しており、キーストロークは2mmあります。弾力のある打鍵感が特徴です。また、1000万回の打鍵に耐えられると謳われています。長期で愛用しやすいのがポイントです。

防水等級IPX5にも対応。キーボードにコーヒーや水をこぼしてしまっても、故障を防げます。水洗いできるため、汚れたときは簡単にお手入れ可能です。さらに、抗菌加工を施しているのも魅力。清潔に使いやすいおすすめのモデルです。

Bluetoothキーボードのおすすめ|折りたたみ

MOBO Keyboard 2 AM-K2TF83J

打鍵しやすい19mmのキーピッチのBluetoothキーボード。キースイッチにはパンタグラフを採用しており、短いストロークで軽快な打鍵ができます。

アイソレーション設計なのが特徴。キーの間にすき間が設けられているため、タイプミスを軽減可能です。レポート作成を行う大学生や書類作成を行うビジネスパーソンに適しています。

重量は286gと軽量で、三つ折り構造を採用。カバンに入れて持ち運びしたいときにもおすすめです。また、キーボードの開閉で、自動で電源をON・OFFできるのもポイント。電源の切り忘れを防げます。

Ewin スタンド付きbluetoothキーボード B033

3台までのデバイスに同時接続ができるBluetoothキーボード。使用シーンに応じて自在に切り替えられます。また、タッチパッドが搭載されているのも特徴。拡大やスクロール、検索などが行えるので便利です。

キーにはアイソレーション設計を採用。キーの間にすき間があるので、誤入力を防げます。さらに、ショートカット機能も備えており、コピーや全選択、切り取りなどがスムーズに行えるのも魅力です。

自動オートスリープ機能も便利。10分間操作せずにいると、自動でスリープモードに移行するのでバッテリーの消費を抑えることが可能です。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK08

省電力設計で持ち運びに適したBluetoothキーボード。本体を折りたたむと電源がオフに、開くとオンになります。スイッチを切り替える手間がなく、スムーズに使い始められるのでおすすめです。

3台のデバイスを接続できるマルチペアリングに対応。パソコンやタブレットなど、複数のデバイスで使用するのに便利です。60時間の連続使用ができ、長時間の作業も快適に行えます。

外側の素材にはアルミ合金を採用し、優れた耐久性と軽さを実現。マットな手触りが特徴で、指紋が付きにくい点も魅力です。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01

ポケットに収まるほどのコンパクトサイズに折りたためるBluetoothキーボードです。持ち運び用の保護ケースは、タブレットスタンドとしても使用可能。12.9インチまでのタブレットに対応しています。携帯性を重視する方におすすめです。

パンタグラフ方式を採用することで、軽やかなタッチで操作できます。また、アイソレーション設計により、キー同士の間隔を離すことでタイプミスを軽減。さらに、10種類のマルチファンクションキーを搭載し、ボリューム調節などの機能をワンタッチで呼び出せるのもポイントです。

3台のマルチペアリングができ、さまざまなデバイスで作業したい場合に便利。バッテリーにはリチウムイオン電池を採用し、付属の充電用ケーブルで繰り返し充電できます。

Bluetoothキーボードのおすすめ|タッチパッド付き

Ewin タッチパッド搭載 ワイヤレスキーボード EW-B008

iOSやAndroid、WindowsなどさまざまなOSに対応しているBluetoothキーボード。3台マルチペアリングに対応しており、ワンボタンで接続先のデバイスをすぐに切り替えられます。キーは日本語配列で、パンタグラフ式を採用。静音性にも優れています。

タッチパッドを使用すれば、クリック操作やスクロールが可能。マウスを使わずに済むため、デスク上の限られたスペースで作業したいときにも便利です。また、マットなデザインを採用しているため、指紋や汚れが目立ちにくく、実用性に優れています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タッチパッド付き Bluetoothキーボード 400-SKB071

厚みが0.7cmと薄型設計のBluetoothキーボードです。カバンなどにすっきりと収納でき、持ち運びしやすいのが特徴。iPhoneやiPadを立てる折りたたみスタンド付きで、5段階の角度調節が可能です。

操作性のよいタッチパッドを備え、限られたスペースでも快適に作業できます。ホームボタンや画面キャプチャなどのショートカットキーを搭載しており、作業効率を高められるのがメリットです。

また、3台のマルチペアリングに対応しています。ワンタッチで機器の切り替えができるため、複数台で作業する方におすすめです。

COOLAY 7色バックライト搭載 Bluetoothキーボード VBWS0329

7色のバックライトを搭載しているBluetoothノートパソコン。白・赤・緑など好みの色に変えられ、暗い場所でも快適にタイピングができます。バックライトの色がワンタッチで切り替えられる点も便利です。

また、シザーフット構造を採用しているのもポイント。静音性に優れているため場所を気にせず使用できます。サイズが約245×180×6mm、重量が220gとコンパクトかつ軽量なのも魅力。カバンに入れて気軽に持ち運べます。

充電はUSBに対応しており、1時間の充電で約20日間連続使用可能。バッテリー持ちがよいのも魅力です。

Bluetoothキーボードのおすすめ|マウスセット

YIFeNG ipad キーボード マウスセット AMWS0474

コンパクトサイズのBluetoothキーボードです。キーにはパンタグラフ式を採用しており、長時間のタイミングでも手首が疲れにくいのが特徴。付属のマウスには静音設計が施されています。図書館やカフェなど外でキーボードを使いたいときに便利です。

また、キーボードの連続使用時間が約150時間と長いのも魅力。USB充電に対応しているため、電池交換する手間を省けます。

本製品は、iPhoneやタブレット、Windowsのノートパソコンなどと接続が可能。小型のBluetoothキーボードを求めている方におすすめです。

Ewin 日本語配列キーボード マウスセットZR-B009

JIS規格に準拠している日本語配列のBluetoothキーボード。同梱しているマウスはDPIを3段階に調節でき、使用シーンに応じてカーソルの速度を変えられます。静音設計が施されているため、クリック音を抑えられ、場所を気にせず使用可能です。

キーボードは最大3台までのデバイスに接続できます。キーをワンタッチするだけで接続先を変更できるので便利です。また、パンタグラフ式を採用しており、キーストロークが約2mmと打ち心地が軽やかで快適にタイピングできます。

バッテリーの消耗を抑える省エネスリープモードも搭載。頻繁にUSB充電をする手間を省ける、おすすめのモデルです。

UrChoice ワイヤレスゲーミングキーボードマウスセット AK33

USBとBluetooth接続ができるおすすめのゲーミングキーボード。キーはメカニカル式で、しっかりとした打鍵感が味わえる青軸を採用しています。また、耐久性に優れているのも特徴です。

キーボードはバックライトに対応。暗い場所でもしっかりタイピングができるうえに、18種類の発色パターンを切り替えられるのがポイントです。

さらに、防水仕様なのでキーボードに水やコーヒーをこぼしても安心。ゲーミング用に使用できるBluetoothキーボードを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

Bluetoothキーボードのおすすめ|iPhone・iPad・Android向け

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード A7726121

さまざまなOSに接続できるBluetoothキーボードです。iOS・Android・Mac・Windowsに接続可能。ショートカットキーが異なるOSでも使用できるので、家族や友人と共有して使いたい方におすすめです。US配列を採用しており、英語入力を頻繁に行う方にも適しています。

サイズは約284×122×18.5mmで、重量は約190g。コンパクトなのでカバンに入れて手軽に持ち運べます。電源は電池式で、省電力モードを使用すれば3ヶ月以上の連続駆動も可能。出張や旅行へ行くときに携帯するのにもおすすめのモデルです。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK03

さまざまなデバイスに対応しているおすすめのBluetoothキーボード。重量が約185gと軽く、コンパクトなデザインなので、ポケットに入れて持ち運べます。キーはX足構造を採用しており、タイピングしやすいのが特徴です。

本体の素材にはアルミ合金を採用しており、高級感のあるデザインに仕上がっています。キーボードは開閉で自動的にON・OFFでき、バッテリーを節約可能。外出先でも快適に使えます。

エレコム(ELECOM) スタンド付キーボード TK-DCP01

据え置きタイプのタブレット用Bluetoothキーボード。本体にスタンドが内蔵されており、タブレットを設置すると、自動的にキーボードの電源がONになるのが便利です。タブレットのアジャスターも付いており、スタンド部分の厚みを3段階に調節できます。

キーボードの底面には、すべり止めゴムを4つ配置。デスクの上に置いたときに本体の位置がズレにくいので、安定したタイピングを実現できます。キータイプにはパンタグラフを採用。また、アイソレーション設計を施しているのもポイントです。打鍵しやすいだけでなく、タイプミスも抑えられます。

そのほか、キートップがマット調に仕上がっているのも特徴。汚れや指紋が目立ちにくいおすすめのBluetoothキーボードです。

Bluetoothキーボードの売れ筋ランキングをチェック

Bluetoothキーボードのランキングをチェックしたい方はこちら。