国内のスマホ市場において、トップシェアを誇るiPhone。高性能なスマートフォンとして人気を博していますが、一方で懸念されるのが、文字入力に対するストレスです。

特に効率化が求められるビジネスシーンにおいて、文字入力のしやすさとスピードアップは大きな課題。そこで今回は、快適なタイピングをサポートするiPhone対応のBluetoothキーボードをご紹介します。

iPhoneにぴったりのキーボードとは?

iPhone対応のBluetoothキーボードには、多くの種類があります。なかでも、iPhoneを立てかけるためのスタンドが標準搭載されたモノを選べば、iPhoneをモニターのように使えて便利です。

さらに、角度の調節ができるモノなら、iPhoneをその場で最適な角度に設定可能。長時間使用する場合も、目や身体への負担を軽減できます。

iPhone対応のBluetoothキーボードの選び方

文字配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

iPhone対応のBluetoothキーボードには、コンパクトさが考慮された結果、文字のキー配列が従来のパソコン用キーボードと異なるモノもあります。

また、通常のキーボードと同様、「日本語配列」と「英語配列」の2タイプがあり、一部のキー配置が異なるので注意が必要です。特に、英語配列のキーボードには「変換・無変換」のキーがなく、普段日本語配列に慣れている方は戸惑う場合もあります。そのため、自分の使いやすい配列を確認しておきましょう。

専用ショートカットの有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

iPhone対応のBluetoothキーボードのなかには、iPhoneやiPad専用のショートカットが使用できるモノもあります。特に、iOS専用の入力モード切り替えを備えたモデルがおすすめです。

用途で選ぶ

By: rakuten.co.jp

使う場所や用途によって、最適なBluetoothキーボードは異なります。仕事や勉強の文書作成を本格的に行いたい場合は、本体サイズが大きめで文字が打ちやすく、キー配置に違和感のないタイプがおすすめです。

一方、外出先で素早くタイピングしたい場合は、携帯に適した小型かつ軽量なタイプがおすすめ。折りたたみ式を選べば、よりコンパクトに持ち運べます。とはいえ、携帯性を重視し過ぎた製品は、文字入力に窮屈さを感じさせることもあるので、サイズ感には注意しておきましょう。

キーボードの形式で選ぶ

By: rakuten.co.jp

Bluetoothキーボードの形式には、ラバー製カップの反発力を利用した「メンブレン方式」と、ひし形のスプリングによる軽快な打ち心地や薄さが特徴の「パンタグラフ方式」があります。

メンブレン方式のキーボードは比較的リーズナブルな価格帯である一方、打ち心地がイマイチなのは否めません。予算に問題がない限りは、「パンタグラフ方式」がおすすめです。

また、キーとキーの間に間隔がある「アイソレーション設計」を採用したモノなら、打ち間違いが起きにくく快適にタイピングできます。なお、キーの中心から隣のキーの中心までの距離である「キーピッチ」も重要。キーピッチの一般的な長さは、19mm程度です。ひとつの目安としてみてください。

iPhone対応のおすすめBluetoothキーボード

エレコム(ELECOM) Bluetoothキーボード TK-SLP01

エレコム(ELECOM) Bluetoothキーボード TK-SLP01

パンタグラフ式のキーを採用しており、軽いタッチでタイピングができる製品です。iOSデバイスをはじめAndroid、WindowsなどさまざまなOS搭載機器と接続することが可能。

折りたたみ式ではありませんが、最薄部が5.3mmとスリムでスタイリッシュなデザインを採用しているのもポイント。カバンの中でもかさばらず手軽に持ち運べます。

スタンドにもなる便利なケースが付属しているのも魅力。出かける際、わざわざスタンドを一緒に持ち歩かなくてもよいので便利です。また、本体とケースはマグネットで固定されており、折りたたむとスタンドとしても使えます。

ロジクール(logicool) ワイヤレスキーボード K370s

ロジクール(logicool) ワイヤレスキーボード K370s

テンキーを備えたキーボードです。自宅やオフィスのデスクに置いて使用するのにおすすめのモデル。中央を窪ませたインカーブキーを採用しており、快適にタイピングが行えます。

また、ロジクールの「Unifying USBレシーバー」が付属しているのもポイント。Bluetoothに対応していない機器ともワイヤレス接続ができます。iPhoneだけでなく、さまざまなデバイスと繋げられる製品を探している方はチェックしてみてください。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK03

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK03

スタンドにもなるケースがセットになったモデルです。移動先でスタンド代わりになるモノを探さなくてもよいので便利。さっと取り出してスマートに入力作業ができます。ケースには高級レザータイプを採用しているため、ビジネスシーンでも違和感なく使用することが可能です。

3つに折りたたむことでコンパクトに収納できるのもポイント。重量も約185gと軽いので、カバンに入れて気軽に持ち運べます。ただし、英語配列を採用しているため、購入を検討している方は留意しておきましょう。iOSをはじめ、WindowsやAndroid、MacOSなど幅広い機器で利用できます。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK16

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK16

最大3台までの機器が接続可能な製品です。デバイスのOSを自動で識別するため、面倒な設定操作を行う必要はありません。キー操作で接続機器の切り替えが素早くできるので便利です。

電源はUSB充電方式を採用しています。1回の充電で約80時間の連続使用ができるため、連泊の旅行や出張でも安心。折りたたんだときのサイズは約230×67×6mmで、スリムかつスタイリッシュに収納できます。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード テンキー付きフルサイズ IC-BK22

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード テンキー付きフルサイズ IC-BK22

By: iclever.co.jp

入力作業の効率化を求める方におすすめの製品です。デスクトップパソコンと同じ19mmのキーピッチを採用しており、窮屈さを感じることなく入力することが可能。また、パンタグラフ式なので軽快なタッチのタイピングが行えます。

テンキーを搭載しており、数字の入力を頻繁にする方にも最適です。さらに、USB充電方式を採用しているのも魅力。面倒な電池交換も必要ないおすすめのモデルです。

Ewin 折りたたみ式 Bluetoothキーボード

Ewin 新型 Bluetoothキーボード

携帯性に優れた製品を探している方におすすめのモデルです。重量は157gと軽量。2つに折りたたんでコンパクトに収納できるため、カバンの中でもかさばらず簡単に持ち運ぶことが可能です。また、折りたたむと上質なレザーカバーで覆われるので、ビジネスシーンにも適しています。

スマホやタブレット端末を立てかけられるスタンドが付属。入力したいときにさっと広げて作業できるため便利です。スタンドは6段階の角度調節が可能なので、見やすいアングルで作業を行えます。

Ewin ワイヤレスキーボード

Ewin ワイヤレスキーボード

JIS規格に準拠した日本語配列のモデルです。日本語配列キーでの入力操作に慣れている方におすすめ。コンパクトな製品ながらキーピッチは19mmを確保しているため、快適に入力作業を行えます。

マルチペアリングに対応しており、最大3台までのデバイスと接続することが可能です。機器の切り替えもキーとデバイス番号を押すだけと簡単。パソコンで仕事中に素早く切り替えてにスマホからメッセージを送る、といった使い方もできます。

12種類の「マルチファンクションキー」を搭載しているのもポイント。検索画面の呼び出しや音量調節、音楽の再生・停止がボタン1つで行えるので重宝します。

Levens ワイヤレスキーボード

Levens ワイヤレスキーボード

コンパクトながらキーピッチが約16mmあるキーボードです。折りたたみ式を採用しているのが特徴。閉じた際にマグネットで固定されるため、カバンの中で開いてしまうこともありません。

電源はUSB充電方式を採用しており、パソコンやスマホの充電器から手軽に充電できるので便利です。1回充電すると約40時間連続で使用できます。また、高級感のあるアルミカバーを採用しているのもポイント。iPhoneはもちろん、MacBookやiMacなど、アップル製品とのデザイン上の相性も良好なおすすめアイテムです。

JTT Online 折りたたみ式 Bluetoothキーボード IPBKYTCBK

JTT Online 折りたたみ式 Bluetoothキーボード IPBKYTCBK

折りたたんで簡単に持ち運べる、携帯性に優れたモデルです。タッチパッドを搭載しているのが特徴。Bluetoothに対応したパソコンで使用する際も、マウスを使わずカーソルの操作ができるため便利です。また、iPhoneはiOS13、iPadではiPadOS13.1以降から対応しています。

最大3台までのデバイスと接続できるのもポイント。MacやWindowsパソコン、Androidスマホなど、必要に応じて切り替えながら使えるので重宝します。さらに、スマホやタブレットが立てられるスタンドが付属しているので、どこでも手軽に入力作業を行うことが可能です。

Jelly Comb Bluetoothキーボード

Jelly Comb Bluetoothキーボード

エルゴノミクスデザインの製品を探している方におすすめのモデルです。左右に分割されたキーが166°の角度で配置されています。自然な体勢でホームポジションをとれるのが特徴。文字を入力する機会の多い方でも、体の負担を軽減する効果が期待できます。

パンタグラフ式のキーを採用しているため、打感もよく軽快なタイピングが可能です。折りたたみ部分には360°回転する機構を採用。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。