国内のスマホ市場において、シェアトップはiPhone。ノートパソコン並みの機能が集約されたスマホとして人気を博していますが、その一方で懸念されるのが文字入力に対するストレスです。

特に効率化が求められるビジネスシーンにおいてはクオリティ向上とスピードアップは大きな課題。そこで今回は、そんなタイピングをカバーしてくれるiPhone用のBluetoothキーボードをご紹介します。

iPhoneにぴったりのキーボードって?

キーボードにはUSBケーブルで接続できる有線タイプと、Bluetoothによるワイヤレスタイプがあります。モバイル性を重視するのであれば、おすすめはBluetoothキーボード。電源確保や充電の手間はあるものの、使用の際にケーブルの煩わしさがないためスマートに対応できます。

文字配列に注意

41OJOSG1VTL

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードはコンパクトさを考慮した結果、文字のキー配列が従来のパソコンとは異なっていることがあるので、購入する前にしっかりと確認しておきましょう。なお、一部の記号についても入力対応していない場合もあるので、使い勝手の良し悪しは要チェックです。

iPhone向けで選ぶ

41eow1qBGgL

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは大きくはパソコン向けの据え置きタイプとスマホ向けのモバイルタイプに分かれます。とくに、iOSキーの刻印のあるキーボードが、よりiPhone向けでiOS専用のショートカットを備える機種もあります。iOS専用の入力モード切替を備える機種が基本的におすすめです。

用途で選ぶ

51iYxrSsuoL

By: amazon.co.jp

キーボードをどこでどのように使うかによって、おすすめのBluetoothキーボードの選び方は異なってきます。仕事や勉強の文書作成などを本格的に行いたいのであれば、本体サイズが大きめでキーの配置も違和感のないタイプがおすすめです。

一方、外出先で素早くタイピングしたい場合は、携帯性に適した小型かつ軽量機種がおすすめ。折り畳み式であれば、よりコンパクトに持ち運べます。とはいえ、モバイル性を重視しすぎた製品を選ぶと文字入力に窮屈さを感じることがあるので、サイズ感には十分注意しましょう。

キーボードの形式で選ぶ

61KyHiUxSbL

By: amazon.co.jp

キーボードの形式にはゴム製のラバーの反発力を利用した「メンブレン方式」と、支持構造により確かな打ち心地と薄型化が可能な「パンタグラフ方式」があります。

メンブレン方式は比較的リーズナブルな価格帯である一方、打鍵感がイマイチな感は否めません。予算の問題がない限りは「パンタグラフ方式」をおすすめします。キーを押し込む深さであるキーストロークは2mm以上あると良好なタイピングが可能なので、目安としてください。

また、キーとキーの間にスペースがある「アイソレーション方式」を採用していると、打ち間違いも起きにくくて快適です。なお、キーの中心から隣のキーの中心までの距離であるキーピッチも重要。具体的には19mmあたりがベースラインとなります。

iPhoneユーザーにおすすめのBluetoothキーボード5選

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03

コンパクトに折り畳める小型、軽量のBluetoothキーボードです。一般的なふたつ折りタイプより小さく折り畳める3つ折り構造を採用しているのが特長。アルミ素材の外装で、折りたたんだ時の質感や耐久性も良好です。

なお、アイソレーション方式キーにより、打ち間違いをカバーできるのもポイント。また、フル充電で約80時間の長時間使用にも対応できるので、汎用性の高い小型キーボードを探している方におすすめです。

JTTオンライン(JTT Online) Bookey Pocket IPBKYPKBK

折り畳み式のiPhone対応Bluetoothキーボード。厚さは7.5mm、重さは134g。キーピッチは15mmと小さめですが、キーストロークは2mmと十分であるほか、アイソレーション方式によって使い勝手も良好です。

iOS機専用を謳っていて、iPhone 7はじめ幅広いiOS機との動作検証済み。iPhoneを立てかけて置けるスタンドも付属しており、5段階の角度調整ができるので使用場所に応じた視認性を確保できます。同製品ジャンルにおいて、より小型かつ軽量なモデルを探している方におすすめです。

ロジクール(Logicool) ウルトラポータブルキーボード foriPad iK1041BK

iOSに特化したポータブルBluetoothキーボードです。サイズは242×6×137mmで、重さは180gと小型で軽量。キーピッチは17mm、キーストロークは1.2mmです。パンタグラフ方式による打鍵音の静かさが特長で、電車内などの公共の場所でも気兼ねく使えます。

iOSショートカットを備えるので文字入力がスピーティに対応できるのもポイント。2.5時間充電で最大約3ヶ月の駆動が可能です。外出先でのスムーズなタイピングを必要とするiPhoneユーザーにおすすめの製品です。

アンカー(Anker) Ultra-Slim Bluetooth Keyboard A7726121

リーズナブルなBluetoothキーボード。スタイリッシュなデザインと200gの軽量が特長です。iPhoneのほか、Android機種にも対応できます。また、近年はiPad用のキーボートとて活用しているユーザーが多く、使い勝手のよさが好評です。

電源は単4乾電池2本で、約3か月の長期間使用が可能。キーボード使用時に30分間のタイムラグがあると自動的に電力節約モードに入るので、無駄な電源消費を抑えることができます。汎用性が高い製品なので、Bluetoothキーボードの入門機としてもおすすめです。

バッファロー(iBUFFALO) コンパクトキーボード BSKBB23BK

キーボートの右下に小さなタッチパッドを搭載したBluetoothキーボード。カーソル移動やスクロールはもちろん、マウスの左クリックや右クリックへの対応もキーボード入力でカバーできるのが特長です。

キーピッチは19mm、キーストローク2.0mmのパンタグラフ方式なので、打鍵感も良好。また、ワイヤレスで最大10m離れた機器との通信が可能なほか、充電は付属のUSBケーブルで対応できるなど使い勝手のよさもポイントです。なお、iOS機種ではタッチパッドを使用できないので、購入する際には留意しておきましょう。