国内のスマホ市場においてトップシェアをもつiPhone。ノートパソコン並みの機能が集約されたスマホとして人気を博していますが、その一方で懸念されるのが文字入力に対するストレスです。

特に効率化が求められるビジネスシーンにおいては文字入力のしやすさとスピードアップは大きな課題。そこで今回は、そんなタイピングをカバーしてくれるiPhone対応のBluetoothキーボードをご紹介します。

iPhoneにぴったりのキーボードって?

iPhoneに対応したキーボードは多くのラインナップがありますが、なかでもiPhoneを立てかけるためのスタンドが標準搭載されているBluetoothキーボードであれば、iPhoneをモニターのように立てて使うことができて便利です。

さらに角度の調整ができるモノであれば、iPhoneをその場で最適な角度に調整可能なので、長時間使用する場合も目や身体への負担を軽減できます。

文字配列に注意

By: rakuten.co.jp

Bluetoothキーボードはコンパクトさを考慮した結果、文字のキー配列が従来のパソコンとは異なるケースが多いので、購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

また、通常のキーボードと同じようにキー配列に関しても「日本語配列」と「英語配列」のタイプがあります。英語配列の場合、一部のキー配置が違ったり、”変換・無変換”キーがなかったりと、普段日本語配列のキーボードを使っている方は戸惑う場合もあるので注意しましょう。

iPhoneに適しているかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、大きく分けるとパソコン向けの据え置きタイプと、スマホ向けのモバイルタイプに分かれます。特に、iOSキーの刻印があるキーボードであれば、iOS専用のショートカットを使用できる機種もあるので、iOS専用の入力モード切り替えを備える機種がおすすめです。

用途で選ぶ

By: anker.com

キーボードをどこでどのように使うかによって、最適なBluetoothキーボードの選び方は異なります。仕事や勉強の文書作成などを本格的に行いたいのであれば、本体サイズが大きめでキーの配置も違和感のないタイプがおすすめです。

一方、外出先で素早くタイピングしたい場合は、携帯性に適した小型かつ軽量の機種がおすすめ。折りたたみ式であれば、よりコンパクトに持ち運べます。とはいえ、モバイル性を重視しすぎた製品を選ぶと文字入力に窮屈さを感じることがあるので、サイズ感には十分注意しましょう。

キーボードの形式で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードの形式にはゴム製のラバーの反発力を利用した「メンブレン方式」と、支持構造により確かな打ち心地と薄型化を可能にした「パンタグラフ方式」があります。

メンブレン方式は比較的リーズナブルな価格帯である一方、打鍵感がイマイチなのは否めません。予算の問題がない限りは「パンタグラフ方式」をおすすめします。キーを押し込む深さであるキーストロークは2mm以上あると良好なタイピングが可能なので、目安としてください。

また、キーとキーの間にスペースがある「アイソレーション方式」を採用していると、打ち間違いも起きにくくて快適です。なお、キーの中心から隣のキーの中心までの距離であるキーピッチも重要。具体的には19mm程度が基準です。

iPhoneユーザーにおすすめのBluetoothキーボード

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式Bluetoothキーボード スタンド付き BK03

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式Bluetoothキーボード  スタンド付き BK03

持ち運びに便利な折りたたみ式のBluetoothキーボード。付属のレザー調ケースは、スマホを立てかけるスタンドとしても機能します。

省電力バッテリーを搭載しており、フル充電をした場合には約90時間の長時間使用が可能。キー同士の間隔が開いたアイソレーション設計によってタイプミスを軽減し、快適なタイピングをサポートします。キーにはX足構造を用いており、打ち心地も良好なキーボードです。

イーウィン(Ewin) 折りたたみ式Bluetoothキーボード スタンド付き EW-ZR050B

イーウィン(Ewin) 折りたたみ式Bluetoothキーボード  スタンド付き EW-ZR050B

高級感のあるレザー素材の外装でビジネスシーンにおすすめのBluetoothキーボードです。コンパクトに持ち運べる二つ折りタイプ。開閉によって自動的に電源がオンオフされるので、消し忘れよる充電切れや誤入力などが防止できます。

スマホ、タブレットの両方に対応したスタンドが付属しており、iPhoneをモニターのようにセッティング可能。折りたたんだ際は145×99×12mmとコンパクトに持ち運べるおすすめのBluetoothキーボードです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマルチデバイスキーボード K480

ロジクール(Logicool) Bluetoothマルチデバイスキーボード K480

筐体上部にスマホやタブレットを立てかけられるスタンド機能を搭載したBluetoothキーボード。最大で3台のデバイスとの同時接続に対応しており、ダイヤル操作でデバイスとの接続を簡単に切り替え可能です。

単四電池2本で駆動するため、面倒な充電が不要で最長2年動作する省エネ設計がポイント。スマホやタブレットだけでなく、WindowsやMacとも接続できるため、デスク上のキーボードを1つにまとめたいという方におすすめのアイテムです。

アンカー(ANKER) Bluetoothワイヤレスキーボード AK-A7726121

アンカー(Anker) Bluetoothワイヤレスキーボード AK-A7726121

スタイリッシュなデザインが印象的なBluetoothキーボード。従来のキーボードの3分の2ほどのコンパクトサイズで、スペースを取ることがなく持ち運びも簡単です。

ショートカットキーを用いれば、タスク起動やメディア操作がスムーズ。打鍵時に音の出にくいキーを搭載し、キーボード本体に角度が付いているため、静かで快適なタイピングが可能です。30分間キー操作が行われないと、自動でスリープ状態に移行するため、無駄に電力消費することもありません。再接続にはいずれかのキーを押して数秒待てばペアリング可能です。

アルテック(Artek) Bluetoothワイヤレスキーボード HB030B

アーテック(Arteck) Bluetoothワイヤレスキーボード HB030B

2段階で明るさが調整可能なLEDバックライトを搭載しているため、暗所でも作業できるBluetoothキーボード。236×134×6mmと超薄型のコンパクト設計で、収納性・携帯性は抜群です。

フル充電すれば6カ月間使用できる、大容量のリチウムイオン電池を内蔵。バッグに入れておけば、いざというときに重宝するアイテムです。

COM-SHOT Bluetooth搭載無線キーボード ST-1 STSMAPASO2

コムショット(COM-SHOT) Bluetooth搭載無線キーボード ST-1STSMAPASO2

携帯性に優れたコンパクトサイズの充電式Bluetoothキーボードです。4.5~6.8インチのスマホに対応しており、付属のスタンドを用いればノートパソコンのようにタイピングできます。

ホワイト、ブラックのモノトーンに、レッドやブルーといった鮮やかなカラーリングを加えた4色展開。キーボードをスマートに持ち運びたい方におすすめのアイテムです。

ニワワ(Niwawa) Bluetoothワイヤレスキーボード BU-001

ニワワ(Niwawa) Bluetoothワイヤレスキーボード BU-001

くるっと巻いて持ち運ぶというユニークなコンセプトのBluetoothキーボードです。液体の侵入を防ぐ密閉設計なので、防水性は抜群。水洗いすればいつでも清潔さをキープできます。

繰り返しの充電に対応したリチウムイオン電池を内蔵。キーには高品質シリコン素材を採用しており、静音性も良好です。

BATTOP Bluetooth折りたたみキーボード BT-C001-GR

BATTOP Bluetooth折りたたみキーボード BT-C001-GR

フレームに耐久性の高いアルミ合金素材を選択したBluetoothキーボード。折りたたむことで細長い棒状になり、ポケットに入ってしまうほどコンパクトになるので、旅行や出張のお供におすすめです。

ゆったりとしたキーレイアウトで、タイピングがしやすいアイソレーション方式を採用しています。iOSだけでなくAndroidやWindowsに対応したファンクションキーがあるため、ショートカット操作も容易。そのため、iPhoneだけでなく色々なデバイスとの接続を想定している方におすすめです。