国内のスマホ市場においてトップシェアを誇るiPhone。ノートパソコン並みの機能が集約されたスマホとして人気を博していますが、その一方で懸念されるのが文字入力に対するストレスです。

特に効率化が求められるビジネスシーンにおいてはクオリティ向上とスピードアップは大きな課題。そこで今回は、そんなタイピングをカバーしてくれるiPhone対応のBluetoothキーボードをご紹介します。

iPhoneにぴったりのキーボードって?

中でもiPhoneを立てかける為のスタンドが標準で装備されているBluetoothキーボードであれば、iPhoneをモニターのように立てて使うことができて便利です。

さらに角度の調整ができるモノであれば、iPhoneをその場で最適な角度に調整できるので、長時間使用する場合も目や身体への負担を軽減できます。

文字配列に注意

By: rakuten.co.jp

Bluetoothキーボードはコンパクトさを考慮した結果、文字のキー配列が従来のパソコンとは異なっていることがあるので、購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

また、通常のキーボードと同じようにキー配列に関しても「日本語配列」と「英語配列」のタイプがあります。英語配列の場合、一部のキー配置が違ったり、”変換・無変換”キーがなかったりと、普段日本語配列のキーボードを使っている方は戸惑う場合もあるので注意しましょう。

iPhoneに適しているかどうか選ぶ

By: amazon.co.jp

Bluetoothキーボードは、大きく分けるとパソコン向けの据え置きタイプと、スマホ向けのモバイルタイプに分かれます。特に、iOSキーの刻印のあるキーボードの方が、よりiPhone向けでiOS専用のショートカットを備える機種もあるので、iOS専用の入力モード切替を備える機種がおすすめです。

用途で選ぶ

By: anker.com

キーボードをどこでどのように使うかによって、最適なBluetoothキーボードの選び方は異なってきます。仕事や勉強の文書作成などを本格的に行いたいのであれば、本体サイズが大きめでキーの配置も違和感のないタイプがおすすめです。

一方、外出先で素早くタイピングしたい場合は、携帯性に適した小型かつ軽量機種がおすすめ。折り畳み式であれば、よりコンパクトに持ち運べます。とはいえ、モバイル性を重視しすぎた製品を選ぶと文字入力に窮屈さを感じることがあるので、サイズ感には十分注意しましょう。

キーボードの形式で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードの形式にはゴム製のラバーの反発力を利用した「メンブレン方式」と、支持構造により確かな打ち心地と薄型化が可能な「パンタグラフ方式」があります。

メンブレン方式は比較的リーズナブルな価格帯である一方、打鍵感がイマイチなのは否めません。予算の問題がない限りは「パンタグラフ方式」をおすすめします。キーを押し込む深さであるキーストロークは2mm以上あると良好なタイピングが可能なので、目安としてください。

また、キーとキーの間にスペースがある「アイソレーション方式」を採用していると、打ち間違いも起きにくくて快適です。なお、キーの中心から隣のキーの中心までの距離であるキーピッチも重要。具体的には19mm程度が基準です。

iPhoneユーザーにおすすめのBluetoothキーボード6選

ロジクール(Logicool) Bluetoothワイヤレスキーボード K480

本体上部のくぼみにiPhoneを立てかけて使用できるBluetoothキーボード。縦置きにも横置きにも対応しているため、自分の好きなスタイルでタイピングできるのが魅力です。

最大3台までのデバイスと同時に接続ができるのも特徴。メインはiPhoneのキーボード、サブはiPadのキーボード、長時間作業をするときはデスクトップパソコンのキーボードというように用途に応じて使い分けられます。

ブラックとホワイトの2種類が用意されているので、手持ちのiPhoneの色に合わせて選べるのがポイントです。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03

コンパクトに折り畳める小型、軽量のBluetoothキーボードです。一般的なふたつ折りタイプより小さく折り畳める3つ折り構造を採用しているのが特徴。アルミ素材の外装で、折りたたんだときの質感や耐久性も良好です。

なお、「アイソレーション方式キー」により、打ち間違いをカバーできるのもポイント。また、フル充電で約80時間の長時間使用にも対応できるので、汎用性の高い小型キーボードを探している方におすすめです。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード スタンド付き

スタンドとしても使えるレザー調のケースが付属しているモデル。Bluetoothキーボード本体の外装にはアルミ合金素材が採用されており、耐久性に優れているため安心して持ち運べます。

フル充電の状態なら約90分の連続使用ができるため、外で長時間タイピングしたい方に最適。また、コンパクトなボディでありながらキーとキーの間がほどよく空いているので、快適にタイピングできるのが特徴です。

JTTオンライン(JTT Online) Bookey Pocket IPBKYPKBK

折り畳み式のiPhone対応Bluetoothキーボード。厚さは7.5mm、重さは134g。キーピッチは15mmと小さめですが、キーストロークは2mmと十分であるほか、アイソレーション方式によって使い勝手も良好です。

iOS機専用を謳っていて、iPhone 7はじめ幅広いiOS機と動作検証済み。iPhoneを立てかけて置けるスタンドも付属しており、5段階の角度調整ができるので使用場所に応じた視認性を確保できます。同製品ジャンルにおいて、より小型かつ軽量なモデルを探している方におすすめです。

アンカー(Anker) Ultra-Slim Bluetooth Keyboard A7726121

リーズナブルなBluetoothキーボード。スタイリッシュなデザインと重量約200gと軽量なのが特徴です。iPhoneのほか、Android機種にも対応できます。また、近年はiPad用のキーボートとて活用しているユーザーも多く、使い勝手のよさが魅力です。

電源は単4乾電池2本で、約3ヵ月の長期間使用が可能。キーボード使用時に30分間の入力がないと自動的に電力節約モードに入るので、無駄な電源消費を抑えられます。汎用性が高い製品なので、Bluetoothキーボードの入門機としてもおすすめです。

BATTOP Bluetoothキーボード

長方形に折りたたむことができ、スーツの内ポケットにもすっきりと入れられるスリムなBluetoothキーボード。本体一体型のスタンドが付いているため、iPhoneを立てかけて使用できます。スタンドの角度を自分好みに調節できるのもポイントです。

ゆとりのあるキーレイアウトなので、キーの間隔が狭すぎずスムーズにタイピングできます。持ち運びやすさと打ちやすさを両立させたBluetoothキーボードを探している方におすすめです。