ストロボを使用した人物撮影やブツ撮りに重宝するアイテム「ストロボディフューザー」。強すぎるストロボの光を柔らかく拡散する効果が得られるので、より自然に近い状態の光を照射できます。

ただし、ストロボディフューザーにはさまざまなモノが発売されているので、初心者の方はどれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、ストロボディフューザーの種類や選び方を踏まえた上でおすすめのアイテムをご紹介します。

ストロボディフューザーとは?

By: hakubaphoto.jp

ストロボディフューザーとは、ストロボの光を和らげる効果が得られるストロボ用アクセサリーの一種です。ストロボが照射する光は硬く強すぎるため、そのまま被写体に当てると一部分が不自然に明るくなったり、白く飛んだりして細部の質感が失われてしまいます。

ストロボディフューザーをストロボの先端に装着すると、拡散効果によって照射する光の質を柔らかくできるのがポイント。細部の質感を保ったまま影や暗部だけを明るく自然に持ち上げられます。

初心者の方はストロボを太陽に、ストロボディフューザーを雲に例えてイメージしてみてください。ストロボディフューザーを装着すると太陽に雲がかかったようにストロボ光が優しく柔らかになるため、人物ポートレート・雑貨・料理・花などのストロボ撮影で質感を重視する際におすすめです。

ストロボディフューザーの選び方

用途に合ったタイプをチェック

柔らかい光を拡散する「ボックス型」

By: rakuten.co.jp

ボックス型のストロボディフューザーは、四角錐や円錐に近い箱型の形状をしたタイプ。壁のように広く貼られた先端の白い布によりストロボの照射光を面状に拡散することで、広範囲に柔らかな光を届けられます。

ストロボディフューザーのなかではトップクラスの拡散効果を得られるのがポイント。スタジオなどで人物ポートレートの撮影を行う際、ライティングの演出にこだわりたい場合におすすめです。

ただし、ボックス型のストロボディフューザーはセットが完了するまでに時間がかかるのが難点。また、展開するとかさばるので撮影時はある程度の広さを確保できる場所で使用しましょう。

影を消したいなら「バウンス型」

By: hakubaphoto.jp

バウンス型のストロボディフューザーは、縦に長い衝立のような形状をしたタイプ。ストロボの照射光を拡散しながら回り込ませることで、被写体の影を目立たなくするのが特徴です。

ライティング技法には、ストロボ光を天井や壁に反射させて被写体へ間接的に当てることで影を消す「バウンス」があります。ただし、このテクニックを使用するためには、撮影場所に白い壁や天井が必須なのが難点です。

バウンス型のストロボディフューザーがあれば、場所に関係なく簡易的にバウンス効果が得られるのがポイント。ただし、扱いがやや難しいので中級者以上の方におすすめです。

強い光が当たることを防ぐ「カップ型」

By: rakuten.co.jp

カップ型のストロボディフューザーはストロボ先端をぴったりと覆う形状をしたタイプ。対応するストロボであれば簡単に装着できるため、手軽にストロボ光を拡散して柔らかくしたい場合に重宝します。

小型軽量のため持ち運びが簡単なのも特徴。また、ほかのタイプと比べて価格も安いので、ライティング初心者の方が初めて使用するストロボディフューザーとしてもおすすめのタイプです。

ただし、特にプラスチック製のモノはストロボにぴったりはまる形状のため、対応するストロボ以外には装着できないのが難点。また、光に変化を持たせにくいのでライティングに慣れてくると物足りなさを感じる場合もあります。

対応するストロボをチェック

クリップオンストロボ用

By: amazon.co.jp

クリップオンストロボとは、カメラの上部にあるホットシューに取り付けて使用するタイプのストロボのこと。内蔵ストロボを大きく上回る大光量がコンパクトボディで手軽に使えるので、野外を含む幅広いシーンでのライティング撮影で多用されています。

クリップオンストロボ用のストロボディフューザーはラインナップが豊富なのが特徴。さまざまなタイプのストロボディフューザーが使用できるため、用途やシーンに応じてぴったりなモノを自由に選べます。

ただし、特にカップ型では対応するストロボのサイズや形状が決まった専用設計のモノが多いため注意。購入の際は愛用しているクリップオンストロボに適合したストロボディフューザーを選ぶのがおすすめです。

内蔵用

By: kenko-tokina.co.jp

内蔵ストロボとは、カメラ上部のファインダー近辺に搭載されている小型ストロボのこと。ボタンで跳ね上げるだけでどこでも手軽に使用できるため、旅行先などで薄暗い室内や夜景を背景にしたポートレートを撮影する場合などにも重宝します。

内蔵ストロボ用のストロボディフューザーは取り付けが簡単なのが特徴。ラインナップこそ少なめですが、初心者でもほとんど時間をかけずに装着できるため、ストロボディフューザーを試しに使ってみたい場合にもおすすめです。

ただし、内蔵ストロボをコマンダーにして多灯ライティングを行う場合は注意。内蔵ストロボからの信号が届きにくくなるため、リモートストロボが意図通りに作動しない場合もある点は留意しましょう。

スタジオ用

スタジオストロボとは、主にフォトスタジオなどの撮影施設で使用する大型ストロボのこと。発光部と電源部が一体になったモノブロックストロボと、双方が別々に独立したジェネレーターストロボの2種類があります。

スタジオストロボ用のストロボディフューザーは、トップクラスの拡散効果が得られるのが特徴。スタジオストロボ本体と同様に扱いはやや難しいですが、使いこなせるようになればより表現意図に沿ったライティング演出が可能になります。

ただし、価格がやや高めなのが難点。加えて、大型のモノが多いため持ち運びに向かず、使用できるシーンも限られます。

素材をチェック

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製のストロボディフューザーは耐候性に優れているのが特徴。高い防水性能を備えているので、雨や水しぶきがかかっても気にせず使用可能です。加えて、汚れが付いても簡単に水洗いできるため、野外の撮影で積極的にストロボディフューザーを活用したい方におすすめです。

ただし、布製のストロボディフューザーと比べるとかさばるのが弱点。小さく折り畳めないので、カメラバッグなどに収納する際はある程度のスペースを確保しておく必要があります。また、取り外す際に少し手間がかかるのも難点。布製のストロボディフューザーに慣れた方には少し使いにくさを感じる場合もあります。

布製

By: amazon.co.jp

布製のストロボディフューザーは、携帯性に優れているのが特徴。使わないときは小さく折り畳めるので、移動時に持ち運ぶ際にもカメラバッグへコンパクトに収納が可能です。加えて、布の厚みでストロボの光量や拡散効果の強さを調節できるため、より表現意図に沿ったライティングを構築できます。

ただし、水濡れや汚れの付着には弱いのが弱点。プラスチック製のストロボディフューザーと違って水や汚れを弾けないので、野外での使用にはあまり向きません。また、水や汚れが付着すると拡散される照射光の質にも色被りなどの悪影響が出てしまうため、主にスタジオなどの屋内で使用するのがおすすめです。

固定方法をチェック

By: amazon.co.jp

ストロボディフューザーの固定方法は主に2種類。「はめ込み式」と「ゴムバンド式」があります。

はめ込み式は、プラスチック製のカップ型ストロボディフューザーが主に採用しているタイプ。ストロボの先端にぴったりはまる形状なので手軽に固定できます。ただし、専用設計のモノが多く、対応するストロボ以外には固定できないのが難点です。

ゴムバンド式はさまざまなストロボディフューザーで採用されている主流タイプ。ゴムバンドで固定部分の締め具合を細かく調節できるため、大きさが合えば多くのストロボに固定できます。メーカーやモデルの異なる複数のストロボを併用している方にもおすすめです。

ストロボディフューザーのおすすめ|ボックス型

ニューワー(NEEWER) 折りたたみ式ソフトボックスディフューザー 10076687

コンパクトに使用できるクリップオンストロボ用のボックス型ストロボディフューザーです。拡散効果の高いボックス型ながら重さ75g、約幅21.7×奥行き16×高さ16cmと小型軽量なのが特徴。価格も手頃なので、人物ポートレートの撮影などでボックス型ストロボディフューザーを手軽に活用したい方におすすめです。

ディフューズ効果を持つフロントスクリーンの内側には、鋼ワイヤーフレームが搭載されているので型崩れしにくいのもポイント。また、取り付け部にはゴムバンドと滑り止め用のゴム線が採用されているため、多彩なメーカーのクリップオンストロボで安定した固定感が得られます。ジッパー付きの携帯ポーチが付属するのも魅力です。

ゴドックス(Godox) ソフトボックスディフューザー UTGO-SFUV-6060-BL

優れた拡散効果で人気のあるクリップオンストロボ用のボックス型ストロボディフューザーです。2層構造のディフューザーを備えるソフトボックスを採用。同梱のインナーディフューザーを内部に取り付けることで、より強い拡散効果を発揮できます。

発光部の高さが5cm以内のクリップオンストロボを固定できるS型ストロボブラケットが付属。より広範囲に柔らかな光を拡散できるアンブレラが取り付け可能なホルダーや、ストロボ光をピンポイントで照射できる、スヌートなどのアクセサリーを装着できるBowensマウントも備えています。

展開したときのサイズは60×60cm。折り畳んで付属のポーチに収納すれば、移動時も快適に持ち運べるおすすめアイテムです。

イメージビジョン(ImageVISION) クリップオンストロボ用ソフトボックス RoundFlash Dish

セットが手軽に行えるクリップオンストロボ用のボックス型ストロボディフューザーです。円形デザインを採用した本体内部の中央に反射鏡を搭載しており、ビューティーディッシュとしても使えます。

柔らかくもメリハリの効いたドーナツ光が被写体の美しさを引き出すのが特徴。特に正面上方からストロボ光を照射してバストアップ撮影を行う際に、ハイライトを適度に残した艶感と美しい陰影を演出できるので、本格的なポートレート撮影にもおすすめです。

取り付け部には長さ調節できる面ファスナーを採用。重さは155g、展開時のサイズは直径45×奥行き22cmですが、折り畳めば20×16cmまでコンパクト化できます。

イメージビジョン(ImageVISION) クリップオンストロボ用リング型ソフトボックス RoundFlash Ring

プロのフォトグラファーも愛用するクリップオンストロボ用のボックス型ストロボディフューザーです。直径45cmの大きく余裕のある円柱形デザインを採用。内部の反射鏡システムによって反射されたストロボ光が、ソフトながらも均一で美しいドーナツ光を作り出すので、ファッションなどの本格的な人物ポートレート撮影で重宝します。

面ファスナーを使ってクリップオンストロボの発光部と交換レンズの2点で固定するのもポイント。ソフトボックスとカメラシステム全体が完全に一体化するため、撮影中に動いてもずれることなく常に上質で柔らかなドーナツ光を照射できます。

重さは313gで、折り畳めば20×16cmまでコンパクトに収納が可能。レンズ光軸とストロボ上部の距離が22cmまでの組み合わせに対応します。

ストロボディフューザーのおすすめ|バウンス型

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ストロボディフューザー 影とり SDF-26

カメラのレンズフードにワンタッチで取り付け可能な、内蔵ストロボ用のバウンス型ストロボディフューザー。本製品を使用することで影の輪郭を薄くできるため、内蔵ストロボを活用して人物ポートレートの撮影を行う場合などにおすすめです。

取り付け部分にはゴムバンド式を採用。直径が50〜100mmの交換レンズにフィットするため、APS-C用の汎用ズームレンズから、フルサイズ用の大口径ズームレンズまで幅広い種類の交換レンズで使用可能です。

サイズは約26×26cm、重さは30g。折り畳めば大きさを約3分の1までコンパクトにできるため、持ち運びも簡単に行えます。

ハクバ(HAKUBA) クリップオンストロボディフューザー 2WAY Lサイズ DSD-CL2L

2通りの用途で使用できるコンパクトなクリップオンストロボ用のバウンス型ストロボディフューザーです。本体パネルの取り付け位置を変更することで2種類の効果が使い分けられます。

ストロボの正面に配置するとディフューズ撮影、上向き状態のストロボからディフューザー本体を垂直に展開するとバウンス撮影が可能。バウンス撮影モードでは、瞳の中に小さな煌めきが写る「アイキャッチ効果」も得られるため、生き生きとした子供や女性の人物ポートレートを撮影する場合にもおすすめです。

コンパクトに折り畳めるほか、携帯用ポーチも付属するので持ち運びも手軽に行えます。

ストロボディフューザーのおすすめ|カップ型

エツミ(ETSUMI) ポップアップストロボデュフューザー 3色入り E-6217

一眼レフの内蔵ストロボに取り付けできるカップ型ストロボディフューザーです。近距離から中距離の撮影において、内蔵ストロボで撮影した場合に起こる平面的で白飛び気味の描写や、輪郭の目立つ影を抑えて自然な雰囲気を演出します。

エントリーからミドルクラスまでの一眼レフで使用が可能。カメラ上部のホットシューに取り付けるだけなので初心者でも簡単に装着できます。

3色のプラスチックディフューザーが同梱するのもポイント。太陽光は白、電球は青、蛍光灯は橙と、使い分けることで、照明の種類が変わっても自然な色合いでストロボ撮影が可能です。

エツミ(ETSUMI) ストロボディフューザー ソニーHVL-F43AM対応

クリップオンストロボに取り付けて使用できるカップ型ストロボディフューザーです。ストロボ先端の発光部にはめ込むだけで固定できるのが特徴。初めてストロボディフューザーを扱う方でも簡単に導入できます。また、価格が安いのも魅力です。

ただし、本製品は専用設計のため対応するクリップオンストロボはソニーのHVL-F43AMのみ。HVL-F43AMを活用してこれからポートレートやナイトスナップの撮影を始めたい方におすすめです。

また、他メーカーのクリップオンストロボに対応する専用ストロボディフューザーも用意。型落ちモデルに対応したモノが中心ですが、クリップオンストロボのモデルに合わせて選べます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ストロボディフューザー Lサイズ LG-SD002

ソフトタイプのカップ型ストロボディフューザーです。生地にはポリエステル製の白布を使用。使わないときはコンパクトに折り畳めるので、小さめのカメラバッグでも簡単に持ち運べます。

取り付け部はゴムバンド式。フリーサイズなので、一般的なクリップオンストロボであればメーカーやモデルを問わず固定できます。

3種類のサイズを用意しているのも特徴。小型クリップオンストロボ用のMサイズ、中〜大型クリップオンストロボ用のLサイズ、モノブロックストロボ用のジャンボサイズから選べます。また、サイズが大きくなるほど光の拡散効果が強くなるのもポイントです。

ゴドックス(Godox) ドームディフューザー AK-R11

半円形のフォルムが特徴的なクリップオンストロボ用のカップ型ストロボディフューザーです。ストロボの照射光を広範囲に対してムラなく拡散できるのが特徴。スクエア形状のストロボディフューザーと比べてより自然で柔らかな光を演出できるので、人物ポートレートの撮影などにもおすすめです。

従来は、ゴドックスのクリップオンストロボ専用に設計された製品のため、ゴドックス AD200とAD200 Proの2機種に対応。ただし、別売りのラウンドヘッドアクセサリーアダプターリングを装着すれば、さまざまなメーカーのクリップオンストロボにも固定して使用できます。

ストロボディフューザーのAmazonランキングをチェック

ストロボディフューザーのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。