おいしい生ジュースを自宅で手軽に作れるジューサーは健康的な食生活をサポートしてくれるすぐれもの。野菜や果物の香りと栄養を損ねることなく自然なままの味を楽しめるので、健康志向の方を中心に人気があります。

ジューサーには低温圧縮方式のスロージューサーと高速回転ジューサーがあり、それぞれジュースの口当たりや味が異なるため、自分の好みにあったモノを選ぶことが大切です。そこで今回は、ジューサーとミキサーの違いや、ジューサーの選び方、おすすめの製品をご紹介します。

ジューサーとミキサーの違い

ジューサーとミキサーは似ているようで全く違う構造をしています。どちらも野菜や果物をジュースにできますが、食材をジュースにする仕組みが大きく異なります。単純にジュースを作りたい場合は、ミキサーではなくジューサーを選びましょう。

ジューサーはジュースを作るための機器で、本体底にある石臼のような部品で食材を擦り潰し、目の細かい濾し器で汁と搾りかすを分離させます。できあがったジュースはさらっとなめらかで飲みやすいのが特徴。搾りかすは取り出せるので、料理などに活用できます。

ミキサーは食材を細かく粉砕するための調理器具。本体底にあるカッター刃で食材を細かくカットしますが、汁と搾りかすを分離する機能がないため、できあがったジュースはどろっとしています。ジュースを作る用途よりも、調理の下ごしらえに使われることが多い調理器具です。

ジューサーの選び方

スロージューサーと高速ジューサーの違いを把握して選ぶ

By: siroca.co.jp

ジューサーには低速圧縮絞り方式と呼ばれる「スロージューサー」と、高速回転するカッターで野菜を粉砕する「高速ジューサー」があります。それぞれ特徴や搾り方が異なるため、自分のニーズに合ったモノを選びましょう。

スロージューサーはスクリューを低速回転させ食材を押し潰して搾るため、食材に熱が加わらず栄養価を損ねないのが最大の魅力。香りも味も損なわない生ジュースを味わえます。運転音が静かなのもメリット。デメリットは本体価格がやや高い点と仕上がりに時間がかかる点です。

高速ジューサーは高速回転する刃で一気に食材を粉砕するため、短時間でジュースを作れるのがメリット。比較的安価な製品が多く、ジューサー初心者にもおすすめです。デメリットはカッターの高速回転による摩擦熱でビタミンCなどの栄養素が壊れやすい点。運転音もやや大きめです。

手入れのしやすさ

By: panasonic.jp

ジューサーは毎回きれいに手入れしておかないと、次に使う時にすぐジュースを搾れません。また、雑に手入れすると搾りかすが残ってしまい不衛生。そのため、できるだけ簡単に手入れできるモノを選ぶのが飽きずに使い続けるコツです。

手入れのしやすさでポイントとなるのが、パーツを分解して丸洗いできるかどうかという点。分解できないモノを選んでしまうと、洗いにくいだけでなく食材のかすが残りやすくなってしまいます。また、パーツを食洗器で洗えるかどうかも要チェックです。

ジュースを作った後は搾りかすが本体内のかす受けに残るため、できるだけスムーズに取り出せるモノを選ぶと手入れがしやすくなります。特に、搾りかすを料理に使いたいと考えている方は、この点をしっかり確認して使いやすいモノを選びましょう。

本体のサイズ

By: amazon.co.jp

ジューサーはモデルによってサイズにかなり差があります。毎日ジュースを作りたい場合は、キッチンの空きスペースに置けるモノを選ぶのが大切。せっかく使いやすそうなモノを選んでも、置き場所がなければ使うたびに出し入れすることになり面倒です。

ジューサーを収納する場合は、収納場所に入るかどうかをチェック。出し入れするのに負担にならない重さかどうかも確認しておきましょう。出し入れがしにくいと使わなくなる可能性もあるので、メジャーなどで計っておくと安心です。

価格

By: huromjapan.com

ジューサーにどのくらいの金額をかけられるかも重要なポイント。初めて購入する方や数千円の低価格モデルで気軽にジュースを作りたい場合は、比較的安価な高速回転ジューサーから選ぶのがおすすめです。使用頻度が低い方も安いモノを選ぶと負担になりません。

ジュースの味や栄養素にこだわるなら、やや高くてもスロージューサーを選んだほうが満足できます。スロージューサーは1万円前後のモノから数万円するモノまでさまざまです。それぞれの機能を比較して最適なモノを選びましょう。

デザイン

By: huromjapan.com

ジューサーをキッチンやカウンターに置いたままにする場合は、できるだけおしゃれなデザインのモノを選ぶと毎日使うのが楽しくなります。キッチンのインテリアやカラーに合うモノを選んで、全体に統一感を出すのがおすすめです。

ジューサーにはスリムでスタイリッシュなモノやジュースバーにあるような重厚なモノもあるので、好みに合わせて選ぶと愛着がわきます。来客時にジュースを振舞いたい方にも見た目がおしゃれなモノがおすすめです。

ジューサーのおすすめモデル

テスコム(TESCOM) ジューサー TJ112W

テスコム(TESCOM) ジューサー TJ112W
コスパのよさが魅力のテスコムのジューサー。お金をかけずに自宅で手軽に栄養満点のジュースを作れるので、初めてジューサーを購入する方におすすめです。コンパクトに設計されているため、狭いキッチンにもすっきり収納できます。

食材に合わせて回転数の調節をすることが可能。さらっとした口当たりの飲みやすいジュースだけでなく、食感や繊維を残した飲みごたえのあるジュースも作れます。投入口が直径約6cmと大きめなので、野菜や果物などの食材を細かく切らなくてもよいのがポイントです。

切れ味のよい「ゴールドチタンカッター」を採用しているため、硬い食材もスムーズにカットできます。便利なミニレシピブックが付いているので、いろいろなジュースを自宅で楽しむのに最適。コスパのよいジューサーで使いやすいモノを探している方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ジューサー BM-JH05


本製品は本体下部の洗えない部分に「Ag+抗菌加工」を施しているのが特徴。ジュースなどがはねてもサッと拭けるので快適に使えます。その他の部品は全て分解して丸洗いできるので、いつでも清潔に使えます。分解後の組み立ても簡単で扱いが楽なのがポイントです。

切れ味のよい「チタンコートカッター」を搭載し、高速回転で野菜や果物を細かく切削します。細かい繊維質もフィルターでしっかり濾すことが可能。残った搾りかすはケースに集まり楽に取り出せるので、カレーやハンバーグなどの料理に無駄なく活用できます。

モーターの過熱を防ぐため、食材を入れすぎると自動的にストップする機能が搭載されており、安全に使うことが可能。部品も全て正しくセットされていないと動かないので安心です。電源コードはコードケースに収納でき、すっきりと保管できます。

コイズミ(KOIZUMI) コンパクトジューサー KMJ-0500/G

容量約500mlのコンパクトなジューサー。1~2人分のジュースを作るのにちょうどよいサイズです。コスパもよい製品なので人気があります。投入口が直径6cmと広めで人参なども細かくカットせずに投入でき、面倒な手間がかかりません。

皮と種を分離してジュースを作れるので、さらさらな口当たりのジュースを作れるだけでなく搾りかすを料理に使うことも可能。人参のかすをハンバーグに入れたり、トマトのかすを煮込み料理に使ったり、食材を無駄なく使えるのがポイントです。

7つのパーツを分解し、それぞれをきれいに水洗いすることが可能。「チタンコーティングカッター」も洗えるので、食材のかすなどが残らず清潔に保てます。手軽に使えるジューサーで手入れが簡単なモノを探している方におすすめの製品です。

パナソニック(Panasonic) ジューサー MJ-H600-T


一度にたっぷりのジュースを作りたい方におすすめの製品。「フルメタルスピンナー」を搭載し高速切削と遠心分離を素早くこなすので、5個のリンゴを一度にジュースにできます。家族の人数が多い方や一日分のジュースをまとめて作っておきたい方に最適です。

洗うパーツはかす受けとジュース受けの2つだけで手入れも簡単。洗った後の部品の組み立ても簡単なので、毎日使うのも苦になりません。ジュースカップはかす受け部分に収納できるので、使わないときは本体と一緒にまとめてコンパクトに保管できます。

付属の「タンブラーミキサー」を使えば、ソースやスムージーが作れます。「ドライミル」も付属しているため、ふりかけやいりごまを作ることが可能です。落ち着いたカラーでおしゃれなデザインなのもポイント。1台でさまざまな用途に使える便利なジューサーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スロージューサー ISJ-56-W


低速圧縮絞り方式で素材を無駄にすることなく丸ごとジュースにできる製品。素材本来の香りや味も楽しめるので、生ジュースならではのおいしさを自宅で手軽に味わえます。低価格でコスパがよいので、ジューサー初心者にもおすすめです。

石臼式のスクリューで食材に熱を加えずに絞るため、栄養価の高いジュースを作ることが可能。絞りかすをそのまま取り出せるので、カレーなどの煮込み料理に入れれば食材の無駄を省けます。生ごみを出したくない方にもおすすめです。

フローズンデザートを作れる付属のアタッチメントが付いており、一年中おいしいジュースを楽しめます。誤作動防止設計により、フタが閉まっていないと動作しないので安心。コスパのよい低速圧縮絞り方式のジューサーを探している方におすすめの製品です。

シャープ(SHARP) グリーンプレッソ ヘルシオ EJ-GP1-G


本製品はホウレンソウなどの葉物野菜を切らずにそのまま投入してジュースにできるのが特徴。低速圧縮絞り方式を採用しているため、小松菜やセロリなどの繊維質が多くて硬い野菜もそのまま投入できます。毎日の健康を考えて青汁を飲みたい方におすすめです。

低速でじっくり絞ることで野菜や果物の酸化を抑えることが可能。栄養成分を壊さずにおいしいジュースが作れるため、健康志向の方に人気があります。低速圧縮は空気の混入が少ない状態で搾れるので、完成したジュースが分離しにくいのもポイントです。

金属の刃を搭載していないため手入れが簡単。本体とプッシャー以外の部品は食洗器でも洗えるので片付けも楽です。低騒音化設計により、使用中の音が静かなのも魅力。デザインもおしゃれなので、キッチンにあると人目を引きます。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー JSG-622-W


本製品は投入口が8cmとワイドなので、野菜や果物をカットせずにそのまま投入できるのが特徴。忙しい朝などでも手間をかけずにおいしい生ジュースが作れるのが魅力です。1分間に約50~60回転する低速圧縮絞り方式なので、風味のよいおいしいジュースを作れます。

ドラム蓋が半透明になっており食材を絞っている様子を確認することが可能。食材の入れすぎや詰まりもチェックできます。ジュースを搾る様子を楽しめるのもポイント。ジュースができあがったらスマートキャップを開けて一杯ずつジュースを注げるので便利です。

クビンス独自のモーターを搭載し、運転音が静かなのも魅力。子供が寝ている時や夜間でも周囲を気にすることなくジュースを作れます。手間をかけずにおいしいジュースが作れるハイスペックなジューサーを探している方におすすめです。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H-AA-RBA17


本製品は幅が18cmとスリムなデザインで、狭いキッチンにもすっきり置けます。見た目もおしゃれなのでインテリアとしてカウンターに置くのもおすすめです。1回で450mlのジュースが作れ、2~4人家族に適しています。

ドラム部分が半透明で食材を搾る過程を確認でき、入れすぎや詰まりを防げます。運転音も静かで、時間帯を気にせずいつでもジュースを作れるのが魅力。搾りかすもスムーズに取り出せるので、使用後の手入れも簡単にできます。

本体は汚れを拭き取りやすい素材で作られているため、ジュースが飛び散っても安心。付属のフローズンストレーナーを使えば、凍った野菜や果実を使ったフローズンデザートが作れるので、バリエーション豊かな食感と味を楽しめます。

テスコム(TESCOM) スロージューサー TSJ800-P


幅14.5cmとスリムでスタイリッシュなボディが魅力の製品。メタリックなピンクのカラーもおしゃれです。一人暮らしの狭いキッチンに置けるモノを探している方におすすめ。低価格なので初めてスロージューサーを使う方にも適しています。

スクリューと各フィルターは食洗機に対応しているので片付けが簡単。フィルターは平らな形状なので、繊維質などもきれいに取り除けます。洗浄後の組み立ては、タンクをセットしてフィルターとスクリューを差し込むだけで簡単です。

フローズン用フィルターを付属しており、暑い季節においしいフローズンデザートが作れるのもポイント。レシピブックも付いているので、バリエーション豊かなジュースやデザートが味わえます。コスパがよく扱いやすいスロージューサーです。

シロカ(siroca) スロージューサー SSJ-201


コスパのよいスロージューサーを探している方におすすめのモデル。1分間に約65回転の低速圧縮絞りで野菜や果物の味と栄養素を損なわずにおいしい生ジュースを作れます。熱を加えずに絞れるので、香りと風味もじっくり味わえるのがポイントです。

本体カラーはパールブラック・メタリックホワイトの2色で、キッチンのイメージや好みに合わせて選べます。スリムなデザインでコンパクトなので、キッチンに置きっぱなしにしても邪魔になりません。ジュースカップと搾りかすカップは重ねて収納できます。

ジュースの注ぎ口にはジュースキャップが付いており、ジュースを搾り終わらなくてもカップに注ぐことが可能。液だれも防止できるので、周囲を汚しにくく快適に使えます。付属のレシピブックを活用すれば、バリエーション豊かなドリンクを自宅で楽しむことが可能です。