釣りのなかでもファミリーフィッシングの定番とも言える「サビキ釣り」。堤防や海釣り公園などで気軽にトライでき、アジ・サバ・イワシのほか、サッパ・スズメダイ・メジナ・メバルなど、さまざまな魚が釣れるのが特徴です。

そこで今回はサビキ釣りにフォーカス。おすすめの仕掛けをご紹介します。釣り方の詳細についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

サビキ釣りの仕掛けとは?

サビキ釣りの仕掛けは「寄せエサ(コマセ)」+「サビキ」で構成。サビキ釣りは魚が泳いでいる層(タナ)を釣るので、そこを意識することが重要です。

また、寄せエサを使う理由から比較的足元を狙うことが多く、遠投する場合を除いてウキは不要。寄せエサをばら撒くコマセワークをする方もいますが、基本的には軽く投げてあとは待つだけとシンプルな釣りです。

寄せエサを使う

寄せエサにはエビの「アミエビ」か「オキアミ」を使用。アミエビはアミコマセとも呼ばれる撒き餌のことで、見た目としてはミンチっぽいのが特徴です。冷凍されたものがブロック状で販売されていることが多く、それを溶かしてエサとします。一方、オキアミはアミエビと同様にブロック状に冷凍されていますが、よりエビの形を留めているのがポイント。崩れにくい点に違いがあります。

サビキは擬似餌

「サビキ」とは擬似餌のこと。エビをイミテートしていることが多く、サバやカワハギの魚皮を付けたり、スキンと呼ばれる装飾を付けたりして、魚にエサだと思わせます。

サビキの形状はおもに2パターン。より水の抵抗を受けることでアピール力が高い「ひし形」と水を逃してナチュラルに動く「燕尾」があります。いずれにせよ、ハリ先のほうが重いので、フィール姿勢としては「つ」の状態。基本的には仕掛けを上げる時よりも落とす時に喰ってくることが多いことは覚えておきましょう。

サビキ釣りの仕掛けの選び方

種類で選ぶ

サビキ釣りの仕掛けは大きく分けて、寄せエサを仕掛けの上に付けるか、下に付けるかの2パターンがあります。上にある場合は狙うタナで揺らすことで局所的に効くのがポイント。下にある場合は狙うタナに落とし込んでいくまでエサが出続け、サビキが自動的にエサの煙幕に入ります。

コマセ袋

「コマセ袋」とはその名の通り、寄せエサとなる「コマセ」を袋に入れた仕掛け。網状の袋なので、その隙間からエサが出る仕様です。セットは上下どちらでも可能ですが、上部にセットするのが基本となります。沈下中はエサがこぼれにくく、潮の抵抗を受けにくいのもポイント。竿を振ることで寄せエサが出るのが特徴です。

下カゴ

寄せエサとなる「コマセ」をカゴに入れた仕掛け。底にオモリが付いている、または別途ナス型オモリを付けて沈める仕掛けです。

カゴの上部が大きく開いており、寄せエサを詰めやすいのがポイント。仕掛けの最下部にセットするのが基本で、落とした瞬間からエサの煙幕が縦に延びていき、サビキと同調するのが特徴です。

プラカゴ

「プラカゴ」とはプラスチック素材のカゴこと。上記で説明した「下カゴ」もプラスチック素材のカゴなので混同しがちですが、こちらは筒形などの形状をしているのが特徴。寄せエサとなる「コマセ」を詰める容器のことを指します。

総じて穴はそれほど大きくなく、少しずつ寄せエサが出るのが特徴。エサとサビキの同調時間が長いのも魅力です。竿を振ればエサが出てくるため、しばらく待つのか、それとも回遊のタイミングを計って魚を寄せるかなど、自分でコントロールしやすいのもポイントなので、覚えておきましょう。

トリックサビキ

コマセ袋・下カゴ・プラカゴとは異なり、直接ハリに生エサを付けるのが「トリックサビキ」。サビキ仕掛けは寄せエサを水中に撒き、そこにサビキと呼ばれる擬似餌を紛れ込ませて喰わせる釣りで、ハリにエサは付いていません。

一方、トリックサビキは表現として紛らわしいのですが、ハリにエサを付ける釣り。アミエビなどがたっぷり入った餌つけ器などとセットで使うのが基本で、慣れてくれば流れ作業でエサ付けができるようになります。手返し重視で数釣りを楽しみたい方はぜひおさえておきましょう。

針の本数で選ぶ

By: amazon.co.jp

サビキ釣りの仕掛けは6〜7本針がスタンダード。なお、子供や釣り初心者の方はハリ数が少ないほうが扱いは楽なので、自分で3〜4本針程度に縮めると糸絡みなどのトラブルを回避できます。

一方、慣れている人であれば8本針、トリックサビキに至ってはより釣果アップを見込んだ10本針などを使用するのがおすすめ。糸を張ったままハリを外せば効率的に釣りができるので、目安としてみてください。

魚に合わせて針の号数を選ぶ

By: gamakatsu.co.jp

サビキ釣りは基本的にさまざまな魚種を狙う五目釣りなので、使われる針の大きさもさまざま。例えばアジの場合、体長10〜15cm程度であればハリの号数は3〜4号、30〜40cm程度であれば7〜8号と違いがあるので、その中間の5〜6号が標準サイズといえます。

迷ったら小さめをチョイス

サビキ釣りで釣れる魚は基本的にプランクトンイーターなので、シルエットが小さいほうがよく釣れます。サビキが擬似餌なので目立つほうがよいと思われがちがですが、基本的に小さいハリのほうが釣れる点は覚えておきましょう。また、小さい魚ほど吸い込みが弱めなので、釣果を求めるならワンランク下げるのがおすすめ。低活性時も同様です。ただし、細軸小針は曲がりやすいので、その点は注意しておきましょう。

ハリの種類も確認

サビキで使われる針の形状は大きく分けて2種類。ハリ先がやや外向きな「袖針」とハリ先がやや内向きの「小アジ針」があります。

袖針は魚が触れるだけで刺さるのが特徴。掛けるための貫通力はやや劣るので線径を細くし、バラしにくさを考慮しています。一方、小アジ針は初期掛かりからの刺さり込みのよさがポイント。貫通力が高く、口切れしにくいのも魅力です。ただし、刺さりは外向きのほうが有利なので、バイトを弾いてしまう場合もあります。気になる方はハリの形状もしっかりと確認しておきましょう。

仕掛けの全長で選ぶ

By: sasame.co.jp

サビキ釣りは「寄せエサ(コマセ)」と複数本バリの「サビキ」で構成されるので、仕掛けは縦長。寄せエサが上にあれば、狙うタナで揺らすことで局所的に釣れます。一方、下にあれば狙うタナに届くまでエサが出続け、サビキが自動的にエサの煙幕に入るのが特徴です。

なお、幹糸から枝分かれしたハリスのことを「枝ス(えだす)」と呼び、この部分の違いによって仕掛けの扱いも異なります。枝分かれした部分が太くて短いほど糸絡みが少なく、トラブルは少なめ。その逆で、細くて長いほど扱いは繊細になりますが、喰い込みはよくなります。そうした点はぜひ考慮しておきましょう。

サビキ釣りの仕掛けおすすめ

がまかつ(Gamakatsu) サビキ金袖 6本

定番のサビキ釣り仕掛け。袖針の金バリ、またカワハギの仲間の皮を加工した「ハゲ皮」仕様となっているのが特徴です。

号数・ハリス・幹糸のバリエーションが多く、ラインナップが豊富なのもポイント。夜光ビーズ付きの6本針で、 全長は1.05〜2.1mとなっています。

がまかつ(Gamakatsu) 泉州サビキ

小アジ針を採用したサビキ釣り仕掛け。大阪府の南西部に位置する泉州地域から名前を取ったアイテムで、長年支持されているアイテムです。

仕掛けとしては金バリ、ハゲ皮の仕様の7本針仕様。号数・ハリス・幹糸のラインナップは豊富ですが、全長は1.6mで統一されています。

がまかつ(Gamakatsu) うきまろ 欲張りサビキ ハゲ皮

目印となる黄色いボール「うきまろ」が備わったサビキ釣り仕掛け。魚のアタリなどサビキやエサの状況変化を目視できます。

ハリはバーブ(返し)のないスレバリで、よりバレにくい形状を意識した「凄キープ」を採用。トラブルが少ないので、初心者やキッズアングラーにもおすすめです。

がまかつ(Gamakatsu) 相馬サビキC

金の袖針で、皮付きのサビキ釣り仕掛け。10本針仕様で、全長は長めの2.97m、枝スは短めの4cmと、扱いに気を使う必要はありますが、より数釣りを楽しめます。

ラインナップは小さいハリ3号・細いハリス0.8号の組み合わせから大きいハリ8号・太いハリス2号の組み合わせまで用意。低活性やタフコンディションの場合、大型狙いの場合など、フィールドの状況に合わせて選べるのが魅力です。

がまかつ(Gamakatsu) サビキ革命

ピンクスキン・白スキン・ハゲ皮の3種類から選べるサビキ釣り仕掛け。ハリはバーブ(返し)のないスレバリながらバレにくい「凄キープ」、ハリには掛かりよさと外しやすさを考慮した「極(キワメ)金袖」を採用しています。

全長が96cmと短めで、子供や初心者の方でも扱いやすい仕様。単品指名買いはもちろん、興味がある方はぜひまとめ買いして使い比べてみてください。

オーナーばり(OWNER) 波止目玉サビキ

サビキに目玉が付いた仕掛け。よりエビをイミテートしているのが特徴で、喰いがよく、実績が高さが魅力です。

ラインナップが豊富で、ハリの号数・ハリスの号数・幹糸の号数の掛け合わせが多いのもポイント。仕様としては6本針で、全長は1.6mで統一されています。目玉がバイトマーカーとなるおすすめのアイテムです。

オーナーばり(OWNER) アミエビ実寸サビキピンクギジ

名前の通り、アミエビの実寸に則ってつくられたピンクのサビキ釣り仕掛け。仕様としてはタナを広く探れるほか、追い喰いも対応できる8本針となっています。

また、枝スが短めなのもポイント。手返し重視のアングラーにおすすめで、時合いのタイミングをしっかりと捉えられれば大漁が見込めます。数釣り派の型はぜひチェックしておきましょう。

オーナーばり(OWNER) 遠投目玉サビキ

遠投向けのサビキ釣り仕掛け。3本針で本数が少ないほか、全長1.0mと短めで、ロングキャストする分、糸絡みに配慮できるのが特徴です。

幹糸は25cm間隔で、枝スは8cm。狙う魚種としてはやや沖目にいる青物がターゲットとなります。漁港や堤防の足元を狙うサビキ釣りではなく、ある程度振り込んだ投げサビキをやりたい方におすすめの仕掛けです。

オーナーばり(OWNER) 家族で楽ちんサビキ日和

パターンがいろいろあるサビキ釣り仕掛け。ピンクギジやハゲ皮はもちろん、アピール力の高い「レックス」、紫外線に反応して発光する「ケイムラ」、さまざまなカラーを用意した「ミックス」などもラインナップされています。

仕掛けは5本針、全長1.3mで統一。オーソドックスな仕様なので、サビキの種類の違いで釣果の差を実感したい方はぜひ試してみてください。

オーナーばり(OWNER) 船目玉サビキ

船釣りのサビキに向いている仕掛け。フラッシャー巻きでアピール力が高いほか、チモト部分の黒ビーズを目玉に見立てることで、よりアミエビやオキアミをイミテートしています。

幹糸は35cm間隔で、枝スは12cm。全長は2.5mと長めに設定されているのもポイントです。相乗り船などで数釣りを楽しみ際はぜひ用意しておきましょう。

オーナーばり(OWNER) タテ釣り剛サビキ

魚皮や装飾などがないサビキ釣り仕掛け。青物やヒラメなどに効果的で、強烈なアタリをしっかりと捉えられます。

W胴打ちにより、フラッシング効果が期待できるのもポイント。ハリは強度の高いTAFFWIREフック「剛将」、仕掛けは耐久性と糸ヨレを配慮した「インターロックWクレン」を採用しているのも魅力です。

オーナーばり(OWNER) 堤防のませサビキ

ハマチやイナダ、ヒラメ、キジハタ(アコウ)など、アジなどよりも大きい魚を狙いたい際におすすめのサビキ仕掛け。喰いと強度を両立したアイゴバリ仕様で、汎用性が高いのが魅力です。

「アイゴ」とはヒレのトゲに毒のある魚で、パワーがあるのが特徴。サビキ部分はピンクギジとハゲ皮の混合となっているのもポイントです。耐久性が高い仕掛けを求めている方はぜひおさえておきましょう。

オーナーばり(OWNER) パワー豆アジ目玉サビキ

小さい豆アジ狙いの方におすすめのサビキ仕掛け。従来の「豆アジ目玉サビキ」よりもハリスを太くすることで、より扱いやすくしているのが特徴です。

幹糸は15cm間隔で、枝スは3cm。全長は1.0mの5本針仕掛けとなっています。サイズラインナップは3種類。小アジの数釣りを楽しみたい方はもちろん、大きめの魚を釣るためのエサ確保をしたい方にもおすすめです。

ハヤブサ(Hayabusa) 小アジ専科 下カゴ飛ばしサビキセット リアルアミエビ

投げサビキ・飛ばしサビキ用の仕掛け。ウキ、さらに下カゴとのセット製品で、足元ではなく沖目を狙いたい方におすすめです。

パッケージの裏側に説明書きがあるので、初心者でも安心。キャストの仕方さえしっかりとおさえおければ、すぐに釣りが楽しめます。ちょっと離れたブレイク沿いを攻めたい方やテトラ越しを狙いたい方はぜひチェックしておきましょう。

ささめ針(SASAME) 常備薬NEO ピンクベイト

オーソドックなサビキ釣り仕掛け。色合いはアミエビを意識したピンク、ハリは小アジ針・金の5本仕様で、「初めての釣り場でまずは様子をみたい」というときにおすすめです。

幹糸は20cm間隔で、枝スは4cm。全長は1.3mとショート仕掛けとなっているので、4.5m程度の磯竿はもちろん、1.6mぐらいの短竿でも扱いやすいアイテムです。

ささめ針(SASAME) ボウズのがれ 飛ばしサビキ

ウキとサビキ仕掛けのセット。寄せエサ入れは仕掛けの中段にあるロケットカゴを使用し、底にはナス型オモリに似た六角オモリを採用しています。

ハリは小アジ針の金で、ピンクベイト仕様。ハリによってガラスビーズと夜光留を使い分けているのもポイントです。

ささめ針(SASAME) ボウズのがれ サビキ下カゴ式

さまざまな仕掛けが用意されたサビキセット。仕掛けは上からサバ皮の夜光玉、ピンクベイトのガラスビーズ、ハゲ皮矢羽カットの朱留、グリーンベイトのガラスビーズ、サバ皮の夜光留、20cmの枝ス、最後に下カゴがくる仕様となっています。

全長は1.4mの6本針仕掛けで、サイズラインナップは4種類。使い勝手のよいミックス仕掛けがほしい方におすすめの製品です。

ささめ針(SASAME) ぶっこみサビキセット

プラカゴとサビキのセット。仕掛けは上から目印となるフロート玉、寄せエサを入れるロケットカゴ、ピンク蛍光ビーズ、サルカン、ピンクベイトの夜光留、夜光フラッシャーの夜光留、10cmの枝ス、最後にナス型オモリに似た六角オモリが付いています。

ハリは小アジ針の金。ラインナップは小さいハリ4号、細いハリス0.8号の組み合わせから大きいハリ8号、太いハリス2号の組み合わせまで用意されています。

ダイワ(Daiwa) 生分解 海釣り公園サビキ仕掛け

環境に配慮されたサビキ釣り仕掛け。生分解するラインを使用しており、仮にラインブレイクした際でも最終的にバクテリアによって分解され、水中に残らずに水と二酸化炭素になるのが特徴です。

仕掛けとしてはピンクスキンに黒ビーズ、金バリとベーシックなスタイル。サイズラインナップは3種類を用意しています。

オージーケー(OGK) ウルトラ仕掛け ハゲ皮サビキ3枚入

ウルトラマンのパッケージロゴが目を引くサビキ釣り仕掛け。タイプとしてはハゲ皮の5本針、ハリは小アジ針の金と、扱いやすいスタンダードな仕様となっているのが特徴です。

ラインナップは小さいハリ3号・細いハリス0.6号の組み合わせから大きいハリ8号・太いハリス1.5号の組み合わせまで用意。タフコンディションを打破すべく喰わせ重視であれば前者から、大物のギガアジ狙いなら後者から使っていくのがおすすめです。

ナカジマ(NAKAZIMA) DASH 遠投カゴ釣り仕掛

スキンとハゲ皮の混合タイプとなっているサビキ釣り仕掛け。名前の通り、カゴに寄せエサを入れ、沖に向かって遠投し、広く魚を呼びたい際におすすめのアイテムです。

ハリの組み合わせはサビキ針2本+食わせ針1本のフカセ仕掛け(吹き流し仕様)。これがスキン・ハゲ皮にそれぞれ用意されており、6本針の仕掛けになっています。3セット入りながら価格帯としてはリーズナブルなのも魅力。海釣り公園や漁港で気軽に釣りを楽しみたい方はぜひおさえておきましょう。

まるふじ(Marufuji) トリック仕掛 金針 10本

擬似餌のサビキ釣り仕掛けではなく直接エサを付ける「トリック仕掛け」のスタンダートモデル。ハリの色は金、本数は10本と、一発落としで大漁を狙えるのが特徴です。

操作イメージは、シンカーを先頭に意識しているタナまで素直に落とし、あとはその位置をいかにキープするかが重要。回遊魚はタナのズレで釣果が変わってくるので、極端に上下しないようにするのがコツです。

まるふじ(Marufuji) 改良トリック7 朱塗

サビキ釣りのトリック仕掛けのなかでも、よりエサがつきやすいように改良されたモデル。針はひとつひとつが金バリと赤バリの組み合わせで、本製品は7本仕様、合計14本の仕掛けとなっているのが特徴です。

エサ付けは専用の寄せエサ入れを用意。糸を容器に通して前後に動かし、ハリにアミエビをしっかりと引っ掛けるのが重要です。慣れてくれば流れ作業で振り込めるようになるので、ぜひ練習してみてください。