投げ釣りの人気ターゲットとして知られている「カレイ」。堤防から気軽に楽しめるほか、サーフではシロキスと並ぶ定番魚種で、シーズンは冬〜春が最盛期です。一方、船から狙う沖釣りの場合は片テンビンを使った仕掛けが一般的。大遠投する投げ釣りとは異なり、落とし込む方法が基本となります。

そこで今回は、セット販売されているカレイ釣りの仕掛けをご紹介。カレイ釣りにトライしてみたい方はぜひチェックしてみてください。

カレイ釣りの仕掛けとは?

By: gamakatsu.co.jp

カレイ釣りの仕掛けは2〜3本バリ仕掛けで、枝分かれしているのが基本。遠投する投げ釣りや底付けする船からの沖釣りでも、エサはアオイソメが多く使われます。

なお、釣れる種類が多いのも楽しみのポイント。多くの方がイメージするカレイは「マコガレイ」や「マガレイ」ですが、ほかにも非常に大きい魚体まで成長する「ヌマガレイ」、浅場にいる「スナガレイ」、投げ釣り・沖釣りのどちらからでも狙える「クロガシラガレイ」、突起がある「イシガレイ」などがいます。釣り上げた際はぜひ確認してみてください。

カレイ釣りの仕掛けの選び方

釣りのシーンで選ぶ

堤防釣り

By: gamakatsu.co.jp

堤防の釣りはエサを付けた投げ釣り。場所によってはちょい投げでも十分ですが、より魚影の濃いブレイク沿いを狙うのであれば遠投するのが王道です。

なお、大遠投を必要とする場合はサーフも同様。仕掛けとしては目立つようにキラキラしたビーズやフワフワしたエッグボールが付いていることがあります。

釣り方としては堤防・サーフともに同じ。投げたら竿を置き、あとは待つだけなので、ファミリーフィッシングにも向いています。

船釣り

沖に出る船釣りの場合は遠投する必要がなく、魚が潜んでいそうなエリアに落とし込む釣り。タックルはスピニングリールやベイトタックルも使えます。

仕掛けとしては糸ヨレに配慮しているのがポイント。エサ付けは「通し刺し」や「縫い刺し」などの1本付けのほか、まとめて付けて大きく見せる「房掛け」も有効です。

カレイ釣りの仕掛けおすすめ

がまかつ(Gamakatsu) 港カレイ仕掛

ちょい投げでカレイを狙いたい方におすすめの仕掛け。2本仕掛けの赤バリ仕様で、それぞれエッグボールとナツメに分かれているのが特徴です。

タイプは5種類で、ハリは11〜15号をラインナップ。なお、アオイソメをエサとする場合は「通し刺し」や「縫い刺し」などの1本使用ではなく、複数本をまとめて掛ける「房掛け」がおすすめです。

がまかつ(Gamakatsu) ナノ船カレイ仕掛 ロング

名前の通り、船からカレイを狙う際に使う仕掛け。水中で仕掛けが絡まないように幹糸に巻グセが付きにくい素材を使用しているのが特徴です。

ハリは3本仕様で、枝分かれは2箇所。フックはナノスムースコートを施した「ナノ船カレイ」を使用しています。82cmのロング仕掛けのほかに、58cmのショート仕掛けもラインナップ。ハリのサイズはそれぞれ11〜15号まであるので、気になる方はチェックしてみてください。

がまかつ(Gamakatsu) スーパー遠投カレイ仕掛

大遠投してサーフのカレイを狙う投げ釣り用の仕掛け。タイプは通常のナツメとエッグボールの2種類があり、長さはどちらも65cmで統一されています。

ハリのラインナップは通常仕掛けが13〜15号、エッグボール仕掛けが12〜15号。枝分かれは1箇所で、ハリは2点掛けとなっています。

オーナー(OWNER) 剣剛カレイG65-3

船用のカレイ仕掛け。3本仕掛けのなかでも1番バリまでの距離が短く、エサがよく動き、追い喰いさせやすいのが特徴です。

吸い込みに優れたカレイバリ「剣剛カレイ」を採用しているのもポイント。枝はワンラインハリス止めを使用しており、糸ヨレにも配慮しています。ハリのサイズは11〜14号をラインナップ。なお、タイプのほか、直感天秤付の仕掛けも用意されています。

オーナー(OWNER) 船カレイの基本

船釣りでカレイを狙う際に使う仕掛け。幹糸は低伸度かつ高感度なフロロカーボン、ハリスは超硬ハリスを使用しており、待ちの釣りにも誘いをかける釣りにも対応できるのが特徴です。

3本バリ仕掛けで、それぞれスムーズな回転とハリ交換が簡単な「シモリペットプロ」を使用しているのもポイント。なお、フックサイズは12〜14号をラインナップしています。

ハヤブサ(Hayabusa) 鮮艶エッグボールパワフル遠投

大きめのエッグボールが特徴的なカレイ釣り仕掛け。2本掛けのうち、下のハリに付くエッグボールはチャート、上のハリに付くエッグボールは赤で、いずれもフワフワと漂い、キラキラと光ってアピールするのがポイントです。

フックサイズは13〜15号をラインナップ。サーフでの大遠投、さらに投げた後は置きザオでのんびり待つスタイルを楽しみたい方におすすめです。

ハヤブサ(Hayabusa) 投げの達人 投匠カレイ 胴突式 2本鈎2セット

オーソドックスなタイプのカレイ釣り仕掛け。大遠投からの置きザオによる待ちの釣りでも、手持ちでのナチュラルドリフトでも使えるのが特徴です。

フックサイズは12〜15号をラインナップ。本製品はピンクビーズの仕掛けですが、シリーズにはより派手な「ピーコックアピール」も用意されています。気になる方はあわせてチェックしておきましょう。

ハヤブサ(Hayabusa) 投げの達人 ファイアレッドカレイ

オール赤仕様のハイアピール仕掛け。2本掛けのハリはもちろん、ハリスや枝分かれしたパイプ、その先のビーズも赤で統一されているのが特徴です。

フックサイズは10〜14号と小さめもラインナップ。変化をつけて大物を狙いたい方はもちろん、エサ取りの外道が気になる場合に試すのもおすすめです。

ハヤブサ(Hayabusa) 投げの達人 速潮カレイ 全身レッド

潮回りの速いタイミングでも使いやすさを考慮した2本仕掛け。サルカンからの道糸は2本えりで70cmで、そこからの枝分かれとなっており、糸絡みが少ないのが特徴です。

それぞれのハリは羽毛赤が用意されており、エサ付けしやすいのもポイント。フックサイズは10〜14号とラインナップが豊富に揃っているのも魅力です。

ささめ針(SASAME) コマイ・カレイ胴突

下オモリ式のカレイ釣り仕掛け。2本バリ仕掛けながら、底バリではなくスナップが用意されており、そこにナス型オモリを取り付けているのが特徴です。

ハリにはそれぞれ夜行ビーズが付いており、目印となるのもポイント。なお、フックサイズは12〜15号をラインナップしています。

ささめ針(SASAME) 特選達人直伝 秘投カレイ

エッグボールやビーズなどがないシンプル仕様のカレイ釣り仕掛け。投げ釣り用の定番アイテムで、大遠投してじっくりとアタリを待つ釣りに適しています。

フックサイズは10〜15号と小さめから大きめまでラインナップ。なお、同シリーズには本製品とは真反対で装飾がたくさん付いた「誘光カレイ」も用意されています。購入を検討する際はあわせてチェックしておきましょう。

ささめ針(SASAME) 一投入魂 キャノンボールカレイ

仕掛けの安定さにこだわりたい方におすすめのアイテム。2本仕掛けですが、底バリはウキ止めゴム・ダイヤカット玉・遊動先鉛・夜光玉の組み合わせで、枝分かれした上のハリはエッグボールと夜光玉の組み合わせになっているのが特徴です。

なお、フックサイズは10〜14号をラインナップ。エッグボールの抵抗による重心のブレを下付きの遊動先鉛によってカバーすることで、糸絡みが少ないのが魅力の製品です。

ダイワ(Daiwa) 快適カレイ パーフェクト仕掛けSS スピード

果敢に攻める積極な釣り向きのカレイ用仕掛けです。天秤部を固定することで操作感やアタリがタイレクトに伝わるのがポイント。フックは「SaqSas(サクサス)」仕様で、貫通力に優れているのが特徴です。

なお、「マルチ」タイプもラインナップ。天秤部分を固定せず、幹糸が遊動式になっています。違和感なく喰い込ませられるほか、微小なアタリが取りやすいのも魅力です。

カレイ釣りの仕掛けの楽天市場ランキングをチェック

カレイ釣りの仕掛けのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。