大量の枝木をまとめて粉砕できる「ガーデンシュレッダー」。庭木の剪定で発生した枝木を処理する際に活躍するアイテムです。枝を細かく砕いて、可燃ゴミとして処理したい場合に役立ちます。

そこで今回は、ガーデンシュレッダーのおすすめモデルをタイプ別にピックアップ。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ガーデンシュレッダーの選び方

粉砕方法を選ぶ

手軽な「ギア式」

By: amazon.co.jp

手軽さを重視したい方におすすめなのがギア式のガーデンシュレッダーです。歯車状のギアを回転させて枝を粉砕する仕組み。安全かつ手軽に使用できるのが魅力です。

カッター式と比べて静音性に優れており、自宅の庭で周囲を気にせず作業したい場合に活躍。また、カッター式と比べてツタなど繊維の多い枝葉が絡みにくいのもメリットです。

ただし、作業スピードが遅いのがデメリット。スピーディーな作業が求められる本格的な現場には向いていません。断裁も荒目で枝を細かくチップ状にしたい場合には、2~3度繰り返しシュレッダーにかけなければならない点にも留意しておきましょう。

パワフルな「カッター式」

By: amazon.co.jp

高速回転するディスク刃やナイフ状の刃で枝を粉砕するのがカッター式のガーデンシュレッダーです。ギア式よりパワフルな粉砕処理能力が魅力。硬い枝や太い枝を一度に細かく砕きたい場合にも活躍します。

大量の庭木をスピーディーに処理できる一方、動作音がカッター式と比べて大きいのがデメリット。さらに、使用するにつれて刃が摩耗するため、こまめなメンテナンスも必要です。

動力をチェック

ガソリンエンジン

By: haigeshop.net

ガーデンシュレッダーの動力には種類があり、処理能力の大きいタイプを求めるならガソリンエンジン搭載モデルがおすすめです。乾燥して硬くなった枝や竹をパワフルに粉砕可能。スピーディーに作業できるため、本格的なガーデニングや業務用としても適しています。

電気式と異なり電源を確保できない場所で使えるのもメリット。山奥に持ち運んで使用することも可能です。

ただし、燃料を用意しておく必要があるほか、エンジンのメンテナンスに手間がかかる点に要注意。エンジン音の振動が響くため、周囲に配慮する必要もあります。

電気式

By: amazon.co.jp

コンセントから電源をとるだけで使えるのが電気式のガーデンシュレッダーです。一般的な家庭で手軽に使用したい場合におすすめ。ガソリンエンジンのようなメンテナンスの手間もかからず使えます。本体も軽く扱いやすいのが魅力で、はじめてガーデンシュレッダーを使う方にもおすすめです。

なお、基本的には電源コードで電気を供給するので、使用したい場所まで距離がある場合にはコードの長さを要チェック。なかには、10mのロングコードを備えているモデルもあるためチェックしてみてください。

最大粉砕枝径をチェック

By: rakuten.co.jp

ガーデンシュレッダーはモデルによって粉砕できる枝の太さが異なり、粉砕可能な太さは最大粉砕枝径でチェックできます。数字が大きいほど、太い枝を処理可能です。

粉砕したい枝に対して最大粉砕枝径が小さいと作業に時間がかかってしまうほか、詰まってしまうことも。一般的な家庭用として使用するなら、最大粉砕枝径30mmを目安に選んでみてください。太い枝を処理する場合が多いなら、50mm以上あるとスムーズに粉砕できます。

なかには、大きな枝用と小枝用の2種類の投入口を設けているモデルもあるのでチェックしてみてください。

馬力をチェック

By: amazon.co.jp

ガソリンエンジン式のガーデンシュレッダーは、電力量のWではなく馬力で出力を表示しています。1馬力は0.75W。数字が大きいほどパワフルな粉砕処理能力を発揮します。

馬力の高いモデルのほうが硬い枝をスピーディーに粉砕できるなど、格段に作業効率がアップするのが魅力。本格的なガーデニングや業務用として使いたい場合はチェックしてみてください。

耐久性をチェック

By: yardforcejapan.com

ガーデンシュレッダーは屋外で使用するモノなので、耐久性の高さも要チェック。強度に優れた素材や振動に強い設計、スイッチ類にカバーを備えているモノなどがおすすめです。

耐久性に優れたモデルほど故障が少なく、長く愛用できます。くわえて買い替えコストも減らせるため、しっかりと確認しておきましょう。

作動音が静かなモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

モデルによっては作業時に大きな音が出る場合があるため、静音性も確認しておきましょう。とくに、住宅街や夜間・早朝に作業する機会が多いなら、なるべく作業音の小さいモデルが適しています。

基本的に、馬力のあるガソリンエンジン式は動作音が大きいので、静音性を重視したい場合は電気式がおすすめです。周囲の環境状況や作業規模を考慮しながら選んでみてください。

メンテナンスのしやすさをチェック

ガーデンシュレッダーの故障のリスクを軽減させるためにも、日頃からしっかりとメンテナンスしておくのが重要です。なかでも、投入口を外せるモデルがおすすめ。作業中に枝が詰まってしまった際に取り除きやすいほか、掃除やメンテナンスが簡単です。万一故障してしまった際も、部品を取り寄せて交換しやすいメリットもあります。

ガーデンシュレッダーのおすすめメーカー

リョービ(RYOBI)

By: amazon.co.jp

広島県に本社を構えており、世界的なダイカストトップメーカーとして知られているリョービ。ガーデンシュレッダーでは静音性に優れた、住宅街でも使いやすい電気式モデルをラインナップしています。

なかでも、従来モデルと比較して約2倍の引込力を実現しているモデルを要チェック。投入する枝木に対する刃物の角度が鋭角で少ない力でも押込みやすく、初心者や力に自信のない方にも作業しやすいのが魅力です。

山善(YAMAZEN)

By: rakuten.co.jp

大阪府大阪市に本社を置く大手専門商社です。工作機械・産業用機器・一般建材・家庭用機器など、幅広いジャンルの製品を取り扱っています。ガーデンシュレッダーにおいては、ギア式とカッター式をラインナップ。安全性に優れて初心者、力に自信のない方でも扱いやすいモデルを販売しています。

なかでも、鋭い切れ味が特徴のローラーミル刃搭載のギア式モデルがおすすめ。パワフルな粉砕力を備えながら静音性に優れており、住宅街や夜間・早朝の作業でも安心して使えます。

ガーデンシュレッダーのおすすめ|ギア式

リョービ(RYOBI) ガーデンシュレッダー GS-2010 690700A

やや細めの枝の粉砕に適した、最大粉砕枝径25mmのギア式ガーデンシュレッダーです。動力は電気式で、手軽に庭木のお手入れをしたい方におすすめ。刃を交換する必要もなく、メンテナンスフリーで使えるのが魅力です。また、段差のある場所での移動に便利な大型車輪を備えています。

従来モデルと比較して約2倍の引込力を実現しているのもポイント。投入する枝木に対する刃物の角度が鋭角になっており、少ない力で押し込めます。さらに、枝木が短くなったときに役立つ押込み棒が付属しているのも魅力です。

過負荷を保護する機能を搭載しており、高い安全性に配慮されているのも特徴のひとつ。粉砕中にモーターに負荷がかかりすぎると、自動的に電源をオフにします。

山善(YAMAZEN) 電動ガーデンシュレッダー YRM-35B

直径25~35mmの枝木を粉砕するのに適しているガーデンシュレッダーです。ローラーミル刃を搭載したギア式を採用。パワフルな粉砕力を発揮しながらも粉砕音が静かで、住宅街や夜間・早朝の作業で安心して使えるおすすめのモデルです。

枝木を10分の1程度の大きさに粉砕できると謳っているのもポイント。ガーデニングで出た枝木を可燃ゴミとして捨てたいときに活躍します。また、脚フレームと車軸を取り付けるだけとセッティングも簡単で、付属の工具のみで取り付け可能です。

大きい形状のトルクで、起動や粉砕もスムーズ。枝詰まりも少なく、自動巻き込みで枝を押し込む必要もありません。さらに、安全レバーを上げて本体に固定しないと電源スイッチが入らない仕組みを採用しており、安全性の高さも魅力です。

ミナト 静音型ガーデンシュレッダー MGS-1510Si

小枝や葉っぱを約10分の1に粉砕できると謳うガーデンシュレッダーです。家庭用100Vで駆動する電気式で、ガーデニングの剪定で発生した枝木を粉砕するのにおすすめ。静音性に優れているため、住宅地での作業でも安心して使えます。

粉砕された枝木は本体下部に備えた容量50Lのシュレッダボックスに集められるので、作業後にチップが飛び散らないのもポイント。最大粉砕枝径35mmで1500Wモーターを搭載。10mのロングコードを備えているのも魅力です。

移動車輪付きで移動も楽々。さらに、過度な負担がかかると運転を自動停止する「過負荷保護機能」搭載で安心して使えます。ロックしないと電源が入らない仕様で、事故を未然に防げるおすすめのモデルです。

キンボシ(Kinboshi) 静音型ガーデンシュレッダー MLG1520

静音性に優れているガーデニングシュレッダー。住宅地など周囲が気になる環境で作業する際におすすめのモデルです。生木の場合、直径25~35mmに対応可能。出力1500Wのハイパワーで枝木をパワフルに粉砕します。

モーター焼損防止機能を搭載しているのもポイント。最大粉砕枝径を超える枝木を差し込んでしまった際に自動停止するため安心です。さらに、集草バッグ・ゴーグル・グローブも付属しています。

ガーデンシュレッダーのおすすめ|カッター式

山善(YAMAZEN) 園芸用電動粉砕機 ガーデンシュレッダー YGS-30A

枝葉を約6分の1にする粉砕処理能力があると謳う、ガーデンシュレッダーです。最大粉砕枝径30mmで高出力1500Wモーターを搭載。庭木のお手入れで出た枝木を小さくまとめたいときにおすすめのモデルです。チップを袋に詰めて可燃ゴミとして処理したい場合にも活躍します。

大型車輪搭載でゴミの運搬や移動で便利。また、押込み棒と粉砕片バッグが付属しており、スムーズで快適な粉砕作業を実現します。過度な負荷がかかると自動停止する「モーター過負荷防止ブレーカー」や、カバー付き安全スイッチ搭載で安全性に配慮されているのも魅力です。

ミナト 電動ガーデンシュレッダー MGS-1501A

剪定後に出た小枝や葉っぱを最大10分の1に減らせると謳うガーデンシュレッダーです。なるべくゴミを小さくして、燃えるゴミとして処理したい場合に役立ちます。

高出力1500Wの電気式で、一般的な家庭用として活躍。10mのロングコードを備えているため、コンセントから遠い場合に便利です。投入口が最大30mmまでの枝木用と小枝・葉っぱ用に分けられており、使い分けで効率的な粉砕作業をサポートします。

また、チャイルドロックを引き抜いておけば電源が入らないので、小さい子供がいる家庭でも安心。さらに、過度な負荷がかかると自動でオフになる「過負荷保護機能」も搭載しています。

YARD FORCE 枝シュレッダー YF5458

家庭用からプロ用まで、アメリカを中心に園芸用品を展開しているブランド「YARD FORCE」のガーデンシュレッダーです。最大粉砕枝径45mmで太めの枝木を粉砕したい場合におすすめ。ハイパワー1450Wのカッター式で、すばやい粉砕作業を実現します。

約45Lの大容量ダストボックスを備えており、チップが飛び散りにくいのもポイント。また、押込み棒が付属しており、スムーズな作業をサポートします。

過度な負荷がかかると自動でブレーカーが落ちる安全装置搭載で、安心して使用可能。ブレーカー解除はスイッチひとつで操作するだけと簡単です。

セフティー3(Safety-3) ガーデンシュレッダー EL-007

家庭用100V電源で使用できるガーデンシュレッダーです。強力な刃を搭載したカッター式で枝葉をパワフルに粉砕。庭木の剪定で出た枝木をコンパクトにし、可燃ゴミで処理したい場合におすすめのモデルです。

緩んでいる状態では作動しないスクリューネジ搭載で安全に使用可能。また、キャスターが付属しており、力に自信のない方でも移動が楽々です。

モーター焼損防止機能を備えているのもポイント。太すぎる枝木を誤って投入して差し込んでしまった際に自動停止します。10m延長コード・ゴーグル・グローブ・収納袋・押込み棒など、付属品が充実しているのも魅力です。

HAIGE ウッドチッパー 粉砕機 エンジン式 4サイクル 6.5馬力 HG-65HP-GGS

6.5馬力の4サイクルエンジン式ガーデンシュレッダーです。最大105mmまでの木材に対応するパワフルさが魅力。圧倒的なスピードで枝や竹を粉砕できるおすすめのモデルです。投入口に大きく傾斜を設けて投入しやすいのが特徴。半自動粉砕で、効率的な粉砕作業をサポートします。

ホッパー部はボルトを緩めれば外れるため、メンテナンスしたいときに便利。枝が詰まった際も引っ張れば抜けます。また、投入口に設けた赤いレバーを押し込めば緊急停止するので安心。ホッパーを開いた状態ではエンジンかからないよう、安全性に配慮して設計されています。

キンボシ 園芸用粉砕機 チッパーシュレッダー MLD-650CS

最大粉砕枝径65mmの「チッパー刃」搭載のエンジン式ガーデンシュレッダーです。12mm以下の小枝の粉砕に対応する「ハンマーナイフ刃」とのWブレードを採用。さまざまな大きさの枝木を粉砕したい、本格的な作業におすすめのモデルです。

ホンダ製エンジン搭載で低排出ガスと低燃費を両立している点にも注目。また、低騒音で振動も少なく、周囲に配慮したい場合に役立ちます。

さらに、大量のゴミを約5分の1に小さくすると謳う処理能力も魅力。ゴミをコンパクトにして可燃ゴミで出したいときに便利です。

ガーデンシュレッダーのAmazonランキングをチェック

ガーデンシュレッダーのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。