写真や動画の撮影時に写りをよくするために使われる「リングライト」。光がまんべんなく照射されるので、表情を明るく見せるのが特徴です。最近では、リモート会議などの写りが気になるビジネスパーソンからも注目されています。

今回は、リングライトの選び方とおすすめの製品をご紹介。コンパクトで持ち運びやすいモノから、本格的な撮影ができるモノまでピックアップしています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

リングライトとは?

By: sanwa.co.jp

リングライトとは、自撮りや動画撮影などに使われる円形の照明器具のことです。被写体全体に光が当たるため影ができにくく、表情が自然と明るくなるのが特徴。リモート会議などのビジネスシーンで、好印象を与える効果も期待できます。

広範囲に光が照射されるので、屋内だけでなく屋外での使用もおすすめ。スイッチを入れるだけで周囲が明るくなるため、撮影だけでなくアウトドアや災害時にも活躍するアイテムです。

リングライトを使うメリット

リングライトの最大のメリットは、顔全体を明るくきれいに照らすこと。天井照明だけで撮影をすると、顔の下半分が影になり暗くなってしまうことがあります。リングライトを使えば、上下左右から光を当てるので顔に影ができにくいのが特徴です。

また、リングライトは比較的コンパクトなモノが多いため、設置場所を選ばずに使えるのも魅力。室内の照明が足りないところや、野外での撮影にも適しています。

リングライトの選び方

設置方法をチェック

スタンドタイプ

By: amazon.co.jp

スタンド式のリングライトは、三脚でスマホを固定して使用するタイプ。角度を細かく調節できるため、顔だけでなく広い範囲を撮影するのに適しています。スマホを固定したまま撮影でき、写真だけではなく動画撮影にも便利です。

また、幅広い撮影ニーズを満たすには、高さ調節機能がついているモノがおすすめ。体格に合わせてライトの位置を変えられるので、家族で共有することもできます。幅広い用途で使いたい方は、スタンドタイプをチェックしてみてください。

クリップタイプ

By: amazon.co.jp

スマホ・PC・タブレットなどに挟んで使うのがクリップタイプのリングライトです。デバイスに直接リングライトを取りつけるので、設置場所がないときにも気軽に使えるのが魅力。また、軽量かつコンパクトで持ち運びやすいため、外出先でも重宝します。

クリップタイプの難点は、手軽に使える分明るさに物足りなさを感じる場合があること。撮影環境に合わせて光を調節したり、本格的な撮影に使ったりしたい方は、スタンドタイプをチェックしてみてください。

給電方法をチェック

リングライトの給電方法を大きく分けると、USB式と乾電池式の2種類があります。USB式は、ケーブルを用いてPCやモバイルバッテリーなどから給電するタイプ。さまざまなデバイスから給電できますが、ケーブルがないと使用できないのが難点です。

乾電池式のリングライトは、電池を入れるだけですぐに使えるのが特徴。充電の手間がかからないため、外出先でも気軽に使えます。ただし、電池をこまめに購入する必要があり、ランニングコストが気になる方には不向きなタイプです。

明るさを調節できるモノがおすすめ

さまざまな時間帯や場所でリングライトを使いたい方は、明るさ調節機能が搭載されたモノがおすすめ。明るい環境で撮影する場合は光を弱くし、暗い環境では光を強くすれば、自然な明るさで撮影しやすくなります。

光の色にまでこだわりたい方は、調色機能が搭載されているモノを選びましょう。暖色系と白色系の光を使い分ければ、顔の印象も気軽に変えられるため、写真や動画撮影を頻繁にする方におすすめです。

リングライトのおすすめモデル

OhaYoo リングライト

白色・黄色・暖色の3種類のカラーと10段階の調光機能を搭載し、時間帯や環境に合わせて使えるリングライト。光源の角度は上下左右に変えられ、光の当たり方を自由に調節できます。ライトスタンドは硬いABS素材を採用し、耐久性も良好です。

USB給電機能が搭載されているため、幅広いデバイスで給電可能。約50000時間以上の使用寿命があり、リングライトを頻繁に使う方にも適しています。リーズナブルで多機能なモノが欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

UENO-JP LEDリングライト

自然で柔らかい光を出す高品質なLEDライトが120個ついたリングライト。光量を10段階に調節できるだけでなく、3色の照明モードが搭載されています。環境や使用者の好みに合わせて、細かく光を調節できるのが特徴です。

滑り止めつきの三脚スタンドにより、安定感のある撮影を実現。ヘッド部分は360°回転するため、ライトを好きな位置に調節できます。Bluetoothリモコンがセットに含まれており、片手でも操作できる魅力のリングライトです。

iMartine LEDリングライト

13段階の調光機能と3色のモードが搭載されたリングライト。高輝度な120個のLEDライトが搭載され、2700〜6500Kまで色温度を調節可能です。1.8mのケーブルつきコントローラを使用し、輝度・色モードの切り替え・オンオフも簡単に操作できます。

また、本製品にはオーディオの撮影や録音に便利な1.5mのラペルマイクが付属。不要な雑音をカットし、クリアなサウンドを得られます。ライトスタンドは耐久性に優れた金属を採用しており、本格的な撮影を行いたい方や使用頻度の高い方におすすめの製品です。

TARION LEDリングライト

白色・暖色・混色モードと5段階の輝度調節機能が搭載されたリングライト。11インチの大型ライトを採用し、顔だけでなく全身の撮影にも適しています。自立タイプなので三脚が必要なく、本体のみで使えるのも魅力です。

付属のコントローラでモードの切り替えや明るさの調節ができ、片手でも操作しやすい仕様。スタンドは約58〜171cmまで伸縮するため、環境や体格に合わせて使えるのもポイントです。

折りたたみ時は直径29.5cm×高さ5.8cmまでコンパクトになり、省スペースで収納可能。カラーはピンク・ホワイト・ブラックの3種類から選択でき、インテリア性を重視したい方にもおすすめの製品です。

HeertTOGO LEDリングライト

 

ライト・スマホホルダー・ライトスタンドが一体化したリングライト。折りたたむとコンパクトになるため持ち運びやすく、省スペースで保管できます。収納袋が付属しているので、本体にホコリや汚れがつきにくいのもポイントです。

3色の照明モードと無段階の光量調節機能が搭載され、部屋の明るさや撮影スタイルに合わせて使用可能。ライトスタンドは53〜165cmまで7段階に伸縮し、使用者の体格に合わせて使えます。

USB端子が搭載され、PCやモバイルバッテリーなどさまざまなデバイスで給電できるのもポイント。USBケーブルとアダプターは台座部分に保管しておけるので、携帯し忘れるのを予防できます。複数の機材を持ち運ぶ手間をかけず、さまざまな場所で撮影したい方におすすめです。

ESR LEDリングライト

アルミ合金と金属製ネジを採用した三脚スタンドが付属したリングライト。高さは43〜135cmまで伸縮し、体格や撮影用途に合わせて使用可能です。

ライトは360°回転するため、光の当たり方を微調節できるのもポイント。3色のライトと10段階の明るさレベルがあり、撮影環境や用途に合わせて細かく明るさを変えられます。使い勝手に優れたおすすめのリングライトです。

Beyeah 10インチ自撮りリングライト

直径26cmのリングライトに170個のLEDライトを搭載したリングライト。白色・暖色・黄色の3種類の光源から選択でき、色合いにもこだわりたい方におすすめです。ライト部分も360°回転するので、光の当たり方も細かく調節できます。

スタンドは34〜65cmまで伸縮するため、体格に合わせて調節することが可能。また、USB給電式なので、PCやモバイルバッテリーなどのデバイスで使用できます。電源コードは195cmの長さがあるため、屋内だけでなく屋外でも重宝するリングライトです。

Amzdeal クリップ式電気スタンド

デスクやテーブルなどに固定して使用するクリップ式のリングライト。2本のフレキシブルアームにより、スマホとライトの位置を自由に調節できるのが特徴です。クリップ部分には滑り止めのゴムがついているため、安定した撮影を実現します。

USB給電式なので、PCやモバイルバッテリーなどさまざまなデバイスで使用可能。3色の照明モードと10段階の明るさ調節機能があり、撮影用途に合う光を照射できます。写真撮影だけでなく、メイク・PC作業・読書などにも重宝するリングライトです。

Yannuo 自撮りLEDリングライト

スマホ・タブレット・ノートPCなどに挟んで使うクリップ式のリングライト。幅8.5×高さ11×厚さ1cmのコンパクトサイズなので、持ち運びやすいのが特徴です。USB充電式のため乾電池の補充が必要なく、コンセントのない場所でも使えます。

クリップ部分にクッションフィルムがついており、画面を傷つけにくいのもポイント。3段階の調光モードが搭載され、部屋の明るさや自分の好みに合わせて使用できます。自撮り写真や動画のクオリティを気軽に高めたい方におすすめです。

Lankey 自撮りLEDリングライト

直径9×厚さ3cmのコンパクト設計により、持ち運びやすいのが魅力のリングライト。クリップ式なので、スマホやタブレットに挟むだけで使用できます。内側にはシリコンジェルが付属しており、画面が傷つきにくいのもポイントです。

無段階の明るさ調節機能が搭載され、さまざまな環境下で使用可能。ボタンを押すだけでモードを切り替えられるため、機械操作が苦手な方にも適しています。価格もリーズナブルなので、リングライトを気軽に使いたい方におすすめの製品です。

Hshenda 自撮りライト

36のLEDライトと3段階の明るさ調節機能を搭載したクリップ式のリングライト。クリップ部分にはシリコンバンドがついているため、画面を傷つけにくく作られています。重さは50gと非常に軽量で、気軽に持ち運べるのが魅力です。

USB充電式と乾電池式の2種類があり、使用者の好みに合わせて選択できるのもポイント。必要なときにサッと明かりをつけられるので、災害時の非常灯としても使用できます。シンプルで使いやすいだけでなく、手頃な価格も人気のリングライトです。

TOYOTO 自撮りライトクリップ式

コンパクトサイズで、スマホに取りつけてもスクリーンが見えにくくならないリングライト。自撮りをしながら、自分の写りをスクリーンでしっかりと確認できます。クリップ式のため、必要なときにさっとスマホに取りつけられるのもポイントです。

照明の角度も調節できるので、光の当たり方にこだわりたい方にもおすすめ。ボタン1つで3種類の照明モードを切り替えられるため、さまざまな撮影ニーズを満たせます。

カラーはシルバー・ブラック・ローズゴールドの3種類から選択可能。USB充電式なので、乾電池を交換したりケーブルを持ち歩いたりする手間もかかりません。携帯性と機能性を追求したい方は、ぜひチェックしてみてください。