ライブやコンサートを盛り上げたり一体感を演出したりするのに一役買ってくれる「ペンライト」。最近ではスマホと連携してカラーバリエーションを増やせるなど、さまざまな種類のアイテムがリリースされています。

そこで今回は、ペンライトの選び方とおすすめモデルをご紹介。初めてペンライトを買う方も、そろそろ買い替えようと考えている方もぜひ参考にしてみてください。

ペンライトの選び方

発光タイプで選ぶ

電池タイプ

By: amazon.co.jp

電池式のペンライトは電池を入れ替えることで繰り返し使え、点灯と消灯を自由に行えることが特徴。複数の色を切り替えられるモデルも登場しており、色違いのペンライトを複数持つ必要がないのでおすすめです。

化学発光タイプ

By: amazon.co.jp

本体を軽くポキっと折り曲げると内部のガラスアンプルが割れ、2種類の薬品が化学反応を起こして発光するペンライトです。一般的に「ケミカルライト」や「サイリウム」と呼ばれます。

電池タイプとは違って色を変更したり点灯と消灯を切り替えたりできません。また、化学反応を元に戻すことはできないため、化学発光タイプのペンライトは使い切りなのが特徴。電池タイプよりも安価なので、頻繁に使うことがなくペンライトにお金をかけたくないという方におすすめです。

明るさで選ぶ

電池タイプのペンライトのなかには明るさを調節できるモノもありますが、そうでない場合は明るさを確認しておきましょう。電池タイプのペンライトには、ボタン電池を用いるモノと単4電池を用いるモノがあります。乾電池よりもボタン電池を用いるモノの方が、明るさが弱めです。

化学発光タイプのモノは、明るさと発光時間が反比例します。そのため長時間発光させたい方には明るさを抑えたペンライトがおすすめ。曲のサビ時など特定の時間に集中して盛り上げたい方には発光時間が短いペンライトが最適です。

ライトの色で選ぶ

ライブやコンサートを行うアーティストによって、テーマカラーが決まっていることがほとんどです。また、曲ごとに色を変化させることもあります。そのため、色を変えられるペンライトを選んでおいた方がカラーを合わせやすいのでおすすめです。

握りやすさで選ぶ

ライブやコンサートではペンライトを振る場面も多く、誤って手から離してしまうとペンライトを紛失するだけでなく、人に当たってケガをさせてしまうことも考えられます。

グリップが流線型になっているモノや薄型のモノは持ちやすく、手から離れにくいのでおすすめです。ストラップが付いているかどうかも確認しておきましょう。

また、ボタンが操作しやすい位置についているかどうかを確認することも重要。底部分についているよりも、側面についていると操作しやすいのでおすすめです。

重さで選ぶ

ライブやコンサート中にペンライトを振り続けることを考えると、軽いペンライトの方が、腕への負担が少なくおすすめです。軽量なモノを選べばバッグに入れて持ち運ぶのも楽なので、本体の重量についてもチェックしておきましょう。

連続使用時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

電池タイプのペンライトは、あらかじめ電池を新品にしておけば点かなくなることはありませんが、使い切りの化学発光タイプでは、どのくらいの時間発光し続けるのか把握しておく必要があります。

ここぞという時のみ使いたい場合はそこまで気にする必要はありませんが、ライブやコンサート中に使い続けたいのであれば長持ちするモノを選びましょう。

機能で選ぶ

最近では、スマートフォンやタブレット用アプリと連動させて、発光色や発光色リストを自由にカスタマイズできるペンライトもリリースされています。通常のペンライトと比べるとやや割高ですが、便利なのでぜひチェックしてみてください。

ペンライトのおすすめモデル

ルイファンジャパン(RUIFAN JAPAN) キングブレード ONE1R

ルイファンジャパン キングブレード ONE1R

赤・緑・青・白・黄色、全5色のLEDを内蔵したペンライト。5色のLEDを組み合わせて作れるカラーは全15色で、曲調やメンバーに合わせてカラーチェンジができます。また、3種類の発光パターンを作れる「デュアルメモリー機能」を搭載。1つはデフォルトパターンで固定されていますが、ほか2つは自分好みの順番に色を入れ替えられるのが特徴です。

電源はボタン電池6個を使用。取り外しのできるバッテリーユニットに電池を詰め替えて使うタイプなので、電池の交換が簡単にできるのがポイントです。別売りのバッテリーユニットを購入しておけば、ライブ中にペンライトの電池が切れてしまったときにもサッと交換できます。

全長が22cmとやや短めなので持ち歩きやすく、さまざまな会場で使えるのが魅力。よくライブに参加する方におすすめの製品です。

ルイファンジャパン(RUIFAN JAPAN) キングブレード iLite

ルイファンジャパン キングブレード iLite

シンプルで軽量、コンパクトなサイズ感が魅力の単色ペンライト。製品ラインナップは全11色で、自分の欲しい色だけを買い揃えることができます。

グリップ部分にはレギュラーグリップとファイターグリップの2種類を採用。レギュラーグリップは円筒状で、握って振りやすいのが特徴です。ファイターグリップは指と指の間に挟みやすく、複数のペンライトを同時に振れる形状。たくさんのペンライトを使ってライブ会場を盛り上げたい方におすすめです。

ルミカ(LUMICA) 大閃光ブレード300

ルミカ 大閃光ブレード300

1本で24色をカバーできる豊富なカラーバリエーションが魅力のペンライト。同系色でも繊細なニュアンスで異なる色を表現できるため、メンバーや曲に合わせて色を変えられます。

また、よく使う1色だけを登録できる「トリガーボタン」を搭載しているのがポイント。ペンライトに登録されている色から順番に選択するのではなく、一発でカラーチェンジできます。

ターンオン(TurnON) ミックス・ペンラ-PRO 24C Deco スタータイプ

ターンオン ミックス・ペンラ-PRO 24C Deco スタータイプ

かわいい星型が特徴のペンライト。赤・緑・青・白・黄色の5色LEDを採用しており、色崩れのない、きれいなカラーバランスを長時間キープできます。

色数と色順を自由に設定できるメモリーモードを搭載しており、自分の好みに合わせた発光順の選択が可能。参加するライブで使いそうな色をセットしておけば、すぐにその色へと切り替えられます。

誤作動防止の自動ロック機能が搭載されているのもポイント。カバンの中で勝手に点灯して電池を消耗してしまうリスクを軽減できます。見た目も華やかなので、ライブだけでなく、盛り上がるイベント中に使うペンライトを探している方におすすめの製品です。

日本オムニグロー LEDサイリュームクラシックペンライト

日本オムニグロー LEDサイリュームクラシックペンライト

アルカリボタン電池3個で20時間以上の連続発光が可能なLEDのペンライト。持ち手部分が発光色と同じ色になっているため、ライトの色が一目でわかりやすいのが特徴です。

折って発光させるケミカルライトによく似た形状ですが、電池式なので使用後にゴミにならず、繰り返し使える点も魅力。ライブ会場ではケミカルライトを使いたいけれど、発光時間が気になるという方におすすめの製品です。

やまと興業 チアライトフル

やまと興業 チアライトフル

全20色のカラーバリエーションが魅力のペンライト。カラーチェンジは2ボタン式で、設定した順番でも逆の順番でも色の選択をできるのが魅力です。持ち手のある根元から先端に行くにつれて色が濃くなり、ややグラデーションがかったように発光するのが特徴です。

本製品は、ボタン電池6個をペンライトの持ち手に入れて使うタイプ。電池カバーはマイナス型のネジで止められており、振った時に誤って電池が飛び出してしまうというアクシデントを防げます。ペンライトを振る際、ついつい熱が入って激しく振ってしまいがちな方におすすめです。

やまと興業 チアライトAir

やまと興業 チアライトAir

専用アプリと接続することによって、オリジナルのカラーを作成できるペンライト。赤・緑・青・白を組み合わせて好みの色を作れるので、メンバーカラーの微妙な色のニュアンスも再現したい方におすすめです。

また、複数のペンライトを遠隔操作できるワイヤレスカラーチェンジにも対応。統率のとれたペンライト芸を目指す方はぜひチェックしてみてください。

リバールーツ フラッシュボンバーZ

リバールーツ フラッシュボンバーZ

折って発光を促す化学発光タイプのペンライト。同じ色のペンライトが20本セットになっており、自分の欲しい色だけを選んで購入できます。グリップ部分は細くくびれており、指と指の間に挟んで使用可能。「バルログ」と呼ばれる複数持ちに適した形です。

発光時間は3~5分とやや短めですが、その分明るく、高発色なのが魅力。コンサートやライブで最も盛り上がる、ここぞというタイミングで使うのがおすすめです。

ルイファン ジャパン(RUIFAN JAPAN) キングブレードX10III Neo シャイニング

ルイファン ジャパン(RUIFAN JAPAN) キングブレードX10III Neo シャイニング

発光色や明るさ、配色順を自在にカスタマイズできるペンライトです。スマホやタブレットに専用アプリをダウンロードすることで、自分の欲しい色を作り出したりオリジナルの発光パターンを作成できたりと自由に楽しめます。

なお、アプリを使用しなくても15色と豊富なデフォルトカラーが揃っているほか、本体のスイッチを操作することで色順や色数を組み替えられるのもポイント。また、グリップは流線型なので持ちやすいのに加え、ストラップ付きのためペンライトが手から滑り落ちてしまうのも防げます。便利なカラーチューニング機能でさまざまなシーンに重宝するおすすめのペンライトです。

ルミカ(LUMICA) ルミエース2 オメガ キラキラタイプ

ルミカ(LUMICA) ルミエース2 オメガ キラキラタイプ

スタンダードモードではデフォルトの12色、カスタムモードでは全24色と豊富なカラーを楽しめるペンライトです。搭載された「メモリー機能」により、発光色を好きな順番に登録できます。

また、スイッチは本体正面に配置されているので親指だけで簡単に操作できるほか、「カラーリザーブ機能」を使えばステージから目を離すことなく瞬時にカラーチェンジができるのもポイント。また、電池残量が少なくなったらセンターボタンが赤く点滅する「電池インジケーター」を採用しているため、急な電池切れの心配も不要です。

4LEDを搭載することでより鮮やかな発光色を楽しめるのも魅力。アーティストのイメージカラーや曲に合わせて好みの色にカスタマイズできる、おすすめのペンライトです。

ルミカ(LUMICA) ルミカライト 大閃光アーク 極

ルミカ(LUMICA) ルミカライト 大閃光アーク「極」

気軽に使える化学発光タイプのペンライトです。25本のスティックがまとめてアルミ袋に入れられており、チャックをしっかり閉めれば長期間保存ができます。とびきり明るく光る超絶輝度のオレンジカラーを採用しているため、ライブで目立ちたい方にぴったり。

なお、最大発光時間は2~3分と短いので、盛り上がるサビ部分などのここぞという場面で活用してみてください。また、飛行機にも持ち込めるので海外ライブに携行できるのもポイント。大量のペンライトをライブ仲間とシェアできる、おすすめのアイテムです。

ターンオン(TurnON) ミックス ペンラ プロ PRO

ターンオン(TurnON) ミックス ペンラ プロ PRO

使いやすさにこだわった、ボタン電池式のペンライトです。ライトの点灯消灯やカラーチェンジのボタンは本体側面に配置されているため、グリップを握ったまま操作ができます。また、「自動ロック機能」が付いているので使用中の誤操作を防げるのに加え、「電池BOX構造」を採用することで落下しても電池が飛び出さないのもポイント。

さらに、新規開発された5LEDライトを搭載することで、より綺麗な発光色と抜群の明るさを発揮してくれます。なお、ホワイトや黄色などのスタンダードカラーからに加え、サクラピンクやアイスブルーなどのカスタムカラーまで、最大24色のカラーチェンジが楽しめるのも魅力。発光色の順番も自由にカスタムできます。実用性が高く、明るいペンライトを探している方におすすめのアイテムです。

ターンオン(TurnON) ミックス ペンラ HB

ターンオン(TurnON) ミックス ペンラ HB

かわいらしいハート型のペンライトです。単4電池3本のほか充電式電池「エネループ」や「充電式エボルタ」に対応しているため、ペンライト本体だけではなく電池も繰り返し使用できるのが特徴。コストを抑えたい方にぴったりです。

また、特許取得済の5LEDライトを採用することで美しく明るい発光色を楽しめるのに加え、24色と豊富なカラーバリエーションのなかから好みのカラーを選択できます。なお、カラーの順番も自由自在にカスタムが可能です。

さらに、使用中の誤操作を防止できる「自動ロック機能」や電池の飛び出しを防止する「電池BOX構造」を採用しており、実用性も抜群。印象的なデザインで、ライブシーンを盛り上げられるおすすめのアイテムです。

ミラックス(Milax) コンサートライト キラキラタイプ

ミラックス(Milax) コンサートライト キラキラタイプ

気軽に購入できる安い価格帯でありながら、便利に使えるペンライトです。採用された「高出力カラーLED」によって、強く鮮やかに発光する15色のカラーを楽しめます。なお、好みのカラーを常時固定点灯できるだけではなく、「自動カラー変更」機能によって約3秒ごとにカラーを自動で変えられるのもポイント。

また、グリップは流線型で握りやすいのに加え、電池を入れた状態で重量約95gと軽量設計なので手の疲れを軽減できます。さらに、ストラップ付きで手から滑り落ちてしまうのを防げるのも魅力。ライブ会場が自宅から遠く離れていても快適に持ち運びできるペンライトです。

5Star ペンライト

5Star ペンライト

コストパフォーマンスに優れたペンライトです。安価でありながら、実用性は抜群。18色と豊富なカラーチェンジを楽しめるほか、常時点灯と点滅点灯のどちらにも対応しています。また、最大8時間の連続点灯が可能なので、ライブや野外フェスのみならず災害時に使用できるのもポイント。

点灯消灯やカラーチェンジのスイッチは本体側面に配置されているため、本体を握ったまま快適に操作できます。また、特別な設計で握りやすいグリップを採用しているのに加え、本体重量は約100gと軽いので手が疲れにくいのも魅力。

さらに、チューブ内のシートは取り外し可能なので、好みに合わせたオリジナルシートに交換できます。自分仕様のペンライトで、ライブを最大限に楽しみたい方におすすめのアイテムです。

coco雑貨店 ペンライト USB充電式

coco雑貨店 ペンライト USB充電式

本製品は、1回3時間の充電で約9~17時間と長時間の連続発光ができる、USB充電式のペンライトです。7パターンの発光色から好みのカラーを選べるほか、本体を左右にシェイクするだけで簡単にカラーチェンジができます。本体側面に配置されているタッチスイッチで明るさを調節することも可能です。

また、本体底面の電源ボタンを長押しするとSOS赤色光の遭難信号がオンになり、防災グッズとしても活躍します。さらに、点灯時に操作がないと2時間後に自動消灯されるので、消灯し忘れた際も電池の消耗が少なく安心。防水設計を施しているため、雨の屋外でも安心して使えるおすすめアイテムです。

Life&Hope ペンライト 猫型

Life&Hope ペンライト 猫型

ハンドルにキュートな猫が配置されたペンライトです。グリップ部分にある猫の目を押すことで、簡単にカラーチェンジができます。また、15色と豊富なバリエーションのなかから好みの色を選択できるほか、高輝度LEDを採用しているため、鮮やかで存在感抜群の発光色を楽しめるのもポイント。

本体重量は電池を入れた状態でもたったの55gなので、手が疲れにくいのに加え手軽に持ち運びができます。ストラップ付きなのでペンライトが手から滑り落ちてしまうのを防げるのも魅力。さらに、カバーを開けば本体の中に紙を入れられるため、お気に入りのデザインのペンライトにカスタマイズできます。ユニークなペンライトで周りと差をつけられるおすすめのアイテムです。

iSmile 光るブレスレット

iSmile 光るブレスレット

本体をパキッと折るだけで発色する、化学発光タイプのペンライトです。黄・青・緑・赤・ピンクなどを含む10色が100本のセットで販売されているため、ライブのみならずお祭りやキャンプなどのさまざまな用途でたっぷりと活用できます。なお、夏期は3~8時間、冬期は5~8時間の点灯が可能です。

また、ジョイント付きなので繋ぎ合わせてリングにできるのも魅力。異なるカラーを繋いでカラフルなリングを作ったり、特大リングを作ってチョーカーにしてみたりと好みに合わせた使い方ができます。いろいろな場面で活躍してくれるおすすめのペンライトです。