ソルトにおけるライトゲームのなかでも比較的ジャンルの確立が新しい「アジング」。アジを釣るとなるとエサを使ったサビキ釣りが昔から親しまれてきましたが、最近はルアーやワームでの釣りにゲーム性が見出され、楽しむアングラーが増えています。

そこで今回は、アジングワームのおすすめアイテムをご紹介。選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アジングワームとは?

By: arukazik.com

アジングワームとはアジ釣りで使うワームのこと。もともとはメバリングで使うライトゲーム用のアイテムが使われていましたが、アジングの普及により、さらに小さく細い専用のワームが開発されました。

アジングワームの特徴は微波動で誘うこと。他ジャンルのワームでの釣りと異なり、リアクションの要素はほとんどなく、派手に動かさないことが重要です。選ぶ際は波動の強弱の違いではなく、シルエットの違いで使い分けるようにしましょう。

アジングワームの選び方

色で選ぶ

By: daiwa.com

アジングワームのカラーローテーションで意識するポイントは、ナチュラル・ソリッド・ケイムラ・グローの使い分け。ナチュラルはベイトに違いカラー、ソリッドはピンクやオレンジなどの単色、ケイムラは紫外線に反応して発光すタイプ、グロー夜光塗料が施されたタイプを指します。

判断基準は当日の水質や天候、そして時間帯。水が濁っていたり曇っていたりすれば少ない光量でも存在感が出るグローを中心に、快晴であればケイムラやナチュラルなどの弱めをチョイスするのがおすすめです。日が落ちるにつれ派手めのソリッドカラーに移行し、月明かりや常夜灯ではケイムラやグローを多用するようにしましょう。

サイズで選ぶ

By: arukazik.com

アジングワームのサイズラインナップを見ると総じて短く小さいですが、それでも微妙に違いがあります。使い分けのポイントとしては時期を意識すること。本格的にシーズンインした秋から年末にかけては大きめのサイズを、年明けから晩春にかけては小さめのサイズをセレクトするのがおすすめです。

水温が低下するとアジの動きが鈍ると思われていますが、捕食に関しては積極的。アジは流下するベイトを好みますが、水温低下でその傾向は顕著になり、あまり動かずとも食べやすいサイズを口にする機会が増えると考えられます。

太さで選ぶ

By: jackall.co.jp

アジングワームは、より細長いか、やや太めかによっても異なります。シーズナルでの反応の違いはあまりありませんが、フィールドの状況や時間帯などによって好みが分かれます。ぜひルアーローテーションする際は意識しておきましょう。

シルエットの違いで選ぶ

By: baitbreath.net

アジングワームは直線系のストレートテールまたはピンテールが一般的です。実釣ではまずこれらを試し、反応がイマイチであればほかの形状にチェンジするのがおすすめです。

反応には時期的な傾向はあまり感じられず、魚の状態次第。アジングワームの購入を検討する際はシルエットの違いも意識しておきましょう。

アジングワームのおすすめ

ダイワ(Daiwa) 月下美人 アジングビーム

同社テスターのこだわりから生まれたアジングワーム。メバル用のワームよりも柔らかく仕上げ、微波動でバイトを誘発するのが特徴です。

ボディのリブと先端、さらにテールを幅広にし、ジグヘッドリグでの操作性を意識しているのもポイント。また、高い集魚が期待できるアミノ酸とオキアミフレーバーを配合しているのも魅力です。

なお、さらに深いバイトを求める際は同シリーズの「月下美人 アジングビーム 極み」も効果的。芯の部分に「特濃エビ粉コア」、その周りにうまみ成分が凝縮された「アミノX」が施されています。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 月下美人 アジングビーム バチコンカスタム

アジングのボート釣法のひとつとして知られる「バチコン」を意識して開発されたワーム。バチコンとはバーチカルコントロールの略称で、ジグヘッドリグからキャロライナリグ、ダウンショットリグをセットし、落とし込んで漂わせ回遊待ちするのが特徴です。

ワーム本体にはうまみ成分を凝縮した「アミノX」を配合しています。集魚効果が高く、放置またはナチュラルドリフトでもしっかりとバイトを誘発できるのが魅力。注目度の高いおすすめアイテムです。

ダイワ(Daiwa) 月下美人 シラスビーム 2.0

非常に柔らかい素材を採用したアジングワーム。その名の通りシラスを模した2インチサイズのスティックベイトで、タフな状況でも頼りになるのが特徴です。

パーツや凹凸のないシンプルなストレート設計で、ただ巻きでの動きはナチュラル。一方でロッドを小刻みに動かせばテール部分が反応し、繊細にアピールできます。また、ボディの芯の部分にはメーカー独自の「イワシ油」を配合。ワームのカラーによっては目視できます。購入する際はぜひ確認しておきましょう。

ジャッカル(JACKALL) ペケペケロング 2.5インチ SQ

2.5インチサイズで存在感があるアジングワーム。オリジナルモデルの「ペケペケ2インチ」からサイズアップしたアイテムで、ロッドアクションに対するレンスポンスがよいのが特徴です。

しっかりと水を掴むテール形状を採用しているのもポイント。また、アジが好むとされる味とニオイ、さらに海老オイルが内部に施されており、深いバイトが期待できます。

ジャッカル(JACKALL) アミアミ

バイトに対する吸い込みのよさに配慮したアジングワーム。極小サイズながらやや深めのリブがついているのが特徴で、微波動を出して存在感をアピールできます。

また、テールが二又に分かれているのもポイント。わずかな水流でも反応し、なまめかしく動くのも魅力です。サイズは1.5インチと2.3インチをラインナップしています。

がまかつ(Gamakatsu) 宵姫トレモロAJ 2インチ

極小ながら水受けのよいアジングワーム。進行方向とは逆にリブを付けることによって、スイミング時に抵抗を感じられるよう配慮しているのが特徴です。

フォルムはくびれのあるストレート。なお、ちぎって使えばさらなるダウンサイジングも可能です。カラーはナチュラル系からUV発光や夜光タイプまでラインナップしています。

シマノ(SHIMANO) ソアレ カップリング

やや深めのリブが入っているアジングワーム。それぞれが進行方向に対して逆向きのカップ形状となっており、わずかな水を受けて微波動を出すのが特徴です。

なお、本製品は専用のジグヘッド「ソアレ カケガミ」とセットで使うのがおすすめ。ジグヘッド部分からアームが2本出ており、上はワームキーパー、下にはシングルフックを2本装着するためのアイが用意されています。シングルフック2本の仕様はジギングにおけるアシストフックと同じ要領で、吸い込みの弱いアジでもしっかりと掛けることが可能。気になる方はぜひ試してみてください。

エコギア(ECOGEAR) 熟成アクア 活アジストレート

ストレートワームともピンテールワームともいえる形状を採用したアジングワーム。味とニオイを凝縮した液体に漬け込まれているほか、水中の動きはしなやかで、集魚力と喰わせの能力に長けているのが特徴です。

また、ボディに細かい突起とスリットが入っているのもポイント。吸い込むようなバイトでもフックポイントがしっかり刺さる仕様となっています。タフな状況でも活躍するので、シーンを問わず使えるアイテムを探している方はぜひチェックしておきましょう。

エコギア(ECOGEAR) 熟成アクア 活アジコムシ

アミエビなどの小型ベイトを偏食しているときに効果を発揮するアジングワーム。細かいパーツと二又に分かれたテールによってわずかな水流でも微弱な波動を出すのが特徴です。

また、シリーズ共通の「熟成」という手法により集魚力が高いのもポイント。オーソドックスなワームでは反応しないセレクティブな魚に対してもバイトに持ち込めます。

ベイトブレス(Bait Breath) フィッシュテール

汎用性の高いアジングワーム。アジに限らず、メバルを含めたライトゲーム全般に使えます。ジグヘッドはもちろん、ライトキャロやフロートリグなど、さまざまアプローチで攻められるのが特徴です。

テール部分は尾ビレを模しており扁平。サイズは2インチで、カラーは全16色を取り揃えています。なお、同シリーズにはボディにリブが入った「フィッシュテール リンガー」も用意されているので、併せてチェックしておきましょう。

ベイトブレス(Bait Breath) AJ-R

ベイトフィッシュにも細長いエビにも見えるアジングワーム。やや体高のあるボディを採用しており、ジグヘッドリグをセットしやすいのが特徴です。

水中でのテールの動きはなめらかで、ロッドに対するレスポンスも良好。護岸の足元を狙うヘチ釣りから回遊ルートを意識した釣りまで対応できます。アジはもちろん、メバルにも効果を発揮するので、ソルトのライトゲーム全般で使えるのも魅力です。

メジャークラフト(Major Craft) アジフラット

リングボディにフラットテールが付いたアジングワーム。先端から尾ビレにかけて細身になっていくフォルムを採用しており、ただ巻きはもちろん、軽くロッドアクションを入れてダートさせるのも効果的です。

サイズは2.3インチと2.8インチをラインナップ。カラーは、ナチュラルな色合いからピンクやグリーンなどの鮮やかなソリッド仕様まで揃っています。

メジャークラフト(Major Craft) まっすぐ尾

ピンテールタイプのアジングワーム。製品名は「まっすぐテール」と読み、アジングワームとしてはオーソドックスなフォルムを採用しています。

サイズは1.5インチと2インチを、カラーは12色をラインナップ。8本入りで安価なので、コスパ重視で選びたい方におすすめのアイテムです。

レイン(reins) アジアダー

さまざまなバス釣りルアーを開発している「デプス」と、数多くのソフトベイトを手掛ける「レイン」とがコラボしたアジングワーム。デカバスに実績のあるデプスの「デスアダー」のデザインをレインのマテリアルで成形しているのが特徴です。

同ジャンルのアイテムとしては大きめの50mmサイズ。カラーラインナップも豊富で、単色はもちろん、2トーンカラーも取り揃えています。

サーティフォー(34) プランクトン

アジングに精通するブランド「サーティフォー」のアジングワーム。細長いツインテールを備えているのが特徴で、弱々しいバイトに対してもしっかりと対応できます。

ネーミングの通り、小魚というよりはプランクトンを意識したデザイン。サイズは極小の1.8mmで、動かすことよりも浮遊させるイメージで使うのがおすすめです。

サーティフォー(34) キメラベイト

アジングでのスローフォールの誘いを意識してデザインされたアジングワーム。同ブランドの定番ソフトベイトとして知られる「オクトパス」を2本付けしたのが開発のヒントとなり、ジグヘッド単体を刺しやすいように1本化されました。

縦刺しで、テール部分が上下に並ぶようにセット。下腹部がくり抜かれた仕様なので、その分ボディの上半分にウエイトが集中し、水中ではゆったりと落ちる姿勢となります。よく考えられたアイテムなので、気になる方はぜひ試してみてください。

ゼスタ(XESTA) ビロードスター

テールの微振動でバイトを誘うおすすめのアジングワーム。ボディに対してテール部分が長く、よりベイトフィッシュライクな動きをするのが特徴です。

動かし方としてはゆっくりとただ巻きか、軽いシェイク巻きでレンジキープするのがおすすめ。前者では水流でテールがビリビリと動き、後者ではテールをなびかせながら捕食を促します。

ゼスタ(XESTA) アジングニードル

極細のテールを採用したアジングワーム。一見オーソドックなピンテールのように思えますが、テールにはねじれが入っており、ストレートテールとはひと味違った泳ぎをするのが特徴です。

ただ巻きではわずかにS字を描くのもポイント。くねくねとした動きをするので、棒引きでは反応がない際に有効です。カラーはクリア系を中心に12色をラインナップしています。

TWO by TWO P-テイル55

ロングピンテールを備えたリブ形状のアジングワーム。ボディとテールの間にくびれを設けることで、大きめのアクションを出すのが特徴です。

また、ボディの凹凸によりしっかりと水を掴み、操作感が手元に伝わりやすいのもポイント。フォール中では水の抵抗が増し、ゆったりと誘えます。

ティクト(TICT) フィジット ヌード

極細のロングテールを採用したアジングワーム。全長は2.7インチながらヘッド部分はわずかなので、ジグヘッドをセットする際はショートシャンクを選ぶのがおすすめです。

また、製品はカラーによって仕様が異なるのもポイント。ノーマルタイプのほか、エビ粉入りや夜光、ケイムラなど、いくつかパターンがあります。購入する際はその点を留意しておきましょう。

エバーグリーン(EVERGREEN) ドットテール

テール部分に中空ボールが用意されたアジングワーム。見た目にインパクトがありますが、動きに派手さはなく、存在感はありつつもナチュラルなアクションで誘えるのが特徴です。

また、マテリアルにも耐久性があり、避けにくくズレにくいのもポイント。サイズは1.8インチと2.5インチが用意されています。

エバーグリーン(EVERGREEN) ギムレット

オーソドックスなフォルムで扱いやすいスタンダード仕様のアジングワーム。ストレートタイプで、くびれとピンテールを備えているのが特徴です。

動きとしてはナチュラルな微波動を出すのがポイント。バイト時はテール部分が折れ曲がりやすく、フッキングの妨げを軽減しています。サイズラインナップは1.5インチ・2インチ・2.5インチの3種類を用意。フィールド状況やベイトのサイズ、数狙いか大物狙いかなどで使い分けるようにしましょう。

ドリームアップ(Dreem up) マッカム

ハンドポワードで成形されたアジングワーム。ハンドポワードとは手作業で原料を流しこむ製法のことで、量産化には手間がかかりますが、素材の硬さや柔さかに融通が効くほか、カラーに対しても細かい調節ができるのが特徴です。

本製品は柔らかく仕上がっており、ボリュームがありながらも違和感なく口の中に入るのが魅力。また、左右対称ボディを採用しているので、裂けてきたら逆刺しで対応することも可能です。長く使えるアジングワームを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

アルカジックジャパン(Arukazik Japan) 艶じゃこ

メーカーオリジナルの樹脂マテリアルを採用したアジングワーム。柔軟性と伸縮性に優れており、耐久性が高いのが特徴です。

フォルムとしては小さいシャッドテールの先に極細のピンテールが付いているのがポイント。ある程度早巻きであればシャッドテールのスイングで、デッドスローで巻けばピンテールと振動でと、リトリーブスピードで使い分けられるのも魅力です。なお、製品名は「なまじゃこ」と読みます。