赤ちゃんの様子を離れた位置から確認できる「ベビーモニター」。家事で忙しいときや、ゆっくり休憩したいときに赤ちゃんを見守るアイテムです。モニターで赤ちゃんの様子を映像で見られるモデルが多くあります。

モデルによって搭載されている機能が異なるため、はじめて購入する場合は迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのベビーモニターをご紹介。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ベビーモニターはなぜ必要?

By: iodata.jp

ベビーモニターは赤ちゃんを見守るためのアイテム。家事で忙しいときや自由時間にゆっくりしているときに、離れた場所で寝ている赤ちゃんの様子を確認できます。赤ちゃんが起きてしまっても、泣き声や映像でチェックしてすぐに駆けつけることが可能です。

また、子供が2人以上いる場合、下の子供を寝かしつけている最中に、別室にいる子供の様子を確認できないことも。ベビーモニターがあれば、別室にいる子供もしっかりチェックできます。

赤ちゃんの動きに反応して知らせるモデルなら、モニターを見続ける必要はありません。ただし、ベビーモニターはあくまで赤ちゃんを見守るための補助的なアイテムです。異変を察知した際には対応できるようにしましょう。

ベビーモニターの選び方

モニタリング内容で選ぶ

音声のみのモデル

By: amazon.co.jp

モニターを搭載しておらず、赤ちゃんの声だけで様子を確認するのが音声のみのモデルです。モニターを搭載していない分、コンパクトで持ち運びしやすいのがメリット。エプロンのポケットに入れておくなど携帯しやすく、比較的価格が安いのも魅力です。

ただし、映像で赤ちゃんの様子をチェックできないため、泣いたり大きな声を出したりしない限りは寝ているのか、起きているのか判断できない場合があります。短時間だけ赤ちゃんから離れるときや、すぐに様子を見に行ける距離で使うときに役立つタイプです。

映像+音声のモデル

By: amazon.co.jp

ベビーモニターは、カメラとマイクが一体になった「映像+音声」のモデルが主流です。モニターを使って音声と映像でチェックできます。赤ちゃんを寝室に寝かせて、家事に集中したいときに便利。特に、声だけでは起きているか寝ているのか確認できず不安な場合におすすめです。

確認用モニターで選ぶ

外出先から様子を見るならスマホアプリから確認できるタイプを

By: iodata.jp

カメラをWi-Fi接続して、スマホアプリで映像を確認できるタイプもあります。庭で作業したり、洗濯物を干したりなど、少し屋外へ出るときなどに便利です。

子供が成長したら、近所への買い物で外出する際など、留守番させるときに役立ちます。また、ペットの見守り用として利用するのもおすすめです。

ただし、通信電波の状況が悪い場合など、接続のトラブルでうまく使用できない可能性がある点に留意しておきましょう。Wi-Fi接続のほか、有線でネットを接続できるモデルもあるのでチェックしてみてください。

家事をしながら様子を見るなら専用モニターから確認できるタイプを

By: nihonikuji.co.jp

家事をしながら赤ちゃんの様子を見守るなら、手軽に使える専用モニター搭載タイプがおすすめです。

カメラ側とモニター側をワイヤレス接続し、電源を入れるだけで使用可能。工場出荷時にモニターとカメラがペアリングされているモデルもあり、機器の扱いが苦手な方でも簡単に操作できます。

専用モニターがスタンド式で自立するモデルなら、立てかけて赤ちゃんの様子を確認しながら家事が可能。スマホを使用しないため、自由時間にスマホでゲームや動画視聴を楽しめるのもメリットです。

画質・画角で選ぶ

ベビーモニターの画質や画角はモデルによってさまざま。画質の荒いモデルは見えにくく、状況を確認しにくい場合もあるため注意が必要です。

カメラが撮影できる範囲を表している画角も要チェック。角度の数値が大きいモデルほど広い範囲を撮影できます。特に、ベビーモニターの置き場所が限られている場合には画角の広いモデルがおすすめです。

子供が成長して広い範囲を活発に動き回るようになると、画角の狭いモデルではカメラに収められない可能性がある点に留意しておきましょう。

搭載されている機能で選ぶ

お互いの声を聞けて安心の相互音声通信機能

By: rakuten.co.jp

赤ちゃんの声を聞くだけでなく、赤ちゃんに声がけできる「相互音声通信機能」を搭載しているモデルも販売されています。カメラ側とモニター側のそれぞれにスピーカーを搭載。赤ちゃんが泣き止まないときに声をかけられます。

家事中に手が離せず、すぐ駆けつけられないときに活躍。子供が成長すれば、子供部屋に置いてトランシーバーのように活用可能です。特に、一軒家など1階と2階で声が届きにくい環境で役立ちます。

赤ちゃんの動きを追える動体検知機能・自動追跡機能

By: visionkids.com

赤ちゃんの動きを検知してアラームなどで知らせるのが「動体検知機能」です。赤ちゃんの行動範囲が広がると、モニターに映らない場所に移動してしまうことも。動きを検知して通知するタイプなら、赤ちゃんが撮影可能範囲外に出る前に対応できるので、見えないところでの事故を予防したい場合におすすめです。

自動追跡機能を搭載したモデルにも注目。赤ちゃんの動きに合わせてカメラが動くため、撮り逃がしを防げます。カメラの位置を都度調節する必要がなく、手が離せないときにも利用可能です。

離れていてもモニターを操作できる遠隔操作機能

モニター側からカメラを遠隔操作できるタイプがあります。首振り機能搭載で上下や左右の向きを遠隔操作できるモデルは、赤ちゃんの様子をしっかり確認したいときにおすすめ。

赤ちゃんが撮影範囲外に出てしまっても対応しやすく、カメラを自在に動かして赤ちゃんの居場所を探せます。

ズーム機能を搭載したモデルも要チェック。モデルによって約2~8倍ズームを搭載しており、赤ちゃんの細かい表情を確認したいときに役立ちます。

室温をチェックする温度センサー機能

カメラ側に温度センサーを搭載し、赤ちゃんがいる場所の温度をチェックできるモデルも販売されています。モニターに温度を表示し、設定した温度より上下した場合に警告音で知らせるタイプが主流。

赤ちゃんは「暑い」「寒い」を言葉で伝えられません。温度センサーで室温の変化が把握できれば、すぐにエアコンの温度を調節するなどして、赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えられます。また、赤ちゃんの見守りだけでなく、お年寄りの見守りにも便利な機能です。

あると便利な子守唄・暗視機能

カメラ側からメロディを流せる「子守唄機能」を搭載したモデルもチェックしておきましょう。モニター側からの操作でメロディを流せるので、手が離せないときに赤ちゃんを寝かしつけたり、あやしたりするときに役立ちます。赤ちゃんが泣いたら自動的におやすみ音を再生できるモデルにも注目です。

また、暗視機能を搭載したモデルもおすすめ。暗視機能非搭載のモデルでは夜間でも部屋を明るくする必要があり、赤ちゃんの睡眠をさまたげる可能性もあります。

暗視機能が付いていれば、夜間や日中に部屋を暗くしているときでも映像を映し出し、しっかりと赤ちゃんの様子を確認可能です。

技適マークが付いているモノを選ぶ

By: visionkids.com

技適マークとは、電波法令で定められた基準に適合した機器であることを証明するマークです。技適マークのないベビーモニターは電波法令に違反している可能性があります。購入する際は技適マークの認証を確認しておきましょう。

技適マークはバッテリーを外したところや機器の底面、パッケージなどに表示されているのが一般的です。また、ネット上やカタログでは「技適マーク認証済」などと記載されている場合があるのでチェックしてみてください。

ベビーモニターのおすすめ

パナソニック(Panasonic) ベビーモニター KX-HC705

カメラを搭載している人気のベビーモニターです。カメラは上下約72°、左右約309°の範囲で角度を調節可能。2倍ズーム機能を搭載しており、離れた場所から赤ちゃんの細かな表情を確認したいときにおすすめのモデルです。

モニターは充電式でリビングやキッチンなど、場所を選ばず持ち運び可能。電子レンジや無線LANの干渉が少ない通信方式なので、映像や音声が途切れにくいのもポイントです。温度の変化を知らせる機能もあり、介護用としてお年寄りの見守りにも役立ちます。

音声を検知したときに自動でおやすみ音を再生する機能にも注目。子守唄5種類のほか、ホワイトノイズや胎内音などを内蔵しています。

モニターはスタンドで立てられるため、家事をしながら赤ちゃんの様子をチェックしたいときに便利。付属の壁掛けアダプターを活用すれば、壁にも設置可能です。

トリビュート デュアルタイプベビーカメラ BM-DW01

専用モニターにくわえて、スマホで映像をチェックできるベビーモニターです。自宅では専用モニターで、外出先ではスマホでチェック可能。子供に留守番させて買い物へ行くときや仕事中などに、スマホで家の様子を確認できます。

カメラは上下と左右の首振りを遠隔操作できるほか、ズーム機能で赤ちゃんの表情をチェックしやすいのも特徴。暗視機能で部屋の電気をつけずに映像を確認でき、赤ちゃんの生活パターンを乱しにくいのでおすすめです。

モニターは充電式で設置場所に困らないのもおすすめポイント。約6時間の充電で約7時間の使用が可能です。

Victure ベビーモニター

相互音声通信機能を搭載したベビーモニターです。2.4GHzワイヤレスデジタル転送により、リアルタイムで相互の声かけが可能。子供が成長してからはトランシーバー代わりとして使用できるなど、長く使えるおすすめのモデルです。

カメラ部は手動で水平方向に360°角度調節で、壁掛けも可能。設置の自由度が高いのも魅力です。赤ちゃんの泣き声など音を検出する「Vox音声モード」も搭載。音を検出するとモニターのディスプレイが起動して画面が点灯するため、赤ちゃんの変化にすぐ気づけます。

温度センサー搭載で、室温の変化に対応しやすいのもポイント。暗視機能や子守唄機能など、便利な機能が充実しています。

新鋭(SINEI) SecuFAMILY ベビーモニター SC-LA52

スマホアプリを活用して映像を確認するタイプのベビーモニターです。フルHD、200万画素の高画質で撮影できるカメラを採用。録画機能を搭載しており、microSDへの録画記録と国内サーバーを利用したクラウド録画に対応しています。

左右355°、上下50°の首振り機能によって広い範囲をチェック可能。子供が成長して動き回るようになってからも活躍するおすすめモデルです。自動追跡機能をスマホで設定できるのもポイント。子供やペットを自動で追いかけてカメラに収めます。

赤ちゃんの泣き声や動きに反応して、スマホに通知する機能にも注目。赤ちゃんの寝室やベビーベッドから離れたところで家事や作業しているときに役立ちます。赤外線LED内蔵の昼夜モード自動切替機能により、暗い場所でも確認可能です。

フリリ(Freli) ネットワークベビーカメラ FA01

コンパクトなベビーモニター。スマホで映像をチェックするタイプで、iOSとAndroidに対応しています。Wi-Fi環境はもちろん、4Gと5Gネットワークにも対応。外出先や仕事場で、子供やペットの様子をチェックしたい場合におすすめのモデルです。

タブレットなどに対応しているほか、Amazon Alexaから起動できる点に注目。「アレクサ、子供部屋のカメラを見せて」などと声をかければ映像をチェックできるため、手が離せないときに便利です。

専用アプリを活用すれば、複数台のカメラを登録することも可能。赤ちゃんの見守り用やペット用、子供の帰宅をチェックするための玄関用など、利便性の高い環境を構築できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ベビーモニター 400-CAM070

充電式ワイヤレスモニターを搭載したベビーモニターです。ワイヤレスモニターとカメラは工場出荷時にペアリングされており、電源をオンにすればすぐに使用可能。機器の扱いが苦手な方にもおすすめのモデルです。

カメラとモニターの両方にマイクを搭載しており、相互音声通信が可能。通常はカメラ側の音のみ聞こえている状態で、モニター側から「TALKボタン」を押すと声をかけられます。お年寄りの見守り用としても便利です。

室温が常温の範囲を超えると、アラームを鳴らして知らせる機能にも注目。エアコンの温度などを調節するタイミングが分かりやすく、赤ちゃんが快適に過ごせる室温を保てます。

YISSVIC ベビーモニター

カメラ付きで、映像と音によって赤ちゃんの様子を確認できるベビーモニターです。赤ちゃんの泣き声を検知して自動でモニターが起動。画面を見続ける必要がなく、家事や作業に集中しやすいモデルです。相互音声通信機能を搭載しており、赤ちゃんにモニターから声をかけられます。

2倍ズーム機能を搭載しており、赤ちゃんの表情を確認したいときに便利。ナイトビジョンにより、部屋を暗くしても映像をチェック可能です。温度センサーで温度を表示するほか、適当な温度の範囲を超えると温度表示が青から赤に変わるので、温度変化にすぐ気づけます。

目覚まし時計付きで、設定時間にアラームを鳴らせる機能にも注目。赤ちゃんの寝る時間や授乳など、スケジュールをコントロールする育児メソッド「ジーナ式」を取り入れたい場合に活躍します。上の子供を迎えに行く時間などもアラームで管理可能です。

Lefun ネットワークカメラ

400万画素の高画質カメラを搭載したベビーモニターです。スマホアプリで操作でき、8倍ズームに対応。広い室内で赤ちゃんの細かな表情を確認できるおすすめモデルです。

Wi-Fi接続にくわえて有線接続に対応しているため、ネット接続が不安定な環境でも利用しやすいのがポイント。顔検知や音声検知に対応しており、検知感度はアプリで変更できます。赤外線LED内蔵で10m離れた暗い場所もチェック可能です。

相互音声通信機能により、スマホから赤ちゃんに声をかけることも可能。microSDカードで録画保存できるほか、別途申し込みによるクラウド録画にも対応しています。

日本育児(Nihonikuji) デジタルカラー スマートビデオモニターIII

わずか約120gのコンパクトなモニターを搭載したベビーモニターです。エプロンのポケットに入れて家事をするなど、常に携帯したい場合におすすめのモデル。カメラはACアダプタ、モニターは充電池から給電できます。

盗聴されにくい通信方式を採用しており、盗聴防止タイプを探している方にもおすすめです。

設定音量以上の音を検知してモニターが自動起動するため、モニターを見続ける必要はありません。モニターは2倍ズームで赤ちゃんの表情をしっかりと確認可能です。部屋を暗くすると自動的にナイトビジョンへ切り替わり、様子をチェックできます。

温度センサー搭載でモニターに室温を表示し、設定温度を超えるとアラームで通知。壁掛けユニットが付属しており、ちょうどよい設置場所がないときに重宝します。

日本育児(Nihonikuji) スマートベビーモニターII

モニターのない音声のみのベビーモニターです。相互音声通信機能で赤ちゃんに声をかけることが可能。異変を感じた際にすぐ駆けつけられる間取りの住宅におすすめのモデルです。

VOX音認識機能を搭載しており、音を検知して起動。設定音量以下では無音に切り替わる「オートMute機能」により、無駄な電力消費を抑えられます。コンパクトな親機はクリップ付きで、エプロンのポケットなどに挟めるため、常に携帯したい場合におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワークカメラ Qwatch TS-WRLP/E

動作検知・人感・音・気温・湿度のセンサーを搭載しているベビーモニターです。センサーが検知すると、9種類あるサイレンやチャイムでスマホへ知らせるタイプ。無料アプリで簡単に設定できるほか、200万画素の高画質で赤ちゃんの様子をチェックできるおすすめのモデルです。

高感度CMOSセンサーの搭載により、暗い場所でも撮影可能。カメラ側にもスピーカーを搭載しており、赤ちゃんやペットへ呼びかけられます。カメラはWi-Fi接続にくわえて有線接続にも対応し、電波状況が不安定な場合でも接続しやすいのがポイントです。

ビジョンキッズ(Visionkids) ベビーカメラ JP202

By: visionkids.com

ネットワーク接続不要で使えるベビーモニターです。障害物があるところでは、約10~30mの範囲での使用が想定されています。起動すれば自動的にペアリングしますが、自動ペアリングに失敗しても、手動で設定できるため安心です。

モニター側は充電式で、携帯しながら使用したい場合におすすめ。裏側にクリップが付いているので、エプロンのポケットなどに挟んでも使えます。モニターの音声ボタンを押せば、赤ちゃんに声をかけることも可能です。

ズームボタンで映像を拡大できるため、細かい表情をチェックしたいときに役立ちます。カメラ側に温度計を内蔵し、モニター側に温度を表示。室温の変化にすばやく対応できます。技適マーク付きで安心して使えるのもおすすめポイントです。

アボシ ネットワークカメラ

Wi-Fi接続で、スマホを使って操作するベビーモニター。複数のデバイスで同時に映像をチェックできるため、家族みんなで赤ちゃんを見守りたい場合におすすめのモデルです。水平355°、垂直120°の広視野角で、角度調節はスマホから簡単におこなえます。

動体検知機能と自動追跡機能を搭載し、赤ちゃんが動き回っても安心。スマホ連動で、音や動きを検知すると通知されます。赤外線暗視撮影により、暗い場所の映像もチェック可能。夜間でも10mの可視距離を実現しており、防犯用としても活用できます。

アトムテック(ATOM tech) ATOM Cam

サイズが幅5×奥行き5×高さ5.6cmとコンパクトなベビーモニターです。Wi-Fi接続でスマホやパソコンで映像をリアルタイムに確認できるタイプ。一度に4台まで接続できるため、複数箇所に設置したい場合におすすめです。

磁石内蔵で金属部へそのまま取り付けできるほか、同梱の金属プレートと両面テープを使用すればさまざまな場所に設置可能。130°の画角とデジタル8倍ズームにより、しっかりチェックできます。

高感度CMOSセンサーと赤外線ナイトビジョンを搭載し、暗い場所でも赤ちゃんの様子を確認できる便利な1台です。

ベビーモニターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ベビーモニターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。