高画質な映像を記録できるパナソニックの「防犯カメラ」。人感センサー・自動追従・専用アプリによる遠隔操作など、機能性に優れた製品が展開されています。屋内・屋外用などラインナップも豊富なので、設置する場所に適した製品を見つけやすいのも特徴です。

今回は、パナソニックが手がけるおすすめの防犯カメラをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

パナソニックの防犯カメラの魅力

By: amazon.co.jp

パナソニックは、カメラレンズの開発で培われた技術を活かして、高画質映像を撮影できる防犯カメラを手がけています。屋外向けの防犯カメラのなかには、4K/30pに対応した製品も存在。人・車・二輪車など、動きのある被写体も鮮明に捉えられます。

ハイエンドモデルでは、AIによる物体検知機能を搭載しているモノも。人や車などを高画質で撮影し、対象外の範囲を中画質で撮影することで、見たい部分を残したままデータ量の削減を実現します。

また、豊富なラインナップから選べるのも魅力のひとつ。ドーム型やボックス型の防犯カメラだけでなく、屋内に設置しやすいコンパクトかつ軽量モデルも展開しています。子供やペットの見守りカメラとしてもおすすめです。

パナソニックの防犯カメラの選び方

設置場所をチェック

屋内

By: amazon.co.jp

屋内用の防犯カメラは、人感センサー・自動追尾・スマートフォンとの連携機能を搭載した製品がおすすめ。動きを検出した方向にカメラが自動的に向くので、人の動きを捉え続けられるのが魅力です。

また、人感センサーや自動追尾機能は、ペットカメラや見守りカメラに搭載している機能ですが、玄関や裏口などに設置しておけば、防犯カメラとしても役立ちます。

さらに、パナソニックは屋内カメラ専用アプリをリリースしており、スマートフォンやタブレット端末による遠隔操作を実現。別室や外出先から自宅の様子を確認したり、カメラアングルを変えたりなど、さまざまな操作ができます。

屋外

By: amazon.co.jp

屋外に防犯カメラを設置する場合は、雨や砂などに強い防塵防水性能や、飛来してくる物体から守る耐衝撃性能を備えた製品がおすすめです。

パナソニックの屋外用防犯カメラのなかには、カバー部分の表面に特殊なコーティングを採用した製品が存在。水滴の付着を軽減できるため、雨天時でも高い視認性を確保できます。

防塵防水性・耐衝撃性だけでなく、カメラ性能も重要。「インテリジェントオート」を搭載した製品は、物体検知結果をもとに、露光・シャッタースピード・絞りなどを自動調節して被写体を鮮明に捉えます。

形状をチェック

By: amazon.co.jp

防犯カメラの形状は大きく分けて、長方形のボックス型と、半円のドーム型の2種類が存在します。ボックス型は、本体の先端にレンズを搭載した形状を採用。ひと目で防犯カメラだと気付くため、威圧感を与えられるのが特徴です。電動ズーム機能を搭載した製品は、遠くの被写体も撮影できます。

ドーム型は、ボックス型と比べ、存在感や威圧感を軽減できるのがポイントです。壁や天井に設置する製品が多く、インテリアに馴染みやすいのも魅力。カメラがどの方向を向いているのかわかりにくいので、不審者に対する威嚇効果が期待できます。

接続方法をチェック

By: panasonic.jp

接続方法は、ケーブルを用いてモニターと接続する「有線接続」と、Wi-Fiを用いて接続する「無線接続」の2種類があります。

有線接続は、電波干渉による映像の乱れを抑えられるため、常に安定した状態で映像を記録可能。製品によって配線工事が必要な場合もあるので、手軽に設置したい方は、ACアダプターを接続する工事不要の製品がおすすめです。

無線接続は、ネットワーク環境を整えておく必要はあるものの、配線を繋げる手間が省けるのが特徴。専用アプリを通じて、スマートフォンやタブレット端末から遠隔操作できる製品もあります。

画角をチェック

By: panasonic.jp

画角は、画面に映る範囲の広さを角度で表したものです。広画角を採用した製品なら、設置台数を減らせるため、導入コストを削減できます。

パナソニックの防犯カメラのなかでもドーム型は広範囲の撮影が得意なので、一度に多くの情報を記録可能です。ただし、首振り機能・自動追尾機能を搭載した製品を選ぶときは、上下左右どの範囲までカメラを動かせるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

画質をチェック

By: panasonic.jp

画素数が高いほど映像が鮮明に映せます。パナソニックの防犯カメラは、200万画素のフルHDから4K画質まで、さまざまな製品が揃っているので用途に合わせてチェックしておきましょう。

部分的かつ近距離の映像を撮影するなら、フルHDの製品がおすすめ。広範囲かつ遠距離まで撮影したい場合は、4Kの高画質モデルが適しています。高画質な製品ほど、コストが高くなるので、予算を踏まえて検討してみてください。

夜間撮影が可能かチェック

By: panasonic.jp

赤外線LEDを搭載した製品は、夜間撮影が可能。赤外線は人の目では確認できないため、相手に気付かれることなく撮影ができます。

パナソニックの屋内カメラのなかには、周囲の明るさに応じて自動で赤外線LEDを点灯する製品が存在。玄関や裏口など、人が出入りする場所に設置しておけば、防犯カメラとして役立ちます。

昼夜でカメラの録画モードを自動で切り替えられる製品なら、わざわざ自分で設定を変えずに済むのもポイント。夜間の防犯に使用したい方はチェックしておきましょう。

電源をチェック

By: rakuten.co.jp

パナソニックの防犯カメラは、ACアダプターによる有線接続を採用しています。設置後は充電したり電池を交換したりする手間がないので、バッテリー切れによる録画停止を防げるのが魅力です。

ただし、有線接続タイプを設置するときは、コンセントの位置とコードの長さを確認しておきましょう。コンセントの位置が遠い場合は、延長コードを使って電源を供給する必要があります。

パナソニックの防犯カメラのおすすめ

パナソニック(Panasonic) ネットワークカメラ 屋内ドームタイプ WV-U2134AJ

By: panasonic.com

高品質で使いやすさにこだわったエントリーモデルの防犯カメラです。「H.265」圧縮方式とスマートコーディング技術の組み合わせにより、従来モデルに比べてデータ量を最大50%削減可能と謳っています。また、2.5倍の電動ズームレンズを搭載しており、1台で広範囲をモニタリングできるのも魅力です。

さらに、パナソニック独自のインテリジェントオート機能を備えているのもポイント。被写体の動きに応じてシャッタースピードなどを調節し、動きのある被写体にピントを合わせ続けます。

ほかにも、動作検知・妨害検知を搭載しているのも魅力。設定したエリア内で物体の動きを捉えたり、本体が布やフタなどで覆われたりすると、アラームを作動します。

パナソニック(Panasonic) ネットワークカメラ 屋内ボックスタイプ WV-U1134AJ

By: panasonic.com

基本的な機能を維持しつつ、機能を強化した防犯カメラです。使いやすさにこだわった設計を採用しているので、初めて監視カメラを導入する方にも適しています。

パナソニック独自の「インテリジェントオート」機能を搭載。被写体の動きに合わせてカメラ設定を自動調節することで、識別性を高めます。また、2.5倍の電動ズームレンズを採用しているので、遠い被写体を捉えられるのも魅力です。

さらに、妨害検知機能も備えています。本体を布やフタで覆い隠されたり向きを大きく変えられたりすると、アラーム動作で異常を知らせします。ほかにも、エリアを4カ所まで設定できる動作検知機能を搭載しているのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) ネットワークカメラ 屋内ボックスタイプ WV-S1136J

By: panasonic.com

AI機能を搭載した屋内ボックス型の防犯カメラです。AIプロセッサーにより、人・車両・二輪車などを自動で識別して処理をおこないます。システム全体の処理負担を軽減できるのが魅力です。

AIプロセッサーを活用する機能拡張ソフトウェアを2つインストールできる構造を採用しているので、AI-VMD・AIプライバシーガードなどから、最大2つの機能を同時に作動できます。

さらに、スマートVIQS機能も特徴のひとつ。物体検知エリアを高画質、対象外の範囲を中画質に抑えることで、被写体を捉えながらデータ量を少なくできます。ほかにも、動体検知と妨害検知を備えているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) ネットワークカメラ 屋外ドームタイプ WV-S2536LNJ

By: panasonic.com

AIプロセッサーを搭載した屋外ドーム型防犯カメラ。人や車両の画像を内部で分析し、システム全体の処理負荷を軽減するのが特徴です。拡張ソフトウェアをインストールすることで、ナンバー認識・AIマスク非着用検知・AI混雑検知なども利用できます。

また、AI人物検知と連動したエリア別ノイズリダクション制御を採用。よりブレの少ない映像を記録できます。さらに、急激な温度変化に対応できる除湿機構を備えているので、温度変化による曇りを軽減するのも魅力です。

ほかにも、AI音識別機能を搭載しているのもポイント。人の叫び声・ガラスの破損音・クラクション・銃声などの音を識別してアラーム通知します。

パナソニック(Panasonic) ネットワークカメラ 屋外ハウジング一体タイプ WV-S1572LNJ

By: panasonic.com

自動的にピントを合わせるオートフォーカス機能を搭載した防犯カメラです。操作ボタンまたは設定メニューから、レンズのフォーカスリングを駆動させるだけで自動でピント調節可能。また、物体検知と連携させたインテリジェントオート機能により、動いている車のナンバープレートも鮮明に記録します。

さらに、H.265エンジンを採用しているのも特徴。3840×2160の高解像度画像を最大30フレーム/秒で動画配信できます。また、フルHDカメラの距離2.0倍、面積4.0倍のエリアをカバーできるのも魅力です。

ほかにも、カバー表面に特殊なコーティングが施されているのもポイント。水滴が付着しにくく、雨天時でも鮮明な映像を撮影します。

パナソニック(Panasonic) ネットワークカメラ 屋外PTZタイプ WV-S6530NJ

パン・チルトに適した耐久性の高いギアドライブを採用した防犯カメラです。370万回の動作を実現すると謳われています。また、光学21倍ズームレンズを搭載しているので、広範囲にわたって遠くの被写体も鮮明に映せます。

H.265圧縮方式での動作に対応しているのもポイント。顔部分を認識する「顔スマートコーティング技術」と組み合わせることで、データ量を最大50%削減できると謳っています。

さらに、インテリジェントオート機能も搭載。顔の位置を自動判別して明るさを調節するため、背景の明るさが変化したときも顔を認識できるのも魅力です。

ほかにも、カバー表面に「アドバンスド親水コート」を採用。水滴が付着しにくく、屋外での使用に適しています。衝撃に強いボディを実現しているのも特徴です。

パナソニック(Panasonic) スマ@ホーム システム KX-HJC200

自宅の様子をスマートフォンで確認できる屋内カメラです。内蔵のスピーカーを通じ、離れた場所から会話もできます。また、本体に動作検知・温度センサー・音センサーを搭載。カメラが反応すると、スマートフォンに通知を届けます。

赤外線LEDを搭載しているので、暗所でも映像を確認可能。玄関や裏口などに設置しておけば、防犯カメラとしても役立ちます。別売りのmicroSDカードを使用すると、撮影した動画と音声を自動保存可能。データはスマートフォンにも手軽に転送できます。

パナソニック(Panasonic) 屋内HDカメラ KX-HRC100

約118°の広画角レンズを搭載した屋内HDカメラです。上下左右方向にカメラが動くので、広い部屋でも撮影できます。200万画素の高画質を実現しているため、被写体を鮮明に撮影できるのも魅力です。

専用アプリ「ホームネットワークW」をインストールすると、スマートフォンによる遠隔操作も可能。離れた場所から室内の様子を確認できるため、子供やペットの見守りカメラとしてもおすすめです。

さらに、タイムラプス機能も搭載。撮影した1日分の映像を時系列に繋ぎ合わせた動画を楽しめます。別売りのmicroSDカードを挿入すれば、映像の記録も可能。また、撮影した映像をスマートフォンに手軽に保存できるため、家族間の共有やSNSのアップロードにも便利です。

パナソニック(Panasonic) 屋内スイングカメラ KX-HC600

左右360°・上下約90°を見渡せる首振り機能を搭載した屋内カメラです。専用アプリ「ホームネットワーク」をインストールすると、スマートフォンから遠隔操作が可能。外出先からカメラを上下左右に動かし、室内の状況を確認できます。

また、撮影位置を登録できるので、登録した場所ならスマートフォンから簡単にカメラを向けられます。ほかにも、「呼びかけ音」機能を備えており、あらかじめ録音した声をカメラから再生できるのも魅力です。子供やペットのいたずら防止に役立ちます。

さらに、動作検知・温度センサー・音センサーを搭載。カメラが反応すると、スマートフォンに通知を届けます。赤ちゃんや、お留守番中のペットの見守りカメラにもおすすめです。