ルアーやフック、シンカーなどさまざまな釣り具を収納できる「フィッシングバッグ」。とくにポイントを移動しながら釣れる魚を探すランガンスタイルでは欠かせないアイテムで、オカッパリアングラーにとっては必須です。

そこで今回は、タイプ別におすすめのフィッシングバッグをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

フィッシングバッグとは?

By: amazon.co.jp

釣りにはタックルをはじめ、ラインカッターやプライヤーなど、さまざまな小物が必要。日常的に使用するバッグとは異なり、釣りに必要なアイテムを整理して持ち運べるのが特徴です。

フィッシングバッグは基本的には岸から釣りをする「オカッパリアングラー」が使うモノで、タイプとしてはショルダータイプやリュック型など形状はさまざま。フットワークをいかし軽快にポイントを移動できるかもポイントとなります。

また、釣りのジャンルや釣り場の状況によって向き不向きもあるため、仕様や大きさ、使い勝手を考慮して選択することも重要。特定の釣りジャンル用に特化したモデルも販売されているので、チェックしてみてください。

フィッシングバッグのメリット

By: shimano.co.jp

フィッシングバッグのメリットは、両手をフリーにできること。釣りの動作のジャマになりにくいよう設計されているモノが多いため、釣り場への移動も楽々です。

ロッドホルダーを備えたモデルなら、ロッドを使い分けたい場合にも便利。一般的なバッグとは異なり、ポケットを豊富に備えているのもメリットです。

多くの道具を使用する釣りでは、目当てのアイテムをさっと取り出せる機能性が求められます。また、高い防水・撥水性にくわえてレインカバーを搭載したモデルもあり、雨や水しぶきに強いのも魅力です。

フィッシングバッグの選び方

バッグのタイプをチェック

ショルダータイプ

By: amazon.co.jp

ショルダータイプは、肩にかけて使用するタイプのフィッシングバッグです。フィット感と収納力に優れているのが魅力。ポケットが充実しており、さまざま道具をスムーズに収納できます。

より多くのアイテムを収納して持ち運びしたい場合には、大容量タイプがおすすめ。駐車場からポイントが遠い場合にも重宝します。ただし、荷物が多いと肩に負担がかかるため長時間の使用には不向きです。

コンパクトながら必要な収納力を備えているワンショルダータイプは、機動力を活かしたランガンスタイルにぴったり。大容量タイプと比べて長時間の着用でも疲れにくいほか、収納部を背中に回せるので、キャスティングやリーリングがしやすいのも魅力です。

ウエストバッグタイプ

By: amazon.co.jp

ウエストバッグはヒップバッグとも呼ばれ、腰に装着するタイプのフィッシングバッグです。大容量からコンパクトなモノまでさまざまなモデルが販売されています。体に装着しやすく、長時間の釣りでも疲れにくいのが魅力です。

一方で、ベルトの締め具合によってはずり落ちてくる場合があり、とくに足場の高いポイントでは注意が必要。事前にフィット感やベルト固定具の締め具合をチェックしておくと安心です。

両手を完全にフリーにできるため、どんどんポイントを移動する釣りにもおすすめ。ベルト部を肩にかけてショルダーバッグとして使用できるモデルもラインナップされています。

バックパックタイプ

By: amazon.co.jp

いわゆるリュック型のフィッシングバッグです。魅力はたくさんの荷物を収納できる点。替えのリールやラインなど、予備のアイテムも収納できるため長期の釣行に便利です。

ショルダータイプとは異なり両肩の2点で支えるので、重たい荷物を入れていても疲れにくいのも特徴。ただし、荷物を出し入れする際はいったん降ろす必要があります。頻繁にルアーを交換したい場合は、別途ベストを着用したりポーチを使用したりと工夫するのがおすすめです。

フィッシングバッグのおすすめブランド

ジャッカル(JACKALL)

By: amazon.co.jp

滋賀県大津市に本社を構えるフィッシングブランドです。バスフィッシングを中心に、トラウトフィッシングやソルトウォーターゲームなどのルアー関連用品を展開しています。

フィッシングバッグはショルダータイプを中心に、腰への装着もできる2WAYモデルをラインナップ。オカッパリをよりシステマチックに楽しめるように、釣り人目線で細部にまでこだわった製品を販売しています。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

自転車部品の世界的メーカーとして知られるシマノは、釣り具にも力を入れています。フィッシングバッグはショルダータイプやウエストバッグタイプを中心に、バックパックタイプや魚種専用モデルもラインナップ。

なかでも、ゲームフィッシング用ブランド「XEFO」のモデルに注目です。ソルトウォータールアーフィッシングのランガンスタイルに適した機能が充実しています。また、別売りのロッドホルダーやドリンクホルダーを後付けして、自分好みにカスタマイズできるモデルも便利です。

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

日本有数の釣り具総合メーカー。汎用品から魚種専用モデルまで多種多様な製品を展開しています。なかでも、ロッドホルダーやプライヤーホルダーを搭載した、ハイパフォーマンスモデルに注目。ルアーマット付きフロントポケットを搭載したモデルは、頻繁に使用するルアーを取り出しやすく便利です。

ランガンスタイルに適したワンショルダータイプもラインナップ。ムレに強い背面メッシュパッドや道具類を装着できるDリングやベルトループを設けて、快適な釣りをサポートする機能の充実したモデルをラインナップしています。

フィッシングバッグのおすすめ|ショルダータイプ

ジャッカル(JACKALL) FIELD BAG Type ショルダー

オカッパリでのゲームフィッシングをシステマチックにできるよう開発された、ショルダータイプのフィッシングバッグです。縦260×横300×幅130mmの収納スペースを確保し、大きなルアーからソフトルアーまで収納可能。バスフィッシングやソルトのライトゲームにおすすめのモデルです。

ワンタッチで簡単に装着できるスライド式バックル「フェデロック」を搭載。バックルを外すときは横方向にスライドし、はめるときは上から重ねると半自動的に止まる構造です。背面部ポケットにレインカバーを備えているのもポイント。突然の雨から大切なタックルを守ります。

レインカバーにはスマートフォンポケットを設けており、自撮りする際に三脚代わりになるので便利です。

シマノ(SHIMANO) XEFO・タフ スリングショルダーバッグ BS-211S

ゲームフィッシングに特化したブランド「XEFO」のショルダータイプのフィッシングバッグ。EasySlide機構の採用により、すばやい脱着が可能です。さらに、止水性ファスナーと樹脂引手を搭載。表と裏地には防水加工も施しており、水しぶきがかかる状況や急な雨でも心配せずに使用できるおすすめのモデルです。

別売りのロッドホルダーやドリンクホルダーを取り付けられるのもポイント。便利なDカンも備え、自分好みにカスタマイズできます。コンパクトなSサイズもラインナップしているので、荷物を最小限にしたい方はチェックしてみてください。

シマノ(SHIMANO) Sephia エギング ショルダーバッグ XT BS-211K

エギングに必要な機能が充実しているショルダータイプの大容量フィッシングバッグです。エギをサイズごとに収納できるインナーケースを備えているのが特徴。3~4号のエギ20本、2~3号のエギ10本が入り、しっかりと整理できるのも魅力です。

リールを仮置きできるロッドホルダーや玉ノ柄ホルダー、リーダー用ポケット、ドリンクホルダーなどを搭載。エギの交換からランディングまで、効率的な釣りをサポートするおすすめのモデルです。

さらに、止水ファスナーの採用で雨や水しぶきにも対応。ショルダーベルトにくわえて、安定感のある太めのウエストベルトも付いているので、長時間の釣りにもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) ダッフルバッグリミテッドプロ BA-134P

6箇所のDカンにより、ショルダータイプとスリングタイプに使い分けられるフィッシングバッグ。ちょっとした持ち運びにはショルダータイプを、移動距離が長い場合にはスリングタイプを使うなど、利便性に優れたモデルです。

ファスナーは塩ガミしにくいよう、太い番手のモノを採用しています。防水性・耐久性に優れているのもポイント。フィッシングバッグの中身や外部への水の漏れを防止し、キズもつきにくい仕様です。

容量は45Lで、フローティングベスト・防寒ウェア・キャップ・着替えなどがすっきり入る収納力を有しています。開口部は広く設計しているので、取り出しもラクラク。ウェア一式をコンパクトに持ち運びたい方におすすめです。

ダイワ(Daiwa) HGショルダーバッグ LT(B)

優れた機能性を実現しているショルダータイプの大容量フィッシングバッグです。メインルームには21×15cmのボックスが2~3個収納できるスペースを確保。大開口U字型ファスナーの採用で出し入れしやすく、内部も見やすくなっています。ファスナーを使用せずに開閉できる、フラップ付きフロントポケットも便利です。

頻繁に使用するルアーの交換に便利なルアーマット付きフロントポケットを備えているなど、オカッパリのランガンスタイルにおすすめ。予備竿を収納しやすいロッドホルダーを搭載しているほか、片手で出し入れしやすいペットボトルホルダーも備えています。

背面はムレを抑えるメッシュパッド仕様により、暑い日の釣りでも快適。すっきりと収納できるレインカバー付きで、突然の雨にも対応できます。

ダイワ(Daiwa) ワンショルダーバッグ(C)

26×19cmの中型ボックスを2~3個収納できるワンショルダータイプのフィッシングバッグ。左右どちらからでも開閉できるほか、ベルトも左右どちらにも取り付けできます。フィット感に優れた幅広ショルダーベルトにより、快適なオカッパリをサポートするおすすめのモデルです。

背面部はメッシュパッド仕様で装着感も快適。底部は平らになっており、地面に降ろしたときに荷物を取り出しやすくなっています。Dリング、ベルトループで自分好みのアレンジも可能。別売りの「ターポリンポーチS」を装着すれば、スマホやカギなども収納できます。

エバーグリーン(EVERGREEN) B-TRUE OrigCAMOショルダーバッグ M

B-TRUEマスコットキャラクターのカメレオン「トゥルーピー」が隠れているオリジナルカモフラージュパターンを採用した、ショルダータイプのフィッシングバッグ。コーディネートのアクセントになる、おしゃれなデザインが魅力です。

サイズも大きすぎず、少量のルアーをもって軽快にランガンスタイルを楽しみたいときにもぴったり。軽量な生地と無段階で調節できる厚手ショルダーベルトにより、装着感も快適です。

フィッシングバッグのおすすめ|ウエストバッグタイプ

ジャッカル(JACKALL) フィールドバッグ タイプ ボディバッグ

オカッパリでのランガンスタイルに適したウエストバッグタイプのフィッシングバッグです。キャスティングやリーリング動作を妨げないコンパクトデザインながら、しっかりと収納できるのが魅力。ライフジャケットを装着しても邪魔にならないため、アジングやメバリングなどライトソルトウォーターゲームにおすすめのモデルです。

天面部にはファスナー付きの独立収納ポケット付き。交換用のジグやルアーをすばやく取り出せます。肩にななめにかけてショルダータイプとしても使用できる2WAYタイプで、シーンによって使い分け可能。ベルト部にはプライヤーホルダーを搭載しているほか、別売りのロッドホルダーを取り付けできるのもポイントです。

シマノ(SHIMANO) ランガンウエストバッグ WB-024R

身体にフィットするように開発されているウエストバッグタイプのフィッシングバッグです。重心が身体と一体化して疲れにくいのが特徴。太番手のファスナーを搭載し、グローブをつけたままでも開閉しやすいのがポイントです。

内側に明るい生地を採用しているため、収納物を探しやすい仕様。プライヤーやカッターなど道具を取り付けできるループ付きで、快適なランガンスタイルをサポートします。Dカンを設けており、自分にとって使いやすいアイテムを取り付けられるのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) ヒップバッグ BW-021T

腰からズレにくく、片手で素早く着脱できるウエストバッグタイプのフィッシングバッグ。ホールド性に優れているので、ズレを気にせず釣りに集中したい方におすすめのモデルです。

サイズは、10×29×17cmのSサイズと、12×32×22cmのMサイズの2種類を展開。Sサイズは2個、Mサイズは4個のルアーケースを収納できます。Mサイズはペットボトルホルダーを搭載しているのもポイントです。

ファスナーは太番手かつ樹脂製の引手により、開閉がしやすいように設計。ストレスなく小物を出し入れできるおすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) HGヒップバッグ LT(B)

メインルームに26×19cmの中型ボックスを2~3個収納できる、ウエストバッグタイプのフィッシングバッグです。ルアーマット付きフロントポケットにより、すばやいルアーチェンジが可能。PVCクリアカバーを採用し、トレブルフックが引っかかりにくいのも魅力です。

ロッドホルダーを搭載しており、シーンによって2本のロッドを使い分けたい場合におすすめ。上下のベルトによって支える構造で、ぐらつきを抑えています。ロッドホルダーとして使用しないときは、側面中央のベルトループにカラビナを取り付けできるのもポイントです。

ダイワ(Daiwa) モバイルヒップバッグ(A)

フロントポケットにEVAフォームを備えているフィッシングバッグ。頻繁に使用するルアーやジグを交換しやすく、取り外せば通常のポケットとしても使えます。中型ボックスを2~3個入れられる収納力も魅力。夜間に存在をアピールしやすいリフレクター付きベルトループを採用しているなど、ソルトシーンにおけるナイトゲームにおすすめのモデルです。

サイドフラップやウエストベルトの上に、モバイルホルダーやプライヤーホルダーを取り付けできる拡張性もポイント。フィッシュグリップやカラビナなどの取り付けに便利なDカンも備えています。また、開口部の形状を保てる新構造のドリンクホルダーも便利。片手で楽にペットボトルを出し入れできます。

フィッシングバッグのおすすめ|バックパックタイプ

シマノ(SHIMANO) システムバッグXT DP-072K

一般的なリュックのようなデザインが特徴のフィッシングバッグ。防水素材と止水ファスナーを採用し、雨や水しぶきがかかる状況でも安心して使えるモデルです。背中に接する部分の一部にメッシュの緩衡材を採用。中身のゴツゴツ感を和らげると同時に、ムレにくさにも配慮しており、装着感は快適です。

リール収納専用の「リールロッカー」を設けているのがポイント。リールを衝撃から守る「コの字プロテクター」と補強クッションを内蔵しているので、予備のリールを携帯したい方におすすめです。また、バッグ1面に備えたベルトループにより、カラビナや工具類を自分好みの位置に装着できます。

シマノ(SHIMANO) デイパック DP-021Q

濡れたウェアでも、安心して収納できるバックパックタイプのフィッシングバッグ。メイン収納部内側の生地は防水仕様になっており、外部への水漏れを防止できるモデルです。

本体底部には擦れに強い耐摩耗素材を採用し、岩場での使用も安心。4箇所に脚を設けているので、フィッシングバッグを置いたときの安定性にも優れています。また、ファスナーは太番手かつ樹脂製のモノを採用。簡単に開閉できるように設計されています。

ダイワ(Daiwa) タックルバッグ プロバイザー システマ渓流20(H)

ロッドケースがセットとなっているタイプのフィッシングバッグです。渓流釣り用として開発されたモデルで、多くの道具を持ち運びながら釣りを楽しみたい方におすすめ。デイパック部には、25cm玉網が収まる大型フロントホルダーを備えています。

ロッドケースは2室構造で、ハードプロテクターとボトムのクッションにより大切な竿を守れる仕様。容量3.5Lのウエストクリールにはスチロール断熱材を採用しているほか、取り外して洗えるハードインナーを搭載しています。さらに、コンビニ袋ホルダーも設けているなど、快適な源流釣行をサポートする機能が充実しているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) TP デイパック(C) 049507

雨や水しぶきが侵入しにくい、フラップ式の開口部を採用したフィッシングバッグ。本体はシームレスかつ、水に強い生地を採用し、防水性を高めたモデルです。

背面にメッシュパッドを搭載しているのもポイント。長時間背負っていてもムレにくく、クッション性もあるので快適です。また、側面にはロッドや小物類を取り付けられるベルトループと、Dカンを搭載。肩ベルトも同様に小物類を取り付けられ、機能性に優れています。