ルアーのなかでも特異性が際立っている「アラバマリグ」。もともと火がついたアメリカのバスプロ大会や日本国内の公式試合では使用禁止ですが、その爆発力は凄まじく、ローカルアングラーのなかには自作する方がいるほど、根強い人気があります。

そこで今回はアラバマリグのおすすめモデルをご紹介。セットするトレーラーもピックアップしたので、気になる方は併せてチェックしてみてください。

アラバマリグとは?

By: amazon.co.jp

「アラバマリグ」とは、ジグヘッドリグを複数用意して束にしたようなリグのこと。魚の群れを意図的に作れるのが特徴で、ベイトフィッシュライクなシャッドテール系のワームを付けるのが一般的です。

ネーミングの由来

By: boating-japan.jp

もともとはトローリング用の漁具で、骨組みが傘のように見えることから「アンブレラリグ」と呼ばれていましたが、アメリカ・アラバマ州の湖で開催されたバスプロ大会で爆釣したこと、さらにそのルアーがアラバマ州を拠点としたメーカーの「アラバマリグ」という名前だったことから、そのままジャンル名として普及し、現在に至っています。

試合では使用禁止

By: jbnbc.jp

国内外を問わず、公式の試合では使用禁止がほとんど。アメリカの大会では2つ以上のルアーの同時使用禁止、日本の大会でも複数針の集合体リグの禁止など、ルールが定められています。「アングラーが趣味として楽しむためのモノ」として理解しておきましょう。

アラバマリグの使い方

By: daiwa.com

アラバマリグの使い方は基本的に投げて巻くだけ。引きたいレンジを意識することが重要で、表層であれば着水後から、ディープであればしっかりと沈めてから巻き出すようにしましょう。

セッティングとしては同じトレーラーワームを用意するのが基本。ただ、バイトとしてはセンターにアタックしてくることが多いので、センターのみ大きくしたり、カラーを変えたりするのもアリです。

また、エリアによってフックを変えるのもポイント。よりオープンウォーターに近く、フッキング重視であればフック剥き出しのジグヘッドを、すり抜け重視であれば針先を隠せるオフセットフックをチョイスしておきましょう。

アラバマリグの選び方

アームの本数

By: amazon.co.jp

アラバマリグはアームの本数によってトレーラーの数が変わり、魚群のボリュームも変わります。基本的にはセンターアーム1本に対し、それを囲むようにショートアームをセットしているのがほとんどです。

アームの本数はリグのトータルの重さにも関わる要素で、多いほどヘビーなタックルが必要となります。ウエイトを考える際はリグ自体の重さはもちろん、フックやジグヘッド、さらにはトレーラーそれぞれの重さも意識しておきましょう。

ブレードの有無

By: amazon.co.jp

アラバマリグによってはフラッシング効果を高めるべく、ウィロータイプのブレードが付いている場合があります。

当然ウエイトとアピール力は高まりますが、ウイードなどを拾いやすくなるので、その点は注意。また、ブレードのサイズやカラーなども異なるため、スピナーベイトと同様、ベイトフィッシュや水質を意識して選ぶようにしましょう。

アラバマリグのおすすめ

ドリームエクスプレスルアーズ(DREAM EXPRESS LURES) トレジャートラップ ティーザー

気軽にアラバマリグを試してみたい方におすすめ

琵琶湖ガイドを営んでいるバスプロの庄司潤氏が開発したアラバマリグ。自身が開発に携わっている「ドリームエクスプレスルアーズ」からリリースされているアイテムで、本製品は小型モデルになります。

ブレード枚数は4枚で、ワームはセンターのアームに1つ取り付ける仕様。アラバマリグで定番のなっているシャッドテールなどのソフトベイトはもちろん、スイムベイトやビッグベイト、他のハードベイトにも装着が可能です。コンパクトサイズでオカッパリアングラーにも使いやすいので、気軽にアラバマリグを試してみたい方はぜひチェックしておきましょう。

清光商店(SEIKO) S.Gimmick

自作したい方にとっても参考になるアイテム

アーム5本・ブレード5枚仕様のアラバマリグ。センターワイヤーに対して上下左右のワイヤーが4本伸びる形で、中央に取り付けたトレーラーを囲むような布陣を組めるのが特徴です。

ブレードはウィロータイプで、カラーはセンターがゴールド、そのほかはシルバーを採用。そのまま使いたい方はもちろん、自作したい方にとっても参考になる製品です。

ダイワ(Daiwa) タチバマSS 100-5

フックやブレードの位置を自由に調節できる

堤防のタチウオ釣り専用に開発されたアラバマ系リグ。センターワイヤーを中心に、4本の長いワイヤーを上下左右と傘状に折り曲げてセットできます。

ワイヤーの先端にはそれぞれスナップが用意されているので、フックやブレードの位置は自由に調節可能。また、センターワイヤー下には別途シンカーを付けられるフックも備わっているので、より深場を攻めたい際に便利です。

なお、本製品はタチウオ釣り専用ではありますが、淡水のバス、海水のシーバスなどにも使えます。興味がある方はぜひ試してみてください。

ライトベア(Lightbare) アラバマリグ

アーム5本・ブレード4枚仕様のアラバマリグ。1パッケージに対して3セット同梱されているので、お得感が高いのが特徴です。

ブレードの設置はスピナーベイトと同じ仕様なので、安価ながらしっかりと作り込まれているのもポイント。「とりあえずアラバマリグを試してみたい」という方はぜひチェックしておきましょう。

番外編:アラバマリグのおすすめトレーラー

ケイテック(KEITECH) スイングインパクト

そのまま使うのはもちろん、トレーラーとしても評価の高いおすすめのシャッド系ワーム。細身の形状ながら大きく揺れるテールアクションによってバスにしっかりとアピールできるのが特徴です。

高速リトリーブからデッドスローまでしっかりと対応できるのも魅力。なお、ラインナップとしてはやや太めの「スイングインパクトファット」も用意されているので、気になる方は併せてチェックしておきましょう。

サワムラ(SAWAMURA) ワンナップシャッド

テールがブリブリと動くおすすめのシャッドテールワーム。ボディにくびれがあるのが特徴で、ウォブリングとローリングでしっかりと魚にアピールできます。

本シリーズはラインナップが豊富なのもポイント。サイズ・カラーともにさまざまなタイプが揃っているので、アラバマリグに関しては長さ違いや色違いでセットするのもおすすめです。

ハイドアップ(HIDE UP) スタッガーオリジナル

派手すぎないアクションでナチュラルにアピールできるおすすめのシャッド系ワーム。一方でサイズやボリュームは十分にあるのでしっかりと飛距離を稼げ、広範囲をサーチできるのが特徴です。

本製品は細身のオリジナルモデルですが、ラインナップとしては偏平ボディに小さなテールが付いた「スタッガーワイド」も用意されているので、気になる方は併せてチェックしておきましょう。

ジャッカル(JACKALL) リズムウェーブ

オーソドックなシャッドテールワーム。やや偏平なボディを採用しており、テールの動きと相まってクネクネと泳ぐのが特徴です。

また、サイズラインナップが豊富なのもポイント。アラバマリグに関しては同シリーズでまとめつつも、センターにやや大きめのモノ、その周囲にやや小さめをセットするなど、アレンジしやすいのも魅力です。

オーエスピー(O.S.P) ドライブシャッド

スイミング時はもちろん、フォール中でもバイトを誘発できるシャッド系ワーム。ボディとテールが振動し、なまめかしく動くのが特徴です。

高速リトリーブからデッドスローまで対応できるのも魅力。ハイピッチなウォブル&ロールアクションで、しっかりとアピールできるおすすめのアイテムです。

オーエスピー(O.S.P) ドライブスティック

細みのピンテールを採用したスティックベイト。ノーシンカーのバックスライドセッティングで有名になったルアーですが、トレーラーとしても優れているのが特徴です。ポイントは高比重素材を採用しているところ。スローに引くとテールがテロテロと動き、魚を誘います。

なお、本製品はオリジナルモデルですが、ラインナップとしては塩の含有量を抑えた低比重素材のSPEC2も用意。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

オーエスピー(O.S.P) マイラーミノー

ベイトフィッシュライクのソフトベイト。本体内部のマイラーチューブによってフラッシング効果が高く、スレたバスにも捕食スイッチを入れられるのが特徴です。

トレーラーとしてセットすると細く長いピンテールがスイングし、なまめかしく動くのもおすすめポイント。アラバマリグで小魚の群れを演出したい際に有効なアイテムです。

デプス(deps) デスアダー

バルキーなフォルムを採用したソフトベイト。凹凸のあるボディと細身のテールによって生命感をもたせられるのが特徴です。

サイズラインナップも豊富で、フィールドのベイトフィッシュに合わせやすいのもポイント。単体としてはもちろん、トレーラーとしても使いやすいおすすめのアイテムです。

エバーグリーン(EVERGREEN) ラストエース75

ベイトフィッシュを模したソフトベイト。マスバリノーシンカーでの実績が高いアイテムですが、アラバマリグにセットすれば、リアルな魚群を演出できるのが特徴です。

単体の泳ぎとしてはおしとやか。もともとはサイトフィッシングに有効なルアーで、トゥイッチやジャークを入れて喰わせるのがキモです。アラバマリグではリトリーブスピードを一定に保つことがポイント。小魚の群れにバスが突っ込んでくるイメージで使うようにしましょう。

イマカツ(IMAKATSU) ジャバシャッド

蛇腹構造を採用した高比重ピンテールワーム。わずかな水流でもなまめかしく動き、バイトを誘発できるのが特徴です。

トレーラーとして使う際は高速引きがおすすめ。アラバマリグにセットすると小魚の群れが逃げ惑うようなアクションを演出し、周囲の魚を呼び込めます。

イマカツ(IMAKATSU) ハドルスイマー

水押しが強いシャッド系のソフトベイト。浮き上がりにくく、水平姿勢を維持しやすいので、しっかりとベイトフィッシュの群れを演出できるのが特徴です。

大きなテールを備え、自然な波動を出せるのもおすすめポイント。また、ヒレも付いているので、よりナチュラルにスイミングするのも魅力です。

ゲットネット(GETNET) ジャスターフィッシュ

偏平形状のテールを備えたシャッド系ソフトベイト。リーリングするとボディのロールアクションに相まって、テールがなまめかしく動くのが特徴です。

また、背中に丸みを施し、低重心化を図っているのもポイント。さらにエアーホールを2箇所搭載することで、スイミング時の水平姿勢が安定しているのも魅力です。

フィッシュアロー(Fish Arrow) フラッシュジェイ

板状のアルミホイルを内部に入れることによって、高いフラッシング効果が期待できるソフトベイト。ベイトフィッシュの背骨のような役割も果たすので、リアルな動きを演出できるのが特徴です。

カラーラインナップが豊富なのもポイント。ビッグレイクはもちろん、野池などの小規模フィールドでのオカッパリでアラバマリグを試したい方はぜひチェックしておきましょう。