魚の群れを探したり、水中の様子を画面で確認できたりする「魚群探知機」。海や湖の釣りで、回遊魚を狙う際に欠かせないアイテムです。魚種専用モデルやコンパクトなポータブルタイプ、陸釣りで投げ入れて使えるタイプなど、さまざまなモデルが販売されています。

そこで今回は、おすすめの魚群探知機をピックアップ。あわせて、選び方を解説するので購入を検討している方は参考にしてみてください。

魚群探知機の仕組み

By: deepersonar.com

魚群探知機は超音波を受発信する「振動子」を利用して、魚の群れや地形を画面に表示するアイテムです。超音波を水中に発信し、何かに当たって反射されたデータを画像に変換してディスプレイに表示します。魚群の大きさや水深、障害物の有無などを探知できるため、釣りを効率化することが可能です。

海での船釣りはもちろん、川や湖でのバスフィッシングやワカサギ釣り、小型ボードでも活躍。堤防で手軽にサビキ釣りを楽しみたいシーンでも使用できます。GPS機能内蔵やナビゲーション機能、航路測定などさまざまな機能が充実したモデルもあるので、チェックしてみてください。

魚群探知機の選び方

釣りの趣向に合わせて選ぶ

堤防やカヤックでの釣りなら「ポータブル」タイプ

By: amazon.co.jp

安価で手軽に使用できるのがポータブルタイプの魚群探知機です。堤防で小アジのサビキ釣りを楽しみたい場合や、カヤックなど小型ボートに乗って釣りをする際に活躍します。レンタルボードでバスフィッシングを楽しむなら、浅い水深に対応するバスフィッシング専用モデルにも注目です。

多くのモデルが音で魚群を知らせるタイプ。揺れるボード上で画面を見続ける必要がなく重宝します。魚群オート機能を搭載したモデルなら、自動で魚の群れを探すため便利です。使用しないときはコンパクトに折りたためるほか、乾電池で駆動するタイプもあるのでチェックしてみてください。

沖釣りなら「GPS機能」を搭載した高性能モデルを

By: deepersonar.com

沖釣りで使用する魚群探知機を選ぶなら、GPS機能を搭載した高性能モデルがおすすめ。より高精度なソナーを搭載しているなど本格的な仕様で、より正確に魚の群れを探知できる機能が充実しています。

なかでも、GPSプロッター機能を搭載したモデルを要チェック。釣れたポイントを記録させておけば、次回の釣りで同じポイントに入れます。また、海での船釣り用に開発されたモデルなら、水深や海底の変化などをより正確に把握しやすいのも魅力。仕掛けがタナに到達した経過時間や、水深を確認できるモデルもあります。

ワカサギ釣りに適した専用モデルも存在

By: rakuten.co.jp

湖に張った氷に穴を空けて釣りをする氷上ワカサギ釣りや、ドーム船に対応した専用モデルも販売されています。なかでも、ワカサギ釣りに最適な専用振動子がセットになったモデルを要チェック。指向角が狭く、ピンポイントで真下の様子を探知できます。

狭い指向角のワカサギ専用モデルは、ドーム船で隣の釣り人が使っている魚群探知機の超音波と重なりにくいのもポイント。フロート付きの振動子を搭載したモデルなら、水中に降ろすだけで使えるため便利です。

釣りたい魚に合った「最大水深」のモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ターゲットの魚に対応できる最大水深の魚群探知機を選択しましょう。とくに、海の回遊魚は魚種や季節など、群れているタナを把握することが釣果につながります。湾内の浅い場所で釣りを楽しむ場合は、水深30~50mに対応していれば十分。最大水深100mまで対応しているモデルも多く、一般的な用途なら不自由なく使えます。

小型ボード用やワカサギ釣り用なら、最大45m程度に対応しているモデルが最適。漁船で使用する魚群レーダーのなかには、さらに強力なモデルもありますが、漁師のプロ用であり一般的なレジャーの釣り用としては不向きです。

振動子の周波数をチェック

By: rakuten.co.jp

魚群を正確に探知するためには、振動子の周波数をチェックしておきましょう。振動子の周波数にはおもに50kHz前後の低い周波数タイプと、200kHz前後の高い周波数タイプがあります。

50kHzの低周波数タイプは超音波の広がりが大きく、広範囲を探知できるのが特徴。ただし、広く探知できる一方で魚群の位置や方向の精度が低くなるのがデメリットです。200kHzの高周波数タイプは広がりが小さいのが特徴。探知可能な水深は浅いものの、ピンポイントを正確に探知可能です。

なかには、低周波と高周波数を切り替えて使用できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

ディスプレイ表示の見やすさをチェック

By: amazon.co.jp

正確に水中の状況を把握するためには、ディスプレイ表示の見やすさが重要です。魚群探知機のディスプレイはモデルによって白黒とカラーのモデルがありますが、カラータイプが主流。色でさまざま情報を視覚的に判断できるため、見やすく便利です。

画面の大きさもモデルによって異なります。大きくて見やすいワイドディスプレイや、2画面で表示できるモデルにも注目。左右上下に分割して表示できるほか、縮尺の異なる2つの地図を同時に表示可能です。

スマホと接続できると便利

By: amazon.co.jp

スマホと接続して詳細なデータを表示できる魚群探知機もあるので、チェックしておきましょう。通常の振動子ではなく球体の振動子を使用し、初心者でも簡単にセットできるのが魅力です。

水に浮くため、ポイントに投げ入れて探知することも可能。ボートやカヤックはもちろん、堤防や川、磯場の足元など、さまざまなシチュエーションで活躍します。GPSを内蔵しているモデルなら、リアルタイムにマッピングできるのも便利です。

魚群探知機のおすすめメーカー

ホンデックス(HONDEX)

By: rakuten.co.jp

メディカル製品や産業機器製品、マリン用製品を手掛けている超音波技術の総合メーカー「本多電子」のブランド。レジャーフィッシングの分野では、1956年に世界初のトランジスタポータブル魚群探知機を開発しています。

魚群探知機においては、ハイグレードモデルからエントリーモデルまで幅広くラインナップ。GPS機能を搭載したモデルは大画面で見やすく、詳細な地図データも内蔵しているとして人気です。ワカサギ専用振動子をセットしたモデルや、バスフィッシングに特化したモデルも販売しています。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業されたGPS・GNSS機器メーカーです。航空船舶分野やスポーツ、アウトドアなどさまざまなジャンルでGPS技術を活かした製品を販売しています。

魚群探知機においても、GPS技術を活用したモデルをラインナップ。魚が釣れたスポットを記録しておけば、再び同じポイントに入れる機能が便利です。港や危険場所をマーキングできるなど、安全確保としても活躍します。

ディーパー(deeper)

By: deepersonar.com

Wi-Fi接続を利用してスマホやタブレットとペアリングする、ワイヤレス魚群探知機を販売しているメーカー。投げ入れられる球体の振動子を採用しており、一般的なモデルでは難しい陸釣りでも使用できるのが魅力です。

水深や水温、海底の様子などを専用アプリで確認できるのが便利。本体をボートやカヤックに接続するクランプやアタッチメントも用意されています。

魚群探知機のおすすめ

ホンデックス(HONDEX) 5型GPS魚群探知機 HE-601GPII

小型なポータブルタイプながら、5型ワイド液晶ディスプレイ搭載で見やすい魚群探知機です。日本語表記でわかりやすいほか、すっきりとしたボタン配置で操作しやすのが魅力。魚群オート機能を搭載しているなど、はじめて購入する方におすすめのモデルです。

GPSアンテナを本体に内蔵しており、配線不要で取り付けできるのも便利。ディスプレイは高輝度液晶の採用により、直射日光下での視認性に優れています。高性能CPUの搭載で、業界トップクラスの地図描写速度もおすすめポイント。高速走行中でもスムーズに海岸線を表示できるほか、地名なども見やすいのが魅力です。

ホンデックス(HONDEX) 魚群探知機 ワカサギパック バリューセット PS-611CN TD07

ワカサギ釣りに最適なポータブルタイプの魚群探知機です。ワカサギ専用振動子をセットしたモデルで、指向角9°と狭いのが特徴。真下のポイントの状況を的確に把握可能です。傾斜地では、より正確に湖底の様子を確認できます。

視野角の狭さによって隣の釣り人の超音波と重なりにくく、混信やゴーストが発生しにくいのもポイント。隣り合わせで釣る、ドーム船でのワカサギ釣りを楽しむ機会が多い方におすすめのモデルです。

振動子はフロート付きで、水中に降ろすだけで使えるのも便利。ワカサギ釣りに特化した「ワカサギモード」を搭載しており、ワカサギのいるタナを正確にチェックできます。小型モデルながらフルカラーの全国地図を内蔵しているのも魅力。さまざまな湖や川、ダムなどのデータを網羅しています。

ホンデックス(HONDEX) 5型ポータブル魚群探知機 PS-610C

電池ボックス一体型の魚群探知機。単3乾電池8本を使用する仕様で、約10時間の連続使用が可能です。架台を兼ねた前面保護カバーは、折りたためるので便利。コンパクトで持ち運びしやすく、小型ボートに設置しやすいモデルを探している方におすすめです。

操作に慣れていない方でもすぐに使える、魚群オート機能を搭載しているのもポイント。深度と感度を自動で調節するほか、魚の反応をフィッシュマークで表示するなど、初心者でも安心して使える1台です。魚の反応を識別してアラームで知らせる機能も便利。画面を見続ける必要なく、安全に釣りを楽しめます。

ホンデックス(HONDEX) GPS内蔵 8.4型 魚群探知機 PS-800GP

8.4型大画面ディスプレイを搭載した魚群探知機です。640×480ドットの高精細タイプで、1000カンデラのLED高輝度液晶を採用。光の強い日でも見やすく、細かな反応を見逃しません。魚の反応を3パターンのキャラクターで表示。感覚的に反応を確認しやすく、慣れていない方におすすめのモデルです。

50kHzの低周波と200kHzの高周波を使い分けできるのも魅力。低周波で深場の広い範囲を探知でき、高周波で船直下のピンポイントを探れます。大画面を活かしてプロッター画面を左右上下に分割して表示できるのも便利。縮尺の異なる2つの地図を同時に表示できます。

魚探オート機能も搭載しており、オートレンジとオートゲインで自動操作が可能。深度や感度を自動で調節して切り替えるため、簡単な操作で使えます。

ホンデックス(HONDEX) 5型ワイド 魚群探知機 HE-68WB

バスフィッシングに特化した5型ワイド液晶搭載の魚群探知機です。偏光サングラス装着時に色ズレが起こらないのが特徴。どんな角度からでも見やすいクリアな画面表示を可能にしています。

バスフィッシング用に開発された6種類のカラーパターンを用意。コンパクトなポータブルタイプで、レンタルボードでバスフィッシングを楽しんでいる方におすすめのモデルです。

クリーンライン機能により、ボトム付近の魚群と藻などを判別しやすいのも便利。ハードボトムのレベルを0~20の数値とグラフで表示できるため、底質を見極めてルアーを選択できます。単3乾電池8本で駆動し、最大約10時間の連続使用が可能です。

ガーミン(GARMIN) 魚群探知機 Striker Plus 4

コンパクトなフォルムが特徴の魚群探知機です。4.3インチディスプレイは太陽の下でも見やすく、直感的に操作できるユーザーフェイスを採用。50・77・83・200kHzの周波数に対応しており、さまざまなシチュエーションで活躍するおすすめモデルです。

GPSを内蔵しており、経路上のウェイポイントをマーキングできるのが特徴。魚が釣れた位置を記録できるため、次回同じ場所を釣りたい場合に便利です。瞬時に等深線図を作成するクイックドローコンターズにより、画面上に自分だけの釣りマップを作成できる機能も搭載しています。

ディーパー(deeper) ワイヤレススマートGPS魚群探知機 Deeper Pro+ FRI-BT-000004

Wi-Fi接続を利用してスマホやタブレットで使える魚群探知機です。丸い球体の振動子を採用しており、距離100m、水深80mまで対応。キャストして投げ入れることも可能で、堤防や川、磯場など陸釣りで使用したい方におすすめのモデルです。

無料の専用アプリで、ソナーの感度調節や周波数の選択、水温と水深の表示、魚影アラームの設定などが可能。スマホのGPS機能を利用して、位置情報の測定や釣れたポイントの記録も可能です。別売りのクランプやアタッチメントをセットすれば、カヤックや小型ボードにもセットして使えます。

LUCKYLAKER 魚群探知機

球型のセンサーと本体がセットになっている魚群探知機。センサーは水に浮くため、陸釣りで足元を探知できます。ワイヤレスと有線のどちらでも使用できるのが特徴。陸釣りではワイヤレス、ボードでは有線と状況によって使い分けできるため、さまざまなシチュエーションに対応するモデルを求めている方におすすめです。

電源はUSB充電式で、フル充電すれば10時間以上の使用が可能。本体も防水設計で安心して使えるほか、コンパクトな手のひらサイズで持ち運びも簡単です。

HBUDS 水中釣り用カメラ 魚群探知機

15mケーブル付のカメラを搭載している魚群探知機です。IP68の完全防水カメラで、水中の様子を撮影してモニターに送信。7インチカラーTFT液晶ディスプレイで鮮明に魚群を確認できます。

赤外線LEDライトを12灯搭載しており、夜間の撮影も可能。夜釣りで利用したい方にもおすすめのモデルです。釣り以外にダイビングやシュノーケリングなどにも活用できます。4500mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、約3~4.5時間のフル充電で最大8時間の使用が可能です。

ローランス(Lowrance) GPSエリート-3X魚群探知機

世界有数のマリン・GPSソナー関連のグローバル企業「ローランス」の魚群探知機です。3.5インチLCD液晶ディスプレイを搭載したポータブルタイプ。超高輝度白色LEDを採用しており、晴れた日でも画面を見やすい仕様です。

周波数は83kHzと200kHzで切り替えられ、さまざまなシチュエーションで活躍。小魚やメタルジグの軌跡を正確に把握できるなど、驚異的な探査能力を備えているおすすめモデルです。

フルノ(FURUNO) 8.4型 2周波液晶魚群探知機 FCV-588

高画像処理技術「レゾ・ブースト」を搭載した魚群探知機。従来のデジタル魚探では表現しにくい底付きや、瀬付き魚群を鮮明に表示できるモデルです。探知した魚のサイズを数値やマークで表示する「ACCU-FISH」機能も搭載しています。

底質判別機能を搭載しているのも魅力のひとつ。海底や湖底の底質を岩・小石・砂・ドロの4種類から判別して表示します。魚や水深、底質など設定した数値に合致した場合だけアラームを鳴らすなど、使い勝手に優れたおすすめの1台です。