釣りをする際にあると便利なアイテム「フィッシュグリップ」。魚を持ち上げたり、掛かったハリを外したりするなど、写真撮影をする際にも使えるアイテムで、歯が鋭い魚でも安心して取り扱えるのが魅力です。

そこで今回は、フィッシュグリップのおすすめモデルをご紹介。混同しやすいフィッシュホルダーについても触れているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

フィッシュグリップとは?

By: f-dress.jp

「フィッシュグリップ」とは名前の通り、魚を掴むためのアイテム。製品によって形状は異なりますが、基本的には歯が鋭利な魚を持つためのアイテムです。アームで魚の下顎を挟み込んで使用します。

歯が鋭くない魚の場合は直接手で掴むこと(ハンドランディング)も可能ですが、大きい魚の下顎を掴んで強引に持ち上げると体重で口が裂けてしまう場合があるので注意が必要。なお、口が薄く小さい魚に関しては魚体自体を挟んで掴む「フィッシュホルダー」が便利です。

フィッシュグリップのメリット

By: f-dress.jp

フィッシュグリップのメリットは手を傷つけずに魚が持てること。特に歯が鋭利な魚や、ぬめりがある魚を掴む際に必要で、使い方としてはランディング時に挟むか、ネットに入った魚を取り出す際に使います。

フィッシュグリップである程度コントロールしておくと掛かったハリを外すに安全。その後の計測や写真撮影などもスムーズにできます。

掛かった魚を獲るためには、魚の下顎を掴み持ち上げるハンドランディング、ネットを使う、直接抜き上げる、エラにギャフを引っ掛けて上げるのが主な選択肢。フィッシュグリップは非常に小さな魚や大きすぎる魚には使えませんが、念のため持ち合わせておくと便利です。ぜひ用意しておきましょう。

フィッシュグリップとフィッシュホルダーの違い

フィッシュグリップ

By: f-dress.j

フィッシュグリップはおもちゃのマジックハンドと同様の使い方。操作部のレバーを押したり引いたりしてアームを動かし、一点で挟み込むのが特徴です。

淡水でフィッシュグリップを使う魚はライギョなど。バス釣りでも使用するアングラーもいますが、直接手で掴むことのほうが多いので、普及率はそれほど高くありません。

また、海水ではシーバスなどの大型を狙うルアーゲームがメイン。歯が強いマダイやクロダイ(チヌ)の釣りでも使用されます。一方、直接手で掴めるカサゴやアイナメなどのロックフィッシュ 、ライトゲームのメバルに使用するシーンはあまりなく、エギングで釣るイカも口がないので使用することはありません。

狙うターゲットによって使用の機会は異なりますが、どんな魚がいつ掛かるかわからないので、念のため用意しておきましょう。

フィッシュホルダー

By: amazon.co.jp

「フィッシュホルダー」とはトングのような形状で、直接魚体を挟むのが特徴。主に口が小さく薄い魚に使うアイテムで、最近ではアジングでよく使用されます。

なお、レギュラーサイズのアジであればトングタイプで十分ですが、さらに小さい豆アジサイズになるとトングでも余りあるので、その場合は幅狭のハサミタイプを使用するアングラーもいます。フィッシュグリップの購入を検討する際は併せてチェックしておきましょう。

フィッシュグリップの選び方

素材をチェック

By: studio-oceanmark.com

フィッシュグリップは製品によって魚の下顎を捉えるパーツの素材が異なっており、主にステンレスやアルミ、プラスチックなどのタイプがあります。

ステンレスはやや重めですが耐久性が高め。アルミは双方のバランスに配慮できるのが特徴です。金属ではないプラスチック製品は、耐久性が弱め。その分魚に傷がつきにくくなっています。洗濯バサミのような要領で使うモノなので、その点は考慮しておきましょう。

なお、フィッシュホルダーはほとんどがプラスチック。金属である場合は波打ったデザインをしているなど、魚体を傷付けにくい配慮が施されています。

持ちやすさをチェック

By: daiwa.com

フィッシュグリップはアームの開閉によって魚の下顎を挟み込みますが、指で操作をしやすいように通常のグリップタイプのほか、ガングリップやピストル型のモデルもあります。

グリップ部分が太いほうが大きい魚を持ち上げやすくなりますが、やや細身のガングリップやピストル型のほうが挟む操作においては有利。また、写真撮影時に横持ちしやすいのもポイントです。安定した使用感を求めるのであれば前者を、使い勝手を考慮したい方は後者を選ぶようにしましょう。

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

フィッシュグリップは、魚の下顎を挟むアームの太さや強さによって対応できる魚の大きさが異なります。また、フィッシュグリップ自体の長さや重さもそれに比例して大きくなります。

なお、釣りにおけるポンド(lb)は引っ張り強度を示す単位であり、重さというよりはどれほどの負荷に耐えられるかを表しています。購入する際はどんな魚種を釣りのターゲットとするかを考慮したうえで選ぶようにしましょう。

計量機能の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

釣った魚の大きさや重さを知りたくなるのがアングラーの性。本来、計量にはバネばかりなどの専用アイテムが必要になりますが、フィッシュグリップのなかにも計測ができるモデルもあります。

ただし、フィッシュグリップはあくまでも魚の下顎を挟み込むのがメイン。魚体の計測に関しては簡易的なモノが多いので、そうした点は留意しておきましょう。

フィッシュグリップのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: rakuten.co.jp

国内大手のブランドとして知られる「ダイワ」。ロッドやリールのほか、ルアー、ライン、フックなど幅広いアイテムを手掛けており、釣具の総合メーカーとして業界を牽引しています。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

釣具メーカーとしても世界的に知名度が高い「シマノ」。卓越した技術とノウハウをもつリールはもちろん、釣りで使う小物に関しても抜かりなく、使い勝手のよいアイテムが揃っています。

ウミボウズ(Umibozu)

By: amazon.co.jp

「ウミボウズ」はフィッシング関連の小物を扱う関西のブランド。コスパのよさに定評があり、フィッシュグリップのほか、トレブルフックも注目のアイテムとして知られています。

フィッシュグリップのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) フィッシュグリップ FL300

折りたたみ調節によって短いタイプと長いタイプとの使い分けが可能なフィッシュグリップ。短い場合は上、長い場合は下にあるトリガーを引くとアームが開き、魚の下顎を捉えられます。

長短の切り替えはストッパーダイアルを回転させるとロックが解除する仕組み。挟み込む際は下のアームが開閉し、上のアームは固定した仕様となっています。

ダイワ(Daiwa) フィッシュグリップ SC285

ステンレス刃を採用したフィッシュグリップ。グリップ部は360°回転するので、急に魚が暴れても腕を持っていかれることなく対応できるのが特徴です。

10kgまでのウエイト計測が可能なスケールが付いているほか、その誤差を調節できるパーツも用意。縦でも横でも使いやすいおすすめのアイテムです。

ダイワ(Daiwa) フィッシュグリップ ST225

オーソドックスなフィッシュグリップ。握る部分にクッション性は期待できませんが、重さは140gと軽量でストレスなく持ち歩けます。

魚の下顎を掴むアームにはステンレスを採用。尻手にはロープの取り付けが可能なので、紐付けするのも容易です。カラーはシルバー・ゴールド・レッドの3色を展開しています。

ダイワ(Daiwa) フィッシュグリップV 230

両開き構造で大きくアームが開くフィッシュグリップ。本製品はシリーズ3タイプあるなかのもっとも長いアイテムで、長さ230cm、重さ185gとなっています。

既存の状態でカラビナと伸縮性のある尻手ロープが付いているのもポイント。バンツのベルトループやフィッシングバッグ、ライフジャケットなどに引っ掛けることによって持ち運びやすいのも魅力のアイテムです。

シマノ(SHIMANO) フィッシュグリップ UE-301T

強度が高いフィッシュグリップ。素材はステンレス製で、大きな負荷にも耐えられる3Dアームを採用しており、パワフルな魚にもしっかりと対応できるのが特徴です。

本体内部はバネの力に頼らない4点リンク構造。変わらない使用感で使い続けられるのも魅力です。ガンタイプの形状ですが、グリップ部分は太め。グリップエンドも用意されているので、すっぽ抜けに配慮できるのもポイントです。

ウミボウズ(Umibozu) フィッシュグリップ

アングラーからの声を参考にして開発されたおすすめのフィッシュグリップ。デザインとしては操作性のよいピストル型で、長さ280mm、重さ195gで、耐荷重は20kgをカバーするのが特徴です。

アームはアルマイト加工が施されたアルミを採用。強度が確保されているほか、サビにくく、耐久性にも配慮されています。価格帯と実用性のバランスがよいので、コスパ重視でフィッシュグリップを購入したい方はぜひおさえておきましょう。

ドレス(DRESS) グラスパー グルカ

手に馴染みやすいガングリップタイプのフィッシュグリップ。製品名の「グルカ」はネパールのグルカ族が使う「グルカナイフ」が由来で、スタイリッシュに仕上がっています。

従来モデルからメインスプリングを変更し、トリガーが引きやすくなっているのもおすすめポイント。サイズは270mmで、重さは182gとなっています。

ドレス(DRESS) グラスパー グラディウス

クールなデザインのフィッシュグリップ。特殊表面処理と光の制御による「ヒートグラデーション」によってアーム部分が艶やかに輝くアイテムです。

刃にはアルミ合金を採用。大きく開口し、しっかりと下顎を捉えられます。また、折りたたみも可能で、長短の切り替えもスムーズ。カラーラインナップも豊富に揃っているおすすめのアイテムです。

ドレス(DRESS) デリンジャー3.2

コンパクトタイプのフィッシュグリップ。サイズは204mm、重さは105gで、ソルトシーンでのライトゲームで使いやすいサイズ感となっているのが魅力のアイテムです。

アーム部分にはアルミ素材を採用。カラーラインナップも充実しているので、リールやスプールの色合いと合わせて自分好みにコーディネートすることも可能です。

スタジオオーシャンマーク(STUDIO OCEAN MARK) オーシャングリップ OG2920HD

ランカーサイズにもしっかりと対応できるおすすめのフィッシュグリップ。耐久性の高いステンレス刃に太めのグリップを備えており、下顎を捉えてしっかりと持てるのが特徴です。

ウエイトスケールはキロ表示で、最大20kgまでカバー。サイズはフックを含まずに約290mm、重さは245gとなっています。淡水・海水を問わず、さまざまな大型魚種を仕留めたい方はぜひおさえておきましょう。

スタジオオーシャンマーク(STUDIO OCEAN MARK) オーシャングリップ OG2510

使い勝手に優れたおすすめのフィッシュグリップ。通常時はグリップ部分がやや下がったオフセット仕様、魚を持ち上げると自動的にハンドルがストレートになる「ATハンドル」仕様となっており、掴みやすさと下顎を捉えてからの安定感に長けているのが特徴です。

サイズは254mm、重さは160gで、ウエイトスケールは最大10kgまで。なお、本製品のほかにもステンレス刃を使用し耐久性をアップさせた「OG2510HD」もラインナップされています。

スタジオオーシャンマーク(STUDIO OCEAN MARK) オーシャングリップ OG2100 ニュービー(Newbie)

軽さがウリのフィッシュグリップ。自重97gと100gを切るウエイトで、ストレスなく持ち運べるのが特徴です。

サイズは210mmですが、グリップ部分がやや短く先端部分が長い「ロングノーズシェイプ」を採用しているのもおすすめポイント。ビッグミノーで掛けても安心して取り込める仕様となっています。

スミス(SMITH) スミスグリップ2700

ベイトタックルを持つようにトリガー部分に指を引っ掛けて握るタイプのフィッシュグリップ。本体上部にあるサムバーを親指で押すことによってアームを開閉させるのが特徴です。

グリップには手への馴染みやすさと滑りにくさに配慮したEVA素材を採用。アルミ素材を使うことで134gと軽量に仕上がっているのも魅力です。

また、全長は27cmとやや長めに設計。トレブルフックが3点付いた、外しやすいロングミノーもおすすめのポイントです。

Eastaboga Tackle Boga Grip

多くのアングラーから支持されている「ボガグリップ」。フィッシュグリップにおける定番アイテムとして知られており、比較的高価ではありますが、安心して使えます。

オールステンレスでサビにくく、淡水・海水を問わず使えるのもポイント。掴む対象魚によってラインナップが分かれており、15lb・30lb・60lbを展開しています。長く使えるフィッシュグリップを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

Zitrades フィッシュグリップ

リーズナブルな価格のフィッシュグリップ。本製品はウエイトスケールのほか、メジャーが付属しているので、魚の下顎を捉えつつ長さと重さが測れます。

ステンレス刃を使用し、サイズは24.5cm、重さは213g。安価ながら十分使えるアイテムなので、コスパ重視の方はもちろん、フィッシュグリップを使ってみたい方にもおすすめです。

オルルド釣具 フィッシュキャッチャー 電子スケール付き

デジタルスケールとメジャーが付いているフィッシンググリップ。サイズは31.7cmで、重さは377gとやや大きめですが、魚の下顎を捉えつつも、計量と計測ができるのが特徴です。

計量の範囲は25kg(55lb)まで、計測は1mまでをカバー。なお、単4乾電池2本が必要なので、購入する際には注意しておきましょう。

ラパラ(Rapala) フローティングフィッシュグリッパー

プラスチックタイプのフィッシュグリップ。名前の通り水に浮く仕様なので、誤って滑って水のなかに落としても安心です。

また、金属に比べて魚を傷つけにくいのもポイント。ラインナップはサイズ15cmの「RFFG6」と23cmの「RFFG9」の2種類が用意されています。

FEELCAT フィッシュグリップ プラスチック

安価なプラスチックタイプのフィッシュグリップ。サビないことに加え、水面に浮くのが特徴で、安心して使えるのが特徴です。

手に収まりやすい160mmのSサイズと大型魚種にも対応できる245mmのLサイズの2種類をラインナップ。なお、いずれも先端部はやや太めなので、口の小さい魚を掴む際には対応しにくい場合もあるため留意しておきましょう。

フィッシュホルダーのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) フィッシュホルダー ライトゲーム

名前の通り、ソルトシーンにおけるライトゲームにおすすめのフィッシュホルダー。アジングなどに適したアイテムで、中小型サイズの魚を掴みやすいのが特徴です。

また、細くて滑りやすい魚を挟む際にも有効。軽量かつコンパクトで、簡易的なロック機能も付いているなど、使い勝手に配慮しているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) フィッシュホルダー220

ハサミタイプのフィッシュホルダー。触ると危険な魚を掴む際に有効で、あまりにも大きい魚は掴めませんが、トゲのある魚やヒレが硬く鋭利な魚、毒を持つ魚などに対応できるのが特徴です。

金属部分はステンレスでサビにくいのもポイント。いざというときに持ち合わせていると重宝するアイテムなので、気になる方はチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) フィッシュホルダー240C

ケースとセットで持ち運びに便利なフィッシュホルダー。アジなどの口が小さい魚を掴むのに適した製品で、オーソドックスながら使いやすさに優れています。

大きさは240mmで、重さは98g。カナビラや尻手ロープも付属しているので、取り出しもスムーズにできます。ベルトループのほか、フィッシングバッグに常備しておきたいアイテムです。

ダイワ(Daiwa) フィッシュホルダー V200

水に落としても沈まないフローティングタイプのフィッシュホルダー。サビない樹脂ボディを採用しており、ハサミのような感覚で使えるのが特徴です。

開閉に便利なスプリングが採用されています。先端部分は魚を掴みやすいようギザギザとしたデザインになっているため、素手では扱いにくい魚にも対応できます。

シマノ(SHIMANO) フィッシンググリッパー CT-982R

片刃がステンレス、もう一方がプラスチック仕様になったハサミタイプのフィッシュホルダーです。

ステンレスの内刃は先端が細かくギザギザで、胴にいくにつれ緩くなっており、魚が掴みやすいデザイン。キッチンバサミのような使用感で魚が掴めるおすすめのアイテムです。

シマノ(SHIMANO) ライトフィッシュグリップ CT-981R

トングタイプのフィッシュホルダー。魚の胴をガッチリと掴めるので、掛けたフックを素早く外す際などで安定して持てるのが特徴です。

ワンタッチで開閉できるイージーロック機構が用意されているのもポイント。また、それぞれのアームには中央部と各側面の3ラインに刃が入っているので、ホールド感が高いのも魅力です。

がまかつ(Gamakatsu) フィッシュグリップ GM-2501

スマートに持ち運べるおすすめのフィッシュホルダー。アジやタチウオなど、それほど体高のない魚の胴を掴む際に便利なアイテムです。

手元のストッパーを押し上げることで簡単にロックできるのもポイント。また、先端部分を薄型扁平形状とすることで、地面に落下してしまった魚もスムーズに掴めます。

ドレス(DRESS) ディノグリップ

肉抜きしたトングタイプのフィッシュホルダー。カラフルなカラーラインナップが揃っており、好きな色を選べます。

しっかりとした凹凸があり、安定して魚を掴めるのもポイント。クリップエンドのパーツをスライドさせることでロックのコントロールができるのも魅力のフィッシュホルダーです。

ドレス(DRESS) ディノグリップ ラプター

鮮やかなカラーラインナップが揃うハサミタイプのフィッシュホルダー。アジングなどの口が小さい魚やタチウオなどの歯が鋭利な魚、ヒレで手が切れそうな魚をしっかりと掴めるのが特徴です。

力を入れて握ることでロックが解除できる仕組み。比較的安価なので、初めてのフィッシュホルダーとしても、サブとして複数本購入しておくのもおすすめです。

第一精工 ワニグリップMC

ホルスターが付属したトング型の定番フィッシュホルダー。フィッシュホルダー単体での購入も可能。ホルスターセットの場合は、バッカンに取り付けて使用するのがおすすめです。

なお、本製品はオリジナルモデルですが、軽量化を計った「ワニグリップエアー」やひと回り小さい「ワニグリップミニMC」もラインナップされているので、気になる方は併せてチェックしておきましょう。

第一精工 ガーグリップMCカスタム

ミリタリーテイストのハサミ型フィッシュホルダー。クールな装いで釣りを楽しみたい方におすすめです。素材はガラス繊維強化プラスチックの含有率が55%でサビにくく高強度。見た目はもちろん、使い勝手に配慮しているのも魅力です。

なお、さらに小さい「ガーグリップナノMC」もラインナップされていますが、こちらは魚の胴を掴むモノではなく、口を掴む仕様となっています。いずれも小さい魚に使用するタイプなので、購入を検討する際は用途を確認しておきましょう。

サーティフォー(34) HMグリップ

アジングに精通するブランド「サーティフォー」のフィッシュホルダー。掴みやすさや滑りにくさに配慮しており、現場での実地経験をフィードバックして作られています。

本製品は第一精工のガーグリップを元に改良を重ね、アジ専用フィッシュグリップとして開発。持ち手をやや内向きにすることによって手の小さいアングラーでも持ちやすく、軽い力でも握れるように設計されているのも魅力。

また、グリップにはカーボン含有素材であるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用し、軽量なので持ち歩きにも適しています。耐久性も高く、安心して使い続けられるフィッシュホルダーです。

フィッシュグリップ(フィッシュホルダー )のAmazonランキングをチェック

フィッシュグリップのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。