「泳がせ釣り(ノマセ釣り)」は、青物などの大型の魚を狙えるのが魅力。また、釣った魚は調理すれば美味しいモノばかりです。堤防などから手軽に大物を狙えるのも、泳がせ釣りのポイントです。

今回は、泳がせ釣りに使う仕掛けの解説や、おすすめの仕掛けをご紹介。興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

泳がせ釣りとは?

泳がせ釣りとは、生きた小魚をハリにかけて大型の魚を狙う釣り方のこと。別名「ノマセ釣り」とも呼ばれています。釣れる魚はブリやカンパチといった青物などが対象です。

エサに関しては、一般的にアジを使用。アジは調達しやすく、さまざまな魚を狙えます。そのほかには、イワシなども食い付きがよいのでおすすめです。また、エサの付け方には口掛けや鼻掛け、背掛けなどがあります。掛け方によって、エサの動き方や弱り具合が変わるので、その点は留意しておきましょう。

泳がせ釣りの魅力

泳がせ釣りは、ルアーフィッシングに比べて難しいテクニックを必要としないため、初心者の方でも楽しめます。また、釣りとしては船に限らず、堤防からでも手軽に狙えるのもポイントです。

当然、小魚をエサとするので、ターゲットはフィッシュイーター。エサが大きくなればなるほど、釣れる魚も大型を狙えるようになります。ただし、エサ付けを欲張ると投げた際に針から外れ、エサだけ飛んでいくこともあるので、その点は注意しておきましょう。

泳がせ釣りの仕掛けは種類で選ぶ

ウキ釣り仕掛け

ウキ釣り仕掛けは、円錐ウキ・シモリ玉・ウキ止め・からまん棒・サルカン・ハリスなどを構成とした仕掛け。表層から中層を攻めやすく、水中を泳ぎ回る青物やシーバスなどを狙うのにおすすめです。

ウキ釣り仕掛けは、ウキ止めの位置を変えれば、攻めるタナを調節できるほか、根掛かりがしにくい、広い範囲を攻められるといったメリットがあります。

一方で、仕掛けを個別に用意するとなると、手間がかかるほか、ウキの抵抗でエサが弱りやすくなる点には注意が必要です。初心者の方は、ウキ釣り仕掛けがまとめてセットになったモデルを選ぶことで、道具を用意する手間を省けます。

胴付き仕掛け

胴付き仕掛けは、別名「ぶっこみ仕掛け」とも呼ばれるモノで、捨て糸とハリスをトリプルサルカン(親子サルカン)で繋ぐ仕掛けのこと。海底を探るのに適しているため、ヒラメなどのフラットフィッシュやマゴチなどの根魚を狙うのにおすすめです。

胴付き仕掛けは、ピンポイントで狙いやすいのが特徴。また、ターゲットがエサに食い付いても、オモリの重さを感じないため、バレにくいのがメリットです。一方で、海底を攻めやすい分、根掛かりがしやすい点はデメリット。製品によっては、遊動式の仕掛けもあります。

エレベーター仕掛け

エレベーター仕掛けは、スナップサルカン・ハリス・オモリ・捨て糸・シモリ玉などを構成とした仕掛け。スナップサルカンにより、ハリスが上下に自由に動かせるほか、遠いポイントを狙いやすいため、広範囲を攻めるのにおすすめです。

エレベーター仕掛けは、最初にエサを付けずにオモリを投げます。オモリが着底してから道糸にスナップサルカンを用いて、エサの付いたハリスを装着。その後、ラインを伝ってエサを海中に落とすことから、エレベーター仕掛けと呼ばれています。

エレベーター仕掛けは、エサを直接海中に投げないこと、ハリスが上下に動く誘導式であることから、エサ持ちがよいのもポイントです。

泳がせ釣り用仕掛けのおすすめ|ウキ釣り仕掛け

がまかつ(Gamakatsu) 遠投泳がせのませパーフェクト HO201

竿とリール以外の道具が揃う、ウキ釣り仕掛けセット。本製品ひとつで道具を一通り揃えられるので、初心者の方でも簡単に泳がせ釣りを始められます。セット内容としては、誘導セット・遠投泳がせウキ6号・ハリス付き鈎などを付属。ハリス付き鈎は2本付きで、万が一ロストしてしまっても安心です。

価格も安いため、初めてウキ釣り仕掛けで泳がせ釣りをする方におすすめ。本製品の針は11号ですが、ほかにも8~12号までをラインナップしています。

ハヤブサ(Hayabusa) かんたん泳がせウキ釣りセット HA183

夜釣りにも対応できる、堤防での泳がせ釣りにおすすめのウキ釣り仕掛けセット。別売の「発光体φ4.5mm」をセットすれば、より視認性がよくなります。仕掛けが丸ごとセットになっているのも魅力です。

本製品は、道糸を結ぶだけで使用可能。スナップサルカンも付属しており、交換が簡単です。ハリにはエサずれ防止玉も搭載しています。

ウキは遊動式で、ウキ下50cm~10mまで対応可能。釣り場や狙う魚のタナに応じて、簡単に位置調節が行えます。サイズはSで、ほかにもMサイズをラインナップ。それぞれで鈎やハリスの号数が異なります。

オーナーばり(OWNER) セット一発泳がせのませ H-3628

道糸を通すだけで、初心者の方でも簡単に遊動のませウキ仕掛けがセットできるモデルです。セット内容は、ウキ止め糸・シモリ玉・ウキ・カラマンピン・ウキゴム・クッション付オモリ・鈎3本入り。セットされているウキは、大型で視認性がよく、中通しのタイプなのでカラミにくい特徴があります。

本製品のハリス号数は10号。ほかにも4号・5号・8号をラインナップしています。使う際は狙う魚の大きさを意識して選ぶようにしましょう。

泳がせ釣り用仕掛けのおすすめ|胴付き仕掛け

がまかつ(Gamakatsu) ヒラメ泳がせ仕掛 HS023

狙うタナを自由に調節できるヒラメ用の胴付き仕掛け。エサへの負担が少なく、元気に泳がせることが可能です。ハリスと幹糸には、フロロカーボンを採用。フロロカーボンは沈みやすいのが魅力で、水中で目立ちにくいのもポイントです。

本製品の鈎の号数は5号ですが、ほかにも6号タイプがラインナップ。気になる方はチェックしてみてください。

ハヤブサ(Hayabusa) ぶっこみ胴突飲ませ 移動式2段鈎 HD300

ハリスの長さが38cmと短く、トラブルを起こしにくい胴付き仕掛け。狙った場所をピンポイントで攻めたい場合におすすめのモデルです。鈎は2段式になっており、安定してエサを装着できます。エサのサイズに合わせて鈎の位置を調節できるのもポイントです。

本製品は捨て糸仕様のため、根の荒いポイントを攻めるのにおすすめ。サイズはいくつか展開されているので、チェックしてみてください。

オーナーばり(OWNER) 堤防 泳がせのませ遊動胴突 仕掛 H-6253

遊動式の胴付き仕掛けで活きエサが弱りにくく、置き竿に適したモデルです。ハリはオーナーばりの「泳がせのませ青物」を採用。中太軸で、エサがすっぽ抜けにくいのが魅力です。

本製品は、ケイムラフックとケイムラビーズも搭載。アピール力に優れています。また、仕掛けの全長は1mとちょうどよい長さで、扱いやすいのも特徴です。サイズはLLのほかに、S・M・Lの計4種をラインナップしています。

ささめ針(SASAME) 堤防のませ胴突 ケイムラフック

堤防専用の胴付き仕掛け。全長が短いため、海釣り公園にも適したモデルです。ケイムラフックと夜光玉ソフトを付属し、ターゲットへのアピール力を高めています。

内容量は、1本鈎の胴付き仕掛け2セット入り。ハリスはフロロカーボン製を採用し、ターゲットに気づかれにくいのが魅力です。本製品は12号ですが、より小さい10号・11号もラインナップしています。

泳がせ釣り用仕掛けのおすすめ|エレベーター仕掛け

オーナーばり(OWNER) 堤防 ぶっ込みのませ仕掛 H-6262

ケイムラフックとケイムラビーズを搭載し、ターゲットに対して強力にアピールできるエレベーター仕掛けです。糸はフロロカーボンのハリスとナイロンの捨て糸が1セット、予備鈎が1本付き。ハリスと捨て糸は、それぞれ1mの長さがあります。

ハリスにはフックドスナップを搭載しており、付け外しが簡単。エサが弱りにくく、活きのよさをターゲットにアピールできる仕掛けを探している方におすすめです。

ハヤブサ(Hayabusa) 堤防ぶっ込み のませ エレベーター仕掛 HD301

根掛かりしにくい捨て糸を採用した、エレベーター仕掛け。替え鈎が2セットと捨て糸が1セット、クッションパイプなどが入っています。捨て糸は60cm、ハリスは100cmの長さです。

エレベーター方式でオモリを投入してから、アジやイワシといった活きエサを投入するため、エサが脱落しにくいのもポイント。また、クッションパイプを装着することで、ハリス切れも軽減可能です。

がまかつ(Gamakatsu) エレベーターのませ仕掛 HO205

ハリスの長さが1.5mと長く、幅広いポイントを攻められるエレベーター仕掛け。ハリスはフロロカーボンを採用し、水中で目立ちにくく、耐摩耗性も良好です。本製品はストッパーゴム・オレンジビーズ・捨て糸も付属し、別途オモリなどを用意すれば、泳がせ釣りを楽しめます。

エサの投入はオモリを海中へ投入したあとで行うため、エサが弱りにくいのが特徴。活きのあるエサが海中を泳ぎ回ることで、高いアピール効果が期待できます。

本製品はオーソドックスな1本鈎ですが、2本鈎タイプもラインナップ。気になる方はチェックしてみてください。