USBケーブルで音声信号を伝送するUSBスピーカー。ケーブル1本で接続できるので、主にパソコンに接続するスピーカーとして人気を集めています。

しかしUSBスピーカーは、USBから給電まで行うコンパクトなモデルから別の電源を必要とする高性能モデルまで、選択肢が豊富。そこで今回は、USBスピーカーの選び方と、用途別おすすめの製品をご紹介します。

USBスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

USBスピーカーとは、その名の通りUSBケーブルを通じてパソコンなどと接続するスピーカーのこと。音声信号をデジタルで伝送するため、アナログ伝送特有の「ノイズ」や「ケーブル減退」による音質劣化が発生しないのが特徴です。

USBスピーカーの選び方

電源供給

By: amazon.co.jp

USBスピーカーの電源供給には、いくつかのパターンが存在します。コンパクトなモデルであれば、「USBバスパワー」で給電するのが一般的。この場合、USBケーブル1本で音声の伝送から給電まで行うため、配線がスッキリするのが特徴です。

しかし、USBのバスパワーでは給電できるW数が決まっています。そこで、音質のよいスピーカーを求めているなら「ACアダプター」で給電するモデルがおすすめ。

電源用ケーブルが必要になるデメリットはありますが、より高音質を楽しみたい方はACアダプターを使用するモデルを選びましょう。

そのほか、バッテリーで動作するBluetoothスピーカーの中にも、USB音声入力に対応したモデルが存在。このようなモデルであれば、給電せずに音楽を楽しめます。

出力

By: amazon.co.jp

スピーカーの出力は、スピーカーの音量に関わる重要な要素。一般的には、「10W+10W」のように表記します。

通常USBスピーカーは、PCと接続しての利用を想定したモノなので、USBバスパワーであれば、高出力でも10W程度。ACアダプターで動作するモデルなら、数十Wに対応しているモノもあります。

ハイレゾ対応

By: amazon.co.jp

USBスピーカーは、高性能モデルであれば「ハイレゾ音源」に対応しているモノも多いです。CDを超える音の情報量を持っているのがハイレゾ音源。音質にこだわるのであれば、ハイレゾ対応のモデルもおすすめです。

ハイレゾ音源の情報量の多さは、「kHz」と「bit」で表記するのが一般的。「kHz」はサンプリング周波数のことで、数値が大きいほどより高い音域まで再現できることを表しており、「bit」は量子化ビット数のことで、数値が大きいほど小さく細かい音まで再現できることを表しています。

高音質なUSBスピーカーおすすめモデル

オラソニック(Olasonic) USBパワードスピーカー TW-S9

USBバスパワーのみで12.5W+12.5Wの高出力を実現したUSBスピーカー。小音量時に「大容量キャパシター」に充電し、音量を上げたときに放電を行うことで高出力を可能にしました。

本製品のような卵型のキャビネットは、内部に平行面がないので、定在波と呼ばれる「箱鳴り」などの不要音が発生しません。そのため、吸音材を使用する必要がなく、ボックス内容量を広く確保できます。これにより、高音質を実現。

また、96kHz/24bitまでのハイレゾ音源に対応。USBのデジタル伝送を最大限に活かせます。他にも、小型ながら豊かな重低音を奏でるための「パッシブラジエーター」を搭載するなど、幅広い音域に対応したモデルです。

パイオニア(Pioneer) DESK LIVE ISS-C270A-S

伸びのある高音再生が可能なUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。軽量かつ堅牢な金属振動板と、振動板を解析してピストンモーションと分割振動をバランスよく組み合わせる、同社の超高音再生技術「HSDOM」が再生帯域を広げます。

モーターを高性能化したり、響きの少ないマグネシウムボディを採用したりすることで、原音に忠実なサウンドを実現。装飾されていない音を求める方におすすめです。

小音量でも音の情報量が損なわれない「アナログアンプ」を搭載。さらに、外部アンプが使用できる「パッシブモード」に切り替えれば、すでに所有しているアンプと接続してさらに高音質な音楽を楽しめます。

クリプトン(KRIPTON) HQMデジタル・オーディオシステム KS-1HQM

電源にACアダプターを使用し、最大25W+25Wの高出力に対応したUSBスピーカー。USBでパソコンと接続して、96kHz/24bitまでのハイレゾ音源の再生も可能です。

デジタルデータ音源をアナログ波形に変換せずに増幅する「フルデジタルアンプ」を搭載。これにより、音質や電気ロスのない本来の性能を発揮できます。

スピーカーを設置するスピーカーベースは、鉄球を入れることで1台700gの重量を確保。場所を問わずにスピーカーの振動を吸収して、良質な音質を保てます。シンプルなカード型リモコンが付属し、電源のオンオフから音量の調整などの遠隔操作も可能。

オオアサ電子 ナチュラルサウンド・アクティブスピーカー Egretta TS550

360度全方向へ音を響かせるACアダプタータイプのUSBスピーカー。部屋全体を包み込むようなサウンドを求めている方におすすめしです。低音を増幅させる構造をしています。

PCとはUSBケーブル1本で接続できるほか、光デジタルケーブルやRCAケーブルなど、豊富な端子でさまざまな周辺機器と接続が可能。また、これらの端子部分は本体から取り外して配線の自由度を高められます。

本体の操作は専用のリモコンで行え、使用しない際は本体上部に装着できるスタイリッシュなモデルです。

クリプトン(KRIPTON) HQMデジタル・オーディオシステム KS-3HQM

同社製品の「KS-1HQM」の上位機種にあたるモデル。電源にACアダプターを使用して、最大25W+25Wの高出力を可能にしているのは同様ですが、こちらは192kHz/24bitまでのハイレゾに対応しています。

左右側面までアルミ素材を採用した設計で、これにより、さらなる高音質を実現。背面は、大音量再生時もしっかりと安定する構造で、USBバスパワータイプのスピーカーと比べ音の安定感があります。

USB接続以外にも、光デジタルやアナログ音声による接続に対応。テレビなどの周辺機器と簡単に連携できるのが便利です。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワーク・パワードスピーカー NX-N500

USB接続以外にも、無線LAN経由で接続できるWi-Fi機能を内蔵したUSBスピーカー。有線LANにも対応し、スマホやタブレットと気軽に接続するためのBluetooth機能も搭載しているので、さまざまな機器と接続できます。ACアダプターで動作します。

USB接続であれば、384kHz/32bitの音源に対応。ネットワーク経由や光デジタル入力でも最大192kHz/24bitに対応するなど、高音質な音源を再生できます。

また、ハイレゾ音源を再生できるよう、各音域のためにスピーカーユニットを複数搭載。ヴォーカルやメロディ楽器を再生することを重視したウーファーと、広帯域再生と中高域の表現力を両立するツィーターを採用しています。

音楽配信サービス「Spotify」、ラジオ配信サービス「radiko.jp」など、多くの外部サービスに対応しているところもポイントです。

クリプトン(KRIPTON) HQMデジタル・オーディオシステム KS-9Multi

「MQA」「DSD」「PCM」など、複数のハイレゾ音源に対応したUSBスピーカー。音源の種類やサンプリング周波数は、本体前面のLED点灯で表示する使用です。ACアダプターで動作します。

ハイレゾ用に、超高域60kHzまで再生できるツィーターを開発。さらに、背面から出る音を外部に排出する機構を独自にカスタマイズしており、小型サイズとは思えない低域再生を実現しています。また、高音質を実現する特殊なUSBケーブルも付属。

入力端子にHDMI端子を搭載しているところもポイント。これにより、ブルーレイオーディオを楽しめます。予算を気にせず、性能の高いUSBスピーカーが欲しいなら本製品をおすすめ。

ボーズ(Bose) SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker SLINK-REV-PLUS

360度に音声が広がるUSBのデータ伝送にも対応したBluetoothスピーカー。耐久性や防水性に優れているため、外出先でも使用したい方におすすめです。

本製品は継ぎ目がないスタイリッシュで美しいデザインがポイント。さらに、本体上部には布製のハンドルを装備していて、持ち運びやすい形状です。

フル充電で最大連続16時間使用できるバッテリーを搭載、長時間でも安心して使えます。別売りの充電用クレードルにセットしておけば、充電しながら通常のスピーカーと同じように再生が可能です。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB60

縦置き、横置きを選ばない、USBのデータ伝送に対応したBluetoothスピーカー。連続で約14時間再生可能なモデルです。バッテリー残量がわかるボイスガイダンス機能もあるので、バッテリー切れを気にせず、安心して使用できます。

ウーファーを2基、トゥイーターを2基搭載。さらに木製のキャビネットを採用することで、大音量と大音圧を実現しています。また、「EXTRA BASS」ボタンを使用すれば、クラブにいるような重低音を再現。

他にも、スピーカーの全面には、曲に合わせてライトが光る機能も装備。外出先やパーティーシーンでも活用したい方におすすめです。

小型なUSBスピーカーおすすめモデル

ジェイビーエル(JBL) USB DAC内蔵バスパワードスピーカー Pebbles JBLPEBBLESBLKJN

縦置き、横置きの自由度が高いUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。ACアダプターが不要なこともあり、さまざまな場所に設置できます。パソコン内部のさまざまな悪影響を防ぐ「USB DAC」内蔵で、音楽データを劣化させることなく再生可能。

電源スイッチと音量コントロールを兼用した、シンプルなデザインが特徴。電源ボタンをタッチして青いランプが点灯すれば準備完了です。その後は、ダイアルを回すだけで直感的に音量をコントロールできます。

3.5mmステレオミニ端子も搭載しているので、スマホやオーディオプレーヤーなども気軽に接続できるのでおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスピーカー MM-SPU8BK

1.5W+1.5WのコンパクトなUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。本体重量は330g、サイズは66×60×66mmのオーソドックスなスクエアタイプのため、持ち運びにも便利です。

スピーカー背面にボリュームコントロール機能を搭載。ワンタッチで好みの音量に調整できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハイパワーUSBスピーカー MM-SPU9BK

USBバスパワータイプながら、12.8W+12.8Wの高出力に対応したUSBスピーカー。小音量時に蓄電し大音量時に放電する特殊な回路を搭載し、高出力を実現しています。バスパワータイプでも大音量で音楽を楽しみたい方におすすめです。

低音域を強化するための「パッシブラジエーターユニット」を搭載。これで、小型スピーカーにありがちな貧弱な低音から解放されます。また、木製キャビネットを採用していて、樹脂キャビネットよりも音の響きが心地よいのが特徴です。

本体前面には、電源スイッチと音量調節スイッチを配置。毎回音量を調整しなくても、理想の状態をキープできます。さらに、前面にヘッドホンジャックもあり、パソコンの端子を使わずに簡単にヘッドホンを使用可能です。

エレコム(ELECOM) パソコン用2.0chスピーカー USBオーディオタイプ MS-P08USBBK

最大5W出力が可能なUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。丸型デザインのスピーカーで、バランスのよいサウンドを奏でるのが本製品の特徴です。

手元で簡単にボリュームを調整できる「ボリュームコントローラー」を付属。音量の調整ができるほか、サウンドをオフにできるミュート機能も搭載しています。

エディファイア(Edifier) PC用USBスピーカー ED-R19U2

ハイエンドオーディオの世界で高い評価を受けているエディファイア製のUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。70mmフルレンジスピーカーを搭載していて、小型ながら良好な音質が特徴です。

本体前面には、電源スイッチと一体化したボリュームコントローラーを配置。シンプルなデザインを好む方におすすめです。また、本体前面にはヘッドホン端子があるので、スピーカーをパソコンに接続したままヘッドホンを使用できます。

本体背面に3.5mmステレオミニジャックがあり、スマホと接続して音楽を再生できるのもポイントです。

Teshony USBスピーカー

長方形のバーのような形状をしたUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。サイズは200×28×27mmのコンパクトですが、出力は2W+2Wと十分実用に耐えうる製品です。

ノートパソコンやディスプレイの上部に取り付けるためのフックを装備。これがあれば、スペースを気にせず音質を高めて音楽再生やコンテンツの閲覧が可能です。接続機器に影響を与えない防磁設計のため、安心して使えるのも特徴。

スピーカーとしては珍しく、ゴールデン・ピンク・ブラック・ブルー・ホワイトの5種類から選択できるところもおすすめできるポイントです。

イーサプライ スリムUSBスピーカー EEZ-SP012

サウンドバー形状とクリップ機能で、置き場所が豊富なUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。ノートパソコン上部の外枠部分やディスプレイの下部に設置すれば、スピーカーの存在を意識せずに使用できます。

スピーカー本体には、音量調整のボタンがついており、裏面にはUSBケーブルを収納可能な巻き取り式ケーブルを採用。未使用時はコンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利です。

最大出力が1.1Wなので、あまり大きな音を出せないことには注意してください。

ケルナー(Kellner) USBスピーカー KE-SPKB

USBバスパワーで動作し、最大3W+3Wの出力に対応しており、リーズナブルな価格でコスパにも優れたモデルです。

ケーブルにボリュームコントローラーを搭載しているので、手元で音量の調整ができます。また、別売りのUSB充電器と接続すれば、パソコンからではなく家庭用コンセントからも電源を確保可能です。

エレコム(ELECOM) パソコン用2.0ch木のスピーカー MS-W12UBK

キャビネットが木製になっているのが特徴的なUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。落ち着いたインテリアに合わせて使用したい方におすすめです。

ボリュームコントロールは、本体と一体型なので、ぱっと見ではボリュームボタンだと分からないほど外観に溶け込んでいるのもポイント。

オラソニック(Olasonic) USBスピーカーバスパワー10W+10W TW-S7

10W+10Wの高出力に対応したUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。気軽に高出力が出せる製品を探している方におすすめのモデルです。

PC用のスピーカーは、通常よりも近い距離で音声を聴くのが一般的。その場合、本製品のような卵型形状であれば、不要な反射音や音の回折が少ないので、楽器の位置や奥行きまで明確に再現できます。

また、スピーカーの土台部分は「高性能シリコンゴム製」。床面への振動を遮断するほか、角度を微調整して自分にとって理想の音場を確保できます。

エレコム(ELECOM) パソコン用2.0chスピーカー MS-P07UBK

重低音に着目してつくられたUSBバスパワータイプのUSBスピーカー。小型スピーカーでも迫力のある重低音が欲しいという方におすすめです。

本体一体型のスタイリッシュなボリュームボタンで簡単に音量の調整が可能。最大出力は2W+2Wで、前面にはヘッドホン端子も搭載しています。

クリエイティブ・メディア(Creative) CREATIVE MUVO 2C SP-MV2C

IP66相当の防水・防塵性能を備え、USBのデータ伝送に対応したBluetoothスピーカー。浴室、キッチン、水辺のレジャー、屋外キャンプで利用したい方におすすめ。手のひらサイズなので、持ち運びもラクラクです。

Bluetooth接続、MicroSDカード、パソコンとのUSB接続、外部オーディオ機器とのアナログ接続の4パターンの接続に対応。また、通話用のマイクも備えており、Bluetooth接続でスマホと連携して、ハンズフリー通話も可能です。

1回の充電で約6時間の再生が可能。パソコンのUSBポートやUSB充電器で充電できます。

本製品を2台使用して、2台のスピーカーをワイヤレス接続する「ステレオワイヤレスリンク機能」を搭載。これにより、ダイナミックなステレオサウンドを奏でることもできます。

エレコム(ELECOM) ハイレゾ&Bluetooth(R)対応オーディオスピーカー LBT-SPHR01AVBK

iPhone、Android、パソコンと直接接続してハイレゾ音源を楽しめる、USBのデータ伝送に対応したBluetoothスピーカー。96kHz/24bitまでのハイレゾ音源に対応しています。

Bluetoothで高音質なオーディオデータ転送を可能にする「LDAC」に対応。これは、LDACに対応した機器とBluetooth接続することで、ワイヤレスでも96kHz/24bitのハイレゾ相当の音質を楽しめる技術。

コンパクトサイズながら、フロントのサブウーハーユニット、背面の左右に搭載したデュアルパッシブラジエーターの力で、存在感のある低音再生を実現しているところもポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go SRS-HG1

世界最小クラスでハイレゾ音源を再生できる、USBのデータ伝送に対応したBluetoothスピーカー。Wi-Fi接続でハイレゾ音源を再生できるところもおすすめのポイントです。

最大192kHz/24bitのPCM方式の音源にも対応。さらに、通常の音楽ファイルをハイレゾ相当の音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載して、音質の向上を図っています。

5時間の充電で約12時間使用できるバッテリーを内蔵。本体を操作していない、音楽を再生していない、機器と接続していない状態、が15分続くと電源が自動的に切れる「オートスタンバイ機能」が搭載しているので、長時間でも安心して使用できます。