湿気や乾燥などを防ぎながらパンを収納できる「ブレッドケース」。毎日パンを購入する方や、頻繁にパン作りをする方に便利なアイテムです。しかし、デザインや素材はさまざまで、どれを選べばよいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ブレッドケースのおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントも合わせて解説するので、自分にぴったりなモノを選んでみてください。

ブレッドケースとは?

By: amazon.co.jp

ブレッドケースとはパンを保存する容器です。パンの味を損ないやすい湿気や乾燥、ホコリ、虫などを防ぐ役割があります。パンの美味しさをキープしたい方や、手作りパンを頻繁に作る方などにおすすめです。

また、パン専用のケースとしてだけでなく、調味料やキッチン雑貨などを収納するインテリアとしても活躍します。デザインはおしゃれなモノが多く展開されており、キッチンを彩るのも魅力です。

ブレッドケースの選び方

蓋の形状をチェック

ロールアップタイプ

By: amazon.co.jp

蓋を上下にスライドして開閉できるロールアップタイプ。ブレッドケースのなかでも多く展開されており、小さなパンなどを省スペースで収納したい方におすすめです。片手で出し入れ可能なので、もう片方の手がふさがっているときや、忙しい朝などに重宝します。

製品によっては、本体の上に調味料やジャムなど小さなモノを置けるのもポイントです。コンパクトなキッチンに設置したい方は、ぜひチェックしてみてください。

かぶせ蓋タイプ

By: amazon.co.jp

大きめのサイズが多く、収納力の高いかぶせ蓋タイプ。大きなパンや、一度にたくさんのパンを入れたい方におすすめです。なかには、食パンの高さにぴったりなモノもあります。

また、蓋はカッティングボードとしても使えるため、まな板などを利用せずにパンを切れるのがポイント。さらに、パン以外にも、お菓子や調味料などの収納にも利用できるので使い道が豊富です。

前開きタイプ

By: amazon.co.jp

収納したパンを取り出しやすい前開きタイプ。蓋は上から開けるモノと下から開けるモノの2種類があり、手前に蓋を開けるためのスペースを必要とします。ロールアップタイプよりも上部が平らで広めに作られているモノが多いので、コーヒーカップなども並べて置きやすいのがポイントです。

製品のなかには扉部分にガラスを採用したモノがあり、見せる収納としてキッチン周りをおしゃれに演出できます。パンはもちろん、調味料や食器などの収納にも利用したい方におすすめです。

素材をチェック

木製や竹製

By: amazon.co.jp

木製や竹製のブレッドケースは、湿気に強い傾向にあります。特に、桐素材は防虫や防カビの効果も期待できるのがポイント。また、竹製は軽めの製品が多く展開されています。

ナチュラルであたたかみのある雰囲気の外観も魅力のひとつです。ただし、木製のモノはパンに含まれている油分などの汚れが付きやすいため、ペーパータオルなどを敷いてから収納してみてください。

ホーロー製

By: rakuten.co.jp

ホーロー製のブレッドケースは、頑丈な素材かつ食材のニオイが付きにくいのが特徴です。また、洗剤を使用して丸洗いできるため、清潔に使い続けられます。

アンティーク調の製品が多く、キッチン周りの雰囲気をおしゃれにしたい方におすすめです。さらに、耐久性も高いので、長く愛用したい方はぜひチェックしてみてください。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製のブレッドケースは錆びにくく、汚れが付着しても拭き取ってきれいにできます。また、食材のニオイ移りが少ないのもポイント。手入れが簡単なモノを探している方におすすめです。

デザインはスタイリッシュなモノが多く、一般的なシステムキッチンにもよくマッチします。収納物をしっかりと隠せるので、パン以外に調味料などを入れたいときにも便利です。

プラスチック製

By: rakuten.co.jp

プラスチック製のブレッドケースは、軽量なため移動しやすいのが特徴です。キッチンからリビングなどにラクに持ち運びできます。本体すべてがプラスチックの場合は丸洗いが可能で、清潔に保っておけるのがメリットです。

デザインは基本的にスケルトンなので、中身を確認しやすいのもポイント。価格もリーズナブルなため、はじめてブレッドケースを購入する方にもおすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ブレッドケースを選ぶときは、パンの大きさや高さに合ったサイズかチェックしましょう。頻繁に食べるパンを出し入れしやすいかどうかが大切です。

高さのある食パンの場合は、角型だけでなく、山型も入るかサイズを確認してみてください。フランスパンなどの長さがある硬いパンの場合は、カットすれば収納しやすくなります。また、ロールアップタイプは蓋の位置によって高さが異なるので注意が必要です。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

デザインは、設置するキッチン周りなどのインテリアに合わせて選んでみてください。木目調のキッチンならあたたかみのある木製のブレッドケース、モノトーン系のキッチンならステンレス製のスタイリッシュなブレッドケースがおすすめです。

そのほかにも、丸みを帯びているのか角張っているのかによっても印象が変わります。おしゃれなモノを置けば、キッチン周りを華やかな雰囲気に変えられるのが魅力です。

便利な機能も合わせてチェック

By: amazon.co.jp

ブレッドケースはパンを収納できるだけでなく、便利な機能を搭載しているモノも展開されています。例えば、食パンを1斤で購入する方には、パンを均等に切れるスライスガイドや、パンナイフ付きのモノがおすすめ。なかには、パンナイフを一緒にしまえるモノもあります。

そのほかにも、蓋をカッティングボードとして使用できるタイプも便利です。自分の使いやすい機能付きのブレッドケースを選んでみてください。

ブレッドケースのおすすめアイテム

ブラバンシア(Brabantia) ブレッドビン ミディアム 348907

ロールアップタイプのステンレス製ブレッドケース。蓋のグリップ部分が大きく、開けやすいのが特徴です。また、内部にプラスチック製ストッパーが搭載されており、静かに開閉できるのもポイント。サイズは、高さ17.3×幅31.8×奥行き26.8cmで比較的コンパクトなため、狭めなキッチンでもすっきりと設置できます。

本体の上部には調味料や食器などを置けるので、省スペース収納が可能。底部には通気性をよくするくぼみがあり、パンを湿気などから防ぎます。スタイリッシュなデザインが好みの方にもおすすめです。

ブラバンシア(Brabantia) ブレッドビン フォールフロント 16346-3

前開きタイプのステンレス製ブレッドケースです。蓋はマグネット式なため、しっかりと密閉可能。パンの鮮度をキープしやすいのが特徴です。サイズは高さ18.7×幅46.5×奥行き25cmで、食パン2斤が入ります。大容量のアイテムを探している方にぴったりです。

天板は面積が大きめかつフラットな作りなので、食糧の小瓶やジャムなどを置けます。パンを取り出して、すぐ味付けできるのがポイント。デザインはシンプルなため、さまざまなキッチンになじみます。

ジョセフジョセフ(Joseph Joseph) ブレッドケース ライト 81103

竹製の蓋がまな板として利用できる、かぶせ蓋タイプのブレッドケースです。蓋の裏側には溝が付いているため、パンを切ったときに出るパンくずがこぼれにくいのが特徴。また、蓋の表側にはハンドルがあるので、持ち上げやすいのもポイントです。

本製品の容器部分はポリプロピレンを採用しているため、定期的に洗浄して清潔に使い続けられます。底が深い製品なので、パン以外にもパスタやシリアルなどを収納したい方にもおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) パンケース C-1097

スライスガイドが搭載されているプラスチック製のブレッドケース。パンを厚切りや薄切りなど好みの厚さに切れるのが特徴です。また、パンスタンド付きなので、パンが倒れず連続で切れます。

本製品には、サビに強いステンレス製のパンナイフも付属。使用後は折りたたんで、ケースの底に収納できます。すぐにパンを切れ、邪魔にならないのが魅力です。

本体は分解して丸洗いできるため、衛生的に使い続けられます。機能性に優れたモノを探している方はチェックしてみてください。

山崎実業(Yamazaki) ブレッドケース タワー ブレッドナイフホルダー付 4946

蓋をカッティングボードとして利用できるブレッドケース。パンナイフを安全に収納できるホルダーが搭載されているため、パンを食べたいときにすぐ切れます。また、パンナイフホルダーは利き手に合わせて向きを変更できるので便利です。

本製品は食パンを2斤収納できる大容量サイズで、パンを多く消費する方におすすめ。本体は分解して洗えるので、清潔に保てます。デザインは、木目調の蓋とホワイトのケースがやわらかい雰囲気でおしゃれです。

山崎実業(Yamazaki) ブレッドケース タワー 4353

27Lの大容量ブレッドケースです。前開きタイプなので、パンを取り出しやすいのが特徴。パンはもちろん、調味料や紅茶、食器なども収納できるため、キッチン周りを整理整頓できます。

耐荷重は約10kg。本体上部にトースターなどを設置でき、パンをすぐに焼けるのもポイントです。デザインは非常にシンプルで、カラーも一色に統一されておりスタイリッシュ。キッチンを美しく整理したい方に適しています。

不二貿易(Fujiboeki) 木製ブレッドケース ボヌール 94381

あたたかみのある印象を与えるブレッドケース。ラバーウッドの木目を採用しており、木材を基調としたキッチンなどによくマッチします。サイズは高さ16×幅33×奥行き23cmです。

蓋はロールアップタイプで、場所を取らずに設置できるのもポイント。本製品は木製なため、キッチンペーパーなどを敷いてからパンを収納すると、汚れが付きにくくなります。価格はリーズナブルで、はじめてブレッドケースを購入する方におすすめです。

アクシス(Axis) ブルーブレッド缶S TE709

鍋のような形状のホーロー製ブレッドケース。水色がさわやかな印象で、キッチン周りのアクセントになります。容量はやや大きめの7Lで、バターロールなど小ぶりなパンならたくさん収納可能。パンだけでなく、野菜などの食材入れにも使えます。

本製品は、金属をガラスでコーティングした素材なので、割れにくく汚れに強いのが特徴です。また、ニオイ移りも少ないため、前に入れていたパンの香りが影響しにくいのもメリット。手入れがラクなモノを探している方におすすめです。

ブレア(BREA) ブレッドケース ガラス扉 BREA-1476

ロゴが描かれたガラス扉がおしゃれな、前開きタイプのブレッドケース。扉が透明なので中が見やすく、パンが残っているかをすぐに確認できます。サイズは、一般的な角食パン6枚切りを2パック収納できるほどの大きさです。

パンはもちろん、お菓子やコーヒー、紅茶などのティーセット収納にも利用できます。本体の上部には、調味料などを置けるのもポイント。アンティーク調デザインのモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アンファンス(EN FANCE) La Cuisine 竹製ブレッドケース EF-LC05

抗菌作用が期待できる竹製のブレッドケース。竹のやさしい風合いがおしゃれで、生活感を出さずにパンを収納できます。蓋はロールアップタイプなので、片手でもラクに開閉できるのが特徴です。

本製品には食パンを2斤まで収納でき、パンを減らせばジャムやスパイスなども一緒に入れられます。重さは1.6kgで、持ち運びしやすいのもメリットです。

竹本木箱店 総桐パンケース 保存容器

防虫や調湿、調温効果を期待できる桐製のブレッドケース。パンをできるだけ長くふかふかの状態で保存したい方におすすめです。また、パンだけでなく米びつとしても利用できます。本製品はかぶせ蓋タイプですが、片手でラクに開閉できるのが特徴です。

本体には蝶番などの金具は使用せず、特殊な紙テープで接合しているため、安全性が高いのもポイント。デザインは非常にシンプルで、キッチン周りのインテリアにもマッチしやすいおすすめアイテムです。

ウェスコ(Wesco) ブレッドビン SINGLE BREADBOY 222101-03

1867年にドイツで創業された、金属加工メーカーのブレッドケースです。サイズは高さ21×幅34×奥行き23cm。デザインはカプセルを彷彿とさせるユニークなモノで、キッチン周りのアクセントになります。

素材はスチール製なので、汚れを拭き取りやすく清潔に保てるのもポイント。蓋はロールアップタイプで、場所を取らずに設置できます。おしゃれなモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。