陶器の優しい風合いと、趣のある形が魅力の土瓶。古来より受け継がれてきた伝統的な焼き物であり、日常生活とともに存在する実用的なアイテムでもあります。

豊富なバリエーションがあるなかで、使いやすさは土瓶選びの重要なポイント。そこで今回は、おすすめの土瓶をご紹介。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

土瓶とは?

By: amazon.co.jp

土瓶は、陶器で作られた日本の伝統的な食器のひとつ。江戸時時代には一般庶民の家庭に広く浸透し、湯を沸かしたり、茶葉や薬草を煎じたりする容器として使われていました。当時、急須を使ってお茶を飲むのはごく一部の文化人のみ。庶民の間では、土瓶に茶葉を入れ、煮出して飲むのが一般的でした。

土瓶は茶器としてではなく、お湯を沸かす、煮出すことなどを目的として使われていた日用品。現在では、伝統的な食器としての高級感がありながら、馴染みやすくあたたかみのあるアイテムとして人気があります。

土瓶と急須の違い

By: gallery-yamahon.com

土瓶と急須の大きな違いは、持ち手と素材。急須は、胴の横に棒状の持ち手が付いているのに対し、土瓶は胴の上部につる状の持ち手が付いています。また、土瓶は直火にかけられることも特徴のひとつ。本体が高温になるため、持ち手には一般的に、熱が伝わりにくい竹や籐などの別素材が使われています。

急須の素材は、陶器、磁器、ガラス製などさまざまですが、土瓶は文字通り、土を原料とした陶器製が主流。さらに、直火にかけやすい大きなサイズが充実しているのはもちろん、土瓶蒸しや急須など、用途に適したアイテムが選べるのも魅力です。ただし、土瓶と同じ形状をしていても直火にかけられないモノもあるので、購入前に必ずチェックしておきましょう。

土瓶の選び方

人数や量に合わせて容量をチェック

By: nihondo-shop.com

土瓶は比較的大きなサイズのアイテムが豊富です。急須として土瓶を使用する場合は、お茶を入れる人数や、使用する茶碗の大きさを考えて、適切なサイズを選びましょう。

来客用の小さな茶碗であれば65ml程度、大きな茶碗であれば120ml程度が一般的。茶碗の容量や人数、使用するシーンなどを想定し、土瓶の大きさを決めるのがおすすめです。

また、使う湯量は茶葉の種類によって異なります。低温でじっくりと抽出する玉露などの高級茶葉は、少なめのお湯を使用するので急須がおすすめですが、たっぷりの熱湯で入れる番茶やほうじ茶には土瓶がぴったり。大きめの土瓶で煮出すことでお茶の香りが引き立ち、カテキン由来の苦みや渋みが楽しめます。

重量をチェック

By: rakuten.co.jp

容量が1.5~2L前後の大きな土瓶は、煮出し用のお茶を作り置きしたり、やかんのようにお湯を沸かしたりするのにおすすめです。ただし、熱湯の入った土瓶は高温になるため、扱いには十分注意が必要。

陶器製の土瓶は比較的重量のあるアイテムが多く、さらにお湯が加わることでかなりの重さになることがあります。1Lの水を注ぐことで増す重量は1kg。大容量の土瓶を選ぶ際は、熱湯が入ることをふまえ、使いやすい重量であるかをチェックしておきましょう。

IHに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

自宅の熱源がIHの場合、対応しているかを必ずチェックしておきましょう。IHは電磁波を使って接触面を発熱させるため、土瓶の底面は面積が広く、全体的に平たい形状であることが特徴。どっしりとした安定感のある形の土瓶で、比較的容量の大きいタイプが充実しています。

IH熱源に対応する土瓶の種類は限られていますが、電子レンジで使用できたり、IHとガス火の両方で使えたりと、汎用性の高いアイテムがラインナップ。実用的で、現代のライフスタイルに合ったスタイリッシュなデザインが揃っています。

土瓶蒸し用なら口が大きいモノを

By: rakuten.co.jp

土瓶があれば、懐石料理などで提供される「土瓶蒸し」が家庭でも楽しめます。土瓶蒸しを作るのに適したモノは、口の大きなタイプ。蓋を開けた瞬間に豊かな香りが広がり、具材も取り出しやすいのでおすすめです。また、土瓶蒸しは、弱火でコトコト調理することが多いため、直火にかけられるかどうかも確認しておきましょう。

土瓶の大きさは、1人分に適した小さめサイズがおすすめ。さらに、土瓶蒸し用として、受け皿や出汁を注ぐお猪口がセットになったアイテムもあります。器としての役割もあるため、ぜひデザインにもこだわって選んでみてください。

土瓶のおすすめ

土楽窯 伊賀焼 アメ釉土瓶

伊賀焼は三重県の伊賀市周辺で作られる陶器です。「土楽窯」は伊賀市の丸柱で7代続く窯元。土鍋をはじめとする、素材の自然な風合いを活かした器を作り続けています。

本製品は、直火にかけられる耐熱性の高い土瓶。「アメ釉」と呼ばれる、酸化焼成によって褐色になる釉薬を使用し、上品な光沢と深みのある色合いに仕上げられています。土瓶の内部には穴があいているので、大きめの茶葉であれば急須としても使用可能。

容量は、大人数にも対応できる800mlで、ぽってりとしたかわいらしいシルエットが魅力です。モダンなデザインで、コーヒーや紅茶用にもおすすめ。破損を防ぐため、ガス火にかけるときは釉薬がかからない程度の火加減(弱火〜弱めの中火)で使用しましょう。

長谷園 直火薬用土瓶 CK-49

漢方薬などを煎じるための薬用土瓶です。製造するのは、1832年に築窯した伊賀焼の老舗窯元「長谷園」。創業当時に稼働していた旧窯や旧事務所などは、国の登録有形文化財として維持されており、長谷園の伝統と歴史を物語っています。

本製品は、個性的で洗練されたフォルムが特徴の土瓶。1.5Lの容量で、直接ガス火で加熱できます。たっぷりお湯が沸かせる大きさなので、麦茶やほうじ茶などの作り置き用としてもおすすめ。深みのある色合いと上品な光沢が魅力の高級土瓶です。

山源陶苑 耐熱土瓶

シンプルでかわいらしいデザインの耐熱土瓶。あたたかみのある質感と、明るく優しい色合いが魅力です。容量は、湯沸かし用のやかんとしてはやや小ぶりの1.4L。大きすぎないので扱いやすく、広い口でお手入れしやすいのもポイントです。

カラーは明るいイエローをラインナップ。本体内部には茶葉が濾せる小さな穴が付いており、煮出し用の土瓶としてもおすすめです。モダンでおしゃれなデザインなので、テーブルに置くだけで華やかな雰囲気が演出できます。

かもしか道具店 陶のやかん

かもしか道具店は、三重県で植木鉢製造工場として設立された「山口陶器」のオリジナルブランドです。食器や調理器具など、食にかかわるさまざまな道具を製造。用途に適した上質な素材を採用し、機能的で実用性の高いアイテムを作り出しています。

本製品は、安定感のあるフォルムとぬくもりを感じるデザインが魅力の耐熱土瓶です。寒い冬の季節、ストーブの上に置かれたやかんから、白い湯気が湧き出る情景をヒントに作られた製品。

底面が広いため、実際にストーブの上でも使えます。すっきりとした真鍮製の持ち手が全体のアクセントになり、おしゃれでスタイリッシュな雰囲気に仕上がっています。

竹泉窯 竹政製陶 煎じ土瓶 T-0001-007

直火でたっぷりのお湯が沸かせる耐熱土瓶です。2.2Lの大容量で、安定感のあるどっしりとしたフォルムが特徴。萬古焼の産地、三重県の四日市市で創業した「竹政製陶」が製造しています。

本製品は、竹泉窯のなかでも最も古くからあるロングセラー商品。落ち着いた色合いとマットな光沢があり、重厚感のある雰囲気に仕上がっています。飽きのこないシンプルなデザインの土瓶を探している方は、チェックしてみてください。

ウチダ和漢薬 亀甲土瓶 緑

漢方薬種の問屋として創業した「ウチダ和漢薬」が製造する土瓶。高さのある形状で水位が分かりやすく、弱めの火加減でじっくりと薬を煎じるのに最適。また、1.5Lの容量でお茶もたっぷり煮出せます。

青みがかった緑色の個性的な色合いも特徴。伝統的な和柄である亀甲文様が土瓶全体にあしらわれています。使い勝手がよいので、使用頻度の高い方におすすめです。高い品質と高級感のあるデザインで人気の土瓶をチェックしてみてください。

美濃焼 土瓶蒸しセット

美濃焼は、岐阜県の東濃地方周辺で作られる陶磁器の総称。自由な発想で作られる多彩な様式の焼き物として有名です。本製品は、あたたかみのある質感と色合いが魅力の土瓶蒸しセット。出汁を楽しむためのお猪口と、土瓶を置く受け皿が付いており、本格的な土瓶蒸しが自宅で楽しめます。

直火で加熱できるほか、電子レンジでの使用も可能。また、食洗器にも対応しているので、お手入れが簡単なのもポイントです。比較的リーズナブルなのでセットで購入しやすく、ホームパーティーなどのおもてなし料理としても土瓶蒸しが楽しめます。

織部 平型土瓶蒸しセット

上品な光沢と深く濃い緑色が美しい土瓶蒸しセット。「織部釉」と呼ばれる釉薬を塗って焼成された土瓶で、深みのある色合いが特徴です。付属のお猪口と受け皿で、自宅で気軽に土瓶蒸しが楽しめます。

容量は小ぶりの200ml。1人分に適した大きさで、軽量で扱いやすいのもポイントです。さらに、直火のほか電子レンジでの加熱も可能。あたため直しも簡単にできます。

購入しやすい手頃な価格ですが、しっかりとした作りと高級感のあるデザインが魅力。おしゃれに土瓶蒸しを味わいたい方におすすめのアイテムです。

常滑焼き IH対応 耐熱土瓶

愛知県の常滑市周辺で作られる、常滑焼の耐熱土瓶。IH・ガス火ともに対応可能です。IH熱源を使用するときは、土瓶の中に付属のステンレス板を敷いて加熱します。

常滑焼は、日本を代表する6つの陶磁器窯「日本六古窯」のひとつ。陶土に含まれる鉄分を赤く発色させた「朱泥」をはじめ、土肌の質感を活かした陶器で人気があります。

本製品は、優しいアイボリーの色合いが魅力の土瓶。IHに対応した製品なので底面が広く、平たい形状をしています。容量は、お湯がたっぷり沸かせる1.8L。シンプルモダンなデザインで、キッチンやダイニングのインテリアに合わせやすいのも魅力です。

薬日本堂 IH セラミックケトル

シャープなデザインが目を引く耐熱土瓶。IH・直火に対応し、持ち手を外せば電子レンジでの加熱も可能です。洋食器にも合わせやすいおしゃれなデザインで、紅茶やコーヒーを入れるときにもおすすめ。

モノトーンのシャープな雰囲気と、カジュアルな藤の持ち手がアクセントになったデザインは、スタイリッシュでながら優しい雰囲気が感じられます。容量は使いやすい1.5L。高いデザイン性と機能性を兼ね備えた、汎用性の高い土瓶です。