ワインといえばフランスやイタリアといったヨーロッパ産のワインが人気ですが、ヨーロッパ以外で生産されるワインも注目されています。なかでもアメリカのワインは人気が高く、特にアメリカ産の90%を占めるカリフォルニアワインは品種も豊富です。

そのほかにもニューヨーク州をはじめとする東海岸でのワインも高い評価を得ています。そこで今回は、アメリカワインのおすすめをご紹介。ぜひお気に入りのワインを見つけて、じっくりと味わってみてください。

アメリカワインの特徴

By: rakuten.co.jp

アメリカの気候と海流の気温差を生かしたアメリカワインは、ヨーロッパ産とは一味違う多種多様なワインが揃っています。高級ワインはもちろん手頃な価格のテーブルワインが多いのが特徴で、初心者でも気軽に飲めるハードルの低さが魅力です。

大きなワイナリーで大量生産されるモノから、家族経営のワイナリーで造られるこだわりのモノまで幅広いワインをニーズに合わせて選べます。

アメリカワインの選び方

産地で選ぶ

カリフォルニア州

カリフォルニアは日本の国土面積よりも広く、気候もエリアによって異なります。主な産地はノース・コースト、セントラル・コースト、サウス・コースト、セントラル・ヴァレー、シエラ・フットヒルズの5つのエリアに分けられ、各土地の気候を生かした葡萄が栽培されています。

ノース・コーストにあるナパやソノマは、高級ワインの産地として有名。カリフォルニアはあたたかい気候で葡萄の糖度が高く、葡萄そのものの味わいを生かした飲みやすいワインが多いのが特徴です。

ワシントン州

ワシントン州では、1900年後半からワインの生産が始まりました。まだワイン造りの歴史は浅いですが、カリフォルニア州に続きアメリカでのワインの生産量は第2位です。夏の日照時間が長く寒暖差の大きい乾燥した気候が、葡萄のうま味を凝縮しまろやかな味わいと酸味に仕上げます。

白ワインではシャルドネ、リースニング、赤ワインではカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなどが多く造られています。

オレゴン州

オレゴン州は全米で4位のワインの生産量を誇り、なかでも有名なのがピノ・ノワール。1979年にアンリ・ヴィンヤード ピノノワールが、テイスティングで2位になって以来高い評価を得ています。

ほかにもカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローの栽培に適したローグバレー、シャルドネやリースリングをはじめアイスワインが造られているスネーク・リバー・バレーが有名。オーガニックワインが多く、厳しい基準をクリアした高いクオリティのワインとして人気を集めています。

ニューヨーク州

冬は厳しい寒さのニューヨーク州ですが、ワインの産地は五大湖周辺に位置し夏は冷涼な風が吹くため葡萄の栽培に適した土地です。レイク・エリー、ナイアガラ・エスカープメント、ロングアイランドがワインの産地として知られ、30種以上の葡萄が栽培されています。

ニューヨーク州の気候はシャルドネ、リースリング、メルローの栽培に適し、土壌によって異なる個性的な味わいが特徴。まろやかな味わいのカリフォルニアワインと異なり、きりっとしたシャープな味わいを楽しめます。

葡萄の品種で選ぶ

カベルネ・ソーヴィニヨン

アメリカの土壌に合っているといわれる品種がカベルネ・ソーヴィニヨン。ヨーロッパ産のモノは酸味とタンニンが強いのが特徴ですが、アメリカ産のカベルネ・ソーヴィニヨンは糖度が高めなのでヨーロッパ産より飲みやすいと言われています。

濃厚な味わいながら葡萄そのものの甘さを感じ、本格的な赤ワインが好みの方におすすめです。

ジンファンデル

ジンファンデルは赤ワイン用の黒葡萄品種で、カリフォルニア州で栽培されています。ほかの国ではあまり栽培されていない品種で、アメリカワインを飲むならぜひおすすめの1つ。

しっかりとしたボディにブルーベリーやカシスなどの果実味を感じ、スパイスのアロマと力強いボリュームを楽しめます。イタリアではプリミティーヴォと呼ばれており、カリフォルニア産のジンファンデルは酸味が少ないのが特徴です。

シャルドネ

白ワインの女王と呼ばれているのがシャルドネ。世界で最も有名な葡萄品種として知られ、カリフォルニアはフランスに次ぐシャルドネの生産地です。シャルドネ種は環境への順応性が高いため世界中で栽培され、気候、土壌、醸造方法などによって味わいが異なるのが特徴。

日照時間の長いカリフォルニアで栽培されたシャルドネは、果実味のしっかりとしたフルーティーな味わいを楽しめます。

リースリング

アメリカのワシントン州や、ニューヨーク州で多く栽培されているリースリング。ニューヨークでは1950年代から栽培され始め、まだ歴史が浅いながらもニューヨーク産のモノは高品質と評判です。

リースリング特有の硬質なミネラル感とシャープな味わいが特徴で、しっかりとした酸味を楽しめます。アメリカ産のモノは半辛口の味わいで、初心者にも飲みやすい仕上がりです。

料理に合わせて選ぶ

シャルドネやリースリングといった白ワインは、チキン料理や魚料理によく合います。カルパッチョや寿司などの生魚にもよく合い、さっぱりとした味わいのドライな辛口は和食やアジア料理にもおすすめです。

カベルネ・ソーヴィニヨンやジンファンデルといったフルボディ寄りの赤ワインは濃厚な味わいが特徴で、ステーキや濃いめのソースを使った料理によく合います。特にラム肉や牛肉を使った料理におすすめで、日本食ではとんかつやお好み焼きといったソース味の効いた料理と相性抜群です。

アメリカワインのおすすめ

スモーキングルーン シャルドネ カリフォルニア2017

カリフォルニア州のソノマにある、100年の歴史を誇るワイナリーが造るシャルドネ。フレンチオーク樽で5ヶ月熟成させたミディアムボディは、ワイン初心者でも飲みやすい口当たりが魅力です。

オーク樽香にパイナップルやアプリコットなどの果実のアロマ。さらに、バニラやナツメグといったスパイス系の味わいが独特の余韻を残します。どんな料理にも合わせやすく、コストパフォーマンスのいい高品質なワインを探している方におすすめの1本です。

ワイン オブ サブスタンス カベルネソーヴィニヨン

ワシントン州にあるワイン界の革命児ともいわれる、元ミュージシャンのチャールズ・スミスのワイナリーで造られたワイン。フレンチオークで12ヶ月熟成させ、天然酵母で発酵させたこだわりの1本。黒に近い深みのある紫色が特徴で、一口飲むとカシスやブルーベリーのアロマがふわっと広がります。

ボリュームのある骨太な味わいながら、スムーズな口当たりとまろやかさが魅力。酸とタンニンのバランスがよいカベルネ・ソーヴィニヨン100%のワインです。

エイ トゥー ゼット ワインワークス シャルドネ

オレゴンワインの普及に大きく貢献した、A to Zワインワークスのシャルドネワイン。乳酸発酵や樽熟成なしで造られるこだわりの製法で、辛口な飲み口に仕上がっています。

ライムやレモングラスの爽やかなアロマと共に、青リンゴやメロンなどの果実の風味を楽しめます。ほどよいミネラル感と酸味のバランスがよく、蜂蜜やフローラル系の味わいの余韻を楽しめる1本。コストパフォーマンスのいい、オレゴン産のシャルドネを探している方におすすめです。

ハーマン・J・ウィーマー ドライ リースリング 2017

世界のトップ100ワイナリーに選ばれた、全米トップクラスのワイナリーで造られたリースリングワイン。ハーマン・J・ウィーマーはニューヨーク州を代表するワイナリーとして知られ、農薬を使用せず自然酵母を使う醸造法を用いたこだわりの1本です。

リースリング特有のミネラル感と、キレのいい飲み口が特徴。辛口ながらピーチやアプリコットなどの果実のアロマを感じ、みずみずしい味わいで初心者にも飲みやすい仕上がりです。

ベリンジャー ホワイト・ジンファンデル

140年の歴史を持つワイナリーとして知られるベリンジャー・ヴィンヤーズで造られた、初心者にも飲みやすいロゼワイン。ジンファンデルを使用した美しいピンク色が特徴で、おしゃれなカリフォルニアワインをお手頃価格で飲みたい方におすすめです。

淡いピンクの色合いがテーブル映えして、ほのかな甘みとフルーティーなアロマが心地よい余韻を残します。フレッシュな酸味がさっぱりとした飲み心地で、よく冷やして飲むのがおすすめです。

ブレラ ピノノワール ウィラメットヴァレー

オレゴン産のワインといえばピノ・ノワール。同品種を100%使用したミディアムボディで、フレンチオーク樽で8ヶ月間熟成させています。本格的なピノ・ノワールを飲みたい方におすすめで、濃いめのソースの肉料理と好相性。

一口飲むとチェリー、プラム、ラズベリー系の凝縮した果実味が広がり、タンニンと酸のバランスが絶妙に仕上がっています。ボリュームのあるしっかりとした飲み口で、華やかさを残す味わいを楽しめる1本です。

シャトー・サン・ミッシェル リースリング

ワシントン州のコロンビアバレーで造られた、リースリング100%のワイン。アメリカのトップ5リースリングに選ばれたことのある、評価の高い1本です。葡萄の甘味を感じながらもきりっとした辛口のオフドライタイプで、初心者でも飲みやすいのが魅力。

リースリングらしいクリスピーな飲み口と、ほどよい酸味とミネラル感のバランスが絶妙です。テーブルワインとして楽しむことができ、どんな料理にもよく合います。

フロッグス リープ ジンファンデル

アメリカらしい味わいを楽しめる品種といえばジンファンデル。ジンファンデルを始めて飲む方にもおすすめで、無農薬有機栽培の葡萄を使用したこだわりの1本です。

ブラックベリーやボイゼンベリーといったベリー系果実の豊富なアロマが特徴で、シナモンやクローブなどのスパイス系のアロマがさらに味わいを深めます。タンニンと酸のバランス感が素晴らしく、ワインだけでじっくりと楽しみたい本格的な味わいです。

ブルックス リースリング ウィラメット ヴァレー

ビオディナミ法を取り入れた葡萄栽培で知られるワイナリー。培養酵母を使用し、ステンレスタンクで熟成させたリースリングワインです。リースリングらしいフレッシュな酸味と、青りんごやグレープフルーツなどの爽やかな果実のアロマのバランスが絶妙。

辛口ながら飲んだ後に口の中に熟した洋梨のようなやさしい甘さが残り、白ワイン初心者にも飲みやすい仕上がりです。

ロバート・モンダヴィ ウッドブリッジ ジンファンデル

カリフォルニアワインを代表するワイナリーの1つといわれるロバート・モンダヴィ。古樹から収穫されるアメリカ特有のジンファンデル種を使用し、本格的な味わいながらコストパフォーマンスのよさでも評判です。

やさしくまろやかな口当たりで、一口飲むとカシスのようなアロマと黒コショウを思わせるスパイスを感じます。毎日飲めるお手頃なテーブルワインにぴったりで、ステーキやハンバーガーなどの肉料理と相性抜群です。