甘口の白ワインは爽やかな香りと、ぶどう本来の甘さが感じられるため、初心者でも飲みやすいおすすめのワインです。

今回はワイン初心者をはじめ、女性やお酒が弱い方にもおすすめの甘口白ワインをご紹介。選び方を参考に、自分好みの銘柄を探してみてください。

白ワインの甘口と辛口の違いは?

ワインの甘口、辛口は、ぶどうに含まれる糖がどれだけ残っているかで決まります。

ワインを造る際、ぶどうの糖分を酵母菌が分解することでアルコールが生成されるため、糖が多く分解されれば甘みのない辛口ワインに、分解を途中で抑えれば甘みのある甘口ワインを造ることが可能です。

甘口白ワインの特徴

By: amazon.co.jp

爽やかな味わいの辛口に対して、甘口ワインはまろやかでフルーティーな味わいなので、ジュースのような感覚で飲めるものもあります。ワインといえば食中に飲むイメージがありますが、食後のデザートとして甘口白ワインを飲むのもおすすめです。

甘口白ワインは、基本的に冷やして飲むことをおすすめします。飲む数時間前から冷蔵庫に入れておくことで、酸味と甘みの味わいのバランスを整えることが可能です。

辛口白ワインの特徴

辛口白ワインは、糖度が低い分、キリッと引き締まった味に仕上がっているものが多く、酸味がやや強いのが特徴です。食事のときに甘い飲み物を合わせるのが苦手な方には、辛口がおすすめ。食事の味を邪魔せずに、すっきり飲めます。

加えて、辛口は発酵が進んでいる分、アルコール度数の高いものが多い傾向にあるため、ある程度お酒に強い方におすすめです。また、辛口白ワインの方が豊富なバリエーションがあります。

甘口の白ワインの選び方

甘みの強さで選ぶ

By: amazon.co.jp

甘口白ワインの甘みの強さは、発酵の度合いで決まり、極甘なものからほんのりした甘さのものまで多種多様です。ワインのラベルの裏面には、甘口から辛口まで段階的に表示している場合が多いので購入の際に参考にするとよいでしょう。

極甘な白ワインは、食後のデザートワインにピッタリです。また、食前に少量飲むと、食欲増進の効果が期待できます。ほんのり甘めの白ワインは食事の味を邪魔しないので、食事中はもちろん、ウエルカムドリンクや食後のデザートのお供に飲むのもおすすめです。

おつまみに合わせて選ぶ

食べたいおつまみに合わせて甘口白ワインを選ぶ方法もあります。

塩気が強いものや、濃厚な風味のもの、クセのあるおつまみと一緒に飲む場合は、極甘な白ワインがおすすめです。例えば、ブルーチーズやアンチョビを使ったおつまみの場合、甘さが塩気や独特の風味を包み込むことで、新たな素材の個性を見つけられます。

生ハムやナッツなどのほんのり塩味のおつまみや、ドライフルーツ、甘いスイーツなどと一緒に飲む場合には、爽やかな甘さの白ワインがおすすめです。

価格で選ぶ

甘口白ワインの価格には1000円以下で買えるものから、1万円以上する高級ワインまで幅広くあります。白ワインは、安価でも美味しいものが多いのが特徴です。

ワイン初心者なら、1000円程度の甘口白ワインから気軽に試してみるのがおすすめです。普段の食事でカジュアルに楽しみたい方は、安い甘口白ワインのいろいろな種類を飲み比べてみるのもよいでしょう。

持ち寄りパーティーへ持参するときは2000円程度のものがおすすめ。食卓が華やぐので、パーティーも盛り上がりそうです。また、ちょっとしたお礼の品としても最適。あまり負担にならずに、気の利いた贈り物という印象を与えることができるでしょう。

大切な人との食事や、記念日のドリンク、プレゼントにするなら3000~5000円程度のものをじっくり選びたいものです。味の好みやどんな食事に合わせるのかを考慮して選びましょう。気に入ったパッケージのものを選ぶのも、楽しそうです。

甘口の白ワインおすすめ銘柄

カールジットマン ツェラー・シュヴァルツ・カッツ ブルーボトル

おしゃれなロイヤルブルーのボトルに黒猫の絵が一際目を引く、「ツェラー・シュヴァルツ・カッツ」。ドイツで最も歴史のある醸造所の一つで製造され、ユニークな黒猫ラベルとともに世界中で愛されています。

黒猫ラベルの由来は、「黒猫が座った樽のワインが最もできがよい」という伝説。すっきりとした爽やかな甘さが魅力の飲みやすい白ワインです。

1000円台で安く買える上に食卓も華やぐので、デイリー使いにおすすめ。また、特徴的なパッケージなので、ホームパーティーに持っていくと喜ばれます。

デ・ボルトリ DB トラミナー リースリング

オーストラリア最大級のワイナリーであるデ・ボルトリ社が造るお手頃白ワインです。デ・ボルトリ社は産地の個性を生かすことをモットーに、1928年の創業以来良質なワインを造り続け、毎年のように各賞を受賞しています。

「DB トラミナー リースリング」は、ほのかな甘みと程よい酸味のバランスが絶妙。豊かな柑橘系の芳醇な香りと柔らかなピーチの香り、そしてバニラやムスクの香りが華やかさを添えているおすすめのワインです。

エビマヨ炒めやアボカドのサラダ、カマンベールなど、濃厚な風味の料理とよく合います。

はこだてわいん 北海道100 ナイアガラ 白

日本人の味覚に合うワインを目指して造られた「はこだてわいん」。北海道100シリーズは、北海道の原料にこだわって、北海道産のナイアガラ種を100%使用した白ワインです。広大な大地で育ったナイアガラ種の味を存分に堪能できます。

「ナイアガラ」は、フルーツショップで扱われる生食用ぶどうを使うことで、華やかな香りとフレッシュな味わいを実現。洋梨やライチを思わせるスッキリとした甘さが特徴で和食との相性もよく、1000円程度で買えるので、気兼ねなく飲むのにおすすめの一品です。

ピア・ドール シャルドネ

150年以上の伝統を誇るフランスの醸造所で造られた甘口白ワインです。シャルドネを主体に造られています。シャルドネは世界で最も有名な白ワイン用のぶどう品種。「白ワインの女王」とも呼ばれ、華やかな柑橘系の香りが特徴です。

シャルドネは産地によって風味が違いますが、ピア・ドールのシャルドネはフルーティーで爽やかな甘みが感じられます。フルーツや生ハムなどと好相性です。シックでおしゃれなボトルからは、大人な雰囲気が漂います。

マドンナ リープフラウミルヒ

ドイツを代表する「マドンナ」は100年の歴史を持つ白ワインです。その中でも、酸味と甘みのバランスが絶妙な「リープフラウミルヒ」。その名は「聖母の乳」という意味を持ち、梨やリンゴ、柑橘系の果実のフルーティーで爽やかな味わいが楽しめます。

和食はもちろん、エスニック料理や中華とも好相性。お値段もお手頃で初心者向けの王道の白ワインとしておすすめです。

ローズマウント ブレンド トラミネール・リースリング

「ローズマウント」は世界最大級のオーストラリアのワイン会社の主要ブランドです。ブランドを通して数々のワイン品評会の受賞歴があり、世界的に高い評価を得ています。

こちらの白ワインは、オーストラリア各地域から最適な品種を選んでブレンド。ジューシーで上品な甘さと、白バラやライムの華やかなアロマが特徴的です。1000円台でお手頃なのでデイリーワインにぴったり。

普段家庭で食べる餃子やカレー、エスニック料理などのスパイシーな料理によく合い、しっかり冷やして飲むと、喉越しよくスイスイ飲めます。

ロマヌス・ケラーライ ピースポーター ミヒェルスベルク リースリング アウスレーゼ

「ピースポーター」はワインの名産地である、ドイツのピースポート村で造られるワインです。その中でも「アウスレーゼ」は、万人におすすめできる飲みやすい味わい。絶妙なバランスの甘味と酸味があり、フルーティーな香りが感じられます。

食前酒や食後酒として飲めるだけでなく、甘味が強すぎないので料理ともよく合い、幅広い楽しみ方ができるのが魅力。価格も手軽で、デイリーワインとしても活躍します。

レー・ケンダーマン ナイトミュージック Q.b.A

ブルーのボトルに夜空を模したラベルが美しい、ドイツ産白ワインです。「レー・ケンダーマン」はドイツを代表する大手ワインメーカー。「ナイトミュージック」は、繊細な香りとほんのりした甘みがあり、フルーティーでエレガントな飲み口です。

食卓を華やかに彩る綺麗なボトルと、1000円台とリーズナブルな価格が魅力のワイン。デイリーワインとしてはもちろん、持ち寄りの気軽な食事会のお供にもおすすめです。キリッと冷やしてマリネなどの酸味のある料理と合わせると、お互いの風味が引き立ちます。

サザン・バンダリー・ワインズ ホーム・クリーク ワイパラ リースリング

リースリング種のブドウで造られた、ニュージーランド産の白ワインです。ニュージーランド産のワインは比較的高い銘柄が多いですが、このワインは1000円台とコスパに優れています。

ほのかな甘味とすっきりした酸味で飲みやすく、エスニック料理やフルーツソースを絡めた肉料理に合うワイン。リースリングというぶどうで造られたワインは、その土地の味わいによって個性が変化するため、ドイツやオーストラリアのリースリングと比較して飲んでみるのもおすすめです。

北海道ワイン おたる特選ナイヤガラ

マスカットのような風味を持つナイヤガラぶどうを使った甘口白ワイン。北海道ワインは小樽市に本社があり、「おたるワイン」の愛称で知られる最大の日本ワインメーカーです。

「おたる特選ナイヤガラ」で注目すべきはその製法。絞ったぶどう果汁を凍結させて水分を取り出し甘みを凝縮させているので、酸味が少なく、ぶどうの濃い風味を味わえます。

国内ワインコンクールでの数々の受賞歴を持ち、各地で開催される北海道物産展でも人気の白ワイン。2000円台の評価が高い白ワインなので、ギフトにもおすすめです。

安心院ワイン ナイアガラ

人気漫画「神の雫」の作者亜樹直(あきただし)さんがおすすめするワイナリーの一つが安心院葡萄酒工房。「神の雫」は作中でワインを取り上げる漫画のため、亜樹直さんは年間800種類以上のワインを飲むそうです。

甘口白ワインでおすすめなのは「ナイアガラ」。昼夜の温度差が激しい、大分県安心院盆地の風土を生かした自社農園のナイアガラにシャルドネをブレンドしています。ナイアガラの甘みとシャルドネの深みが厚みのある味わいが感じられるワインです。

高畠ワイン まほろばの貴婦人 白

山形にある高畠ワインは、世界レベルのワイン造りを目指して「高畠ワイナリー100年構想」を掲げ、醸造技術の向上に励んでいます。「まほろばの貴婦人」は創業以来、ロングセラーを続ける人気商品です。

白いバラやマスカット、はちみつのような香りが感じられます。しっとりと絡みつくような極甘な甘みの中に、柑橘系の爽やかな酸味が感じられるリッチな味わいの一品。3000円程度なのでプレゼントにもおすすめです。

ノーザン・アイス ヴィダル アイスワイン

白ワインの中でもとっておきの甘さを持っているのが、「アイスワイン」です。「デザートワイン」と呼ばれ、極甘口の白ワインに分類されます。

アイスワインは、ドイツ、オーストリア、カナダのみで生産され、寒冷地の樹上で自然に凍ったぶどうを使って造られるワインです。通常の1割近くしか果汁が絞れないことから希少性が高く、「貴族のワイン」と呼ばれるほど。そのため、価格も高めです。

「ノーザン・アイス ヴィダル」のアイスワインは、カナダ産です。アイスワインは、同じく極甘の貴腐ワインと比べて酸味とのバランスがとれた甘さが特徴。

アプリコットやマンゴー、ピーチのフレーバーをベースにパパイヤ、ライチ、洋ナシ、バニラなどの風味が合わさって、複雑で芳醇な味わいを紡ぎ出しています。

シャトー・リューセック カルム ド リューセック

こちらはデザートワインの一つの「貴腐ワイン」。濃厚な甘さが特徴のワインです。

貴腐ワインとは、貴腐菌という菌が繁殖し、糖分が凝縮されたぶどうを使って造ります。貴腐菌が繁殖する条件が揃ったぶどうを収穫することは難しく、造るのも非常に手間がかかるため、希少性が高いワイン。

「カルム ド リューセック」は貴腐ワインの三大名産地の一つ、フランスのソーテルヌ地方で造られたものです。よく冷やして、少量を食後にデザート代わりに飲むのがおすすめ。

ヨーロッパではデザート代わりにチーズがよく食べられますが、ブルーチーズのようなクセがあるチーズと貴腐ワインの組み合わせは絶妙です。