数あるウイスキーのなかでも“ウイスキーの聖地”とも呼ばれるアイラ島で作られる「アイラウイスキー」。ジャンルとしてはスコッチウイスキーのひとつで、ほとんどの蒸留所が海に面していることから、個性的な香りがするのが特徴です。

一方で、飲みやすいかと言われれば、ややクセがあるのもポイント。そこで今回はアイラウイスキーのおすすめ銘柄をご紹介します。ウイスキーの奥深い世界を堪能したい方は、ぜひ飲み比べてみてください。

アイラウイスキーとは?

世界中で愛されているウイスキー

By: amazon.co.jp

アイラウイスキーとはイギリスのスコットランドで作られる「スコッチウイスキー」のひとつ。同地方の西側に位置するアイラ島で作られたモルトウイスキーのことです。モルトウイスキーとは大麦を材料としたウイスキーのことを指します。

アイラウイスキーは、ピートと呼ばれる泥炭に火をつけて大麦麦芽を乾燥するため、スモーキーな香りが強くなります。さらに地方独特の磯の香りが感じられるのもポイント。その深い味わいから、飲み慣れていないウイスキー初心者にとっては「クセが強い」と感じられることも多々ありますが、「歴史と伝統が感じられるウイスキーを嗜みたい」という方にとっては、ぜひおさえておきたいジャンルです。

クサイ?ピートの香りが個性的

By: amazon.co.jp

アイラ島にあるウイスキーの蒸留所はほとんどが海の近くに位置しており、この立地がアイラウイスキーの個性となっています。アイラウイスキーはよく「薬の臭い」や「煙クサイ」などと言われますが、これはピートの香りです。

ピートとは泥炭(でいたん)といい、コケや海藻などの植物が分解されずに蓄積された、磯臭い炭のことを指します。

大麦を乾燥させるために燃やして使用されるので、その大麦で作るアイラウイスキー自体にも、磯の香りと香ばしいテイストが付与されているのが特徴です。

アイラウイスキーの選び方

蒸留所で選ぶ

By: amazon.co.jp

現在、アイラ島の蒸留所は8つ。島の南側に位置する「アードベッグ」「ラフロイグ」「ラガヴーリン」の3つの蒸留所は、特にピートの香りが強いウイスキーです。

逆に北側に位置する「ブナハーヴン」「ブルックラディ」の2つはライトなピートの香りとなっています。そのほか「ボウモア」や「カリラ」、「キルホーマン」が島の中間から東側に位置しています。

同じアイラウイスキーとは言えど蒸留所によって違いがあるので、把握しておくと楽しみが広がります。ぜひ銘柄名と合わせてチェックしてみてください。

味・香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

ピートの香りの強いアイラウイスキーですが、比較的ライトなタイプから強烈な香りのするモノまでさまざまです。なお、ピートの香りの強さはフェノール値(ppm)という単位で表され、数値が少なければ香りも軽くなります。

また、フルーティーやスイートといったテイストのほか、飲みやすさや口当たり、飲み応えに関わる重さ・軽さなども異なるので、ぜひ選ぶ際の参考にしましょう。

シングルモルトかブレンデッドかを選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルモルトウイスキーとは、ひとつの蒸留所で作られたウイスキーを混ぜたものを指します。それに対しブレンデッドウイスキーとは、複数のシングルモルトウイスキーにトウモロコシなどを原料にしたグレーンウイスキーをブレンドして作ったウイスキーです。

モルトウイスキーの原材料は大麦麦芽ですが、グレーンウイスキーは大麦以外の穀物を原材料としています。

つまり、シングルモルトウイスキーは製造された蒸留所の個性を感じられるウイスキーとなっており、ブレンデッドウイスキーは数種類のウイスキーを混ぜることによって生まれる複雑な味わいが楽しめるのが特徴です。

アイラウイスキー独特の香りを純粋に楽しみたいならシングルモルト、ピートの香りを含めたさまざまな味わいを楽しみたいのなら、アイラウイスキーが含まれているブレンデッドウイスキーがおすすめ。

ただしブレンデッドのウイスキーは、アイラウイスキーには分類されないため、銘柄を選ぶ際は確認しておきましょう。

予算で選ぶ

ウイスキーの価格は安いもので1000円前後から、高級品は10万円以上するモノまであります。価格の違いは熟成年数や、生産量の少なさなどによっても左右されます。

同じ蒸留所のウイスキーのみで作られるシングルモルトと違い、様々なウイスキーを用いて作られるブレンデッドの方が、比較的安価です。

メーカーのおすすめ銘柄

ポートシャーロット(PORT CHARLOTTE) 10年

ポートシャーロット(PORT CHARLOTTE) 10年

スコットランド産の大麦を採用しているアイラウイスキー。フェノール値が40ppmと比較的高めで、スモーキーな香りを存分に楽しめます。アルコール度数も50%と高いため、飲みごたえのあるウイスキーが好みの方におすすめです。

アイラ特有の薬品のようなスモーキーさではなく、BBQの煙のような美味しさを思わせるアロマ。麦の甘味や様々な樽での熟成による複雑さもあり、個性的な風味に仕上がっているのもポイントです。

アイラウイスキーのおすすめ銘柄|ブレンデッドウイスキー

ホワイトホース(White Horse) ファインオールド

アイラウイスキーがブレンドされたウイスキーで、リーズナブルな価格が魅力の「ホワイトホース」。日本でも有名なブレンデッドウイスキーです。創業者の叔父がアイラ島で蒸溜所を経営していたこともあって、原酒にアイラウイスキーのなかでも評価の高い「ラガヴーリン」が使われています。

他の原酒も多く含んでいるためピートの香りが強すぎず、甘味や滑らかさも感じることができ、アイラウイスキー初心者だけでなくウイスキーを飲みなれていない方にもおすすめです。

ジョニーウォーカー(Jonnie Walker) 黒ラベル

日本では「ジョニ黒」の愛称で親しまれ、世界でもっとも売れているとの呼び声も高いブレンデッドウイスキーです。

アイラウイスキー「カリラ」など40種の原酒がブレンドされており、口に含んだ瞬間スモーキーな香りを感じるにもかかわらず、あとに届くフルーツの香りが非常に爽やかなほか、酸味も感じられるウイスキーです。

ソフトな舌触りが特徴で、飲みやすいのもポイント。飲み方としてはロックかストレートがおすすめのブレンデットウイスキーです。

ブナハーブン(BUNNAHABHAIN) ブラックボトル

ブナハーブンのブラックボトルはブレンデッドウイスキーですが、モルトウイスキーのみでブレンドされた、ほかのブレンデッドウイスキーとは少し違ったウイスキーです。

ピートの香りはそれほど強くなく、かなりソフト。クセもあまりなく、スモーキーさというよりもナッツのような香りがします。価格も2〜3000円台とかなり安く、自宅で飲むウイスキーとしてもおすすめ。アイラウイスキーに慣れていない方は要チェックの1本です。

アイラウイスキーおすすめ銘柄|シングルモルトウイスキー

ブナハーブン(BUNNAHABHAIN) 12年

ピートが特徴的なアイラウイスキーにおいて、この銘柄はほとんどピートを使わないタイプのウイスキー。ウイスキー初心者でも飲みやすく、ピートの香りを表すフェノール値は2ppmほどです。

冷却濾過の工程を行わないためアルコール度数は少し高めの46%ですが、フレッシュな味わいとなっています。ロックでじっくり飲みたい方におすすめの1本です。

ブルックラディ(BRUICHLADICH) ザ・クラッシックラディ

ウイスキー初心者にオススメしたいアイラウイスキーのシングルモルト。フェノール値が2ppm程度と低めで、ピートの香りはソフトと、クセがあまりないのが特徴です。

フルーティーな味わいで青リンゴやライムなどの柑橘系の香りを感じると同時に、ビターな味わいも若干感じられるのもポイント。さまざまな飲み方で楽しんでいただきたいアイラウイスキーです。

ボウモア(BOWMORE) 12年

南部にある蒸留所ではピートの香りが強く、北部では比較的ライトな香りとなっていますが、アイラ島の中間部分位置する「ボウモア」は、8つのアイラ島の蒸溜所のなか、中間くらいのピートの香りです。

フェノール値は25pmmほど。クセや香りの強さも含めて「アイラウイスキーがどんなものなのか知りたい」という方におすすめです。同銘柄は15年や18年、その他さまざまな限定ボトル発売されていますが、最もスタンダードなのは、この12年。ビターチョコレートやハチミツ、花のような香りが感じられるのも特徴です。

カリラ(CAOL ILA) 12年

アイラ島の中でももっとも生産量が多い「カリラ」は、ブレンデッドウイスキーの原酒として多く用いられている銘柄。フェノール値は34ppm以上で、しっかりとスモーキーさを感じられる辛口のウイスキーです。

比較的価格もリーズナブルなため、自宅で飲むウイスキーとしておすすめ。アイラウイスキーとしての強い香りも楽しみつつ、口に含んだ時のほんのりとした甘さとドライな余韻のバランスが特徴の1本です。

ラガヴーリン(LAGAVULIN) 16年

“アイラの巨人”というニックネームで人気のある蒸留所のウイスキー。アイラウイスキーファンのなかには、この銘柄をきっかけにファンになったという方も多くいるほど、知名度が高いのが特徴です。

アイラ島の中でも蒸留に時間をかけることで有名で、アルコールの刺激臭がソフトで余韻が長いことが特徴。パンチがあるのに上品で濃厚な味わい、熟成年数が長いのでとろりとした舌触りも人気の所以です。

フェノール値は34ppmほど。スモーキーさをかなり感じる個性派のウイスキーを探している方に試していだたきたい1本です。

ラフロイグ(LAPHROAIG) 10年

日本でも有名なアイラウイスキーのひとつで、イギリス王室チャールズ皇太子お気に入りの1本としても知られている銘柄。“アイラモルトの王”とも呼ばれるシングルモルトウイスキーです。

フェノール値40pmm以上でアイラモルト特有の薬臭さが強いなかにも、ナッツのような香ばしさも感じられます。辛口でドライ、インパクトの強さが特徴です。

好みは分かれますが、クセの強い1本。「とりあえずスモーキーなウイスキーを飲んでみたい」という方は要チェックの銘柄です。

キルホーマン(KILHCOMAN) マキヤーベイ

2005年にできたウイスキー。アイラ島としては124年ぶりにできた蒸留所で造られているのが特徴です。

小規模な立地かつ生産量も少ないため、やや価格は高め。また、熟成年数は3年と短いですが、麦を作るところからボトリングまですべてをアイラ島で行っており、十分に価値のある1本です。

フェノール値は50ppmとピートの香りがしっかりと感じられ、アルコール度数が46%と高いのもポイント。バニラの香りのような甘さが感じられるのも特徴です。

アードベック(ARDBEG) 10年

フェノール値が55~65ppmともっとも強いアイラウイスキーです。スモーキーさはかなりインパクトがあるほか、冷却濾過をしない製造方法を採用しているので、アルコール度数は高めの46%。辛口な味わいとなっています。

一方で、後味にはリンゴのようなフルーティーさを感じさせるのもポイント。かなり個性の強いアイラウイスキーなので、ぜひ試してほしい1本です。

番外編:アイラウイスキーのおすすめの飲み方

オン・ザ・ロック

By: suntory.co.jp

ロックも氷が溶けると同時にアイラウイスキーの香りと味の変化が楽しめるおすすめの飲み方。常温の水で割るよりも口当たりがドライになるため、辛口のアイラウイスキーを存分に楽しみたい方にはいいでしょう。さらに氷が溶けるたびに、ピートの香りがより感じられる楽しみもあります。

ストレート

By: suntory.co.jp

ストレートは純粋に香り、味を楽しむことができる飲み方。アイラウイスキー独特のピートの香りだけでなく、フルーツやハチミツといったスイートな味わいも感じることができます。

しかし、ウイスキーはアルコールが40%以上とかなり高め。嗜む際は水をチェイサーとして飲むようにしましょう。

トワイスアップ

By: suntory.co.jp

シングルモルトなど高価で本格的なウイスキーをストレートで味わいたいけど、アルコールが強いのは苦手という方におすすめの飲み方がトワイスアップです。

飲み方としては常温のミネラルウォーターとウイスキーを同量入れてかき混ぜるだけ。なお、ミネラルウォーターは硬度の低い軟水タイプがおすすめです。