数あるウイスキーのなかでも“ウイスキーの聖地”と呼ばれるアイラ島で造られる「アイラウイスキー」。スコッチウイスキーのひとつで、ほとんどの蒸溜所が海に面していることから、個性的な香りがするのが特徴です。

そこで今回は、アイラウイスキーのおすすめ銘柄をご紹介します。ウイスキーの奥深い世界を堪能したい方は、ぜひ飲み比べてみてください。

アイラウイスキーとは?

世界中で愛されているウイスキー

By: amazon.co.jp

アイラウイスキーとは、イギリスのスコットランドで造られる「スコッチウイスキー」のひとつ。同地方の西側に位置するアイラ島で造られたモルトウイスキーのことです。モルトウイスキーとは大麦を材料としたウイスキーのことを指します。

アイラウイスキーは、ピートと呼ばれる泥炭に火をつけて大麦麦芽を乾燥するため、スモーキーな香りが強いのが特徴。さらに、地方独特の磯の香りが感じられます。

その深い味わいから、飲み慣れていないウイスキー初心者にとってはクセが強いと感じられることも多々ありますが、歴史と伝統が感じられるウイスキーを嗜みたい方にとっては、ぜひおさえておきたいジャンルです。

クサイ?ピートの香りが個性的

By: amazon.co.jp

アイラ島にあるウイスキーの蒸溜所はほとんどが海の近くに位置しており、この立地がアイラウイスキーの個性を生み出します。アイラウイスキーはよく「薬のニオイ」や「煙クサイ」などといわれますが、これはピートの香りです。

ピートとは泥炭(でいたん)といい、コケや海藻などの植物が分解されずに蓄積された炭のことを指します。大麦を乾燥させるために燃やして使用されるので、その大麦で造るアイラウイスキーも磯の香りと香ばしいテイストになるのが特徴です。

アイラウイスキーの選び方

蒸溜所ごとの特徴をチェック

北側の蒸留所の特徴

By: amazon.co.jp

アイラ島は大きく分けて「北側」「南側」「西側」の3ヵ所に蒸留所が密集しています。北側には「ブナハーブン」や「カリラ」といった蒸留所が存在しているのがポイントです。

北側にある蒸留所は、クセが強いアイラ島のウイスキーのなかでも、比較的穏やかでまとまりのある香味を持っているのが特徴。はじめてアイラ島のウイスキーに挑戦する方や、穏やかな香味のアイラウイスキーが好きな方におすすめです。

南側の蒸留所の特徴

By: amazon.co.jp

アイラ島南側には、「アードベッグ」「ラガヴーリン」「ラフロイグ」といった蒸留所が集結。いずれも強烈なスモーキーフレーバーを放つ、アイラ島らしい香味が濃縮されたウイスキーです。

甘みの強い味わいも特徴で、濃厚な味わいのアイラウイスキーを飲みたい方にもおすすめ。シングルモルトウイスキーに飲みなれた方や、個性の強いウイスキーを楽しみたい方は、南側に位置する蒸留所に注目してみてください。

その他「ボウモア」なども

By: rakuten.co.jp

アイラ島の中部から西部にかけても、3つの蒸留所が存在します。中部の海沿いに位置する「ボウモア」、入り江を隔てたボウモアの対岸には「ブルックラディ」、アイラ島の最も西側に位置しているのが「キルホーマン」です。

ボウモアは日本の会社であるサントリーが資本の蒸留所。キルホーマンは2005年に創業された、比較的新しい蒸留所のひとつです。ブルックラディは2001年にオーナーが変わって、妥協のないウイスキー作りを行っているのが特徴。いずれも個性豊かな蒸留所としておすすめです。

味・香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

ピートの香りの強いアイラウイスキーですが、比較的ライトなタイプから強烈な香りのするモノまでさまざまです。なお、ピートの香りの強さはフェノール値(ppm)という単位で表され、数値が少なければ香りも軽くなります。

また、フルーティーやスイートといったテイストのほか、飲みやすさや口当たり、飲み応えに関わる重さや軽さなども異なるので、ぜひ選ぶ際の参考にしましょう。

シングルモルトかブレンデッドかを選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルモルトウイスキーは、ひとつの蒸溜所で造られたモルト100%のモノを指します。一方、ブレンデッドウイスキーは複数のシングルモルトウイスキーに、トウモロコシなどを原料にしたグレーンウイスキーをブレンドして造ったウイスキーです。

モルトウイスキーの原材料は大麦麦芽ですが、グレーンウイスキーは大麦以外の穀物を原材料としています。

シングルモルトウイスキーは製造された蒸溜所の個性を感じられるウイスキーで、ブレンデッドウイスキーは数種類のウイスキーを混ぜることによって生まれる複雑な味わいが楽しめるのが特徴です。

アイラウイスキー独特の香りを純粋に楽しみたいならシングルモルト、ピートの香りを含めた味わいを楽しみたいのなら、アイラウイスキーが含まれているブレンデッドウイスキーがおすすめ。

ただし、ブレンデッドのウイスキーはアイラウイスキーには分類されないため、銘柄を選ぶ際は確認しておきましょう。

予算で選ぶ

ウイスキーの価格は安いモノで1,000円前後から、高級品は10万円以上するモノまであります。価格の違いは熟成年数や、生産量などによっても左右されます。

同じ蒸溜所のウイスキーのみで造られるシングルモルトと違い、さまざまなウイスキーを用いて造られるブレンデッドの方が比較的安価です。

受賞経験がある商品も

By: ardbegjapan.com

アイラ島には実力のある蒸留所が多く、世界各国の品評会で高い評価を獲得しているアイラウイスキーが少なくありません。たとえば、「アードベッグ コリーヴレッカン」は、2010年「ワールド・ウイスキー・アワード」でワールドベスト・シングルモルトを受賞している1本です。

「ブルックラディ ザ・クラシック・ラディ」をはじめとするブルックラディ蒸留所のアイテムは、「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」で高い評価を得ています。

また、まだ歴史の浅い蒸留所であるキルホーマンも要チェック。「サナイグ」で「インターナショナルスピリッツチャレンジ」の2021・2022でゴールドを獲得するなど、着実に名声を高めています。迷った場合は、品評会の受賞歴も参考にするのもおすすめです。

アイラウイスキーのおすすめ銘柄|ブレンデッドウイスキー

ダグラスレイン(Douglas Laing) ビッグ ピート ブレンデッドモルト

「アードベッグ」「カリラ」「ボウモア」「ポートエレン」の、4ヵ所の蒸溜所で製造されたアイラモルトをバッテッドしたブレンデッドウイスキー。特に、ポートエレン蒸溜所は1983年に閉鎖されているため、同所のウイスキーは「幻のウイスキー」として知られています。

希少なモルトが使用されている貴重な銘柄で、塩気があるなかに断片的にピートもしっかりと感じられる味わい。ヘビーながらライトな感覚も持ち合わせ、シトラスの繊細な香りが特徴です。

後味は長く残り、やわらかなオイリーさに加え、スパイシーながらリコラスやバニラのような風味も楽しめます。繊細でパンチもあるウイスキーを味わいたい方におすすめです。

ホワイトホース(WHITE HORSE) ファインオールド

ラガヴーリン蒸溜所のアイラウイスキーが使われているブレンデッドウイスキー。やわらかく上質な味わいが特徴です。花のような香りが漂うフレッシュさと、蜂蜜のようなほのかな甘みを帯びたまろやかさが感じられます。

ドライでスモーキーな風味とのバランスも心地よく、日本でも人気の高い銘柄です。ロックやハイボールで楽しむのに適しています。価格が安いのも魅力で、これからウイスキーを楽しんでみたい方にもおすすめです。

ジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER) ブラックラベル 12年

世界でも高い人気を集めるブレンデッドウイスキー。「カリラ」のアイラウイスキーなど、12年以上も熟成された多彩なシングルモルトをブレンドしています。18世紀より続くブレンド技術によって造られた、傑作のブレンデッドスコッチウイスキーとも称される銘柄です。

スモーキーな香りを中心に、フルーティーな風味や酸味など複層的で深い味わいが楽しめるウイスキー。ハイボールでも存分に堪能できますが、まずはストレートかロックでじっくりと奥深さを楽しむのがおすすめの飲み方です。

スモーキージョー(SMOKEY JOE) アイラモルト


数種類のアイラモルトが使用されているブレンデッドウイスキー。強いスモーキーな香りが口に広がり、ピートや海藻など複雑な風味も楽しめます。コショウのようなスパイシーな味わいも特徴です。

アイラウイスキー独特のクセがあり、個性的で奥深い世界が心ゆくまで堪能できます。加水によって味わいの変化が楽しめるのも特徴。ハイボールにするとピートの強烈な風味が少し抑えられ、スモーキーさがストレートに感じられます。

リーズナブルにアイラウイスキーの魅力を満喫したい方におすすめのブレンデッドウイスキーです。

ハンターレイン(HUNTER LAING) アイラジャーニー 46°


7年前後熟成させたアイラモルトを使用したブレンデッドウイスキー。「アードベッグ」「ラフロイグ」「ラガヴーリン」「ブナハーブン」「カリラ」と、アイラ島北部と南部の人気蒸留所の原酒を採用しているのが魅力です。

灰やタールを思わせるスモーキーな香りが特徴。また、ピートや海水、海藻のツンとした風味を味わえます。原酒の構成内容に対して、リーズナブルな価格設定なのもうれしいポイント。コスパが高い1本を探している方におすすめです。

アイラミスト(ISLAY MIST) オリジナル ピーテッド

アイラ島の領主であったマルガデイル卿との関わりが深いブレンデッドウイスキー。本銘柄の「オリジナル ピーテッド」は5年熟成で、同ブランドのなかでは比較的ライトなテイストに仕上がっているのが特徴です。

キーモルトは「ラフロイグ」で、スペイサイドのシングルモルトとグレーンウイスキーをブレンド。アイラウイスキーの特徴であるピート香やスモーク香が感じられつつも、スッキリと飲めるのが魅力です。

アイラウイスキーおすすめ銘柄|シングルモルトウイスキー

アードベッグ(Ardbeg) コリーヴレッカン


アードベッグ蒸溜所で造られた、個性豊かなアイラウイスキー。強烈なピートの香りが特徴で、土や松葉のような香りが漂うのが特徴です。また、フレンチオーク新樽で熟成されたことにより、力強いスパイシーさに甘みも伴っています。

2010年「ワールド・ウイスキー・アワード」ワールドベスト・シングルモルト受賞など、数々の賞も獲得。ウイスキー好きの方や、本格的なアイラウイスキーのシングルモルトを堪能したい方におすすめです。

ラフロイグ(LAPHROAIG) セレクトカスク


ラフロイグ蒸溜所で造られた、ピートや磯を思わせる香りが感じられるアイラウイスキー。1994年には、イギリスの王室御用達許可証を当時のチャールズ皇太子より賜っています。

ピートのスモーキーな香りと、ドライで滑らかな味わいのなかに甘みを伴っているのが特徴です。人気のアイラウイスキーのシングルモルトが、比較的安い価格で楽しめるのも魅力。アイラウイスキーが好きな方はもちろん、これから堪能してみたいという方にもおすすめです。

ボウモア(BOWMORE) 12年


ボウモア蒸溜所で造られたアイラウイスキー。独特のクセが少なく、すっきりとした飲み心地が特徴です。「アイラの女王」とも称され、気品に溢れるスモーキーなフレーバーが楽しめます。

海に面した貯蔵庫で12年にわたり潮の香りを吸収しているため、ほのかな磯の風味が感じられるのも魅力です。また、スモーキーさのなかにも、ダークチョコレートのような温かみとコクがあり、ロックでじっくりと味わうのに適しています。

アイラウイスキーに慣れていない方や、飲みやすいウイスキーを楽しみたい方におすすめです。

ラガヴーリン(LAGAVULIN) 16年


ラガヴーリン蒸溜所で造られたアイラウイスキー。16年の長期熟成により滑らかな口当たりで、重厚なピートの香りとスイートな味わいが魅力です。スモーキーながら刺激は強すぎず、ダークチョコレートのような甘みも感じられます。繊細でバランスがよいのが特徴です。

アイラウイスキーの独特な個性がしっかりと堪能できます。アイラウイスキーの強いクセを楽しみたい方におすすめです。

ブナハーブン(Bunnahabhain) 12年


アイラ島北部に位置するブナハーブン蒸溜所で造れているシングルモルト。アイラウイスキーではあるものの、特徴であるピートをほとんど炊かないノンピート製法を採用しており、スモーキーさを抑えたフレッシュな味わいに仕上がっている1本です。

「ブナハーブン」とは現地のゲール語で「川の河口」という意味。仕込み水はその入り江に流れこむマーガデイル川の湧水を使用しています。

色合いとしては濃い目の琥珀色。テイストとしてはシェリー樽由来のドライフルーツ感やレーズンの香りが楽しめ、後味にはほんのり甘みが感じられるのもポイントです。

キルホーマン(KILCHOMAN) マキヤーベイ


2005年に誕生したキルホーマン蒸溜所のアイラウイスキー。ボトル名の「マキヤーベイ(MACHIR BAY)」は同蒸溜所から半マイルの距離に位置するビーチのことを指しており、有名観光地から名前をとった1本として知られています。

ウイスキーとしてはフェノール値50ppmとヘビーピートの大麦麦芽を使用しているのが特徴。原酒はバーボン樽で熟成しておりヨード香は強めで、アイラらしい力強さが感じられます。

フレッシュでさっぱりとしたフルーツの味わい、さらにはバニラのような甘さがあるのもポイント。アイラ独特のピートスモークと相まって余韻が長く楽しめるのも魅力です。

カリラ(CAOL ILA) 12年


蒸留の工程において、気化アルコールを海水で冷やすのが特徴的なアイラウイスキー。ほんのりと塩気を感じられます。アイラモルト特有のスモーキーさはやや控えめで、柑橘系のフルーティーや甘さも含め絶妙なバランスがポイントです。

口当たりはまろやかでスムーズ。飲み方はピート香を楽しむストレートはもちろん、フルーティーなアロマが際立つ水割りやロックもおすすめです。また、軽い飲み口なので、魚介類と相性がよく食中酒としても味わえます。個性的なアイラウイスキーのなかでも比較的飲みやすい1本です。

ブルックラディ(BRUICHLADDICH) ザ・クラシック・ラディ


アメリカンオーク樽で熟成させたノンピートタイプのアイラウイスキー。はじめは大麦糖やミントなどの香りを楽しめます。水を少し注げば、ハチミツやフルーツを思わせる甘いアロマが漂ってくるのが特徴です。

クセの少ない爽やかさと、フルーツのような甘い味わいが口の中に広がります。アルコール度数は高めなため、はじめての方は水や炭酸水で割って飲むのがおすすめ。また、ハムやベーコンなどのおつまみと好相性です。フローラルで上品な味わいを楽しめるモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ポートシャーロット(PORT CHARLOTTE) 10年


アメリカンウイスキー樽やフレンチワイン樽を用いて、10年熟成させたアイラウイスキー。ピートのスモーキーな香りのなかに、キャラメルソースやバニラカスタードの甘さ、ナツメグなどのスパイシーさを感じられます。水を1滴加えることで、レモンメレンゲやオレンジなどのシトラス香も楽しめるのが魅力です。

口当たりはしっかりとしていながら、繊細さと柔らかさも味わえます。オーク由来の深い甘さとスモーク感が調和し、ココナッツを思わせる甘さや、牡蠣の燻製のような塩気とスモーキーさを堪能できるのがポイント。一口ごとに奥深い味わいを楽しみたい方におすすめの1本です。

エリクサーディスティラーズ(Elixir Distillers) ポートアスケイグ 100プルーフ


カリラ蒸溜所にほど近い港町「ポートアスケイグ」の名前を冠したアイラウイスキーです。スペシャリティドリンクス社が独自の選定を行ったシングルモルトが瓶詰めされていますが、どの蒸留所のウイスキーを詰めているのかは明かされていないのが特徴。飲みながら蒸留所を推理する楽しみもあるミステリアスなウイスキーです。

アルコール度数57.1%という高さで瓶詰めをされているのもポイント。力強いスモーキーフレーバーとフルーティーな味わいと謳われています。濃厚な味わいのアイラウイスキーが飲みたい方はもちろん、中身が分からないというユニークな商品を飲んでみたい方にもおすすめです。

キルホーマン(KILCHOMAN) サナイグ


アイラ島のピートをふんだんに使用したアイラウイスキーです。フェノール値50ppmの麦芽を原料に、ヘビーピーテッドタイプに仕上げているのが特徴。濃厚なスモーキーフレーバーを楽しめます。熟成に使われるオロロソシェリー樽が活きたキルホーマン。バーボン樽の味わいを活かした「マキヤーベイ」と対になる1本です。

シェリー樽によって赤みがかった液色をしています。重厚感のあるピートスモークやレーズン・オレンジピール・アプリコットといったフルーツのアロマ。完熟プラム・キャラメル・シナモン・ブラウンシュガー・ダークチョコレートといった味わいが楽しめると謳われています。

サナイグは蒸留所北西にある入り江の名前からとっているのもポイント。シェリー樽の風味がきいたアイラウイスキーが気になる方におすすめです。

アードベッグ(ARDBEG) ウィー・ビースティー 5年


あえて熟成年数を短くして仕上げたアードベッグのラインナップです。アイラウイスキーの特徴ともいえるスモーキーフレーバーは、樽で長く熟成するほど穏やかになるといわれています。本商品は熟成年数を5年ほどに抑えることで、スモーキーな風味をより楽しめる1本です。

「ウィー・ビースティー」はスコットランドの言葉で、小さくても手が付けられないリトルモンスターの意味。その名の通り、グラスから黒胡椒のようなスパイシーさや松脂の香り、スモーキーフレーバーが広がると謳われています

アルコール度数は47.4%。熟成にはバーボン樽とオロロソシェリー樽を用いています。思う存分ピートの香りを堪能したい方におすすめです。

番外編:アイラウイスキーのおすすめの飲み方

ストレート

By: suntory.co.jp

ストレートは、香りと味を純粋に楽しめる飲み方。アイラウイスキー独特のピートの香りだけでなく、フルーツやハチミツといったスイートな味わいも感じられます。

しかし、ウイスキーはアルコールが40%以上と非常に高め。嗜む際は水をチェイサーとして飲むようにしましょう。

トワイスアップ

By: suntory.co.jp

シングルモルトなど高価で本格的なウイスキーをストレートで味わいたいけど、アルコールが強いのは苦手という方におすすめの飲み方がトワイスアップです。

飲み方は、常温のミネラルウォーターとウイスキーを同量入れてかき混ぜるだけ。なお、ミネラルウォーターは硬度の低い軟水タイプがおすすめです。

オン・ザ・ロック

By: suntory.co.jp

ロックは、常温の水で割るよりも口当たりがドライになるため、辛口のアイラウイスキーを存分に楽しみたい方におすすめです。氷が溶けるたびにピートの香りがより感じられ、味の変化も楽しめます。

ハイボール

By: suntory.co.jp

近年ブームにもなっているのがハイボール。炭酸水を加えることで爽快感が得られ、ウイスキーの風味も引き立ちます。アルコール度数が高いお酒が苦手な方にも適した飲み方です。

ウイスキーと炭酸水の割合は、「3:7」「4:6」など好みによって調節するのがおすすめ。アイラウイスキーのスモーキーな香りを楽しみたい方は、ウイスキー多めが適しています。独特なクセやスパイシーな刺激を抑えたい方は、炭酸水を多めに調節しましょう。