世界的なウイスキーブームにより、消費量が増えている「シングルモルト」。特にウイスキーの5大産地として知られているスコットランドやアイルランドでは蒸留所の新設ラッシュが続いており、注目度が高まっています。

そこで今回はシングルモルトのおすすめ銘柄をご紹介。ウイスキーに興味がある方はぜひ飲み比べてみてください。

シングルモルトとは?

By: amazon.co.jp

「シングルモルト」とはモルト100%を原料に用いたウイスキーのなかでも、単一の蒸留所で造られたウイスキーのこと。シングルモルトの定義は、製造する国によって異なります。ちなみに、モルトとは大麦麦芽という発酵させた大麦を表す用語です。

例えば代表的産地のスコットランドでは、「2009年スコッチウイスキー規則(The Scotch Whisky Regulations 2009)」に則った製造が義務付けられています。規則の一部として、原料は大麦麦芽・水・酵母のみを用いて蒸留所内で仕込みを行うことや、700L以下のオーク樽で国内の保税倉庫で最低3年の熟成を経ること、アルコール度数は94.8%未満で蒸留して40%以上で瓶詰めすることなどが定められています。

なお、シングルモルトは「モルトウイスキー」という種類に分類され、銘柄を探す際に便利です。一方、とうもろこしや小麦、ライ麦など、モルト以外の穀物でできたウイスキーは「グレーンウイスキー」、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものは「ブレンデッドウイスキー」と呼ばれるので、区別しておきましょう。

シングルモルトの選び方

産地で選ぶ

By: amazon.co.jp

ウイスキーの5大産地と言えば、スコットランド・アイルランド・日本・アメリカ・カナダが挙げられますが、なかでもシングルモルトで有名なのは先の3つ。特にスコットランドは地域によって細部化されているので、ぜひチェックしておきましょう。

ローランド

By: amazon.co.jp

「ローランド」はスコットランドの南に広がるエリア。首都のエジンバラや大都市のグラスゴーを含む政治経済の中心地として知られています。蒸留所は数年前まで数ヶ所程度でしたが、昨今の世界的なウイスキーブームの影響を受けて増加。ウイスキーの傾向としては芳醇で、口当たりは柔らかく、ソフトでまろやか味わいがあります。

スペイサイド

By: amazon.co.jp

「スペイサイド」はスコットランドでもっとも蒸留所が集中するエリアで、スペイ川の支流沿いに点在しています。原料となる大麦の生産地であり、良質の水に恵まれ熟成に適した空気があることが一大中心地になった理由です。ウイスキーのテイストは繊細ななかにもエレガントさが感じられるほか、花のような香りが楽しめるのも特徴です。

ハイランド

By: amazon.co.jp

スコットランド北部の大部分を占める「ハイランド」。スカートやマフラーに用いたれる「タータンチェック」や民族楽器の「バグパイプ」といった伝統文化が生まれた場所としても知られています。なお、このエリアは広範囲に渡るほか、さらに東西南北に細分化することもあります。ウイスキーも力強さが感じられるものからあっさりとしたライトなものまでと、蒸留所ごとに個性がある地域です。

アイラ

By: amazon.co.jp

「アイラ」はスコットランドの西海岸からさらに西へ25kmの海に浮かぶ、厚いピート層に覆われている島。このエリアのウイスキーはスモーキーで強いピート香が感じられ、ヘビーなタイプが多いのが特徴です。

キャンベルタウン

By: amazon.co.jp

「キャンベルタウン」はスコットランドのハイランド地方の南端の半島にある小さな町。かつては30を超える蒸留所がありましたが、現在は3ヶ所が稼働するのみ。ウイスキーは芳しい香りとクリーミーさに特徴があります。

アイランズ

By: amazon.co.jp

「アイランズ」とはスコットランドの外周に位置する島々の総称。ヘヴリディーズ諸島におけるオークニー諸島・ルイス島・ハリス島、さらに南におりスカイ島・ラッセイ島・マル島・ジュラ島・アラン島なども含まれています。ウイスキーは土地柄や島ごとに違いがあり、それぞれの風土を生かした味わいを楽しめます。

アイルランド

By: amazon.co.jp

イギリスの西、スコットランドの南に位置する「アイルランド」。ウイスキーはアイリッシュ特有の古典的な製法で造られているのが特徴で、別名「ポットスチルウイスキー」とも呼ばれています。世界的なウイスキーブームの影響を受け、蒸留所も増えてきました。最近はかなりの数の蒸留所が稼働しています。

日本

By: amazon.co.jp

スコッチウイスキーの製法をベースに日本人の味覚に合わせたのが、いわゆる「ジャパニーズウイスキー」。2000年頃からサントリーやニッカのウイスキーが世界的コンペティションで賞賛され、世界からの注目度が加速。国内では蒸留所の建設ラッシュが続いています。ウイスキーのテイストはロックで楽しむのはもちろん、水割りやハイボールに合う穏やか酒質の銘柄も数多くラインナップしています。

熟成年数で選ぶ

By: amazon.co.jp

ウイスキーの製造において約9割の時間を占める熟成期間。熟成させる樽のサイズや採用されている木材、樽貯蔵庫内の環境などによってウイスキーに変化が生まれ、この樽熟成がシングルモルトの個性を決める重要な要素です。

なお、熟成年数は長期になるほどアルコールが揮発したり、芳醇さが増したりして、より味わい深く個性的な風味を楽しめます。シングルモルトを究めたい方は熟成年度別に飲み比べてみるのもおすすめです。

熟成樽で選ぶ

By: amazon.co.jp

ウイスキーは熟成させる樽によって味わいに個性が出てきます。木材の種類としてはオークがメイン。シェリー樽やバーボン樽はそのオーク材の樽にそれぞれお酒を造った後の樽を指します。

オーク樽

By: amazon.co.jp

お酒を熟成するのに広く使われているのが楢や樫などのオーク材。オーク樽で熟成されたウイスキーは、淡い黄金色とバニラやナッツのような香りが特徴です。

シェリー樽

By: amazon.co.jp

シェリー樽で熟成させると、シェリーの香りや色がウイスキーに影響して、より味わい深くなるのが特徴。なお、オロロソという色の濃いシェリーを熟成させた樽を使って造られたウイスキーは、赤みの強い、琥珀色に仕上がります。

バーボン樽

By: amazon.co.jp

現在流通している多くのウイスキーで使用されているバーボン樽。熟成を行うと、甘みがプラスされ、まろやかな口当たりへと変化します。さらにバニラやハチミツのようなフルーティな香りがプラスされるのもポイント。芳醇なシングルモルトを堪能したい方はぜひチェックしておきましょう。

ミズナラ樽

By: amazon.co.jp

ミズナラとはブナ科の落葉広葉樹。ウイスキー樽としては日本のサントリーが世界で初めて使用し、以後ジャパニーズウイスキーでよく使われるようになったと言われています。ミズナラ樽で熟成させたウイスキーは一般的に味わいが繊細になるほか、香木のような香りが感じられるのも特徴です。

シングルモルトのおすすめ

ザ・マッカラン(MACALLAN) 12年 スコッチ シングルモルト

ザ・マッカラン(MACALLAN) 12年 スコッチ シングルモルト

“シングルモルトのロールスロイス”の評される「ザ・マッカラン」。なかでも人気が高いのがこの12年物で、シェリー樽で12年以上熟成した原酒を使用しているのが特徴です。リッチでフルーティな風味がありつつも、ほのかにスパイシーな香りが感じられるのもポイント。深く長い余韻を楽しめるおすすめのシングルモルトです。

ザ・グレンリベット(THE GLENLIVET) 18年 スコッチ シングルモルト

ザ・グレンリベット(THE GLENLIVET) 18年 スコッチ シングルモルト

1824年の酒税法改正で1世紀以上続いた密造酒時代が終わると同時に政府公認第1号となった蒸留所「グレンリベット蒸留所」のシングルモルトです。伝統製法で数々の逸品を生み出しており、なかでも評価の高い18年物は完熟した洋梨のような香りを堪能できるのが特徴。ストレートからハイボールまで、どんな飲み方でも楽しめるおすすめの1本です。

バルヴェニー(BALVENIE) 12年 ダブルウッド スコッチ シングルモルト

バルヴェニー(BALVENIE) 12年 ダブルウッド スコッチ シングルモルト

有名なグレンフィディック蒸留所の弟分にあたる「バルヴェニー蒸留所」のシングルモルト。床の上で大麦を発芽させる「フロア・モルティング 」を伝統的に行っており、少量生産にこだわっています。バーボン樽で熟成後、シェリー樽に詰め替えてさらに熟成しているのもポイント。2種類の樽の熟成による絶妙なハーモニーを楽しめるおすすめ銘柄です。

グレンファークラス(Glenfarclas) 105 カスクストレングス スコッチ シングルモルト

グレンファークラス(Glenfarclas) 105 カスクストレングス スコッチ シングルモルト

イギリスの元首相で、保守的かつ強硬なその政治姿勢から「鉄の女(Iron Lady)」の異名で知られるサッチャーが愛飲していた銘柄。味わいは力強くドライですが、それでいてなめらかさも併せ持っています。飲む際に少量の水を加えて、より香りを引き立たせるのもおすすめです。

グレンフィディック(Glenfiddich) 12年 スペシャルリザーブ スコッチ シングルモルト

グレンフィディック(Glenfiddich) 12年 スペシャルリザーブ スコッチ シングルモルト

世界的に飲まれているシングルモルトの代表格「グレンフィディック」。本銘柄の12年物はスペイサイド地方の土地柄がよく感じられる1本で、スムーズでライトなテイスト。さらに花の香りが感じられるのも魅力です。製造している蒸溜所は世界で初めてシングルモルト発売したことで知られるグレンフィディック蒸溜所。軽めで飲みやすいウイスキーを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ベンリアック(BenRiach) キュオリアシタス 10年 スコッチ シングルモルト

ベンリアック(BenRiach) キュオリアシタス 10年 スコッチ シングルモルト

ヘビーピートモルトを使用している1本。床の上で大麦を発芽させる「フロア・モルティング 」を行なっているほか、仕上げにはさまざまな樽を用いているのが特徴です。ウイスキーはパワフルなピートの香りとフルーツのような甘みの調和しているのが魅力。なお、ノンピートの「ベンリアック 10年」もラインナップされており、こちらはなめらかに仕上がっています。ぜひ興味がある方はぜひ飲み比べてみてください。

アベラワー(Aberlour) 18年 ダブルカスクマチュアード スコッチ シングルモルト

アベラワー(Aberlour) 18年 ダブルカスクマチュアード スコッチ シングルモルト

2種類の樽を使って熟成する製法「ダブルカスクマチュレーション」を採用しているシングルモルト。本銘柄は希少なシェリーの古樽とバーボンの古樽を使って18年以上熟成させた1本です。テイストは芳醇でバランスの取れたフルーティさと、かすかにスパイシーさが感じられるのが特徴。熟した桃とビターオレンジを組み合わせたような香りが感じられるのもポイントです。

ボウモア(BOWMORE) 12年 スコッチ シングルモルト

ボウモア(BOWMORE) 12年 スコッチ シングルモルト

アイラモルトを試してみたい方におすすめのシングルモルト。アイラモルトのなかでもバランスのとれた味わいで、スモーキーさと柔らかなフルーティさが調和しているのが特徴です。潮の香りや爽やかに香る柑橘の風味が感じられるのもポイント。飲み方としてはしっかりとしたコクを堪能できるロックがおすすめです。

ラフロイグ(LAPHROAIG) 10年 スコッチ シングルモルト

ラフロイグ(LAPHROAIG) 10年 スコッチ シングルモルト

“アイラモルトの王”とも呼ばれている銘柄。イギリスのチャーチル皇太子が愛飲していることでも有名なシングルモルトです。ドライなテイストで、ピート香の強さと、磯の匂いを想わせるような独特の香りが感じられるのも特徴。シングルモルトの奥深い世界にハマりたい方はぜひ試してみてください。

ブルイックラディ(BRUICHLADDICH) ザ・クラシック ラディ スコッチ シングルモルト

ブルイックラディ(BRUICHLADDICH) ザ・クラシック ラディ スコッチ シングルモルト

1994年に閉鎖され、2001年に復活したブルイックラディ蒸留所のシングルモルト。フローラルでエレガントなスタイルを表現すべく、厳選した樽から製造されています。本銘柄の味わいは酸味が強め。アイラモルト独特のスモーキーさは控えめで、ライムや梨、青リンゴのようなさわやかな香りが感じられます。まろやかで飲みやすいので、初めてアイラモルトを試してみたい方におすすめです。

ブルイックラディ(BRUICHLADDICH) オクトモア 09.1 スコティッシュ バーレイ スコッチ シングルモルト

ブルイックラディ(BRUICHLADDICH) オクトモア 09.1 スコティッシュ バーレイ スコッチ シングルモルト

世界でもっともスモーキーなシングルモルトと謳う1本。エレガントでフルーティかつフローラルな味わいをベースとしながら、究極的にピート(泥炭)を炊き込んだ事による煙のインパクトが強烈なシングルモルトです。スコットランド産大麦100%にこだわっているのもポイント。5年熟成ながらそれ以上の味わい深さが感じられるのも魅力です。

ラガヴーリン(Lagavulin) 16年 スコッチ シングルモルト

ラガヴーリン(Lagavulin) 16年 スコッチ シングルモルト

1816年創業以来、当初の製法を守りながらウイスキーを製造し続けているラガヴーリン蒸留所のシングルモルト。ピーティーさのなかにどっしりとしたコクとなめらかさが感じられる1本です。アイラモルトのなかでも特にリッチで、濃厚さを堪能できるのがポイント。飲み方としてはロックで氷を溶かしながら味わいの変化を楽しむのがおすすめです。

グレンキンチー(Glenkinchie) 12年 スコッチ シングルモルト

グレンキンチー(Glenkinchie) 12年 スコッチ シングルモルト

1837年に創立したグレンキンチー蒸留所のシングルモルト。スコットランドの首都エジンバラから近いことから、別名エジンバラモルトと呼ばれている銘柄です。12年熟成の本ボトルはスイートでクリーミーな飲み口で、軽やかで繊細な味わい。ブドウのようにドライな香りとナッツのような甘い香りがミックスした印象が感じられます。

オーヘントッシャン(AUCHENTOSHAN) スリーウッド スコッチ シングルモルト

オーヘントッシャン(AUCHENTOSHAN) スリーウッド スコッチ シングルモルト

ローランドの伝統的製法である3回蒸留を行っている「オーヘントッシャン」 。全体的にスイートで、繊細な印象に仕上がっているのが特徴です。なかでも本銘柄の「スリーウッド」はバーボン樽・オロロソシェリー樽・ペドロヒメネスシェリー樽の3種で熟成し、濃厚な味わいを堪能できます。

グレンモーレンジィ(Glenmorangie) オリジナル スコッチ シングルモルト

グレンモーレンジィ(Glenmorangie) オリジナル スコッチ シングルモルト

“樽のパイオニア”として有名なグレンモーレンジィ蒸留所のシングルモルト。スペインのシェリー(ワイン)やポルトガル領のマデイラ島で造られているマデイラ・ワインなどの樽に詰め替えて熟成を施す、”カスクフィニッシュ”を初めて導入したことで知られています。本銘柄の「オリジナル」は柑橘やハチミツ、メープルシロップの香りが感じられるものの、後味はドライ。お手頃価格で入手できるのもポイントです。

ベン・ネヴィス(BEN NEVIS) 10年 スコッチ シングルモルト

ベン・ネヴィス(BEN NEVIS) 10年 スコッチ シングルモルト

標高1343mのベン・ネヴィス山の雪解け水を使用しているシングルモルト。製造元のベン・ネヴィス蒸留所は1825年創業した老舗で、1989年からは日本の「ニッカウヰスキー」の所有となっています。本銘柄はマンゴーのような香りがあり、甘みが感じられるのが特徴。10年物とは思えないほど余韻も長いのもポイントです。爽やかで飲みやすいウイスキーを求めている方はぜひ試してみてください。

ロッホローモンド(LOCH LOMOND) 12年 スコッチ シングルモルト

ロッホローモンド(LOCH LOMOND) 12年 スコッチ シングルモルト

スコットランドを代表するローモンド湖に隣接したロッホローモンド蒸留所のシングルモルト。原酒同士を合わせる「ヴァッティング」を採用しているのが特徴で、ノンピートとミディアムピートの2種類の原酒を3つの樽で熟成しています。ウイスキーのテイストは桃や洋梨を熟したような香りとバニラの香りが感じられ、余韻にはほのかなピートの香りも魅力です。

ロッホローモンド(LOCH LOMOND) インチマリン 18年 スコッチ シングルモルト

ロッホローモンド(LOCH LOMOND) インチマリン 18年 スコッチ シングルモルト

単式蒸溜器(ポットスチル)を用いることで、麦芽やビスケット、フルーツなど多様なフレーバーが感じられるシングルモルト。味わいはフルーティで、ハチミツの香りが感じられるのも特徴です。最上級のオーク樽でしっかりと寝かせているのもポイント。豊かな甘みを堪能できるのも魅力です。

アバフェルディ(Aberfeldy) 12年 スコッチ シングルモルト

アバフェルディ(Aberfeldy) 12年 スコッチ シングルモルト

1898年に設立したアバフェルディ蒸留所のシングルモルト。ブレンデッドウイスキーで世界屈指の販売数を誇っている「デュワーズ」のモルトウイスキーとして使用されています。ナッツの香りが感じられるほか、口に含むとハチミツのようなまろやかさが感じられるのもポイント。それでいて、後味はスパイシーで、ほのかなスモーキーさも楽しめます。

グレンドロナック(GLEN DRONACH) 21年 スコッチ シングルモルト

グレンドロナック(GLEN DRONACH) 21年 スコッチ シングルモルト

1826年創業とスコットランドのなかでも歴史あるグレンドロナック蒸留所のシングルモルト。シェリー樽の熟成に長け、果実の甘さがありつつも、ナッツのような芳醇な香りも感じられます。ドライなオロロソシャリー樽由来のコクと苦みと、濃厚なペドロヒメネスシェリー樽由来の甘みが調和しているのもポイント。熟成年数は本銘柄の21年のほか、18年と12年もラインナップしています。

グレンゴイン(GLENGOYNE) 25年 スコッチ シングルモルト

グレンゴイン(GLENGOYNE) 25年 スコッチ シングルモルト

ハイランド地方とローランド地方の境界に位置するグレンゴイン蒸留所のシングルモルト。本銘柄はシェリー樽のみで25年熟成させた逸品で、ソフトでマイルドな飲み口を堪能できます。マーマレードの香りや後味にスパイシーさが感じられるのもポイント。余韻は芳醇なテイストが残り、味わいの広がりをしっかりと感じられます。

スプリングバンク(SpringBank) 10年 スコッチ シングルモルト

スプリングバンク(SpringBank) 10年 スコッチ シングルモルト

スプリングバンク蒸留所のシングルモルトです。「モルトの香水」と称されるほど香り高いのが特徴です。港町に位置する熟成環境から、口に含むと潮っぽさが感じられるのもポイント。味わいはオイリーで上品なスモーキーさが感じられるのも魅力です。お酒に合わせるメニューとしてはシーフードがおすすめ。個性的なシングルモルトを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ロングロウ(Longrow) ピーテッド スコッチ シングルモルト

ロングロウ(Longrow) ピーテッド スコッチ シングルモルト

ピートのみで48時間乾燥させた麦芽を使用しているシングルモルト。2度の蒸留を経ることで、飲み応えがありながら、口当たりが軽やかなのもポイントです。甘くてクリーミーな香りがするのも魅力。味わい・香りともに豊かなので、トータルバランスに優れたシングルモルトを飲んでみたい方はぜひ試してみてください。

タリスカー(Talisker) 18年 スコッチ シングルモルト

タリスカー(Talisker) 18年 スコッチ シングルモルト

スカイ島で造られているシングルモルト。異なる年代のモルト原酒同士を合わせることで、力強さと甘さの入り混じる独特な味に仕上がっているのが特徴です。また、ほのかに潮の香りが感じられるのもポイント。アルコール度数は45.8%と若干高めですが、ガツンとした味わいを堪能できます。飲み方としてはストレートやロックがおすすめです。

ハイランドパーク(Highland Park) 18年 ヴァイキング・プライド スコッチ シングルモルト

ハイランドパーク(Highland Park) 18年 ヴァイキング・プライド スコッチ シングルモルト

大小70あまりの島からなるオークニー諸島で製造されているシングルモルト。ハイランドパーク蒸留所はスコットランドで最北端に位置する蒸留所として知られており、創業は1798年と長い歴史もあります。ウイスキーのテイストはスモーキーかつスパイシー。しっかりとした味わいを堪能できるほか、甘さとオーク樽の香りも感じられます。

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) 10年 アイリッシュ シングルモルト

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) 10年 アイリッシュ シングルモルト

1608年に免許が与えられ、現在販売されているアイリッシュウイスキーのなかでもっとも長い歴史をもつと言われている「ブッシュミルズ」。アイリッシュウイスキーで一般的に使用される未発芽の麦ではなく、ノンピートの大麦麦芽のみを使用しているのが特徴です。アイリッシュ伝統の3回蒸留を継承しているのもポイント。特有のなめらかさがあるほか、ハチミツやバニラの甘い香りも感じられる逸品です。

カネマラ(CONNEMARA) 12年 アイリッシュ シングルモルト

カネマラ(CONNEMARA) 12年 アイリッシュ シングルモルト

12年熟成によりモルトがしっかりと感じられる1本。ピーティーさやウッディさがありつつも、余韻にはフレッシュさが残ります。味わいは複雑でスパイシー。その一方で、アーモンドやバニラのような香ばしくコクのある甘味がきちんとあるのも特徴です。飲み方としてはウイスキーに飲み慣れているなら、シングルモルトのよさを堪能できるストレートがおすすめ。飲み慣れていない方は爽やかさが際立つハイボールを試してみてください。

レッドブレスト(REDBREAST) 12年 アイリッシュ シングルモルト

レッドブレスト(REDBREAST) 12年 アイリッシュ シングルモルト

1世紀以上にわたりアイルランド独自の伝統的な製法スタイルを守り続けている「レッドブレスト」。ブランド名はコマドリの赤い胸を意味しており、シェリー樽の熟成によってウイスキーが赤みを帯びることに由来しています。味わいはスパイシーで、しっかりと余韻を堪能できるのも魅力です。

サントリー(SUNTORY) 山崎 18年 ジャパニーズ シングルモルト

サントリー(SUNTORY) 山崎 18年 ジャパニーズ シングルモルト

日本初のモルトウイスキー蒸留所にして、世界的な酒類コンペティションSWSCでダブルゴールド(最優秀金賞)を受賞したことがあるシングルモルト。シェリー樽熟成の原酒にミズナラ樽の長期熟成の原酒を合わせているのが特徴です。香りはシェリー樽由来のドライレーズンとミズナラ樽由来のバニラが感じられ、口当たりはビター。余韻は深く長く、梨やマスカットなどの爽やかさが残るのもポイントです。

ニッカウヰスキー 余市 ジャパニーズ シングルモルト

ニッカウヰスキー  余市 ジャパニーズ シングルモルト

創業者がウイスキーにとって理想の地とした北海道余市がネーミングの由来。蒸溜所では世界的に珍しい石炭直火蒸留を採用しており、力強く重厚な味わいを堪能できます。麦芽の芳ばしさとバナナやマンゴーを思わせるようなフルーティな香りが調和しているのもポイント。スモーキーな余韻が感じられるのも魅力です。

ニッカウヰスキー 宮城峡 ジャパニーズ シングルモルト

ニッカウヰスキー 宮城峡 ジャパニーズ シングルモルト

フレッシュで軽やかな味わいが感じられるシングルモルト。バニラの香りやドライフルーツのような香りが調和しているのが特徴です。なめらかな口当たりで、余韻が柔らかく残るのもポイント。すっきりと洗練されたキレがありながらもスイートなテイストが楽しめるおすすめの1本です。