飲み方を変えるだけでさまざまな味わいを楽しめるウイスキー。産地や原料によってその種類はとても豊富で、銘柄ごとの個性を感じられるのが魅力です。

特に、世界5大ウイスキーと称される産地の銘柄はぜひ飲んでおきたいところ。そこで今回はウイスキーのおすすめ人気銘柄をご紹介します。種類や選び方に関しても解説していきますので、ウイスキー初心者の方もぜひ参考にしてください。

ウイスキーの種類と違い

まずは世界5大ウイスキーを知ろう

By: amazon.co.jp

スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本はウイスキーの名産地とされていて、この5ヵ国で作られる銘柄は「世界5大ウイスキー」と呼ばれています。それぞれ産地ごとに個性を持っており、自分好みの産地を見つければウイスキー選びの参考となるのでおすすめです。

もし世界5大ウイスキーをひと通り飲んでしまった場合は、”ウイスキーの聖地”と呼ばれるアイラ島の銘柄や、最近注目を集めているタスマニア島の銘柄を試してみるのもおすすめ。産地ごとに変わる味わいを楽しみましょう。

原料や製法で種類が分けられる

By: amazon.co.jp

ウイスキーは原料や製法によっていくつかの種類に分けられます。大麦麦芽(モルト)だけを使用してひとつの蒸溜所で作られたモノは「シングルモルト・ウイスキー」。大麦麦芽が原料のモルトウイスキーに、穀物が原料のグレーンウイスキーを混ぜて作られたモノは「ブレンデッド・ウイスキー」です。他にも多くの種類が存在しますが、基本的にこの2種類を覚えておけばウイスキーを十分楽しめます。

シングルモルト・ウイスキーは大麦麦芽だけを使用しているため、香り豊かな味わいになるのがポイント。蒸溜所の個性が味にあらわれるのも特徴です。一方のブレンデッド・ウイスキーは複数の原料を混ぜているので、バランスの取れた飲みやすい味わいになります。

ウイスキー初心者の方であれば飲みやすいブレンデッド・ウイスキーがおすすめですが、ウイスキーの味に慣れたら個性の強いシングルモルト・ウイスキーに挑戦してみるのがおすすめです。

シングルとダブルの違いは?

By: amazon.co.jp

居酒屋やバーなどでウイスキーを注文すると「シングル」と「ダブル」のどちらにするのかを聞かれることがあります。この場合のシングルとダブルはウイスキーの量を指しており、先ほどご紹介した種類とは関係がないのでご注意ください。

シングルの量は約30ml、ダブルの量は約60mlです。また、シングルとダブルの間をとった約45mlの「ジガー」と呼ばれる量も存在します。

飲み方の違いでこだわる

By: amazon.co.jp

ウイスキーはさまざまな飲み方が楽しめるお酒です。そのままストレートで飲むこともできますが、ウイスキーはアルコール度数が40〜50度前後と非常に強いので、初心者の方は必ず割って飲むようにしましょう。定番の割り方のひとつは、ウイスキーに炭酸水を加えた「ハイボール」です。爽やかな口当たりでありながら、ウイスキーの味をしっかりと感じられます。

大きな氷にウイスキーを注ぐ「ロック」も定番の割り方。ウイスキー本来の風味を楽しみたいけれど、ストレートで飲むのは強すぎるという方におすすめです。

こだわり派の方には、ウイスキーと常温の水を1:1の比率で加える「トワイスアップ」という飲み方がおすすめ。常温の水を用いることでウイスキーが冷えすぎず、芳醇な香りを楽しめます。

他にもウイスキーにお湯を混ぜる「ホットウイスキー」や、ウイスキーを丁寧に注いで水の上に浮かべる「ウイスキーフロート」などさまざまな飲み方があります。自分の好みに合う飲み方を見つけていくのも、ウイスキーの楽しみのひとつです。

日本のウイスキーと海外のウイスキーって何が違う?

By: amazon.co.jp

日本で生産されるジャパニーズ・ウイスキーは、もともとスコットランドのスコッチ・ウイスキーを参考にして作られたモノでした。味の特徴としては、スコッチ・ウイスキーらしいスモーキーな香りを残しながら、繊細な口当たりに仕上がっているのがポイントです。日本人の舌に合う味わいなので、初めてウイスキーを選ぶ場合はジャパニーズ・ウイスキーをチョイスするとよいでしょう。

ウイスキーの選び方

産地で選ぶ

各産地の特徴を把握すれば、自分好みのウイスキーが見つけやすくなります。たとえば、アメリカが産地のアメリカンウイスキーは甘みが独特で、カナダが産地のカナディアンウイスキーは口当たりが軽快です。

最初はどの産地のモノが自分の舌に合うのかなかなか判断しづらいので、ある程度ウイスキーを味わって絞り込んでいくのもよいでしょう。

予算で選ぶ

ウイスキーの価格はピンからキリまで。シングルモルト・ウイスキーは比較的高くなる傾向にあるので、リーズナブルな銘柄を探している方はブレンデッド・ウイスキーの中から見つけるのがおすすめです。

また、同じ銘柄でも熟成した年数によって価格が大きく変わります。中には数十万円する非常に高価なモノもあるので、ウイスキーを選ぶときは、予算にも気をつけながら探してみてください。

ウイスキーのおすすめ銘柄

ザ・マッカラン(MACALLAN) シングルモルト ウイスキー 12年

“シングルモルトのロールスロイス”と称されるスコットランド生まれのシングルモルト・ウイスキー。シェリー酒の空き樽を流用した「シェリー樽」で最低12年間熟成させることにより、香り高いフルーティーな味わいとなっています。このウイスキーを生産しているザ・マッカラン蒸溜所は、18世紀初め頃からその名が知られている名門。深い歴史を感じられるおすすめの1本です。

ジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER) ブラックラベル 12年

ジョニーウォーカーは、世界的に人気の高いスコッチウイスキーブランド。さまざまな蒸溜所から集めた原酒をブレンドしていて、スパイシーな風味と甘さ、そしてスモーキーな味わいが楽しめる贅沢なウイスキーです。12年以上熟成させることで生まれた味の奥深さも魅力のひとつ。ロックで飲むのはもちろん、ハイボールにすれば豊かな香りを楽しめるのでおすすめです。

カティサーク(CUTTY SARK) オリジナル

飲みやすいスコッチウイスキーを探している方におすすめの「カティサークオリジナル」。さまざまな最高級モルトを中心にバランスよくブレンドされているため、軽やかな口当たりに仕上がっています。ハイボールでいただくと爽やかな風味が楽しめるのでおすすめ。また、カクテルのベースとして使用するのにも適しています。価格も1000円前後なので、リーズナブルなスコッチウイスキーを選びたい方にもおすすめです。

シーバスリーガル(Chivas Regal) ミズナラ12年 ブレンデッドスコッチウイスキー

日本原産のミズナラ樽を使用しているウイスキー。厳選された質の高いモルトウイスキーとグレーンウイスキーがブレンドされており、繊細な味わいを楽しめます。日本のために開発されたウイスキーのため、日本人の舌に合うのも魅力。甘さと香ばしさが同時に感じられるおすすめの1本です。

タリスカー(Talisker) ウイスキー 10年

スコットランドのスカイ島にある蒸溜所で作られているスコッチウイスキー。異なる年代のウイスキーをブレンドすることで、力強さと甘さの入り混じる独特な味に仕上がっているのが特徴です。また、海水を感じさせるほのかな塩の香りも楽しめます。

アルコール度数は45.8%と若干高め。そのガツンとした味わいを堪能するためにも、飲み方はストレートやロックがおすすめです。

山崎(YAMAZAKI) シングルモルト ウイスキー

日本を代表するシングルモルト・ウイスキーの「山崎」。ミズナラ樽で貯蔵したモルトと、ワイン樽で貯蔵したモルトをそれぞれ使用することで華やかな香りを生み出しています。その味わいは甘くてなめらか。ロックや水割り、ハイボールなどさまざまな飲み方との相性がよく、贅沢な味わいを楽しめるおすすめのジャパニーズ・ウイスキーです。

白州(THE HAKUSHU) シングルモルト ウイスキー

豊かな森に囲まれた白州蒸溜所で作られているシングルモルト・ウイスキー。みずみずしさが特徴の大麦麦芽「ライトリーピーテッドモルト」を原料として使用しており、軽快でフレッシュな味わいが楽しめます。口に含むとスモーキーな香りがほんのり広がるのも魅力です。

飲み方は、白州が提案している「森香るハイボール」スタイルがおすすめ。ウイスキーと炭酸水を1:3〜4の割合で注いだ後、ミントの葉を添えることで爽やかな風味になります。もちろん、ロックや水割りなど定番の飲み方もおすすめです。

サントリー(SUNTORY) ウイスキー 角瓶

言わずと知れた定番のジャパニーズ・ウイスキー。”日本人の舌に合う日本のウイスキーをつくりたい”という思いのもとに誕生しました。甘い香りでありながら後味がすっきりしているため、ウイスキー初心者の方でも飲みやすく人気が高いです。角瓶と相性のよい飲み方はハイボール。口に広がる甘さとドライな後味を引き立ててくれます。

響(HIBIKI) サントリーウイスキー JAPANESE HARMONY

“日本の四季、日本人の感性、日本の匠の技でつくられたウイスキー”がコンセプトの響。豊富な種類の原酒がバランスよくブレンドされており、味わいの奥深さと柔らかさを両立させています。華やかに広がる香りも特徴。飲み方は、豊かな味わいを存分に楽しめるロックがおすすめです。

ブラックニッカ(BLACK NIKKA) リッチブレンド

髭を生やしたおじさんのロゴが特徴的なブラックニッカのブレンデッド・ウイスキー。シェリー樽で熟成させたモルトウイスキーと、希少な「カフェ式連続式蒸留機」によるカフェグレーンウイスキーを使用しており、芳醇な香りが楽しめます。豊かでコクのある味わいでありながら口当たりがよく、飲みやすいのも魅力です。

富士山麓(FUJI SANROKU) ウイスキー

樽から出したときの香味成分をキープしたジャパニーズ・ウイスキー。冷却ろ過をしないで瓶に詰める「ノンチルフィルタード製法」が用いられていて、ウイスキーのうまみ成分をしっかり閉じ込めています。アルコール度数は50度と高めです。

また、富士山麓はモルトウイスキーと混ぜ合わせるためのグレーンウイスキーに力を入れているのもポイント。こだわりがたくさん詰まった1本です。

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) シングルモルト 10年

「ブッシュミルズ」はアイルランドで生産されているアイリッシュウィスキー。通常のウイスキーは蒸留が2回程度のところ、ブッシュミルズは3回行うことでまろやかな味わいに仕上がっています。

また、スモークされていないモルトを使用していて、ウイスキー独特の臭みが軽減されているのもポイント。シェリー樽とバーボン樽で10年以上熟成されており、甘い香りが楽しめます。

ジェムソン(JAMESON) ウイスキー

「ジェムソン」はシェリー樽で熟成させた後、バーボン樽に移すことでバランスのよい風味に整えたアイリッシュウイスキー。3回蒸留を採用することで香ばしくて口当たりのよい味わいとなっています。ほのかにバニラの風味が感じられるため、甘みのある飲みやすいウイスキーを探している方におすすめです。

カネマラ(CONNEMARA) アイリッシュウイスキー カネマラ 700ml

4年熟成・6年熟成・8年熟成のモルト原酒をそれぞれブレンドさせたアイリッシュウイスキー。フレッシュな風味やフルーティーさ、バニラの香り、はちみつのような甘みも感じられるのが魅力です。口当たりがよくスムーズに飲めるのもポイント。ロックでウイスキー本来の味を確かめながら飲むのがおすすめです。

ターコネル(TYRCONNELL) アイリッシュウイスキー

大麦麦芽を2回蒸留しており、味に丸みのあるアイリッシュ・ウイスキー。原料に湧き水を使用することで、爽やかな後味に仕上がっており飲みやすいのが特徴です。

麦の味をしっかりと楽しみたいのであれば、ロックやストレートで飲むのがおすすめ。クリアな飲み口を楽しみたいのであれば、ハイボールにして飲むのがおすすめです。

ジムビーム(JIM BEAM) バーボンウイスキー

「ジムビーム」は世界的に人気が高いバーボンウイスキーです。「バーボン」とは、原料の半分以上がトウモロコシで作られているアメリカのウイスキーのことを指します。厳選された素材が使われており、トウモロコシが生み出す香ばしさを楽しめるのが魅力。バーボンを作るのに適した質の高い湧き水が使用されているのも特徴です。

ジャックダニエル(JACK DANIELS) ブラック

木炭を重ねて丁寧にろ過する「チャコール・メローイング製法」が採用されたアメリカ・テネシー州産のウイスキー。その製法と生産地からバーボンウイスキーとは区別されており、テネシーウイスキーという分類です。

12日間かけて丁寧にろ過しているのがポイントで、バニラやキャラメルを思わせる独特の香りとまろやかな味わいを楽しめるのが魅力。世界的に有名な銘柄で、瓶の見た目がクールなので贈り物にもおすすめです。

ワイルドターキー(WILD TURKEY) バーボンウイスキー 8年

アルコール度数が50度の力強いバーボンウイスキー。クロコダイルスキンと呼ばれる深い琥珀色が特徴です。原料となるライ麦と大麦麦芽の比率を上げているため甘さは控えめで、風味の豊かさとコクを強調しています。

ロックや水割り、ハイボールなど定番の飲み方で楽しむのはもちろん、カクテルのベースとして使うのもおすすめ。アメリカの歴代大統領も愛したプレミアムウイスキーです。

アーリータイムズ(EARLY TIMES) イエローラベル

1860年にアメリカで生まれたバーボンウイスキー。活性炭でろ過しており、不純物を取り除いたクリアな味わいに仕上がっています。熟成によって付いたバニラとキャラメルの香りも魅力です。

フルーティーながら後味にキレがあり、口当たりがよいのでスムーズに飲めます。バランスの取れたアメリカンウイスキーを探している方におすすめ。バーボンウイスキーの代名詞ともいえるロングセラー銘柄です。

カナディアンクラブ(CANADIAN CLUB) カナディアンウイスキー

「カナディアンクラブ」は、カナダのウイスキーを代表する銘柄。クセがないので飲みやすく、クリアな味わいを楽しめます。ロックで飲むのはもちろん、ハイボールやカクテルのベースとして味わうのもおすすめ。ウイスキー初心者の方でも非常に飲みやすい銘柄です。

アルバータ(ALBERTA) プレミアム カナディアンウイスキー

ライ麦を100%使用しており、豊かな香りが堪能できるカナディアン・ウイスキー。1946年創業の歴史ある「アルバータ蒸溜所」で作られています。ライ麦の味が強すぎず、滑らかな口当たりで飲みやすいのが特徴。ハイボールにして爽やかに飲むのがおすすめです。

ボウモア(BOWMORE) シングルモルト ウイスキー 12年

“ウイスキーの聖地”と呼ばれるアイラ島の蒸溜所で作られたシングルモルト・ウイスキー。海に面した貯蔵庫で熟成されているので、潮の香りも感じられる個性あふれる味わいとなっています。爽やかに香る柑橘の風味も魅力です。おすすめの飲み方はロック。複雑な味の中にあるコクを存分に楽しめます。

アードベッグ(Ardbeg) ウイスキー 10年

アイラ島で作られているシングルモルト・ウイスキー。強烈なスモーキー感があり、独特かつ個性の強い味わいが魅力です。

アルコール度数も46度と強めなので、ウイスキー初心者の方はハイボールや水割りでマイルドにしてから飲むのがおすすめ。ほんのりと甘みもあり、さまざまな味わいを楽しませてくれるのもポイントです。

ラガヴーリン(Lagavulin) ウイスキー 16年

洋ナシ型の蒸溜機を使用して、創業当初の製法を守りながら作り続けているアイラ島産のシングルモルト・ウイスキー。16年かけてしっかりと熟成しており、スモーキーかつフルーティーな個性ある味を楽しめるのが特徴です。上品な後味に仕上がっているので、その味を確かめながらロックで少しずつ飲んでみてください。

サリヴァンズ・コーヴ(SULLIVANS COVE) アメリカンオーク タスマニアン・シングルモルト

タスマニア島で作られた大麦を100%使用しているシングルモルト・ウイスキー。醗酵から蒸留、瓶詰めまでの全工程がタスマニア島で行われています。ほのかにハーブの香る芳醇な味わい魅力で、後味はスパイシー。飲んだ後の余韻をしっかりと楽しませてくれるウイスキーです。