ウイスキーの名産地で知られるスコットランド。スコットランドの南に位置するアイラ島で造られるウイスキーは「アイラモルト」と呼ばれ、数々の名高いウイスキーを生産しています。そのなかでも特に個性的な味わいで知られているのが「アードベッグ」で、日本でも熱狂的なファンが多い銘柄です。

今回は、「アードベッグ」の種類とそれぞれの味わい、おすすめの飲み方などを説明します。ウイスキー愛好家の方はぜひ参考にしてみてください。

アードベッグとは?

By: amazon.co.jp

アードベッグとは、スコットランドのアイラ島で造られているモルトウイスキー、「アイラモルト」の代表的な銘柄のひとつ。アイラモルトの特徴はスモーキーさですが、なかでも強烈なスモーキーさとピート香を持つのが、「アードベッグ」です。

ピートとは、暖房の燃料としてもしばしば使われる「泥炭」のこと。ウイスキーの製造過程では、原料の麦芽を乾燥させるときにピートを燃やして使います。

アイラ島は厚いピート層に覆わており、アイラモルトはピートを多く使用しているのが特徴。なかでもピート使用量が群を抜いているのがアードベッグで、強烈な個性を持つ銘柄として多くのファンに愛されています。

現在では、それぞれの味わいを持つ4種類が同シリーズでラインナップ。好みの味を見つけて、ぜひアードベッグを楽しんでみてください。

アードベッグの歴史

By: ardbegjapan.com

アイラモルトのなかでも、ひときわ個性の強いアードベッグを製造しているのが「アードベッグ蒸留所」です。創業は1815年。スコットランド・アイラ島の南部にある同蒸留所は、海山に囲まれた環境の恩恵を受けながら、さまざまな種類のアイラモルトを造っていました。

小さい蒸留所ながらも、個性溢れるウイスキー造りによって世界中で知られる存在となり、熱狂的なファンを抱えるまでに成長。しかし、1980年代の世界的なウイスキー不況によって、同蒸留所も1980~1989年、生産停止まで追い込まれてしまいました。

長い操業停止期間のあいだ、その技術と功績を惜しむ声があがり、1997年グレンモーレンジィ社が同蒸留所を買収。安定した創業が可能になり、現在に至っています。

何度も窮地に立たされたアードベッグ蒸留所。今では完全復活を果たし、世界中のファンの期待に応えるために、全4種類のアードベッグを生産しています。

アードベッグの製法

By: amazon.co.jp

アードベッグの製法の特徴は「ノンチルフィルタード」を採用していることです。チルフィルタードとは「冷却ろ過」を差す用語。一般的なウイスキーは瓶詰め前に原酒を冷却し、原酒と熟成樽からくるウイスキーのうま味成分を含んだ沈殿物を取り除きます。アードベッグは冷却ろ過を行わないので、ウイスキーが本来持つ味をダイレクトに楽しむことが可能です。

もうひとつ特徴的なのは、原料となる水。仕込みの水は、蒸留所近くにあるウーガダール湖の水を使用しています。アイラ島のピート層を流れている水なので、アードベッグの特徴であるスモーキーさやピート香に大きく影響しています。

アードベッグの種類

アードベッグ(Ardbeg) 10年

ラインナップされている4種類のなかでも、最初にトライしたいのがアードベッグ10年。アイラモルトを象徴する強烈なスモーキーさ、ピート香を感じられる味わいのなかに、柑橘系のフルーティーな香りが楽しめます。

野性味と繊細さのバランスがよく、2008年シングルモルトウイスキーとして初めて「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を獲得。個性が強く、アイラモルトらしさをもっともよく味わえる種類です。

アードベッグ(Ardbeg) アン・オー

バーボン樽・PXシェリー樽・新樽、それぞれの樽で熟成させた3種類の原酒を時間をかけてゆっくりとなじませたボトル。スモーキーさとピート香を残しつつも、角のとれた丸みのある味わいです。

桃やバナナといったみずみずしいフルーティーな香りと、なめらかでクリーミーな質感が特徴。シリーズのなかではクセが少ないので、4種類のなかでも初めてトライする方におすすめです。

アードベッグ(Ardbeg) ウーガダール

仕込み水の湖の名前「ウーダガール湖」の名をつけたボトル。シェリー樽熟成の原酒をブレンドし、シェリー樽由来の甘さやスパイシーさが感じられます。

スモーキーさと甘さが見事に調和しており、2009年、「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。チョコレートやレーズンを感じさせる甘みで、口当たりが柔らかく仕上がっています。

アードベッグ(Ardbeg) コリーヴレッカン

アイラ島付近にある世界で2番目に大きい渦潮「コリーヴレッカン」の名をつけたボトル。その名のとおり、力強くスパイシーな味わいが特徴です。2010年に「World’s Best Single Malt Whisky」を受賞。

強烈なスモークフレーバーとピート香を放ち、口に入れたときの第一印象はペッパーステーキのような刺激を与えます。後からブラックコーヒーやチョコレートを感じさせる余韻が長く続くのがポイントです。

フレンチオークの新樽で熟成させ、アルコール度数は57.1%。アルコール度数が非常に高いので、ウイスキー上級者におすすめの種類です。

アードベッグのおすすめの飲み方

アードベッグの魅力は個性の強さ。特徴であるスモーキーさやピート香りをダイレクトに楽しみたい方は、「ストレート」がおすすめです。また、ウイスキーと水を同量で割る「トゥワイスアップ」は、水を入れることによって香りが開くので、ストレートに比べて、より香りを楽しめます。

個性を和らげて飲みたい方や、アルコールがあまり強くない方は、水割りのほか、炭酸水と割った「ハイボール」がおすすめです。時間をかけてゆっくりと楽しみたい方は、氷を入れて「ロック」で楽しみましょう。