お酒が好きな方はもちろん、初心者にも飲みやすいのが「高級ウイスキー」。産地・原料・製造方法によって味わいが大きく異なるため、好みの銘柄を選ぶ楽しみがあります。

今回は、高級ウイスキーのおすすめ銘柄をご紹介。プレゼントに喜ばれる王道からトレンドの銘柄まで、幅広くピックアップしています。高級なウイスキーの選び方も解説するので、参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

高級ウイスキーの選び方

生産国で選ぶ

スコッチウイスキー

By: rakuten.co.jp

スコッチウイスキーとは、イギリス北部のスコットランド地方で造られるウイスキーのこと。世界5大ウイスキーのひとつであり、代表的なフレーバーには「スモーキーフレーバー」という独特の薫香があります。

スコッチウイスキーは、他国のウイスキーよりも非常に細かい定義が決められているのが特徴。「穀類を原料とすること」「酵母により発酵させること」「オーク樽で最低3年以上熟成させること」など、さまざまな条件を満たす必要があります。

また、スコットランドには約100の蒸溜所があるため、いろいろな味わいが楽しめるのも魅力。蒸溜所ごとの個性を感じながら、自分に合った銘柄を探す楽しみがある高級ウイスキーです。

アイリッシュウイスキー

By: amazon.co.jp

アイリッシュウイスキーとは、アイルランド共和国および北アイルランド産の穀類を原料として造られるウイスキーのこと。穀物の風味がしっかりと残っており、なめらかな飲み口と濃い味わいが特徴です。

かつてのアイリッシュウイスキーはアメリカを中心に世界各国で親しまれ、世界一の生産量を誇っていました。しかし、アメリカの禁酒法やスコッチウイスキーの誕生などにより人気は徐々に衰退。1920年代には、アイルランドで稼働する蒸溜所はわずか2つになるまで追いこまれてしまいます。

20世紀後半になると、新鋭蒸溜所の誕生や格式ある蒸溜所の復活により、再注目されるようになりました。生産量も少しずつ伸びており、日本で目にする機会も増えています。長い歴史に思いを馳せながら、じっくり味わいたい高級ウイスキーです。

アメリカンウイスキー(バーボン)

By: rakuten.co.jp

アメリカンウイスキーとは世界5大ウイスキーのひとつで、アメリカで造られるウイスキーの総称です。アメリカンウイスキーにもさまざまな種類がありますが、代表的なモノがバーボン。バーボンはトウモロコシ・ライ麦・大麦・小麦などを原料にして作られています。蒸溜所によって差はありますが、トウモロコシが割合を大きく占めているため、甘い飲み口が特徴です。

また、バーボンはバニラ・キャラメル・チョコレートのような香りが強く出るのも魅力。ストレートはもちろんカクテルベースにも使えるほど汎用性が高いため、いろいろな飲み方を楽しみたい方におすすめです。

なお、アメリカンウイスキーには、テネシー州で造られるテネシーウイスキーもあるので、併せてチェックしてみてください。

カナディアンウイスキー

By: amazon.co.jp

カナダの法律に基づき、カナダ国内で造られるウイスキーのことをカナディアンウイスキーといいます。世界5大ウイスキーのひとつであり、スコッチウイスキーと同様で生産量が多いのが特徴です。

カナディアンウイスキーは、5大ウイスキーのなかでも軽い飲み口が特徴。ソーダやジンジャーエールなどで割って飲むのが主流ですが、ストレートで楽しめる銘柄も多く出回っています。

ジャパニーズウイスキー

By: amazon.co.jp

ジャパニーズウイスキーとは、日本国内で造られるウイスキーのことです。日本で初めての本格的なウイスキーが発売されたのは、1929年のこと。他国のウイスキーと比べれば歴史は浅いですが、5大ウイスキーのひとつに数えられるほど世界から高く評価されています。

ジャパニーズウイスキーの特徴は、日本人の繊細な味覚に合わせて造られた奥深い味わい。スモーキーフレーバーがおさえられた銘柄が多く、さまざまな料理とも合わせやすいのも魅力です。

種類で選ぶ

シングルモルトウイスキー

By: amazon.co.jp

シングルモルトウイスキーとは、原料にモルト(大麦麦芽)のみを使い、ひとつの蒸溜所だけで造られたウイスキーのこと。甘くフルーティな味わいで、蒸溜所ごとの個性がはっきりと出やすいのが特徴です。

同じ原料を使っていても、製造工程や樽の種類、熟成期間などの条件は千差万別。さまざまな銘柄を飲み比べて、お気に入りの蒸溜所を見つけるのもおすすめです。

ブレンデッドウイスキー

By: amazon.co.jp

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして造るのが、ブレンデッドウイスキーです。数種類のモルトウイスキーを混ぜ合わせることで、深みのある味わいを実現。そこにグレーンウイスキーを加えることでまとまりのある味ができあがります。

シングルモルトウイスキーは蒸溜所の個性が強く出るのに対して、ブレンデッドウイスキーは飲み手を選ばずに楽しめるのが特徴。複雑な旨味と飲みやすさを両立しているため、ウイスキー好きな方はもちろん、初心者でも楽しめます。

グレーンウイスキー

By: rakuten.co.jp

グレーンウイスキーとは、トウモロコシや小麦などの穀類と麦芽を原料にして造られるウイスキーのことです。比較的風味が軽く穏やかな飲み口なので、「サイレントスピリッツ」とも呼ばれます。

グレーンウイスキーはブレンド用に造られるモノがほとんどなので、個性が強い銘柄は多くありません。ほのかな甘みと軽い飲み口で、ストレートでもすっきりと飲めるのが魅力。ウイスキー初心者や風味が強すぎるモノが苦手な方におすすめです。

価格帯で選ぶ

ウイスキーの価格帯は幅広く、1,000円前後で購入できるモノから10万円以上するモノまで実にさまざま。自分用として気軽に楽しむ場合は、4,000円前後のモノがおすすめです。この価格帯であれば、飲みやすく雑味の少ない良質なウイスキーが手に入ります。

上質な高級ウイスキーをじっくりと楽しみたい場合は、1万~2万円前後の銘柄がおすすめです。この価格帯になると、希少価値が高く世界的にも人気のある高級ウイスキーが手に入ります。予算や用途を考えながら、ぴったりな1本を選んでみてください。

飲み方に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

ストレート・ロック・ハイボールなどさまざまな飲み方ができるのもウイスキーの魅力です。ストレートでウイスキーを飲みたい方は、熟成年数が長いウイスキーを選びましょう。アルコールのトゲが少なくまろやかな味わいなので、ストレートでもスムーズに飲めます。

ロックでウイスキーを楽しみたい方は、冷えたり加水したりしても味がつぶれないウイスキーが適しています。内側を焦がした樽を使って熟成させたバーボンや、アルコール度数が50%以上ある強めのウイスキーを選んでみてください。

ハイボールに合うウイスキーを選ぶときは、コクや香りが強い銘柄をセレクトしましょう。ストレートではクセが強くて飲みにくいモノも、炭酸によって風味を和らげられます。また、ストレートでも楽しめるほど濃厚な高級ウイスキーを使って、リッチなハイボールを作るのもおすすめです。

プレゼントの場合は贈る相手の年代に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

かつて、20~30代の若い世代にはビールやワインなどが圧倒的な人気でした。しかし、最近はウイスキーを楽しむ方も増えているため、若い世代への贈り物としてもウイスキーはおすすめ。以前は飲みやすい銘柄を贈るのが定番でしたが、クセのある銘柄が喜ばれる場合もあります。好みの味や飲み方などを聞いてから銘柄をしぼるのがおすすめです。

ウイスキーを好む割合が増えてくる40~50代の方には、一風変わった銘柄を贈るよりも、王道のジャパニーズウイスキーなどがおすすめ。特に年代物は希少価値が高いため、ウイスキーが好きな方へのプレゼントに適しています。

プレゼントする際は、ぜひ贈る相手の年代に合わせて高級ウイスキーをチョイスしてみてください。

高級ウイスキーのおすすめ

ジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER) ブルーラベル

ジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER) ブルーラベル

「一万樽に一樽の奇跡」とも称される高級ウイスキー。スコットランド全域から厳選した、希少な原酒のブレンドによって生まれたスコッチウイスキーです。熟成を極めた原酒のみが「ブルーラベル」となる権利を得られます。

厳選されたモルトによる芳醇かつ力強い飲み口と、わずかに漂うスモーキーな風味が特徴。スコッチウイスキー特有のピート香も楽しめます。高級ウイスキーの上質な味わいをじっくりと楽しみたい方に適しています。

飲み方は、豊かで深い本来の味わいや香りを感じやすいストレートやロックがおすすめ。プレゼントにもおすすめの高級ウイスキーです。

グレンモーレンジィ(GLENMORANGIE) 18年

グレンモーレンジィ(GLENMORANGIE) 18年

「グレンモーレンジィ蒸留所」の伝統製法を継承する、熟練の職人により丹念に仕上げられたシングルモルトウイスキー。仕込み水にはハイランド地方に湧くミネラルたっぷりの硬水が使われ、原料にはスコットランドで収穫された大麦麦芽のみが用いられた、こだわりの高級ウイスキーです。

18年もの時間をかけじっくりと熟成されたレアモルトの深い味わいを楽しめます。芳醇で濃厚な風味が豊かに広がるのが特徴。フィニッシュはドライフルーツを想起する甘さに加えて、ドライな余韻が長く続きます。

また、アルコール度数が43%とやや高めながら、なめらかな口当たりで飲みやすいのも魅力。シングルモルトが持つ、芳醇で奥深い味わいを試してみたい方におすすめの高級ウイスキーです。

ザ・マッカラン(The MACALLAN) 12年

ザ・マッカラン(The MACALLAN) 12年

厳選されたシェリー樽によって、最低でも12年の熟成を行った原酒のみを用いている高級ウイスキー。シングルモルトのスコッチウイスキーを代表する銘柄のひとつです。

シェリー樽で熟成された原酒特有の、芳醇で深く華やかに広がる甘さと香りが魅力。その後、長く続くウッディでスパイシーな余韻が感じられます。人気銘柄を探している方におすすめの1本です。

シーバスリーガル(CHIVAS REGAL) 18年

シーバスリーガル(CHIVAS REGAL) 18年

85種類もの、複雑に絡み合う芳醇なアロマが楽しめるブレンデッドスコッチウイスキー。厳選されたスコットランド産のモルトウイスキーと、グレーンウイスキーの原酒をブレンドして造られた高級ウイスキーです。

ドライフルーツやバタートフィーのような濃厚な甘さに、スパイスを感じる香りが漂います。ダークチョコのコクや華やかな味わいも特徴です。フィニッシュはまろやかな風味が長く残ります。幾重に重なる、複雑かつ芳醇な味わいや香りがじっくりと堪能できるおすすめの高級ウイスキーです。

ジャックダニエル(JACK DANIELS) シナトラセレクト

ジャックダニエル(JACK DANIELS) シナトラセレクト

150年以上の歴史がある、アメリカの「ジャックダニエル蒸溜所」が製造する高級ウイスキー。ジャックダニエルはテネシーウイスキーを代表する銘柄として、海外や日本のウイスキー愛飲家から多くの人気を集めています。

本銘柄は、生前「ジャックダニエル」を愛したアメリカのシンガー、フランク・シナトラの生誕100周年を記念して生まれたプレミアムボトル。「シナトラバレル」という専用樽で熟成が行われ、濃厚かつ芳醇なコク深い味わいが魅力です。

オーク由来のスパイシーな風味に、バニラのような香りと上品でなめらかな味わいも楽しめます。本格的なテネシーウイスキーの味わいが堪能できる、おすすめの高級ウイスキーです。

ノブ クリーク(KNOB CREEK) バーボン ウイスキー

ノブ クリーク(KNOB CREEK) バーボン ウイスキー

アメリカの「ジムビーム蒸留所」が製造する銘柄。本銘柄は9年以上もの熟成が行われた高級ウイスキーです。

アルコール度数50%の力強い味わいが特徴。さらに、オーク樽由来のバニラやナッツを思わせる香りが広がり、マイルドでフルーティな味わいとキャラメルのような甘さも伴います。スモーキーな風味がかすかに感じられるのもポイントです。

後味には、コクのある甘い風味の長い余韻が続きます。ストレート・ロック・ハイボールなどで楽しむのがおすすめです。

ブラントン(Blanton’s) シングル・バレル・バーボン

ブラントン(Blanton's) シングル・バレル・バーボン

老舗の蒸留所「バッファロー・トレース蒸留所」で生まれた高級ウイスキー。騎手とサラブレットのキャップデザインと、八角形ボディのボトルデザインが特徴です。

原酒には、約8年間の熟成期間を経たモノだけを使っています。さらに、1樽ごとにテイスティングが行われ、そのなかから熟成ピークに達した原酒のみを厳選しているのも特徴です。

マイナス1℃にまで冷やされた原酒は、16層の特殊フィルターによるろ過が施されます。芳醇な香りが漂い、濃密で深い味わいを楽しめるのが魅力。職人がこだわり抜いて造りあげた、リッチな味わいを堪能したい方におすすめの高級ウイスキーです。

サントリー(SUNTORY) 知多

サントリー(SUNTORY) 知多

主原料にトウモロコシなどの穀類を使用したグレーンウイスキー。連続式蒸留器により蒸留され、その後熟成を行い仕上げています。サイレントスピリッツとも呼ばれる、軽やかでマイルドなテイストが特徴です。

また、雑味が少なくやさしい口当たりで飲みやすいのも魅力。初心者の方でもストレートやロックで飲みやすいほか、もちろん水割りやハイボールにしても楽しめる銘柄です。

イチローズモルト(Ichiros Malt) モルト&グレーン ワールドブレンデッドウイスキー リミテッドエディション

イチローズモルト(Ichiros Malt) モルト&グレーン ワールドブレンデッドウイスキー リミテッドエディション

埼玉県秩父市の「ベンチャーウイスキー秩父蒸留所」で製造されたジャパニーズウイスキー。複数のモルトとグレーンをブレンドしてバランスよく仕上げた、人気の高級ウイスキーです。

完熟プラムのようなマイルドな酸味に加えて、綿菓子を思わせる甘みが口に広がるのが特徴。なお、本銘柄は本来の自然な風味を守るため、冷却ろ過や人工着色を行わずに造られています。アルコール度数は48%と高めです。

イチローズモルト(Ichiros Malt) MWR ミズナラウッドリザーブ

イチローズモルト(Ichiros Malt) MWR ミズナラウッドリザーブ

ピートが強い原酒をブレンドして仕上げたジャパニーズウイスキー。ブレンドされた原酒は、ミズナラ樽で再熟成を行い、華やかで奥深い香りと味わいを楽しめるのが特徴です。

また、ピーテッドモルトならではのフルーティさも感じられます。さらに、熟した果実や干しブドウのような甘さに、ほのかにスパイシーな風味も感じられる、複雑な味わいが広がるのも魅力です。

余韻が長く続くのもポイント。日本にとどまらず、海外でも人気が高いおすすめの高級ウイスキーです。

サントリー(SUNTORY) シングルモルトウイスキー 山崎

サントリー(SUNTORY) シングルモルトウイスキー 山崎

日本の大手メーカー「サントリー」が展開し、海外からも高い支持を集めるジャパニーズウイスキーの人気銘柄。ミズナラ樽で貯蔵した原酒と、ワイン樽貯蔵の原酒をヴァッティングして生まれたシングルモルトウイスキーです。

重なり合った異なる個性が織り成す、やわらかで華やかに漂う香りが魅力。甘さを伴ってなめらかに広がる味わいも楽しめます。

水やソーダで割っても香りや味わいが崩れくいのがポイント。ハイボールや水割りで楽しむのにも適しています。高級ウイスキーとしては定番の銘柄なので、ウイスキーを好む方へのプレゼントにおすすめです。

サントリー(SUNTORY) 響 21年

サントリー(SUNTORY) 響 21年

サントリーウイスキーを代表する王道の人気銘柄のひとつ。21年以上もの長期間熟成させた、モルトとグレーンの原酒をブレンドして生まれた贅沢な1本です。

濃厚な甘みと奥深いコクが調和。飲み方は、長い熟成による上品で奥深い味わいをじっくりと楽しむためにも、ストレートやロックがおすすめです。ロックにすれば、氷の解け具合によって徐々に変化する風味も楽しめます。

サントリー(SUNTORY) シングルモルトウイスキー 白州

サントリー(SUNTORY) シングルモルトウイスキー 白州

南アルプスの美しい森に囲まれた場所にある「白州蒸留所」で生まれたシングルモルトウイスキー。仕込み水には、豊かな自然に包まれた南アルプスの清らかな天然水を使用し、ブレンダーによって厳選されたモルト原酒をヴァッティングして仕上げられた銘柄です。

さまざまなモルトのブレンドにより、複雑で奥行きのある個性的な味わいが楽しめます。みずみずしくフレッシュで若葉を思わせる香りや、キレよくスッキリとした味わいが魅力。ストレート・ロック・水割り・ハイボールなど、さまざまな飲み方に合うおすすめの高級ウイスキーです。

ニッカ(NIKKA) カフェモルト ウイスキー

ニッカ(NIKKA) カフェモルト ウイスキー

「ニッカウヰスキー」の伝統製法、カフェ式連続式蒸溜機によって製造されたシングルモルトウイスキー。カフェ式の製造方法だからこそ得られる、甘さや芳ばしさが楽しめる高級ウイスキーです。

軽くなめらかな口当たりで飲みやすいのが特徴。やわらかく広がるコクや、フルーティな味わいも魅力です。また、モルトの甘く芳ばしい、穏やかな香りも伴います。モルトの味わいを存分に楽しむには、ストレートやロックで飲むのがおすすめです。

ニッカ(NIKKA) 竹鶴 ピュアモルト

ニッカ(NIKKA) 竹鶴 ピュアモルト

上質なモルトのみを原料にして造られた高級ウイスキー。余市モルトと宮城峡モルトをキーモルトとした、高品質な1本です。

口当たりはなめらかで、華やかに広がるフルーティな香りを楽しめるのが特徴。モルトの厚みや、ピートのスモーキーでコク深い風味も堪能できます。

最後には、甘さと苦さが一体となったビターチョコを想起させる余韻が続きます。ストレートで楽しむほか、少しずつ水を加えながら味の変化を楽しむのもおすすめです。

ティーリング(TEELING) スモールバッチ

ティーリング(TEELING) スモールバッチ

アイルランドの「ティーリング・ウイスキー社」が生産している銘柄。アイリッシュのモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドし、ラム樽で追熟を行ったブレンデッドウイスキーです。

ラム樽に由来する上品な甘さに加えて、バニラにスパイスが絡み合うような香りが特徴。心地よい口当たりも楽しめます。ウッディな余韻が感じられるのも魅力です。

ブッシュミルズ(BUSHIMILLS) 21年

ブッシュミルズ(BUSHIMILLS) 21年

老舗の蒸留所「ブッシュミルズ蒸留所」で製造されているアイリッシュウイスキー。モルト原酒をオロロソ・シェリー樽とバーボン樽で19年熟成させた後、マデラ酒の樽で2年追熟して造られています。

合計21年という長期熟成がもたらす、豊かでなめらかな味わいが存分に楽しめるシングルモルトウイスキー。ダークチョコレートやトフィーのような甘さを感じる香りと、ドライフルーツを思わせる深い味わいが特徴です。

フィニッシュでは、ミントを想起させる爽やかな余韻が続きます。まずはストレートで試し、ロックや水割りで味の変化を楽しむのがおすすめの飲み方です。

ジェムソン(JAMESON) ボウ・ストリート 18年

ジェムソン(JAMESON) ボウ・ストリート 18年

「ジェムソン」が展開している高級ウイスキーです。3回蒸留した後に、ヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽で18年以上熟成した原酒をブレンド。その後、初使用のバーボン樽で熟成を加えて仕上げています。

なめらかな口当たりとバランスのよい味わい、豊かな風味が特徴。樽由来の芳醇な香りが漂い、深い甘さとスパイスのニュアンスも伴います。

なお、本銘柄はアルコール度数を調節せず、熟成後に直接瓶詰めされたカスクストレングスです。個体によってアルコール度数が異なる場合があるため、ご注意ください。

カナディアンクラブ(CANADIAN CLUB) 20年

カナディアンクラブ(CANADIAN CLUB) 20年

「C.C.」という愛称として親しまれ、世界的な人気を集める「カナディアンクラブ」の高級ウイスキー。上質なオーク樽で20年もの熟成が行われており、ふくよかでコク深い味わいが楽しめます。甘みがあり華やかに漂う香りも特徴です。

「プレ・ブレンディング」と呼ばれる製法により、まろやかさが増して飲みやすいのも魅力。クセが少なくスッキリとした飲み口で、ジンジャー割りやカクテルなどさまざまな飲み方で楽しめます。

クラウンローヤル(CROWN ROYAL) ブレンデッド カナディアンウイスキー

クラウンローヤル(CROWN ROYAL) ブレンデッド カナディアンウイスキー

1939年、英国王ジョージ6世がカナダに訪問する際に、献上酒として生まれた高級ウイスキー。王冠から着想を得たという優雅なボトルデザインが高級感を演出します。

コクと香りのバランスを追求してブレンドされた、奥深くまろやかな味わいが特徴です。口当たりは軽快で、クセが少なく飲みやすいのも魅力。高級ウイスキーのなかでは比較的入手しやすい価格なので、気軽に楽しみたい方におすすめです。