爽快なのどごしや芳醇な麦の香り、コクやキレを味わえるビール。ビールを楽しみたいけれどアルコールは飲めない、というとき大活躍するのが「ノンアルコールビール」です。国内メーカーはもちろん、海外メーカーも力を入れているジャンルで、個性豊かなビールが販売されています。

そこで、今回はおすすめのノンアルコールビールをご紹介。合わせてビールの選び方についても解説しているので、おいしいノンアルコールビールを探している方はぜひチェックしてみてください。

ノンアルコールビールの選び方

味で選ぶ

ノンアルコールビールはビールそのものの見た目ですが、その味わいはメーカーによってさまざま。また、製造国によっても製法が異なります。ドイツをはじめとする外国産の多くは、ビールを製造した後にアルコールだけを抜くのに対し、国内産は製造過程でビールの味に近づける製法が中心です。

ビールの味に近いことを重視するのであれば、製法もビールに近い方がおいしく感じられるので、外国産のモノがおすすめ。ただ、最近では国内産でも、麦芽100%が原料であり、麦の香りを感じられる味わいのモノが増えてきました。味に大きく影響する、製法・原料・添加物の有無は、事前にチェックするのがおすすめです。

カロリーで選ぶ

カロリーの低さが特徴のひとつでもあるノンアルコールビール。ゼロカロリーの製品だけでなく、「糖質」「プリン体」がゼロであると謳っている製品も豊富です。また、添加物がカットされている製品も増えてきました。

ただし、低カロリーだからといって飲み過ぎは禁物。ゼロカロリーと謳われているノンアルコールビールを飲む場合でも、炭酸で食が進んでしまい、唐揚げなど高カロリーなおつまみの食べ過ぎてしまう場合もあるので注意しましょう。

機能性表示食品かどうかで選ぶ

機能性表示食品とは「健康の維持や増進が期待できる働き」を事業者が消費者庁に届け出ることで、製品パッケージに分かりやすく表示できる食品のことです。特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品に続き、3つめの保健機能食品として注目されています。

ノンアルコールビールにも「食事の糖分の吸収を抑え、血糖値の上昇をおだやかにする」などの効果が期待できる機能性表示食品があるのもポイント。ビールのテイストを感じながら、健康にも配慮されているので、血糖値を気にしている方や高脂肪な食事が多い方向けのノンアルコールビールです。

ノンアルコールビールを飲んだ後の運転はOK?

酒税法上、アルコール分が1%未満である飲料は「酒類」には分類されず「ノンアルコール」としての販売が可能です。そのため「ノンアルコールビール」と謳われていても、実は0.99%までアルコール分を含んでいる可能性があります。

運転を控えている場合、念のためノンアルコールビールの摂取は避けるか、必ず「アルコール分0.0%」と表記されているモノを選びましょう。国内生産されているノンアルコールビールはアルコール分0.0%が主流ですが、外国のモノは微量ながらアルコールが含まれている場合があるので注意が必要です。

ノンアルコールビールのおすすめ銘柄

アサヒ(Asahi) ドライゼロ ノンアルコール 350ml

アサヒ(Asahi) ドライゼロ ノンアルコール 350ml

アルコール分・カロリー・糖質ともにゼロと謳われており、健康を気遣う方におすすめ。食事に合うキレのよいのどごしと、クリーミーな泡立ちも魅力のひとつです。

ビールに近い味わいを追求し、ビールを飲んでいるかのような満足感が得られると評判のノンアルコールビール。同シリーズには人工甘味料もゼロと謳われている「ドライゼロフリー」もあり、好みに合ったテイストを選べます。

アサヒ(Asahi) ヘルシースタイル ノンアルコール 350ml

アサヒ(Asahi) ヘルシースタイル ノンアルコール 350ml

「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」という健康機能が備わった、特定保健用食品(トクホ)のノンアルコールビール。トクホとは、その製品の効果や安全性について消費者庁の審査を受け、表示について許可が得られたものです。健康増進に対して役立つことが科学的根拠に基づいて認められています。

本製品は、脂肪の吸収を抑える効果が期待できる「難消化デキストリン」が含まれているのがポイント。アルコール分・カロリー・糖質ともにゼロと謳われているので、脂肪の多い食事が気になる方はもちろん、ビールに近いおいしさを楽しみたい方におすすめです。

アサヒ(Asahi) ドライゼロスパーク 500ml

アサヒ(Asahi) ドライゼロスパーク 500ml

500mlペットボトル仕様のノンアルコールビール。同社のノンアルコールビール「ドライゼロ」と比べて140%の強炭酸で、コクや味、香りの余韻をしっかりと楽しめるのが特徴です。

携帯性に配慮しており、移動しながらでも飲みやすいのもポイント。爽快感のあるのどごしを堪能できる1本なので、キンキンに冷やして飲むのがおすすめです。

サントリー(SUNTORY) オールフリー ノンアルコールビールテイスト飲料 350ml

サントリー(SUNTORY) オールフリー ノンアルコールビールテイスト飲料 350ml

ビールの香りとのどごしを徹底的に解析し、よりビールに近い味わいと飲みごたえを実現させた「オールフリー」。アルコール分・カロリー・糖質・プリン体のすべてがゼロと謳われており、まさにオールフリーであることが特徴です。

昼間にリフレッシュしたいとき、アウトドアで楽しみたいとき、スポーツの後などにも、いつでも安心してビールテイストが楽しめます。

また同シリーズは、コラーゲンが配合されたフルーティーな味わいの「コラーゲンリッチ」、ペットボトル入りで話題の透明なオールフリー「オールタイム」など、全4製品をラインナップ。2010年の発売以来、進化し続けているおすすめのノンアルコールビールです。

サントリー(SUNTORY) からだを想うオールフリー 350ml

サントリー(SUNTORY) からだを想うオールフリー 350ml

内臓脂肪が気になる方におすすめのノンアルコールビール。ポリフェノールのひとつとされる「ローズヒップ由来ティリロサイド」を含んでいるのが特徴で、体重と身長の関係から算出されるBMI(ボディマス指数)が高めの方におすすめの1本です。

原材料にこだわっているのもポイント。ビールと同じ二条大麦麦芽の一番麦汁を使っているほか、上品な香りと苦みが感じられるアロマホップ、さらに仕込み水は深層地下水を100%使用しています。

アルコールはもちろん、カロリーや糖類がゼロと謳われているのも魅力。味わいのクオリティだけでなく、健康志向の方はぜひチェックしておきましょう。

サントリー(SUNTORY) オールフリーコラーゲンリッチ 350ml

サントリー(SUNTORY) オールフリーコラーゲンリッチ 350ml

コラーゲン2000mg配合のノンアルコールビール。本製品はコラーゲンペプチドを使用しているのが特徴です。

原材料にもこだわっており、粒選り麦芽100%仕込みのほか、アロマホップは100%使用。仕込み水も天然水100%と、贅沢な味わいを堪能できます。美意識の高い方におすすめの1本です。

サントリー(SUNTORY) オールフリーライムショット 350ml

サントリー(SUNTORY) オールフリーライムショット 350ml

爽やかなテイストのノンアルコールビール。その名の通り、ライムの香りを加えているのが特徴で、飲みやすさを重視したい方におすすめです。

ビールと同じ二条大麦麦芽の一番麦汁を使っているほか、上品な香りと苦みがしっかりと感じられるアロマホップ、さらに仕込み水は深層地下水100%と、原材料にこだわっているのもポイント。さらに炭酸ガス圧を高めることで、よりライムのみずみずしさを引き立っています。

カロリー・糖質・プリン体がゼロと謳われているのも魅力。ビールと同じような雰囲気で、グビグビと飲めるノンアルコールを探している方はぜひ試してみてください。

キリン(KIRIN) 零ICHI ノンアルコール 350ml

キリン(KIRIN) 零ICHI ノンアルコール 350ml

キリンを代表するビールのひとつである「一番搾り」と同様の、「一番搾り製法」を採用したノンアルコールビール。麦汁ろ過工程において最初に流れ出る一番搾り麦汁を使う製法にこだわり、ビールに近いおいしさを追求しているのが特徴です。

アルコール分はゼロと謳われていますが、100ml当たりのカロリーは9kcal、糖質は2g、プリン体は0~2.3mgと、ゼロではないものの低く抑えられています。人工甘味料や着色料を使わず、麦本来の味わいを大切にしたおすすめのノンアルコールビールです。

キリン(KIRIN) パーフェクトフリー 350ml

キリン(KIRIN) パーフェクトフリー 350ml

アルコール分・カロリー・糖質ともにゼロと謳われているノンアルコールビール「パーフェクトフリー」。難消化性デキストリンが配合されているのが特徴で、“脂肪の吸収を抑える”“糖の吸収をおだやかにする”というダブルの効果が期待できます。

ビールに近い爽快感とのどごしのよさも魅力のひとつ。食事との相性がよいノンアルコールビールです。

サッポロ(SAPPORO) サッポロプラス 350ml

サッポロ(SAPPORO) サッポロプラス 350ml

初めてトクホのノンアルコールビールテイスト飲料として発売された「サッポロプラス」。糖の吸収を穏やかにする難消化性デキストリンが配合されているほか、アルコール分・カロリー・糖質・プリン体いずれもゼロと謳われているのが特徴です。

食事に合うすっきりとした爽やかなのどごしが魅力。おいしさと健康維持効果とのバランスがとれたノンアルコールビールです。

サッポロ(SAPPORO) 麦のくつろぎ 350ml

サッポロ(SAPPORO) 麦のくつろぎ 350ml

苦みの少ない白ビールのような飲み口の「麦のくつろぎ」。サッポロが独自に開発した、発酵由来の香り成分を組み合わせる「ナチュラル香味製法」によって、人工的な香りや後味が改善されているのが特徴です。ビールに近い自然な味わいが楽しめます。

フルーティーな香りと爽やかな口当たりで、ビールの苦みが苦手な方におすすめ。アルコール分・カロリー・プリン体がゼロと謳われていながら、自然な麦の味わいが楽しめるノンアルコールビールです。

サッポロ(SAPPORO) プレミアム アルコールフリー 350ml

サッポロ(SAPPORO) プレミアム アルコールフリー 350ml

麦芽100%麦汁を使用し、麦のうま味を引き出した「プレミアムアルコールフリー」。生産者と協力し合う「協働契約栽培」という取り組みから生まれた高品質の原料を使用しているため、ビールに近い味を再現しています。

ビール好きの方も満足できる味わいを追求した、コクとうま味のあるテイストが魅力。アルコール分はゼロと謳われており、100ml当たりのカロリーは12kcal、プリン体は4mgと低く抑えられています。

日本ビール(Nippon Beer) ノンアルコールビール 龍馬1865 350ml

2種のホップを使用した、麦芽100%の「龍馬1865」。麦の香りとほどよい苦みが特徴で、ドイツビールのようなしっかりとした味わいが楽しめます。ビールに近いおいしさがありながら、アルコール分・プリン体はともにゼロと謳われているのもポイント。

カロリーは100mlあたり11kcalと低く抑えられています。ビール好きの方にもおすすめの飲みごたえのあるノンアルコールビールです。

日本ビール(Nippon Beer) 忍者ラガー ノンアルコール 350ml

日本ビール(Nippon Beer) 忍者ラガー ノンアルコール 350ml

ハラル認証済みのノンアルコールビール。そもそも「ハラル」とはアラビア語で「許された」という意味で、「ハラル認証」とはイスラム教の戒律に則って調理・製造されたモノを指します。本製品にはしっかりと認証のロゴマークが入っているので、イスラム教徒(ムスリム)の方でも飲めるのが特徴です。

味わいとしてはドイツ産の麦芽を100%使用しており、香料・保存料・着色料・酸味料など、添加物を一切使用していないのも魅力。ノンアルコールビールながら麦の香りやコク、苦みもしっかりしているので、飲みごたえを求める方におすすめです。

パナバック(PANAVAC) ヴェリタスブロイ PURE&FREE 330ml

「ビールの原料は、大麦芽、ホップ、酵母、水のみとする」と定められた「ビール純粋令」を厳格に守り開発されたのが「ヴェリタスブロイ」。ビールを製造した後、最先端の技術でアルコールを抜く製造方法が採用されています。

ピルスナービールのようなほどよい苦みと爽やかなのどごしが特徴。アルコール分0.0%でありながら、本物のビールを飲んでいるような満足感が得られるノンアルコールビールです。

ビットブルガー(Bitburger) ビットブルガードライブ 0.0% 330ml

ドイツビールのトップメーカーであるビットブルガー醸造所が製造するノンアルコールビール。麦芽、ホップ、天然水を原料として、ビール本来の味わいが生かされているのが特徴です。

芳醇な香りとコク、ホップの爽やかな苦みを感じられるのが魅力。しっかりとした味わいのビールを好む方におすすめです。

エルディンガー(Erdinger) エルディンガー アルコールフリー 330ml

バイエルン地方を代表するヴァイスビアの醸造会社、エルディンガーのノンアルコールビールです。ヴァイスビアとは苦みの少ない飲みやすいビールで、白ビール、小麦ビールとも呼ばれます。

「エルディンガー アルコールフリー」は、まるでヴァイスビアそのものを飲んでいるかのような味わいと評価が高く、ビール好きの方におすすめ。強めの炭酸ガスが作りだすクリーミーな泡立ちも魅力です。ただし、アルコールが0.4%とわずかに含まれているので、運転を控えている方は注意しましょう。

富永貿易 ファインフリー ノンアルコール 350ml

富永貿易 ファインフリー ノンアルコール 350ml

日本人好みのドライテイストに仕上がっているノンアルコールビールです。厳選した麦芽エキスとホップオイルを使用することによって、口当たりはライトながらのどごしは爽快。さらに、フルーティーさが感じられるのも特徴です。

原材料に安全性の高い食物繊維「ポリデキストロース」が採用されているのもポイント。アルコールはもちろん、カロリー・糖類・プリン体がゼロと謳われているのも魅力です。価格帯としても比較的リーズナブルなので、コスパ重視の方やノンアルコールビールを普段飲みしたい方はチェックしておきましょう。