喉だけではなく心も潤してくれるビール。国内メーカーのビールを飲む機会が多いですが、たまには海外のビールをチョイスするのもおすすめです。

そこで今回は、海外ビールのおすすめをランキング形式でご紹介。世界各国のビールがネットで気軽に買えるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

海外ビールのおすすめランキング

第1位 ハイネケン(Heineken)

世界192ヵ国以上で愛飲されている、オランダ生まれのプレミアムビール。麦芽100%による深いコクと、独自に使用している「ハイネケンA酵母」由来のフルーティーな香りが特徴です。

緑のボトルにトレードマークの赤い星が映える、おしゃれなデザインも魅力。風味のバランスがよくさっぱりとした美味しさなので、ライトな飲み口の海外ビールを探している方におすすめです。

第2位 ギネス(GUINNESS) ドラフトギネス

アイルランド生まれの黒ビールです。麦芽とローストした大麦が織りなす、スタウトビール特有の苦みとほんのりとした甘みを楽しめる銘柄。樽から注いだような、なめらかでクリーミーな泡も魅力です。

なお、ビールをグラスに注いだら、そのまま約2分間待つのがポイント。すぐにでも飲みたい気持ちをぐっと抑えて待つと、グラスのなかで泡が落ち着き、よりクリーミーになった極上のギネスを楽しめます。

アルコール度数は4.5%と一般的なビールよりもやや低め。深いコクとバランスのよい味わいで飲みやすいので、ドライなビールが苦手な方や黒ビール初心者の方にもおすすめです。

第3位 ヒューガルデン(Hoegaarden) ヒューガルデンホワイト

ベルギーのヒューガルデン村で製造が始まった白ビール。小麦由来のフルーティーな甘みとオレンジピールのほろ苦さ、コリアンダーシードのスパイシーさが絶妙にマッチした、華やかな味わいが人気の銘柄です。

すっきりとした飲み口に仕上がっているので、ドライなビールが苦手な方でも飲みやすいのが特徴。ベルギービールを初めて飲む方にもおすすめです。

なお、よく冷やしたグラスに、冷たいビールを2回に分けて注ぐのがヒューガルデンの美味しい飲み方。最初に3分の2ほど注いだら、ボトルをゆすり、底に沈殿した酵母を残さないように注ぎ切るのがポイントです。

第4位 シメイ(CHIMAY) ブルー

シメイビールは、ベルギーで醸造されているトラピストビールの代表格。レッド・ホワイト・ゴールドといくつか種類があるなかで、ブルーはとくに人気の高い銘柄です。

色は赤みのあるダークブランで、カラメルのような香ばしさと柑橘系のフルーティーな香りが特徴。アルコール度数は9%とやや高めで、深いコクと重厚な味わいを楽しめます。

なお、シメイビールのなかでブルーは唯一ヴィンテージが記され、年ごとに味わいが変化するのも魅力。飲みごたえのある海外ビールを試してみたい方におすすめです。

第5位 バドワイザー(Budweiser) バドワイザー

アメリカを代表するプレミアムラガービールです。キレと飲みやすさに定評があり、世界85ヵ国で愛飲されている人気の銘柄。厳選素材を5週間かけてじっくりと丁寧に醸造しているため、なめらかですっきりとした味わいが特徴です。

苦みが少なく、さまざまな料理と合わせやすいのも魅力です。価格も安いので、初めての海外ビールにおすすめ。キンキンに冷やしてから飲むと、バドワイザーの美味しさがより一層引き立ちます。

第6位 カールスバーグ(Carlsberg) クラブボトル

厳選された麦芽を100%使用した、デンマーク生まれのカールスバーグ。麦の旨みをじっくりと引き出す「インフュージョン製法」とオリジナル酵母、さらにはアロマホップエキスで丁寧に仕上げた、すっきりとマイルドな味わいが人気の銘柄です。

なお、ボトルに描かれている赤い王冠は、1904年にデンマーク王室御用達として認められた際に加えられたモノ。1世紀以上にわたり、カールスバーグのトレードマークとして親しまれています。由緒あるビールをぜひ試してみてください。

第7位 エルディンガー・ヴァイスブロウ(Erdinger Weissbrau) エルディンガー ヴァイスビア

1886年ドイツ・バイエルン地方に創業された世界最大の小麦ビールメーカー、エルディンガー。瓶詰め後に二次発酵をしているため、酵母がボトル内に残っているのが特徴。きめ細かいクリーミーな泡とフルーティーで、さわやかな口当たりが人気の銘柄です。

冷やしても常温でも美味しく飲めるので、冷たいビールが苦手な方にもおすすめ。常温で飲むと、ビール本来の香りや甘みをよりしっかりと味わえます。クセや苦みがないため、さまざまな食事と一緒に楽しみたい1本です。

第8位 ラーデベルガー(Radeberger) ピルスナー

歴代の国王に愛された、ドイツ最古のプレミアムピルスナー。口に含むと円熟した独特の苦みが広がり、どっしりとしたコクとともにキレのある後味を堪能できるのが特徴です。

なお、ドイツの民間調査機関が実施した「2013年ビール顧客満足度」では、全ドイツビールのなかのトップに輝いたこともあります。伝統的なドイツビールを、ぜひ試してみてください。

第9位 ペローニ(PERONI) ペローニ ナストロアズーロ

1963年にイタリア・ローマで誕生したプレミアムビール。原材料には、専売特許であるノストラーノ・デリソラ種のトウモロコシをはじめ、ホップも二条大麦も高品質のモノを使用しています。

バランスのよい苦みと甘み、さらには柑橘類のスパイシーな香りが堪能できる、さわやかな口当たりが特徴。キレがよく、後味もすっきりとしているためどんな料理とも好相性。飲みやすいので、ドライなビールが苦手な方にもおすすめです。

第10位 イネディット(INEDIT)

「世界最高の料理の味を損ねることなく、料理を楽しみながら美味しく飲めるビール」というコンセプトから誕生した、スペイン生まれのイネディット。ビール特有の苦みやえぐみが少なく、芳醇な香りとクリーミーな泡立ちが特徴です。

飲みやすく、食事の味を引き立てるフルーティーで繊細な味わいも魅力。ワイングラスに注いで、香りを楽しみながらゆっくりと飲みたい方におすすめです。

第11位 ブルームーン・ブリューイングカンパニー ベルジャンホワイトエール

アメリカ生まれのクラフトビール。オレンジピールとコリアンダーシードをブレンドし、さわやかな香りと味わいに仕上げた1本。小麦とオーツ麦由来の、ほんのりと甘くクリーミーな口当たりが人気です。

なお、香りをしっかりと残すためにろ過処理をしておらず、ビールに濁りがあるのが特徴。ボトルを横に倒してコロコロと転がし、底に沈んだ酵母をしっかりと浮かせてからグラスに注ぐのが美味しく飲むポイントです。

第12位 クスケーニャ(CUSQUENA) クスケーニャ プレミアム

南米ペルーのクスコで誕生した地ビール。ボトルにはクスコの有名な石垣がデザインされており、ラベルにも世界遺産のマチュピチュが描かれたペルーを代表する人気の高い銘柄です。

麦芽100%とホップで造られたクセのないシンプルな味わいが特徴。ペルー料理はもちろん、トマトやチーズなどを使ったコクのある料理とも好相性です。めずらしい海外ビールを試してみたい方や、さっぱりとした口当たりのビールを好む方はチェックしてみてください。

第13位 クローネンブルグ(Brasseries Kronenbourg) クローネンブルグ1664ブラン

原料に小麦やコリアンダーなどを使用した、フランス生まれの白ビールです。苦みが少なく、甘い柑橘系の風味がほのかに広がる飲みやすい銘柄。シーフードサラダやフルーツとの相性がよいのが特徴です。

スタイリッシュな青いボトルに白と赤のラベルと、フランスをイメージさせるおしゃれなトリコロールデザインも魅力。やさしい口当たりのビールを好む方におすすめです。

第14位 ブンロート・ブリュワリー(Boon Rawd Brewery) シンハービール

1933年に誕生した、タイ王室お墨付きのプレミアムビール。ラベルに描かれた、古代神話に登場する伝統的なタイの獅子「シン」がシンハービールのトレードマーク。「ビア・シン」という愛称で親しまれ、世界50ヵ国以上で愛飲されている人気の銘柄です。

麦芽の芳醇な甘みとホップの苦み、さらにはスパイシーな味わいが特徴。さっぱりとした後味ながらしっかりとしたコクがあり、軽すぎないバランスのよさも魅力です。パンチの効いたエスニック料理や、辛い料理と一緒に楽しみたい方はチェックしてみてください。

第15位 フラーズ(Fuller’s) ロンドンプライド

イギリスを代表するプレミアムエールのひとつ、ロンドンプライド。ターゲット・チャレンジャー・ノースダウンという3種類の自家製ホップにクリスタルモルトを使用した、なめらかな口当たりと複雑な味わいが人気の銘柄です。

柑橘系とほのかなカラメルの香りを楽しめるのが特徴。さらに、口に含むと穏やかな甘みと香ばしい麦芽の風味が広がり、心地のよい苦みの余韻を堪能できます。ゆっくりと時間をかけて楽しめる、上品な海外ビールです。

第16位 ライオン・ブリュワリー(Lion Brewery) ライオンスタウト

スリランカを代表するビールメーカー、ライオン・ブリュワリーの黒ビール。モンド・セレクション最高金賞を獲得するなど、世界各国で評価を得ている銘柄です。

リキュールのような上品な甘さと香りと、ビターチョコレートのような濃厚なコクを味わえるのが特徴。あまり冷やし過ぎず、10~13℃で飲むのポイントです。

第17位 コナ・ブリューイング・カンパニー (Kona Brewing Company) コナビール

ハワイで人気のクラフトビールメーカーで醸造されている麦芽100%の地ビール。軽やかなホップの風味と、柑橘系のフルーティーな味わいが楽しめる1本です。

クセが少なくまろやかな口当たりで、飲みやすいのが特徴。ドライなビールが苦手な方や、コナビールを初めて飲む方の入門としてもおすすめの海外ビールです。

第18位 ピルスナーウルケル(Pilsner Urquell Brewery) ピルスナーウルケル

世界中で親しまれているピルスナービールの元祖、チェコのピルスナーウルケル。輝かしい黄金色ときめ細かくクリーミーな泡立ちが特徴で、麦芽の風味とホップのしっかりとした苦みを感じられる銘柄です。

なお、「ハラディンカ」と呼ばれる、チェコの伝統的な注ぎ方をするのが美味しく飲むためのコツ。グラスに注ぐ泡の量をたっぷりと指3本分にすると、甘みと苦みのバランスがとれ、よりクリーミーな喉越しを楽しめます。

第19位 タイガー(Tiger) タイガーオリジナル

シンガポールを代表する、タイガービール。東南アジアを中心に、ヨーロッパやアメリカ、中南米、オーストラリアなど世界75ヵ国以上で愛飲されている銘柄です。

原材料には、オーストリアとヨーロッパから仕入れている高品質なモノのみを使用し、丁寧に造られているのが特徴。ほどよい苦みとほのかな甘み、さらにはかすかな酸味がバランスよく調和した、さわやかな味わいを楽しめます。

第20位 コロナ(Corona) コロナ・エキストラ

世界中で人気を集めている、メキシコ生まれのプレミアムビール。すっきりとした軽い口当たりが特徴で、ビーチやバーベキューなど、アウトドアで飲むのにぴったりのさわやかな銘柄です。

おすすめの飲み方は、キンキンに冷やしたボトルの飲み口にカットしたライムを挿しこみ、そのままラッパ飲みする定番のコロナスタイル。家族や友達と、楽しく盛り上がりながら飲みたい1本です。

第21位 ケストリッツァー(Koestritzer) ケストリッツァー・シュヴァルツビア

文豪ゲーテがこよなく愛したといわれている、ドイツの伝統的な黒ビール。特別に栽培した春播大麦で造られている上品な銘柄で、グラスに注ぐとロースト麦芽の芳醇な香りを楽しめます。

クリーミーな泡とビターチョコレートのようなまろやかな苦みも魅力。コクがありながらすっきりとした喉越しなので、黒ビールが苦手な方でも飲みやすい1本です。

第22位 ブリュードッグ(Brewdog) パンク IPA

通常のラガービールの40倍ほどとされるホップを贅沢に使用している海外ビール。トロピカルフルーツやグレープフルーツのような甘くさわやかな香りと味わい、さらにはIPAらしい苦みの余韻をたっぷりと堪能できる1本です。

ちなみに、IPAとは「インディア・ペールエール」の略で、大量のホップ使ったビールスタイルのこと。香りと苦みを楽しめるビールを探している方におすすめです。

第23位 ヒナノ(HINANO) ヒナノビール

地上最後の楽園と称される、タヒチ生まれの南国ビールです。ホップの華やかな香りと、やや苦みのある爽快な味わいが特徴の銘柄。すっきりとした後味で、さまざまな料理と相性がよいのが魅力です。

ちなみに、「ヒナノ」とは、タヒチ語で「かわいい女の子」を意味する言葉。ラベルに描かれているパレオをまとったかわいらしい女性のロゴもおしゃれで、飲み終わった後のボトルは、インテリアのアクセントとして部屋に飾っておくのもおすすめです。

第24位 エーデルワイス(EDELWEISS) スノーフレッシュ

オーストリアの国花、エーデルワイスの名を冠した小麦ビール。2006年にフランスなどのEU諸国でテスト販売され、絶大な人気を獲得して本格販売に至った注目の銘柄です。

6種類のアルペンハーブをブレンドしているのが特徴。小麦由来のフルーティーな口当たりと、ハーブの華やかな香りを楽しめます。苦みが少なく飲みやすいおすすめの海外ビールです。

第25位 バルティカ(Baltika Brewery) バルティカ No.3

ロシア最大のビールメーカー、バルティカ。味わいとアルコール度数の違いによって番号が付けられ、本銘柄のNo.3は、バルティカシリーズのなかでも販売量がトップの看板アイテム。クリアな黄金色と、きめ細かい泡立ちが特徴です。

さっぱりとした口当たりながら、ホップの苦みと麦芽のコクをしっかりと感じられるのも魅力。クセが少ないので、ゴクゴクと爽快に飲める1本です。

海外ビールのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

海外ビールのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。