日々の晩酌のお供から、ホームパーティーのおもてなしまで、幅広いシーンで楽しめる「缶ビール」。最近は種類や銘柄が増えているため、飲み比べてみるのもおすすめです。その日のメニューやおつまみに合わせてビールを変えると新しい発見があり、より一層楽しめます。

缶ビールには、ビール・発泡酒・第3のビールがあり、特徴や価格が異なるのでどれを選べばよいか迷うものです。そこで今回はビールの種類や選び方を解説し、おすすめの製品をご紹介。最高の1本を選んで至福のひとときを楽しみましょう。

「ビール」「発泡酒」「第三のビール」の違い

「ビール」「発泡酒」「第三のビール(新ジャンル)」は原料や製法が異なるため、味や価格にも違いが出てきます。それぞれの特徴を知ると飲み方も変わってくるため、この機会に理解を深めておきましょう。

「ビール」の定義は「麦芽比率50%以上」で「副原料の重量が使われる麦芽の5%以内」であること。使用できる副原料は「麦・米・とうもろこし・こうりゃん・馬鈴薯」などと定められています。発泡酒・第三のビールと比べてビールが高価なのは、麦芽の使用量が多いほど酒税が高くなるためです。

発売と当時に売上を伸ばした「発泡酒」は「麦芽比率50%未満」または、麦芽比率が50%以上でも「ビールで使用できない副原料」や「規定量を超えて副原料が使われているもの」と定義されています。価格が高い発泡酒があるのは、麦芽比率を50%以上にしてビールに近い味を出しているためです。

今や大人気の「第三のビール」は「新ジャンル」とも呼ばれ、「麦や麦芽を使わない発泡性の醸造酒」と「麦芽比率50%未満の発泡酒に麦由来のスピリッツを合わせた発泡性のリキュール類」という2つのカテゴリがあります。圧倒的な安さは麦芽の使用量が少なく酒税が安いためです。

ビールの選び方

製造方法(発酵方法)で選ぶ

下面発酵で作られる「ラガー」

By: rakuten.co.jp

「ラガー」ビールは約10℃前後の低温で発酵させた酵母が下に沈むことから「下面発酵ビール」とも呼ばれます。下面発酵ビールは長期熟成を行うため、ドイツ語で「貯蔵」を意味する「ラガー」の名が付けられており、日本でも昔から親しまれているビールです。

低温で発酵・貯蔵されたラガービールはマイルドな味わいとすっきりしたのどごしが特徴。飲みやすい味のため世界中で造られています。ラガービールののどごしや美味しさを味わうには、しっかり冷やして飲むのがおすすめです。

ラガービールのなかにもさまざまな種類があり、それぞれに特徴が異なります。有名なのは「ピルスナー」や「シュバルツ」などです。ラガービール発祥の地として有名なドイツでもさまざまな銘柄が造られています。

上面発酵で作られる「エール」

By: amazon.co.jp

「エール」は下面発酵よりも高めの15~25℃で酵母を発酵させて造るビール。発酵の過程で酵母が上に移動することから「上面発酵ビール」とも呼ばれています。エール酵母を使用して造られるビールにはさまざまな色合いのモノがあり、目でも楽しめるのが魅力です。

エールビールの最大の特徴は、個性的な香りと豊かな味わい。アロマが感じられる香りのなかには麦芽やホップだけでなく果実香があるのも特徴です。まろやかな泡を味わった後に口内に広がる奥深い苦さにはエールの魅力が詰まっています。

エールビールが生まれたイギリスでは「ペールエール」や「スタウト」など、さまざまな種類が造られています。エールビールの豊かな味わいと香りを楽しむには、キンキンに冷やさずに程よく冷えた状態でゆっくり楽しむのがおすすめです。

コスパで選ぶなら「発泡酒」や「第三のビール」

By: kirin.co.jp

美味しいビールを毎日飲みたいけれどお金がかかる。この問題を解決するのが価格の安い「発泡酒」や「第三のビール」です。製品によってはビールの半値程度のモノもあるので、ビール好きな方にとってはなくてはならない存在となっています。

ビールと第三のビールをそれぞれ1年間毎日飲んだと仮定すると、約3〜4万円程度の差がでるため家族で楽しむ方にとっては大きな問題。仕事終わりやお風呂上がりにコストを気にせずにビールを楽しむなら、コスパのよい発泡酒や第三のビールを取り入れるのがおすすめです。

「クラフトビール」もおすすめ

By: amazon.co.jp

「クラフトビール」とは「小規模な醸造所で製造される多様で個性的なビール」のこと。日本では1994年の酒税法改正で規制が緩和され、小規模なビール醸造所が各地に誕生しています。大手のビールメーカーに比べると種類が豊富で個性的な味を楽しめるのが特徴です。

クラフトビールの魅力は造り手の努力がビールの味として伝わるところにあります。職人達は誰にも負けない芳醇な味と品質の高さを造り出すためにさまざまな工夫をしているため、そのストーリーを含めて楽しめるのも魅力。

大手メーカーの製品よりも流通量が限られているため割高ですが、ホームパーティーやバーベキューなど、ちょっと特別な日に楽しみたいビールです。

海外ビールもチェック

By: amazon.co.jp

世界各国で製造されているビールは国や地域によって特徴が異なります。日本ビールと海外ビールを飲み比べて味や香りの違いを探るのも楽しいものです。海外ビールをじっくり味わうと異国で好まれる食事に合う味になっていることも分かり、ビールの奥深さを感じます。

海外ビールには濃厚で芳醇な味と香りが特徴のモノやのどごしがよくすっきりモノまでさまざま存在します。缶のデザインもおしゃれな製品が多いので、飲んだ後に部屋に並べるとおしゃれです。気になる1本を見つけて自宅でじっくり味わってみましょう。

糖質オフかどうかで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ビールや発泡酒を毎日飲むと気になるのが糖質。一般的なビールは350mlで約150kcalあり、約10.5gの糖質が含まれています。この糖質とカロリーはダイエット中の方や糖質制限がある方には悩みの種です。

そこで注目したいのが「糖質オフ」の発泡酒や第三のビール。350ml当たりの糖質量が1.0g以下でカロリーも100kcal前後のモノが多いため、糖質やカロリーの摂取量を下げたい方に適しています。

最近は「糖質ゼロ」タイプのモノもあり、健康を意識している方におすすめ。特殊な製法で糖質量を限りなく0gに近くしており、350mlで30kcal前後とカロリーも低いのが魅力です。ビールや発泡酒に比べるとあっさりした味なので、物足りなさを感じる方は週に数回取り入れてみましょう。

缶ビールのおすすめ

サントリー(SUNTORY) ザ・プレミアム・モルツ

「プレモル」の愛称で親しまれている、芳醇な香りと深いコクが特徴のピルスナータイプのビール。麦芽の旨みをしっかり引き出す「ダブルデコクション製法」によって麦芽本来の旨みを引き出しています。肉料理や魚料理だけでなく、和食にも合うのが魅力です。

欧州産のアロマホップを100%、二条大麦麦芽を100%使用しているのもポイント。水にもこだわり、自然の地層でろ過された深層地下水を使用しています。プレモルの華やかな香りと深いコクは特別な日のディナーにもおすすめ。贈答品としても多くの方に選ばれています。

アサヒ(Asahi) スーパードライ

1987年に日本初の辛口ビールとして登場した「スーパードライ」は常にビールランキング上位に入る人気製品。日本人の口に合うラガータイプの辛口ビールは、高い発酵能力と洗練された味わいを醸し出す「アサヒ318号酵母」から生まれています。

原材料にもこだわり、世界中から品質の高いものだけを取り寄せているのもポイント。「洗練されたクリアな味、辛口。」を造るための製法を徹底し、雑味のないすっきりした味わいに仕上げています。どんな料理にもよく合うのどごしのよさがスーパードライの魅力です。

サッポロ(SAPPORO) エビスビール

1890年に発売されたエビスビールは麦芽100%のプレミアムビールとして、ハレの日に楽しまれてきたビール。大麦がしっかり感じられる味わいに重厚感のあるコクが加わり、ホップの苦味も存分に堪能できます。全体のバランスがよいラガービールなので、食後にゆったり飲むのにもおすすめです。

エビスビールの最大の魅力はきめ細かい泡。クリーミーでスイーツのように柔らかい泡を飲むのは、大人の贅沢な楽しみ。レトロな雰囲気のなかにも高級感を演出したデザインもおしゃれ。友人の家に招かれた際の手土産として持参するのもおすすめです。

サッポロ(SAPPORO) エビス プレミアムエール

国産のエールビールを楽しみたい方におすすめの製品。エビスプレミアムエールは、上面発酵による濃厚な香りと口のなかに余韻として残る苦みが特徴です。消えにくいクリーミーな泡が至福のひとときを味わえます。

欧州産の麦芽をたっぷり使用し、通常の1.5倍の時間をかけてゆっくり熟成させたその味は一日の疲れを癒すのに最適。グラスに注いだときの美しさも格別です。まったりした時間に濃厚なチーズやオリーブなどを合わせてじっくり味わうと美味しさが実感できます。

キリン(KIRIN) 一番搾り

一番搾り麦汁だけを使って製造する一番搾りは、日本人が好む味を研究したビール。「一番搾り製法」により雑味がなく上品なコクを感じられるのが特徴です。副原料を一切使わずに通常の1.5倍の麦を使用して製造されるため、贅沢なコクと香りを味わえます。

渋み成分をできるだけ減らすために「低温麦汁ろ過技術」を採用しているのもポイント。酸味や甘い香りが抑えられ、飲みやすいのが魅力です。淡い黄金色の一番搾りはピルスナータイプのラガービールで、和食にも洋食にもよく合います。

キリン(KIRIN) クラシックラガー

昭和の時代に大人達が飲んでいた瓶ビールの味を再現したクラッシックラガー。誕生から120年経った今も当時と同じ「熱処理製法」で造られています。コクのなかにしっかりした苦みが感じられ、これぞビールという味を堪能できるのが魅力です。

キリンには「クラシックラガー」と「キリンラガービール」があり、飲み比べるとクラシックラガーの方がどっしりした味わいを感じられるのが特徴。煮物や炒め物などといった和食に合わせると、懐かしい気分になり身も心も癒されます。

ヤッホーブルーイング よなよなエール

長野県軽井沢町にある「ヤッホーブルーイング」のよなよなエールは、口コミで広がり今ではコンビニなどでも販売されている人気製品。上面発酵で造られたその味はフルーティーでまろやかなのが特徴。やや濃いめの銅色で、グラスに注ぐときれいに輝きます。

よなよなエールはほんのりとした甘さもあり、香ばしい麦芽の風味も感じられるのがポイント。スパイシーな料理や塩辛い料理に合わせるとよなよなエールの甘さが引き立ちます。グリル肉・中華料理・ハーブ料理に合わせるのもおすすめです。

コエドブルワリー COEDO 瑠璃

埼玉県川越市にあるコエドブルワリーは、ビールの原料に薩摩芋を用いた「紅赤」で有名になったブルワリー。ドイツからブラウマイスターを招き、技術を磨いてさまざまな製品を生み出しています。原料や製法にもこだわっているのがポイントです。

瑠璃はピルスナータイプのビールでポップの苦みと香味のバランスが絶妙なのが魅力。すっきりした麦の味わいが心地よく、さっぱりした料理にもこってりした料理にもよく合います。モンドセレクション最高金賞も受賞している逸品です。

エチゴビール のんびりふんわり白ビール

日本で初めて国内製造のクラフトビールを生み出したエチゴビール。新潟県でピルスナーやエールに加えてスタウトビールなども製造しています。「のんびりふんわり白ビール」はその名の通り均質な白いにごりがあるヴァイツェンタイプのビールです。

本製品は「白熊さんとゆったりと過ごすひととき。」をコンセプトとして造られているため、リラックスできるようなふんわりやわらかな味わいが特徴。缶を開けると酵母由来のフルーティーで爽やかな香りが広がります。頑張った自分へのご褒美として飲むのにもぴったりです。

ギネス(GUINNESS) ドラフトギネス

アイルランド生まれのスタウトビールとして有名なギネスは世界150ヵ国以上で愛飲される人気者。ナッツやチョコレートのような甘みと、コーヒーのような香りを感じさせるスタウトビールの代表格として、日本でもさまざまな店舗で販売されています。

ドラフトギネスの最大の魅力はクリーミーな泡。一般的なビールの10倍ともいわれる300万個の泡で楽しい飲み心地です。上面発酵独特のまろやかで芳醇な味わいも特徴。ローストビーフやフライドチキンに合せるといつもより贅沢なディナーを楽しめます。

ベックス(BECK’S) ベックス

ドイツで一番輸出量の多い「ベックス」は、ポップの香りが心地よいピルスナータイプのビール。ドイツの厳しいビール純粋令に従って造られているため、麦芽・ホップ・水・酵母以外の副原料を一切使用していないのもポイントです。

甘みのある味わいでのどごしがよく、キレもあるのでしっかり冷やして飲むのに適しています。ドイツソーセージやステーキなどの肉料理によく合うビールです。

発泡酒のおすすめ

キリン(KIRIN) 淡麗極上〈生〉

発泡酒とは思えない力強い飲みごたえと爽快なキレが特徴。1998年に誕生してから7ヵ月あまりで約10億本を売り上げた実力で多くの人を魅了しています。2005年には麦芽の使用量を増やし、香りも改良されているのがポイントです。

麦芽のうまみをそのまま残す「麦芽うまみ仕込」と大麦のうまみを抽出する「大麦しっかり仕込」の「ダブル仕込製法」により、極上のキレを生み出しています。冷やせば冷やすほど美味しくなるその味は、スパイシーな料理にぴったりです。

アサヒ(Asahi) 本生ドラフト

コクとキレのバランスを高次元で実現した、飲みごたえのある発泡酒。副原料に国産米を採用し、しっかりしたコクを出しています。炭酸が強めでキリっとしているので、スーパードライに近い味を好む方におすすめです。

ホップの持つ力を十分に引き出すために、仕込みや発酵工程に改良を加えながら製造しているのもポイント。アルコール感の強い後味なので、味付けの濃い料理やおつまみによく合います。お財布に嬉しい価格の安さも魅力です。

アサヒ(Asahi) スタイルフリー

ビール業界初の「糖質ゼロ」ビールとして2007年に発売されたスタイルフリー。「ミュンヘン麦芽」を採用し、コクと飲みごたえにこだわっている発泡酒です。糖質ゼロビールにありがちな物足りなさを感じさせない爽快な味と価格の安さで支持されています。

飲みごたえの秘密は熱処理をしない「生製法」によるもの。カロリーも100mlあたり24kcalと低く、ダイエット中の方におすすめです。すっきりとしたコクと爽やかな飲みごたえのビールなので、バーベキューや肉料理によく合います。

サッポロ(SAPPORO) 極ZERO

「3つのゼロ!」で有名になった極ZEROは、プリン体も糖質も人工甘味料も限りなくゼロに近いビール。体のことを考えながらビールを味わいたい方におすすめです。飲み会が多い時期でも安心して飲めるだけでなく、価格も安いのが魅力です。

すっきりした味わいのなかにコクがしっかり感じられ、どんな料理にも合うのが極ZEROの魅力。さっぱりした和食やサラダなどの健康メニューに合わせれば、罪悪感も少なく楽しめます。

ユーロホップ(EUROHOP) ユーロホップ

ユーロホップはビール本場のベルギーで生まれた発泡酒。創業250年もの歴史があるブルワリーで、最先端の設備を使用して丁寧に造られています。麦芽を使った発泡酒に大麦主体のスピリッツをブレンドしており、麦の苦みとコクがしっかり感じられるのが特徴です。

口に含むと異国情緒が感じられるのもユーロホップの魅力。代表的なベルギー料理として知られる煮込み料理やグラタンによく合います。ベルギーを感じられる贅沢な味わいながら価格が安いので、お財布を気にせず飲めるのもポイントです。

第三のビール(新ジャンル)のおすすめ

サントリー(SUNTORY) 金麦

発売と同時に大人気となった金麦は、価格が安いにも関わらずビールに近い味わいを楽しめると評判の製品。国産麦芽を贅沢に使用し、天然水100%で仕込んでいるため、麦のうまみと澄んだ後味の絶妙なバランスを味わえます。

アロマホップとビターホップをバランスよく使用しているのもポイント。 三段階の温度帯によって丁寧に麦のうまみを抽出する「三段階うまみ抽出製法」が美味しさの秘密です。金麦は季節ごとに味わいを整えているため、四季の旬の料理によく合います。

サントリー(SUNTORY) 金麦 糖質75%オフ

金麦ブランドから発売されている「金麦 糖質75%」は、品質改良により二条大麦のなかでもうまみ成分を多く含む「旨味麦芽」を増量しているのがポイント。糖質オフビールとは思えない麦の旨味をしっかり感じられるのが魅力です。

天然水100%仕込みのすっきりした後味で、どんな料理にもよく合います。糖質が75%カットされており人工甘味料も香料も不使用なので、健康を気遣いながら毎日ビールを飲みたい方におすすめ。缶のデザインも爽やかで気持ちよく味わえます。

アサヒ(Asahi) ザ・リッチ

プレミアムビールのような味わいを追求して造られたザ・リッチ。麦芽の使用量に制限がある第三のビールを美味しく仕上げた秘密は、原麦汁エキスの濃度を約1.2倍に高めることで深いコクや味わいを生み出す「贅沢醸造」にあります。

最高級ホップとして名高いチェコ・ザーツ産の最高級ファインアロマホップを一部ブレンドしているのもポイント。原料のよさを引き出すために必要以上に熱を加えない「微煮沸製法」を取り入れ、華やかな香りが上品なビールに仕上げています。どんな料理にもよく合うのが魅力です。

サッポロ(SAPPORO) 麦とホップ 黒

黒ビールに近いコクを実現した麦とホップの黒は、「黒麦芽」を一部使用してじっくり時間をかけて熟成しているのがポイント。缶を開けると深みあるロースト香が辺り一面に漂います。価格が安いので手軽に黒ビールの味を楽しみたい方に最適です。

麦とホップだけを使用してすっきりした味わいに仕上げているため、黒ビールの独特な味が苦手な方でも飲みやすいのが魅力。ルビー色が美しい赤もあり、飲み比べてみるのもおすすめです。洋食や和食だけでなく、イタリアンにもよく合います。

キリン(KIRIN) 本麒麟

2018年の発売から累計出荷本数が10億本を超えた本麒麟。ドイツ産の「ヘルスブルッカーホップ」を一部使用し、通常よりも1.5倍長い「長期低温熟成」で深いコクと味わいを引き出しています。原料にも製法にも妥協を許さないのが美味しさの秘密です。

アルコール度数を6%とやや高めにして飲みごたえを出しているのもポイント。価格が安いのでケース買いもおすすめです。グラスに注ぐとホップの香りが漂い、旨味とコクでどんな料理にもマッチします。

キリン(KIRIN) のどこしZERO

プリン体ゼロ・糖質ゼロを謳っており、安心して飲める第三のビール。人気ランキングでも上位に入る「のどごし」のゼロタイプで、飲みごたえがあるのが特徴です。香料不使用で後味がすっきりしているため、料理にもおつまみにもよく合います。

特別な「発酵制御技術」を用いて酵母によるプリン体生成を抑えているのがポイント。350ml缶1本のカロリーが100kcal以下でアルコール度数も4%と低いため、軽く飲みたい日やお風呂上がりにおすすめです。