ビールの苦みが苦手という方におすすめなのが、白ビールやフルーツを使った「甘いビール」です。なかでも白ビールと呼ばれる種類は控えめな苦みと芳醇なアロマが特徴で、フルーツビールという種類にはフルーツの風味が効いた甘いものが多くあります。

一口にビールと言ってもさまざまな種類がありますが、なかでも海外の甘いビールのバリエーションは実に豊富。今回は、おすすめの甘いビールを国内・海外に分けて紹介します。

甘いビールの特徴は?

甘いビールとは、ビール特有の苦みが控えめで飲みやすいビールのこと。種類は主に「白ビール」と「フルーツを使ったビール」の2つです。白ビールは苦みが少なくほんのり甘い程度ですが、フルーツビールにはしっかりと甘い風味を持ったものがたくさんあります。

白ビールとは、原料に大麦だけでなく小麦を多く使用したビールのこと。一般的なビールと異なり、フルーティーでまろやかな味わいになるのが特徴です。

フルーツビールは、大麦とホップ以外の原料にフルーツの果汁を使ったビールです。日本ではラインナップが少ないものの、海外ではバリエーションも豊富。特にベルギーでは、ベリー類を使用したフルーツビールが伝統的に作られています。日本では、クラフトビールメーカーがその土地の特産物を使用して製造していることがあるので、気になる方はチェックしてみてください。

甘いビールができる仕組み

白ビールの原料には小麦が多く使われているため、バナナのような香りがついたビールができ上がります。また、ほかのビールに比べて苦味のもととなるホップが抑えられているのもポイント。麦本来の甘さを感じやすくなる傾向にあります。

また、フルーツビールが甘くなるのは、ビールに果汁が加えられているためです。製法は、醸造の途中で生の果実や果汁をビールに加えて木樽で熟成させる方法と、フルーツのエキスや香料をできあがったビールに加える方法の二通り。どちらも甘い果汁が直接ビールに加えられるため、飲んだ時に甘さを感じるビールができ上がります。

なお、フルーツビールは原材料に果汁を用いていることから、日本ではビールと表記されず「発泡酒」扱いとなっているので、商品を探す際は注意しておきましょう。

甘いビールのおすすめ|国内

サンクトガーレン パイナップルエール

サンクトガーレン パイナップルエール
ビールが苦手な方にも飲んでほしいという思いから、甘いフルーツビールの製造に力を入れるサンクトガーレンが春夏期間に販売するパイナップル味の甘いビール。手間ひまをかけ、生の果実にこだわって醸造された一本です。

パイナップルの香りのフレッシュさを保つために、機械を使わず手作業で果肉を切り分けるというこだわりも持っています。また、ビールの発酵前に生の果実を加え、麦汁と一緒に発酵させているのがポイント。甘みが強すぎず泡までしっかり風味が移っているので、ジューシーなパイナップルの香りが口いっぱいに広がるビールです。

南信州ビール アップルホップ

南信州ビール アップルホップ
信州特産のりんご果汁をたっぷり絞った、爽やかな風味の甘いフルーツビールです。本銘柄を醸造している南信州ビールは、長野県のクラフトビールメーカー。中央アルプスの雪解け水を含んだ良質な水を利用して、エール系のビールを製造しています。

本銘柄は、りんごのすっきりした酸味と甘み、厳選されたホップの風味がバランスよくマッチし、ビールが苦手な方でも飲みやすい味わいが魅力。甘酸っぱい味は仕事で疲れた日の気分転換や、飲み会後半のお口直しにもおすすめです。

木内酒造 常陸野ネストビール ホワイトエール

木内酒造 常陸野ネストビール ホワイトエール
常陸野ネストビールは、茨城県の酒造が作るクラフトビールのブランドです。フクロウのラベルがかわいく、ひと際目を引きます。1997年のインターナショナルビアサミット金賞を受賞したのを機に輸出を始め、海外で人気の高いブランドです。

本銘柄は同ブランドのなかでも特に人気のある、小麦を原料とした白ビール。小麦の爽やかな酸味と、コリアンダーやオレンジピール、ナツメグなどのスパイスの風味が醸し出す絶妙なハーモニーが感じられます。フルーツビールではないのでほんのり甘い程度ですが、柑橘系の香りがフルーティーでまろやかなビールです。

ヤッホーブルーイング 水曜日のネコ

ヤッホーブルーイング 水曜日のネコ
ヤッホーブルーイングは、海外で飲んだエールビールに魅せられた創業者が、日本の酒税法改正を機に、長野県軽井沢で設立したクラフトビールメーカーです。さまざまなスタイルのエールビールを製造しており、飲みやすい風味とおしゃれなパッケージで女性からも人気があります。

本銘柄はベルジャンホワイトエールというタイプの白ビール。原料に使われたオレンジピールと小麦によって甘酸っぱい味がし、青リンゴのような爽やかな香りがフルーティーさを引き立てます。かわいいネコのデザインが可愛らしいおすすめの甘いビールです。

甘いビールのおすすめ|海外

ブーン クリーク

ブーン クリーク
ベルギー特有のランビックビールに、クリーク(さくらんぼ)を漬け込んで発酵させたフルーツビールです。オーク樽で約1年間寝かせて作られます。時間と手間をかけて作られたフルーツビールは、甘さが強すぎることもなく、ほんのりした甘みと酸味のバランスが絶妙。

ホップの香りや炭酸と合わさって、カクテルとは違うフレッシュさや奥深さが味わえます。2014年にはワールド・ビア・カップで金賞を受賞しており、世界的にも評価が高い銘柄です。ラベルに表示された数字は、さくらんぼの収穫年を表していて、年度によっても味の違いを楽しむことができます。

シェッファーホッファー グレープフルーツ

シェッファーホッファー グレープフルーツ
シェッファーホッファーは、ドイツでは南部特有だった白ビールを全土に広めたことで有名な1978年に発売された比較的新しいブランドです。本銘柄は、エレガントで華やかな味わいのシェッファーホッファー・ヘフェヴァイツェンに、グレープフルーツジュースを中心とした柑橘系のジュース数種類をミックスした甘いフルーツビール。

アルコール度が2.5%と低いためライトな味わいで苦みをほとんど感じずに飲めるため、お酒が弱い方にもおすすめです。ちなみに、本場ドイツではランチタイムやスポーツ観戦時のドリンクとして若い世代に人気があります。

リンデマンス カシス

リンデマンス カシス
リンデマンスは、ベルギーのランビック地方でのみ生産される野生酵母で発酵させて作るランビックビールを醸造している醸造所です。本銘柄はランビックビールにカシスの天然果汁を加えて作った甘いフルーツランビックです。

グラスに注ぐと濃いルビー色が美しく、濃厚なカシスの香りが漂います。甘ったるさはなく、控えめな甘みと酸味のバランスよさが魅力で、すっきりした喉越しが特徴。食前酒や食後のデザート酒としておすすめです。

ルフェーブル醸造所 ニュートン

ルフェーブル醸造所 ニュートン
白ビールに青りんごの果汁を加えて作ったベルギー産の甘いフルーツビールです。青リンゴそのもののような爽やかな香りと、すっきりとしたのど越しが楽しめます。アルコール度数が低いので、ホームパーティのウェルカムドリンクにもおすすめです。

ベルジャンホワイトという白ビールがベースのため、色は少しにごりのある明るいイエロー。鮮やかな緑色の瓶もおしゃれですが、グラスに注いでも美しく映えます。甘酸っぱい青リンゴの風味が強く、苦みがほとんど感じられないのでジュース感覚で飲めるビールです。

ヴァンホンセ・ブロック セントルイス プレミアムピーチ

ヴァンホンセ・ブロック セントルイス プレミアムピーチ
ベルギーの一部地方でのみ作られるランビックビールをベースに使用したフルーツビールです。同醸造所のセントルイス・プレミアムシリーズは、フルーツランビックのなかでも酸味が少ないのが特徴。本銘柄はピーチの華やかでエレガントな香りと甘みが存分に感じられます。

フルーツのフレッシュな果実味が堪能できるビールとして、現地でも人気を博している銘柄です。低アルコールなので心地よい酔いが得られるのもポイント。飲み口はライトですが、桃の甘さが強めに効いているので、より甘いビールを試してみたい方におすすめです。

エルディンガー・ヴァイスブロイ エルディンガー ヴァイスビア

エルディンガー・ヴァイスブロイ エルディンガー ヴァイスビア
エルディンガーは1886年創業で、ヴァイツェンスタイルのビールの生産量において高い世界シェアを有しています。本銘柄は、苦みが控えめでクリーミーな口当たりが魅力の白ビール。酵母をろ過せずに瓶詰めしているため、開栓時には熟した果実のような甘い香りが漂います。

小麦由来の甘くフルーティーな味わいで飲みやすく、ビールが苦手な方にもおすすめ。あまり冷やさずに飲むと、より甘みが感じられます。さらっとした喉越しで引っ掛かりがなく、食中酒に最適。どんな料理とも合わせやすいおすすめの甘いビールです。

モルソン・クアーズ ブルームーン

モルソン・クアーズ ブルームー
ベルジャンホワイトスタイルのビールにオレンジピールで甘い香りを加えた、アメリカ生まれの白ビール。本銘柄は無ろ過のため、芳醇な香りが楽しめ、少しにごりのある黄金色の色みに仕上がっているのが特徴です。

コリアンダーシードのフルーティーなアロマが心地よく鼻を抜け、爽やかなフレーバーが楽しめます。口当たりはクリーミーで、柑橘系の甘みのあとに、オレンジピールや少しスパイシーな刺激が加わる複雑な風味が感じられるため、じっくり味わって飲みたいビールです。

日本ビール レモンビール

日本ビール レモンビール
海外ビールの輸入販売に力を入れる企業が、国産ライセンスを取得して販売するアメリカのビールです。すっきりとした苦みの少ないビールにレモン果汁を加えているため、フレッシュで爽やかな風味が味わえます。

ほんのり甘い程度の甘さで飲みやすく、料理の味を邪魔しないので食中酒にもぴったり。甘すぎるカクテルが苦手な方にもおすすめできます。濃い味の料理に合わせたり、暑い季節にさっぱり喉を潤したりするのにも最適です。