ベトナムは、東南アジアでトップクラスのビール消費量を有する、世界有数のビール大国です。ほかのお酒よりもビールをこよなく愛する国民性のため、「ベトナムビール」にはたくさんの銘柄があります。また、クセがなく飲みやすいので、旅行のお土産としても人気です。

ベトナムビールを試してみたいけど、どれを買えばよいのかわからないという方のために、今回はベトナムビールのおすすめ銘柄をご紹介します。

ベトナムビールの特徴は?

ベトナムビールの歴史

ベトナムにビールが持ち込まれたのは、1890年代のフランス統治時代と言われています。その後1960年代に始まったベトナム戦争中に、国民の間でビールが普及。戦時中のため主食の米が不足していた一方で、ビールの原料である麦は入手しやすかったため、生ビールを飲んで楽しむ文化が生まれました。

現在のベトナムは、ビールの消費量も生産量も世界トップクラス。ベトナムでは、「ビア・ホイ」と呼ばれるビアホールで生ビールを飲むのが一般的です。生ビールだけでなく缶や瓶のビールも含め、多くの銘柄が販売されています。

また、ベトナムでは、外国産ビールも人気です。世界的ビールメーカーであるドイツの「ハイネケン」やデンマークの「カールスバーグ」、日本の「サッポロビール」などもベトナムのビール市場に参入しており、現地でオリジナルの銘柄を販売しています。

ベトナムビールの味

ベトナムビールは、日本のビールに比べるとライトな飲み口の銘柄が主流です。ベトナムは暑い季節が長いので、水のように飲みやすいビールが好まれます。そのため、日本のビールのように苦みやドライなキレを楽しむ銘柄は少ないので注意しましょう。現地の食堂などではビールに氷を入れて提供されることもあるので、味はさらに薄く感じられます。

ベトナムビールの軽い口当たりは、エスニックな香りの強い料理に最適です。また、なかには甘い口当たりの銘柄もあり、食欲を引き立てる後引く味わいから、人気を博しています。

ベトナムビールの価格

価格の安さもベトナムビールの特徴です。現地のベトナム人が「ビア・ホイ(ビアホール)」で好んで飲む生ビールは、日本円にして1杯30円前後。スーパーなどで売られている缶・瓶ビールも、大体50円ほどで購入できます。

同程度の価格で清涼飲料水が買えることからも、ベトナムにおけるビールの安さがわかります。また日本のビールと比べると、缶・瓶ビールの容量が多いため、よりお買い得。ベトナムに旅行へ行った際のお土産としておすすめです。

当然ですが、日本国内へ輸入されたものは割高なので、現地のようなリーズナブル価格では購入できないため、注意しましょう。

ベトナムビールのおすすめ

サベコ・ブルワリー サイゴンビール

サベコ・ブルワリー サイゴンビール

ホーチミンの若者たちにも人気のある、代表的なベトナムビールです。ホーチミン市内の飲食店には必ずあり、「ビア・サイゴン」と呼ばれ、愛飲されています。ホーチミンに拠点を置く大手ビールメーカーの銘柄です。

アルコール度数は5%。麦芽・ホップ・米を低温でじっくり発酵させる下面発酵により、ドライでさっぱりとした飲み口を実現しています。薄味なのでビールが苦手な方にもおすすめ。合わせる料理としては、マイルドなココナッツベースのベトナムカレーが適しています。

サベコ・ブルワリー 333バーバーバー

サベコ・ブルワリー 333バーバーバー

「ベトナムビールといえば、333バーバーバー」と謳われている有名なベトナムビールです。ベトナム国内でのシェア率はおよそ70%と言われています。そのほか、東南アジア・フランス・アメリカ・オーストラリアなど世界各国で販売されている銘柄です。

アルコール度数は5%。泡立ちがよく、クセのないすっきりとした味わいが特徴です。フォー・生春巻き・バインミーといったベトナム料理ともよく合います。炭酸が強めなので、暑い季節に最適です。また、本銘柄はネーミングも印象的。ベトナムでは数字の3は縁起が悪いとされていますが、333の合計は9になるため、本銘柄は幸運のビールとして愛されています。

ベトナム・ブリュワリー ラルー

ベトナム・ブリュワリー ラルー

トラをモチーフとしたラベルが印象的なベトナムビール。ダナンを中心としたベトナム中部で特に人気があります。ラルーが誕生したのは、ベトナムがフランス統治下にあった1909年。フランス人のビクター・ラルーという人物がフランスビールの味を再現すべく醸造したと言われています。

100年以上の歴史を持つラルーは、東南アジアで最も伝統のあるビールの1つ。味わいとしては、フルーティーな香りと、少し酸味のある口当たりが特徴です。すっきり爽快なのどごしが得られるので、味の濃い料理やおつまみと一緒に飲むのに適しています。

サベコ・ブルワリー サイゴンスペシャル

サベコ・ブルワリー サイゴンスペシャル

ベトナムの大手ビールメーカーが作ったプレミアムビール。副原料は一切使わず、ヨーロッパやオーストラリアなどから仕入れた大麦を100%使用しています。ライトなベトナムビールのなかでは珍しく、濃厚な麦の香りと味を楽しめるビールです。

泡立ちのよい黄金色のピルスナーで、爽快感のあるドライなのどごしがあるので、蒸し暑い日本の夏に最適。合わせる料理としては、香辛料のきいたアジアンフードやバーベキュー料理などがおすすめです。

ハノイビール ビアハノイ

ハノイビール ビアハノイ

ビアハノイは、ベトナム北部で高い人気をもつベトナムビール。100年以上の歴史を有する国営のハノイビールによって造られており、ベトナムの首都ハノイのレストランやお店で提供されることが多い銘柄です。ベトナム食品展覧会で金賞を5回獲得したほど、ベトナム国民に愛されています。

本銘柄の魅力は、すっきりとしていながらもコクのある味わいです。グラスに注いだときの香りが爽やかで、口に入れるとフルーティーな香りが楽しめます。苦みと香りのバランスがよいため、ベトナムビールを飲みなれていない方にもおすすめです。

カールスバーグ・ベトナム フーダ

カールスバーグ・ベトナム フーダ

ベトナム中部に位置する古都・フエで人気のあるビールです。デンマークの大手ビールメーカーであるカールスバーグ社の技術に基づいて生産されています。銘柄の「フー」はフエ、「ダ」はデンマークの意味。味わいが似ていることから、カールスバーグのビールが好きな方にもおすすめです。

原料には、麦芽とホップを使用しています。味わいはライトですが、ほのかな麦の香りが立ち上るのが特徴です。ベトナムビールによくある甘さはあまりなく、すっきりとしたキレがあるのもポイント。アルコール度数は4.7%とやや高めですが、飲みやすく、万人受けするビールです。

ダイヴィエット ダークビール

ダイヴィエット ダークビール

ベトナムビールで唯一の黒ビール。液体部分の色はブラウンブラックで、きめ細かい泡の色はブラウンです。ダーク・ラガータイプのビールらしく、焙煎したモルトの甘みをきかせた味わい。ほのかな酸味もあるので、いわゆる黒ビール特有の重々しさはなく、すっきりと軽快に飲めます。

原料は麦芽・ホップ・砂糖で、米が使われていないのもポイント。アルコール度数は5.9%と高めですが、砂糖と焙煎されたモルトの甘さが感じられるので、料理と合わせてグイグイと飲めてしまう銘柄です。

ベトナム・ブリュワリー ラルー エクスポート

ベトナム・ブリュワリー ラルー エクスポート

ベトナム中部の都市・ダナンで絶大な人気をもつラルーの国外向けの銘柄です。トラをモチーフとしたラベルが青色ではなく赤色になっています。

発泡酒のようなふんわりした泡立ちで、液体部分は黄金色。海外向けにドライに造られていますが、ベトナムビール特有の甘さもほんのりと感じられます。日本のビールよりも薄味なので、暑い日にごくごく飲みやすいビールです。