世界的に高い人気を集めており、日本でも話題の「クラフトジン」。通常のジンよりも個性が強いので、銘柄によって異なる風味を楽しめるのが魅力です。独自のボタニカルを採用するなど、素材にこだわったモノが多いため、上質で味わい深いジンを楽しみたい方にも適しています。

そこで今回は、クラフトジンのおすすめ銘柄をご紹介。定義や味の特徴も解説するので、クラフトジン初心者の方もぜひチェックしてみてください。

クラフトジンとは?

クラフトジンの定義

By: amazon.co.jp

クラフトジンは蒸留酒「ジン」の一種です。明確な定義はありませんが、主に小規模な蒸留所で造られる個性の強いジンが「クラフトジン」と呼ばれます。通常のジンでは使われない蒸留所特有のボタニカルが使われていたり、伝統的な製法が採用されていたりと、こだわりを持って造られているのが特徴です。

クラフトジンの味

By: amazon.co.jp

通常のジンと比べて個性が強いクラフトジンですが、その味は蒸留所や銘柄によってさまざま。複数のボタニカルをふんだんに使用した銘柄が多いため、複雑な香りと一緒に奥深い味わいが楽しめます。

また、沖縄のクラフトジンなら「シークヮーサー」、北海道のクラフトジンなら「日高昆布」というように、その土地を感じられるモノが素材として使われているのもクラフトジンの大きな魅力です。ぜひ、生産地ごとの味わいを堪能してみてください。

クラフトジンの選び方

使われている素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ジンはジュニパーベリーを使用していれば、ほかはどんなボタニカルを使用してもよいという自由度の高いお酒です。クラフトジンにはこだわりの素材を使用して個性的な風味を導き出し、ほかの銘柄との差別化を図っているモノが多くあります。

選ぶ際には使われている素材を確認してみるのがおすすめ。蒸留所のある土地特有の素材を使った銘柄にトライすると、新しいおいしさが発見できます。また、好きな香りや風味が分かっている方は、その素材が含まれた銘柄を選んで、造り手による味わいの違いを比べてみるのもおすすめです。

産地で選ぶ

By: amazon.co.jp

風味の好みがわからず、選び方に迷っているクラフトジン初心者は、産地で選ぶのもひとつの方法です。ジンはオランダ発祥のお酒で、イギリスで人気となりました。現在はクラフトジンブームに乗って、世界中で個性的な銘柄が製造されています。

ジン文化の根底を作ったイギリス産の銘柄からトライしたり、好きな国で造られた銘柄から選んだり、日本人の味覚で造られた日本産から攻めてみるのもおすすめです。お酒造りにはその土地の風土や気候、食文化などが反映されていることが多いので、産地で選んでも楽しめます。

ボトルのデザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

クラフトジンのボトルはどれもユニークでスタイリッシュ。ラベルの文字デザインやボトルのフォルムなど細部にまでこだわって、味わいやコンセプトを伝えています。

好みのデザインのクラフトジンを選ぶのもおすすめ。デザイン性の高いボトルは棚に飾るだけで、おしゃれなインテリアのように映えます。小脇に置いて飲むとテンションが上がり、目でも舌でも至高のひとときが味わえるのでおすすめです。

クラフトジンのおすすめ|日本製

京都蒸溜所 季の美 京都ドライジン

2016年に京都で創業し、日本のクラフトジンのパイオニア的存在である京都蒸溜所が造るクラフトジンです。伝統のジュニパーベリーを中心に、柚子やヒノキ、紫蘇、山椒など和のエッセンスをふんだんに加えた独特のフレーバーが味わえます。

京都伏見の清らかな伏流水にそれぞれのみずみずしい風味が映え、味わうたびに新しい驚きを感じられるのがポイント。墨をイメージした漆黒のボトルに唐紙文様が施され、和が前面にアピールされた銘柄です。

国際的にも高く評価されている日本を代表する一品。外国人の方にも自信を持ってプレゼントできる、おすすめの国産クラフトジンです。

サントリー(SUNTORY) ROKU

サントリーが長年培ってきた技術を詰め込んで造られたクラフトジンです。日本ならではの6種類のボタニカルを使用していることから「ROKU」と名付けられています。「ROKU」にちなんでボトルの形状も六角形。さらに、表面に彫刻された6つの素材が華やかさを演出しています。

使用されている桜の花と葉、玉露、煎茶、山椒、柚子の6種類の和素材は、それぞれの旬な時期に収穫。適した方法で個別に蒸留されています。1本で日本の四季を堪能できるこだわりの銘柄。折り重なるように感じられる繊細な味わいをぜひ堪能してみてください。

サントリー(SUNTORY) 翠

リーズナブルな価格でデイリー使用にぴったりのクラフトジンです。伝統的な8種類のボタニカルに加えて、日本特有の柚子・緑茶・生姜の3素材を使用しています。日本の食卓に馴染み深い和素材を使用しているため、和食を中心とした日本の食事に合わせて普段飲みに使用しやすいのがポイント。

炭酸割りにするとすっきりと爽やかに飲めます。柚子果汁やおろし生姜を加えたり、緑茶で割ったりといった素材に合わせた飲み方もおすすめです。クセのない味わいは初心者でも飲みやすく、ジンの世界に足を踏み入れてみたい方に適しています。

宮下酒造 クラフトジン 岡山

宮下酒造は岡山で日本酒蔵として創業し、焼酎やウイスキーのほか「独歩」という地ビールの製造でも有名です。本銘柄は、自社製の米焼酎をベースに、10種類以上のボタニカルを配合して造られています。

国内で初めて、蒸留後に樫樽で貯蔵する方法を採用。焼酎樽に使用した樫樽に貯蔵する方法は世界的にも珍しく、控えめですが樽の香味が感じられます。米焼酎ベースと樽熟成という珍しいクラフトジンは、上級者におすすめです。

清州桜醸造 愛知クラフトジン キヨス

愛知県オリジナルのボタニカルを使用したクラフトジンです。10種類のボタニカルのうち、みかん・生姜・抹茶の3種類が愛知県産。ベルギー・ブリュッセルに本部を置くITI(国際味覚審査機構)の審査において金星3つを獲得するなど、高い評価を得ています。

個性的なボタニカルの香りが複雑に絡み合いながらも、バランスのとれた味わいが魅力。ロックで飲むと折り重なる個性が楽しめ、炭酸割りにすると柑橘系の爽やかさが引き立ちます。愛知県の名産品が詰め込まれているため、特に愛知県にゆかりのある方にはぜひ試してほしい一本です。

北海道自由ウヰスキー 9148 #0101クラフトジン

クリアなボトルに「9148」の文字が配置された、スタイリッシュなボトルデザインが魅力のクラフトジンです。製品名はオーウェルの小説「1984」をオマージュし、自由な価値観を尊重する世界を願って付けられています。

9148のほかに刻印された4桁の数字は、蒸留日とレシピ番号。「#0101」はスタンダードレシピで、日高昆布や切干大根、干し椎茸など日本独特の素材を用いているのが特徴です。すべて北海道産で、ほかにもブルーベリーやラベンダーなども地元産素材を使用しています。

やや辛口で奥深く重厚な旨みが感じられ、じっくりと味わいたい銘柄。ジン好きな方にゆっくり堪能してほしいおすすめのクラフトジンです。

中国醸造 桜尾 ジン オリジナル

創業100年以上を誇る広島県の酒蔵が造るクラフトジンです。2018年に蒸留所を設立し、ジンやシングルモルトウイスキーの製造にチャレンジしています。桜尾は14種類のうちの9種類が広島県産のボタニカル。柑橘系をはじめヒノキや緑茶などを使用し、爽やかで豊かなアロマを表現しています。

ボタニカルを漬け込んで蒸留するスティーピング方式と、ボタニカルに蒸気を通過させて香り付けするヴェイパー方式を同時に行うハイブリッドな製法を採用し、丁寧に造られているのが特徴。

同シリーズの「リミテッド」は、ジュニパーベリーを含む計17種類すべてが広島県産。オリジナルが気に入った方は、ぜひ挑戦してみてください。

まさひろ酒造 まさひろオキナワジン

泡盛メーカーが造る沖縄初のクラフトジンです。地元の素材と130年以上を誇る泡盛の蒸留技術を生かした銘柄。通常の連続蒸留器ではなく、単式蒸留器を2種類使用して造られています。

シークヮーサーやグァバ、ゴーヤーなど、沖縄ならではの南国風味の素材を生かした個性の強い味わいが特徴。柑橘系の爽快感をゴーヤーの苦みやピィパーズのピリッとしたスパイシーさが引き締めます。ほかのクラフトジンとはまったく違った味わいなので、珍しい銘柄にトライしてみたい方におすすめです。

クラフトジンのおすすめ|海外製

モンキー 47 ドライジン

世界有数の蒸留技術を持つドイツの蒸留所で生まれたクラフトジンです。47種類のボタニカルをふんだんに使用しており、爽やかさや甘み、ビター感、フローラル、スパイスなど複雑で芳醇な香りが楽しめます。なかでも、クランベリーのフレッシュな香りが際立っているのが特徴。

複雑で繊細なアロマは、一般的なジンでは物足りなくなった上級者におすすめ。ダイレクトに香りや風味を堪能するには、常温ストレートで舐めるようにゆっくり飲むのが適しています。高級ですが、膨大な種類のボタニカルをまとめあげたバランスよく個性的な味わいは、不動の人気を誇る一本です。

ザ・ボタニスト ドライジン

スコットランド・アイラ島で造られる唯一のクラフトジンです。使用されている22種類のボタニカルは、アイラ島に自生している希少な野生種をすべて手摘みで採取したモノ。計31種類のボタニカルを世界でただ一つのローモンド・スティルで蒸留しています。

土地の素材にこだわり、蒸留からボトリングまで島内でおこなうという「スローフード」を体現した銘柄。アイラ島の自然と造り手の情熱が一体化した究極のジンが味わえます。ボタニカルが複雑かつバランスよく折り重なる極上の味わいは、ジン好きな方におすすめです。

ボビーズ ドライジン

ジン発祥の地として知られるオランダ産のクラフトジンです。オランダでは伝統的な「ジュネヴァ」というジンが有名ですが、本製品は現代風にバランスの取れたドライジン。オランダの伝統と、レシピ考案者の出身地インドネシアのボタニカルが見事に融合しています。

レモングラスのフレーバーを強く主張させた爽やかな味わいが特徴。現地ではライムではなく、オレンジスライスとクローブを入れたジントニックが人気です。モダンでスタイリッシュなボトルデザインは、ホームパーティーで準備するとテーブルを華やかに彩ります。

アレグレス クローバージン オリジナル

ベルギーの三姉妹が造る、繊細でやわらかい味わいが特徴のクラフトジンです。ジュニパーベリーやコリアンダーを中心としたベースに、ラベンダーや洋梨のフレッシュなアロマが優しい華やかさを添えています。フルーティーで飲みやすい銘柄です。

みずみずしく爽やかな風味は、リラックスタイムにぴったり。ベランダや庭など、自然や風を感じられるシーンにも向いています。クローバーの香りがほのかに感じられ、幸せを象徴するネーミングはお祝いの席やプレゼントにもおすすめです。

ジェネラス ジン

香水を思わせる芳醇な香りが特徴のフランス産クラフトジンです。シトラスとフローラルを中心に、数種類のボタニカルがバランスよく組み合わされています。苦みや酸味、甘みのハーモニーが絶妙です。国際的なコンクールの受賞歴も多数あります。

フランスの文化や土地柄を象徴するような美しく華やかな風味が堪能できる一本。白いボトルにモノクロのボタニカル柄が映え、インテリア小物のようにおしゃれです。スタイリッシュな見た目で、贈り物にも喜ばれます。

ジーヴァイン ジン フロレゾン

フランス・コニャック産のブドウを使用した珍しいクラフトジンです。ジンは一般的に大麦やライ麦などの穀物を原料とした蒸留酒を使用しますが、白ブドウを蒸留したスピリッツにボタニカルで香り付けした希少な銘柄。フローラル感が強く、優雅なひとときを演出します。

白ブドウが使われているためワインに近い風味もあり、どのジンにも似ていないオリジナルなフレーバーが魅力。華やかに広がる香りが特徴的でありながら、口当たりはやわらかくなめらかです。スルスルと飲みやすいジンが好きな方に向いています。

エンプレス 1908

トニックを加えると色が変化するカナダ産のクラフトジンです。通常はブルーの液体ですが、トニックウォーターを加えると淡いピンク色に変わります。着色料は使用しておらず、タイ原産の植物であるバタフライピーの青色が、トニックウォーターの柑橘系エキスに反応して色が変化する仕組みです。

魔法のような不思議な現象が楽しめる銘柄は、パーティーシーンにおすすめ。見た目の話題性だけでなく、味わいの面でも国際的に高く評価されている一本です。ジュニパーベリーのアタックから、オレンジのような甘みを経て、コリアンダーのスパイシーさにたどり着く、流れるようになめらかな風味の移り変わりが楽しめます。

番外編:クラフトジンのおすすめの飲み方

ジントニック

ジントニックは、ジンとトニックウォーターを混ぜてカットライムを添える定番のカクテル。爽やかな風味のなかにほんのりと苦みを感じる大人っぽい味わいが特徴で、柑橘系の香りが強いクラフトジンで作るとより美味しくなります。ストレートやロックよりも度数が低くなるため飲みやすく、初めてクラフトジンを飲む方にもおすすめです。

ストレート

クラフトジン本来の味を楽しみたい方はストレートがおすすめ。銘柄ごとにあるボタニカルの強い個性がそのまま感じられます。冷やして飲むのもおいしいですが、クラフトジンの味と一緒に香りもしっかり楽しみたい場合は、常温に近い温度で飲むのがベストです。

なお、クラフトジンは度数が40%前後と高めなので、ストレートの場合は舐めるようにしてゆっくり味わうのがおすすめ。チェイサーとして水を用意するのも忘れないようにしましょう。

ロック

クラフトジンに氷を入れるロックもおすすめの飲み方。飲んでいくうちに少しずつ氷が溶けて薄まるため、「クラフトジン本来の味が楽しみたいけれどストレートは度数が高くて飲めない」という方に適しています。ストレートと異なり、キリっと冷えた飲み口になるので、さっぱりとした口当たりが好みの方にもベストです。

トワイスアップ

By: amazon.co.jp

お酒と常温の水を1:1で割る飲み方がトワイスアップ。主にウイスキーで用いられる飲み方ですが、お酒を冷やさずに香りが堪能できるため、豊かなフレーバーを持つ銘柄が多いクラフトジンにもおすすめです。どのクラフトジンを選んでもおいしく飲めますが、特にフローラル系の華やかな銘柄を楽しみたい方に適しています。

なお、クラフトジンをトワイスアップで飲む場合は、テイスティンググラスに注ぐと香りが広がるので、ぜひ用意してみてください。