本格焼酎は日本が世界に誇る伝統的な蒸留酒ですが、堅苦しさがなく、自由な飲み方で楽しめるのが魅力です。とりわけ「芋焼酎」の香りや甘みは奥深く、多くの焼酎ファンを魅了し続けています。

銘柄数も豊富で、それぞれ個性のある味わいなので、ぜひお気に入りの1本を見つけたいところ。そこで今回は、おすすめの芋焼酎を厳選してピックアップ。選び方や飲み方もご紹介するので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

芋焼酎とは?

By: ee26.com

米麹とサツマイモを主な原料とする芋焼酎は「蒸留酒」に分類され、芋由来の香りとやさしい甘みが特徴です。蒸留酒とは、酵母によってアルコール発酵させて造った醸造酒を、さらに蒸留させたモノ。

アルコール度数が比較的高いので、水割りやお湯割りなどで楽しめるお酒ですが、芋焼酎の芳醇な香りや味わいは割っても薄くなりにくいのが魅力です。

水分を多く含むサツマイモは劣化しやすいため、良質な芋焼酎を造るには、サツマイモの生産地に近い酒造が最適です。鹿児島県や、隣接する宮崎県南部には多くの酒造があり、新鮮なサツマイモを使用したさまざまな本格芋焼酎が製造されていることで有名。

特に鹿児島県には、原料や製造方法など、基準をクリアしたモノだけが認められる「薩摩焼酎」があり、芋焼酎のブランドとして世界的にも認知されています。

焼酎を味わうなら乙類がおすすめ!

焼酎売り場にずらっと並ぶ瓶を見ていると「甲類」のモノと「乙類」のモノがあることに気づきます。それぞれ蒸留方法が異なり、味わいも大きく違ってくるので、焼酎選びの前に特徴を知っておくことが大切です。

甲類は新式焼酎とも呼ばれており、昔ながらの伝統的な製法で造られる乙類よりも後に生まれた新しい焼酎。甲類と乙類との大きな違いは蒸留方法にありますが、1度しか蒸留しない乙類の方が芋の風味が高く味わいが深いのが特徴です。

甲類は原料を発酵して作るもろみを蒸留塔に連続供給し、蒸発・分縮・還流を経てから高純度のアルコールを抽出します。甲類は連続蒸留によりクセがなく無色透明になるため、ストレートやロックだけでなく、酎ハイやお湯割りとして飲むのに最適です。

乙類は単式蒸留機でもろみを1度だけ蒸留し、抽出したアルコールを水で薄めて度数を調節します。乙類は芋の香りや味がしっかり残り、それぞれの銘柄の特徴が出やすいため、ロックで飲むのがおすすめです。伝統の技で造られる焼酎の奥深さを堪能したい方は乙類を選んでみましょう。

芋焼酎の選び方

味で選ぶ

By: satsuma.co.jp

芋特有のやさしい甘みが特徴の芋焼酎ですが、銘柄によって香りや風味は大きく異なります。クセがなく爽やかな飲み口のモノから、飲みごたえのある個性的な味わいのモノまで、幅広い選択肢があるのが芋焼酎の魅力です。

初心者であれば、まずはすっきりとした味わいの芋焼酎を選ぶのがおすすめ。とはいえ、味や香りの捉え方は千差万別なので、ぜひいろいろな銘柄の飲み比べを楽しみながら、好みの芋焼酎を探してみてください。

芋の品種で選ぶ

黄白色系の芋「黄金千貫(コガネセンガン)」

By: amazon.co.jp

黄金千貫は、多くの芋焼酎の原料として選ばれているポピュラーな品種。皮が白く、でんぷん価が20~30%と高いのが特徴です。蒸し芋にすると甘い香りが漂い、ホクホクしていて甘味が強いので食用としても人気があります。芋焼酎にしても香りと味がほんのり甘く、飲みやすいのが魅力です。

風味豊かな紫芋系「アヤムラサキ」「ムラサキマサリ」

By: amazon.co.jp

紫芋を原料にした焼酎にはポリフェノールの一種であるアントシアニンがたっぷり含まれているため、健康志向の方におすすめ。焼酎にすると華やかな甘い香りがし、上品で軽やかな味を楽しめます。

珍しい橙芋系「アヤコマチ」「ハマコマチ」

 

By: amazon.co.jp

外側が紫で内側がオレンジ色をした橙芋系の焼酎は、南国フルーツのような風味と甘みが特徴。女性でも飲みやすい口当たりなので、芋焼酎の独特な香りが苦手な方にもおすすめです。オレンジ色の野菜である人参やカボチャと同様にベータカロテンを豊富に含んでいます。

クセの少ない白色系「ジョイホワイト」

By: rakuten.co.jp

ジョイホワイトは芋焼酎のバリエーションを増やすために、黄金千貫を品種改良して開発された焼酎専用の品種。ふかし芋にしても甘くないため食用には向きませんが、黄金千貫よりもでんぷん量が多いので、すっきりしたフルーティーな味わいを楽しめます。

食用サツマイモ系「紅さつま」「安納芋」「金時芋」など

By: rakuten.co.jp

一般的に食用として食べられている紅さつまや安納芋は、味が濃くて甘みが強いのが特徴。スイーツにも最適な品種として人気があります。食物繊維が多く栄養バランスが整っているのもポイントです。焼酎にすると芋本来の風味と甘みが感じられる味わい深い仕上がりになります。

麹の種類で選ぶ

コクのある黒麹

By: amazon.co.jp

黒麹は元々沖縄の泡盛で使われてきた麹です。鹿児島税務署監督局の河内源一郎氏が、気温が高い沖縄で焼酎が作られていることにヒントを得て黒麹を分離することに成功し、その後は黒麹を使ったさまざまな焼酎が造られるようになっています。

黒麹はクエン酸多く生成するため、雑菌の繁殖を防いで衛生面でも安心な焼酎を作れるのがポイントです。また、香りが芳醇で味にコクと旨味があるので、芋焼酎独特のどっしりとした味わいを好む方に人気があります。

マイルドな味わいの白麹

By: amazon.co.jp

白麹は麹を研究していた河内源一郎氏が、黒麹の胞子の中に色の異なる胞子を発見し、純粋培養に成功して生まれた麹です。白麹と呼ばれますが実際の色は白色ではなく茶褐色であり、黒麹よりも色が薄いことから白麹と呼ばれています。

白麹も黒麹と同様にクエン酸を生成するのが特徴。香りはマイルドでクセがないため、女性や初心者でも飲みやすいのが魅力です。味はマイルドですっきりしたキレもあるため、食事をしながら飲むのにも適しています。

フルーティーな黄麹

By: amazon.co.jp

黄麹はその昔から日本酒に使われてきた麹ですが、黒麹や白麹とは異なりクエン酸を生成しない性質のため、温度の高い南の地域ではあまり使われてこなかった麹です。近年では焼酎造りの技術が進歩したため、衛生面でも問題のない黄麹の焼酎が増えています。

黄麹は衛生面と温度としっかり管理することで、華やかな香りがある淡麗な焼酎を生み出せるのがポイント。フルーティーな味わいで食事にも合わせやすいため、芋独特の味が苦手な初心者の方にもおすすめです。

蒸留方法で選ぶ

焼酎の重要な製造工程のひとつに「蒸留」があります。芋焼酎の蒸留方法は「減圧蒸留」と「常圧蒸留」の2種類。蒸留方法の違いは、麹の違いと同様、焼酎の風味や味わいを左右します。

減圧蒸留とは、気圧を下げて行う蒸留方法。気圧が下がれば、水やアルコールの沸点も下がり、より低い温度での蒸発が可能です。原料由来の雑味は沸点が高いので抽出されず、すっきりとした飲みやすい芋焼酎に仕上がる傾向があります。

一方、常圧蒸留はその名の通り、そのままの気圧で行われます。多くの芋焼酎に採用されている、伝統的な蒸留方法です。高温で蒸発することで、原料由来の成分も抽出されるのが特徴。素材の個性が生かされた、しっかりとした味わいになります。

産地で選ぶ

芋焼酎の産地は九州が有名どころ。特に鹿児島は薩摩が「地理的表示制度」の対象となっており、品質的評価が社会的に認知されています。

この制度は日本がWTOに加盟した際に義務付けられ、国税庁が導入したもの。薩摩が地理的表示指定を受けたことで、同じく芋焼酎造りが盛んな宮崎では「薩摩焼酎」とは銘打てなくなっているため、見分ける際のポイントとなります。

なお、数は九州地方と比べて少ないですが、北海道・秋田・東京・栃木・愛知などでも醸造されているので、気になる方はチェックしてみてください。

芋焼酎のおすすめ銘柄

白玉醸造 魔王

本銘柄は「森伊蔵」「村尾」と並び「3M」と呼ばれるプレミア焼酎。原料は日本酒造りに使われる黄麹と厳選されたサツマイモ、黄金千貫。さらに、樽で熟成されることで華やかな香りが引き立ち、焼酎初心者にも飲みやすいマイルドな口当たりが魅力です。

雑味がなく、芋特有の臭みやクセも少ないため、まずはロックで味わうのがおすすめ。フルーティな香りとすっきりとした後味が楽しめます。

白玉醸造 白玉の露

本銘柄は、「魔王」の原点といわれる芋焼酎で、醸造元である白玉醸造を代表する銘柄です。白麹と黄金千貫を原料とし、サツマイモのやさしい甘みと香りが生かされた、コクのある味わいが特徴。味と風味のバランスがよく、さまざまな飲み方で味わえる魅力があります。

リーズナブルな価格でコストパフォーマンスが高く、定番商品として地元鹿児島でも長く愛され続けている逸品です。

佐藤酒造 黒麹仕込 佐藤 黒

プレミア焼酎として広く知られている本銘柄は、しっかりとした甘さと力強い香りが特徴の芋焼酎です。黒麹で仕込むことで芋本来の味わいが引き立ち、重厚感のある味わいに仕上がっています。香りを楽しみたい場合はお湯割りで、キリっとした力強さを味わいたい場合はロックで飲むのがおすすめです。

黒麹仕込みの本銘柄のほかに、まろやかな飲み口とやさしい甘さが特徴の白麹仕込みもあり、使用する麹によって異なる味わいが楽しめます。

森伊蔵酒造 森伊蔵

プレミア焼酎の3Mのひとつである本銘柄は、雑味のないまろやかな飲み口が特徴です。原料には有機栽培された鹿児島県産のサツマイモと、国産米を使用した米麹を使用。さらに、伝統的なかめ壺仕込みで熟成され、芋のやさしい甘さとふくよかな風味が最大限に生かされています。

こだわりの製造方法は1885年の創業当時から受け継がれてきたもの。生産量の拡大が困難であるため、希少価値の高い高級焼酎として知られていますが、一度は飲んでおきたい味わい深い芋焼酎です。

村尾酒造 村尾

プレミア焼酎の3Mのひとつであり、唯一黒麹を使用した芋焼酎です。芋由来の力強い風味と、のど越しがよくキレのある飲み口が特徴。さらに、かめ壺仕込みによるまろやかさもあり、食中酒として飲み飽きない味わいが魅力です。

本銘柄はその年に造られたモノは翌年には売り切ってしまう1年モノ。それゆえ、希少価値の高い高価な芋焼酎として有名ですが、その深い味わいは多くの芋焼酎ファンを魅了し続けています。

霧島酒造 黒霧島

霧島酒造 黒霧島

1998年の発売以来、「クロキリ」の愛称で親しまれている芋焼酎。原料は南九州の広大な畑で栽培したサツマイモ黄金千貫と黒麹、さらには都城盆地の「霧島裂罅(れっか)水」を使用しており、とろりとした甘みのほか、キレやコクがしっかりと感じられるのが特徴です。

香りにクセがなく、飲みやすいのもポイント。じっくり味わいたい方はロック、食事と合わせたい方は水割りがおすすめです。

霧島酒造 白霧島

霧島酒造 白霧島

蔵元が創業した当時から造られている芋焼酎。南九州産のサツマイモ、黄金千貫のほか、霧島連山から湧き出る「霧島裂罅水」を使用しており、なめらかな味わいを楽しめるのが特徴です。

本製品の名称は元々「霧島」でしたが、同社の米焼酎「白霧島」が販売終了したことによってネーミングを譲り受けました。また、「黒霧島」が発売されてからはラベルを白色ベースにした経緯もあり、それ以降「シロキリ」という愛称で親しまれています。

テイストとしては「黒霧島」の発売に合わせてブレンドが若干変更されたほか、2015年には宮崎県食品開発センターが独自に研究・開発した酵母「平成宮崎酵母」にリニューアル。すっきりとした芋焼酎を探している方におすすめの1本です。

霧島酒造 赤霧島

霧島酒造 赤霧島

芋焼酎の原料となるサツマイモに、紫芋のムラサキマサリを使用した1本。フルーティな味わいとマイルドな口当たりが特徴です。

ムラサキマサリは芋焼酎に最適とされるサツマイモ、黄金千貫のDNAを受け継ぐ品種で、ポリフェノールを豊富に含んでいるのが特徴。原料の麹が生成するクエン酸とポリフェノールとが反応して、もろみが赤くなることから「赤霧島」と命名されたといわれています。

発売当初はムラサキマサリの生産量に限りがあったため、なかなか手に入らない銘柄でしたが、最近では生産の向上や販路の拡大が進み、流通量が安定。同シリーズにおいては人気の高い1本です。気高い香りと澄んだ甘みを堪能したい方はぜひ試してみてください。

霧島酒造 茜霧島

霧島酒造 茜霧島

2014年から数量限定で発売されている芋焼酎。原料のサツマイモには黄金千貫のDNAを受け継ぐ品種と、アメリカから導入した高カロテン品種を掛け合わせたオレンジ芋のタマアカネを採用しており、フルーティーな味わいを堪能できるのが特徴です。

本銘柄は芋の花酵母「花らんまん」を使用しているのもポイント。より華やかさを感じられる1本に仕上がっています。和食はもちろん、フレンチやイタリアンとの相性も良好なので、芋焼酎が苦手な方にもおすすめの1本です。

宝酒造 一刻者

宝酒造 一刻者

本銘柄は、芋焼酎のなかでも全量芋焼酎に分類されます。芋焼酎の多くには米麹が使用されますが、本銘柄では芋麹を使用しており、芋にこだわり抜いているのが特徴です。

味わいはすっきりとしており、口当たりはまろやか。芋由来の物質テルペンによって、しっかりと香りが感じられるのもポイントです。

本銘柄はシリーズ化されており、さまざまなタイプがラインナップされています。なかでも「一刻者<赤>」はスタンダードタイプと同じく一升瓶ですが、主原料や麹に赤芋を使用しているため、よりふくよかな甘みが感じられます。興味がある方はあわせてチェックしておきましょう。

薩摩酒造 さつま白波

薩摩酒造 さつま白波

鹿児島を代表する芋焼酎。原料のサツマイモには黄金千貫を使用し、しっかりとした甘さと芳醇な香りが感じられるのが特徴です。

飲み方としては温めたり冷やしたり、さまざまなスタイルを楽しめるのがポイント。ロックであれば味わいが引き締まり、お湯割りであれば芋の風味をより深く感じられます。また、ストレートで飲むと重厚感のあるテイストを堪能できるので、焼酎を飲み慣れている方はぜひ試してみてください。

濱田酒造 薩州 赤兎馬

濱田酒造 薩州 赤兎馬

「三国志」に登場する名馬「赤兎馬」がネーミングの由来となっている芋焼酎。まろやかでありながら重厚感のある味わいを堪能できるのが特徴です。

甘い香りがしっかりと感じられるのも魅力。サツマイモには鹿児島の黄金千貫、仕込み水にはシラス台地から湧き出た天然水を使用しており、地元の原材料にこだわっています。

本銘柄は黒いラベルに赤文字のデザインが特徴的ですが、同シリーズとして「薩州 赤兎馬 玉茜」や「紫の赤兎馬」もラインナップ。「薩州 赤兎馬 玉茜」は赤いラベルに黒文字が書かれた銘柄で、原料のサツマイモには黄金千貫のほか、タマアカネを採用しているのが特徴です。「紫の赤兎馬」は紫のラベルに黒文字で書かれた銘柄で、原料のサツマイモに紫芋の「頴娃紫(エイムラサキ)」を採用しています。気になる方はぜひ飲み比べてみてください。

三岳酒造 三岳

本銘柄を製造するのは鹿児島県の屋久島にある三岳酒造。世界遺産に指定され、雄大な自然の残る屋久島は、名水の宝庫としても知られています。この豊かな天然水と厳選された黄金千貫、麹米に適したタイ米を原料とし、芋由来のまろやかでふくよかな味わいが魅力です。

芋らしさがありながらすっきりとした後味なので、水割りやロックなどで楽しめますが、おすすめはお湯割り。香りが引き立ち、やさしい甘みと旨味が存分に味わえます。

本坊酒造 あらわざ桜島

本坊酒造独自の蒸留法である「磨き蒸留」で仕上げた本銘柄。この新たな蒸留法により、まろやかさと軽やかさが特徴の芋焼酎に仕上がっています。サツマイモの余韻が程よく広がり、芋らしさと飲みやすさのバランスに優れた逸品です。

国内外の品評会で数々の受賞歴があり、なかでも世界で最も歴史あるアルコール飲料専門の品評会「ISWC」では、世界最高賞を受賞。品質、味わいともに世界的に認められた芋焼酎です。

川越酒造場 川越

川越は「若い女性でも飲める芋焼酎、都市圏でも売れる芋焼酎」をコンセプトに開発された芋焼酎です。一般的な芋焼酎との大きな違いは、米焼酎がブレンドされていること。芋臭さを抑えつつも、芋のやさしい甘みが感じられるまろやかな味わいが魅力です。

麹米には焼酎造りに適したタイ米を使用。朝に採れた黄金千貫はその日のうちに加工され、伝統的なかめ壺で醸されます。焼酎初心者はもちろん、多くの人に好まれる味わいなので、プレゼントにもおすすめです。

黒木本店 喜六

黒木本店 喜六

本銘柄は、豊かでフレッシュな香りとコクのある奥深い味わいが魅力です。黄金千貫と尾鈴山の水脈から流れる地下水に黒麹を加えて造られており、ほんのりと優しい甘みが感じられるので、女性にもおすすめです。ロックやお湯割りにすると芋の風味と旨味をじっくり味わえます。

本銘柄を製造している宮崎県の黒木本店は、焼酎を土地に根ざした伝統文化として継承している老舗の蔵元です。原材料である芋も自社栽培し、製造過程で発生する廃棄物を肥料として有効活用しています。有機栽培の芋でこだわりの焼酎を造り続けているのもポイントです。

佐多宗二商店 晴耕雨読

佐多宗二商店 晴耕雨読

本銘柄は一般的な芋焼酎と異なり、隠し味に少量の米焼酎をブレンドしているのが魅力。芋ならではの深い香りとキレのある甘みが特徴なので、パンチのある焼酎を好む方におすすめです。ロックだけでなくお湯割りでもおいしさを堪能できます。

製造元の佐多宗二商店は、「世の流れなんかには左右されない」というキャッチコピーを信念としている蔵元。鹿児島で情熱を込めて造られる焼酎は、「黒麹かめ壷仕込み・貯蔵」で最高の味に仕上げられます。

小玉醸造合同会社 杜氏潤平

小玉醸造合同会社 杜氏潤平

宮崎県の日南にある小さな蔵で高品質な焼酎を造っている小玉醸造合同会社は、白麹を手作りしていることでも有名。杜氏潤平は蔵元の看板酒として人気があります。大量生産はせずに、丁寧に造り出されているため、高級な贈り物としてもおすすめです。

白麹と紅芋から造られる本銘柄は、華やかな香りが最大の魅力。焼酎マニアの間ではワイングラスで飲むのが最高と語られています。味はコクがあり濃厚なので、ロックでじっくり味わうのがおすすめ。希少価値のある高級な焼酎です。

国分酒造 黄麹蔵

国分酒造 黄麹蔵

本製品は黄麹を使う他の銘柄よりもコストパフォーマンスがよく飲みやすい焼酎。黄金千貫に黄麹を加えて蒸留し、地下91mからくみ上げた霧島山系川原渓谷の伏流水をたっぷり加えて仕込んでいます。やさしい味わいなので初心者にもおすすめです。

価格が安いので、食事の際に飲む焼酎にも適しています。ほんのり甘い香りとキレのある味は芋焼酎独特のにおいや濃い味が苦手な方でも飲みやすいのがポイント。ロックで飲むだけでなく、お湯割りにしてもおいしいモノを探している方におすすめです。

大海酒造 海

大海酒造 海

鹿児島の大海酒造は海をテーマにした焼酎を造っている蔵元。デザインにこだわった瓶やラベルには、買い手の興味を引き付ける魅力があります。焼酎のラインナップも豊富で、自宅用だけでなくプレゼントに最適なモノも揃っているのがポイントです。

本製品は芋のクセがある香りが苦手な方におすすめの焼酎。鹿児島県産のベニオトメに黄麹を仕込み、低温でじっくりと丁寧に発酵させてから減圧蒸留しているため、甘みにクセがなく飲みやすい味に仕上がっています。香りも爽快なので女性におすすめです。

番外編:芋焼酎のおすすめの飲み方

ストレート

By: tensei-shuzo.com

焼酎本来の味わいをシンプルに楽しめる飲み方がストレート。芋焼酎の特徴である芳醇な香りとまろやかな甘さは、小さめのおちょこやショットグラスで少しずつ楽しむのがおすすめです。

また、焼酎の温度によって変化する味わいを楽しめるのも魅力。常温では最も香りが引き立ち、冷やした場合は飲みやすくなります。さらに冷蔵庫で一晩以上冷やした芋焼酎は、とろりとした飲み口が楽しめるのでおすすめです。

ロック

大きめの氷が入ったグラスに、焼酎を注いで味わうのがロック。氷で冷やされた芋焼酎は、とろりとした口当たりで飲みやすく、氷にゆっくりと馴染んでいくことで味わいの変化も楽しめます。

ガラス製のロックグラスは見た目にも美しく涼しげですが、陶器や磁器製のグラスもおしゃれで保冷効果が高いのでおすすめ。お気に入りのグラスで、好みの芋焼酎をゆっくりと楽しむ時間は格別です。

水割り

水割りは、ソフトでまろやかな飲み口が魅力です。香りや旨味のある芋焼酎は、水で割っても風味が薄まることはなく、焼酎本来の味わいが楽しめます。割るための水は芋焼酎の香りや味を引き立てる軟水がおすすめです。

焼酎と水の割合は「焼酎6:水4」が黄金比といわれています。また、グラスには水より先に焼酎を注いでおくのが一般的。アルコールより重い水を後から注ぐことで対流が起き、混ざりやすくなります。

また、家飲みの際は割り水を焼酎と先に混ぜ、冷蔵庫で3日〜1週間寝かせた「前割り焼酎」もおすすめです。寝かせることにより、水と焼酎がよく混ざり、よりまろやかな口当たりの水割りが楽しめます。

緑茶割り

緑茶割りは、ややクセのある芋焼酎でも緑茶のやさしい苦みとすっきりした味わいによってマイルドになるのが特徴。緑茶は低カロリーなだけでなく、アルコールの分解を手助けする効果が期待できます。

飲み方としてはやや細身のロンググラスや水割り用の焼酎グラス、ジョッキを用意し、そこに氷を入れ、あとはお好みの分量で割るだけ。飲みやすさ重視の方や健康志向の高い方におすすめです。

ソーダ割り

ソーダ割りはすっきりと爽快なのど越しを楽しめる飲み方。ソーダの炭酸が芋焼酎の香りや風味を引き立たせるため、芋焼酎とソーダの割合は、ソーダをやや多めにするのがおすすめです。芋焼酎の華やかな香りと炭酸の爽やかさがマッチし、さっぱりとした飲み口が魅力です。

お湯割り

By: amazon.co.jp

芋焼酎の芳醇な香りは、お湯割りにすることでいっそう引き立ちます。割り方のポイントは、先にお湯をグラスに入れ、後から焼酎を注ぐこと。お湯で温められたグラスの中では、後から注がれた焼酎との温度差で自然と対流が生まれ、均一な濃度になりやすいという効果があります。

芋焼酎とお湯の割合は、水割りと同じく「6:4」がおすすめ。さらに、60~70℃のお湯で割ると、芋の香りや甘味が引き立つとされる40℃前後のお湯割りに仕上がります。