中華料理店などのアルコールドリンクとして見かけることの多い「紹興酒」。一般の飲食店やスーパーの店頭などでは見かけることが少ないため、宅飲みとしてはあまり馴染みがないですが、アルコール度数もそれほど高くなく飲みやすいお酒です。

魅力は華やかな香りと熟成されたコク。飲み方のアレンジも多数あるので初心者やお酒が弱い方でも楽しめます。今回はおすすめの紹興酒をご紹介。あわせて紹興酒とは何かを詳しく解説します。

紹興酒とは?

By: amazon.co.jp

紹興酒とは中国の紹興市で作られる熟成された黄酒(ホアンチュウ)のことです。黄酒とは醸造酒のことで、米などの原料を酵母によりアルコール発酵させて作られています。アルコール度数は一般的に14~18%くらいであまり高くないのが特徴ですが、製法の違いによって20%くらいの高めのものもあります。

中国の紹興酒は、飲用としてだけではなく調味料としても日常的に使用され、暮らしに深く根付いているお酒です。ちなみに、日本では紹興酒に氷砂糖やザラメを入れて飲むこともありますが、上質な紹興酒はストレートで飲んでこそ美味しく本質が味わえます。

老酒・花彫・陳年の違い

By: amazon.co.jp

「老酒(ラオチュウ)」とは長期間熟成した黄酒のことです。厳密には、老酒の中でも紹興市で作られたものだけが「紹興酒」と呼ばれます。

紹興では昔、女の子が生まれた際に紹興酒のカメを庭に埋め、その子の婚礼の際に掘り出してカメに装飾を施し、宴の席で飲むという習慣がありました。「花彫」とはその振る舞い酒のことを指しますが、現代では単に長期熟成させた黄酒や、美しい装飾のカメに入った黄酒のことを指します。

「陳年」は、台湾において長期熟成させた黄酒です。日本では紹興酒という呼び名がメジャーですが、黄酒の原産地名称として大きくとらえ、ここでは陳年や台湾生まれの紹興酒なども含めて紹介していきます。

紹興酒の種類

元紅酒

元紅酒は紹興酒の基本的な製法で作られる酒で、もち米に酒母や水、麹を加えた後に発酵させて作ります。中国では最も一般的に飲まれる紹興酒で、糖類がいちばん少なく辛口です。古来、朱紅色のカメで貯蔵していたことがその名の由来で、1~2年の熟成期間を経て出荷されます。

加飯酒

元紅酒から、もち米と麹の割合を1割ほど多くしたものが加飯酒です。日本で飲まれる紹興酒のほとんどがこの加飯酒で、3年以上熟成させて出荷されます。

善醸酒

善醸酒は、製造過程で用いる水の代わりに元紅酒を使って作られた贅沢な紹興酒です。アルコール度数が上がり、甘みがやや強く、濃厚で芳醇な風味が楽しめます。

香雪酒

元紅酒の製造工程で麹を追加して糖類を増し、水の一部に代えて紹興酒の粕から取った焼酎を使って作られた紹興酒です。アルコール度数は高めの約20%で、最も甘みが強く感じられます。

紹興酒のおすすめメーカー

By: amazon.co.jp

王宝和(ワンバオフー)

紹興市にあり、紹興酒造メーカーの中でも六大メーカーのひとつとして挙げられます。200年以上の歴史がある老舗で、品質管理を重視しながら新標品の開発にも力を注ぐメーカーです。本場中国でも人気があり、芳醇で濃厚な本物の紹興酒が味わえます。

古越龍山(こえつりゅうざん)

紹興酒の中ではトップの生産量を誇るメーカーです。同社の紹興酒は国賓接待酒指定銘柄として中国外交部より証明書を交付されており、200か国以上の中国大使館や領事館で提供されています。

国家級黄酒評価委員と呼ばれる中国政府に認められたブレンダーが多数在籍していることでも有名。世界16か国で広く愛飲されています。

塔牌(トウハイ)

浙江省の六和塔をモチーフにした塔のマークをシンボルマークに掲げ、伝統的な製法に基づいた紹興酒作りを行うメーカーです。中国政府による「中華人民共和国原産地域産品」マークを取得しており、確かな品質を認められています。日本での販売の歴史は古く、日中の国交が正常化した1970年代から「宝酒造」が行っています。

紹興酒のおすすめ銘柄

宝酒造 塔牌 紹興酒 花彫 陳五年

宝酒造 塔牌 紹興酒 花彫 陳五年

紹興酒六大メーカーのひとつである塔牌が良質な原料を用いて作り、5年間熟成された製品です。カメでの仕込みや貯蔵を行う酒造が少なくなる中、塔牌はこだわって従来からの伝統製法を続けています。

冬のみに仕込みを行う一季醸造を採用し、ステンレスタンクによる醸造と比べて2倍の日数をかけてカメの中でゆっくり自然発酵させ、ろ過などの工程を経て再びカメで貯蔵されます。本製品の魅力は、華やかな香りと酸味や甘みのバランスのよさ。少量サイズの小瓶から紙パックまで容量のバリエーションが豊富なので、試し飲みから料理の隠し味などの調味料としてまで、用途に応じて選べます。

永昌源 古越龍山 銀龍

永昌源 古越龍山 銀龍

国家級の黄酒評価委員が多数在籍し、高いレベルで紹興酒作りをしている古越龍山の製品です。本製品は3年貯蔵品を中心とした原酒を使いながら、従来品の糖と酸のバランスを見直して発売されたもの。酸味を抑えて素材本来の甘みを引き出しているのがポイントです。口当たりがより柔らかくなり、芳醇で深みのある風味が味わえます。

酒造元の古越龍山は品質の安定化を図るために地上5階建ての巨大タンクで発酵を行い、広大な敷地に並んだ倉庫で常時500万本以上のカメを貯蔵しています。近代的な機械の力と伝統的な手法を駆使して出来上がった良質な紹興酒です。

3年貯蔵の若い紹興酒はアルコールの刺激をシャープに感じられ、淡麗で辛口な味わいが楽しめます。飲むと口の中がさっぱりするので、油っこい料理やスパイシーな麻婆豆腐などに合わせるのがおすすめです。

サントリー(SUNTORY) 紹興酒 会稽山(かいけいざん) 陳三年

サントリー(SUNTORY) 紹興酒 会稽山(かいけいざん) 陳三年

会稽山は紹興市にある260年の歴史を持つ酒造である東風を代表するブランドです。日本ではサントリーが輸入販売しています。中国浙江省の名水、鑒湖の中でも特に優れた中心部の水を使用することで、3年という短期間の熟成にも関わらず、長期熟成したような口当たりのよい味わいに仕上がっているのが特徴です。

家庭で中華料理を作る際の調味料としても、惜しまずに使えるリーズナブルな価格がうれしいポイント。本製品のように熟成が若い紹興酒は、甘酸っぱい中華梅干し(干し梅)をお酒のアテに、もしくはグラスに沈めて崩しながら飲むと、梅のフルーティーな甘さと塩加減で風味をアップさせることができます。

永昌源 陳年 紹興貴酒 8年

永昌源 陳年 紹興貴酒 8年

紹興貴酒は利益を追求して機械化される紹興酒作りを憂いて、伝統の味を残すべく作られた製品です。鑒湖(かんこ)の水を使用することを遵守することに加え、鮮度の高い地元産の原料を厳選し、ほとんどの工程を手作業で行います。さらに8年の年月を費やして熟成された本製品は、芳醇な香りと独特のコクのある味わいが特徴。口当たりがよく、長期熟成の力強さも感じられます。

常温のストレートで飲むと香りとコクを存分に味わえますが、冬場は人肌くらいの温度のホットで飲むのもおすすめ。体が温まり、立ち上る香りも楽しめます。紹興酒らしさが感じられる一品なので、紹興酒好きな方への手土産にも最適です。

興南貿易 紹興酒 クリアー 老酒 8年

興南貿易 紹興酒 クリアー 老酒 8年

古くから伝わる伝統の製法で丁寧に手作りされ、8年熟成させた製品です。複数年の熟成酒をブレンドするのが基本的な紹興酒の作り方ですが、このクリアーシリーズは約8割に単一年の原酒が使われています。そのため、雑味やえぐみのないピュアな口当たりに仕上がっているのが特徴です。

長期熟成により円熟されたもち米の自然の甘みが心地よく、すっきりとしたのど越しが楽しめます。空気との相性もよいため、常温のストレートによりワイングラスで飲むのがおすすめ。芳醇な香りが満喫でき、一味違ったおしゃれな雰囲気が出せるのでパーティーシーンにもぴったりです。

陳年 紹興酒 花彫 ひょうたん 10年

陳年 紹興酒 花彫 ひょうたん 10年

重厚感のあるひょうたんの容器に入れられた紹興酒です。10年熟成の紹興酒がリーズナブルな価格で購入できるので、長期熟成品を試してみたい方にもおすすめ。飾っておいても様になるので、贈り物や記念の品などにも向いています。

10年熟成の製品は酸味と甘みのバランスがよく、味の濃い料理と相性抜群。毎日の晩酌に使用する場合は、ストレートだけでなくロックや炭酸割りなど飲み方を変えてみるのもおすすめです。さらに、レモンや中華梅干し(干し梅)を入れて風味にアレンジを加えると、飽きずに飲み続けることができます。

大洋物産 台湾陳年 紹興酒 8年

大洋物産 台湾陳年 紹興酒 8年

本製品は台湾で作られたものなので厳密には紹興酒とは言えませんが、台湾で紹興の伝統を再現する形で生まれた台湾紹興酒は元祖紹興酒と異なる味わいがあります。甘みの添加や年数の違う酒のブレンドなどを一切行わず、原酒のみが瓶詰めされているからです。

8年の熟成期間を経た金ラベルの本製品は、独特の香りとコクが際立つ一品です。ストレートでも比較的飲みやすいですが、冷やしても美味しくいただけます。ロックで飲んだり、炭酸水で割ったドラゴン・ハイボールなどのカクテルにしたりするのもおすすめです。価格も手頃で、紹興酒に挑戦してみたい初心者の方もチェックしておきましょう。

三洋堂 陳年 精醸紹興酒 窖蔵(こうぞう) 10年

三洋堂 陳年 精醸紹興酒 窖蔵(こうぞう) 10年

10年熟成された台湾紹興酒です。埔里の中央山脈から湧き出る名水「愛蘭甘泉水」を使用し、昔ながらの製法で作られています。「紹興酒の玉露」とも言われ、深く芳醇な香りとまろやかなのど越しが魅力です。

モンドセレクションで永久金賞を受賞するなど、世界的な評価も高い一品。長期熟成の紹興酒はオーソドックスなストレートで飲むのがおすすめですが、夏場はロックで冷やすと飲みやすくなります。冬場は日本特有の飲み方である「ぬる燗」も香り高く、違った風味が楽しめるのが魅力の紹興酒です。

サントリー 蘭亭 国宴酒

サントリー 蘭亭 国宴酒

北京で外国使節や賓客をもてなすときに使われる人民大会堂で、唯一公式に指定されている紹興酒です。国賓が宿泊する釣魚台国賓館でも各国のVIPに振る舞われています。中国国内だけではなく、香港の中華料理の名店でも高く評価されている一品です。

厳選されたもち米と鑒湖の名水で作られて10年以上熟成された本製品は、まろやかな味わいと豊かな香りの余韻が長く続くのが特徴。深みのある風味で中華料理はもちろん、和食などさまざまな料理に合うお酒として味を引き立ててくれます。

関帝 白磁 陳年紹興酒

関帝 白磁 陳年紹興酒

紹興市にあるこのメーカーの最高峰ブランドが、関帝シリーズです。本製品は、特に厳選されたカメから選りすぐられた非常に品質のよい10年物の紹興酒。まろやかな口当たりと卓越したコクのある味わいで人気があります。

関帝は中国三国時代の英雄で「忠誠」「正義」のシンボルとして知られ、商売繁盛の神としても崇められています。中国名産の景徳鎮(ケイトクチン)の壺に入れられた本製品は高級感があるので、贈り物にもおすすめ。商売繁盛の神にあやかって開店祝いなどにも最適です。

永昌源 古越龍山 景徳鎮 15年

永昌源 古越龍山 景徳鎮 15年

紹興酒の生産量では世界一を誇る古越龍山の長期熟成製品です。カメに入れられた紹興酒は広大な敷地に建てられた倉庫に並べられ、適切な管理の下で15年間貯蔵。最終工程では、在籍する国家級黄酒評酒委員による卓越したブレンドや衛生管理を施されて出荷された一品です。

長期熟成の紹興酒は落ち着いたまろやかな味わいが特徴。独特のクセが抑えられるので、紹興酒が苦手な方にも飲みやすく仕上がっています。中国の代表的な陶磁器名産品である景徳鎮ボトルに入れられ高級感があるので、贈答品にもおすすめです。

越王台 陳年 花彫酒 青磁 20年

越王台 陳年 花彫酒 青磁 20年

越王台とは紹興市内にある越王・勾践(こうせん)が築いた都の跡のことで、紹興市内の観光名所として有名です。城をイメージした化粧箱は重厚で趣があり、左右に付いたツマミを抜いて取り出す面白い仕掛けが施されています。

本製品は、20年の長期熟成が醸し出す芳醇な香りと気品ある味わいが魅力です。有名な景徳鎮産の青磁の壺に入れられた様はお城の城壁を思わせ、インテリアとしても上質。風味、デザインともに贈り物に最適な一品です。

王宝和 紹興酒 老酒 皇 20年

王宝和 紹興酒 老酒 皇 20年

紹興酒造メーカーの中でも六大メーカーの一つに挙げられる、王宝和の20年熟成された紹興酒です。王宝和の紹興酒は本場中国でも人気が高く、本製品は本土でも高価な値段で販売されています。

まろやかさとボディの力強さに奥深さが感じられ、まさに至福の味わいです。香水を思わせるボトルデザインやメタリックなロゴも高級感があり、最高ランクに位置づけられる紹興酒なので大切な方への贈り物にもおすすめできます。

永昌源 古越龍山 善醸仕込み

永昌源 古越龍山 善醸仕込み

仕込みの際に使う水の代わりとして元紅酒を使った善醸仕込みの紹興酒です。古越龍山は、中国政府から国賓接待酒に指定されている中国を代表するメーカーの製品。多数在籍する国家級黄酒評価委員による高いブレンド技術が光ります。

本製品は、華やかな香りと濃厚な甘さが特徴で、ロックや炭酸割りにすると爽やかでより飲みやすくなります。濃厚な甘みを生かして、デザート感覚で杏仁豆腐やアイスクリームにかけるというユニークな楽しみ方もおすすめです。

日和商事 女児紅酒(ニュウアーホンチュウ)

日和商事 女児紅酒(ニュウアーホンチュウ)

女の子のための紹興酒として飲まれている女児紅酒。本製品は縁起のよい紹興酒で、お祝いの席やプレゼントにもぴったり。丸みのある壺形の容器には赤いリボンがかけられ、特別感もあります。

原料に厳選されたもち米を使用し良質な麹を用いて作られており、アルコール度数は16%でストレートでも飲みやすい紹興酒です。