そば特有の香ばしさとふくよかなコクを持ちながら、すっきりクリアな飲み口が人気のそば焼酎は、やわらかい口当たりで芋や麦焼酎に比べ癖が少なく、どんな料理にも合う万能さが魅力です。

世界ではじめてそば焼酎を作り出した雲海酒造の「雲海」が絶大な人気を誇っていますが、他にもたくさんの銘柄があります。そこで今回は、おすすめのそば焼酎や飲み方について紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

そば焼酎とは?

By: rakuten.co.jp

そば焼酎はソバの実を原料とした蒸留酒です。そば焼酎の歴史はほかの焼酎に比べて浅く、1973年に誕生しました。宮崎県五ヶ瀬地方で特産であったそばを用いて、雲海酒造が「そば焼酎雲海」として販売したのが始まりです。

そば焼酎を造るには、でんぷんを分解して糖に変える「麹」が不可欠。そばのでんぷんに麹菌を繁殖させると麹になりますが、そばの身は硬く、蒸すと粘性が出るため麹を作るのは非常に困難です。

そこで多くのそば焼酎は、麹に米や麦を使用しそばを発酵させます。発酵が進んで出来上がる「もろみ」を蒸留させ、えぐみを取り除くとともにアルコール度数を高めれば、そば焼酎のできあがりです。

米や麦麹の割合、そばを使う割合などでそば焼酎の味わいは大きく変わります。仕込みの材料のおかげで多様な種類があるので、自分好みの風味を見つけられることでしょう。

そば焼酎の選び方

麹で選ぶ

米麹・麦麹

麹はでんぷんを糖に変えるために不可欠な、お酒造りのパートナー。米麹でできた酒はすっきりとした淡麗さが魅力。ほんのりとした甘みを感じ、日本酒に使われることの多い麹です。

麦は外皮が硬いため、麦麹を作るためには精白と蒸す作業が必要。また、米に比べて水分を含みやすいため、麦麹専用の醸造技術も必要です。

どちらか単独の麹を使ったり、2つの麹をうまく掛け合わせたりすることでそば焼酎の味わいが変化します。ラベルを見ればどんな麹を使っているか書いてあるので、購入前にチェックして選ぶ際の参考にしてみてください。

そば麹

作り出すことが非常に困難といわれたそば麹ですが、宝酒造が独自技術をもってそば麹の製造に成功。特許を取得しています。そば麹でできたそば焼酎は、まさにそば100%、十割そばならぬ十割そば焼酎というわけです。

そばのコクと香ばしさ、ふくよかな味わいを存分に楽しみたい方にピッタリ。他の原料の風味を感じず、たっぷりそばの味わいに浸れます。そばを食べる時の食中酒として、これ以上のパートナーはないでしょう。そば湯で割って、さらにそばづくしにするのもおすすめです。

蒸留方法で選ぶ

By: kitsukura.co.jp

常圧蒸留方式

そば焼酎は蒸留酒であるため、水とアルコールの沸点の違いを利用し、アルコール濃度を高め雑味を取り除きます。蒸留方法には主に2つあり、昔からある長い歴史を持つ方法が常圧蒸留方式です。

地上と同じ気圧で蒸留するため、水は100℃、アルコールは78℃で沸騰します。アルコールと水の沸点の違いを利用することで、アルコール成分を多く含む湯気を抽出し、その湯気を冷やして液体に戻す蒸留方式。より原料の味が残りやすく、しっかりとコクのある風味が好きな方におすすめの方式です。

減圧蒸留方式

地上よりも気圧を下げ、さらに低い温度でもろみを沸騰させることで効率よく蒸留する方式。50度ほどでアルコールが沸騰するため、沸点が高めの雑味成分も抽出されにくくなります。原料の癖も出にくくなり、よりクリアですっきりとした味わいとなるので、そば焼酎初心者の方におすすめです。

そば焼酎のおすすめ銘柄

雲海酒造(UNKAI SHUZO) 雲海

日本初のそば焼酎、そば焼酎の元祖といえる存在の知名度・人気ともにNO.1の銘柄。減圧蒸留による抽出で雑味や癖が出にくく、麦麹仕込みの豊かな香りがあり、初心者の方にも飲みやすいすっきりした味わいです。

「雲海(うんかい)」とは、高い山の頂上から見下ろした雲が、まるで海のように壮大に広がるさまを呼びます。そば焼酎「雲海」の清らかな味とのどに広がっていくうまみは、どこまでも続くような雲海の情景に通じるものがあるでしょう。

宝酒造(TAKARA SHUZO) 十割

100%そばから作られる、本物の「十割そば焼酎」が宝酒造の十割(とわり)。原料のそばはもちろん麹にも一切そば以外のものを含まず、ストレートにそばの香りとうまみを実感できる銘柄です。

さらに十割は、原料のコクと風味を生かす常圧蒸留の原酒と、すっきりとして香り高い減圧蒸留の原酒を独自の割合でブレンド。飲み口は強めでどっしりとした風格を感じさせながらも、後味はすっきりとしていて雑味が残りません。

「100%そば」でできているからこそおすすめは、やはりそば湯割り。そば湯のまろやかで優しい味わいと香りが、十割のコクとキレに絶妙に合うため、ついつい飲み進めてしまう銘柄です。

橘倉酒造(KITSUKURA SHUZO) 峠

そばの名産地と言えば信州こと長野県。日本のそば収穫量は北海道に続く2位を誇り、人口10万人あたりのそば屋の数はなんと日本一です。橘倉酒造の「峠」は、数多くある信州そば屋の名店に絶大な人気があるそば焼酎。まさに「そば好きが選ぶそば焼酎」と言えるでしょう。

常圧蒸留によりそば本来の香りがしっかり感じ取れるので、そばとの相性も抜群。仕込みは米麹で行っているため、後味は上品に仕上がっています。冷たく締まったそばを味わいながら飲む、温かいそば湯で割った「峠」は格別です。

神楽酒造(KAGURA SHUZO) 天照セレクト

飲みやすいそば焼酎を一通り楽しめたら、いつもより高級志向のそば焼酎もおすすめです。天照セレクトは樫樽で熟成させた貯蔵酒をブレンド。熟成させた貯蔵酒のみが持つフルーティで芳醇な香りが特徴的で、アルコール度40度の切れ味が癖になる銘柄です。

とげのないやわらかな味わいはロックで飲むのにピッタリ。氷が溶けるのを待ちながら、ゆったりしたくつろぎの時間を、選び抜かれたそば焼酎と共に過ごしてください。

番外編:そば焼酎のおすすめの飲み方

お湯割り・水割り

お湯割り・水割りともに食事と一緒に楽しみやすいスタンダードな味が魅力。お湯割りにして梅干しを入れて飲むと、そばの風味と梅の酸味がマッチしておすすめ。お湯割りにはちみつや黒糖を混ぜるとまろやかさがUPします。

ソーダ割

By: unkai.co.jp

仲間と楽しく飲むのにおすすめはソーダ割。すっきりして飲みやすいのに、そばのほのかな香ばしさが感じられます。そば焼酎:ソーダ=1:4で割れば、アルコール度はおよそ5%。ビールと同程度なので飲みやすくなります。

そば湯割り

By: takarashuzo.co.jp

そば湯とはそばのゆで汁のこと。そばの成分が多く出ておりおいしいだけでなく、冷たいそばを食べた後に体を適度に温めてくれます。そば湯の濃い味わいをそば焼酎がきりりと引き締め、両者の香ばしい香りが引き立ちます。