飲み方を変えるだけで、さまざまな味わいを楽しめるウイスキー。なかでもウイスキー発祥の地といわれ、歴史が古いアイルランド地方のウイスキーはぜひ飲んでおきたいところです。

今回は、アイリッシュウイスキーのおすすめ人気銘柄をご紹介します。種類や選び方も解説するので、アイリッシュウイスキー初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

アイリッシュウイスキーとは?

By: amazon.co.jp

アイリッシュウイスキーとは、アイルランドやイギリスの北アイルランド地方で製造される穀物が原料のウイスキーです。

その基準は厳格で、麦芽の酵素で糖化し酵母の働きで発酵していること、蒸留液はアルコール度数94.8%未満のモノを使っていること、木樽で3年以上熟成させていることが条件。これら全てを満たしたモノのみが「アイリッシュウイスキー」と呼ばれます。

アイリッシュウイスキーの特徴

By: amazon.co.jp

アイリッシュウイスキーは、大麦麦芽や未発芽の大麦などを原料にしているのが特徴。2回の蒸留で造られることが多いスコッチウイスキーに対し、アイリッシュウイスキーは3回の蒸留を繰り返して造られるのが一般的です。

モルトの乾燥にピートを使用せず、ノンピート麦芽を主流にしています。穏やかな味わいの銘柄が多いのも特徴です。クセが少なく、初心者でも飲みやすいのがメリット。ロック・水割り・カクテルなど、幅広い飲み方にも適しています。

アイリッシュウイスキー選び方

種類で選ぶ

シングルポットスチル

By: amazon.co.jp

「シングルポットスチル」とは、豊かで複雑な風味とクリーミーな口あたりが特徴なアイリッシュウイスキー。アイルランド共和国の南部の町、コークにあるミドルトン蒸溜所が独自に造り上げた種類です。

大麦麦芽と未発芽の大麦を原料とし、場合によってはオーツ麦・ライ麦・小麦などを使用。これらの原料を粉砕して糖化し、酵母を加え、雑味を飛ばすために単式蒸留器で3回蒸留を行うことにより生成されます。

シングルモルト

By: amazon.co.jp

原料がモルト100%のモノを「モルトウイスキー」と呼び、さらに「シングルモルト」と「ブレンデッドモルト」の2種類に分けられます。

「シングルモルト」は、単一の蒸留所で造られた原酒のみを使ったモノ。蒸溜所を取り巻く気候風土や造り手の個性が現れやすいのが特徴です。そのなかでも、1つの樽の原酒だけで造られたモノを「シングルカスク」と呼びます。

「ブレンデッドモルト」とは、複数の蒸留所の原酒を組み合わせて造ったモルトウイスキーのこと。シングルモルトが蒸留所に左右されるのに対し、ブレンデッドモルトは原酒を配合する人(ブレンダー)に左右されます。

グレーンウイスキー

By: amazon.co.jp

「グレーンウイスキー」とは、トウモロコシ・小麦・ライ麦・未発芽の大麦などを主原料としたウイスキー。シングルモルトウイスキーが単式蒸留器で蒸留されるのに対し、グレーンウイスキーは連続式の蒸留機で一気にアルコールを凝縮するので、シングルモルトウイスキーよりもクリアな仕上がりになります。

クセが少なくマイルドな口あたりのため、ウイスキー初心者の方にもおすすめ。その軽い味わいから「サイレントスピリッツ」と呼ばれることもあります。

ブレンデッドウイスキー

By: amazon.co.jp

モルトウイスキーの原酒とグレーンウイスキーの原酒をブレンドして造られたモノを「ブレンデットウイスキー」と呼びます。シングルモルトのように「ひとつの蒸留所」という決まりはなく、さまざまな蒸留所のウイスキーを使用することがほとんどです。

個性の強いシングルモルトとライトな味わいのグレーンを混ぜることで、飲みやすさに配慮しているのもポイント。ほんのりと甘く、まろやかな味わいが多いのも特徴です。

蒸留所で選ぶ

By: amazon.co.jp

ブッシュミルズ蒸溜所

1608年創業の「ブッシュミルズ蒸溜所」。イギリス・北アイルランドのアントリム州に位置しており、アイリッシュウイスキーとしてはもちろん、ウイスキー全体としても最古の醸造所として知られている場所です。

アイリッシュウイスキーの伝統的な製法である3回蒸留を引き継いでいるのも特徴。モルトの原料にアイルランド産のノンピート麦芽を100%使用することで、軽やかながらしっかりとした味わいを堪能できるのも魅力です。

クーリー蒸溜所

アイルランドの東、北アイルランドとの国境間近にある「クーリー蒸溜所」。スタートは1989年と歴史は浅いものの、アイリッシュウイスキーでは現在唯一のピーテッド・シングルモルトとして知られる「カネマラ」を醸造しているのが特徴です。

アイリッシュウイスキーは、未発芽の大麦と麦芽の両方を原料に使用し、3回蒸留を行うのが一般的。しかし、同銘柄は未発芽大麦を使用せずにピート(泥炭)を焚いた麦芽乾燥を採用し、蒸留も初留と再留の2回に留めています。アイリッシュウイスキーに分類されながらも、ほかとは異なるこだわりを貫き通しているので、ウイスキー好きな方はぜひおさえておきましょう。

新ミドルトン蒸溜所

「新ミドルトン蒸溜所」は、原料に大麦を使う伝統的なアイリッシュウイスキーを生産しているのが特徴。名前の通り蒸留所としては新旧あり、古い方は博物館として利用されています。

歴史を紐解くと、旧蒸留所は1825~1975年まで150年間操業。アイルランドのコークにあり、大西洋航路の基点となった南部の町としても知られています。

新蒸留所は1975年からスタート。広大な敷地と豊富で良質の水に恵まれているミドルトンに拠点があり、シングルポットスチルからグレーンウイスキーまで生産する複合蒸留所として稼働しています。

熟成期間で選ぶ

By: amazon.co.jp

蒸留したての原酒は味わいにカドがあり、とげとげしい風味を持つのが特徴です。オークなど木材の樽に詰めて長期間熟成させることでカドが取れ、次第にまろやかな味わいへ変化します。

アイリッシュウイスキーは、最低でも3年以上の熟成期間が定められているのがポイント。「12年」や「21年」など、熟成期間が長いほど香りや風味に深みが生まれて「円熟」した味わいになります。

とりわけウイスキーの風味を感じたい方には、長期熟成させたモノがおすすめ。なめらかな口あたりと、芳醇な香りを楽しめます。

樽の種類をチェック

By: amazon.co.jp

木製の樽で3年以上熟成させて造られるアイリッシュウイスキーは、使用される樽にもさまざまな種類が存在します。例えば、ヨーロッパに多く生息している「ヨーロピアンオーク」や、北米で生産される「アメリカンオーク」を使用した樽などが一般的です。

ヨーロピアンオーク製の樽で熟成させたウイスキーは、シナモンやドライフルーツなど甘いフルーティーな風味を持っています。対してアメリカンオークは、バニラやココナッツのような甘く力強い、濃厚な味わいに仕上がりやすいのが魅力です。

また、「バーボン樽」もアイリッシュウイスキーの熟成に使用されることがあり、クセを抑えてまろやかな仕上がりになるのがポイント。そのほか、ワインに使用される「シェリー樽」もあり、甘くフルーティーな味わいになるのが特徴です。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄

ジェムソン(JAMESON) スタンダード

ミドルトン蒸溜所で製造したアイリッシュウイスキーです。3回の蒸留によって生まれた、なめらかな口あたりが特徴。発芽した大麦麦芽と未発芽の大麦の2つを使用したポットスチルウイスキーと、上質なグレーンウイスキーをブレンドして仕上げています。

香ばしくまろやかな香りも魅力のひとつ。ほのかなシェリーの香りとウッディな甘い香りも程よいアクセントになっています。

スムースな味わいを楽しみたい方には、ソーダ割りがおすすめ。氷を入れたグラスにジェムソンを入れ、ソーダを満たして味わってみてください。後味はスムースで余韻が少ないため、初心者の方にもおすすめです。

ジェムソン(JAMESON) ブラック・バレル

創業当初のチャーリング製法で造られたアイリッシュウイスキーです。チャーリングとは、樽職人が樽の内面を炎で焦がすこと。バーボンとシェリーの2種類の樽で熟成しており、バーボン樽に二度のチャーリングを施しています。

焦がしたバーボン樽によって生まれた、芳醇で複雑な味わいが特徴。ナッツの香りやバニラの甘さに加え、シェリー樽由来のフルーティーな風味も楽しめます。

飲み終わった後に、焦がした木の香りやバニラの余韻が残るのも魅力です。オールドファッションドのカクテルにすると、ウイスキー本来の味わいを楽しめます。芳醇で力強い口あたりがクセになる、人気のアイリッシュウイスキーです。

ジェムソン(JAMESON) スタウトエディション

クラフトビール醸造所とのコラボレーションによって誕生したアイリッシュウイスキーです。ジェムソンウイスキーの熟成に使った樽で、アイリッシュスタウトビールを熟成。その樽を再び蒸留所に戻し、同じ樽でジェムソンを熟成させて仕上げています。

コーヒーやチョコレート、バタースコッチのような甘い香りが特徴。ポットスチルウイスキー特有の甘みとリッチでクリーミーな味わいを楽しめます。

甘みの余韻が長く続くのも魅力のひとつ。スタウトビールを熟成させた樽由来のホップも感じられる、クラフトビールが好きな方におすすめのアイリッシュウイスキーです。

カネマラ(CONNEMARA) ピーティッド・シングルモルトィ

アイルランドのクーリー蒸溜所で造られたアイリッシュウイスキーです。大麦麦芽を乾燥させる際に泥炭などでいぶして発芽を止めた、ピーテッド麦芽を使用。ピーテッド麦芽由来のスモーキーさが魅力のシングルモルトです。

若々しくフレッシュな「4年熟成」、ほのかなフルーティーさとバーボン樽由来のバニラ風味を感じる「6年熟成」、バーボン樽由来の甘みが強い「8年熟成」のモルト原酒をブレンド。スモーキーなピート香とともに、フルーティーな香りも際立ちます。

蜂蜜のような甘さの後に、バニラやチョコレート風味に変化していく味わいも魅力です。熟成年数の異なる3つのモルト原酒が醸し出す味わいを楽しめる銘柄。スモーキーフレーバーを楽しみたい方におすすめです。

カネマラ(CONNEMARA) 12年

12年熟成による奥深い味わいが楽しめるアイリッシュウイスキーです。近年はピートを使用しないノンピーテッド麦芽が主流のなか、カネマラは昔ながらのピーテッド麦芽を使用しているのが特徴。伝統的な製法によって、クセになるスモーキーな香りを楽しめます。

なめらかで複雑な味わいを楽しめるのもポイント。一口飲むと、スパイシーな味わいが広がった後に、アーモンドやビスケット、バニラのような甘さを感じられます。やわらかくスモーキーな樽の香りと、緑の大地をイメージさせる爽やかな余韻が魅力の銘柄です。

タラモア デュー(TULLAMORE DEW) アイリッシュウイスキー

ミドルトン蒸溜所で造られた銘柄です。アイリッシュウイスキーを代表する名ブランドで、ジェムソンに次いで第2位の出荷量を誇る人気銘柄。モルトとグレーンをブレンドしたブレンデッドウイスキーです。

3回の蒸留による軽くてなめらかな風味が特徴。「繊細でなめらか、麦芽由来の香りや味わいを楽しめる」と専門家からも高く評価されています。口あたりが軽くて飲みやすいため、初心者の方にもぴったり。口に含むとスパイシーな味わいの後にほのかな甘さが広がります。軽めの味わいを楽しみたい方におすすめです。

レッドブレスト(REDBREAST) 12年

ウイスキー通からの評価が高い、高級感のあるアイリッシュウイスキーです。ミドルトン蒸溜所で造られたシングルポットスチル。3回蒸留した後に、アメリカンオークのバーボン樽とスペインオークのシェリー樽で熟成させています。

力強いウッディな香りを中心に、スパイシーとフルーティーの絶妙なバランスを楽しめる銘柄。12年以上も熟成された深みのあるハーモニーが舌に残り、長い余韻を堪能できます。品質の高さを誇るアイリッシュウイスキーを探している方におすすめです。

ティーリング(TEELING) シングルモルト

アイルランドのダブリンに本拠を構えるティーリング・ウイスキー社が、フラッグシップモデルとして提供する銘柄です。シェリーワイン・ポートワイン・マデイラワイン・白ワイン・ソーヴィニヨンの5種類のワイン樽を使用して熟成させたモルト原酒をブレンド。フルーツ感のあふれる風味を堪能できます。

メロンやイチジク、レモンの香りが広がる口あたりが魅力。ドライフルーツやシトラス、バニラのなかにスパイスさも程よく感じられる味わいです。最後は、甘みと一緒にワイン樽のドライな渋みの余韻も長く楽しめます。国際コンクールでも高い評価を受けている銘柄。フルーティーなシングルモルトが好きな方におすすめです。

ティーリング(TEELING) シングルグレーン

手作りにこだわるティーリング・ウイスキー社のアイリッシュウイスキーです。ワールド・ウイスキー・アワード2014でベスト・グレーン賞を受賞し、世界一に輝いたアイリッシュウイスキー。カリフォルニア赤ワインの熟成に使用した樽で熟成させた後、冷却ろ過せずに瓶詰にしています。

フルーティーな香りとほのかな甘みが特徴。スパイシーな味わいのなかにも、赤ワイン樽由来のレッドベリーのような甘みもあり、後味は渋みの余韻が続きます。高い評価を受けたシングルグレーンを堪能したい方におすすめの銘柄です。

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) ブッシュミルズ

ブッシュミルズ蒸溜所で造られたアイリッシュウイスキーです。ブッシュミルズのスタンダードな銘柄。100%アイルランド産のノンピート麦芽を使用したモルト原酒と軽やかなグレーン原酒をブレンドして仕上げています。

バニラの香りの後に、クリームブリュレを彷彿とさせる香りを楽しめます。味わいは穏やかなあたたかみがあり、蜂蜜のような甘みが隠れているのも特徴です。すっきりとしたキレのよい後味も魅力。手頃な価格で手に取りやすいため、初心者の方にもおすすめです。

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) シングルモルト10年

ノンピートの大麦麦芽のみを使用したアイリッシュウイスキーです。バーボン樽で10年以上熟成されたモルト原酒を使用。原料の穀物処理からボトリングまで、全てブッシュミルズ蒸溜所で管理しています。

バーボン樽由来の芳醇かつ軽やかな香りが特徴。一口飲むと、とけたチョコレートのような味わいが舌にからみ、後から樽の香ばしさが追いかけてきます。穏やかな味わいながら、キレのある後味を楽しめるおすすめの銘柄です。

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) ブラックブッシュ

大麦麦芽にこだわって造られたアイリッシュウイスキーです。オロロソシェリー樽とバーボン樽で最長7年熟成させたモルト原酒を80%使用。少量生産のグレーンウイスキーとブレンドしています。

濃厚な香りから、軽やかでスパイスのきいたフルーツケーキのような香りに変わるのが特徴。奥深い味わいがのどの奥まで広がり、シェリーのやさしい甘さも感じられます。余韻は長く、シェリー樽由来の力強さとモルトのやわらかさのハーモニーを楽しめる銘柄です。

ストレートやロックで味わうのはもちろん、コーラで割るのもおすすめ。シェリー樽由来のほのかな甘みとコーラの爽やかな甘みの相性がよい一杯です。

キルべガン(KILBEGGAN) アイリッシュウイスキー

クーリー蒸溜所で造られたアイリッシュウイスキーです。なめらかでライトな口あたりのため、飲みやすいのが特徴。シングルモルト30%とグレーンウイスキー70%をブレンドしており、バーボン樽で熟成しています。

手頃な価格なので、手に取りやすいのもうれしいポイントです。アイルランド最古といわれるブルナス蒸溜所の代表ブランドを復活させた銘柄。ロックやストレートで飲むのがおすすめです。

バスカー(BUSKER) アイリッシュウイスキー

ロイヤルオーク蒸溜所で造られたアイリッシュウイスキーです。トロピカルフルーツのようなフレーバーを味わえるのが特徴。バーボン樽・シェリー樽・マルサラワイン樽の3つを使用して熟成させています。

マルサラワイン樽に由来するフルーツのようなアロマを感じたい方はロックがおすすめ。なめらかでとろけるような口あたりを楽しめます。2020年に誕生したばかりの銘柄ですが、2021年に著名な雑誌のアワードで最高賞を受賞。やわらかな甘みを感じるフルーティーな銘柄を探している方におすすめです。

バスカー(BUSKER) シングルポットスチル

大麦麦芽と未発芽の大麦を原料に使用し、ポットスチルで3回蒸留したアイリッシュウイスキーです。甘みとスパイシーさのバランスがよいのが特徴。バーボン樽とシェリー樽を程よく使用して仕上げています。

香水のように華やかなフローラルの香りも魅力。バニラの甘い味わいの後に、ブラックペッパーによるスパイシーな余韻が広がります。アイルランド特有のシングルポットスチルを飲んでみたい方におすすめです。

アイリッシュマン(THE IRISHMAN) ファウンダーズリザーヴ

数多くの受賞歴を誇る、高級感の漂うアイリッシュウイスキーです。3回蒸留した後にバーボン樽で熟成。シングルモルトを70%とシングルポットスチルを30%ブレンドしています。

ブラックペッパーの刺激的なスパイスのなかに、かすかな甘みを伴う香りが特徴。スパイシーながら、甘いダークチョコレートの味わいも楽しめます。フィニッシュにオークやバタースカッチの余韻が残るのもポイント。人気が高い銘柄を探している方におすすめです。

グレンダロウ(GLENDALOUGH) シングルグレーン ダブルバレル 42%

古きよき時代の再来を目指して5人のスタッフが立ち上げた、グレンダロウ蒸溜所のアイリッシュウイスキーです。アイルランド産の大麦ととうもろこしを原料に使用。アメリカンオークのバーボン樽で3年半、オロロソシェリー樽で半年の熟成期間を経て仕上げています。

バーボン樽に由来するチョコレートやキャラメルのような甘さ、シェリー樽由来のナッツやフルーツのような味わい。2つの風味がうまく引き立て合っています。クセが少なく軽やかな味わいを楽しめるアイリッシュウイスキーを探している方におすすめです。

ウエストコーク(WEST CORK) シングルモルト

2003年に創業したウエストコーク蒸溜所のアイリッシュウイスキーです。ウエストコーク蒸溜所は、本場アイルランドの蒸留所のなかでも優れた技術により注目される蒸留所のひとつ。2016年には広大な第2蒸溜所もオープンしました。

グレープフルーツのような柑橘類の味わいを楽しめるシングルモルト。バニラのような余韻の長い甘さとブリオッシュの香りも楽しめます。なめらかでバランスの取れた飲み口の銘柄を探している方におすすめです。

ザ ホイッスラー(THE WHISTLER) 7年

2016年に稼働したばかりのボアン蒸溜所で造られたアイリッシュウイスキーです。シェリー樽での熟成による、芳醇な香りが魅力。バーボン樽で5年間熟成した後に、オロロソシェリー樽で2年以上寝かせて仕上げています。

同じ曲を異なる音程で奏でる意味を持つジャズ用語の「ブルーノート」とも呼ばれる本商品。名前の通り、熟成を重ねることで生まれた濃厚な甘みも口に広がります。アイリッシュウイスキーの底力が伝わるおすすめの銘柄です。

アイリッシュウイスキーの楽天市場ランキングをチェック

アイリッシュウイスキーの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:アイリッシュウイスキーのおすすめの飲み方

ストレート

By: amazon.co.jp

アイリッシュウイスキー本来の味を堪能したい方は、「ストレート」で飲むのがおすすめです。ストレートは水や氷などで割らずに、ウイスキーだけを楽しむ飲み方。銘柄ごとの芳醇な香りや深い味わいをゆっくりと味わえます。

水などのチェイサーを用意して楽しんでみてください。原液の濃厚な口あたりが苦手な方には、氷が少しずつとけて飲みやすくなるロックスタイルがおすすめです。

ソーダ割り

By: jamesonwhiskey.com

アイリッシュウイスキーを爽快に飲みたい方には「ソーダ割り」がおすすめです。材料はアイリッシュウイスキーとソーダのみ。レモンやライムなどを加えずに飲むと、ウイスキーの風味を存分に味わえます。

氷を入れたグラスに好みの量のアイリッシュウイスキーを注ぎ、ソーダを満たして最後に軽くかき混ぜたら完成です。

アイリッシュコーヒー

By: jamesonwhiskey.com

いつもと異なる飲み方を楽しみたい方には、アイリッシュコーヒーがおすすめです。コーヒーのほろ苦さと生クリームの甘さの絶妙なバランスを楽しめます。アイリッシュウイスキーをベースに、コーヒー・砂糖・生クリームを加えるだけで簡単に完成するので、ぜひ試してみてください。

あたためたグラスに砂糖または白ザラメを15gと、アイリッシュウイスキーを20cc入れます。次に120ccの深煎りコーヒーを注ぎ、最後に生クリームを浮かべたら出来上がりです。