飲み方を変えるだけで、さまざまな味わいを楽しめるウイスキー。なかでもウイスキー発祥の地ともいわれ、歴史が古いアイルランド地方のウイスキーはぜひ飲んでおきたいところです。

そこで今回は、「アイリッシュウイスキー」のおすすめ人気銘柄をご紹介します。種類や選び方も解説するので、アイリッシュウイスキー初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

アイリッシュウイスキーとは?

By: amazon.co.jp

アイリッシュウイスキーとは、アイルランドやイギリスの北アイルランド地方で製造される穀物が原料のウイスキーです。

その基準は厳格で、麦芽の酵素で糖化し酵母の働きで発酵していること、蒸溜液はアルコール度数94.8%以下のモノを使っていること、木樽で3年以上熟成させていることが条件。これらすべてを満たしたモノのみが「アイリッシュウイスキー」と呼ばれます。

アイリッシュウイスキー選び方

種類で選ぶ

シングルポットスチル

By: amazon.co.jp

「シングルポットスチル」とは、豊かで複雑な風味とクリーミーな口あたりが特徴なアイリッシュウイスキー。アイルランド共和国の南部の町、コークにあるミドルトン蒸溜所が独自に造り上げた種類です。

麦芽、未発芽の大麦を原料とし、場合によってはオーツ麦やライ麦、小麦などを使用。これらの原料を粉砕して糖化し、酵母を加え、雑味を飛ばすために単式蒸溜器で3回蒸溜を行うことにより生成されます。

シングルモルト

By: amazon.co.jp

原料がモルト100%のモノを「モルトウイスキー」と呼び、種類はさらに「シングルモルト」と「ブレンデッドモルト」に分かれます。「シングルモルト」とは、単一の蒸留所で造られた原酒のみを使ったモノ。蒸留所が建つ場所の風土の影響や造り手の個性が現れやすいのが特徴です。なお、そのなかでも1つの樽の原酒だけで造られたモノを「シングルカスク」と呼びます。

一方、「ブレンデッドモルト」とは、複数の蒸留所の原酒を組み合わせて造ったモルトウイスキーのこと。シングルモルトが蒸留所に左右されるのに対し、ブレンデッドモルトは原酒を配合する人(ブレンダー)に左右されます。

グレーンウイスキー

By: amazon.co.jp

「グレーンウイスキー」とは、トウモロコシや小麦、ライ麦、未発芽の大麦などを主原料としたウイスキー。シングルモルトウイスキーが単式蒸留器で蒸留されるのに対し、グレーンウイスキーは連続式の蒸溜機で一気にアルコールを凝縮するので、シングルモルトウイスキーよりもクリアな仕上がりになるのが特徴です。

クセが少なくマイルドな口あたりのため、ウイスキー初心者の方にもおすすめ。なお、その軽い味わいから「サイレントスピリッツ」と呼ばれることもあります。

ブレンデッドウイスキー

By: amazon.co.jp

モルトウイスキーの原酒とグレーンウイスキーの原酒をブレンドして造られたモノを「ブレンデットウイスキー」と呼びます。シングルモルトのように「ひとつの蒸留所」という決まりはなく、さまざまな蒸留所のウイスキーを使用することがほとんどです。

個性の強いシングルモルトとライトな味わいのグレーンを混ぜることで、飲みやすさに配慮しているのもポイント。ほんのりと甘く、まろやかな味わいが多いのも特徴です。

蒸溜所で選ぶ

ブッシュミルズ蒸溜所

1608年創業の「ブッシュミルズ蒸溜所」。イギリス・北アイルランドのアントリム州に位置しており、アイリッシュウイスキーとしてはもちろん、ウイスキー全体としても最古の醸造所として知られている場所です。

アイリッシュウイスキーの伝統的な製法である3回蒸溜を引き継いでいるのも特徴。モルトの原料にはアイルランド産のノンピート麦芽を100%使用することで、軽やかながらしっかりとした味わいを堪能できるのも魅力です。

クーリー蒸溜所

アイルランドの東、北アイルランドとの国境間近にある「クーリー蒸溜所」。スタートは1989年と歴史は浅いものの、アイリッシュウイスキーでは現在唯一のピーテッド・シングルモルトとして知られる「カネマラ」を醸造しているのが特徴です。

アイリッシュウイスキーは未発芽の大麦と麦芽の両方を原料に使用し、3回蒸溜を行うのが一般的。しかし、同銘柄は未発芽大麦を使用せずにピート(泥炭)を焚いた麦芽乾燥を採用し、蒸溜も初溜と再溜の2回に留めています。アイリッシュウイスキーに分類されながらも、ほかとは異なるこだわりを貫き通しているので、ウイスキー好きな方はぜひおさえておきましょう。

新ミドルトン蒸溜所

「新ミドルトン蒸溜所」は、原料に大麦を使う伝統的なアイリッシュウイスキーを生産しているのが特徴。その名の通り蒸溜所としては新旧あり、古い方は博物館として利用されています。

歴史を紐解くと旧蒸溜所は1825~1975年まで150年間操業。アイルランドのコークにあり、大西洋航路の基点となった南部の町としても知られています。

新蒸溜所は1975年からスタート。広大な敷地と豊富で良質の水に恵まれているミドルトンに拠点があり、シングルポットスチルからグレーンウイスキーまで生産する複合蒸溜所として稼働しています。

熟成期間で選ぶ

By: amazon.co.jp

蒸溜したての原酒は味わいにカドがあり、とげとげしい風味を持つのが特徴です。オークなど木材の樽に詰めて長期間熟成させることでカドが取れ、次第にまろやかな味わいへ変化します。

アイリッシュウイスキーは、最低でも3年以上の熟成期間が定められているのがポイント。「12年」や「21年」など、熟成期間が長いほど香りや風味に深みが生まれて「円熟」した味わいになります。

とりわけウイスキーの風味を感じたい方には、長期熟成させたモノがおすすめ。なめらかな口当たりと、芳醇な香りを楽しめます。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) ブッシュミルズ シングルモルト 10年

大麦麦芽のみをふんだんに使用し、伝統の3回蒸留を経てバーボン樽で最低10年熟成させたアイリッシュウイスキー。ピートを使用していないため、軽やかな香りとなめらかな口当たりが楽しめるのが特徴です。

グラスに注ぐとまず感じられるのは甘くフルーティーな香り。あとからほのかにスパイシーさと、バーボン樽特有のハチミツのような濃厚な香りも感じられます。

味わいは、まるで溶けたチョコレートのように甘くなめらか。ハチミツのような甘みと樽独特の香ばしさも混ざり合い、複雑な風味に仕上がっています。芳醇な味わいを存分に楽しむためにも、ロックで飲むのがおすすめです。

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) アイリッシュマン ファウンダーズリザーヴ

美しい琥珀色が映えるボトルに、ブラックとゴールドを基調としたラベルをあしらった、高級感のあるアイリッシュウイスキー。ウイスキーが好きな方へのプレゼントとしてもおすすめの製品です。

シングルモルトを70%、シングルポットスチルを30%ブレンドして造られているのが本銘柄の特徴。モルトの持つ甘みと風味が存分に味わえるのが魅力です。

ボトルを開けると広がるのは、スパイシーさに加えて、ピーチやグリーンアップルのようなフルーティーな香り。口にするとチョコレートのような甘みの中に香ばしさとスパイシーさが混ざりあった複雑な味わいが楽しめます。

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) ブラックブッシュ

ブッシュミルズ独特の、すっきりとしたフォルムのボトルが印象的なアイリッシュウイスキー。やや濃い琥珀色とブラックのラベルが美しく、高級感があります。

ピートを使用しない「アンピーテッドモルト」を使用しているのが特徴。スモーキーさや土臭さがないためアイリッシュウイスキー初心者にもおすすめの製品です。

シェリー樽とバーボン樽で最長7年熟成させたモルト原酒を80%、高品質で香り高いグレーン原酒を20%ブレンドして造られているのも特徴のひとつ。シェリーとモルトの香りが豊かに感じられます。

3回蒸留によるクリアな口当たりと、まろやかでコクのある重厚な風味が味わえるのが魅力。ソーダ割りやロックなど、気分やシーンに合わせて好きな飲み方で楽しんでください。

クーリー蒸溜所(Cooley) カネマラ

クーリー蒸留所で造られるアイリッシュウイスキー「カネマラ」。昔ながらのピートを用いた製法を採用しているため、独特のスモーキーな香りが楽しめるのが特徴です。

4・6・8年熟成のモルト原酒をブレンドして造られているのも特徴のひとつ。ピート独特のスモーキーさに加えて、フルーティーな香りが感じられます。

口に含むとハチミツのようなほのかな甘さが感じられたあとに、バニラやチョコレートのような味わいへと変化していくのが魅力。複雑ながらもなめらかな口当たりを楽しめるおすすめのアイリッシュウイスキーです。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) タラモアデュー

上品なグリーンのラベルとスクエアボトルが特徴的なアイリッシュウイスキー。新ミドルトン蒸留所で造られています。

美しい琥珀色の液色が魅力的。アイリッシュウイスキーの伝統である3回蒸留を行ったクリアな味わいのモルト原酒に、グレーンウイスキーをブレンドしており、ほんのり甘く穏やかで繊細な味わいが楽しめます。

香りはナッツやレモンに例えられる、香ばしく爽やかな香り。ソーダ割りやロックなど、気分に合わせてさまざまな飲み方で楽しめるアイリッシュウイスキーです。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) レッドブレスト 12年 シングルポットスチル

上品で高級感のあるアイリッシュウイスキー。大麦麦芽と未発芽の大麦を原料に、伝統的な銅製の蒸留器で3回蒸留を繰り返した「シングルポットスチル」は、ミドルトン蒸留所による独自のスタイルでアイリッシュウイスキーの典型です。

「レッドブレスト」は、コマドリの赤い胸のこと。熟成の際にシェリー樽を使用することにより、ウイスキーが赤みを帯びることにちなんで名づけられました。

グラスに注ぐと、スパイシーでフルーティーな香りとウッドの香りが混ざり合った複雑なアロマが立ちのぼります。スパイシーさとクリーミーさ、甘みなどのバランスがよく、豊かな味わいが楽しめるためロックで飲むのがおすすめです。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) ジェムソン スタンダード

ワインのようなスリムボトルが特徴のアイリッシュウイスキー。大麦と水とトウモロコシといったシンプルな材料を使用し、3回蒸留することで生まれるなめらかな口当たりが楽しめます。

ボトルを開けると、まず感じるのはかすかなシェリーの香り。それから、花のような甘い香りとスパイシーでウッディな香りが混ざり合った香ばしい香りが立ちのぼります。

口当たりは大変なめらかで飲みやすく、アイリッシュウイスキー初心者にもおすすめ。スパイスやナッツのような香ばしさと、シェリーの甘みとのバランスがよく、後口もさっぱりとしています。ソーダ割りで飲むと、より豊かな香りとなめらかな味わいを楽しめるのでおすすめです。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) ジェムソン カスクメイツ

イギリスの黒ビール「スタウト」の樽を用いて熟成した珍しいアイリッシュウイスキー。変わり種のアイリッシュウイスキーを飲んでみたい方におすすめの製品です。

スタウト樽で熟成させることにより、カカオやコーヒー、バタースコッチを思わせる濃厚なフレーバーやかすかなホップの香りがプラスされ、複雑な味わいに仕上がっています。

ブレンデッドアイリッシュウイスキーして有名な「ジェムソン」のなめらかな口当たりはそのままに、リッチで奥深い味わいが楽しめるのが魅力。ウイスキーが好きな方にはもちろん、ビールが好きな方にもおすすめのアイリッシュウイスキーです。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) ジェムソン ボウ・ストリート 18年

どっしりとしたフォルムのボトルと、上品なグリーンのラベルが高級感のあるアイリッシュウイスキー。銅板にエッチングを施したボックス付きで、プレゼントにもおすすめの製品です。

本製品は3回蒸留を行った3種類のウイスキーを、厳選したヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽で18年以上熟成した貴重なモノ。また、加水調整をせず樽からそのままボトリングされているため、樽によってアルコール度数が異なるのが特徴です。

香りは砂糖菓子の「トフィー」のような奥深い香りと樽由来の豊かな香りが特徴。口に含むと甘みのなかに、ナッツのような香ばしさやスパイシーな風味が加わり、芳醇で複雑な味わいが楽しめます。

余韻が長いので、ゆっくりと移り変わる味わいを楽しめるロックやストレートで飲むのがおすすめです。

ティーリング蒸留所(Teeling) スモールバッチ

高級感のある濃い色のボトルが印象的なアイリッシュウイスキー。2012年に設立したティーリング社による製品で、国際コンクールにおいても高い評価を得ています。

モルト原酒とグレーンウイスキーをブレンドし、ラム樽で熟成させているのが本製品の特徴。ラムの香りと、バニラやスパイスを思わせる香りとが合わさった魅惑的なアロマが楽しめます。

なめらかで心地よい口当たりで飲みやすく、アイリッシュウイスキー初心者にもおすすめ。ラム樽熟成独特の味わいとウッディでほのかな甘みが味わえます。

ロックやソーダ割りのほか、コーヒーに垂らしてアイリッシュコーヒーとして楽しむのもおすすめです。

ティーリング蒸留所(Teeling) シングルグレーン

ワールド・ウイスキー・アワード2014でベストグレーン賞を獲得したアイリッシュウイスキー。やや濃く美しい琥珀色が魅力の1本です。

ボトルを開けると、フルーティーな香りのあとに、独特の甘い香りが広がります。口に含むとまずスパイシーな味わいが感じられ、そのあとにベリーのような豊かでフルーティーな味わいが楽しめるのが特徴です。

カリフォルニア赤ワインの熟成に使った樽を用いて熟成しているため、タンニンによるほのかな辛口の後味が感じられるのもポイント。ひと味違うアイリッシュウイスキーを試してみたい方におすすめの銘柄です。

ウエストコーク(West Cork) バーボンカスク

2003年に設立されたウエストコーク蒸留所のアイリッシュウイスキー。ウエストコーク蒸留所は「WWA2017 クラフトプロデューサー・オブ・ザ・イヤー」において高い評価を得ており、注目を浴びています。

モルト25%、グレーン75%でブレンドした原酒をバーボン樽で熟成させているのが特徴。甘い香りのなかにかすかにシトラスのような爽やかさやコショウのようなスパイシーな香りが感じられます。

アイリッシュウイスキーらしいスムースな口当たりで、初心者でも飲みやすくおすすめ。ほのかな甘みとナツメグのようなスパイシーで香ばしい風味が混ざりあった奥深い味わいで、ロックやソーダ割りなどで楽しめます。

ランベイ(LAMBAY) シングルカスク バッチ4616 Y’sカスク

アイルランドの首都・ダブリンから約3kmの沖合に浮かぶ小さな島「ランベイ島」で造られているアイリッシュウイスキー。なかでも本銘柄は、ひとつの樽の原酒のみから造られた「シングルカスク」と呼ばれる貴重な1本です。

バッチ4616という樽はセラーの扉の近くにあり、海風や潮の影響を受けやすいのが特徴。ソルティな味わいを試してみたい方におすすめです。

最品質の麦芽をふんだんに用いた原酒を3回蒸留し、バーボン樽で4年以上寝かせ、そのあとコニャック樽に移してボトリング。コニャック樽による豊かな花の香りが楽しめます。

ティーリング蒸留所(Teeling) シングルモルト

ブラックのボトルがクールな印象のアイリッシュウイスキー。昔ながらの手作業と、小さな樽で伝統的なアイリッシュウイスキーを造ることにこだわりを持つティーリング社の製品です。

本銘柄は、味わいの深さが得られる樽のみが選ばれ、絶妙なバランスでブレンドされているのが特徴。同蒸留所の考えるベストなアイリッシュウイスキーが楽しめます。

メロンやいちじくのような甘く熟したフルーツの香りのなかに、トフィーのような濃厚で香ばしい香りが感じられるのが魅力。口に含むとドライフルーツのような甘みとスパイシーな風味が混ざった複雑な味わいが楽しめます。

甘く長い余韻のなかにも樽由来のドライさが感じられ、後味はすっきり。食事の際にはソーダ割りで、夜にゆったりと楽しみたいときにはロックやストレートで楽しむのがおすすめです。

アイリッシュウイスキーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アイリッシュウイスキーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。