飲み方を変えるだけで、さまざまな味わいを楽しめるウイスキー。なかでもウイスキー発祥の地ともいわれ、歴史が古いアイルランド地方のウイスキーはぜひ飲んでおきたいところです。

そこで今回は、アイリッシュウイスキーのおすすめ人気銘柄をご紹介します。種類や選び方も解説するので、アイリッシュウイスキー初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

アイリッシュウイスキーとは?

By: amazon.co.jp

アイリッシュウイスキーとは、アイルランドやイギリスの北アイルランド地方で製造される穀物が原料のウイスキーです。その基準は厳格で、麦芽の酵素で糖化し酵母の働きで発酵していること、蒸溜液はアルコール度数94.8%以下のモノを使っていること、木樽で3年以上熟成させていること。これらすべてを満たしたモノのみが「アイリッシュウイスキー」と呼ばれます。

アイリッシュウイスキー選び方

種類で選ぶ

シングルポットスチル

By: amazon.co.jp

「シングルポットスチル」とは、豊かで複雑な風味とクリーミーな口あたりが特徴なアイリッシュウイスキー。アイルランド共和国南部の町、コークにあるミドルトン蒸溜所が独自に造り上げた種類です。

麦芽、未発芽の大麦を原料とし、場合によってはオーツ麦やライ麦、小麦などを使用。これらの原料を粉砕して糖化し、酵母を加え、雑味を飛ばすために単式蒸溜器で3回蒸溜を行うことにより生成されます。

シングルモルト

By: amazon.co.jp

原料がモルト100%のモノを「モルトウイスキー」と呼び、種類はさらに「シングルモルト」と「ブレンデッドモルト」に分かれます。「シングルモルト」とは、単一の蒸留所で造られた原酒のみを使ったモノ。蒸留所が建つ場所の風土の影響や造り手の個性が現れやすいのが特徴です。なお、そのなかでも1つの樽の原酒だけで造られたモノを「シングルカスク」と呼びます。

一方、「ブレンデッドモルト」とは、複数の蒸留所の原酒を組み合わせて造ったモルトウイスキーのこと。シングルモルトが蒸留所に左右されるのに対し、ブレンデッドモルトは原酒を配合する人(ブレンダー)に左右されます。

グレーンウイスキー

By: amazon.co.jp

「グレーンウイスキー」とは、トウモロコシや小麦、ライ麦、未発芽の大麦などを主原料としたウイスキー。シングルモルトウイスキーが単式蒸留器で蒸留されるのに対し、グレーンウイスキーは連続式の蒸溜機で一気にアルコールを凝縮するので、シングルモルトウイスキーよりクリアな仕上がりになるのが特徴です。

クセが少なくマイルドな口あたりのため、ウイスキー初心者の方にもおすすめ。なお、その軽い味わいから「サイレントスピリッツ」と呼ばれることもあります。

ブレンデッドウイスキー

By: amazon.co.jp

モルトウイスキーの原酒とグレーンウイスキーの原酒をブレンドして造られたモノを「ブレンデットウイスキー」と呼びます。シングルモルトのように「ひとつの蒸留所」という決まりはなく、さまざまな蒸留所のウイスキーを使用することがほとんどです。

個性の強いシングルモルトとライトな味わいのグレーンを混ぜることで、飲みやすさに配慮しているのもポイント。ほんのりと甘く、まろやかな味わいが多いのも特徴です。

蒸溜所で選ぶ

ブッシュミルズ蒸溜所

1608年創業の「ブッシュミルズ蒸溜所」。イギリス・北アイルランドのアントリム州に位置しており、アイリッシュウイスキーとしてはもちろん、ウイスキー全体としても最古の醸造所として知られている場所です。

アイリッシュウイスキーの伝統的な製法である3回蒸溜を引き継いでいるのが特徴。モルトの原料にはアイルランド産のノンピート麦芽を100%使用することで、軽やかながらしっかりとした味わいを堪能できるのも魅力です。

クーリー蒸溜所

アイルランドの東、北アイルランドとの国境間近にある「クーリー蒸溜所」。スタートは1989年と歴史は浅いものの、アイリッシュウイスキーでは現在唯一のピーテッド・シングルモルトとして知られる「カネマラ」を醸造しているのが特徴です。

アイリッシュウイスキーは未発芽の大麦と麦芽の両方を原料に使用し、3回蒸溜を行うのが一般的。しかし、同銘柄は未発芽大麦を使用せずにピート(泥炭)を焚いた麦芽乾燥を採用し、蒸溜も初溜と再溜の2回に留めています。アイリッシュウイスキーに分類されながらも、ほかとは異なるこだわりを貫き通しているので、ウイスキー好きな方はぜひおさえておきましょう。

新ミドルトン蒸溜所

「新ミドルトン蒸溜所」は、原料に大麦を使う伝統的なアイリッシュウイスキーを生産しているのが特徴。その名の通り蒸溜所としては新旧あり、古い方は博物館として利用されています。

歴史を紐解くと旧蒸溜所は1825~1975年まで150年間操業。アイルランドのコークにあり、大西洋航路の基点となった南部の町としても知られています。

新蒸溜所は1975年からスタート。広大な敷地と豊富で良質の水に恵まれているミドルトンに拠点があり、シングルポットスチルからグレーンウイスキーまで生産する複合蒸溜所として稼働しています。

熟成期間で選ぶ

By: amazon.co.jp

蒸溜したての原酒は味わいにカドがあり、とげとげしい風味を持つのが特徴です。オークなど木材の樽に詰めて長期間熟成させることでカドが取れ、次第にまろやかな味わいへ変化します。

アイリッシュウイスキーは、最低でも3年以上の熟成期間が定められているのがポイント。「12年」や「21年」など、熟成期間が長いほど香りや風味に深みが生まれて「円熟」した味わいになります。

とりわけウイスキーの風味を感じたい方には、長期熟成させたモノがおすすめ。滑らかな口当たりと、芳醇な香りを楽しめます。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) ブッシュミルズ シングルモルト 10年

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) ブッシュミルズ シングルモルト 10年

大麦麦芽のみを原料に使用。3回の蒸溜を行ったあとバーボン樽で10年以上熟成させた、シングルモルトウイスキーです。蜂蜜やチョコレートのように濃厚な甘味と深いコクが魅力。味と香りのバランスがよい1本です。

バーボン樽由来のバニラのように芳醇で甘い香りもポイント。また、クセが少なく飲みやすいので、食中酒にも向いています。ウイスキー初心者の方でも楽しみやすく、アイリッシュウイスキーを試してみたい方におすすめです。

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) ブラックブッシュ

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) ブラックブッシュ

ピートを使わない製法で、スモーキーさを感じない軽やかさが魅力の「ブラックブッシュ」。また、3回蒸溜を経て造られることで、原酒のとげとげしさが緩和されています。安価ながら円熟した味わいを楽しめる、コストパフォーマンスのよさも魅力です。

熟成に使用しているシェリー樽とバーボン樽由来の、ベリー系のフルーティーさとナッツのような芳ばしさもポイント。甘味を感じる重厚な味わいがあり、ほのかなスパイシーさを備えた、複雑でバランスのよい風味が楽しめます。

ロックやストレートでも飲みやすいほどクセがなく、初心者の方にもおすすめの1本です。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) ジェムソン スタンダード

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) ジェムソン スタンダード

世界中でも販売数の多いアイリッシュウイスキー「ジェムソン スタンダード」。クセが少なく、ジンジャーエールやソーダで割るハイボールやカクテルでも楽しみたい方におすすめの1本です。

ジェムソンのスタンダードは、シングルポットスチルで蒸溜したウイスキーに、軽やかな味わいのグレーンウイスキーをブレンド。シェリー樽で熟成させたあと、さらにバーボン樽で熟成させ、ナッツの芳ばしさとバニラのような甘い香りを有しています。

また、ライムや青リンゴのようなフレッシュな酸味と、オイリーなのど越しも特徴。飲み方の幅が広い、アプローチの広さも魅力のひとつです。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) タラモアデュー

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) タラモアデュー

アイルランド中部にある町、タラモアで生まれ、現在では新ミドルトン蒸留所で造られているブレンデッドウイスキー「タラモアデュー」のスタンダードボトルです。アイリッシュウイスキーのなかで、ジェムソンの次に販売数が多い人気銘柄でもあります。

タラモアデューは素朴な味わいで、軽い口当たりが特徴。蒸したさつまいもやレーズンのような甘い香りと、口に含んだときに広がるパイナップルや甘いバナナのようなフルーティーさが魅力です。

多少の穀物感とナッツのような芳ばしさを感じられ、ほろ苦い余韻も楽しめます。クセが少なく飲みやすいので、アイリッシュウイスキーを初めて試してみたい方にもおすすめの1本です。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) タラモアデュー シングルモルト 14年

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) タラモアデュー シングルモルト 14年

タラモアデューの上位銘柄で、原料にモルトのみを使用したシングルモルトウイスキーです。原料のモルトを3回蒸溜し、原酒をバーボン樽で14年以上熟成。シェリー酒やマデイラワイン、ポートワイン樽で8ヶ月ほどの追加熟成を施しています。

フレッシュなリンゴやチェリーのようにフルーティーな甘い香りと、ほのかにオレンジピールのような酸味を味わえるのが特徴。なめらかできめ細かい口当たりで、メロンのような甘い味わいとアカシアやマーガレットのような花の印象が感じられます。

濃厚なカスタードのような余韻があり、複雑でバランスのよいコクのある味わいを求める方におすすめの1本です。

クーリー蒸溜所(Cooley) カネマラ

クーリー蒸溜所(Cooley) カネマラ

ピートを焚いてピート感を加えた、アイリッシュウイスキーのなかでは珍しい味わいのウイスキーです。特有のピート感はもちろん、ほのかにアーモンドチョコレートのような、ビターで芳ばしい香りも感じられます。

バーボン樽由来のバニラのような甘い風味を有し、黄金ともいえる琥珀色のボディはグラスへ注いだときの美しさも魅力。すっきりとした後味に加え、コショウのようなスパイシーな余韻が残る、ややクセのあるウイスキーを求める方におすすめの1本です。

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) アイリッシュマン シングルモルト

ブッシュミルズ蒸溜所(Bushmills) アイリッシュマン シングルモルト

米国の酒類品評会「サンフランシコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」でダブル・ゴールドに輝いた、世界でも高い評価を獲得しているウイスキーです。

蒸溜したモルト原酒をバーボン樽で熟成。その後シェリー樽で追加熟成させ、奥深い香りを有しているのが特徴です。スモーキーさにバニラやシナモンのような甘い香りが広がり、後からモルト由来の穀物感が感じられます。

焙煎したアーモンドやグラノーラのような芳ばしさ、蜂蜜やアプリコットのような甘くフルーティーな風味もポイント。複雑でバランスのよい味わいが魅力の、おすすめの1本です。

ティーリング蒸留所(Teeling) ティーリング シングルモルト

ティーリング蒸留所(Teeling) ティーリング シングルモルト

ウイスキー初心者の方でも飲みやすい、柑橘類のような爽やかな印象の1本です。樽由来の木の香りがあるものの、えぐみを感にくいのが特徴。なめらかで軽い口当たりでスイスイと進む、飲みやすさを求める方におすすめのウイスキーです。

また、口に含むとコショウのようなピリっとした辛い刺激があり、その後にバニラやドライフルーツ、シトラスなどの甘いフルーティーな味わいが広がります。さらに、甘い余韻が続いて樽由来の苦味を調和。奥深いコクを楽しめるアイリッシュウイスキーです。

ウォルシュ蒸留所(Walsh) ライターズ ティアーズ

ウォルシュ蒸留所(Walsh) ライターズ ティアーズ

仕事に行き詰まってウイスキーを求める作家の苦悩を表し、「作者の涙」と名付けられたアイリッシュウイスキー。アイリッシュウイスキー伝統のシングルポットスチルウイスキーと、モルトウイスキーをバッティングしています。

また、製造工程で冷却濾過をしない「ノンチルフィルター製法」でボトリングをしているのも特徴。原料や樽由来の味わいの成分が損なわれず、深いコクを味わいを楽しめるのが魅力です。

スムースでほのかにジンジャーやスパイスを感じ、樽由来のバニラ感とビターチョコレートのような深みも感じられます。一度味わうとクセになる、味わい深いアイリッシュウイスキーを求める方におすすめの1本です。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) グリーンスポット

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) グリーンスポット

樽の熟成年数別にペンキを塗りつける習慣に由来して名付けられた「グリーンスポット」。甘口でフルーティな「マラガワイン」の樽をはじめ、バーボン樽やシェリー樽で熟成させた3酒類の原酒をバッティングしているのが特徴です。

グリーンスポットは、シングルポットスチルで3回蒸溜するアイルランド伝統の製法を守り続けています。また、芳醇な麦の香りを感じられる樽由来のフルーティーな風味と、コーヒーのような奥深いコクが魅力です。

年間6000本程しか販売されない、希少なウイスキーでもあります。愛好家からの人気が高く、プレゼントとしても喜ばれる、おすすめの1本です。

ティーリング蒸留所(Teeling) ティーリング シングルポットスチル

ティーリング蒸留所(Teeling) ティーリング シングルポットスチル

大麦麦芽30%以上、未発芽大麦30%以上を使用し、それぞれ3回蒸溜。ワイン樽、バーボン樽で熟成させた原酒をブレンドし、一度もスピリッツ熟成に使用していない「ヴァージンオーク」を使用しているのが特徴のアイリッシュウイスキーです。

また、ノンチルフィルター製法によるフレッシュでフルーティーな味わいが魅力。香りは青リンゴやマスカットを彷彿とさせ、ラベンダーのようなフローラルな風味と、オーク由来のレモンやスパイスのような刺激も楽しめます。

グレープフルーツのような柑橘類を感じられる短い余韻もポイント。芳ばしいナッツやメープルシュガーのような重厚な甘味も共存し、複雑かつ絶妙な味わいを楽しめます。

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) レッドブレスト 21年

新ミドルトン蒸溜所(MIDLETON) レッドブレスト 21年

芳醇な香りが特徴のシェリー酒「オロロソ」の樽を使用していることで、ドライフルーツのように甘くフルーティーな風味が特徴。21年以上熟成させた原酒を使用した、アイリッシュウイスキーの最高峰ともいえる1本です。

口に含むとトロピカルフルーツやバニラのような甘い香りを感じます。柔らかなバニラアイスのように濃厚でなめらかな口当たりが魅力のひとつ。また、シェリー樽由来の軽やかでドライな味わいもポイントです。

紅茶や赤ワインのタンニンのような凝縮感とビターな余韻もあり、深いコクを味わえます。プレゼントとしてもおすすめの高級なアイリッシュウイスキーです。

ウェストコーク蒸留所(West Cork) ザ・ポーグス アイリッシュ

ウェストコーク蒸留所(West Cork) ザ・ポーグス アイリッシュ

2003年に設立したウェストコーク蒸留所と、イギリスのロックバンド「ザ・ポーグス」がコラボした、オリジナルブランドのアイリッシュウイスキー。シングルモルト50%、グレーンウイスキー50%を組み合わせた、バランスのよい味わいが魅力です。

シェリー樽で10年以上熟成、バーボン樽で7年以上熟成させたシングルモルトウイスキーを使用。バーボン樽で4年以上熟成させたグレーンウイスキーをブレンドしています。

焙煎したアーモンドのような芳ばしさ、蜂蜜を思わせる濃厚な甘味とさわやかな香りが共存している、カクテルにもおすすめの1本です。