飲み方を変えるだけで、さまざまな味わいを楽しめるウイスキー。なかでもウイスキー発祥の地ともいわれ、歴史が古いアイルランド地方のウイスキーはぜひ飲んでおきたいところです。

そこで今回は、アイリッシュウイスキーのおすすめ人気銘柄をご紹介します。種類や選び方も解説するので、アイリッシュウイスキー初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

アイリッシュウイスキーとは?

By: amazon.co.jp

アイリッシュウイスキーとは、アイルランドやイギリスの北アイルランド地方で製造されるウイスキーの総称。原料は穀物です。その基準は厳格なもので、麦芽の酵素で糖化し、酵母の働きで発酵していること、蒸溜液はアルコール度数94.8%以下のモノを使っていること、木樽で3年以上熟成させていること。これらすべてを満たしたモノのみが、「アイリッシュウイスキー」と呼ばれます。

アイリッシュウイスキー選び方

種類で選ぶ

シングルポットスチル

By: amazon.co.jp

「シングルポットスチル」とは、豊かで複雑な風味とクリーミーな口あたりが特徴なアイリッシュウイスキー。アイルランド共和国南部の町、コークにあるミドルトン蒸溜所が独自に造り上げた品種です。

麦芽、未発芽の大麦を原料とし、場合によってはオーツ麦やライ麦、小麦などを使用。これら原料を粉砕して糖化し、酵母を加え、雑味を飛ばすために単式蒸溜器で3回蒸溜を行うことにより生成されています。

シングルモルト

By: amazon.co.jp

原料がモルト100%のモノを「モルトウイスキー」と呼び、種類はさらに「シングルモルト」と「ブレンデッドモルト」に分かれます。共通要素としては、主に単式蒸留器を使用。モルトをピートという泥炭で燻し、スモーキーな香りを付けます。

「シングルモルト」とは、単一の蒸留所で造られた原酒のみを使ったモノ。蒸留所が建つ場所の風土の影響や造り手の個性が表れやすいのが特徴です。なお、そのなかでも1つの樽の原酒だけで造られたモノを「シングルカスク(シングルバレル)」と呼びます。

一方、「ブレンデッドモルト」とは、複数の蒸留所の原酒を組み合わせて造ったモルトウイスキーのこと。シングルモルトが蒸留所に左右されるのに対し、ブレンデッドモルトは原酒を配合する人(ブレンダー)に左右されます。

グレーンウイスキー

By: amazon.co.jp

「グレーンウイスキー」とは、トウモロコシや小麦、ライ麦、未発芽の大麦などを主原料としたウイスキーです。シングルモルトウイスキーが単式蒸留器で蒸留されるのに対し、グレーンウイスキーは連続式の蒸溜機で一気にアルコールを凝縮するので、シングルモルトウイスキーよりクリアな仕上がりになるのが特徴。

クセが少なくマイルドな口あたりのため、ウイスキー初心者の方にもおすすめです。なお、その軽い味わいから、「サイレントスピリッツ」と呼ばれることもあります。

ブレンデッドウイスキー

By: amazon.co.jp

モルトウイスキーの原酒とグレーンウイスキーの原酒をブレンドして造られたモノを「ブレンデットウイスキー」と呼びます。シングルモルトのように「ひとつの蒸留所」という決まりはなく、さまざまな蒸留所のウイスキーを使用することがほとんどです。

個性の強いシングルモルトとライトな味わいのグレーンを混ぜることで、飲みやすさに配慮しているのもポイント。ほんのりと甘く、まろやかな味わいが多いのも特徴です。

蒸溜所で選ぶ

ブッシュミルズ蒸溜所

1608年創業の「ブッシュミルズ蒸溜所」。イギリス・北アイルランドのアントリム州に位置しており、アイリッシュウイスキーとしてはもちろん、ウイスキー全体としても最古の醸造所として知られている場所です。

アイリッシュウイスキーの伝統的な製法である3回蒸溜を引き継いでいるのが特徴。モルトの原料にはアイルランド産のノンピート麦芽を100%使用することで、軽やかながらしっかりとした味わいを堪能できるのも魅力です。

クーリー蒸溜所

アイルランドの東、北アイルランドとの国境間近にある「クーリー蒸溜所」。スタートは1989年とまだ歴史は浅いものの、アイリッシュウイスキーでは現在唯一のピーテッド・シングルモルトとして知られる「カネマラ」を醸造しているのが特徴です。

アイリッシュウイスキーは未発芽の大麦と麦芽の両方を原料に使用し、3回蒸溜を行うことが一般的。しかし、同銘柄は未発芽大麦を使用せずにピート(泥炭)を焚いた麦芽乾燥を採用し、蒸溜に関しても初溜と再溜の2回に留めています。アイリッシュウイスキーに分類されながらも、ほかとは異なるこだわりを貫き通しているので、ウイスキー好きな方はぜひおさえておきましょう。

新ミドルトン蒸溜所

「新ミドルトン蒸溜所」は原料に大麦を使う伝統的なアイリッシュウイスキーを生産しているのが特徴。その名の通り蒸溜所としては新旧あり、新しい方はもちろん、古い方も博物館として利用されています。

歴史を紐解くと旧蒸溜所は1825~1975年まで150年間操業。場所としてはアイルランドのコークにあり、大西洋航路の基点となった南部の町としても知られています。

新蒸溜所は1975年からスタート。広大な敷地と豊富で良質の水に恵まれているミドルトンに拠点があり、シングルポットスチルからグレーンウイスキーまで生産する複合蒸溜所として稼働しています。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄

レッドブレスト(REDBREAST) レッドブレスト 12年

バニラの風味と滑らかな舌触りが特徴のシングルポットスチルウイスキー。大麦と大麦麦芽のみを使用しており、ミドルトン蒸留所で製造されている1本です。

銘柄名の「レッドブレスト」とは「コマドリの赤い胸」という意味で、シェリー樽で熟成させることによって色づいた、赤みがかった見た目も特徴のひとつ。風味でも見た目でも楽しませてくれるアイリッシュウイスキーです。

グリーンスポット(Green Spot) グリーンスポット

さまざまな種類のアイリッシュウイスキーを世に送り出す、新ミドルトン蒸留所のシングルポットスチルウイスキー。年間約6000本しか販売されない貴重なボトルです。

アルコール度数は40%。熟成にはバーボン樽だけでなく、シェリー樽も使用されているので、軽快な風味にフルーティーで複雑な味わいがプラスされています。ストレートで飲むのがおすすめの1本です。

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) ブッシュミルズ

世界最古のアイリッシュウイスキーといわれているシングルモルトウイスキー。同ブランドは1608年創業とされており、その歴史は400年以上。古きよき時代の味が楽しめます。

アルコール度数は飲みやすい40%。原料にノンピート100%のモルト原酒を用いることで、ライトな口当たりに仕上がっています。雑味を取るために3回蒸溜されており、クセがなく、ウイスキー初心者でも飲みやすい1本です。

カネマラ(CONNEMARA) アイリッシュウイスキー カネマラ

アイルランドのクーリー蒸溜所で造られる、ピーティッドタイプのシングルモルトウイスキー。基本的にアイリッシュウイスキーはピートを用いませんが、ピートを焚いた麦芽を用いて2回蒸溜するスコッチのような手法で造られた珍しい1本です。

ボトルはアイルランドの国色でもある深いグリーンを採用しています。アルコール度数は40%と飲みやすく、ロックやストレートで飲むのが好きな方はぜひ試してみてください。

ジェムソン(JAMESON) カスクメイツ

クラフトビールの熟成で使用した樽を用いて造るシングルモルトウイスキー。普段はビールを飲むという方からも人気を集めており、50を超える国と地域で愛されています。

アルコール度数は40%。ビールを熟成した樽を使用しているだけあって、ホップの風味がほのかに香るのが特徴です。青リンゴや梨のような爽やかな香りが後から追いかけてくるのもポイント。爽やかな余韻を楽しめる1本なので、ストレートやロックはもちろん、カクテルベースとして活用するのもおすすめです。

グレンダロウ(GLENDALOUGH) ミズナラ・オーク・フィニッシュ

「グレンダロウ」は「小さな渓谷にある2つの湖」という意味で、ラベルには湖で祈りを捧げている聖ケビンが描かれています。アイリッシュウイスキーのなかで初めて日本産の樽をフィニッシュに用いたボトルとしても知られており、日本と縁が深いのも特徴です。

アルコール度数は46%と高め。バニラの香りが印象的で、ダークチョコレートのような味が追いかけてきます。非常に繊細で優雅な味わいに仕上がっているおすすめの1本です。

ティーリング(TEELING) スタウト・カスク・フィニッシュ

シェリー・ポート・マデイラ・ホワイトバーガンディ・カベルネソービニオンと、5種類の樽で造られたシングルモルトを混ぜ合わせられているシングルモルトウイスキー。口に含むと弱い刺激があるものの、甘さを感じるのが特徴です。

46%とアルコール度数は高め。味わいにエグみはなく、ライトでクリーミーに仕上がっています。ウッディで華やかな香りが鼻に抜けていくのもポイント。マイルドで、飲みやすい1本です。

ティーリング(TEELING) シングルグレーン

トウモロコシ・ライ麦・小麦を主原料とし、そこに大麦麦芽を加えて造られたグレーンウイスキー。スパイスとフルーツの香りが奥にある甘さと混ざり合い、味は非常にスパイシーに仕上がっています。

豊かなレッドベリー系フルーツの口当たりを、ドライなタンニンが後から追いかけてくるのも魅力。アルコール度数が46%と高く、しっかりとした味わいを楽しめるアイリッシュウイスキーです。

ジェムソン(JAMESON) ブラック・バレル

内側を焦がした「ブラックバレル」と呼ばれるバーボン樽の中で造られたグレーンウイスキー。黒焦げになった樽で熟成させることで、豊かな香りや風味を生み出しています。

アルコール度数は40%。口に含んだ瞬間はコショウを噛んだようなピリッとした刺激を感じますが、すぐにナッツやバニラの甘さが追いかけてきます。木樽を焦がしているだけあって、木の香りを強く感じられる1本です。

グレンダロウ(GLENDALOUGH) シングルグレーン ダブルバレル

アイルランド産の大麦とトウモロコシを原料に、連続式蒸留機を用いて短い時間でアルコールを凝縮させたグレーンウイスキー。アメリカンオークのファーストフィルバーボンバレルで3年半熟成させ、その後スパニッシュオークのオロロソシェリーカスクで6ヵ月以上熟成させた1本です。

アルコール度数は42%と少し高め。さくらんぼやレモン、ほのかにナツメグの香りが口に広がり、甘くてまろやかな味わいに生姜のスパイシーな味わいが後から追いかけてきます。特にアイリッシュウイスキーを飲み比べたい方はぜひ試してみてください。

キルベガン(KILBEGGAN) キルベガン シングルグレーン

アイルランドで現存する蒸溜所としては最も古い「キルベガン」の名を冠したグレーンウイスキー。原酒はクーリー蒸留所で製造されており、2回目の蒸留をキルベガンで行うことで完成する逸品です。

アルコール度数は40%。アイリッシュウイスキーのなかでは口当たりが柔らかく、さっぱりしているので飲みやすい仕上がりになっています。ウイスキーを飲み慣れていない方にもおすすめの1本です。

ハイド(HYDE) バーボンカスク

国際的なコンテストで多数の受賞歴があるボトル。アイルランドの初代大統領「ダグラス・ハイド」の名を冠しており、知名度の高いグレーンウイスキーです。

アルコール度数は46%と高め。バーボン・シェリー・ラム・ブルゴーニュの樽で熟成された1本で、軽やかでほのかな甘い香りが特徴。飲みやすい仕上がりになっています。クセのないウイスキーが飲みたい方はぜひチェックしておきましょう。

ジェムソン(JAMESON) ジェムソン

大麦麦芽と未発芽の大麦両方を使った、世界でも珍しいブレンデッドウイスキー。原料を大麦と水、トウモロコシのみに絞ったシンプルな造りになっており、ピートを使わず、3回蒸溜によって造られる豊かな香りを感じられるのが特徴です。

アルコール度数は40%。シェリーのようなまろやかな香りやウッディな風味を堪能できるのが魅力です。ストレートやロックで飲むのはもちろん、ジンジャー&ライムで楽しむのもおすすめ。さまざまな飲み方を楽しみたい方におすすめの1本です。

ブッシュミルズ(BUSHMILLS) ブラックブッシュ

ノンピート麦芽100%にこだわり、3回蒸溜をしたモルト原酒と軽やかなグレーン原酒を混ぜ合わせたブレンデッドウイスキー。アイリッシュウイスキー伝統の3回蒸溜を守って造られた伝統的な1本です。

アルコール度数は40%。スタンダードなブッシュミルズがフレッシュで軽い口当たりなのに対して、本銘柄は熟した果実の香りと重厚な味わいが特徴。飲み方はストレートかロックがおすすめです。

タラモアデュー(TULLAMORE DEW) タラモア デュー12年

まろやかで混じり気のない味わいはそのままに、バーボン樽とシェリー樽で12~15年熟成させたブレンデッドウイスキーです。

アルコール度数は40%で、カクテルなどの素材によく用いられるのも特徴。クセがなくまろやかなウイスキーが飲みたい方におすすめのアイリッシュウイスキーです。

キルベガン(KILBEGGAN) キルベガン

琥珀色の輝きが美しいブレンデッドウイスキー。2014年からサントリーが蒸溜所を管理しているので、アイリッシュウイスキーのなかでも日本人に馴染みのある銘柄です。

アルコール度数は40%。軽やかに香る味わいは、飲みやすくライト。軽く1杯飲みたいときにおすすめの1本です。

パワーズ ゴールドラベル

パワーズ ゴールドラベル

1791年にアイルランドの首都ダブリンで創業した「ジョンパワー蒸溜所」のアイリッシュウイスキー。未発芽の大麦を使い、3回蒸溜する伝統的な製法を採用しているほか、オーク樽で7年以上熟成させており、力強い味わいに仕上がっているのが特徴です。

香りは柔らかく、麦芽や麦の旨みがしっかりと感じられるのもポイント。アイルランドではナンバーワンとの呼び声も高いおすすめの1本です。