クセが少なく、ウイスキー初心者でも楽しみやすい「グレーンウイスキー」。日本のメーカーからも世界的に人気のある銘柄があり、繊細で滑らかな味わいが楽しめます。

安くおいしい銘柄が揃っているので、日常のお供にウイスキーを探している方にもおすすめ。そこで今回は、グレーンウイスキーのおすすめ銘柄をご紹介します。ぜひ参考にしていただき、自分に合ったお気に入りの1本を見つけてみてください。

グレーンウイスキーとは?

味の特徴

「グレーンウイスキー」とは、主にとうもろこしやライ麦など、穀物を主原料として造られたウイスキーのこと。グレーンウイスキーは、大麦麦芽を使用して発酵させた原料を、「連続式蒸溜機」で蒸溜して造られます。

「連続式蒸溜機」を使用することで、クセが少なく軽やかな味わいになるのがポイント。軽やかな味わいで、女性の方でも飲みやすいグレーンウイスキーは、ハイボールなどで爽やかに楽しみたい場面にも向いています。

シングルモルトウイスキーのスモーキーさやクセの強さが気になる方は、グレーンウイスキーから試してみるのもおすすめです。

名産地

イギリス

グレーンウイスキーは通常、ほとんどの銘柄で「連続式蒸溜機」を使用して造られています。連続式蒸溜機は、18世紀後半の産業革命中にイギリスで誕生しました。

発端は、イギリスのスコットランド南部にあるローランド地方。生産コストを削減し、効率よく製造できるウイスキーとして、グレーンウイスキーが造られるようになりました。

当時、スコットランドではウイスキーに高額の酒税が課せられるようになったため、経済面からもグレーンウイスキーは製造しやすかったのがポイント。以来ずっとグレーンウイスキーを製造しており、クセのない飲みやすさから、現在も高い人気を博しています。

アイルランド

ヨーロッパのアイルランドで造られる「アイリッシュウイスキー」。アイルランドは、モルトを使用した「モルトウイスキー」と、グレーンウイスキーの両方が盛んに造られている地方です。

アイリッシュウイスキーは、「Irish Whiskey Act 1980」にて明確に定義づけされています。原材料に穀物類を使用し、麦芽酵素で糖化。酵母による発酵を経たあと蒸溜します。アルコール度数は94.8%以下に抑えることや、木製の樽を使用することなどが定められています。

さらに、アイルランドもしくは北アイルランドの倉庫で3年以上熟成させてようやく、アイリッシュウイスキーと分類。雑味のない軽やかな味わいで、オイリー(油っぽさ)を感じやすいのが特徴です。

日本

グレーンウイスキーは日本でも造られており、「ジャパニーズウイスキー」として世界的に高い人気を誇っています。ジャパニーズウイスキーは、食中酒を前提として造られているモノが多くあり、淡麗で辛口な味わいが特徴です。

また、ジャパニーズウイスキーは、グレーンウイスキーやモルトウイスキーなどをブレンドした「ブレンデッドウイスキー」がほとんど。グレーンウイスキーのまま出荷されるものはあまりなく、珍しいウイスキーです。

とりわけ、日本のグレーンウイスキーでは「サントリー」が発売している「知多」が有名。ふわりと風のように軽やかな味わいが特徴です。

グレーンウイスキーのおすすめメーカー

サントリー

By: amazon.co.jp

大阪市に本社を置く「サントリー」。主にビール、洋酒や清涼飲料水の製造を行う、日本の大手メーカーです。サントリーが手がけるウイスキーは品質がよく、さまざまな銘柄が海外から高い評価を得ています。

なかでも、サントリーが提供するグレーンウイスキー「知多」は、軽やかでほのかに甘味を感じる飲みやすさが魅力。世界でも珍しい「グレーン原酒のつくり分け」を行っているのが特徴です。

キャメロンブリッジ

By: amazon.co.jp

イギリス、スコットランドにあるウイスキー蒸溜所「キャメロンブリッジ」。毎週4000tのウイスキーを生産可能な、圧倒的な生産能力が特徴です。ヨーロッパ最大の蒸留所ともされ、ウイスキーやスピリッツをあわせて年間で約4億本に相当する能力を有しています。

また、キャメロンブリッジの12年モノは、世界でも広く発売されているブレンデッドウイスキー「ジョニーウォーカー黒ラベル」の原酒としても有名。生産能力を活かした低コスト化により、安く入手できる製品が多いのも魅力のブランドです。

ロッホローモンド

By: rakuten.co.jp

スコットランドの南ハイランド地方に位置する蒸溜所、「ロッホローモンド」。グレーンウイスキーはもちろん、シングルモルトの蒸溜機も備えているのが特徴です。また、独自の樽工場も備える、数少ない蒸溜所のひとつでもあります。

ロッホローモンドは、専用の蒸溜機「カフェスチル」で蒸溜することで、甘く複雑かつ滑らかさを感じる味わいを実現。代表銘柄である「ロッホローモンド シングルグレーン」は、樽由来のバニラほのかな香りと、フルーティーな風味が楽しめます。

グレーンウイスキーのおすすめ銘柄

サントリー(SUNTORY) 知多

サントリー(SUNTORY) 知多

世界でも珍しい「グレーン原酒つくり分け」を製法に取り入れた、軽やかな味わいが特徴のグレーンウイスキーです。ホワイトオークやスパニッシュオークを使用した樽、そしてワイン樽などに分けて貯蔵。原酒のほか、樽での造り分けを採用しています。

また、原酒も3種類で造り分けているのがポイント。力強い穀物の香りが特徴の「ヘビータイプ原酒」、すっきりとした「クリーンタイプ原酒」、旨味があり、マイルドな口当たりの「ミディアムタイプ原酒」を、熟練のブレンダーが組み合わせています。

知多は、絶妙な組み合わせによる、濃厚で複雑な味わいが魅力。バニラのような甘い香りやフルーティーで濃厚な風味、濃厚で滑らかな口当たりを備え、バランスのよい味わいを実現しています。

繊細で飲みやすい味わいはクセがなく、ウイスキー初心者の方でも気軽に楽しめる、おすすめのグレーンウイスキーです。

キャメロンブリッジ(Cameron Brig) キャメロンブリッジ

キャメロンブリッジ(Cameron Brig) キャメロンブリッジ

「キャメロンブリッジ」は、原料に穀物を100%使用している、「シングルグレーンウイスキー」です。通常、グレーンウイスキーでも原材料に少しだけモルトを使用しているので、穀物100%のボトルは希少。甘味のある、バランスのよい味わいが特徴です。

キャメロンブリッジは、樽や原料の奥深く芳醇な香りが魅力。そのままストレートや、氷を入れてロックで風味の変化を楽しむのもおすすめです。価格も安く入手できるため、日常の食後酒として常備しておきたい方にも向いています。

ロッホローモンド(Loch Lomond) シングルグレーン

ロッホローモンド(Loch Lomond)  シングルグレーン

大麦麦芽を原料に100%使用し、ロッホローモンド独自の「カフェスチル」で連続蒸溜を行った、シングルグレーンウイスキー。ほのかな柑橘の爽やかさと、ジューシーなパイナップルを感じられるフルーティーな風味が特徴です。

また、滑らかな口当たりと甘味を一緒に感じられるのも魅力のひとつ。樽由来のほのかなバニラの香りも感じられ、ハイボールにすると爽やかでリッチな味わいを楽しめるのでおすすめです。

ローヤルサルート(ROYAL SALUTE) 21年 ブレンデットグレーン

ローヤルサルート(ROYAL SALUTE) 21年 ブレンデットグレーン

1953年のエリザベス女王戴冠式に由来する「ローヤルサルート」。熟成年数21年以上のグレーンウイスキーをブレンドし、使用しているアメリカンオーク由来のバニラを感じられる、バランスのとれた甘い余韻が特徴の1本です。

また、桃やラズベリーを彷彿とさせるフルーティーなアロマも魅力。そして、はちみつやオレンジマーマレードのような濃厚さ、ローストしたナッツのようなフレーバーが重なり、芳醇で滑らかな味わいを楽しめます。