ウイスキーといえば、スコットランドで作られる「スコッチウイスキー」やアメリカで作られる「バーボンウイスキー」が有名ですが、近年は連続テレビ小説の影響も受けて「ジャパニーズウイスキー」が注目を集めています。

シングルモルトやブレンデッド、グレーンなど種類によって味が異なるのはもちろん、銘柄ごとの個性を楽しめるのも魅力です。そこで今回は、ジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄をご紹介します。

ジャパニーズウイスキーとは?

By: amazon.co.jp

ジャパニーズウイスキーは日本で作られたウイスキーを指し、スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダと並んで世界5大ウイスキーに数えられています。スコットランドの「スコッチウイスキー」を手本に製造されたのが始まりです。

スモーキーなフレーバーが抑えられていてすっきり飲めるモノや、逆に香り高いモノまで豊富な銘柄が展開されており、好みに合わせた1本が見つけられます。口当たりがよくてクセの少ない銘柄を多く揃えているため、食事とよく合うのも特徴です。

ジャパニーズウイスキーの種類

シングルモルトウイスキー

By: amazon.co.jp

シングルモルトの「モルト」は、ウイスキーの原料となる大麦麦芽を指しています。通常、ウイスキーはいくつかの蒸溜所で生産されたモノを混ぜて作られることが多いですが、シングルモルトウイスキーはひとつの蒸溜所のみで作られているのが特徴です。

つまり、大麦麦芽だけを使用してひとつの蒸溜所で生産されたモノが「シングルモルトウイスキー」を名乗れます。蒸溜所ごとの個性ある味を楽しめるのが魅力です。

ブレンデッドウイスキー

By: amazon.co.jp

大麦麦芽が主原料のモルトウイスキーと、穀物が主原料のグレーンウイスキーを混ぜて作られるのが「ブレンデッドウイスキー」です。さまざまな原酒をブレンドさせるため、シングルモルトウイスキーと比べてバランスの取れた味に仕上がります。

ウイスキーを飲み慣れていない方や、初めてウイスキーを飲む方にはこのブレンデッドウイスキーがベスト。味の邪魔をしないため、カクテルを作るときのベースに使うウイスキーとしてもおすすめです。

グレーンウイスキー

By: amazon.co.jp

「グレーンウイスキー」は穀物を主原料としているウイスキー。味や香りが少ないため、グレーンウイスキー単体で販売されるというよりは、ブレンデッドウイスキーのベースとして多く使われています。

流通量は少ないですが、クセがなくて飲みやすいので、クリアですっきり飲める銘柄を探している方はぜひグレーンウイスキーもチェックしてみてください。

ジャパニーズウイスキーの選び方

予算から選ぶ

ジャパニーズウイスキーは、銘柄によって価格がピンからキリまであります。ブレンデッドウイスキーはリーズナブルなモノが揃っている傾向にあるので、安いジャパニーズウイスキーを探している方はブレンデッドの中から選ぶのがおすすめです。

個性のある味を楽しみたい方や、プレゼントとして上質な銘柄を選びたいときは、比較的高価な価格帯のシングルモルトウイスキーをチョイスするのがおすすめ。ぜひ予算に合った銘柄を選んでみてください。

飲み方から選ぶ

By: amazon.co.jp

好みの飲み方に合わせてジャパニーズウイスキーを選ぶのもおすすめです。たとえばウイスキーを炭酸水で割る「ハイボール」が好きな方は、クセの少ないブレンデッドウイスキーやグレーンウイスキーがベスト。一方、ストレートやロックで飲みたい場合は、味の個性が強いシングルモルトウイスキーを選ぶと美味しく飲めます。

香りや味の特徴から選ぶ

ピート香の強さをチェック

By: amazon.co.jp

ウイスキー特有のスモーキーな香りを「ピート香」と呼びます。このピート香が強いと、クセのある味わいになるのが特徴です。

ジャパニーズウイスキー中級者〜上級者であれば、ピート香が強い銘柄に挑戦してみてください。一方、ジャパニーズウイスキーを初めて飲む場合はピート香が弱くて飲みやすい銘柄が適しています。

蒸溜所やメーカー、銘柄ごとの特徴から選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルモルトウイスキーの場合、蒸溜所によって味に個性が現れます。たとえばサントリーの「山崎蒸溜所」は、伝統のモルトを使うことで華やかな香りのウイスキーを生産しているのが特徴です。

ブレンデッドウイスキーやグレーンウイスキーの場合も、メーカーや銘柄によってそれぞれ味に特徴があります。度数や香りなどによっても口当たりが大きく異なるため、舌に合う1本を見つけてみてください。

ジャパニーズウイスキーのおすすめメーカー

サントリー(SUNTORY)

By: amazon.co.jp

豊富なバリエーションの中からジャパニーズウイスキーを選びたい方におすすめのメーカーがサントリー。ハイボールに適したクセのないブレンデッドウイスキーから、ロックに最適なシングルモルトウイスキーまで幅広く展開しています。「角瓶」や「山崎」など、ウイスキーの定番といえる銘柄を揃えているのが特徴です。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY)

By: nikka.com

ニッカウヰスキーは、リーズナブルでありながら飲みやすいブレンデッドウイスキーを多く揃えているメーカー。ヒゲのおじさんのロゴでお馴染みです。

創業者・竹鶴政孝氏は連続テレビ小説の主人公のモデルにもなっています。「余市蒸溜所」と「宮城峡蒸溜所」のふたつを持っており、シングルモルトウイスキーに関しても高い品質を誇っているのが特徴です。

キリン(KIRIN)

By: amazon.co.jp

ビールメーカーとしてもお馴染みのキリン。サントリーやニッカウヰスキーと比べてジャパニーズウイスキーの種類は少なめですが、飲みやすさと味わいを両立させたモノが揃っています。製法にこだわった”うまみ重視”の銘柄を生産しているのも特徴です。

ジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄|シングルモルト

サントリー(SUNTORY) シングルモルトウイスキー 山崎

「山崎」は、大阪にある山崎蒸溜所で作られているジャパニーズウイスキー。ミズナラ樽で貯蔵されたモルトとワイン樽で貯蔵されたモルトを使用しているのが特徴です。さらに「離宮の水」という名水百選に選ばれた水を使うことで、香りの華やかさと飲みやすさを両立させています。

ストレートやロックはもちろん、ハイボールでも香りが崩れず美味しく飲めるのが魅力。自分へのご褒美にもプレゼントにもおすすめの銘柄です。

サントリー(SUNTORY) シングルモルトウイスキー 白州

若葉のフレッシュさを感じる爽やかな口当たりのジャパニーズウイスキー。爽快な味の中にほんのりと漂うピート香が特徴です。南アルプスを通ったキレのある地下天然水が仕込みに使われており、軽やかな飲み口になります。

飲み方は、サントリーが提案している「森香るハイボール」がおすすめ。氷を入れたグラスに白州と炭酸水を加えた後、ミントの葉っぱ1枚を叩いて入れたら完成です。ミントの涼しげな風味と白州の爽快感が相まって飲みやすさ抜群のハイボールに仕上がります。もちろんストレートやロックなど定番の飲み方でも美味しく楽しめるので、ぜひ試してみてください。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY) シングルモルト 余市

“日本のスコットランド”とも称される余市蒸溜所で作られているジャパニーズウイスキー。寒冷な環境に位置する蒸溜所なので熟成がゆっくりと進み、麦芽の甘みがあるしっかりとした味・香りになるのが特徴です。また、強いピート香も楽しめます。

日本海に続いている石狩湾からの風が影響しているからか、ほんのりと潮の香りが漂うのもポイント。自然を感じられる上質なジャパニーズウイスキーを探している方におすすめです。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY) シングルモルト 宮城峡

リンゴや洋ナシなどを感じさせるみずみずしい香りが特徴的なジャパニーズウイスキー。滑らかな口当たりのため、ウイスキーに飲み慣れていない方でもスムーズに飲めます。

「間接蒸溜」と呼ばれる方法でじっくりと蒸溜しており、原酒の味・香りが凝縮されているのが魅力。余韻が優しく広がるため、飲んだ後にクセを感じないのもポイントです。

ジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄|ブレンデッドウイスキー

サントリー(SUNTORY) ウイスキー 角瓶

サントリーの「角瓶」は、ハイボールのベースとしてお馴染みのジャパニーズウイスキーです。その特徴的なデザインは、「薩摩切子」と呼ばれるガラス細工を施した香水瓶からヒントを得て作られました。山崎蒸溜所と白州蒸溜所の原酒をブレンドしており、バランスのよい味に仕上げているのが特徴です。

後味がドライでクセも少ないため、炭酸水を加えて飲めば爽快な口当たりを楽しめます。ハイボール用のジャパニーズウイスキーを探している方は要チェックです。

サントリー(SUNTORY) ウイスキー トリスクラシック

終戦から約1年後の1946年に誕生して以来、長く親しまれているジャパニーズウイスキー。角瓶と同じくハイボールのベースとして使われることの多い銘柄ですが、甘くて芳醇な香りを持っているためロックでも楽しめます。

滑らかな口当たりで、アルコール度数も37%と低めなので、ウイスキー初心者の方でも飲みやすいのが特徴です。

サントリー(SUNTORY) ウイスキー オールド

独特な瓶の形から”ダルマ”という愛称で親しまれているジャパニーズウイスキー。1950年に発売されてから、サントリーの代表的銘柄として高い人気を集め続けている銘柄です。

シェリー樽原酒の深い味と香りを楽しめるのが特徴で、まろやかさの中にさりげない甘さが感じられます。その優しい味わいを堪能するためにも、飲み方はロックや水割り、お湯割りなどがおすすめです。

サントリー(SUNTORY) ウイスキー 響 JAPANESE HARMONY

「響」は山崎蒸溜所と白州蒸溜所、そして知多蒸溜所の3箇所で原酒が作られているジャパニーズウイスキー。華やかな香りと軽やかな口当たりを兼ね備えたバランスのよい1本に仕上がっているのが特徴です。余韻が穏やかに続くため、飲んだ後の味と香りもじっくりと楽しめます。

サントリー(SUNTORY) ホワイト

国産ウイスキー第1号として誕生したサントリーの「ホワイト」。シャープな味わいのため、すっきりとした口当たりを楽しめるのが魅力です。香りも軽やかでクセをあまり感じないため、ウイスキー特有のピート香が苦手な方でも美味しく飲めます。

なお、発売当初は「サントリーウイスキー」というシンプルな名前でしたが、ラベルが白いことから”白札”や”シロ”などの愛称で親しまれ、1964年に「ホワイト」という名前が付けられました。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY) ブラックニッカ リッチブレンド

ニッカウヰスキーのマスコットキャラクターともいえる”ヒゲのおじさん”がラベルに描かれているジャパニーズウイスキー。シェリー樽で熟成したモルトウイスキーと樽で熟成したグレーンウイスキーをブレンドしています。これにより、フルーティーな香りと樽の香ばしさを同時に楽しめるのが特徴です。

ウイスキーが持つ味の深みを楽しみたい場合はロック、爽やかな香りを楽しみたい場合はハイボールがおすすめ。飲み方次第でさまざまな味わいが堪能できる1本です。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY) フロム・ザ・バレル

「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ」と呼ばれる酒類品評会で2015年に最高賞のトロフィーを受賞したジャパニーズウイスキー。アルコール度数が51%と高いので、ガツンと飲みごたえのある銘柄を探している方におすすめです。

ベースとなるモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドさせた後、再度貯蔵することで深みのある味わいに仕上がっているのが特徴。ロックで美味しく飲めるのはもちろん、香りが強いためハイボールでもしっかりとウイスキーらしさを感じられます。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY) ハイニッカ

“高品質のものをカジュアルに提供する”という想いのもと作られたジャパニーズウイスキー。モルトウイスキーの甘みとグレーンウイスキーのほのかな香りを持ちながら、後味にキレがあるためすっきりとした飲み口を楽しめます。それでいてピート香もさりげなく感じられるのが魅力です。

キリン(KIRIN) ウイスキー 富士山麓

「富士山麓」は、富士御殿場蒸溜所で作られているジャパニーズウイスキー。冷却による濾過を行わずに瓶詰めする「ノンチルフィルタード製法」を採用しており、原酒の旨みがしっかりと閉じ込められています。

アルコール度数が50%と高いので、濃厚で深みのある味を楽しめるのが特徴。鼻に余韻が心地よく抜けていくため、後味も存分に堪能できる銘柄です。

キリン(KIRIN) オークマスター樽薫る

「オークマスター樽薫る」は、豊かな樽の香りを堪能できるジャパニーズウイスキー。香ばしさを持ちながらも、味にクセがないためスムーズに飲めるのが魅力です。後味が軽やかなので、クリアでさっぱりとした銘柄を探している方に適しています。

飲み方は、その軽やかさを存分に楽しめるハイボールがおすすめ。香ばしさと爽やかさを兼ね備えたおすすめのジャパニーズウイスキーです。

ジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄|グレーンウイスキー

サントリー(SUNTORY) ウイスキー 知多

“軽やかな風”をイメージして作られている知多蒸溜所のジャパニーズウイスキー。ほのかに感じられる甘みとキレのよい後味が特徴で、特にハイボールのベースとして使うのがおすすめです。滑らかで柔らかい口当たりのため、飲みやすい銘柄を探している方に適しています。

知多蒸溜所では味や香りの特徴によって3つのグレーンウイスキーが作り分けられているほか、さまざまな種類の熟成樽が使われており、その技術や手法を「知多」にもしっかりと活かしているのがポイントです。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY) カフェグレーン

「カフェ式連続式蒸溜機」と呼ばれる稀少な道具で作られているジャパニーズウイスキー。これにより、グレーンウイスキーでありながら原料の甘みをしっかりと堪能できるのが特徴です。バニラやチョコレートを感じさせる濃厚な香りが楽しめます。それでいて後味はすっきりとしているので、スムーズに飲めるのが魅力です。

その甘さを楽しみたい場合は、まずストレートで味わうのがおすすめ。ロックや水割りなど定番の飲み方とも相性良好です。

番外編:ジャパニーズウイスキーのおすすめの飲み方

ストレート

その名の通り、ジャパニーズウイスキーに何も加えない飲み方がストレート。そのままの味と香りを楽しめるのが特徴です。ウイスキーは度数が40度前後と非常に高いため、ストレートで飲む場合は舐めるように少しずつ飲むのがおすすめ。交互に飲むためのチェイサーとして水も用意しておきましょう。

ロック

By: amazon.co.jp

ロックは、氷が入ったグラスにウイスキーを注いで楽しむ飲み方。氷でウイスキーが冷えるため、キリッとした口当たりになります。また、時間が経つと氷が溶けて薄まるので、ストレートと比べて飲みやすいのもポイント。専用のロックグラスや丸氷を用意すれば、おしゃれな雰囲気も堪能できておすすめです。

トワイスアップ

By: suntory.co.jp

ジャパニーズウイスキーと常温の水を1:1で割る飲み方がトワイスアップです。常温の水を加えることでウイスキーの香りをキープしたまま度数を下げられるので、芳醇な香りを楽しみたい方に適しています。

トワイスアップでジャパニーズウイスキーを飲む際は、香りを立たせるためにテイスティンググラスやワイングラスなどを使うのがおすすめです。

ハイボール

By: amazon.co.jp

缶でもお馴染みのハイボールは、ジャパニーズウイスキーに炭酸水を加える飲み方。しっかりと冷やした炭酸水をチョイスすれば、爽やかな口当たりに仕上がります。ウイスキーの味わいを残しながらも程よく薄まり、食事の邪魔をしないため食中酒としておすすめです。

ホットウイスキー

By: suntory.co.jp

寒い季節にジャパニーズウイスキーを楽しみたい場合はホットウイスキーがおすすめ。耐熱性が高いグラスにウイスキーとお湯を注ぐだけで簡単に作れます。温まることでウイスキーの香りがよく立ち、味覚だけではなく嗅覚も楽しませてくれるのが魅力。お湯の量はウイスキーの2〜3倍くらいがベストです。