「麦焼酎」は芋焼酎に比べても飲みやすく、焼酎初心者にも親しみやすい酒です。全体としてアルコール度数は高めですが、度数を感じさせないような軽やかさやクセのないシンプルな味わいが特徴で多くの人に愛されています。

そこで今回は麦焼酎における甲類・乙類の違いやそれぞれの特徴をお伝えしながら、選び方のコツやおすすめの銘柄をご紹介。麦焼酎はプレゼントにも喜ばれる酒なので、ぜひ参考にしてみてください。

麦焼酎とは?

By: amazon.co.jp

焼酎は、ウイスキーやウォッカなどと同じ蒸留酒に分類されます。蒸留酒は、原料を発酵させて造る醸造酒をさらに蒸留し、アルコール度数を高めたモノ。そのため、焼酎の平均アルコール度数はおよそ25%前後と高めです。

麦焼酎は焼酎のなかでも香りにクセがなく焼酎初心者でも飲みやすい種類。麦を原料に用いることで、比較的クセのない味わいが多い傾向にあります。また、蒸留の仕方によって銘柄の特徴が現れるので、マイルドでフルーティーなタイプや後味がすっきりとしたモノなど好みや気分で選んでみるのもひとつの楽しみ方です。

甲類と乙類の違いは?

焼酎甲類

By: amazon.co.jp

焼酎甲類は、連続式蒸留器で蒸留を行っているモノです。蒸留酒は、醸造した酒を加熱し、気化したアルコール分を冷やして液体にします。これをひとつの機械で連続して行う製法が連続式蒸留で、より高純度のアルコールが抽出可能です。

蒸留を繰り返す過程で、原料由来の雑味や香りが飛ぶため、焼酎甲類は無色透明でピュアなクセのない味わいが特徴。クセのなさゆえに、飲み方も酎ハイからサワー、お湯割、カクテルまで幅広く万能で、アルコール度数は36%未満に規定されています。

焼酎乙類

By: amazon.co.jp

焼酎乙類は、単式蒸留器で蒸留され、度数は45%以下と規定されています。単式蒸留は、連続式蒸留に比べて蒸留の回数が少ない方式。アルコールだけでなく香りの成分も一緒に抽出されるため、出来上がった焼酎にも原料独特の風味や味わいが感じられるのが特徴です。

原料は米や麦だけでなく、さつまいも・そば・黒糖などがあり、原料の風味が生かされるので、焼酎乙類は本格焼酎とも呼ばれます。香りや風味を存分に楽しむには、ロックやお湯割がおすすめ。焼酎甲類に比べてクセが強い焼酎です。

麦焼酎の選び方

味と香りで選ぶ

原料である麦本来の香りや風味を楽しみたい方は、乙類の本格麦焼酎がおすすめです。なかでも甘みやコクが強いモノ、口当たりがマイルドなモノやすっきりとキレのよいモノなど、銘柄や品種によってさまざまな味わいが楽しめます。

初めて麦焼酎を飲む方には、クセの少ない麦焼酎がおすすめです。香りや味の違いを楽しみながら、お気に入りの1本を見つけてみましょう。

麦の品種で選ぶ

By: amazon.co.jp

麦焼酎の原料には大麦が使われているため、現在は収穫量の多い二条大麦を使ったものが主流です。しかし、なかには六条大麦を原料として使用した麦焼酎も造られており、より麦らしさを感じられる味わいのモノもあります。麦の種類が異なる麦焼酎で、味や香りの違いを楽しむのもひとつです。

麹で選ぶ

焼酎にかぎらず、日本酒などの酒を造るうえで欠かすことのできないモノが麹。使われる麹の種類によっても味や香りに違いが生まれるので、麹の違いで銘柄を選ぶのもおすすめです。

黒麹を使った焼酎はガツンとインパクトのある重厚な味わいのモノが多く、コクがありキレのある焼酎を造り出します。白麹は黒麹に比べてマイルドで飲みやすいモノが多く、麦の風味を生かしつつやさしい味わいが特徴です。

また、最近では主に日本酒造りに使用される、黄麹を使った焼酎も増えています。黒麹と正反対で、フルーティーな香りと軽やかな飲み口がポイント。飲みやすい銘柄が多く、焼酎が苦手な方や女性にも人気があります。

用途で選ぶ

自分用に麦焼酎を選ぶのであれば、まずは自分の好みを見つけましょう。高価で評価が高いモノのなかには、クセが強い銘柄もあり、好みに合わないこともあるので注意が必要です。

最近では居酒屋でも麦焼酎を数多く取り揃えているお店もあるので、飲み比べてみて、自分の好みの味や香りを覚えておくと、好みの銘柄を見つけやすくなります。また、銘柄によっては少量の小瓶や量り売りをしている場合もあるので、少しずついろいろな種類の麦焼酎を試してみるのもおすすめです。

また、贈り物として選ぶのであれば、相手の味の好みはもちろんですが、ボトルのデザインやパッケージにも注目して選んでみましょう。お洒落なデザインや、昔ながらの陶器のモノなど、見た目でも焼酎を楽しめます。タイプの違う焼酎を2〜3本セットにしてプレゼントするのもおすすめです。

麦焼酎のおすすめランキング|プレゼントにもぴったりの高級銘柄

第1位 黒木本店 百年の孤独

黒木本店 百年の孤独

黒木本店は明治18年に創業された宮崎県の蔵元です。焼酎一筋で、原料や酵母を自社製造するなどのこだわりを持ち、米・麦・芋のすべての銘柄において人気焼酎を生み出しています。

本製品は全国的に人気がある麦焼酎のため、プレゼントにもおすすめ。同ブランドの麦焼酎「中々」をホワイトオークの樽で寝かせたあと、3~5年の熟成酒をブレンドして作られており、深みのある味わいが特徴です。

樽由来のウッディーな香りと麦の香ばしさが絡み合い、コクのある複雑な風味が楽しめる通好みの一本。お湯割りにするとボリューム感が増して厚みのある味わいに、水割りでは甘みが引き出されて優しい味わいになります。

第2位 四ツ谷酒造 兼八

四ツ谷酒造 兼八

四ツ谷酒造は大分県宇佐市で1919年に創業された蔵元。時代の流行に左右されない普遍的で懐かしさを感じる味わいを目指し、伝統的な製法を用いて醸造しています。本製品は蔵を代表する麦焼で、創業者四ツ谷兼八の名前が付けられています。

「麦チョコのような」と表現される、麦の甘く香ばしい香りが特徴。一般的に麦焼酎では大麦を原料に使用しますが、本製品には「はだか麦」を100%使用し、原料本来の味わいが生かされています。

減圧蒸留が主流の大分産麦焼酎のなかで、こだわりの自家製常圧蒸留器で蒸留することで生まれる芳醇な味わいが魅力です。「幻の麦焼酎」として名高い本製品は、麦焼酎好きな方へのプレゼントにも喜ばれます。

第3位 三和酒類 いいちこ フラスコボトル

三和酒類 いいちこ フラスコボトル

フラスコのようなボトルデザインが目を引く麦焼酎です。いいちこは大分県宇佐市にある三和酒類の代表銘柄。高級ブランデー「ナポレオン」にちなんだ「下町のナポレオン」という愛称で、全国的に知られています。

いいちこにはコスパに優れた定番品から高級品までさまざまな種類があり、本製品は高精白・低温発酵・全麹造りの3つにこだわった、いいちこの頂点とも言える高級麦焼酎。1次・2次仕込みともに大麦麹のみを使用した全麹造りは、まろやかでコクがある深い味わいを実現しています。

高精白で低温発酵しているため、雑味のないクリアな味わいが魅力。パッケージがおしゃれなので目上の方への手土産や、女性へのプレゼントにもおすすめです。

第4位 壱岐の蔵酒造 二千年の夢

壱岐の蔵酒造 二千年の夢

麦焼酎発祥の地と言われる長崎県の壱岐市。1984年に島内にあった6つの酒蔵が統合して壱岐の蔵酒造が生まれました。壱岐焼酎の定義は米麹を使用することとなっており、麦麹を使用する焼酎に比べて、甘みとコクが強いのが特徴です。

本製品は、スペインから輸入したシェリー樽で原酒を長期熟成しています。原酒ならではの濃厚な旨みと、とろりとした喉越しが魅力。ウイスキーのように上品で香り高く、洋酒好きな方へのプレゼントにもおすすめです。

第5位 二階堂酒造 吉四六

二階堂酒造 吉四六

二階堂酒造は大分県日出町にあり、約150年の歴史を誇る老舗の蔵元です。蔵の名前を冠した「大分むぎ焼酎二階堂」は1970年代後半の焼酎ブームの火付け役と言われており、本製品は同蔵の麦焼酎のなかでも高級銘柄として人気を博しました。

「吉四六」とは、大分に伝わる民話の主人公の名前。大分を代表する麦焼酎としてその名を付けられた本製品は、「二階堂」をベースにじっくり長期熟成させています。かぐわしい熟成香が引き出され、まろやかですっきりした味わいに仕上がっているため、初心者にもおすすめです。

壺タイプは、岐阜県多治見の窯元で作られた壺に一本一本手詰めされています。手間暇かかった最高級品はレトロな見た目も特別感があり、プレゼントや手土産に最適です。

第6位 老松酒造 麹屋伝兵衛

老松酒造 麹屋伝兵衛

老松酒造は1789年に大分県日田市で創業された老舗の酒蔵です。本製品は2014~2019年に6年連続モンドセレクション最高金賞を獲得するなど、高く評価されている麦焼酎。5年間の長期貯蔵により角がとれ、ふくよかな旨みとまろやかな味わいが生まれています。

「麦焼酎の概念を破る」とうたわれるように、麦の風味も持ちながら、ウイスキーのような芳醇で深いコクが味わえるのが魅力です。41%と高いアルコール度数も特徴のひとつ。公式からロック用焼酎と位置づけられているため、ロックで飲むのがおすすめです。

白と赤を基調とした美しく上品なパッケージは、お祝いや記念日のプレゼントにも最適。麦焼酎好きな方におすすめしたい一本です。

第7位 光酒造 夢想仙楽

光酒造 夢想仙楽

高級感のある和風の瓶ラベルと風情のあるボックスがおしゃれな、プレゼントにおすすめの麦焼酎です。福岡県にある光酒造を代表する製品のひとつで、中国の仙人が醸したという伝説の銘酒「夢想仙楽酒」から名付けられました。

厳選した麦焼酎をスペインから輸入したシェリー樽で5年以上長期貯蔵したあと、もっとも熟成に適した壺に詰められて販売されています。長期熟成による琥珀色の輝きと、かすかにスモーキーで複雑な香り、芳醇でまろやかな味わいが魅力です。

第8位 藤居醸造 特蒸泰明

藤居醸造 特蒸泰明

藤居醸造は大分県にある蔵元で、昔ながらの手法でこだわりの焼酎造りをしています。小規模ながらも信念を貫いてできあがった飲みごたえのある麦焼酎にはファンが多く、本製品は特に麦焼酎好きに支持される銘柄なので、プレゼントにもおすすめです。

100%常圧蒸留することで引き出される麦本来の香りと芳醇なコクは「麦チョコ風味」とも評されます。クセがなく飲みやすいのが特徴の麦焼酎のなかで、個性を放つ一品です。揚げ物や味が濃い料理とも相性がよく、食後酒としてデザートと一緒に飲むのにも向いています。

麦焼酎のおすすめランキング|初心者向けの飲みやすい銘柄

第1位 黒木本店 中々

黒木本店 中々

本製品は、有名な麦焼酎「百年の孤独」の原酒となる銘柄です。濃密さと芳醇さが特徴の百年の孤独に比べて、さらりとした軽やかな味わいが特徴。飲みやすいので初心者にもおすすめです。

ローストしたような香ばしい麦の香りがあり、コクがありながらもクセのない旨みは飽きがこず、焼酎党の毎日の晩酌にも好まれます。お湯割りにすると甘さに深みが生まれ、ほのかに感じられる香ばしさとのバランスが際立つのでおすすめです。

第2位 佐藤酒造 佐藤

佐藤酒造 佐藤

佐藤酒造は鹿児島県霧島市に明治39年に創業されました。代表銘柄の佐藤には「黒」「白」「麦」の3種類があり、黒・白は芋焼酎のため本製品が唯一の麦焼酎です。麦の素材感にこだわって造られており、麦本来の旨みと香ばしさが感じられます。

白麹を使用したライトなボディが特徴で、マイルドで飲みやすいのも魅力のひとつ。ロックやお湯割りはもちろん、炭酸割りにすると爽やかになるので焼酎を飲みなれない方にもおすすめです。どんな料理にも合わせやすく、食中酒にも適しています。

第3位 八鹿酒造 銀座のすずめ白麹

八鹿酒造 銀座のすずめ白麹

八鹿酒造は大分県九重町にある1864年創業の老舗酒蔵です。本製品のネーミングは本物を知る大人に支持されるようにとの願いを込めて名付けられました。白麹を用いて麦のすっきりとした特徴を最大限に引き出しているため、日頃焼酎を飲まない方や女性にもおすすめです。

複数の原酒をブレンドして香りを強化し、熟成度合いを合わせることで味を均一にし、安定した酒質を確保しています。洗練された上品な味わいにも関わらず、手の届きやすい価格帯の麦焼酎です。どんな料理とも相性がよく、カクテルベースとしても重宝します。

第4位 玄海酒造 壱岐スーパーゴールド22

玄海酒造 壱岐スーパーゴールド22

玄海酒造は、麦焼酎発祥の地と言われる長崎県壱岐市にある7軒の蔵元のひとつ。本製品は看板銘柄である「むぎ焼酎壱岐」をホワイト・オーク樽で貯蔵し、5年間熟成させたものです。ほのかな樽由来の香りと、米麹特有の甘みが特徴です。

22%という適度な度数なので初心者でも飲みやすく、手頃な価格で長期熟成酒が味わえるのでおすすめ。グラスに注ぐと美しい琥珀色で、見た目でも満足させてくれる一本です。ロックで飲むと、華やかな香りとまろやかなコクが存分に楽しめます。

第5位 西酒造 一粒の麦

西酒造 一粒の麦

西酒造は鹿児島県の焼酎蔵で「宝山」シリーズの芋焼酎が有名です。本製品は芋焼酎造りのノウハウを生かしながら、麦の可能性を追求してできあがった麦焼酎の名品。常圧蒸留することで麦本来の旨みが引き出され、芋焼酎にも引けを取らない飲みごたえのある芳醇な味わいに仕上がっています。

シャープな立ち香のなかに麦の香ばしさが感じられますが、ロースト香と表現されるほどくどくないので、初心者でも飲みやすい味わいです。キレがよいのでどんな料理とも相性がよく、さまざまな飲み方でオールマイティーに楽しめます。

第6位 高千穂酒造 黒麹高千穂 黒ラベル

高千穂酒造 黒麹高千穂 黒ラベル

黒麹全量仕込みで造られた麦焼酎です。同銘柄の白ラベルが常圧蒸留方式で個性を際立たせているのに対し、本製品は減圧蒸留方式で造られているため、マイルドに飲みやすく仕上がっています。品評会の受賞歴も多数あり、高く評価される一本です。

高千穂酒造は宮崎県にありますが、適した水を求めて阿蘇山麓の白川水源の水を割り水として使用しています。良質な水とこだわりの黒麹を採用することで、パンチの利いた個性的な麦焼酎の味わいが楽しめるのもポイント。焼酎好きにはもちろん、黒麹の麦焼酎を試してみたい初心者にもおすすめです。

第7位 井上酒造 初代 百助

井上酒造 初代 百助

1804年に創業した井上酒造が創業200年を記念して造った、当主の名前を冠した麦焼酎です。ほどよい麦の香りとまろやかな味わい、キレのある淡麗な飲み口が特徴。国税庁主催の鑑評会において、発売以来連続で優等賞を獲得するなど高い評価を得ています。

同蔵がある大分県日田市は「水郷ひた」として知られ、恵まれた良質な天然水を利用したビールや焼酎、日本酒造りなどが盛んな地方。清らかな水から生まれた本製品は、麦の華やかな香りと甘みが引き立つ透明感があり、初心者でも飲みやすく、クセのない味わいが魅力の麦焼酎です。

番外編:麦焼酎のおすすめの飲み方

ストレート

焼酎本来の香りや味を存分に楽しみたいなら、水やお湯を足さずにストレートがおすすめ。香りを飛ばさないために、小さめのおちょこやショットグラスで飲みましょう。

また、温度によっても味の違いが楽しめます。品評会などでは常温(18〜20℃)でテイスティングされるように、焼酎それぞれの香りや味の特徴を感じやすい温度が常温です。冷蔵庫で数時間冷やした冷酒の状態では、味が引き締まり飲みやすくなります。

ロック

By: amazon.co.jp

グラスに大きめの氷を入れ、焼酎を注ぎ入れるロック。氷で冷やすことで香りが引き締まり、スッキリと飲みやすくなります。また、初めはストレートに近い状態で焼酎本来の味わいを楽しみ、氷が溶け出してからは、水割りのようなやさしい味わいを楽しめるのも、ロックのおすすめポイント。時間の経過とともに味の変化を楽しめます。

また、ロックで飲むときに使用する氷は、純度が高くて大きめのロックアイスがおすすめです。空気の入っていない大きめの氷は、ゆっくりと溶けていくので、すぐに水っぽくならず、ゆっくりと味わいの変化を楽しめます。

水割り

By: amazon.co.jp

水割りは香りと風味を残しながら、焼酎をよりマイルドに楽しむことが可能。氷を入れたグラスに焼酎を注ぎ、好みの濃さになるまで水を加えます。水で割ることで口当たりがまろやかになり、飲みやすくなるため、焼酎の飲み方のなかでも最も一般的な飲み方です。

レモンやライムなどの柑橘類を添えると、より爽やかな風味になるので、興味がある方は試してみてください。

ソーダ割り

By: amazon.co.jp

氷を入れたグラスに焼酎を注ぎ、よく冷えた炭酸水を加え、軽く混ぜます。炭酸のシュワシュワとした爽やかさと、華やかに香る焼酎の風味が楽しめる飲み方です。暑い季節には特におすすめで、水割りと同じく柑橘類との相性もよく、さっぱりした飲み口で焼酎を楽しめます。

ソーダ割りを作る際に、気をつけたいのが炭酸の注ぎ方と混ぜ方。炭酸が抜けてしまわないようにゆっくりとグラスに注ぎ、混ぜるときもグラスの底から氷を持ち上げるように、1、2回程度そっと混ぜます。ぐるぐるとかき混ぜてしまうと、せっかくの炭酸が抜けてしまうので注意しましょう。

お湯割り

By: amazon.co.jp

湯気とともに麦の香りが立ち上がり、華やかな風味を楽しめるのがお湯割りです。本格麦焼酎の場合には、焼酎6割、お湯4割のお湯割りにすると、日本酒の熱燗と同じくらいの温度になるのが特徴。旨みや甘みが引き立ち、飲み口もソフトになります。

お湯割りのポイントは、焼酎より先にお湯を入れることです。温度の高いお湯を先に入れることで、焼酎とうまく混ざり合います。また、焼酎が温まることで香りが立ち昇り、焼酎の風味を引き立たせることが可能です。お湯の温度によっても違いが出てくるので、好みの温度や濃さで楽しみましょう。