「麦焼酎」は芋焼酎に比べて飲みやすく、焼酎初心者にも親しみやすいお酒です。全体としてアルコール度数は高めですが、度数を感じさせないような軽やかさやクセのないシンプルな味わいが特徴で多くの方に愛されています。

そこで今回は、麦焼酎における甲類・乙類の違いやそれぞれの特徴を解説しながら、選び方のコツやおすすめの銘柄をご紹介。麦焼酎はプレゼントにも喜ばれるお酒なので、ぜひ参考にしてみてください。

麦焼酎とは?

By: amazon.co.jp

焼酎は、ウイスキーやウォッカなどと同じ蒸留酒に分類されます。蒸留酒は、原料を発酵させて造る醸造酒をさらに蒸留し、アルコール度数を高めたモノ。そのため、焼酎の平均アルコール度数はおよそ25%前後と高めです。

麦焼酎は焼酎のなかでも香りにクセがなく焼酎初心者でも飲みやすい種類。麦を原料に用いることで、比較的クセのない味わいが多い傾向にあります。また、蒸留の仕方によって銘柄の特徴が現れるので、マイルドでフルーティーなタイプや後味がすっきりとしたモノなど、好みや気分で選んでみるのもひとつの楽しみ方です。

甲類と乙類の違いは?

焼酎甲類

焼酎甲類は、連続式蒸留器で蒸留を行っているモノです。蒸留酒は、醸造した酒を加熱し、気化したアルコール分を冷やして液体にします。これをひとつの機械で連続して行う製法が連続式蒸留で、より高純度のアルコールが抽出可能です。

蒸留を繰り返す過程で、原料由来の雑味や香りが飛ぶため、焼酎甲類は無色透明でピュアなクセのない味わいが特徴。クセのなさゆえに、飲み方も酎ハイからサワー、お湯割、カクテルまで幅広く万能で、アルコール度数は36%未満に規定されています。

焼酎乙類

焼酎乙類は、単式蒸留器で蒸留され、度数は45%以下と規定されています。単式蒸留は、連続式蒸留に比べて蒸留の回数が少ない方式。アルコールだけでなく香りの成分も一緒に抽出されるため、出来上がった焼酎にも原料独特の風味や味わいが感じられるのが特徴です。

原料は米や麦だけでなく、さつまいもやそば、黒糖などがあり、原料の風味が生かされるので、焼酎乙類は本格焼酎とも呼ばれます。香りや風味を存分に楽しむには、ロックやお湯割がおすすめ。焼酎甲類に比べてクセが強い焼酎です。

麦焼酎の選び方

味と香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

原料である麦本来の香りや風味を楽しみたい方は、乙類の本格麦焼酎がおすすめです。なかでも甘みやコクが強いモノ、口当たりがマイルドなモノやすっきりとキレのよいモノなど、銘柄や品種によってさまざまな味わいが楽しめます。

初めて麦焼酎を飲む方には、クセの少ない麦焼酎がおすすめです。香りや味の違いを楽しみながら、お気に入りの1本を見つけてみてください。

麦の品種で選ぶ

By: amazon.co.jp

麦焼酎の原料には大麦が使われているため、現在は収穫量の多い二条大麦を使ったものが主流です。しかし、なかには六条大麦を原料として使用した麦焼酎も造られており、より麦らしさを感じられる味わいのモノもあります。麦の種類が異なる麦焼酎で、味や香りの違いを楽しむのもひとつです。

麹で選ぶ

焼酎にかぎらず、日本酒などの酒を造るうえで欠かすことのできないモノが麹。使われる麹の種類によっても味や香りに違いが生まれるので、麹の違いで銘柄を選ぶのもおすすめです。

黒麹を使った焼酎はガツンとインパクトのある重厚な味わいのモノが多く、コクがありキレのある焼酎を造り出します。白麹は黒麹に比べてマイルドで飲みやすいモノが多く、麦の風味を生かしつつやさしい味わいが特徴です。

また、最近では主に日本酒造りに使用される、黄麹を使った焼酎も増えています。黒麹と正反対で、フルーティーな香りと軽やかな飲み口がポイント。飲みやすい銘柄が多く、焼酎が苦手な方にも人気があります。

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

自分用に麦焼酎を選ぶのであれば、まずは自分好みの味わいを見つけましょう。高価で評価が高いモノのなかには、クセが強い銘柄もあり、好みに合わないこともあるので注意が必要です。

最近では居酒屋でも麦焼酎を数多く取り揃えているお店もあるので、飲み比べてみて、自分の好みの味や香りを覚えておくと、好みの銘柄を見つけやすくなります。また、銘柄によっては少量の小瓶や量り売りをしている場合もあるので、少しずついろいろな種類の麦焼酎を試してみるのもおすすめです。

また、贈り物として選ぶのであれば、相手の味の好みはもちろんですが、ボトルのデザインやパッケージにも注目して選びましょう。お洒落なデザインや、昔ながらの陶器のモノなど、見た目でも焼酎を楽しめます。タイプの違う焼酎を2〜3本セットにしてプレゼントするのもおすすめです。

麦焼酎のおすすめランキング|初心者向けの飲みやすい銘柄

第1位 高千穂酒造 高千穂 白ラベル

日本名水百選のひとつ、阿蘇山麓白川水源の天然水を使用して造られた麦焼酎です。宮崎県の秘境の地ともいわれる高千穂は、豊かな自然を有することでも有名。美しい水源があるため、美味しい麦焼酎造りに適した環境です。

本銘柄は、焼酎造りの原点といわれる「黒麹仕込み」と「常圧蒸留」を採用。麦本来のコクと強い甘味、香ばしさを兼ね備えた、飲みごたえのある味わいに仕上がっています。さらに、安価で入手できるのもポイント。ちょっとしたプレゼントにもおすすめの銘柄です。

第2位 二階堂酒造 二階堂

1866年に創業した老舗の蔵元が手掛ける麦焼酎「二階堂」。蒸しあげた「はだか麦」を使用して造られた、麦100%の乙類麦焼酎です。第1次焼酎ブームの火付け役とされており、飲みやすいので幅広い層から根強い人気を得ています。

本銘柄は、原料の麦を蒸した後、2次発酵を経て専用のタンクで熟成させて造られるのが特徴。麦焼酎のクセを抑えられる「減圧蒸留」を採用しているため、麦の甘味をより感じられる仕上がりになっています。麦の旨味・甘味・風味をバランスよく堪能できるので、これから麦焼酎を試してみたい初心者の方はチェックしてみてください。

第3位 井上酒造 百助

創業時の当主の名前にちなんで名付けられた、井上酒造を代表する麦焼酎「百助」。厳選した二条大麦を100%使用し、天領ひたの天然水で造られる銘柄は、麦のまろやかな甘味と程よい香りがバランスよく感じられる味わいです。軽やかな口当たりでクセが少なく、淡麗な風味で飲み飽きないのもポイント。

麦のコクを手軽に堪能できるため、初心者の方にもおすすめの1本です。さまざまな料理との相性がよく、特に魚料理やてんぷらなど、和食の食中酒に適しています。

第4位 三和酒類 いいちこ

本格麦焼酎のベストセラーとしても名高い麦焼酎「いいちこ」。いくつもの岩石層を通り抜け、酵母の発酵に適したミネラルを有する天然水を地下深くから汲み上げて使用しています。

厳選された大麦・麹・水を使用して造られるいいちこは、まろやかで飲み飽きしない、飲みやすく味わい深い仕上がりが魅力。初心者の方にもおすすめの銘柄です。水割りやロック、お湯割りなど、気分や料理に合わせてさまざまな飲み方で楽しめる麦焼酎を探している方にも適しています。

第5位 中国醸造 達磨

広島県世羅産の六条大麦を100%使用し、三段峡で採取されるアルカリ質の軟水で仕込んで造られる「達磨」。六条大麦の豊かなコクと旨味を感じられる、味わい深い本格麦焼酎です。

本銘柄は、低温でじっくりと蒸留する「減圧蒸留」を採用しているのが特徴。麦の風味を損なわず、フルーティーな香りと豊かな甘味、黒麹由来のトロっとした口当たりに仕上がっています。比較的リーズナブルなので、麦焼酎の華やかな香りを手軽に楽しみたい方におすすめの1本です。

第6位 玄海酒造 壱岐

米麹1、大麦2の割合で原料を組み合わせた、独自の製法で造られる本格麦焼酎です。長期熟成による円熟感のある味わいと、まろやかな口当たりが魅力。

玄海酒造がある長崎県壱岐市は、麦焼酎発祥の地といわれています。本銘柄は、昔ながらの伝統製法を守り続けているのが特徴。米麹による天然の甘味と麦の芳醇な香りがバランスよく共存する、完成度の高さも魅力です。

飲みやすいので、本来の味をそのまま楽しめるストレート・ロック・お湯割りで楽しむのがおすすめ。甘い風味の麦焼酎を求める方はチェックしてみてください。

第7位 西酒造 一粒の麦

麦の可能性を追求し、高い品質を実現する本格麦焼酎「一粒の麦」。本格焼酎ブームの牽引役といわれる、芋焼酎の技術を活用して造られている甲類麦焼酎です。

国産大麦と大麦麹を使用して仕込み、麦本来の香りを無駄なく引き出す「常圧蒸留」を採用しているのがポイント。麦の香ばしい香りと、芋焼酎のように濃厚なコクとまろやかな甘味が堪能できます。

また、個性がありながら飲みやすいのも特徴のひとつ。ロックでじっくりと旨味を堪能したり、お湯割りで芳醇な香りを楽しんだりと、場面や気分に応じて飲み方を選べる1本です。

第8位 薩摩酒造 神の河

厳選された良質な二条大麦を100%使用し、樫樽で3年以上熟成して造られる麦焼酎。内側を焼き付けた樽で熟成することで芳醇な香味を生み出し、香ばしさが堪能できます。

さらに、風味のなかに樽由来のバニラのような香りが感じられるのもポイントです。ブランデーを好む方にも楽しみやすい味わいになっており、ストレートからソーダ割りまでさまざまな楽しみ方ができる万能さも魅力のひとつ。手ごろな価格で入手しやすく、ボトルのデザインもおしゃれな銘柄です。

第9位 麒麟(KIRIN) ピュアブルー

美しいボトルデザインがおしゃれな麦焼酎です。厳選された上質な麦を100%使用し、大麦と大麦麹で仕込んで造られています。また、爽やかな香りを最大限に引き出すため「低温発酵」を採用しているのもポイント。

さらに、乙類原酒をブレンドし蒸留する「減圧蒸留」を行っているので、麦本来の芳醇な香りとすっきりとした飲み口が楽しめます。一定の熟成期間を置くことにより、柔らかな口当たりを実現しているのも魅力のひとつ。

入手しやすい価格帯ながら完成度が高いため、コストパフォーマンスを求める方におすすめの麦焼酎です。

第10位 宝酒造(TAKARA) 知心剣

国産の二条大麦を100%使用し、低温蒸留による芳醇な麦の香りを楽しめる麦焼酎です。製品名の「しらしんけん」は大分の方言で「一生懸命」という意味。常に真剣に麦焼酎造りへ取り組む姿勢を表しています。

本銘柄は、黒麹を用いた麦麹で仕込み、麦本来の旨味を存分に楽しめるのが魅力。また、3年以上の長期熟成を行う独自の貯蔵方法により円熟感が生まれ、甘さが引き立つ口当たりのよい味わいが堪能できます。

水割りで飲むと、麦の豊かな香りとほのかな甘味をより一層に楽しめるのでおすすめ。手軽に高品質な麦焼酎を楽しみたい方は、チェックしてみてください。

麦焼酎のおすすめランキング|プレゼントにもぴったりの高級銘柄

第1位 黒木本店 百年の孤独

黒木商店が手掛ける本格麦焼酎「中々」を、オーク樽で熟成させて造る「百年の孤独」。人気があり、ネットショップなどではプレミア価格で取引されることが多い麦焼酎です。

百年の孤独は、まるでウイスキーのような深みのある味わい。ほのかに感じられるドライフルーツのような甘味と、オークの芳醇な香りを併せ持ち、洋酒のようにバランスのよい風味もポイントです。

また、まろやかな口当たりで飲みやすいので、麦焼酎に慣れていない初心者の方にもおすすめ。高級感とブランド力を兼ね備えており、贈り物としても適している銘柄です。

第2位 佐藤酒造 佐藤 麦

「さつま」など人気の芋焼酎を手掛ける、佐藤酒造が製造する麦焼酎。芋焼酎で培った技術を活かした高品質な仕上がりは、焼酎愛好家から支持されています。本銘柄は、麦チョコのようなほのかな香ばしさと甘い香りがポイント。まろやかなコクと濃厚な旨味も堪能できます。

飲み口がすっきりしているので、麦焼酎初心者の方から味わい深い1本を求める愛好家の方まで、幅広い層の方におすすめの1本です。贈り物としても喜ばれる、クオリティの高い麦焼酎を求めている方はチェックしてみてください。

第3位 四ッ谷酒造 兼八

創業以来、代々受け継がれてきた伝統の技で造られた本格麦焼酎です。大麦ではなく「はだか麦」を使用しているのが特徴。さらに、常圧蒸留を採用することで麹の個性を引き出し、麦本来の旨味と香りを残して深みのある味わいが楽しめます。

味わいの奥深さも魅力で、麦チョコのようなロースト感が香ばしさを引き立てています。また、芳醇なコクを楽しめる、なめらかな口当たりもポイント。風味豊かな麦焼酎を探している方におすすめの1本です。

第4位 黒木本店 中々

人気のプレミアム焼酎「百年の孤独」の原酒として知られる本格麦焼酎「中々」。麦焼酎ブームの火付け役ともいわれており、多くの愛好家から支持を獲得している人気の銘柄です。

原料の二条大麦は、自社で有機栽培によって育てたモノ。丹精を込めて育てた麦をかめで仕込む伝統製法によって、芳醇なコクと甘味を実現しています。

本銘柄は、ストレートで飲むと麦のほのかな甘味を堪能できるのが魅力。お湯割にすることで香りが立ち、芳醇な麦の風味を堪能できます。口当たりはすっきりとしているので、初心者の方でも親しみやすい、おすすめの麦焼酎です。

第5位 神楽酒造 13年熟成 猶薫

宮崎県高千穂町にある旧国鉄のトンネルを利用し、13年以上の長期貯蔵を経て造られる麦焼酎です。温度と湿度が安定している静かな環境でじっくりと寝かせることで、円熟感のある深い味わいに変化します。

長期熟成によって生まれる、澄み切った透明なボディが特徴。さらに、桐箱入りの高級感あふれるデザインもポイントです。贈り物にぴったりな麦焼酎を求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

第6位 八鹿酒造 銀座のすずめ aged7years

旧国鉄のトンネルを利用した貯蔵庫にて、バーボン樽でじっくりと7年間熟成させて造られる麦焼酎。トンネル内部は湿度と温度が安定しやすく、焼酎の熟成に最適ともいえる環境が整っています。

7年の長期熟成による円熟感があり、まろやかさと麦の香ばしさを楽しめる味わい深い1本。また、深い味わいの後に続く、麦の心地よい余韻も魅力のひとつです。さらに、美しいボトルデザインも特徴。贈り物を探している方にもおすすめの高級感あふれる麦焼酎です。

第7位 光酒造 夢想仙楽 長期樫樽貯蔵

スペインから輸入したシェリー樽で5年以上熟成させて造られる、洋酒のようなフルーティさが特徴の麦焼酎です。長期熟成で生まれる円熟感と、シェリー樽由来のほのかなウッド感がクセになる、香り豊かな銘柄。

ウイスキーのような琥珀色のボディは高級感があり、重厚なコクとまろやかな味わいも兼ね備えています。ほどよい甘味があり、全体のバランスがよく取れている、完成度の高い仕上がりも魅力のひとつ。

ストレートやロック、水割りやお湯割など、香りをそのまま楽しむ飲み方がおすすめ。洋酒のように味わえる、高級感のある麦焼酎です。

第8位 老松酒造 極上閻魔甕

“世界が「あっ」という焼酎をつくる”というコンセプトをもとに造られた、老松酒造を代表する麦焼酎「閻魔」シリーズ。「極上閻魔甕」は、同シリーズの最高級品として発売されている、極上の麦焼酎です。

極上閻魔甕は、昭和57年に造られた原酒と、熟成年数5年以上の原酒を加えて樽熟成させて造られているのが特徴。樽の心地よい香りと、長期熟成による上品な味わいが魅力の1本です。

また、個性あふれるかめ型のボトルと専用のひしゃくが付いているのもポイント。自宅用の焼酎サーバーとしても使える、プレゼントにもおすすめの長期熟成麦焼酎です。

第9位 二階堂酒造 吉四六

焼酎の老舗蔵元「二階堂酒造」が手掛ける、はだか麦100%を使用した本格麦焼酎です。地元の豊かな自然から採取される天然水を用いて仕込み、華やかな麦の香りを活かす「減圧蒸留」によって造られています。

また、陶器製の壺をコルク栓でボトリングしているのもポイント。コルクで栓をしているため、壺の中でも熟成が進みます。柔らかく芳醇な麦の甘味と、長期熟成による円熟した余韻が楽しめます。贈り物にもおすすめの麦焼酎です。

第10位 玄海酒造 壱岐 スーパーゴールド

人気の麦焼酎「壱岐」を手掛ける、「玄海酒造」が誇る高級麦焼酎です。ウイスキーに使用されていたホワイトオーク樽に入れて熟成することで、心地よいウッド感と麦の芳醇な香りが楽しめます。

また、樽に由来する琥珀色のボディも特徴のひとつ。ウイスキーのようにソーダで割ることで、ハイボールのように爽やかな味わいを楽しめるのも魅力です。水割りやロックでもすいすいと飲める、飲みやすさもポイント。食中酒としてもおすすめの1本です。

番外編:麦焼酎のおすすめの飲み方

ストレート

焼酎本来の香りや味を存分に楽しみたいなら、水やお湯を足さずにストレートがおすすめ。香りを飛ばさないために、小さめのおちょこやショットグラスで飲みましょう。

また、温度によっても味の違いが楽しめます。品評会などでは常温(18〜20℃)でテイスティングされるように、焼酎それぞれの香りや味の特徴を感じやすい温度が常温です。冷蔵庫で数時間冷やした冷酒の状態では、味が引き締まり飲みやすくなります。

ロック

By: amazon.co.jp

グラスに大きめの氷を入れ、焼酎を注ぎ入れるロック。氷で冷やすことで香りが引き締まり、スッキリと飲みやすくなります。また、初めはストレートに近い状態で焼酎本来の味わいを楽しみ、氷が溶け出してからは水割りのようなやさしい味わいを楽しめるのも、ロックのおすすめポイント。時間の経過とともに味の変化を楽しめます。

また、ロックで飲むときに使用する氷は、純度が高くて大きめのロックアイスがおすすめです。空気の入っていない大きめの氷はゆっくりと溶けていくので、すぐに水っぽくならず、ゆっくりと味わいの変化を楽しめます。

水割り

By: satsuma.co.jp

水割りは香りと風味を残しながら、焼酎をよりマイルドに楽しむことが可能。氷を入れたグラスに焼酎を注ぎ、好みの濃さになるまで水を加えます。水で割ることで口当たりがまろやかになり、飲みやすくなるため、焼酎の飲み方のなかでも最も一般的な飲み方です。

レモンやライムなどの柑橘類を添えるとより爽やかな風味になるので、興味がある方は試してみてください。

ソーダ割り

By: amazon.co.jp

氷を入れたグラスに焼酎を注ぎ、よく冷えた炭酸水を加えて軽く混ぜます。炭酸のシュワシュワとした爽やかさと、華やかに香る焼酎の風味が楽しめる飲み方です。暑い季節には特におすすめで、水割りと同じく柑橘類との相性もよく、さっぱりした飲み口で焼酎を楽しめます。

ソーダ割りを作る際に、気を付けたいのが炭酸の注ぎ方と混ぜ方。炭酸が抜けてしまわないようにゆっくりとグラスに注ぎ、混ぜるときもグラスの底から氷を持ち上げるように1〜2回程度そっと混ぜます。ぐるぐるとかき混ぜてしまうと、せっかくの炭酸が抜けてしまうので注意しましょう。

お湯割り

By: amazon.co.jp

湯気とともに麦の香りが立ち上がり、華やかな風味を楽しめるのがお湯割りです。本格麦焼酎の場合には焼酎6割、お湯4割のお湯割りにすると、日本酒の熱燗と同じくらいの温度になるのが特徴。旨みや甘みが引き立ち、飲み口もソフトになります。

お湯割りのポイントは、焼酎より先にお湯を入れることです。温度の高いお湯を先に入れることで、焼酎とうまく混ざり合います。また、焼酎が温まることで香りが立ち昇り、焼酎の風味を引き立たせることが可能です。お湯の温度によっても違いが出てくるので、好みの温度や濃さで楽しみましょう。