アメリカのテネシー州で造られているバーボン「テネシーウイスキー 」。原材料の51%以上にトウモロコシを使用して造られる点は通常のバーボンと一緒ながら、よりまろやかで甘味を感じやすいボトルが多いのが特徴です。

また、クセが少なく飲みやすい銘柄も多いため、あまりウイスキーに慣れていない初心者の方にもおすすめ。そこで今回は、おすすめのボトルとその特徴をご紹介します。

テネシーウイスキーとは?

テネシーウイスキーが誕生した場所は?

テネシーウイスキーは、合衆国南東部のテネシー州で誕生しました。テネシー州は東西南北で8つの州と隣接しており、北部には「バーボン」で有名なケンタッキー州があります。

また、テネシー州は年間を通じて穏やかな気候で、日本とほぼ同じ緯度にあるため似たような四季があるのも特徴です。なお、テネシー州の人口は約660万人で、その人口は約7%の都市部に集中しています。

残りの9割程度は人口密度が低く、世界遺産に登録されているグレートスモーキー山脈国立公園があるなど、豊かな自然を有しているのも特徴です。

テネシーウイスキーが生まれたのはいつ頃?

テネシーウイスキーの発祥は19世紀後半。当時、アメリカ政府が税収確保のために導入した「ウイスキー税」を避けるため、まだアメリカ領ではなかったケンタッキー州にてトウモロコシでウイスキーを造ったのが紀元とされています。

また、南北戦争によってアメリカ合衆国は南北に分断されていた経緯もあり、戦争終結後もテネシー州はケンタッキー州と対立。テネシー州で独自のウイスキー造りが行われ、後にテネシーウイスキーと呼ばれるようになります。

当時、蒸溜業を営むジャスパー・ニュートン・ジャック・ダニエルよって生み出されたバーボン「ジャック・ダニエル」もまた、テネシーウイスキーのひとつです。

テネシーウイスキーの味わい

テネシーウイスキーは、バーボンのなかでもクセが少なく、ウイスキー初心者の方でも飲みやすいのが特徴。また、フルーティでとろみのある甘味と芳醇な風味もあわせ持っています。

さらに、なめらかな舌触りを実現しているのもポイント。ロックやストレート、ハイボールなど楽しみ方の幅が広いのも魅力のひとつです。

バーボンウイスキーとテネシーウイスキーの違い

By: amazon.co.jp

テネシーウイスキーは、通常のバーボンと同じ原料の51%以上にトウモロコシを使用して造られています。しかし、ほかのバーボンに比べて甘味を感じやすく、口当たりがやわらかいのが特徴。また、ほかのバーボンよりもクセが少ないのもポイントです。

テネシーウイスキーの定義として、テネシー州で造られていることが前提となります。さらに、多くのテネシーウイスキーは蒸留直後の原酒をサトウカエデの炭でろ過する「チャコールメローイング製法」を採用しているのも特徴です。

「チャコールメローイング製法」は、8〜10日間ほどかけて原酒をろ過することで雑味を取り除けるのがポイント。ウイスキー本来のフルーティな風味を引き出し、なめらかな口当たりを実現しています。

テネシーウイスキーのおすすめ

ジャックダニエル(JACK DANIELS) ジャックダニエル ブラック

テネシーウイスキーの代表格ともいえるバーボン「ジャックダニエル」のスタンダードボトルです。チャコールメローイング製法による琥珀色のボディと、熟成によって生まれるまろやかな口当たりが魅力の1本。ウイスキー初心者の方にもおすすめです。

また、ジャックダニエルはキャラメルのように濃厚な甘味と香りに、ほんのりとスパイシーな刺激を感じられるのも特徴。奥深いコクと深い味わいがあり、全体の風味のバランスがよいのも魅力です。

ロックやストレート、ハイボールなど、さまざまな飲み方を楽しみたい方にもぴったり。これからテネシーウイスキーを試してみたい方はぜひチェックしてみてください。

ジャックダニエル(JACK DANIELS) ジェントルマンジャック

2回のチャコールメローイング製法を施して造られている「ジェントルマンジャック」。サトウカエデの炭でろ過することで糖類が加わり、なめらかな口当たりとほどよい甘味を楽しめるのが魅力です。

また、同じジャックダニエルのブラックに比べきめ細かい舌触りも特徴。優しく上品な味わいを楽しみたい方におすすめのテネシーウイスキーです。

ジャックダニエル(JACK DANIELS) シングルバレル

熟成させた原酒をブレンドせずに、1つの樽からボトリングされている「シングルバレル」。一定の基準をクリアした樽のみを選んでボトリングしており、熟成されたウイスキーの芳醇な香りを楽しめるのが魅力です。

本銘柄は樽ごとに微妙に味わいが異なるため、ボトルごとの個性を味わうのも楽しみ方のひとつ。また、熟成によってキャラメルやバニラ、焼きリンゴのような濃厚な甘みと、タンニンの酸味がバランス良く共存しています。ゆっくりとウイスキーを味わいたい方におすすめの1本です。

ジョージ・ディッケル(George Dickel) No.8

羊毛の毛布をサトウカエデの炭に敷いてろ過して造られる「ジョージ・ディッケル」。製造元のジョージ・ディッケル蒸溜所は何度か閉鎖されたものの、2003年より操業を再開して現在に至ります。

本ボトルはトウモロコシの比率を84%まで高めた原料を使用しており、トウモロコシ由来の強い甘味を感じられるのが魅力。柔らかい芳醇な風味を有しており、飲み応えのあるテネシーウイスキーを探している方におすすめです。

ジョージ・ディッケル(George Dickel) No.12

約8〜10年の長期熟成を施して造られている「No.12」。ジョージ・ディッケルの濃厚な甘味と奥深いコクはそのままに、樽由来のウッド感とバニラのような芳醇な香りを楽しめるのが魅力です。

また、熟成による重厚感が増しており、角が取れてなめらかな味わいになっているのもポイント。少しだけスモーキーな印象もあり、長い余韻が感じられます。複雑でバランスのよい風味を備えた、個性のあるテネシーウイスキーを楽しみたい方におすすめの1本です。

ロリンズ(ROLLINS) ロリンズ テネシー ウイスキー

アメリカンホワイトオークの樽で熟成させて造られている「ロリンズ テネシー ウイスキー」。国際酒類品評会「SIPアワード2016」にてプラチナメダルを受賞した、世界的にも高い評価を獲得している1本です。

本ボトルは、チャコールメローイング製法によるスムースな飲み口が特徴。香りはナッツやスパイスのような香ばしさを感じられ、バニラのようなニュアンスも楽しめます。

芳醇で甘い風味を楽しめるため、ロック・ハイボール・カクテルなど、さまざまな飲み方に合うのもポイント。初心者の方にもおすすめのテネシーウイスキーです。