カクテルベースやお菓子作りの材料としても人気の「ラム酒」。キューバ・プエルトリコ・バハマなど、西インド諸島を代表するお酒として知られています。ストレート・ロック・お湯割りなどさまざまな飲み方で楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、ラム酒のおすすめ銘柄をご紹介します。定番の人気商品や初心者でも飲みやすい銘柄をピックアップ。選び方も詳しく説明するのでぜひ参考にしてみてください。

ラム酒とは?

ラム酒の原料

ラム酒は世界4大スピリッツのひとつとして知られる蒸留酒です。主原料はサトウキビ。サトウキビから砂糖を精製するときにできる「廃糖蜜」や「搾り汁」を使用して造られています。原料を発酵・蒸留した後、貯蔵・熟成をステンレスタンクや樽で行うのが特徴。独特の甘い香りが魅力です。

また、廃糖蜜を原料としたラム酒は「インダストリアルラム」、サトウキビの搾り汁を100%使用したモノは「アグリコールラム」に分類されます。市場で販売されているラム酒のほとんどはインダストリアルラム。一方、アグリコールラムは生産コストのかかる贅沢かつ希少な製法で、価格は比較的高めです。

ラム酒の原産国

By: amazon.co.jp

ラム酒はカリブ海周辺にある西インド諸島を代表する蒸留酒です。16〜17世紀頃からプエルトリコなどで生産がはじまり、植民地を中心に広がったといわれています。現在も、当時スペインの植民地だったプエルトリコ・バハマ・メキシコなどで製造が盛んです。

また、イギリスの植民地だったジャマイカやガイアナ、フランスの海外県であるマルティニクもラム酒の生産地として有名。日本では鹿児島県や沖縄県などで造られています。

ラム酒の度数

By: amazon.co.jp

ラム酒のアルコール度数は銘柄によってさまざまです。平均的なアルコール度数は約40〜50%。なかには75%を超える高いアルコール濃度の商品もあります。

アルコール度数の高い銘柄を味わうときは、水・ソーダ・コーラなどで割るのがおすすめ。ロックやストレートで楽しむ場合は、少しずつ味わいながら飲むのがポイントです。

ラム酒の種類と特徴

クセが少なく初心者でも飲みやすい「ホワイト・ラム」

By: amazon.co.jp

ホワイト・ラムとは、淡色または無色透明に仕上げられたラム酒のこと。樽で熟成した後に活性炭などでろ過したモノや、熟成させずにボトリングしたモノを指します。キューバやプエルトリコ産に多いのが特徴です。

クセの少ないクリアな味わいで、初心者でも飲みやすいのが魅力。「ブルー・ハワイ」や「ラムコーク」などのカクテルベースとしてよく使われています。ストレートやロックでもおいしく楽しめるほか、あたたかい紅茶やコーヒーに入れて味わうのもおすすめです。

ほどよい甘みと香りが楽しめる「ゴールド・ラム」

By: rakuten.co.jp

ゴールド・ラムとは、樽で熟成後ろ過せずに瓶詰めしたモノのこと。熟成期間は3年未満で、薄い茶色が特徴。アンバーラムとも呼ばれており、ホワイト・ラムとダーク・ラムの中間的な性質を持っています。

カクテルベースとしてはもちろん、ストレートやロックでじっくり味わうのもおすすめ。ラムならではのコクや甘い風味を味わいたい方にぴったりです。また、ケーキなど洋菓子の香りづけにもよく使われています。

独特のクセと香りが特徴の「ダーク・ラム」

By: amazon.co.jp

ダーク・ラムとは、原酒をバーボン樽などで3年以上熟成させたモノのこと。濃い褐色で、カラメルのような芳醇で強い風味を楽しめるのが魅力です。ラム酒ならではの濃厚な味わいと香りを堪能したい方はチェックしてみてください。

おすすめの飲み方はストレート。香りや味わいの変化をゆっくり楽しむのがポイントです。ロックやカクテルにしてもおいしく飲めます。また、パウンドケーキやスポンジケーキなどの製菓用の材料としても人気です。

ラム酒の選び方

口当たりや風味は製法をチェック

ラム酒は製法などの違いによって、ライト・ミディアム・ヘビーの3種類に分けられます。ライトラムは連続式蒸留器で蒸留し、ステンレスタンクやホワイトオーク樽で短期間熟成したモノ。軽やかで控えめな味わいに仕上がるのが特徴です。キューバやメキシコなどの生産地で多く造られています。

一方、ジャマイカやガイアナなどの生産地に多いヘビーラムは、単式蒸留器で蒸留した後オーク樽などで長期間熟成するのがポイント。濃厚で個性的な風味に仕上がるのが魅力です。

ミディアムラムはライトラムとヘビーラムの中間的な性質を持っています。マルチニック島やグァドループ島などの生産地に多いタイプです。ライトラムとミディアムラムはカクテルベース、ヘビーラムはお菓子作りによく用いられています。

飲み方で選ぶ

By: amazon.co.jp

ラム酒には、ストレート・ロック・ソーダ割り・カクテルなど、さまざまな飲み方があります。ストレートで楽しみたい方には、ゴールド・ラムやダーク・ラムがおすすめ。常温で飲むと銘柄ならではの風味をより強く感じられます。

ロックで味わうならホワイト・ラムがぴったり。ボトルごと冷やして飲むと、より軽やかでさっぱりとした飲み口になるのが魅力です。また、風味の強いダーク・ラムは、氷が溶けるにつれてアルコール感が薄れ、飲みやすくなります。

モヒート・ラムコーク・ピニャコラーダなどのカクテルには、ホワイト・ラムが好適。冬はホットやお湯割りにしてもおいしく味わえます。お酒が苦手な方は、ソーダやジュースで割って楽しんでみてください。

初心者にはフレーバー付きもおすすめ

By: rakuten.co.jp

ラム酒には、原酒にバニラやシナモンなどのスパイスを加えた「スパイストラム(スパイスドラム)」や、フルーツなどのフレーバーを付けたモノがあります。一般的なラム酒とは異なり、複雑で独特な味わいが魅力です。

なかでも、フルーツやバニラなどの甘いフレーバーを加えたラム酒は、ストレートやロックでも飲みやすいため、初心者の方にもおすすめ。チョコレート風味の珍しいフレーバードラムもあるので、ひと味違うラム酒を楽しみたい方はチェックしてみてください。

ラム酒のおすすめ|初心者向け

マイヤーズ(Myers’s) マイヤーズ ラム プラチナホワイト

初心者でも楽しめる定番のラム酒

フルーティーで甘い味わいのホワイト・ラム酒です。原産国はジャマイカ。華やかな香りを楽しめる銘柄です。なめらかで軽やかな口当たりが魅力。初心者でも飲みやすい定番のラム酒を探している方はチェックしてみてください。

内容量は750ml。アルコール度数は40%です。カクテルベースとして使用するのはもちろん、ロックで味わうのもおすすめ。また、コーラ・ジンジャーエール・ソーダなどで割り、ライムやレモンを絞ると爽快感のある口当たりになります。

バカルディ(BACARDI) スペリオール

自宅で本格的なカクテルを楽しみたい方におすすめ

ほんのり甘い、口当たりなめらかなホワイト・ラム酒です。アメリカンオーク樽で1〜1年半熟成した後、チャコールフィルタリングを施しているのがポイント。バニラやアプリコットがほのかに香る、軽やかでドライな飲み口に仕上がっています。飲みやすいので、初心者の方にもおすすめです。

原産国はプエルトリコ。アルコール度数は40%です。バカルディのラム酒のなかでも、カクテルベースに適した銘柄。ダイキリ・モヒート・ラムトニックなどのカクテルによく合います。自宅で本格的なカクテルを楽しみたい方にぴったりです。

ロンリコ(RONRICO) ホワイト

コーラや果実ジュースで割りたい時におすすめ

1860年創業の老舗メーカーが手がけたホワイト・ラム酒です。プエルトリコで生産されているカリビアン・ラムの代表的な銘柄。「ロンリコ」とはスペイン語で「味わい豊かなラム」を意味します。ドライですっきりとした、正統派の味わいが特徴です。

コーラやフルーツジュースで割って楽しむのがおすすめの飲み方。もちろん、ソーダ割りやロックにも向いています。内容量は700ml。アルコール度数は40%です。歴史ある有名銘柄のラム酒を飲んでみたい方はチェックしてみてください。

ロンリコ(RONRICO) 151

インパクトのある味わいが楽しめるラム酒です。原産国はプエルトリコ。内容量は700mlです。ロンリコ定番の銘柄といわれています。アルコール度数は約75%ですが、度数の高さを感じさせない、なめらかでマイルドな飲み口が魅力。濃厚な香りと力強い味わいを楽しみたい方にぴったりです。

ロックにレモンとライムを一緒に加えると、ラム酒を飲み慣れていない方でも飲みやすくなります。ソーダやジュースで割るのもおすすめです。

多良川 マクガン

沖縄県の宮古島で造られているアルコール度数40%のラム酒です。宮古島の水・酵母・サトウキビを使用。フレッシュな香りとまろやかな口当たりを堪能できる、おすすめの銘柄です。ライムやミントと合わせたモヒート、レモンの酸味が爽やかなボストンクーラーなどのカクテルベースに適しています。

商品名の「マクガン」とは宮古島の方言で「ヤシガニ」を表しており、パッケージにもマクガンのデザインがあしらわれています。お酒が好きな方へのプレゼントや、沖縄土産としてもぴったりです。

グレイスラム(Grace Rum) コルコルアグリコール・緑ラベル

沖縄県南大東島産のサトウキビ汁のみを使用した、希少性の高いアグリコールラム酒です。砂糖・香料・着色料を使用せずに仕上げているのが特徴。サトウキビ本来の風味を堪能したい方にぴったりの銘柄です。

内容量は720ml。アルコール度数は40%です。ダイキリやミリオネアなど、さまざまなカクテルベースとして使用できます。また、グリーンを使用したナチュラルなパッケージデザインも魅力。自宅用にはもちろん、ラム酒が好きな方への手土産にもおすすめです。

キャプテンモルガン(Captain Morgan) スパイストラム

南米プエルトリコ産のゴールド・ラム酒です。パッケージに描かれたキャプテン・ヘンリー・モルガンのイラストが目印。内容量は700ml。アルコール度数は35%です。良質なサトウキビを使用したゴールド・ラムに、バニラスパイスやアプリコットなどの香りをプラスしています。

甘くて豊かな香りと、まろやかな味わいが魅力です。コーラやソーダなどと割るのはもちろん、香りや味わいをダイレクトに楽しめるロックもおすすめ。アメリカでも人気の銘柄を試してみたい方はチェックしてみてください。

イエラム サンタマリア(Ie Rum Santa Maria) ゴールド・ラム

沖縄県の伊江島産サトウキビのみを使用したゴールド・ラム酒です。単式蒸留器で蒸留後、オーク樽にて熟成したアグリコールラム。サトウキビ本来の味わいと、豊かな樽香を楽しめるのが魅力です。貴重なアグリコールラムを味わってみたい方に適しています。

内容量は720ml。アルコール度数は37%です。おしゃれなパッケージには、伊江島名物「テッポウユリ」のイラストが描かれており、沖縄土産にもぴったり。やさしい甘さと華やかな味わいが堪能できる、初心者におすすめの銘柄です。

高岡醸造 ルリカケスラム

日本で初めて製造・販売された、純日本製のゴールド・ラム酒です。鹿児島県の奄美諸島にある徳之島で造られています。3回の蒸留後にオーク樽で熟成し、美しい琥珀色に仕上げているのが特徴。国産のラム酒が気になる方におすすめの銘柄です。

内容量は900ml。アルコール度数は40%です。炭酸割り・コーラ割り・水割りなどのほか、ロックやストレートでもおいしく楽しめます。また、ラムレーズンなどのドライフルーツを漬けたり、お菓子作りに使用できたりと、幅広い用途で使えるのも嬉しいポイントです。

ハバナクラブ(Havana Club) 7年 プレミアムダーク・ラム

長期間熟成された贅沢なダーク・ラム酒です。原産国はライト・ラムの代表的な産地であるキューバ。100年以上の歴史を持つ地下貯蔵庫で7年間熟成しています。上質なサトウキビを使用し、伝統的な技法を用いて造られているのが特徴です。

ココア・バニラ・西洋杉・シガーのような複雑な香りと、なめらかでコクのある深い味わいを楽しめるのが魅力。飲み終わった後も、まろやかな余韻が残ります。内容量は700ml。アルコール度数は40%です。カクテルはもちろん、ストレートやロックでもおいしくいただけます。

フロール・デ・カーニャ(Flor de Cana) ウルトラ・プレミアム・ラム 12年

「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」をはじめ、数々の賞を獲得しているラム酒です。砂糖や人工的な成分を使用せず、バーボン樽を用いて12年間の自然熟成を行っているのが特徴。ラム本来の味わいを楽しみたい方にもおすすめです。

アルコール度数は40%。赤みのある琥珀色と、ハチミツやナッツのような甘く香ばしい香りが魅力です。バニラと焼きりんごをイメージさせる後味もポイント。重厚感のあるしっかりとした風味を楽しめます。

プランテーション・ラム(PLANTATION RUM) オリジナルダーク・ラム

コニャックで有名なコニャック・フェラン社が手がけたダーク・ラム酒です。ジャマイカとトリニダード・トバゴで3年間熟成したラムをフランスへ運び、フレンチオーク樽で半年間熟成。洗練されたスモーキーな香りと深い味わいが魅力です。

内容量は700ml。アルコール度数は40%です。マイタイやラムパンチなどのカクテルにぴったり。ストレートやロックでゆっくり味わうのもおすすめです。また、さまざまな賞を獲得しているのもポイント。ラム酒の入門編としても人気があります。

ラム酒のおすすめ|高級

ロン サカパ(Ron Zacapa) センテナリオ 23年

海抜2300mの高所で熟成されたダーク・ラム酒です。生産国はグアテマラ。サトウキビの一番搾りを濃縮したバージン・シュガーケイン・ハニーだけを使用して造られています。インターナショナル・ラム・フェスティバルで5年連続金賞を獲得した、おすすめの銘柄です。

年数の古い順に樽を3〜4段積み上げ、古いモノからボトリングする独自技術「ソレラシステム」を採用し、6〜23年熟成したラムをブレンド。減った分を新しいモノから順次継ぎ足すことで、安定した味わいを保っています。

アルコール度数は40%。贅沢な味わいと、ハチミツ・バタースコッチ・スパイスのような豊かな香りが魅力です。高級感のある濃厚な風味を楽しみたい方はチェックしてみてください。

ロン サカパ(Ron Zacapa) XO

ふくよかな熟成香を楽しめるダーク・ラム酒です。グアテマラの高所で、時間をかけてゆっくり熟成させているのが特徴。高品質なサトウキビの一番搾りジュースのみを使用し、コニャックを貯蔵していたフレンチオーク樽で熟成しています。

独自のソレラシステムを採用し、8〜25年熟成したラムをブレンド。チョコレート・オークのスパイス・ダークチェリー・ドライフルーツを思わせる個性的な風味が魅力です。バランスの取れた深みのある味わいを堪能したい方におすすめ。高級感のあるパッケージなので、プレゼントにもぴったりです。

ロン・バルセロ(RON BARCELO) インペリアル・オニキス

ドミニカ共和国で造られている、マホガニー色のダーク・ラム酒です。高品質のサトウキビを使用し、バーボン用の樽で10年間熟成。オニキスの石でろ過して仕上げています。複雑な味わいと、チェリー・コーヒー・ナッツの香りが魅力です。

内容量は700ml。アルコール度数は38%です。ラグジュアリーな雰囲気のパッケージデザインもポイント。ラム酒が好きな方への贈り物におすすめです。

エルドラド(EL DORADO) デメララ 15年

南米ガイアナ産のダーク・ラム酒です。300年前と同じ製法で造られている高級銘柄。オーク樽で15年間熟成されたラムの原酒を厳選して詰めています。深みのある豊かな香りとなめらかな口当たりが特徴。やさしい風味を好む方におすすめです。

内容量は700ml。アルコール度数は43%です。1999年には、インターナショナル・スピリッツチャレンジで最優秀ラムに選ばれました。世界的に認められた品質の高さが魅力です。また、クラシカルなデザインのパッケージもポイント。晩酌の時間をシックに彩ります。

クレマン(Clement) クレマン 10年

ラム酒愛好家にもおすすめのダーク・ラム酒です。フランス海外県のひとつである、マルティニーク島で生産されています。1887年の創業以来、フランス本土を中心に親しまれてきたマルティニーク・ラムの代表的な銘柄です。

ラム原酒をバーボン用の樽で10年間じっくり熟成。スパイスやドライフルーツの力強い香りと、ウッディフレーバーやナッツを感じさせる深い余韻が楽しめます。内容量は700ml。アルコール度数は44%です。高級ブランデーのような落ち着いたボトルデザインにも注目してみてください。

ディクタドール(Dictador) ディクタドール 20年

コロンビア最古の蒸留所が手がけたプレミアムラム酒です。高級サトウキビジュースを使用し、2種類の蒸留器を用いて調和の取れた味わいに仕上げています。高級ラム酒を求める方におすすめの銘柄です。

濃厚で深みのある琥珀色と、黒糖・チェリー・キャラメル・バニラの香りが特徴。さらに、メープル・トフィー・オーク樽のどっしりとした風味の後に、ダークチョコレートとコーヒーの余韻が残ります。内容量は700ml。アルコール度数は40%です。

キャプテンモルガン(Captain Morgan) プライベートストック

通常のスパイストラムとはひと味違う商品です。生産者が自分たちで飲むためにブレンドし、ストックしていたモノのなかから良質なラム酒だけを厳選しています。個性的な銘柄を探している方におすすめです。

プエルトリコ産のラムにシナモンなどの天然素材をブレンドし、バニラやシナモンの甘みと旨みを引き出しているのがポイント。豊かな果実の香りも楽しめます。内容量は1000ml。アルコール度数は40%です。ストレート・ロック・ホットで味わってみてください。

ロン・マツサレム(Ron Matusalem) マツサレムラム グランレゼルバ23

歴史ある老舗メーカーが手がけた高級ラム酒です。1872年にキューバで創業。キューバ革命後に再興され、現在はドミニカ共和国で製造を行っています。本製品は、数々の賞を獲得している高品質の銘柄です。

熟成年数の異なるラムをブレンドする「ソレラシステム」を採用。深い琥珀色と、密・バニラ・スパイスを感じさせる味わいが特徴です。アルコール度数は40%。ストレートやロックで味わうのがおすすめです。

エル・ロン・プロイビード(El Ron Prohibido) エル・ロン・プロイビード 15年

スペイン語で「禁じられたラム」を意味するダーク・ラム酒です。300年以上前に禁止された味わいを再現するため、独自の製造方法で造られているのが特徴。甘口のワインを熟成させたアメリカンオーク樽で、メキシコ産のホワイト・ラムを15年間熟成させています。

アルコール度数は40%。バニラ・アーモンド・シナモンなどの芳醇な香りが魅力です。重厚で力強い味わいとまろやかな口当たり、長く続く奥行きのある余韻を楽しめるのがポイント。ストレートやロックはもちろん、ビールやミネラルウォーターで割って飲むのもおすすめです。

ラム酒のおすすめ|お菓子作り向け

マイヤーズ(Myers’s) マイヤーズ ラム オリジナルダーク

さまざまな楽しみ方ができるダーク・ラム酒です。原産国はジャマイカ。200種類以上の原酒から20種類を厳選し、大樽で4年間熟成しています。伝統的なブレンド技術を用いて、濃厚で華やかな香りに仕上げられているのが魅力。豊かな風味を楽しめるおすすめの銘柄です。

カクテルベースとしてはもちろん、アイスクリームにかけたり、紅茶やコーヒーに入れたりしてもおいしく楽しめます。また、ラムレーズンや洋菓子作りにもぴったり。お菓子作りにも使えるラム酒を探している方はチェックしてみてください。

ネグリタ(NEGRITA) ラム 37°

フランスの伝統をいかして造られている銘柄です。日本に最初に輸入されたラム酒としても知られています。マルティニーク島をはじめとする西インド諸島で蒸留されたラムを、フランスのボルドーでブレンド。豊かな香りと独特の風味が魅力のミディアムラムです。

内容量は700ml。アルコール度数は37%です。カクテルベースとして使用するほか、洋菓子作りに欠かせないラム酒として人気があります。製菓用の香り高い銘柄を求めている方におすすめです。

サントリー(SUNTORY) サントリーのケーキマジック ラムダーク

ヘビータイプの製菓用ラム酒。2種類のラムをブレンドし、ラム本来の香りをいかした力強い味わいが特徴です。スポンジケーキなどの生地に練り込んで焼いても、ラムの風味をしっかり感じられるのが魅力。キレのある深い味わいに仕上がります。

内容量は100ml。アルコール度数は45%です。お菓子作りだけでなく、レーズンなどドライフルーツの漬け込みに使用するのもおすすめ。うさぎのイラストをあしらった、かわいいパッケージが目印です。

サントリー(SUNTORY) サントリーラム ゴールド

美しい黄金色をしたミディアムラム酒です。しっかりとしたコクのある風味が特徴。ケーキなどのお菓子作りに使いやすい、おすすめの銘柄です。また、ダイキリ・ネバダ・モヒートなどのカクテルベースにもぴったり。ロックや水割りでもおいしく楽しめます。

内容量は720ml。アルコール度数は40%です。価格が安く、手に入れやすいのも嬉しいポイント。さまざまな楽しみ方ができる、コスパの高いラム酒を探している方はチェックしてみてください。

ドーバー(DOVER) ドーバー ラム 45°

日本唯一の製菓向け洋酒専門メーカーが手がけたダーク・ラム酒です。家庭で気軽にプロの味が楽しめる、ホームケーキシリーズのひとつ。卵・バター・チーズなどに含まれる油脂の臭みを消し、風味豊かな味わいに仕上げます。お菓子作り専用のラム酒が欲しい方におすすめです。

樽貯蔵によって生まれた美しい琥珀色と、奥深い香りが特徴。バタークリーム・カスタードクリーム・プディング・アップルパイなど、さまざまなお菓子作りに活躍します。内容量は100mlなので、使い切りやすいサイズも魅力です。

オエノンホールディングス ネプチューン ラム ダーク スペリオール

大容量の製菓用ラム酒です。内容量は1800ml。アルコール度数は45%です。香りの主成分であるエステル類を多く含み、マイルドで豊かなラムの風味を楽しめます。

ケーキなどの焼き菓子はもちろん、レーズンの漬け込みにもぴったり。また、チョコレートとの相性も良好です。日常的にお菓子作りをする方や、たっぷり使える製菓用のラム酒を探している方はチェックしてみてください。

ラム酒の売れ筋ランキングをチェック

ラム酒のランキングをチェックしたい方はこちら。