“人類最古のお酒”ともいわれている「蜂蜜酒」。海外では「ミード」や「ハニーワイン」という呼称で親しまれています。主成分は蜂蜜なので、栄養価が高いのが特徴。日本ではあまり一般的に飲まれるモノではありませんが、最近の健康志向ブームを受けて、注目度が増しています。

そこで今回は、蜂蜜酒のおすすめ銘柄をご紹介。産地や蜂蜜の種類によって味わいが異なるので、気になる方はぜひ飲み比べてみてください。

蜂蜜酒(ミード)とは?

By: amazon.co.jp

「蜂蜜酒」は蜂蜜・水・酵母を発酵させた醸造酒。“人間が偶然見つけた産物”として1万年以上も前から存在していたと考えられており、現在飲まれている「お酒」の起源ともいわれています。

製造方法はワインと似ていますが、夏場なら2〜3日、冬場なら1週間と発酵期間が短いのが特徴。伝統的な製法を守るポーランドやリトアニアをはじめ、蜂蜜が採取されるところなら世界中どこでも造られています。ブドウの栽培が厳しいスウェーデンなどの北欧諸国では、現在でもワインの代わりとして蜂蜜酒が人気です。

また、原料の蜂蜜にはビタミンやミネラルが多く含まれ、美容面からも大いに注目されています。かの有名なイギリスの女王エリザベス1世も、ハーブやスパイスを漬け込んだ「メセグリン」と呼ばれるミードを愛飲していたというエピソードもあり、海外ではよく知られているお酒です。

蜂蜜酒(ミード)の度数はどのくらい?

By: amazon.co.jp

蜂蜜酒は口当たりがまろやかで、アルコール度数は12%前後。蜂蜜の量が多く、熟成期間が長いモノはアルコール度数も高くなります。なお、ミード史上もっともアルコール度数が高いと呼ばれるリトアニアの「ジャルギリス」は、なんと75%とウォッカ並みです。

通常の蜂蜜酒ならワインにも似た味わいで、普段からお酒を嗜んでいる方であれば気軽に飲めます。アルコールがやや苦手な方は10%未満の蜂蜜酒がおすすめです。

蜂蜜酒(ミード)の選び方

味で選ぶ

食後酒を探している方におすすめな「甘口タイプ」

By: amazon.co.jp

蜂蜜酒のなかでメジャーなのが「甘口タイプ」。蜂蜜本来の甘さを存分に味わえるため、蜂蜜が好きな方はもちろん、普段から甘口のお酒をよく飲む方にもおすすめです。また、スイーツ感覚で楽しめる銘柄もあるので、食事の後に飲むお酒を探している方はぜひチェックしてみてください。

料理と合う蜂蜜酒を探している方におすすめな「辛口タイプ」

By: amazon.co.jp

「辛口タイプ」の蜂蜜酒は甘口タイプに比べると種類が少ないですが、爽やかで軽い口当たりを楽しめるのが特徴です。蜂蜜の甘さをほのかに残しながらも、辛口ワインのような味が楽しめます。甘口タイプよりもクセが少ないため、食事中に飲むお酒としてもおすすめです。

お祝い用におすすめな「スパークリングタイプ」

By: amazon.co.jp

ワインと同じく蜂蜜酒にも「スパークリングタイプ」の銘柄があります。上品かつ爽やかな泡を楽しめるのが特徴で、甘口・辛口タイプよりもスムーズに飲めるのが魅力。スパークリングタイプの蜂蜜酒を飲むときは、シャンパングラスなどに注いで飲むのがおすすめです。

蜂蜜の種類で選ぶ

クローバーの蜂蜜

By: amazon.co.jp

蜂蜜酒に使われている蜂蜜には、さまざまな種類があります。飲みやすさを重視するのであれば、クセが少ないクローバーの蜂蜜を採用した銘柄がおすすめ。甘口の蜂蜜酒でもクローバーの蜂蜜を採用している銘柄であれば、甘くなりすぎず飲みやすいので、ぜひチェックしてみてください。

レンゲの蜂蜜

レンゲの蜂蜜を採用している蜂蜜酒は、華やかな香りを楽しめるのが特徴。蜂蜜酒をロックで味わいたい場合は、レンゲの蜂蜜が使われた蜂蜜酒を選ぶと味も香りも堪能できるのでおすすめです。

その他の蜂蜜

上記で紹介した以外にも、蜂蜜酒にはさまざまなタイプがあります。例えば、百花蜂蜜を採用している銘柄なら、蜂蜜本来の甘さが感じられる本格的な味を楽しめるのが特徴。トチの木の蜂蜜ならまろやかでスムーズな飲み口を楽しめます。甘口・辛口など味の種類で選ぶのはもちろん、使われている蜂蜜で選ぶのもおすすめです。

原材料で選ぶ

蜂蜜酒は蜂蜜と水、そして酵母菌で造られていますが、そのほかの原材料が使われている場合もあります。なかでもリンゴやライムなどの果汁が含まれている蜂蜜酒は、蜂蜜の味に加えて、また違った甘さや香りを楽しめるのが魅力。独特でクセのある味に挑戦してみたい方は、ハーブが含まれている蜂蜜酒もおすすめです。

産地で選ぶ

世界中で醸造されている蜂蜜酒ですが、産地の気候や環境によってもそれぞれ味わいや色に違いがあります。例えば、中央ヨーロッパに位置するポーランドの蜂蜜酒は、伝統的な製法で造られており、琥珀色が美しい甘く濃厚な味わいが特徴です。

また、バルト三国のひとつであるリトアニアには国家遺産に指定されているミード醸造所があり、ハーブを漬け込んだ伝統的なミードが有名。なお、日本でも蜂蜜酒は造られており、日本酒の酵母で発酵されたミードが人気を集めています。

産地によっては入手困難なモノもあるため、飲みやすさで選ぶならアメリカやカナダ、オーストラリアで造られるすっきりとした口当たりの“現代派”から試してみるのがおすすめ。それぞれ違った味わいを楽しめるので、ぜひ興味がある方は飲み比べてみましょう。

蜂蜜酒(ミード)のおすすめ銘柄|甘口

ドクターディムース ハニーワイン

ヨーロッパ最大規模のフルーツワインメーカーとして知られる、ドイツの「ドクターディムース」の蜂蜜酒。無着色・無香料にこだわり、蜂蜜本来の味と香りを楽しめる1本です。

さっぱりとした甘口の口当たりが特徴。特に、夏はキリッと冷やして飲むと美味しさが際立ちます。気軽に飲めるミードを探している方におすすめです。

菊水酒造 HONEY Richプレーン はちみつのお酒

「菊水酒造」の国産ミード。アルコール度数が7.5%とミードのなかでも低めなので、アルコールが苦手な方でも気兼ねなく楽しめます。濃厚な蜂蜜の甘さが特徴で、甘いお酒が好きな方はロックで飲むのがおすすめです。

また、食後のデザートとしてアイスクリームにかけるのも美味。さまざまなアレンジも楽しめるおすすめの1本です。

菊水酒造 はちみつのお酒

世界的にも親しまれているクローバーの蜂蜜を使った国産ミードです。クローバーの蜂蜜は優しくクセのない甘さが特徴。自然の甘さがそのままミードにも引き継がれ、ほのかな甘みでさっぱりとした口当たりが魅力です。

国産ミードは世界的にまだまだ生産量が希少。海外のミードに飲み慣れてきた方は、ぜひ日本の蜂蜜酒もチェックしてみてください。

ポーランドミード・アピス ミニボトル

蜂蜜酒のミニボトルセット。ポーランドで人気の銘柄「ヤドヴィガ」「クルピオフスキ」「ピャストフスキ」がそれぞれ飲み比べできます。

ポーランドのミードは濃厚で極甘口な“古典派”と呼ばれ、伝統製法を受け継ぎ造られています。百花蜜を使用した本格的な味わいを体感してみたい方におすすめです。

養命酒製造 はちみつのお酒

薬用養命酒でおなじみの「養命酒製造」の蜂蜜酒。有名な「山田養蜂場」の有機蜂蜜を30%配合し、自然な甘さを体感できるのが特徴です。蜂蜜のほかリンゴ果汁やライム果汁を加え、ローズマリーやクコの実など8つのハーブをブレンドすることで、健康的に飲める蜂蜜酒に仕上がっています。

そのまま飲むのはもちろん、お湯割りや紅茶割り、またホットミルクに混ぜて飲むのもおすすめ。リラックスタイムに飲みたい方におすすめの蜂蜜酒です。

シュシェン メルモール ハニーワイン

フランスのブルターニュ地方の伝統的な飲み物「シュシェン」。その歴史はワインよりも古く、ブルターニュの名産品としても知られる1本です。ソバやヒマワリをはじめ、複数の花蜂蜜をブレンドして造られています。

リンゴの搾りたての果汁を少量加えて発酵させるのがブルターニュの伝統製法。濃い琥珀色が特徴で、蜂蜜とハーブの芳醇な香りも楽しめます。デザート酒として冷やして飲むのがおすすめです。

奥の松酒造 はちみつ酒 Honeur

世界最大規模のワイン品評会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の日本酒部門で最優秀賞を獲得したことがある「奥の松酒造」の蜂蜜酒。原料は標高600~800mの山中に自生するトチの木の花の蜂蜜と安達太良山の伏流水を使用しており、地元福島県産にこだわっているのが特徴です。

アルコール度数は5%と低め。お酒が弱い方でも飲みやすく、さっぱりとした口当たりに仕上がっています。自然味溢れる清らかな味わいが楽しめるので、キリッと冷やして飲むのはもちろん、クラッシュドアイスにしてシャーベット風にするのもおすすめです。

菊水酒造 ミード クレオパトラ

菊水酒造 ミード クレオパトラ

レンゲ蜂蜜を使用した甘口の蜂蜜酒。ワイン酵母を加えて発酵しており、無着色・無香料で仕上げているのが特徴です。

ビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいるほか、濃厚な味わいを楽しめるのもポイント。飲み口はさっぱりしているので、白ワインのような感覚で気軽に飲めるのも魅力です。ぜひしっかりと冷やして甘さを堪能してみてください。

バーソロミューミーダリー(Bartholomews meadery) フォレストミード スウィート ハーフ

バーソロミューミーダリー(Bartholomews meadery) フォレストミード スウィート ハーフ

容量375mlとハーフボトルサイズの蜂蜜酒。醸造所はオーストラリアの南西部のデンマークにあり、海を挟んで対岸は南極という土地です。

本銘柄は地元産のユーカリ蜂蜜を使っているのが特徴。南極から運ばれてくる雨水の影響からか、口当たりは軽く、飲みやすく仕上がっているのも魅力です。そのまま楽しむのはもちろん、贈答品としてもおすすめなので、プレゼントとして蜂蜜酒を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

インターミエル(Intermiel) ミード メディエヴァル

インターミエル(Intermiel) ミード メディエヴァル

アルコール度数16%で、とろっとした濃厚な甘さが特徴の蜂蜜酒。「インターミエル」はカナダの養蜂所として知られていますが、もともとはフランスの養蜂所で、各製品にその影響が見られます。

本銘柄はフランスの中世時代から飲まれたとされる「蕎麦蜂蜜」を採用。1~2年以上かけて樽で醸造したのち、香りがもっともよく移るとされるカリフォルニアオーク樽に4年ほど熟成させています。また、陶器製のボトルに詰められ、コルク栓もロウで封印するというこだわりよう。古典派ミードを求めている方におすすめの1本です。

峰の雪酒造場 aizu mead

峰の雪酒造場 aizu mead

標高600~800mの山奥に自生するトチの花の蜜を100%使用した蜂蜜酒。濃度の高さなどの品質にこだわっており、朝絞りに徹底しているのが特徴です。

約30日発酵させた後、ろ過しているのもポイント。甘口ですっきりと飲みやすいのも魅力です。アルコール度数は11%で、キンキンに冷やして飲むのがおすすめ。蜂蜜の香りが感じられ、澄んだ喉ごしも味わえます。 生ハムやチーズ、 味の濃い肉料理との相性も良好。アイスクリームなどのデザートと合わせるのもおすすめです。

峰の雪酒造場 美禄の森

峰の雪酒造場 美禄の森

福島の「峰の雪酒造場」が手がける蜂蜜酒。日本酒造りで培った技術を活かし、軽やかな甘みが感じられる1本に仕上がっています。

本銘柄は標高600m~800mに自生するトチの花の蜂蜜を採用しているのが特徴。飯豊山系の伏流水で希釈し、酵母を接種させ、約1ヶ月ゆっくりと発酵させるなど、随所にこだわりがあるのも魅力です。

アルコール度数は11%と控えめ。飲み方としてはキンキンに冷やすのがおすすめです。なお、同ジャンルの銘柄として「花織」もラインナップされています。日本生まれのミードを試してみたい方はぜひおさえておきましょう。

天鷹酒造 はちみつのお酒

天鷹酒造 はちみつのお酒

栃木の蔵元「天鷹酒造」が醸造している蜂蜜酒。「日本の酒蔵にしかできない日本のミード」を目指して仕込んでおり、色合いや風味を生かしつつも、少量の米麹を活用しているのが特徴です。

豊かな甘みや香りがありながらも、口当たりはさっぱりとしているのもポイント。グラスにクラッシュアイスを用意して、冷たくして飲むのがおすすめです。

坂井養蜂場 坂井の蜂蜜酒

坂井養蜂場 坂井の蜂蜜酒

創業以来一貫して蜂蜜の生産・販売に従事している「坂井養蜂場」の蜂蜜酒 。添加物を一切使用せず品質向上に努めており、ミード造りにおいても踏襲されています。

本銘柄は群馬・奥利根産の蜂蜜を採用。優しい甘さと、フルーティーな香りがしっかりと感じられます。アルコール度数は8%と蜂蜜酒のなかでは控えめ。なお、サイズは720mlのほか200mlもあります。

蜂蜜酒(ミード)のおすすめ銘柄|辛口

バーソロミュー フォレストミード

オーストラリアの南西部にあるデンマークという土地で造られる蜂蜜酒。現代派と呼ばれるドライで辛口なすっきりとした口当たりで、普段白ワインの辛口をよく飲むという方におすすめのミードです。

主な原料はユーカリの蜂蜜と南極から流れ出る清水。清涼感溢れる香りが印象的な1本です。スパイシーなカレーやエスニック料理と好相性なので、ぜひ試してみてください。

蜂蜜酒(ミード)のおすすめ銘柄|スパークリング

菊水酒造 スパークリングミード HONEY MOON

スパークリングタイプのミード。国産クローバー蜂蜜を使い、弾ける泡と爽やかな口当たりが特徴です。

煌びやかな印象の色合いなので、結婚式やお祝い事などのパーティーで飲むのに最適。ボトルやパッケージデザインも艶やかで、プレゼント用のお酒としてもおすすめの1本です。

番外編:蜂蜜酒(ミード)のおすすめの飲み方

ストレート

By: rakuten.co.jp

蜂蜜酒の味わいをダイレクトに感じたい方は、ストレートで飲むのがおすすめ。より蜂蜜の甘みを堪能したい方は、しっかりと冷やして飲むのがポイントです。

グラスは、一気に飲み干したいならショットグラス、香りを感じたい方はテイスティンググラス・リキュールグラス・シェリーグラスなどを選びましょう。

ロック

By: amazon.co.jp

蜂蜜酒の香りを楽しみたい方はロックがおすすめ。ロックグラスに氷を入れてお酒を注ぐと、ふんわりと香りが広がります。

美味しく飲むコツは溶けにくい氷を使うこと。また、グラスのなかで氷が泳がないよう、双方のサイズを考慮して、広口のグラスを用意するのもポイントです。

カクテル

蜂蜜酒は各種カクテルとの相性も良好。カクテルに蜂蜜酒をちょっと足すことで、さらに甘みが増します。また、蜂蜜酒自体はほかのリキュールと比べてそれほどアルコール度数は高くないのもポイントです。

特におすすめは「ロングアイランド・アイスティー」。ウォッカベースのカクテルで、紅茶を使わずとも紅茶のような味がするのが特徴です。飲みやすく、アルコールの強さをあまり感じさせないカクテルですが、実際はかなりアルコール度数が高いので、飲み過ぎには注意しましょう。

ホット

By: amazon.co.jp

蜂蜜酒は温めてホットで飲むのもおすすめ。ハーブやクローブ、シナモンなどのスパイスを入れると、味わいの変化も楽しめます。温度の目安は55℃が飲み頃です。

蜂蜜はアミノ酸やポリフェノールなどの栄養素を含んでいます。しかし、65℃以上で温め過ぎてしまうと栄養素が減少することがあるので、その点は注意しておきましょう。