果物の風味が楽しめる果実酒は甘くて飲みやすく、梅酒に代表されるように女性からも支持が高いお酒です。種類も豊富で、濃厚な果実感が楽しめるものからアルコール濃度の高い製品に果物の風味がつけられているものまであります。

飲み物自体がカラフルなものやパッケージがおしゃれな製品も多いため、プレゼントやホームパーティーの手土産にも最適です。今回はさまざまな果物を使用したおすすめの美味しい果実酒をご紹介します。

果実酒とは?

By: amazon.co.jp

果実酒とは果実を原料として、発酵させたり漬け込んだりして作ったアルコール飲料のことです。果実の風味が感じられるため飲みやすく、お酒が弱い方や女性に特に人気があります。

果物の種類はさまざまなのでバリエーションも幅広く、果物の旬の季節や気分によって飲み比べるのも楽しみ方のひとつ。果物の色みが生かされた製品はカラフルな見た目が鮮やかでプレゼントにも向いています。

果実酒の選び方

フルーツをチェック

By: amazon.co.jp

果実酒の醍醐味は飲んだ時に感じるフルーツの風味です。どのフルーツをどのくらいの割合で使用しているのかチェックしましょう。好みのフルーツを選ぶのもよいですが、果実酒になると生の果物とは風味が少し違うものもあるので注意する必要があります。また、旬の果物やパッケージデザインを参考にして選んでみるのもおすすめです。

作り方をチェック

果実酒の作り方には、発酵と混合の2種類があります。発酵製法で作られている果実酒は、果実や果汁を原料に発酵させて作ったワインのような製品。混合製法で作られている果実酒は、果実をお酒に漬け込んで風味を移して作る梅酒やリキュールと呼ばれる製品のことで、種類も多く果実酒としては一般的です。なかには独自にこだわった作り方をしているメーカーもあるので、果実酒を選ぶ際にはぜひ作り方にも注目してみてください。

アルコール度数をチェック

By: amazon.co.jp

果実酒を選ぶ際には、アルコール度数もチェックしましょう。お酒が弱い方はアルコール度数の低い果実酒を選ぶと気軽に美味しく飲むことができます。ただし、アルコール度数が低いと一般的に賞味期限が短くなるので注意が必要です。購入の際には、期限内に飲み切れる量であるかを考慮に入れましょう。

一方で、アルコール度数の高い果実酒は常温で保存可能なものもあります。ロックで飲んだり炭酸水で割ったりするなど好みの濃さに薄めて飲む楽しみ方もできるのがメリットです。

果実酒のおすすめ

梅乃宿酒造 あらごしみかん

梅乃宿酒造 あらごしみかん

みずみずしい温州みかんの果肉が楽しめるあらごしみかんの果実酒です。使用しているみかんの量が多く、1800mlに約33個分が含まれています。果肉の粒を保つよう丁寧に処理されているため、デザートを食べるような感覚で楽しめるお酒です。

みかん好きな方にはもちろん、7%のアルコール度数を感じさせないほどの甘さがあるので、お酒が苦手な方にもおすすめできます。冷やしてストレートで飲むか、ロックで飲むのが果実感を楽しめる最適な飲み方です。

ペルノ・リカール マザリン・クレーム・ド・カシス・ド・ディジョン

ペルノ・リカール マザリン・クレーム・ド・カシス・ド・ディジョン

ブルゴーニュ地方コートドール産のカシスのみを使用した、フランス産の果実酒です。厳選した素材を使用することで、卓越したフレッシュな酸味と豊かな香りが感じられるお酒に仕上がっています。また、見た目も鮮やかな深紅の色みなので、カクテルのベースとして使用してもおしゃれです。

香料や着色料は一切使用せず、2度ろ過するという手間のかかる製法で生み出された本製品は、カシス本来の味わいを堪能できる一品。オレンジで割るカシスオレンジやスパークリングワインで割るキールロワイヤルなど定番のカクテルをはじめ、炭酸やウーロン茶で割るなど多様な楽しみ方ができるので飽きずに飲むことができます。パーティーシーンに華やぎを添える果実酒としてもおすすめです。

研醸 レモネード梅酒

研醸 レモネード梅酒

焼酎をベースにレモンの酸味と蜂蜜の甘さに、梅酒の隠し味が効いた果実酒です。2015・2018年の全国梅州品評会の柑橘系ブレンド梅酒部門で2度にわたって金賞を受賞し、2012年の第六回天満天神梅酒大会の梅酒部門で3位を受賞するなど高く評価されています。

特におすすめの飲み方は、濃厚な香りが感じられるお湯割り。寒い冬には体がぽかぽかに温まります。暑い季節にはひんやりと楽しめるロックやストレート、炭酸割りなどのアレンジもおすすめ。ラベルデザインも可愛く、女性へのプレゼントやホームパーティーの手土産にも最適です。

老松酒造 梨園

老松酒造 梨園

100%大分県産の梨(新高・豊水)を使った果実酒です。本製品1本に約1個分の梨が使われており、フルーティーな梨のさっぱりとした甘みと爽やかな風味が感じられます。世界で活躍するバーテンダーの江田毅久氏が企画・監修したもので、鍛え上げた自身の味覚を存分に生かして、3年半の歳月をかけて作り上げた渾身の果実酒です。

アルコール度数は12%と高めにも関わらず飲みやすいので、よく冷やしてストレートでもロックや炭酸割りでも楽しめる一品。梨の袋がけをイメージしたパッケージですっきりと上品なデザインの瓶を包んでいるので、手土産として持参してもおしゃれに決まります。

平和酒造 鶴梅 ゆず

平和酒造 鶴梅 ゆず

環境保護と健康を重視するライフスタイル、ロハスの考え方から誕生した鶴梅シリーズのゆずの果実酒です。量産ではなく、地域に根差した製品を丹念に作り上げることをスローガンに掲げています。本製品は、第六回天満天神梅酒大会リキュール部門での優勝歴もあり、鶴梅の中でも一番人気の製品です。

蔵元がある和歌山で栽培されたゆずをたっぷり50%使用しており、混成する日本酒も2年間貯蔵したものが使われています。鶴梅シリーズの特徴は、世界を視野に入れた飲みやすさと口通りのよさ。ゆずの酸味とほろ苦さが程よいバランスで感じられ、のど越しも軽く飲んだ後の爽快感をもたらしてくれます。濃厚な味わいなのでロックで飲むのがおすすめです。

世界一統 和歌のめぐみ 桃山の桃酒

世界一統 和歌のめぐみ 桃山の桃酒

本製品は和歌山県の桃山町でとれた桃果汁を使用した日本酒ベースの果実酒です。和歌山県は国内有数の果物の産地として有名で、歌山県桃山町の「あら川の桃」は高品質な桃として全国的に高い評価を受けています。

本製品は、とろりとした舌ざわりとフルーティーで爽やかな甘さがあり、ジューシーな生の桃を食べているような感覚です。濃厚なうま味を日本酒の風味がさらに引き立てているのもポイント。冷やして飲んでも、ホットで飲んでも楽しめる桃好きの方におすすめの一品です。

宝酒造 沖縄パイン

宝酒造 沖縄パイン

日本酒を中心とした大手酒造メーカーである宝酒造が展開する、和リキュールシリーズのパイナップルの果実酒です。パイン果汁を30%使用し、石垣島の髙嶺酒造所で製造された泡盛ベースで仕上げています。砂糖は不使用で、はちみつや水あめで甘みを添加しているためやさしい甘さが特徴です。

ソーダ割りをはじめ、沖縄で人気の飲み方であるコーラ割りもおすすめ。手軽に南国気分が味わえるので、ホームパーティーの盛り上げ役や暑い夏の晩酌としてもぴったりです。風味がしっかりしているのでさまざまなカクテルアレンジにも使えます。

楯の川酒造 子宝 マンゴー

楯の川酒造 子宝 マンゴー

山形県の老舗、楯の川酒造が地酒の「子宝」をベースとして作ったマンゴーの果実酒。子宝シリーズはお酒をあまり飲まない若者や女性にも飲んでみてほしいという願いのもと、山形県産の果物を使用して作られた果実酒がラインナップされているのが特徴です。

本製品はマンゴーの王様と言われるインド産のアルフォンソマンゴーを使用しているため、同シリーズとしては番外編の扱いですが、独特の風味のマンゴー好きな方から絶大な人気を誇ります。とろっとした濃厚な飲み口が特徴なので、ロックで飲むのがおすすめ。ヨーグルト割りもユニークで美味しい飲み方として紹介されています。

小堀酒造店 萬歳楽 加賀梅酒

小堀酒造店 萬歳楽 加賀梅酒

北陸産の良質な紅映梅(べにさしうめ)だけを使用し、約2年間熟成させた梅酒です。かねてより国際線ファーストクラスで採用されるなど世界的に展開されてきましたが、2013年のノーベル賞授賞式後のパーティーで梅酒として初採用され、さらに有名になりました。

熟した梅の実の表面に紅色がさす特徴を持つ紅映梅はアミノ酸の含有量が多いため、うま味とまろやかさが優れているのが魅力。収穫高が少ない希少品種なので、梅酒好きな方へのプレゼントとしても喜ばれます。

中埜酒造 國盛 さくらんぼのお酒

中埜酒造 國盛 さくらんぼのお酒

さくらんぼ果汁をたっぷり50%も使用した果実酒です。國盛の果実酒は贅沢に高濃度で果汁を使っているため、フレッシュな果物の風味を感じられる人気シリーズ。本製品はさくらんぼの甘みと酸味のバランスがよく、濃い赤色が見た目にも楽しませてくれます。

パッケージデザインが可愛らしいのでパーティーシーンや女子会にもぴったり。アルコール度数が7%と低めなのでお酒が弱い方にもおすすめで、炭酸などで割るとさらに飲みやすくなります。

麻原酒造 すてきなシークワーサー酒

麻原酒造 すてきなシークワーサー酒

1800ml中にシークワーサー100個分を使用したインパクトのある酸味が魅力の果実酒です。天然果汁100%の爽やかな味わいなので、甘いお酒が苦手な方の食中酒にもおすすめ。アルコール度数が低めなのでストレートやロックでぐいぐい飲むのにも向いています。

また、さっぱりした飲み口は中華や焼き肉などこってりした料理とも好相性です。甘みが欲しい方はジュース割りにしたり、蜂蜜を加えてホットで飲んだりするのも美味しい飲み方。その日の気分やシーンに合わせて多様な飲み方ができる一品です。

北のさくら しあわせ果実 にごりラ・フランス

北のさくら しあわせ果実 にごりラ・フランス

北のさくらは濃厚な果実のお酒専門店で、本製品は上品な甘さが特徴の山形県産ラ・フランスを使用した果実酒です。すりおろした果肉を入れたにごり酒で、果肉感が存分に楽しめるのが魅力。

さまざまな種類の果実酒を業務用として取り扱っている同メーカーですが、飲食現場でもラ・フランスというエレガントな響きと飲んだときの豊かな香りや濃厚な甘みで特に人気が高い製品だと謳っています。フランス原産のラ・フランスの高貴でアロマティックなフレーバーがあるので、大勢が集まるパーティーシーンの話題作りにもぴったりです。

デイドリーマー シンデレラ シュー

デイドリーマー シンデレラ シュー

シンデレラのおとぎ話に出てくるガラスの靴に似たエレガントなボトルが特徴的なオーストリア産の果実酒です。カラーバリエーションが多数あり、ガラスボトルにクリアでカラフルなリキュールが入った様子はインテリアとしてのデザイン性も抜群。

ピンク色はピンクグレープフルーツ、緑色はキウイ、赤色はブラッドオレンジというように、リキュールの色と果物の色が対応しています。開封したときのインパクトもあり、飲んだ後も素敵な容器として活用できるので、女性への誕生日プレゼントにもぴったり。贈る相手の雰囲気に合わせた色の果実酒を選ぶのもおすすめです。

萩乃露 福井弥平商店 和の果のしずく れもん酒

萩乃露 福井弥平商店 和の果のしずく れもん酒

レモンと言われて想像する強烈な酸味とは異なり、やわらかく奥深い風味が感じられる果実酒です。日本酒のよさを味わってほしいという願いから作られた和の果のしずくシリーズ。本製品は梅酒の仕入れに訪れた和歌山県で、国産レモンの美味しさに感動して誕生したものだと謳っています。

輸入もののレモンに比べ酸味が少なく、果実の状態では売れにくいという国産レモンは濃厚なうま味とやわらかい酸味が特徴です。国産レモンと同様のやわらかさを持つ日本酒とのハーモニーが楽しめる、上品で飲みやすい風味に仕上がっています。

100年以上前から栽培されているという国産レモンをデザインしたレトロなパッケージもおしゃれ。アルコール度数が低めなので、食中酒としてたくさん飲みたい方やさっぱり味のお酒が好きな方におすすめです。

永昌源 にごり杏露酒

永昌源 にごり杏露酒

杏露酒(しんるちゅう)は日本生まれのあんずの果実酒です。永昌源の杏露酒は1969年の発売からロングセラーを続ける人気商品。ひとつひとつ丁寧に手作業で収穫した国産あんずを100%使用しています。

凍結させたあんずの果実をまるごと漬け込む独自の浸漬製法を採用し、素材のおいしさが余すことなく引き出されたコクと深みが人気の秘密です。浸漬製法で作られた原酒にさらにあんずピューレとはちみつが黄金比率でブレンドされているため、甘酸っぱくてみずみずしいフレッシュな果肉感と華やかな香りも楽しめます。

とろとろでなめらかな口当たりは贅沢な気分が味わえ、ドリンクとしてだけではなくアイスクリームやヨーグルトにかけるなどデザート感覚で使用するのもおすすめです。にごりを表現したフロストボトルも高級感があり、食卓を鮮やかに彩ります。

サントリー パライソ

サントリー パライソ

スペイン語で楽園という意味を持つパライソは、ライチを使用したフランス産の果実酒です。すっきりとした甘さで飲みやすく、みずみずしい味わいと芳醇な香りが特徴。本製品にブルーキュラソーとグレープフルーツを合わせるとチャイナブルーという人気のカクテルになります。

ライチエキス分は26.6%でほかのライチリキュールと比べると含有率が高めなので、ライチの強い香りを楽しみたい方におすすめ。ステンドグラスをイメージしたラベルデザインと裾広がりの独特な形状をした美しいボトルも魅力のおすすめ果実酒です。

吉村秀雄商店 じゃばら酒

吉村秀雄商店 じゃばら酒

和歌山県北山村で年間わずか80トンしか生産されないじゃばらという名の柑橘類の果実酒です。じゃばらは邪を払うという言葉からきている縁起のよい果実で、豊富な果汁とバランスのよい甘みと酸味が特徴。

果皮まで使っているため、独特の風味があり、大人のためのツウ好みの果実酒です。日本酒をベースにしたキレのよい味わいなので、食中酒として飲んでも料理の味を邪魔しません。

近年ではアレルギー抑制作用をもつ可能性があるとして日本食品学会で発表され、話題となっているじゃばら。ゆず・かぼす・レモンとも異なるじゃばらの魅力を体験できる一品です。