ビールに比べて安い価格で購入できる「第三のビール・発泡酒」。各メーカーが改良に力を入れた結果、発売当初に比べると味わいのクオリティが格段に高くなり、よりビールに近い風味が楽しめるようになりました。税率の引き上げによる人気の高まりを受けて、店頭にもたくさんの銘柄が並んでいます。

そこで今回は、第三のビール・発泡酒のおすすめ製品をご紹介。ビールとの違いや選び方も合わせて解説するので、参考にしてみてください。

「第三のビール」「発泡酒」「ビール」の違いは?

日本のビールは酒税法により区分されています。麦芽の使用率が50%以上のモノが「ビール」、50%未満のモノは「発泡酒」です。そのほか、ビールは使用できる副原料の種類や比率が定められています。

「第三のビール」は、麦以外の穀物(大豆やトウモロコシなど)を醸造して造られたモノ。「新ジャンル」とも呼ばれますが、パッケージには「その他の醸造酒(発泡性)」「リキュール類(発泡性)」と表記されています。その他の醸造酒は麦を使用しておらず、リキュール類は発泡酒にスピリッツなどと加えたモノのことです。

酒税法では麦芽比率により酒税が設定され、販売価格に影響します。したがって、麦芽比率の高いビールに比べて発泡酒・第三のビールは安く購入できるのです。

第三のビール・発泡酒の選び方

原材料で選ぶ

ビールに近い味わいにこだわるなら、原材料をチェックしましょう。ビールの風味の決め手となるのは、モルト(大麦麦芽)やホップです。原材料に「麦芽・ホップ・大麦・糖質」の表記があるモノを選ぶと、よりビールらしさが味わえます。

「コーンスターチ・米・酵母エキス・大豆たんぱく・スピリッツ」など、ほかの原材料が多数表記されているモノは注意が必要。雑味やクセを感じやすいので、ビール本来の風味とは違う味わいになりやすく、個人によって好き嫌いが分かれます。

糖質量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ダイエット中の方や健康が気になる方は、糖質量に注目して選ぶのがおすすめ。一般的なビールの糖質量は100mlあたり約3g。500ml缶を1本飲むと、推奨される1食分の糖質量のほとんどを摂取してしまうことになります。

現代の健康志向を受けて、第三のビール・発泡酒には、糖質ゼロや糖質オフの銘柄も多数発売されています。健康に気を配りながらビールを楽しみたい方は、糖質量を抑えた銘柄のなかから好みの風味を探してみてください。

カロリーで選ぶ

ダイエットや健康のためには、糖質とともにカロリーのチェックも重要です。一般的なビールのカロリーは100mlあたり約40kcal。500ml缶を1本飲むと、ご飯茶わんに軽く一杯分、約120gのご飯のカロリーを摂取することになります。

ダイエット中でも罪悪感なくおいしいビールを飲みたい方は、カロリーゼロやカロリーオフの銘柄に注目して第三のビール・発泡酒を選ぶのがおすすめです。

成分で選ぶ

By: suntory.co.jp

口にする食品の添加物にもこだわりたい方は、購入前に成分欄をチェックするのがおすすめ。第三のビール・発泡酒には、ビール風味を出すために、人工甘味料やカラメル色素のような添加物を使用している場合があります。

少量摂取であれば問題なく、もちろん厚生労働省の基準をクリアした成分が使用されていますが、摂取し続けると体への影響が気になるもの。できるだけ体によいモノを飲みたいのなら、使用している添加物が少ない銘柄を選びましょう。

香りで選ぶ

By: suntory.co.jp

ビールもワインと同じように香りを楽しむ飲み物。海外で一般的な上面発酵で造られるエールビールは、豊かな香りを楽しみながらじっくり飲むのに適しています。

第三のビール・発泡酒には使用する副原料に規定がないため、スパイスなどを使った風味付けが可能です。爽やかな香りや甘い風味で、カクテル感覚で飲める銘柄もあります。いつもと違うテイストのビールが飲みたいときや、ビールの苦みが苦手な方におすすめの選び方です。

度数で選ぶ

一般的なビールのアルコール度数は約5%が主流であるのに対し、第三のビール・発泡酒はアルコール度数がやや低めに設定された銘柄のラインナップも充実しているのが特徴です。

お酒が弱い方や食事に合わせて軽い飲み口で飲みたい方は、アルコール度数の低い銘柄がおすすめ。カロリーや糖質も抑えられていることが多いので、健康志向の方にも適しています。ビールに近い味わいを楽しみたい方は、ビールと同程度のアルコール度数5%以上のモノを選ぶのがポイント。

ビールに比べてさらりとした味わいになりがちな第三のビール・発泡酒も、高めのアルコール度数で飲みごたえをある程度カバーできることも覚えておきましょう。

第三のビールのおすすめ

キリン(KIRIN) 本麒麟

キリン(KIRIN) 本麒麟

ビール好きから支持されている第三のビールです。キリン独自の製法をさらに進化させた長期低温熟成により、深いコクが楽しめます。従来に比べて大麦の使用量を増やしており、こだわりのドイツ産ホップを使用することで、ビール本来の苦みや香りが味わえると好評。

高めに設定された6%のアルコール度数で、しっかりした飲みごたえを実現しています。味の濃い料理と合わせても負けない力強い風味で、さまざまな食事とも相性がよく、あらゆるシーンで活躍。よりビールの味に近い、第三のビールを探している方におすすめです。

サントリー(SUNTORY) 金麦

サントリー(SUNTORY) 金麦

麦芽の旨みにこだわって造られた第三のビールです。二条大麦麦芽のなかでも旨み成分を多く含む麦芽を厳選して使用し、「三段階うまみ抽出製法」により旨みを丁寧に引き出しています。クリアな風味を実現するために、仕込み水は天然水を100%使用。

苦みが控えめでさらりと飲みやすいので、ビールの苦味が苦手な方にも飲みやすい味わいです。香りを左右するアロマホップと、ビールらしさにつながるビターホップのバランスがよいのが魅力。ビールらしさを損なわずに豊かな香りが楽しめ、万人受けしやすい安定感のある銘柄です。

キリン(KIRIN) のどごし〈生〉

キリン(KIRIN) のどごし〈生〉

パンチのある旨さと、飲んだ後のキレにこだわった第三のビールです。発酵具合を下げることで旨み成分を残し、飲んだ瞬間にグッとくる旨みを実現しています。一部工程の仕込み温度を変更することにより、飲み口がよりクリアになり、後口の爽快さがアップ。

暑い季節やお風呂上がりにぴったりの軽快ですっきりした味わいが魅力です。ビールの喉越しを楽しみながらゴクゴクと飲みたい方におすすめ。お刺身などのあっさりした料理から、天ぷらなどのこってりした料理まで、幅広いジャンルの料理とよく合います。

アサヒ(Asahi) ザ・リッチ

アサヒ(Asahi) ザ・リッチ

プレミアムなビールを目指して、アサヒから2020年に発売された第三のビールです。丁寧なこだわりの醸造方法から生まれたリッチなコクが魅力。色みを抑えて渋めに仕上げられたデザインにも、高級感が演出されています。

コクがある分、ほかの銘柄に比べるとカロリーや糖質はやや高めですが、濃厚な旨みで満足感の高い銘柄。じっくりと味わうリラックスタイムのお供に向いています。アルコール度数6%で飲みごたえがあり、リーズナブルにぜいたくな気分を味わいたい方におすすめです。

アサヒ(Asahi) クリアアサヒ

アサヒ(Asahi) クリアアサヒ

「泡までおいしい」をコンセプトにした、クリアな味わいが魅力の第三のビールです。透明感のある味わいは、どんな食事とも好相性。あっさりした料理と合わせても素材の味を邪魔せず、味の濃い料理や揚げ物を食べたあとの口のなかをさっぱりさせるのにもぴったりです。

飲み飽きしにくいので、毎日の晩酌にもおすすめ。ビール独特のコクや苦みが苦手な方でも飲みやすい軽い飲み心地ですが、麦の香りはしっかりと感じられるのがポイントです。季節や合わせる料理を選ばないオールマイティーな銘柄といえます。

サントリー(SUNTORY) ブルー

サントリー(SUNTORY) ブルー

爽やかな香りとすっきりした飲み口で、爽快感が味わえる第三のビールです。香り高いビール造りに欠かせないエール酵母とカスケードホップにより、軽やかでふわりと香る飲み心地を実現。柑橘系の爽快感が、苦みの残らないキレのある味わいを演出しています。

お風呂上がりの一本や、揚げ物に合わせる飲み物としても最適。サントリーこだわりの天然水を100%使用することで、個性を存分に引き立てています。飲みやすさと個性のバランスがよいおすすめの銘柄です。

サッポロ(SAPPORO) ゴールドスター

サッポロ(SAPPORO) ゴールドスター

サッポロの人気銘柄の技術を結集して造られた第三のビールです。サッポロの二大ブランド「黒ラベル」の麦芽と「ヱビス」のアロマホップを使用して造られています。独自開発された「旨さ長持ち麦芽」と呼ばれる麦芽は、味や香りの鮮度を保ち、泡持ちをアップさせるのがポイント。

ドイツ産のアロマホップは、華やかな香りが特徴です。飲み飽きしないバランス感のある濃厚さが味わえます。クセのある味わいで人気のある黒ラベルの愛飲者にもおすすめ。リーズナブルな価格でビールに近い満足感が得られる銘柄です。

サッポロ(SAPPORO) ホワイトベルグ

サッポロ(SAPPORO) ホワイトベルグ

発泡酒にスピリッツを加えて造られた第三のビールです。ベルギーのホワイトビールをお手本に、上面発酵で造られています。コリアンダーシードとオレンジピールを使用することで、華やかな香りとほんのりと甘い爽やかな味わいが楽しめるの特徴のひとつです。

苦みが少ないのでビールの苦みが苦手な方にもおすすめ。軽快でフルーティーな味わいはビールの常識をくつがえし、カクテル感覚で飲めます。スタイリッシュな缶デザインで家飲みの気分も上がり、おしゃれな雰囲気を演出できるのも魅力のひとつ。食事と合わせず単品で飲んでも満足できるおいしさです。

サッポロ(SAPPORO) 麦とホップ

サッポロ(SAPPORO) 麦とホップ

麦とホップにこだわり、ビールらしい旨みを追求した第三のビールです。2008年の誕生以来、たびたび改良を重ねながらロングセラーを続けています。材料へのこだわりはそのままに、麦の量や仕込み温度を見直すことで、力強い麦のコクを引き出しているのがポイント。

ビールらしさにこだわる方に試してほしい銘柄です。同シリーズには、黒ビールに近い味わいが楽しめる「黒」や、カラメル麦芽で色付けされた「赤」、そのほかの限定品など多彩なラインナップがあります。飲み比べて、食事とのペアリングを楽しんでみるのもおすすめです。

アサヒ(Asahi) クリアアサヒ 贅沢ゼロ

アサヒ(Asahi) クリアアサヒ 贅沢ゼロ

健康が気になる方やダイエット中の方におすすめの糖質ゼロの第三のビールです。糖質は抑えながらも、麦芽の使用料や種類にこだわり、ぜいたくな味わいを実現。後味がしっかりと残り、飲んだ後の余韻まで楽しめます。

雑味が少なく、爽快な喉越しのよさもポイント。アルコール度数6%とやや高めの設定も、ビールらしさを演出しています。糖質が気になるけれど、ビールは我慢したくない方におすすめの銘柄です。

発泡酒のおすすめ

キリン(KIRIN) 淡麗グリーンラベル

キリン(KIRIN) 淡麗 極上〈生〉

よりビールに近い味わいを楽しみながら、プリン体や糖質を抑えたい方から高く支持される発泡酒です。ビールと同じ醸造方法を採用し、飲みごたえのあるコクや爽やかなキレ味を実現。ビール好きを満足させるおいしさはそのままに、糖質を70%オフしています。

アルコール度数はやや控えめの4.5%です。爽やかなホップの香りとともにカジュアルに飲め、デイリーユースに向いています。味わいと、カロリーや糖質などのバランスが非常によい銘柄。

第三のビールに比べると価格は高いもののビールよりは手頃なので、ビール本来の味を諦めずに健康を気遣いたい方におすすめです。

キリン(KIRIN) 淡麗 極上〈生〉

キリン(KIRIN) 淡麗 極上〈生〉

キリン特有の苦みが効いたビールが好きな方におすすめの発泡酒。1998年の発売以来ロングセラー製品です。

力強い飲みごたえと爽快なキレを持っているため、リーズナブルにビール本来の味を楽しみたい方に向いています。発泡酒はおいしくないという概念を覆し、デビュー7ヶ月あまりで約10億本を売り上げた発泡酒のパイオニア的存在の銘柄。おいしい発泡酒を探している方におすすめです。

キリン(KIRIN) 淡麗プラチナダブル

キリン(KIRIN) 淡麗プラチナダブル

プリン体ゼロ・糖質ゼロのおすすめ発泡酒です。痛風を引き起こすといわれる尿酸値が気になる方や、糖質ダイエット中の方でも罪悪感なく、ビールの味が楽しめるのでおすすめ。メーカー独自の「プリン体カット製法」と呼ばれる製法により、製造工程で活性炭を使用してプリン体を吸着。

旨み成分はそのままに、プリン体ゼロを実現しています。さらに糖質を分解し、酵母に食べきらせることで糖質ゼロを達成しているのがポイント。爽やかな飲み口で、すっきりとした喉越しが楽しめます。体にやさしい発泡酒を探している方におすすめです。

アサヒ(Asahi) スタイルフリー

アサヒ(Asahi) スタイルフリー

本格的な飲みごたえが味わえる糖質ゼロの発泡酒です。新たにミュンヘン麦芽を使用することで麦の風味がアップし、よりビールに近い味わいが楽しめます。アルコール度数が4%に抑えられているので、軽快な飲み口で飲みやすいのがポイント。どんな料理とも相性がよく、シーンを選ばず活躍します。

さっぱりした爽やかな味わいで、すっきりとしたキレがあるのが特徴です。食事と一緒に楽しみたい方や、暑い季節の屋外バーベキュー、お風呂上がりなどに飲むのにも向いています。糖質ゼロのカテゴリーでは人気のあるおすすめの銘柄です。

アサヒ(Asahi) スタイルフリーパーフェクト

アサヒ(Asahi) スタイルフリーパーフェクト

「プリン体・糖質・人工甘味料・着色料」において「4つのゼロ」を達成しているのが特徴の発泡酒です。糖質カットの製品にありがちな、さらっとしすぎる飲み心地を高めのアルコール度数6%に設定することでうまく補っています。

健康を気遣いながらも、しっかりとビールを飲んだ満足感が得られるのでおすすめ。爽やかな香りとすっきりとした後味は、揚げ物や味の濃い料理とよく合います。機能性の高い発泡酒を探している方におすすめです。

サッポロ(SAPPORO) 北海道生搾り

サッポロ(SAPPORO) 北海道生搾り

北海道産大麦麦芽、富良野産ホップを使用し、北海道素材にこだわった発泡酒です。みずみずしいおいしさを引き出すために、低温熟成・低温ろ過で造られています。お店で飲む生ビールのようなコクや旨みのあるおいしさが味わえる銘柄。

発泡酒のなかではややマイナーな銘柄ですが、特有のおいしさに北海道内をはじめ全国にファンが多く、発売以来根強い人気があります。白色を前面に押し出したすっきりとした缶デザインがおしゃれで、ホームパーティーシーンにも映えるのでおすすめです。

サッポロ(SAPPORO) 極ZERO

サッポロ(SAPPORO) 極ZERO

「糖質・プリン体・人工甘味料」の3つのゼロがうれしい発泡酒です。従来の4.5%から5%にアルコール度数を上げることで、ビールにより近い飲みごたえを実現。体を気遣いながらおいしく味わえるので、ビールを我慢せずに飲みたい方におすすめです。

人工甘味料を使用していないため、自然派志向の方にも向いています。クセがなく、すっきりとした喉越しでゴクゴク飲める銘柄。糖質やプリン体の摂取に制限がある方に試してほしい一本です。

アサヒ(Asahi) 本生アクアブルー

アサヒ(Asahi) 本生アクアブルー

ほどよいコクとすっきりした飲み口が特徴の発泡酒です。糖質は50%オフされているので、毎日ビールで晩酌したい方にもぴったり。コクとキレのバランスが整っているため、ビール好きな方でも満足できる味わいです。

さらりとした飲み口はどんな食事とも相性がよく、毎日飲んでも飲み飽きしないのがポイント。喉をほどよく刺激する強すぎない刺激が、飲みやすいと評価されています。爽やかなブルーの缶デザインに象徴されるように、すがすがしさあふれるテイストの銘柄としておすすめです。

アサヒ(Asahi) 本生ドラフト

アサヒ(Asahi) 本生ドラフト

アサヒビール特有のコクとキレをハイレベルで実現した発泡酒です。糖質やプリン体の値は制限されていませんが、ビール本来の風味により近い味わいが楽しめるので、糖質などを気にしない方にはおすすめ。

麦の香りが強く感じられ、存在感のあるコクやしっかりしたキレが感じられます。ビールよりもリーズナブルな価格にも関わらず、高い満足感が得られるのがポイント。高級感があり、本格派の風味を象徴する赤いラベルが目印です。

アサヒ(Asahi) レッドアイ

アサヒ(Asahi) レッドアイ

ビールをトマトジュースで割った人気カクテル「レッドアイ」を再現した、変わり種の発泡酒です。トマトを使った製品でおなじみのカゴメと共同開発した銘柄。1本にトマト1個分の果汁を使用し、完熟トマトの凝縮された旨みが感じられます。

ただし、本来のレッドアイは「ビール:トマト=1:1」のレシピが一般的。本製品はトマト果汁20%のため、レッドアイを飲み慣れた方にとってはやや薄めの印象です。食事と合わせてさっぱりと、しかも手軽にレッドアイを楽しみたい方におすすめ。塩気の効いた魚介料理やスパイシーな肉料理、トマトを使った野菜料理ともよく合います。